楽天ペイのお得な使い方は?期間限定ポイントで還元率を上げる裏技を解説!

楽天ペイは楽天が運営するQR/コード決済で、登録しているカード、楽天銀行口座預金、楽天キャッシュ、楽天ポイントで支払いをすることができます。

  • 楽天カード・・・それ以外のクレジットカードもVisa・MasterCard・JCB・American Express
  • 楽天銀行・・・普通口座預金
  • 楽天キャッシュ・・・楽天カードからのチャージは0.5%還元
  • 楽天ポイント・・・通常ポイント・期間限定ポイントで支払っても1%還元

お得な使い方ですが、通常なら楽天ペイ残高ともいえる「楽天キャッシュ」を楽天カードでチャージすれば0.5%付与され、楽天ペイの支払いで1%のポイントなので合計1.5%の還元率ですが、正直もっとほしいところです。

今回はポイント多重取りによって購入した楽天バリアブルカードで獲得した「期間限定ポイント」を使って楽天ペイで支払うことで最終的に4.7%の還元率を叩き出す方法を解説します。

4.7%の還元率を出すためには楽天カードの常設キャンペーン「街のご利用で2倍キャンペーン」を利用していただいた方が良いのですが、それ以外でも代替案を用意していますので記事の後半で確認いただければと思います。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ハピタス経由で新規入会特典に加えて1,500円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大2,500円相当のポイントプレゼントです。

楽天ペイ・期間限定ポイントでどうやって4.7%の還元率にするのか?

楽天ペイの特性は楽天ポイントで支払っても1%のポイント還元率となっていることです。

この特性を最大限利用するために楽天ポイントを購入します。

購入する方法は、購入額を自由に定められる「楽天バリアブルカード」、「楽天ポイントギフト」などが良いでしょう。

楽天バリアブルカードは、1,500~50,000円の間で1円単位で購入可能ですので、必要な金額をチャージすることが可能です。

楽天バリアブル

楽天バリアブルカード」・「楽天ポイントギフト」を購入して楽天ポイント受取画面で受け取ればポイントが購入分チャージされます。

このポイントは6ヶ月間の期間限定楽天ポイントで楽天ペイの支払いに利用して1%の還元率です。

ということは「楽天バリアブルカード」・「楽天ポイントギフト」をお得な方法で購入すればよいのですが、その回答を先に書くと以下の通りの還元率になります。

なんでそうなるのかという疑問点があると思いますので、一つ一つ解説していきます。

その前に楽天ペイをまだ使ったことがない方は、招待状経由の登録&クレジットカード登録なら200ポイント(=200円相当)がもらえます。

この招待状をご希望の方はtwitterでcohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

DMで返信いたしますので、DMを受信できるようにしておいてください。

楽天カードの還元率が2倍になる「街のご利用で2倍キャンペーン」

街のご利用で2倍ポイントキャンペーン」は、楽天カードの常設企画で毎月行われているキャンペーンです。

街の利用とは、楽天市場以外の支払いのことを指しており、他のインターネット通販や、公共料金、インターネット、携帯電話の料金などの一部の支払先は対象外です。

楽天カード街の利用でポイント2倍


>>街の2倍キャンペーン対象外リスト

このポイント2倍となる条件は以下のようになります。

  • キャンペーンにエントリーすること
  • 楽天カードを発行している楽天IDごとに
  • 楽天市場で月間20,000円以上(税込)楽天カードで支払い
  • 上限10万円の利用/特典ポイントは1,000ポイントまで(通常1,000P+特典1,000Pで2倍という意味)

楽天市場で2万円以上のお買い物をした場合に限られますが、楽天ペイの支払いも2%の還元率になるため、十分高還元率な決済方法だといえます。

このポイント2倍の対象は、KyashCardトヨタウォレットなどのプリペイドカードへのチャージも対象ですので、たまたまその月で楽天市場で2万円以上のお買い物が発生したら、上限10万円を超えないように楽天カードKyashCardに登録してトヨタウォレットにチャージすれば、2倍ポイントでチャージした残高を好きなタイミングで利用できます。

関連記事

楽天カードは基本還元率1%のクレジットカードとして広く知られていますが、ある条件を満たすと楽天市場以外の利用が2%の還元率になります。 楽天カードの還元率を2%にアップする「街での利用分がポイント2倍キャンペーン」について解説します。[…]

楽天カード「街の利用2倍ポイント」が復活!

3Dセキュア認証対応のプリペイドカード「KyashCard」

KyashCardは1%の還元率が売りだったプリペイドカードですが、クレジットカードからチャージした残高に対するポイント還元が0.2%に低下したため、引き出しにしまわれた状態でした。

ところがトヨタウォレットが2021年4月13日から「毎月・毎回1.5%キャッシュバック」を打ち出してきたため、一旦KyashCardにカードを登録してトヨタウォレットにチャージすれば、カードのポイント・KyashCardのポイント・トヨタウォレットのポイントが3重どりできる状態になります。

またトヨタウォレットの残高は三井住友系のバーチャルプリペイドなので三井住友カードからチャージしてもポイントがもらえません。

そこでKyashCardを途中に挟めば、ちゃんとポイントがつきますのでメインカードが三井住友カードでしたらこの方法を活用ください。

関連記事

Kyash Cardはかつてはクレジットカードとのポイント2重どりで高い還元率だったプリペイドカードです。 過去形なのは、現在は銀行口座からチャージした残高であれば1%の還元率ですが、クレジットカードからチャージされた残高の還元率は0[…]

毎月・毎回1.5%キャッシュバック「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」

トヨタウォレットは、トヨタが運営するスマホ決済で、非接触決済・コード決済・銀行Payがこれ一つでできるすぐれものです。

ですが2021年4月12日まで還元率が0%だったので、パスワードも忘れるくらい使っていませんでした。

ところがMasterCardバーチャルプリペイドカードによる非接触決済:iPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiDによる非接触決済、ネットショップなどのネット決済で1.5%キャッシュバックされるキャンペーンを展開し始めたため、突如ポイ活では欠かせない決済手段になっています。

毎月毎回1.5%キャッシュバック

このトヨタウォレットのTOYOTA Wallet残高にチャージする方法は、登録した銀行からだったり、TS CUBIC Payからでも可能ですが、先程説明した「街のご利用2倍ポイント」適用状態の楽天カードを登録したKyashCardでチャージすれば以下のように高い還元率を実現できます。

これでも十分高い還元率ですが、お近くにとある店舗があれば、楽天バリアブルカードが購入でき購入して受け取った期間限定ポイントを使って楽天ペイでさらに1%の還元率を上乗せすることができます。

関連記事

2021年4月13日から終了日未定で「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックを開始しています。 気になる終了[…]

1.5%還元!最強のプリペイドカードに昇格した「TOYOTA Wallet」の使い方

楽天バリアブルカードをエディオンで「6gramリアルカード」を使って購入する

楽天バリアブルカードを購入する店舗は、エディオンの大型店です。

ただしこれらの販売は主ではないので、あんまり在庫がありませんのであればラッキー程度で良いと思います。

トヨタウォレットの支払い方法は、iPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiDですが、これだとエディオンで楽天バリアブルカードを購入できません。

ですがいったんトヨタウォレットから「6gramリアルカード」にチャージし支払いに利用すると購入が可能です。

購入した後、実は受け取りをしないとポイントを自身の楽天IDにチャージできませんので、購入後必ずポイントの受取りをしてください。

楽天 Point clubで楽天ポイントの受取を行います。

下記のリンクを活用ください。 ↓↓↓

楽天バリアブルカード裏面のスクラッチ状になっている部分を削るとPIN番号がでてきます。
このPIN番号を入力することで初めて受け取ることができます。

楽天ポイントで楽天ペイで支払う

楽天ペイのトップ画面の下部の部分にある「すべてのポイント/キャッシュを使う」に☑をいれると、期間限定ポイントから支払いに充当してくれます。

しかもポイントによる支払いでも1%の楽天ポイントを付与してくれるため、エディオンで「楽天バリアブルカード」の購入に成功すれば以下のようなポイント多重取りが完成します。

ですが注意点がありまして、楽天ポイントは期間限定ポイントは楽天ペイの支払いに利用したほうがメリットがありますが、通常ポイントは楽天カードの支払いに充当したほうがトクなのです。

楽天カードの支払いはポイントで支払ったほうが得です。

楽天カードには「ポイントで支払いサービス」という制度があります。

楽天ポイントを1ポイント=1円で月々の楽天カードの支払いに充当できるサービスです。

楽天カード「ポイントで支払いサービス」

期間は毎月12~最長24日まで(引き落とし金融機関で異なります)

1回の手続きでは、50ポイント以上、最大500,000ポイント以上まで利用することが可能です。

  • レギュラーランクからプラチナ会員→50~30,000ポイント/回、100,000ポイント/月
  • ダイヤモンド会員→50~500,000ポイント/回・月

1ヶ月に利用できる回数は1枚の楽天カードに対し5回までです。

ポイントを充当しても利用代金に対するポイント付与は低下しない

この「ポイントで支払いサービス」の最大の利点は、ポイントであとから充当しても楽天カードのポイント還元率は低下しないことです。

例えば、楽天カードで10,000円の支払いがあったとして、通常ポイント1,000ポイントを保有していたので「ポイントで支払いサービス」に充当したとします。

この場合、実際口座から引き落とされるのは10,000円-1,000ポイント=9,000円となりますが、カード利用に対するポイントは1%の100ポイントで維持されます。

楽天ペイによる支払いでは1%のポイントが付与されますが、同じように通常ポイントを楽天カードの支払いに当てれば、ポイントが多ければ多いほどタダ払いができポイントまでつきます。

楽天SPU、お買い物マラソンなどのセール時の楽天市場ショップ買いまわり時などで楽天カード利用で獲得しているキャンペーンポイントも減額されることがありません。

楽天市場での楽天カード使用に対してポイントを充てる場合

例えば10,000円分楽天市場でお買い物をして、10,000ポイント(通常ポイント)を使ったとします。

楽天カードは楽天SPUの条件の一つである楽天銀行での引き落としと仮定してみると楽天市場の支払いはカードでおこなって後でポイントで充当したほうがメリットがあることがわかります。

  楽天ポイントで支払った場合 ポイントで支払いサービスで充当した場合
基本ポイント1% 100pt 100pt
カード利用ポイント1% 0pt 100pt
楽天カードSPU+1% 0pt 100pt
楽天プレミアムカードSPU+2% 0pt 200pt
楽天カードの引き落としを楽天銀行+1% 0pt 100pt
0と5のつく日+2% 0pt 200pt
合計 100pt 800pt

表にすると圧倒的な大差がつくことが分かります。

この様になってしまうのは、上記の条件が「楽天カードの利用が条件」となっているからです。

つまり「楽天カードの利用が条件」でポイントがつくものは利用し、後日通常ポイントを支払いに充当したほうが良いわけです。

通常ポイントを毎月12~最長24日までの充当期間で利用するには、一旦通常ポイントを楽天ポイント運用に逃しておいて、12~24日の間で引き出して充当すれば誤って使ってしまうことがありません。

関連記事

楽天ポイントの使い道として何に使ったら最も効率的なのでしょうか? それは楽天カードの「ポイントで支払いサービス」に充当するのが最も効率的な使い方です。 楽天のサービスを利用すると、楽天ポイントはどんどん貯まりますが、これを楽天市[…]

楽天ポイントの使い道は楽天カードの支払いに充当するのが一番オトク

楽天ポイントを交換するならポイントサイト「モッピー」

各ポイントサイト・ポイント交換サイトでは、楽天ポイントにも交換はできますが、交換するときにはレートが悪くなっています(手数料が課金されています)。

ところがポイントサイト「モッピー」では、無料で等価交換が可能で+3%増量キャンペーンまでやっています。

ノーリスクで3%も増加するのは非常に大きいです。

しかもモッピーから交換されたポイントももちろん、楽天ペイの支払いにも利用できます。

モッピーでポイントを稼ぐには最初は広告を利用してみること

モッピーでポイントをコンスタントに稼ぐには、ネットショッピングをモッピー経由で利用することを欠かさずにするだけで、コンスタントにポイントを稼げます。

ですがこれだと月間で500~1,000円くらい稼げるくらいですが、ポイントサイトならクレジットカードの申し込み・証券口座の開設などで大きなポイントを稼ぐことができます。

特にモッピーでは、楽天カードの申込では新規入会特典のポイントアップ時に連動して極めて高いポイント還元を提示してきますので、楽天カードを申し込むならモッピー経由なら高いポイント還元が期待できますね。

モッピーの楽天カード案件

もちろん、楽天カード以外も申し込みたいクレジットカードがあれば、まずはモッピーで探して申し込むことで結構なポイントをもらえますので、まずはモッピーで広告掲載されていないか確認してみることが大事だと思います。

関連記事

楽天カードでは月に1回1週間程度、入会特典の楽天ポイントが通常の5,000ポイントから7,000~8,000ポイントにアップしていることがあります。 このときにポイントサイトから申し込むことで多いときで1万円相当を超えるポイントをもら[…]

楽天カードをモッピー経由で申し込む手順(いつポイントがつくかも解説)

モッピーでポイントをコンスタントに稼ぐには「お友達紹介制度」を活用すること

しかし必要なクレジットカードも枚数には限りはあると思います。

モッピーで楽天ペイで支払えるくらいのたくさんのポイントをコンスタントに稼いでいくには、「お友達紹介制度」を活用しないと多くのポイントを稼ぐことができません。

ブログ・SNSなどで多くの方にモッピーのメリットを説明して、自身のURLを経由して登録してもらえれば2種類の紹介報酬を得ることができます。

  1. 紹介したお友達が新規入会すると300ポイントの「紹介ボーナス」
  2. 紹介したお友達が獲得したポイントに応じてもらえる「ダウン報酬(最大10%)」
①紹介したお友達が新規入会すると300ポイント

自身がブログやSNSで紹介した自身のURL経由でモッピーへの入会があると300ポイント(=300円相当)/人を紹介ボーナスとしてもらえます。

当方も紹介をブログで行うことで、このように登録頂いています。

モッピーお友達紹介

紹介する人数は制限がありませんので、月間10人も紹介すれば3,000円にもなります。

②紹介したお友達が獲得したポイントに応じてもらえる「ダウン報酬(最大10%)」

モッピーで期待したいのが「ダウン報酬制度(ちょっと最近ケチってきましたが)」です。

紹介したお友達がポイントを稼ぐとその獲得ポイントの最大10%が紹介した方にプレゼントされます。

ブログやSNSで紹介した「お友達」の人数がコンスタントに伸びていくと、この「ダウン報酬」でコンスタントに収入を得られるようになります。

例えば10人の方を紹介し、紹介した方は平均して1,000円くらいの広告を利用したとすると得られるダウン報酬は以下のようになります。

10人✕(1,000円✕10%)=1,000円
月1,000円くらいのダウン報酬となります。
この月1,000円のダウン報酬が少ないと感じているのであれば、それは紹介した方の人数が少ないからです。
これを頑張って100人に紹介できたとして、再度計算し直すと以下のようになります。
100人✕(1,000円✕10%)=10,000円
もちろん利用していただいた広告の単価が大きければ大きいほど、紹介者のダウン報酬は大きくなりますので、抜きんでた大きな報酬が得られる広告の紹介を欠かせずにおこなってフォローしていくことで大きな単価の広告を使っていってくれると思います。
関連記事

モッピーはポイントサイトでも会員数は900万人とトップクラスのポイントサイトです。 高額な広告のポイント還元の高さとネットショッピングでもセール時にあわせて高いポイント還元率を提示してくれますので、ポイ活には欠かせないポイントサイトだ[…]

お小遣いを稼げるモッピーの稼ぎ方、稼ぐやり方のまとめ

モッピーは新規入会キャンペーンでもたくさんポイントがもらえる

モッピーでは、お友達紹介キャンペーンを行っており、登録の翌々月末までに5,000ポイント以上貯めると2,000ポイント(=2,000円相当)がもらえるキャンペーンを実施中ですので、これから登録しようという方に非常に勧めやすいです。

登録の翌々月末までに5,000ポイント以上貯めるというところで、挫折するパターンが多いのですが、先程の楽天カードのキャンペーンを利用すればあっという間に達成できますね。

モッピーは👇のボタンからの新規登録&入会後の利用で最大2,000円相当のポイントプレゼントです。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

楽天ペイのお得な使い方まとめ

楽天が運営するコード決済「楽天ペイ」は、トヨタウォレットなどを利用したポイント多重取りによりポイント還元率を極限まで高められるコード決済です。

そのポイント多重取りは以下の方法で成立します。

ただ、楽天カードの「街のご利用でポイントポイント2倍キャンペーン」の条件である、「楽天市場で2万円以上の楽天カード決済」が楽天市場の利用がもともと少ないのでハードルとして高すぎるという方もいると思います。

その場合は、日曜日の利用で1.5%の還元率を叩き出すTカードPrimeなら先程のポイント多重取りで0.5%程度劣るだけで、いつでも使えますのであまり楽天市場を利用しない方へはコチラをオススメしています。

日曜日の利用は1.5%還元!Tポイントをためるなら「TカードPrime」
4.0

TカードPrime

■日曜日の利用で1.5% Tポイント還元
■今なら新規入会特典6,000円相当のTポイントがもらえます。
■auPAYプリペイドカードへのチャージで合計2%、TOYOTA Walletへのチャージで最大3.2%の還元率が狙えるクレカです。
■申込みはハピタス経由で新規入会特典に加えて4,000円相当のポイントと一番オトクです。