トヨタKINTOはどんなサブスクサービス?車種別料金は?一括払い・ローンとどっちがお得?

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。

KINTOは、トヨタが展開する車のサブスクリプション(カーリース)サービスです。

車のサブスクリプション(カーリース)サービスとは、商品を購入するのではなく使用した期間に応じて定額を支払う方法で、KINTOの場合はトヨタの新車を初期費用がなく3年・5年・7年の一定期間・月々定額で乗ることができます。

車には実に様々な費用がかかりますが、KINTOなら車両代金・メンテ・車検・税金などが全部コミコミで頭金なし・急な出費なしで車を定額で計画的に利用できます。

一方でKINTOは契約できるグレードが売れ筋に絞り込まれています。

しかし現金一括・ローンよりも総額費用は安くなるため、条件に当てはまればKINTOで車を用意したほうが実は経済的で、後述するクレジットカードで定額払いすることでポイント還元率で実質的な差が大きく開いていきます。

KINTOと現金一括・ローンと比較
引用:アルファード×KINTO VS 現金一括・ローン支払い総額比較

この記事では、このKINTOはどんなサービスで、気になる車種別料金、一括払い・ローンとどっちが安くなるのか解説していきます。

KINTOなら頭金0・初期費用なしで月々の支払いを抑えてトヨタ・レクサスの新車に乗れます。
  • 審査~契約までWebで完結、最短1.5ヶ月で納車が可能
  • 車両本体・税金・メンテナンスなど諸費用コミコミで月々定額で車が持てます。
  • 任意保険もコミコミなのではじめての車や等級が低くても低コストで利用でき、保険を使っても値上がりしません。
  • “のりかえGO”でライフスタイルの変化にあわせて乗り換え続けられます。
  • トヨタ・レクサスの正規販売店で点検・整備が受けられます。
  • JQ CARD エポスゴールド×KINTOの定額払いなら最大2.7%ポイント還元

\WEBで契約なら最短1.5ヶ月で納車/

\WEB で契約完了!まずは見積もり/

記事内に広告を含みます(PR)

トヨタKINTOはどんなサブスクサービス?

トヨタKINTO
引用:トヨタ KINTO

KINTOは、トヨタが展開する車のサブスクリプション(カーリース)サービスです。

そのサービスは、車本体に加えて車を維持する必要な費用をコミコミにして月々定額で支払う内容で、トヨタの車を新車から頭金なしで3年・5年・7年の一定期間で乗ることができます。

例えば取り扱い車種一覧の中から一例をあげると以下のような月額料金になってきます。

カテゴリー車種(全車種中の一例です)
コンパクトカー

ルーミー

月額14,740円~

ヤリス

月額14,940円~

アクア

月額19,910円~

SUV

ライズ

月額16,280円~

ヤリスクロス

月額21,010円~

ハリヤー

月額28,930円~

ミニバン

ノア

月額19,910円~

シエンタ

月額24,640円~

アルファード

月額50,490円~

セダン

カローラツーリング

月額18,260円~

プリウス

月額16,610円~

クラウン

月額48,070円~

この月額料金に含まれる項目に何があるのかは以下のとおりです。

  • 車両代・オプション代
  • 各種税金(重量税・自動車税)
  • 保険(任意保険・自賠責保険)
  • メンテナンス(点検整備費用・オイル交換代・故障修理・代車代)
  • 車検代
  • 諸登録費用
ガソリン代・駐車場代は含まれません

この中でカーリースとの大きな違いは、任意保険になってきます。

誰でも同一の定額料金で設定されており、若年・高齢で任意保険料が高い方にとって大きなメリットがあると思います。

この任意保険の内容は以下のとおりで、車両保険・弁護士費用も付帯するなどかなり充実しています。

  • 対物・対人は無制限補償
  • 車両保険(自損・当て逃げも対象)
  • 事故の場合の修理費用も自己負担額5万円で補償
  • 弁護士費用付帯
  • ロードサービス付帯
結構充実した保険であるために、カーリースと料金を比較した際にあるいは安くないと感じるかもしれませんが、「もしも」のために誰でも十分補償される内容になっていると考えていただければよいと思います。

このように車は、車両だけではなくて税金・保険・車検などが大きな単位でかかってくるため保有することに結構な負担が生じます。

こういった費用をKINTOは、平準化して計画的に支払うので家計の管理が非常に楽になり、ライフステージにあわせて「頭金0」で新車を乗り継いでいくことが可能になっているサービスなのです。

\WEB で契約完了!まずは見積もり/

トヨタKINTOの見積もりはコチラ

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。車の購入といったらローンを組んで金利を払いながら乗って、税金や車検など様々な出費に頭を抱える・・・といった感じで資産というよりも負債みたいな感じでしたが、そんな時代も[…]

車のサブスク(カーリース)の仕組み・特徴、おすすめサービス比較

他にもKINTOなら実現できる凄いことはこの3つになります。

  1. 審査~契約までWebで完結、最短1.5ヶ月で納車が可能
  2. 「のりかえGO」でライフスタイルの変化にあわせて乗り換え続けることができる
  3. JQ CARD エポスゴールド×KINTOの定額払いなら最大2.7%ポイント還元

これを一つ一つ解説していきます。

KINTOは、審査~契約までWebで完結、最短1.5ヶ月で納車が可能

KINTOは、お店に足を運ばなくても審査から契約までWebで済ませることが可能です。

しかも購入よりも納車が速いことが大きなメリットです。

例えば人気車種でもアルファードなどは、販売開始から注文が殺到して現在の納期は、1年待ちになっているようです。

ところがKINTOの場合は、アルファードなら現在7ヶ月程度で納車されます(通常車種1.5ヶ月)。

他の車種だと最短1.5ヶ月もしくは3ヶ月程度の納期なので、KINTOなら購入するよりも早く新車に乗れます。

納車時期は、生産状況などで刻一刻と変化します。
また、東京・愛知限定で中古車なら、契約から最短1ヶ月程度で納車可能です。
家族構成が変わったり、転勤などで車が早急に必要になった場合でも迅速に車を準備できるというわけです。

KINTOは、「のりかえGO」でライフスタイルの変化にあわせて乗り換え続けることができる

「のりかえGO」とは、契約途中に家族が増えたりしてニーズが変化しても次の新しい車に乗り換えできるサービスです。

のりかえGO

初期費用フリープランで契約した方が対象で、一定期間経過後、契約満了の4ヶ月前まで申し込むことができます。

 契約直後~乗り換え不可期間手数料1ヶ月分になる申し込み期間不可期間~契約満了
3年契約の場合18ヶ月目まで24ヶ月~32ヶ月目まで契約満了まで4ヶ月間
5年契約の場合36ヶ月目まで48ヶ月~56ヶ月目まで契約満了まで4ヶ月間
7年契約の場合36ヶ月目まで78ヶ月~80ヶ月目まで契約満了まで4ヶ月間

車を購入している場合、車を切り替える場合、売却手続きや保険の切り替えなどの諸手続きも自分で行わなければなりません。

またローンを組んでいる場合は名義がローン会社だったりすると残債が残っている間、名義変更ができず売却ができないなど、乗り換えが不自由ですがその点KINTOなら転勤・家族が増えたなどのライフスタイルの変化に応じて車を乗り換えることができます。

KINTOは、エポスゴールド以上なら最大2.7%ポイント還元(JQ CARD エポスゴールドがベスト)

KINTOの重要なメリットの一つが、クレジットカードによる定額支払いでポイントが貯まることです。

仮にローンを組んで車を購入すると金利がかかりますが、KINTOなら逆に支払ったクレジットカードのポイントが貯まるので、支払総額に大きな差がでてきます。

ダントツでオススメのカードは、国内最強最大2.7%もの還元率を叩き出せるJQ CARD エポスゴールド(もしくはエポスゴールド)です。

JQカードエポスゴールド

このJQ CARD エポスゴールドなら、年会費無料でありながら還元率は以下のように、KINTOの定額払いで最大2.7%の還元率を叩き出せる国内最強のクレジットカードです。

 還元率
選べるポイントアップショップ1.5%

年間ボーナスポイント(年間100万円達成)

1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント0.2%相当(2,000ポイント)
合計2.7%

この還元率などの詳細は以下の記事でまとめていますので参照されてください。

例えば、KINTOで「ノア」を契約したとすると月額49,610円、支払総額は2,976,600円になりますが、これをJQ CARD エポスゴールドで支払えば合計80,368円相当のポイントが付与されます。

これが実質的な割引となるのでローンと比べても非常に経済的です。

KINTOと現金一括・ローンと比較(ノア)
KINTOと現金一括・ローンと比較(ノア)

この大量のポイントはJRキューポで付与されますが、このポイントサービスは以下のように4つのポイントに等価交換できる優れたサービスなのです。

  1. エポスポイント
  2. Gポイント
  3. Pontaポイント
  4. Tポイント

そのためJQエポスゴールドKINTOの支払いに設定するのは非常に大きなメリットがあります。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。KINTOは、トヨタが展開する車のサブスクリプション(カーリース)サービスです。車には実に様々な費用がかかりますが、KINTOなら車両価格・メンテ・車検・税金などが全[…]

KINTOの支払いはクレジットカードでポイントが貯まる!おすすめカード・引き落とし日徹底解説

JQ CARD エポスゴールドの発行は、ポイントサイト案件が存在しないため以下の手順で申し込む方法が一番メリットがあります。



本日なら、ハピタス経由のエポスカード発行なら公式サイトからの新規入会特典2,000Pに加えて9,600円相当、さらに新規登録ならこのサイト経由で最大1,600円相当の特別紹介特典を獲得できます。


\高還元率ポイントサイト/

トヨタKINTOの取り扱い車種・車種別料金は?

KINTOで選択できる車種は基本的にトヨタ車の全車が対象になりますが、その時の状況により対象外の車種や選択できないグレードがあります。

現時点の対応車種は以下のようになっています。

KINTO対応車種/コンパクトカー

車種名ルーミーヤリスアクア

車種外観

ルーミールーミーヤリスヤリスアクアアクア
月額料金14,740円~14,960円~19,910円~
納期目処2~3ヶ月程度1.5~2ヶ月程度1.5~2ヶ月程度
備考 ターンチルト仕様ありターンチルト仕様あり
※ターンチルト仕様・・・シートが回転しながらチルトすることにより、地面に両足が着くため立ち上がりやすい仕様です。

KINTO対応車種/SUV

車種名ライズヤリス クロスカローラ クロス

車種外観

ライズライズヤリスクロスヤリス クロスカローラ クロスカローラ クロス
月額料金16,280円~21,010円~25,960円~
納期目処ガソリン1.5~2ヶ月程度1.5~2ヶ月程度

2WD1.5~2ヶ月程

4WD2~3ヶ月程度

備考 エアロ仕様あり  
車種名ハリヤーランドクルーザープラドbZ4X

車種外観

ハリヤーハリヤーランドクルーザープラドランドクルーザープラドbZ4XbZ4X
月額料金28,930円~31,900円~106,700円~
納期目処2~3ヶ月程度1.5~2ヶ月程度

3~4ヶ月程度

備考 エアロ仕様ありエアロ仕様あり 

KINTO対応車種/ミニバン

車種名ノアヴォクシーシエンタ

車種外観

ノアノアヴォクシーヴォクシーシエンタシエンタ
月額料金19,910円~22,660円~24,640円~
納期目処3~4ヶ月程度3~4ヶ月程度

1.5~2ヶ月程度

備考 エアロ仕様ありエアロ仕様あり 
車種名アルファードヴェルファイア 

車種外観

アルファードアルファードヴェルファイアヴェルファイア 
月額料金50,490円~63,800円~ 
納期目処グレード毎で異なる(納期7ヶ月~)グレード毎で異なる(納期10ヶ月~)

 

備考 エアロ仕様ありエアロ仕様あり 

KINTO対応車種/セダン

車種名プリウスカローラ ツーリングクラウン

車種外観

プリウスプリウスカローラ ツーリングカローラ ツーリングクラウンクラウン
月額料金16,610円~18,260円~48,070円~
納期目処U 1.5~2ヶ月程度、Z/G 7~9ヶ月程度1.5~2ヶ月程度

3~4ヶ月程度

備考 エアロ仕様あり エアロ仕様あり

KINTO対応車種/レクサス

レクサスの場合は、初期費用(申込金)あり・解約金0円のプランは3年契約のみになっています。

ただし再契約で同じクルマを最大5年間利用することができます。

車種名UXNXIS

車種外観

UXUXNXNXISIS
月額料金47,850円~56,100円~93,500円~
納期目処約4.0ヶ月約4.0ヶ月

約4.0ヶ月

備考 エアロ仕様あり 
車種名RZ  

車種外観

RZRZ  
月額料金192,500円~  
納期目処約4.0ヶ月 

 

備考   

KINTOの車両グレード・オプションについて

KINTOでは、車両グレードに関してはトヨタ・レクサスを購入した約半数以上が選んだ人気のグレードのみを取り扱って、ナビ・フロアマット・安全装備等の人気オプションとパッケージ化して選びやすくしています。

KINTOの車両・オプションについて

確かに車を店舗で購入する時は、不明点も詳しく説明を受けながら選択できますが、WEBで手続きしやすくするため「あれこれ」選択するような複雑なものではなくパターンを選ぶだけという非常にわかりやすい設定なのです。

例えば人気のアルファードならKINTOで設定されているグレードは徹底的に売れ筋に絞り込んだものになっています。

車両パッケージ

引用:KINTOの車両・オプションについて

オプションも同じようにパターン化して、用意されているものから選ぶようになっています。

例から挙げるとアクアの場合なら、STEP1でナビ機能の有無を選んで、STEP2でバックガイドモニターかパノラミックビューモニターを選ぶか選択して、最後にSTEP3で安全装備を選ぶようにします。

KINTOオプション

引用:KINTOの車両・オプションについて

ナビ機能は実際、スマホで十分代替可能になってきているので省くとかなりコストを抑えることができます。

KINTOはお得?現金一括とローンと比較

KINTOと現金一括・ローンと比較
KINTO×アルファードVS現金一括・ローン

KINTOを選ぶかどうかで一番気になるのが、他の支払い方法と比較して安くなるのかどうかです。

結論から書くとKINTOのほうが支払総額が安くなり、前述しているJQ CARD エポスゴールドで定額払いすると2.5%~2.7%もポイント還元されるので実質的な負担は現金一括・ローンよりも安くなります。

JQ CARD エポスゴールドで貯まるJRキューポは、Tポイント・Gポイント・Pontaポイント・エポスポイントに等価交換できるので超絶使いにくいTS CUBIC CARDを使うよりも遥かに便利です。

またGポイントに交換すれば、dポイント交換増量キャンペーン時に交換するだけで10%~15%も増やせます。

関連記事

JR九州が発行しているJQカードで貯まるポイント「JRキューポ」。九州以外の方は、ためる意味がなさそうに感じますが、「JRキューポ」のポイントサービスは非常に便利でポイ活にとっては必須のポイントハブです。「JRキューポ」を活用し[…]

アルファード×KINTOはお得?現金一括とローンと比較

アルファードは、2023年6月から販売されてかなり人気ですが、結構価格はアップして高嶺の花になっていますね。

でも頑張って購入したい方がシュミレーションすると仮定して、年齢は35歳以上・7年契約でシュミレーションしてみました。

KINTO×アルファード比較
KINTO×アルファード比較

そうすると仮に現金一括でも支払総額は「722万円」となりますが、KINTOなら支払総額は「655万円」、JQ CARD エポスゴールドで定額払いして最大2.7%のポイント還元率なら実質的な負担は「637万円」と▲11.8%も安くなります。

プリウス×KINTOはお得?現金一括とローンと比較

プリウスは、高騰しているガソリン価格の影響を抑えるために、ガソリン消費の少ない車として選好される傾向にあります。

こちらも家族がいて車にかかる経費を抑えたいという方がシュミレーションすると仮定して、年齢は35歳以上・7年契約でシュミレーションしてみました。

プリウス×KINTO VS 現金一括・ローン比較
プリウス×KINTO VS 現金一括・ローン比較

そうすると仮にローンの支払総額なら「519万円」となりますが、KINTOなら支払総額は「457万円」、JQ CARD エポスゴールドで定額払いして最大2.7%のポイント還元率なら実質的な負担は「445万円」と▲14.2%も安くなります。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。KINTOを検索エンジンで調べるとキーワードに「高い」とか「失敗」とか出てくるので、購入や他のカーリースのほうが良いのでは?と不安に思うかもしれません。結論からいえば[…]

トヨタKINTOの料金は高すぎる?実はトータルコストは購入・他社サブスクよりもお得!

トヨタKINTOのデメリット

KINTOは、頭金なしでも定額で新車に乗れるのに支払総額は、現金一括やローン払いよりも安くなります。

しかしデメリットも当然ながらあって、契約前に留意しておくべきです。

  1. 任意保険の等級が高い人は恩恵が低下
  2. 途中解約には違約金が発生する
  3. 走行距離数に制限がある(3年54,000km)
関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。日本では車の保有コストが税金などで理不尽なほどに高くなっています。そのため車を保有するのではなく、トヨタ車を利用する料金を月々定額で支払う「KINTO」というサービス[…]

トヨタKINTOのデメリットは?向いてないのはどんなひと?

これについても一つ一つ解説していきます。

①任意保険の等級が高い人は恩恵が低下

KINTOには任意保険が付帯しているのですが、自身がこれまで利用してきた任意保険の等級は引き継ぐことができません。

特に等級が高くなっている方にとってはデメリットです。

逆に若年・高齢である場合は、誰でも同じ料金なのでむしろメリットとなります。

等級がすでに高い方は、保険会社に依頼して中断証明書を発行することで一定期間の中断を経て再度保険を利用する際に以前の等級を引き継ぐことができます。

②途中解約には違約金が発生する

KINTOの契約期間は、3年・5年・7年単位ですが、やもえず途中解約する場合、解約時期によって所定の清算金がかかります。

他のカーリースサービスでは、定額カルモくんなど11年までフレキシブルに契約期間を選べるものもあるのですが、それと比べるとKINTOは契約期間の選択の余地が狭くなっています。

この選択した契約期間中に、途中解約する場合は、他のカーリースサービスと同じく既定の違約金が発生してしまいます。

既定の違約金とは、例えば3年契約の場合では以下の表のように解約した時期によって金額が異なってきます。

KINTO違約金

引用:KINTO違約金

(例)ライズ3年の月額39,820円(税込)で契約し、18ヶ月で解約する場合:上記の表では中途解約金が月額利用料3ヶ月分119,460円(税込)となります。

ただし、免許返納や海外転勤時など不可抗力な理由の場合は解約金は0円です。

③走行距離数に制限がある(3年54,000km)

KINTOは、無制限に利用できるわけではなく、1か月あたり1,500kmの走行距離制限があります(1年で18,000km)。

契約満了時にもしこの走行距離制限を超えてしまっていた場合、1キロあたり11円の追加精算が発生するので注意が必要です。

ただ、通勤やレジャーに結構使っても1年で10,000kmがせいぜいで、この制限を超えることはあまりないといえます。

3年プランは54,000km、5年プラン(再契約1回目含む)は90,000km、7年プラン(再契約2回目含む)は126,000kmが上限となります。

【まとめ】トヨタKINTOはどんなサブスクサービス?

車は、車両本体だけでなくてかなりの維持費がかかります。

KINTOは、頭金なしでこれらの諸費用をコミコミにして定額で支払って3年・5年・7年の一定期間で乗ることができます。

しかもシュミレーションしたとおり、現金一括・ローンよりも支払総額が少なくて済みます。

もしローンで車を購入したら金利がディーラーローンなら4~8%、銀行系ローンなら1~2%も金利がかかってその分損なわけですが、JQ CARD エポスゴールドKINTOの料金を支払うと最大で2.7%のポイント還元率が叩き出せるためむしろ儲かるわけです。

これはKINTOならではのメリットです。

車は地方なら特に足として欠かせないものですが、車両だけではなくて税金・保険・車検など維持費も大きく保有することに結構な負担が生じます。

KINTOは、こういった諸費用を平準化して計画的に支払うことができるため、家計の管理が非常に楽になり、ライフステージにあわせて新車を乗り継いでいくことが可能になっているサービスなのです。

KINTOなら頭金0・初期費用なしで月々の支払いを抑えてトヨタ・レクサスの新車に乗れます。


  • 審査~契約までWebで完結、最短1.5ヶ月で納車が可能
  • 車両本体・税金・メンテナンスなど諸費用コミコミで月々定額で車が持てます。
  • 任意保険もコミコミなのではじめての車や等級が低くても低コストで利用でき、保険を使っても値上がりしません。
  • “のりかえGO”でライフスタイルの変化にあわせて乗り換え続けられます。
  • トヨタ・レクサスの正規販売店で点検・整備が受けられます。
  • JQ CARD エポスゴールド×KINTOの定額払いなら最大2.7%ポイント還元

\WEBで契約なら最短1.5ヶ月で納車/

\WEB で契約完了!まずは見積もり/

トヨタKINTOに関するよくある質問

KINTOなどの車のサブスクは、結構メリットがたくさんあるサービスなのですが、実際に使っているのは全体の0.5%に過ぎません。

しかし大多数が車を購入して使っているからといって、同じようにしては支払総額も大きくなりむしろ損をすると思います。

多分、制度がわかりにくい点もあってKINTOを選択してないのかも知れませんので、よくある質問をまとめてみました。

KINTOはお得?

KINTOは現金一括・ローンと比べて安くなるのですか?
車の購入は、車両価格だけでなく車の維持費も税金・保険・車検などかなり掛かってくるので、支払総額で計算するとむしろKINTOのほうが安くなります。
アルファードをKINTOで契約したら銀行系ローンよりも安くなりますか?
支払総額でかなり安くなります。銀行系ローンだと支払総額は826万円にも及びますが、KINTO×JQ CARD エポスゴールドで定額払いすると▲22.8%も安くなります。

KINTOは高すぎる・高い?

KINTOの見積もりをすると思ったよりも高かったのですが・・・
KINTOは、車両価格だけでなく車の維持費も税金・保険・車検・メンテナンスもすべてコミコミ価格であるため高く感じる場合もあります。しかしそれだけ車には様々な費用が存在するということなのです。またカーリースと違って任意保険も料金に含まれます。
関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。KINTOを検索エンジンで調べるとキーワードに「高い」とか「失敗」とか出てくるので、購入や他のカーリースのほうが良いのでは?と不安に思うかもしれません。結論からいえば[…]

トヨタKINTOの料金は高すぎる?実はトータルコストは購入・他社サブスクよりもお得!

メンテナンスについて

メンテナンスはどこが対応するのですか?

KINTOの場合、すべてトヨタの車に精通しているトヨタの正規販売店の整備部門でメンテナンス対応します(リースだとリース会社が指定した整備工場で車検などのメンテナンスを行います)。

KINTOなら頭金0・初期費用なしで月々の支払いを抑えてトヨタ・レクサスの新車に乗れます。


トヨタKINTO

  • 審査~契約までWebで完結、最短1.5ヶ月で納車が可能
  • 車両本体・税金・メンテナンスなど諸費用コミコミで月々定額で車が持てます。
  • 任意保険もコミコミなのではじめての車や等級が低くても低コストで利用でき、保険を使っても値上がりしません。
  • “のりかえGO”でライフスタイルの変化にあわせて乗り換え続けられます。
  • トヨタ・レクサスの正規販売店で点検・整備が受けられます。
  • JQ CARD エポスゴールド×KINTOの定額払いなら最大2.7%ポイント還元

\WEBで契約なら最短1.5ヶ月で納車/

\WEB で契約完了!まずは見積もり/

トヨタKINTOはどんなサブスクサービス?車種別料金は?一括払い・ローンとどっちがお得?
最新情報をチェックしよう!