驚異の還元率2.5% 「JQ CARD エポス ゴールド」

JR九州が発行元となっているエポス陣営のゴールドカード「JQ CARD エポス ゴールド」。

インビテーションによって年会費無料で保有できる稀有なゴールドカードです。

この「JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つです。

  1. 選べるポイントアップショップ」に選定した支払先のカード利用はポイント3倍の1.5%のポイント還元率になります。
  2. 年間100万円利用するとボーナスポイントとして1%分の10,000円分のポイントが付与されます。
  3. たまるポイントは「JRキューポ」ですが、このポイントサービスが主要なポイントと交換できるポイントハブとして使えます。

JQ CARD エポス ゴールドの利点のうち

以上の2つの合算で2.5%のポイント還元率が実現します。

3.たまるポイント「JRキューポ」は主要なポイントに交換できるため非常に優れたポイントサービスです。

これが他のエポス陣営のゴールドカード・プラチナカードとの決定的な違いになっています。

この傑出した高還元率と利便性を兼ね備えたクレジットカードの詳細を解説します。

JQカードエポスの申込みはエポスカードをポイントサイトで申し込んでポイント2重どり
↓↓↓

JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、最初は現在最もポイント還元が高いハピタス」(9,300円相当のポイント経由でエポスカードを申し込み、ポイントの2重どりを完了した上でJQカードエポスへ申し込んで自動切り替えして、インビテーションを待ちます。

さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 20100198469

JQ CARD エポスゴールドは無料で保有できる稀有なゴールドカード

JQ CARD エポス ゴールドは、直接申し込むことはできません。

JQカードエポスエポスカードをコツコツ利用し続けているとインビテーションが届きますので、これに乗ってゴールドカードに切り替えを行うことで年会費無料のゴールドカードとして保有することができます。

 


ゴールドへのインビテーションの条件ですが、どうやら年間50万円利用に達したところで、インビテーションが来るようです。

年間での判定であるため、最悪13ヶ月はかかる場合もありますが、早い人だと半年程度だったという人も。

あくまで傾向であるため、必ずというわけでもないようです。

年会費無料でありながら、還元率は最大2.5%で利用できる「JRキューポ」という利便性の高いポイントプログラムが利用できる点も考慮すると必ず保有しておきたいクレジットカードです。

冒頭にあげているメリットから説明していきます。

>>【関連記事】JQ CARD エポスゴールドへの切り替え手順

1.「選べるポイントアップショップ」はポイント3倍(1.5%還元率)

JQカードエポスエポスカードの基本還元率は0.5%です。

正直言って少なめです。

しかしゴールドカードに昇格するとエポス陣営のゴールドカード特典「選べるポイントアップショップ」を利用でき、3倍のポイントで利用できます。

選べるポイントアップショップ

JQ CARD エポス ゴールドの特典である「選べるポイントアップショップ」を活用しきれると飛躍的に還元率が向上します。

デメリットは一度選択すると3ヶ月は変更できないことです。

そのため自身の生活環境に応じて慎重に選ぶ必要があります。

選択の際に参考のため、以下に3つ有力な候補をあげておきますので参考にしていただきたいと思います。

選べるポイントアップショップは3つ選べる

選べるポイントアップショップ」は3つ選択できます。

実に様々な店舗が選択できますが、オススメの候補は以下の3つです。

  1. Mixi・・・バーチャルプリペイドカード「6gram」
  2. JR各社・・・交通系IC/トヨタ・・・自動車サブスクサービス「KINTO」
  3. 各種保険・国民年金

①Mixi・・・バーチャルプリペイドカード「6gram」

①のMixiを登録するとMixiが運営しているバーチャルプリペイドカード「6gram」は、Mixiを「選べるポイントアップショップ」に登録することで最大2.5%還元率でチャージできます。

 

6gram

利用方法は、お店の支払いはApplePay/GooglePayに登録してQUIC Payでの支払いができ、ネットショッピングではプリペイドカードとして支払いに利用できます。

例えば、Amazonなどのネットショッピングで2.5%の還元率で支払えることになります。

②JR各社・・・交通系IC/トヨタ・・・自動車サブスクサービス「KINTO」

移動手段の支払いに対して公共交通機関でも車でも「選べるポイントアップショップ」で登録ができます。

公共交通機関

通勤通学など移動手段で公共交通機関を利用している場合は、公共交通機関各社を指定すれば交通系ICへのチャージでポイント3倍となったうえに、乗車に対してもポイントを付与しているところがありますので、その場合は乗車に対するポイントも加算される分オトクになります。

公共交通機関の利用で乗車に対するポイントプログラムがない地域では、モバイルSuicaが便利なのでオススメでしたが、「6gram」からモバイルSuicaへチャージできるため、モバイルSuicaは登録せず「6gram」で間接的にチャージしておいたほうが良いでしょう。

自動車サブスク

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」は、車を保有するのではなく、税金・車検・メンテナンスがコミコミの費用で車を利用することができます。

その際の支払は、クレジットカードでもできますが、登録先を「トヨタ」にすることで、車関連の支払いを3倍ポイントで支払えるようになります。

またETCカードの利用も「選べるポイントアップショップ」に登録でき、さらにETCマイレージサービスに登録しておくと還元率は激増します。

車を保有していると、容赦なく税金・車検費用・メンテナンスの費用がかかりますが、この費用を平準化・一本化しエポス陣営のゴールドカードで最大2.5%のポイント還元で支払えるので大変なメリットです。

「KINTO」のメリットデメリットは記事にまとめていますので活用されてください。

>>車のサブスク【トヨタのKINTO】とは?本当にお得なのか解説します。

③保険or国民年金

日本人の保険に対する支出は、統計では中央値で7.2%にも達しています。

この支出を「選べるポイントアップショップ」に選択すると非常に大きいと思います。

勿論、自動車保険もこの中に入ります。

一軒家で家屋に対して十分な保険を掛けているケースではさらにこの支出は大きくなります。

給与所得を得られている方であれば、年金は厚生年金で給与から天引きされていますが、自営などで国民年金を支払っている場合は、「選べるポイントアップショップ」には国民年金も選択できます。

こういった保険料や年金に限らず公共料金等の固定費の支払いには「選べるポイントアップショップ」は非常に向いています。

「選べるポイントアップショップ」オススメ以外の候補「Yahoo!公金払い」

Yahoo!公金払いは、税金を支払う時期には利便性の高いサービスです。

メリットは以下の3つです。

・クレジットカードのポイントが満額付与されます。

Yahoo!ショッピングなどで貯めたTポイントが支払いに利用できます。

・カード払いで支払いサイトが延びますので資金繰りとして有利になります。


一方でデメリットも存在します。

・所定の手数料がかかるため0.5%程度の還元率のカードではむしろマイナスです。

・対応していない自治体もまだたくさんあり、必ずYahoo!公金払いで支払えるわけではありません。

このYahoo!公金払いを「選べるポイントアップショップ」に登録し、その翌日以降で「JQ CARD エポス ゴールド」で決済を行えば、税金の支払いでも最大2.5%ポイント還元が受けられます。

このYahoo!公金払いの主要な支払先は以下のとおりです。

・自動車税、軽自動車税
・固定資産税
・住民税
・国民健康保険
・介護保険料
・後期高齢者医療保険
・保育料などの公共サービス利用料
・個人事業税
・法人市民税
・不動産取得税
・ふるさと納税
・水道料金
・ガス料金
・NHK放送受信料

などYahoo!公金払いの範囲は多岐にわたります。

>>【関連記事】「Yahoo!公金払い」でJQ CARD エポスゴールドでふるさと納税・税金をお得に払う方法



ですが、デメリットでも挙げているように、すべてできるわけではなく自治体によって対応するものが違います。

例えば子育て世代にとっては保育料などは、「JQ CARD エポス ゴールド」で払えれば、利便性が高いのですが、対応しているところはわずかです。

税金関係は、Visa LINE Payクレジットカードを保有していてLINEポイントクラブで「プラチナ」ランクになっていれば、LINE Pay請求書支払いで3%のポイント還元となりますので、LINE Pay請求書支払いでカバーしきれていないところを支払うために利用すると良いと思います。

>>【関連記事】税金の支払いで最大3%還元されるLINE Pay請求書支払い

「選べるポイントアップショップ」オススメ以外の候補「ETCカード」

ETC利用は、高速道路利用が多い方は必須になります。

特に個人事業主でこのカードを決済で利用している場合は、非常に有利になります。

また会社利用でもETCカードの貸与がなく、建て替え精算などになっている場合は、一旦このカードに紐付いたETCカードで精算し、会社に請求すればポイントはしっかりいただけるため有利ですね。

エポス陣営のETCカードは発行手数料無料・年会費も無料です。

またゴールドカードに切り替えると自動的に紐付けがされるので再発行の手間がかかりません。

このETCカードの利用を「選べるポイントアップショップ」に適用すると、最大2.5%の還元率で利用できますが、さらにETCマイレージサービスに登録しておくと還元率は激増します。

 

ETCマイレージサービスとは、ETCカードを利用して高速道路や有料道路の料金所ゲートで通行料金を支払った際に、支払額に応じて高還元率なマイレージポイントを獲得できるサービスです。
 
ETCマイレージサービスは事前登録が必要で、登録にはETCカードと車載器No.が必要です。
利用の流れは以下のとおりです。

①通行時にETCで通行料金を支払う。

②利用月度の翌月20日にポイントが付与される。

③ポイントは一定の額貯まると高速の無料利用分として利用できる。

多くの人が利用するNEXCO東日本/NEXCO中日本/NEXCO西日本では付与されるポイントは10円につき1P付与されます。

そしてこれがどれくらいの還元になるか検証すると最大10%にまで達するので登録しない理由がありません。

・1,000P(約10,000円利用分)→500円無料通行分(還元率5.0%)

・3,000P(約30,000円利用分)→2,500円無料通行分(還元率8.3%)

・5,000P(約50,000円利用分)→5,000円無料通行分(還元率10.0%)

ポイントは登録情報変更メニューでポイント自動還元サービスを利用すると、各道路事業者ごとに所定のポイントが貯まると自動的に還元額(無料通行分)に交換してくれますので、交換し忘れなどが防げます。

そしてJQ CARD エポス ゴールドの選べるポイントアップショップへのETC選定とETCマイレージサービス登録との併用で最大12.5%の還元率が期待できます。

>>【関連記事】高速道路利用の前にオトクなETCマイレージサービス登録を

2.年間利用額に応じてボーナスポイントプレゼント

エポス陣営のゴールドカードの特典、年間利用ボーナスポイントは、年間の利用額に応じて付与されます。

・年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与

・年間利用100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与

ゴールドカードは上記の年間100万円まで年間利用に対するボーナスポイントが付与されます。

そのため100万円以上は還元率が低下するということになります。

ですがこれがプラチナカードでは、年間100万円に対して2万円相当のボーナスポイント付与・1,500万円までボーナスポイントが付与されます。

一方で年会費はインビテーションの場合は、2万円ですので年間100万円以上の利用ならプラチナカードを目指したほうがお得になります。

ゴールドはエポスファミリーゴールドを活用すると世帯でのボーナスポイントがアップします。

エポスファミリーゴールドカードは、他社の家族カードとは異なり、形式は招待制であり、独自の審査が必要です。

JQ CARD エポス ゴールド・エポスゴールド会員になった方がご家族を招待するという形式で申し込むことができます。

このサービスの特徴は、ゴールドカードの特典はその付与され、エポスファミリーゴールドカード特有の特典が付与されます。

家族がゴールド会員になって家族の決済額の合計で以下の特典が付与されます。

・100万円以上→1,000Pボーナス

・200万円以上→2,000Pボーナス

・300万円以上→3,000Pボーナス

※ひとりでもプラチナであれば上記の2倍になります。

さらに家族間でポイントのシェアができ、年会費が無料でゴールドカードを保有できるなどのメリットがあります。

個別で審査があるので、定期的な収入がある家族が揃っていれば、世帯で複数枚保有するようにすると、年間利用金額に応じたボーナスポイントを増加させることができます。

3.たまるポイント「JRキューポ」は秀逸なポイントサービス

エポスゴールドとJQ CARD エポス ゴールドの違いは、JQ CARD エポス ゴールドのたまるポイントが「JRキューポ」であることです。

この「JRキューポ」ポイントサービスは様々なポイントに交換できる優れたサービスです。

JR九州管内でJR九州を利用されているのであれば、SUGOCAへのポイントチャージで利用方法がオススメですが、JR九州管内在住でなくてもメリットを得られるのが「JRキューポ」の最大のメリットです。

そのメリットとは、以下の4つのポイントに等価交換できるため「JRキューポ」のポイントサービスは、ポイントハブとして機能するからです。

  1. エポスポイント
  2. Gポイント
  3. Pontaポイント
  4. Tポイント

実際に、「JRキューポ」のポイントサービスで、ポイント交換を行うと以下の画面がでてきます。

JRキューポポイント交換

    交換できるポイントは上記の4つに交換可能ですが、実際のリードタイムはかなり短くて3日程度で完了します。

    4つの交換先はそれぞれメリットがありますので、自身の環境に応じて便利に使い分けができます。

    ①エポスポイント

    エポスポイントへの交換は、3営業日程度で完了します。

    エポスポイントは、エポスVisaプリペイドカードにチャージすれば、Visa加盟店で0.5%のキャッシュバックで利用することが可能です。

    カードからもチャージ可能ですが、チャージに対してはポイントは付与されません。

    このエポスVisaプリペイドカードは、デザインが非常に多彩なのが特徴です。

    エポスポイントは、ゴールド会員であればエポスポイント投資の利用が可能になりますが、利用できるポイントは少なめですので、tsumiki証券の利用でカードを利用しながら資産形成したほうが良いです。

    >>【関連記事】エポスゴールド・プラチナ会員が利用できる「エポスポイント投資」

    ②Gポイント

    JRキューポGポイントに交換するとかなり途がひらけます。

    Gポイントはポイント交換サイトの一つで実に多彩な交換先があります。

    しかしオススメは、Tポイント4%増量交換ルートの活用です。

    >>【関連記事】Tポイントを増幅するポイント交換ルートとTポイントの使い道

    Tポイント交換ルート

    Gポイントは、さまざまなポイントに交換できるポイント交換サイトですが、JRキューポをGポイントに交換し、さらにGポイント三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」に交換でき、ポイント交換サイト「PeX」に等価交換できます。

    ECナビの「ウエル活Tポイント交換特典」にエントリーして、ECナビの条件を満たして「PeX」からTポイントに交換すると4%増量できます。

    さらにTポイントはJRキューポに等価交換できますので、上限はありますが無限ループで増えていく裏技が完成します。

    Vポイント」は三井住友カードを保有していないと使えませんので、まだ未保有の方は大規模な新規入会キャンペーンが行われていますので、それにいち早く乗ったほうが良いと思います。

    >>【関連記事】先進的な三井住友ナンバーレスカード(NL)の申込みでお得なポイントサイト

    ③Pontaポイント

    Pontaポイントに交換するメリットは、大規模なポイント還元キャンペーンを繰り出しているauPAYの残高に交換する方法と、auPAYマーケット限定で利用できるポイントに交換する方法があります。

    auPAYマーケット限定で利用できるポイントに交換すると10~50%など異常なほど増量していますので、ポイントの価値が大いに高まります。

    オススメは、毎月13日の「モッピーの日」に、モッピー経由でauPAYマーケットでショッピングすることで、通常時は1%のポイント還元が直近では7%にまで高まっていました(いくらまで還元率があがるのかは不明)。

    >>【関連記事】毎月13日は【モッピーの日】auPAYマーケットが超オトク

    ④Tポイント

    ECナビの「ウエル活Tポイント交換特典」を活用した、Tポイント交換無限4%増量ルートで利用するため、直接Tポイントに交換するメリットはありませんが、TポイントとJRキューポは相互交換ができますので、必要に応じて出し入れを行っています。

    オススメの活用方法は、4%増量させた上で、ローリスク・ハイリターンな「トラインアングルトラップトレード」で投資に振り向けるのがオススメです。

    >>【関連記事】【Tポイント投資】ネオモバFXによる3すくみトラリピのやり方

    エポスカードは楽天Edy・au PAYとの相性も抜群

    実はエポスカードは、楽天Edyのチャージでポイントが満額付与される稀有なクレジットカードです。

    JQ CARD エポス ゴールドでチャージすると表面上のポイント還元率は0.5%ですが、エポス陣営のゴールドカードの特典である年間利用ボーナスポイントを加えると1.5%の還元率でチャージしていることになります。

    楽天カード楽天Edyチャージしてもポイント還元率は0.5%です。

    楽天カードがハウスカードのはずなのにJQ CARD エポス ゴールドによるクレジットチャージによるポイント付与は最大1.5%です。

    楽天の考えていることはさっぱりわからないですね。

    また楽天Edyは「Edyスタンプラリー 毎月開催」が毎月開催されていますので、楽天Edyでチャージの上、「Edyスタンプラリー 毎月開催」の今月の特別などで指定されている店舗での少額決済のシーンで利用していけば楽天Edyの利用自体でも論理上の最大還元率は2.8%にもなります。

    >>【関連記事】2021年2月の楽天Edyスタンプラリー攻略法

     

    またau PAY残高へのチャージもポイントが満額付与されます。

    au PAY残高へのチャージは基本MasterCardブランドでないとチャージすらできませんが、エポス陣営のカードはVisaブランドでありながらチャージが可能で、ポイントも満額付与されます。

    エポス陣営のゴールドカードの特典である年間利用に対するボーナスポイントを加味すれば、au PAY残高へのチャージは最大1.5%の還元率でチャージ可能であるということです。

    もっとも最近はauPAYカードがチャージに対しても還元率が強化されていますので、よりお得なのはauPAYカードです。

    >>【関連記事】au PAY残高へのリルタイムチャージに「auPAYカード」設定&利用で5.5%還元!

    JQ CARD エポスゴールド:まとめ

    年会費無料でありながら、最大2.5%もの高還元率でカード利用でき、JRキューポという利便性の高いポイントプログラムが利用できる点も考慮するとJQ CARD エポス ゴールドは、必ず保有しておきたいクレジットカードです。

    このJQ CARD エポス ゴールドの申込方法ですが、レギュラーカードを保有してコツコツ利用することで受けることができるインビテーション(招待)によってのみ保有が可能です。


    JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、最初は現在最もポイント還元が高いハピタス」(9,300円相当のポイント経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、インビテーションを待ちます。

    さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

    当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

    ご紹介番号: 20100198469

    >>【関連記事】JQ CARD エポスゴールドへの切り替え手順

    最後まで読んでいただきありがとうございます。

    本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

    よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。