楽天ペイのお得な使い方は?ポイントを活用した裏技を解説!

楽天ポイントの消化を皆さんはどのようにされているでしょうか。

楽天が運営するコード決済「楽天ペイ」は期間限定ポイントがお店・ネットの支払いで利用できて、1%のポイントがつきますので、楽天ユーザーにとって欠かせないコード決済です。

ブログをされている方にとっても、報酬として一定の金額をクリアしていない限りは報酬は「楽天キャッシュ」なので楽天ペイでお店の支払いに利用されていると思います。

その楽天ペイ残高というべき「楽天キャッシュ」ですが、楽天カードでチャージすると0.5%のポイント付与なので、楽天ペイで謳われている「いつでも最大1.5%還元」という内容にメリットを感じて、楽天カードで残高チャージされている方もいると思いますが、当方は違う方法のほうが還元率的にもメリットがあるので「楽天キャッシュ」をチャージしていません。


今回は、楽天ペイの使い方と当方が行っている使い方について解説していきます。

楽天ペイのお得な使い方

楽天ペイ」は還元率1%のコード決済アプリです。

支払い方法はこのようにかなり増えており、非常に便利になってきています。

ですが基本となる支払い方法は以下の5つがメインだと思います。

  1. 楽天ペイに付けたクレジットカード(本人確認要)による支払い
  2. 楽天銀行口座からの支払い
  3. 楽天カード楽天銀行口座・ラクマの売上金からチャージした楽天キャッシュ(残高)による支払い
  4. 楽天ポイントによる支払い
  5. 電子マネーSuica・楽天Edyによる支払い

一つ一つ順番に解説していきます。

①紐付けたクレジットカードによる支払い

楽天ペイにクレジットカードを紐付けておいて、クレジットカードの決済ができないお店でも間接的にカードによる支払いができるようになっています。

紐付ける際には本人確認(3Dセキュア)が必要です。

紐付けるカードでオススメは、楽天カードです。

楽天カード

理由は楽天カードなら、楽天市場を月間2万円利用して楽天カードで支払うと、その月の楽天市場以外の支払いが一部を除いてポイント2倍(2%ポイント還元)になり、楽天ペイの支払いもポイント2倍(2%ポイント還元)となるからです。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍

ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて4,500円相当のポイントがもらえます。

街のご利用分がポイント2倍キャンペーン

街の利用とは、楽天市場以外の支払いのことを指しており、他のインターネット通販や、公共料金、インターネット、携帯電話の料金などが対象外です。

楽天カード街の利用でポイント2倍


>>街の2倍キャンペーン対象外リスト

このポイント2倍となる諸条件は以下のようになります。

  • 楽天カードを発行している楽天IDごとに
  • 楽天市場で月間20,000円以上(税込)楽天カードで支払う
  • 街での楽天カード利用で、ポイント2倍/2%ポイント還元
  • 上限10万円の利用/特典ポイントは1,000ポイントまで(通常1,000P+特典1,000Pで2倍という意味)

楽天市場で2万円以上のお買い物をした場合に限られますが、楽天ペイの支払いも2%の還元率になるため、十分高還元率な決済方法だといえます。

他のクレジットカードを紐付ける意味はない

楽天カード以外のカードを楽天ペイに紐づけても、ポイント付与はない(還元率0%)ため特段のメリットはありません。

例えば2021年4月30日までは、Visa LINE Payクレジットカードが3%のポイント還元率ですので、紐付けても良いですが、それならば利用範囲が著しく広いPayPayに登録している方が様々なお店で高還元率のクレジットカードを利用できます。

また、ポイント2重どりを狙うならば、d払いVisa LINE Payクレジットカードを紐付けて利用すれば3.5%の還元率で常時利用できます。

d払い(0.5%)+Visa LINE Payクレジットカード(3.0%)=3.5%

②楽天銀行口座からの支払い

2021年1月25日からカードの紐付けがなくても、楽天銀行を登録しておけば、残高から即時払いが可能になっています。

いわばデビットカードのような利用の仕方ができるため、クレジットカードを持っていない方でも利用できます。

楽天銀行にはデビットカードもありますが、カード払いは不可でもコード払は可となっている店舗もありますので、楽天銀行口座を持っていればどちらでも利用できるということになります。

③楽天キャッシュ(残高)による支払い

楽天キャッシュというのは、楽天ペイにとっては残高といったほうがわかりやすいと思います。

できれば楽天キャッシュに関しては、その残高をプリペイドカードなどで共有している仕様になっていれば、どこもで払えるので便利なのですが(auPAYプリペイドカードはそういう仕様です)、楽天市場ラクマなどで利用できる他は楽天ペイで利用できる程度ですので、現状ではイマイチ使い勝手は悪いのが難点です。

楽天カードからの楽天キャッシュへのチャージは、1%ではなく0.5%の還元率なのでさほど大きなメリットはありません。

むしろフリマアプリ「ラクマ」を利用されている方にとって、銀行口座に売上金を振り込むと210円の手数料がかかるため、売上金を楽天キャッシュにチャージして日々の消費に利用できるという点が非常にメリットがあると思います。

また楽天アフィリエイトをされている方にとっても、報酬が3ヶ月5,000円を超えていない限り、報酬が楽天キャッシュで支払われるので、やはり楽天ペイをつかってお店の支払いに充当している方は多いと思います。

楽天銀行口座からの楽天キャッシュチャージはハッピープログラム対象

楽天銀行の利用回数・口座残高でランクが決まり、最大7回無料のATM利用回数・3回無料の振込回数が付与され、対象取引1件につき最大3pt付与される楽天銀行の優遇プログラム「楽天銀行ハッピープログラム」。

rakutenedy

楽天edyへの楽天銀行からのチャージは、このハッピープログラム対象回数に月3回カウントされています。

ついでに楽天キャッシュへのチャージはどうなっているか気になったのでやってみたところ、楽天edyへのチャージと同じ科目でカウントされていました。

ということは楽天銀行でVIP以上のランクであれば、1,000円のチャージにつき3ptですので、+0.3%加算ということになります。

つまり楽天銀行からの楽天キャッシュへのチャージ+楽天ペイ利用は1.3%のポイント還元率だと判断できます。

④楽天ポイントによる支払い

おそらく楽天ペイで一番メリットが感じられるのは、ポイントで支払っても1%のポイント還元率で利用できるとことではないでしょうか。

楽天お買い物マラソンで獲得した期間限定ポイントは楽天ペイで街のお店の支払いに利用すれば1%のポイントがつきます。

さらに楽天ポイントを集めて楽天ペイで支払えれば、タダ払いできます。

楽天カードの支払いはポイントで支払ったほうが得です。

楽天カードには「ポイントで支払いサービス」という制度があります。

楽天ポイントを1ポイント=1円で月々の楽天カードの支払いに充当できるサービスです。

楽天カード「ポイントで支払いサービス」

期間は毎月12~最長24日まで(引き落とし金融機関で異なります)

1回の手続きでは、50ポイント以上、最大500,000ポイント以上まで利用することが可能です。

  • レギュラーランクからプラチナ会員→50~30,000ポイント/回、100,000ポイント/月
  • ダイヤモンド会員→50~500,000ポイント/回・月

1ヶ月に利用できる回数は1枚の楽天カードに対し5回までです。

ポイントを充当しても利用代金に対するポイント付与は低下しない

この「ポイントで支払いサービス」の最大の利点は、ポイントであとから充当しても楽天カードのポイント還元率は低下しないことです。

例えば、楽天カードで10,000円の支払いがあったとして、通常ポイント1,000ポイントを保有していたので「ポイントで支払いサービス」に充当したとします。

この場合、実際口座から引き落とされるのは10,000円-1,000ポイント=9,000円となりますが、カード利用に対するポイントは1%の100ポイントで維持されます。

楽天ペイによる支払いでは1%のポイントが付与されますが、同じように通常ポイントを楽天カードの支払いに当てれば、ポイントが多ければ多いほどタダ払いができポイントまでつきます。

楽天SPU、お買い物マラソンなどのセール時の楽天市場ショップ買いまわり時などで楽天カード利用で獲得しているキャンペーンポイントも減額されることがありません。

楽天市場での楽天カード使用に対してポイントを充てる場合

例えば10,000円分楽天市場でお買い物をして、10,000ポイント(通常ポイント)を使ったとします。

楽天カードは楽天SPUの条件の一つである楽天銀行での引き落としと仮定してみると楽天市場の支払いはカードでおこなって後でポイントで充当したほうがメリットがあることがわかります。

  楽天ポイントで支払った場合 ポイントで支払いサービスで充当した場合
基本ポイント1% 100pt 100pt
カード利用ポイント1% 0pt 100pt
楽天カードSPU+1% 0pt 100pt
楽天プレミアムカードSPU+2% 0pt 200pt
楽天カードの引き落としを楽天銀行+1% 0pt 100pt
0と5のつく日+2% 0pt 200pt
合計 100pt 800pt

表にすると圧倒的な大差がつくことが分かります。

この様になってしまうのは、上記の条件が「楽天カードの利用が条件」となっているからです。

同じように楽天ペイでも同じような条件があります。

ひかりTVショッピングの楽天ペイの日

ひかりTVショッピングとは、名前から勘違いされやすいのですが、TVショッピングではなく家電・日用品・食料品まで取り扱っている総合通販サイトです。

ここでのショッピングでは、通常100円ごとに1ポイント(=1円相当)の「ぷららポイント」がもらえ、商品の購入時にそのポイントを使うことができます。

このひかりTVショッピングでは支払いに様々なコード決済を利用できるのですが、毎週水・木は「楽天ペイの日」と題して、キャンペーンページからの2つのエントリーで楽天ポイントは+2倍の3%還元へ、「ぷららポイント」は+5倍の6%還元という還元率になります。

楽天ペイの日

さらにポイントサイト「ポイントインカム(1.5%還元)を経由していれば、合計では以下のように還元率が算出できます。

【基本】ぷららポイント1%
+楽天ポイント3%
+ぷららポイント5%
ポイントインカム1.5%
合計10.5%

この支払に楽天ポイントを充てれば非常にポイントの価値を高めてお買い物できたことになります。

問題はそんなにポイントを集めることができるかですが、解決策の一つがポイントサイト「モッピー」の活用です。

楽天ポイントを交換するならポイントサイト「モッピー」

各ポイントサイト・ポイント交換サイトでは、楽天ポイントにも交換はできますが、交換するときにはレートが悪くなっています(手数料が課金されています)。

ところがモッピーでは、無料で等価交換が可能で現在は+3%増量キャンペーンまでやっています。

楽天ポイントへの交換

ノーリスクで3%も増加するのは非常に大きいです。

しかもモッピーから交換されたポイントは通常ポイントになるためカードの支払にも充当できます。

モッピーでポイントを稼ぐには最初は広告を利用してみること

モッピーでポイントをコンスタントに稼ぐには、ネットショッピングをモッピー経由で利用することを欠かさずにするだけで、コンスタントにポイントを稼げます。

ですがこれだと月間で500~1,000円くらい稼げるくらいですが、ポイントサイトならクレジットカードの申し込み・証券口座の開設などで大きなポイントを稼ぐことができます。

特にモッピーでは、楽天カードの申込では新規入会特典のポイントアップ時に連動して極めて高いポイント還元を提示してきますので、楽天カードを申し込むならモッピー経由なら高いポイント還元が期待できますね。

モッピーの楽天カード案件

申し込みたいクレジットカードがあれば、まずはモッピーで探して申し込むことで結構なポイントをもらえます。

モッピーでポイントをコンスタントに稼ぐには「お友達紹介制度」を活用すること

しかし必要なクレジットカードも枚数には限りはあると思います。

モッピーで楽天ペイで支払えるくらいのたくさんのポイントをコンスタントに稼いでいくには、「お友達紹介制度」を活用しないと多くのポイントを稼ぐことができません。

ブログ・SNSなどで多くの方にモッピーのメリットを説明して、自身のURLを経由して登録してもらって2種類の紹介報酬を得ることができます。

  1. 紹介したお友達が新規入会すると300ポイントの「紹介ボーナス」
  2. 紹介したお友達が獲得したポイントに応じてもらえる「ダウン報酬(最大10%)」
①紹介したお友達が新規入会すると300ポイント

自身がブログやSNSで紹介した自身のURL経由でモッピーへの入会があると300ポイント(=300円相当)/人を紹介ボーナスとしてもらえます。

紹介する人数は制限がありませんので、月間10人も紹介すれば3,000円です。

②紹介したお友達が獲得したポイントに応じてもらえる「ダウン報酬(最大10%)」

モッピーで凄いのは「ダウン報酬制度」です。

紹介したお友達がポイントを稼ぐとその獲得ポイントの最大10%が紹介した方にプレゼントされます。

ブログやSNSで紹介した「お友達」の人数がコンスタントに伸びていくと、この「ダウン報酬」でコンスタントに収入を得られるようになります。

例えば10人の方を紹介し、紹介した方は平均して1,000円くらいの広告を利用したとすると得られるダウン報酬は以下のようになります。

10人✕(1,000円✕10%)=1,000円
月1,000円くらいのダウン報酬となります。
この月1,000円のダウン報酬が少ないと感じているのであれば、それは紹介した方の人数が少ないからです。
これを頑張って100人に紹介できたとして、再度計算し直すと以下のようになります。
100人✕(1,000円✕10%)=10,000円
もちろん利用していただいた広告の単価が大きければ大きいほど、紹介者のダウン報酬は大きくなりますので、抜きんでた大きな報酬が得られる広告の紹介を欠かせずにおこなってフォローしていくことで大きな単価の広告を使っていってくれると思います。

モッピーは新規入会キャンペーンでもたくさんポイントがもらえる

モッピーでは、お友達紹介キャンペーンを行っており、登録の翌々月末までに5,000ポイント以上貯めると2,000ポイント(=2,000円相当)がもらえるキャンペーンを実施中ですので、これから登録しようという方に非常に勧めやすいです。

登録の翌々月末までに5,000ポイント以上貯めるというところで、挫折するパターンが多いのですが、すぐにポイントを稼げる方法を最初に紹介していくと紹介された方もすぐにポイントを貯めることができますので、その後もポイントサイトを頻繁に使ってくれるようになると思います。

例えば、証券口座なら「マネックス証券」が7,000ポイントと一発で条件をクリアできます。

マネックス証券byモッピー

モッピー経由でWEB申込後、新規で投資信託100円ほど買い付けるだけで、7,000円相当のポイントがもらえます。

 

モッピーお友達紹介キャンペーン↓↓↓

モッピーは下記のバナー経由の新規登録&入会後の利用で最大2,000円相当のポイントプレゼントです。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

⑤電子マネーSuica・楽天Edyによる支払い

これに加えて、アプリ内で電子マネーも利用できるように進化していっています。

楽天ペイでは、交通系電子マネーSuicaを発行できるようになっており、楽天ペイで発行して利用すればSuicaカードが無くてもモバイルSuicaをインストールしなくても交通系電子マネーが利用できます。

楽天ペイsuica

さらに楽天Edyも楽天ペイ内で利用できるようになっています。

チャージは、楽天カードで行えるようになっており、Suica・楽天Edyいずれもチャージは0.5%のポイント還元となっています。

しかし少なくともSuicaへのチャージで1%ポイント還元を期待したユーザーにとっては肩透かしだったと思います。

モバイルSuicaへは、エポス陣営のゴールドカードならMixiが運営しているバーチャルプリペイドカード「6gram」にチャージしておいて、モバイルSuicaへ再度チャージすれば2.5%の還元率ですので、楽天ペイ×Suicaが特にメリットがあるとは思いません。

楽天ペイのお得な使い方まとめ

楽天が運営するコード決済「楽天ペイ」は、各支払い方法を検証すると以下の2つの場合でお得な決済方法として利用できそうです。

  1. 街の利用で2倍キャンペーン適用時(2%ポイント還元)
  2. モッピーで稼いだポイントを楽天ポイントに交換して使う

①では、楽天市場で月間2万円以上のお買い物をするという条件があります。

②では、直近でモッピーのポイントを楽天ポイントに交換すると3%増量してくれますので、やらない手はないと思います。

モッピーでコンスタントにポイントを稼ぐことに成功すれば、楽天カード・楽天ペイの支払いに充当できますので、現金の手出しがその分減ってきます。

さらに交換したポイントは通常ポイントですので、楽天カードの「ポイントで支払いサービス」や「ひかりTVショッピング」の楽天ペイの日にぶつければ価値を高めた効率的な使い方ができます。

稼いだポイントを楽天ポイントに等価交換できるポイントサイト「モッピー」でポイントを稼ぐことから始めてみましょう。

会員数800万人の最大級のポイントサイト「モッピー」
5

モッピー300✕250バナー

広告のポイント還元がバランス良く高水準なポイントサイトです。

ポイ活にも優れたお友達紹介制度があり、ダウン報酬でも稼げます。

いまなら新規入会&利用で最大2,000円相当のポイントがもらえます。