JQ CARD エポスゴールドへの切り替え手順

エポスカード からJQカードエポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)インビテーション(招待)によりJQカードエポスから、驚異的な還元率を誇るJQ CARD エポスゴールドへ切替えを行うことができます。

このインビテーション(招待)によるカード切り替えによってJQ CARD エポスゴールドを年会費無料で保有することができます。

JQ CARD エポスゴールドは以下のメリットがあるためメインでもサブでも利用できる万能のクレジットカードです。

  1. 「選べるポイントアップショップ」に選定した支払先のカード利用はポイント3倍の1.5%のポイント還元率になります。
  2. 年間100万円利用するとボーナスポイントとして1%分の10,000円分のポイントが付与されます。
  3. たまるポイントは「JRキューポ」ですが、このポイントサービスが主要なポイントと交換できるポイントハブとして使えます。

JQ CARD エポス ゴールドの利点のうち

①選べるポイントアップショップ

②年間ボーナスポイント

以上の2つの合算で2.5%のポイント還元率が実現します。

他、JR九州からの新幹線で利用できる「eきっぷ」などが割安でお得です。

このため是非とも入手しておきたいカードですが、JQカードエポスから年間50万円前後利用するとインビテーションが届く傾向にあるようです。

期間はまちまちですが、私の場合は6ヶ月で届きました。

当方の経験を元に、失敗なくスムーズに切り替えができるように手順を解説したいと思います。

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.5%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
■ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで入会特典に加えて3,500円相当のポイントがもらえます。
■下のボタン経由のハピタス登録と広告利用で1,000円相当のポイントプレゼントです。

JQ CARD エポスゴールドへの切換え

JQカードエポスを年間50万円程度のカード利用をしているとインビテーションが届きます。

その時はどのようにインビテーションが来たかというと、エポスカード会員サイト「EPOS net」へログインしたときに出現しました。

※スマホアプリの「エポスカード」へログインしたときも出現するようです。

下記のような画面がでてきます。

 

 

この画面より申し込みを行うと、約1週間程度でカードが届きます。

手順①署名

クレジットカードは貸与されているものであって、不正利用された場合にサインがなければ保険がおりない場合があります。

規約にも書いてありますので、店舗で署名がないことを咎められたとしても、署名をしていない(義務を果たしていない)ほうが悪いです。

署名をしない方は、保有する資格はありません。

ですが、最新の縦型券面のエポスカードでは、決済は非接触決済などを利用することのほうが多いので署名欄がなくなっています。

JQ CARDエポスゴールドは、今回の券面更新の対象ではありませんが、いずれはこの署名欄というのもなくなっていくのだと思います。

手順②カード受け取り確認

次にエポスカード会員サイト「EPOS net」へログインすると、上記のようなカード受け取りの確認画面が表示されますので、指示に従ってゴールドカードを有効化します。

 

この作業を行う前の注意点としては、有効化をすると、このとき以前使っていたカードは無効化されます。

これ以降の手続きが一通り終われば、以前使っていたカードはハサミを入れて破棄します。

※以前使っていたカードに紐付いているETCカードとプリペイドカードは、そのまま有効期限まで利用できます。

誤って破棄しないようにご注意願います。

※インビテーション前のJQカードエポスSUGOCAへオートチャージをしていた場合は、すでに新しいカードで引き継がれていますので再設定の必要はありません(とくに九州在住の方)。

手順③選べるポイントアップショップを3つ選ぶ

冒頭にも記述しているように、3倍のポイントアップとなる店舗やサービスを3つだけ選択できます。

この選択を行うと、3ヶ月有効となり選択した店舗やサービスでの決済がポイント3倍つまり1.5%の還元率となります。

選択できる店舗・サービスは実に様々あるのですが、参考までに登録ショップベスト10は以下の通りとなります。

1位)アミュプラザ
2位)JR九州
3位)ユニクロ
4位)九州電力
5位)マルイ
6位)イオン
7位)エネオス・エッソ・モービル・ゼネラル
8位)セブンイレブン
9位)無印良品
10位)ETC利用

当方が登録したことがある「選べるポイントアップショップ」は上記のうち10位のETCだけです。

便利な登録先を3つ提案したいと思います。

【1つ目】是非オススメしたいポイントアップショップは「Mixi」6gram(ロクグラム)です。

必ず登録していたほうが良いのがMixiのJCBブランドのバーチャルプリペイドカード「6gram(ロクグラム)」です。

登録先は、「選べるポイントアップショップ」→「電話・TV/インターネット」→「Mixi」を選択します。

6gram(ロクグラム)基本情報
発行手数料 0円
還元率 0%
国際ブランド JCB
ネットショッピング
お店の利用 不可(Google Pay/Apple Payに登録しQUIC Payで可能)
決済上限 ~10万円/月(本人確認済みの場合50万円)
チャージ上限 20万円まで

Mixiを「選べるポイントアップショップ」に登録して6gram(ロクグラム)にチャージすれば、年間ボーナスポイントも含めて2.5%の還元率でチャージしていることになります。

利用方法は、ネットショッピングなどではAmazonなどの利用ができますので、Amazonポイントが付く分、Amazon Mastercardゴールドよりも還元率が高くなります。

GooglePay/ApplePayに登録すれば、スマホでQUIC Pay+により実店舗での支払いに利用できます。

この6gram(ロクグラム)が登場するまでは、モバイルSuicaが一番使いやすかったのですが、SuicaへはGooglePay/ApplePay経由で6gram(ロクグラム)からチャージできましたので、モバイルSuicaを選べるポイントアップショップに登録しなくても良くなりました。

まずは、Mixiを登録し、6gram(ロクグラム)を準備しておきましょう。

6gramは招待制です。

ご希望の方は、当方cohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

招待URLは、ひとつひとつ異なりますのでDMで返信いたしますので、DMを受信できるようにしておいてください。

【2つ目】通勤通学・移動手段はトヨタ・JR各社の選択がオススメ

普段の通勤通学などの移動手段がJRなどの公共交通機関なのか自動車かで別れますが、移動手段の支払いに対して「選べるポイントアップショップ」で登録ができます。

公共交通機関(JRなど)

公共交通機関での利用が主で年間で利用する金額が大きければ、JR各社を指定することで会社が発行している交通系ICが間接的に「選べるポイントアップショップ」の対象として交通系ICへのチャージが最大2.5%還元になります。

JR各社では乗車に対してもポイントを付与しているところがありますので、その場合は乗車に対するポイントも加算される分オトクになります。

自動車のサブスクリプションサービス

自動車はカーローンなどで車を購入していたと思いますが、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」であれば、税金・車検・メンテナンスがコミコミの費用で車を利用することができます。

その際の支払は、JQ CARD エポスゴールドでもできますが、登録先を「トヨタ」にすることで、車関連の支払いを3倍ポイントで支払えるようになります。

車を保有していると、容赦なく税金・車検費用・メンテナンスの費用がかかりますが、これを平準化し一本化しておいて、エポス陣営のゴールドカードで最大2.5%の還元率で支払えるのは大変なメリットです。

とくに保有にこだわりがなければ、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」を検討する価値はあると思います。

「KINTO」のメリットデメリットは記事にまとめていますので活用されてください。

 

またETCカードの利用も「選べるポイントアップショップ」に指定できますので、自動車関連・公共交通機関等の交通手段に対する支払いを「選べるポイントアップショップ」登録するのは絶大なメリットがあると思います。

ETCカードは前述していますが、以前のまま有効期限まで利用でき、ちゃんと引き継がれています。

【3つ目】各種保険or国民年金

日本人の保険に対する支出は中央値は統計では7.2%にも達するらしく、家計の7.2%もの支出ならばこれを「選べるポイントアップショップ」に選択すると非常に得られるものが大きいと思います。

一軒家で家屋に対して十分な保険を掛けているケースではさらにこの支出は大きくなります。

給与所得を得られている方であれば、年金は厚生年金で給与から天引きされていますが、自営などで国民年金を支払っている場合は、「選べるポイントアップショップ」には国民年金も選択できます。

国民年金はセブンイレブンでnanacoで支払うケースもありますが、nanacoにチャージできるクレジットカードが新規では「セブンカード・プラス」に限定されていますので、還元率的には0.5%と控えめになるのと比べると、JQ CARD エポスゴールドで最大2.5%還元で支払ったほうがメリットがあります。

こういった保険料や年金に限らず公共料金等の固定費の支払いには「選べるポイントアップショップ」は非常に向いています。

その他(税金・車など)

その他は、実店舗の支払いはコード決済が大規模キャンペーンをしているときに利用することが多いので、コード決済ではカバーしきれない支払い先で「選べるポイントアップショップ」を選定しておきたいところです。

・税金の支払い前にYahoo!公金払いを設定しておくと、2.5%もの高還元率で車税などを支払うことが可能になります。

手順④カード情報の変更手続き

特に水道・ガス・電気・プロバイダー・携帯電話料金・NHK・ネットフィリックスなどの動画配信サービスなどの固定の支払いは要注意です。

他、Google、Microsoftなどのサブスクリプションサービスへの支払いも、忘れたことにやってくる可能性があります。

Amazonを始めとするECサイトでカードを登録していた場合も変更しておく必要がります。

もっともこういったときのためと、カード情報が流失したときのリスクのために、ECサイトへは、前述の「6gram」などのプリペイドカードを登録しておくほうが無難です(「6gram(ロクグラム)」はVisa LINE Payクレジットカードでチャージしてもポイントは満額付与されます)。

オススメの方法は、別のサブカードを予め用意してこういったときのために事前に支払いを移すか、以前利用していたカードの明細を確認しながら、以前利用していたJQカードエポスで支払先を一つ一つ確認しながら潰していくことです。

手順⑤エポスファミリーゴールドカードの申込み

数ある家族カードの中でエポスファミリーゴールドカードは最もおすすめできる家族カードです。

これは招待制になっており、JQ CARD エポスゴールド・エポスゴールドカード会員になった方がご家族を招待するという形式で申し込むことができます。

このサービスの特徴は、通常のゴールドカードの特典に加えて、エポスファミリーゴールドカードは固有のサービスが存在します。

ファミリーボーナスポイント

その一つが、ファミリーボーナスポイントというボーナスポイントです。

エポス陣営のゴールドカードでは、年間利用が50万円で2,500円相当(0.5%相当)・100万円で10,000円相当(1%相当)のボーナスポイントが付与されますが、ファミリーボーナスポイントはそれに加えて加算されるもう一つのボーナスポイントです。

ファミリーボーナスポイントは、自分自身と招待してゴールドカードを保有した家族の方の年間利用額を合算して一定の額を上回るとさらに加算してもらえます。

勿論、それぞれのカードの年間利用のボーナスポイントも、勿論もらえますので純粋に還元率がアップします。

合計年間利用額 100万円以上 200万円以上 300万円以上
全員がゴールド会員 1,000ポイント 2,000ポイント 3,000ポイント
一人以上がプラチナ会員 2,000ポイント 4,000ポイント 6,000ポイント

プラチナ会員が一人でもいれば、倍になるので圧倒的ですね。

エポスファミリーゴールドカードのその他のメリット

エポスファミリーゴールドカードはその他にもメリットがあり、

・家族間でポイントのシェアができる

・年会費が無料でゴールドカードを保有できる

などの絶大なメリットがあります。

エポスファミリーゴールドカードは招待制のゴールドカードです。

前述のようにエポスファミリーゴールドカードは紹介制のカードです。

そのためある程度制約があります。

1)ゴールド・プラチナ会員だけが招待を行える
2)紹介できるのは2親等以上18歳以上
3)発行にあたっては審査が必要

審査が必要となればそう簡単ではないですね。

しかし、エポスファミリーゴールドカードが発行できれば、JQ CARD エポスゴールドの固有の問題である100万円の利用が還元率がMAXとなり、それ以上使えば還元率が低下するという問題が解消されます。

つまりエポスファミリーゴールドカードを1枚でも発行できれば100万円問題は解消され、家族合計で200万円の利用が還元率MAXになります。

>>【関連記事】エポスゴールドカード(JQ CARD)のボーナスポイントとは?加算はいつ?

手順⑥「JRキューポ」ポイントサービスの設定

今回、とどいて有効化したJQ CARD エポスゴールドを下記の図の「おまとめ登録」の赤枠の部分をクリックして登録しておきます。

登録することでJQ CARDのクレジット決済とJR九州の利用分とSUGOCAの利用分のポイントが一つのアカウントでまとまります。

 

手順⑦SUGOCAオートチャージ設定

実は一番間違えやすいのが、SUGOCAのオートチャージ設定です。

てっきりJR九州のサイトからだと思ったのですが、JQカードエポスJQ CARD エポスゴールドはJR九州のサイトでは登録できません。

実は エポスカード会員サイト「EPOS net」の かなり左下の赤枠の部分にひっそりと設置されています。

 

記入の際は、手元にSUGOCAカードを用意して、裏面の番号を記入して送信すると、メールで【「SUGOCAオートチャージ」の申込み完了のお知らせ】が届きます。

大体1週間位で登録に関する連絡が登録の自宅住所へ届きます。
※インビテーション前のJQ CARD エポスSUGOCAへオートチャージをしていた場合は、すでに新しいカードで引き継がれていますので再設定の必要はありません。

SUGOCAのオートチャージはJR九州の改札のみ

SUGOCAはJR九州管区内のICカードですので、オートチャージはJR九州の改札しかできません。

前述の「選べるポイントアップショップ」にJR九州を設定しておけば、チャージ時には1.5%の還元率となります。

JQ CARD エポスゴールドを利用していて貯まるポイント「 JRキューポ」は、ポイントチャージ機能付自動券売機でSUGOCAのカード残額に追加(ポイントチャージ)できます。

これにより貯まるポイントは1.0%以上の価値が付与されていくことになります。

SUGOCAはJR九州では乗車でもポイントが貯まります。

SUGOCAは、JR九州路線内で利用すると、乗車に対してもポイントが貯まります。

在来線に乗ると自動改札で引き去った金額の1.0%、特急券では5%、地下鉄ではJR管区内(唐津線)に掛かれば乗車のたびに10ポイントです。

JRを利用するのであれば十分な還元率です。

「JRキューポ」はポイ活に欠かせないポイントハブ

このカードで貯まるポイントは、  JRキューポであまり馴染みのないポイントですね。

エポスゴールドカードとJQ CARD エポスゴールドの違いは、JQ CARD エポスゴールドは、たまるポイントが「JRキューポ」であることです。

この「JRキューポ」のポイントサービスは様々なポイントに交換できる優れたサービスです。

JR九州管内であればストレートにSUGOCAへのポイントチャージで利用する方法もありますが、他にも以下の4つのポイントに交換することが可能です。

  1. エポスポイント
  2. Gポイント
  3. Pontaポイント
  4. Tポイント

実際に、「JRキューポ」のポイントサービスで、ポイント交換を行うと以下の画面がでてきます。

JRキューポポイント交換

交換できるポイントは上記の4つに交換可能ですが、実際のリードタイムはかなり短くて3日程度で完了します。

4つの交換先はそれぞれメリットがありますので、自身の環境に応じて便利に使い分けができます。

①エポスポイント

エポスポイントへの交換は、3営業日程度で完了します。

エポスポイントは、エポスVisaプリペイドカードにチャージすれば、Visa加盟店で0.5%のキャッシュバックで利用することが可能です。

カードからもチャージ可能ですが、チャージに対してはポイントは付与されません。

このエポスVisaプリペイドカードは、デザインが非常に多彩なのが特徴です。

エポスポイントは、ゴールド会員であればエポスポイント投資の利用が可能になりますが、利用できるポイントは少なめですので、tsumiki証券の利用でカードを利用しながら資産形成に役立てるという方法もあります。

②Gポイント

JRキューポを、ポイント交換サイト「Gポイント」に交換するとかなり途がひらけます。

Gポイントはポイント交換サイトの一つで実に多彩な交換先があります。

オススメは、GポイントVポイント→PeX→Tポイントへの4%増量交換ルートの活用です。

>>【関連記事】Tポイントを増幅するポイント交換ルートとTポイントの使い道

Tポイント交換ルート

Gポイントは、さまざまなポイントに交換できるポイント交換サイトですが、JRキューポGポイントに交換し、さらにGポイント三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」に交換でき、ポイント交換サイト「PeX」に等価交換できます。

ECナビの「ウエル活Tポイント交換特典」にエントリーして、ECナビの条件を満たして「PeX」からTポイントに交換すると4%増量できます。

さらにTポイントはJRキューポに等価交換できますので、上限はありますが無限ループで増えていく裏技が完成します。

Vポイント」は三井住友カードを保有していないと使えませんので、まだ未保有の方は大規模な新規入会キャンペーンが現在行われている間に、申し込んでおけば爆益確定です。

>>【関連記事】先進的な三井住友ナンバーレスカード(NL)の申込みでお得なポイントサイト

③Pontaポイント

Pontaポイントに交換するメリットは、auPAYの大規模なポイント還元キャンペーンに利用する残高に交換する方法と、auPAYマーケット限定で利用できるポイントに交換する2点です。

auPAYマーケット限定で利用できるポイントに交換すると50%増量など、採算を度外視しているかのような増量キャンペーンを行っていますので、ポイントの価値が増量分高まります。

④Tポイント

Tポイントへの直接交換は、ECナビの「ウエル活Tポイント交換特典」を活用したTポイント交換無限4%増量ルートで利用するため、メリットはあまりありません。

しかしTポイントとJRキューポは相互交換ができますので、必要に応じて出し入れを行っています。

消費にパッと使うよりもTポイントが使えて、1株・1口単位で株式・ETFの売買ができるネオモバで、Tポイントが集まったら随時投入し株式投資に回しています。

JQ CARD エポスゴールド切り替えて順:まとめ

めでたくインビテーションを受けた方、おめでとうございます。

常時3%のポイント還元率だった、Visa LINE Payクレジットカードの還元率が2021年4月30日で終了し、1%ポイント還元率(LINE Payの利用はプラチナランクなら3%は維持)になるためそろそろ代替を模索されている最中だと思います。

その代替は、間違いなくJQ CARD エポスゴールドです。

通常のお店の支払いは、チャージした6gramでApplePay/GooglePayに登録してQUIC Pay+による支払い、ネットショッピングは6gramをプリペイドカードとして利用すれば最大2.5%還元の恩恵を受けられます。

強力な使い方は、車の6重課税を軽減して安く車を利用できるトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」の支払いで利用することで、大幅に車にかかる負担を和らげることができます。

ポイントまわりは、JRキューポという優れたポイントハブを利用できますので、エポスゴールドよりもJQ CARD エポスゴールドがオススメですね。

手順は、エポスカードから申し込みがオススメですが、ポイントサイト経由で申し込むことでポイントサイトからも大量のポイント獲得できます。

手順も記事にまとめていますので活用ください。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しません。

そこで「ハピタス」(3,500円相当のポイント経由でエポスカード」を申込みポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方は「JQ CARD エポスゴールド」保有者ですので、「ご紹介番号:21040188666」を案内できます。