【溜まった小銭どうする2022】手数料0円で小銭をauじぶん銀行に預ける方法

2022年1月17日から、ゆうちょ銀行ATMの小銭の預け入れに手数料がかかるようになって、小銭をどうしたら良いのか途方に暮れている方もいらっしゃると思います。

ふとネットを見てみると、セルフレジに大量の小銭を突っ込んで故障させた方もいるようですが、人様に迷惑を掛けてでも小銭を処理したいというのはちょっとどうかと思います。

「じゃあどうしたらよいの?」という方向けに、消費に使ってしまうのではなく手数料0円で預け入れができて、金利も「ゆうちょ銀行ATM」の150倍にすることができる「auじぶん銀行」を活用する方法を解説していきたいと思います。

これを発見したときには、日本国民の悩みのタネとなった小銭問題の解決方法を提示できるわけですので、なんか社会貢献したような清々しい気分になりました。

ちなみにauじぶん銀行auカブコム証券と口座間を連携する「auマネーコネクト」の設定+au PAYとの連携で普通預金金利は「ゆうちょ銀行」金利の150倍の0.15%になります。

クレカ投信積立なら最大5%還元!auカブコム証券
4

①3月28日からau PAY カードによるクレカ投信積立で1%還元+au回線4%=最大5%還元!
②国内株式手数料は約定代金100万円まで手数料無料・米国株式も業界業界最安クラス
③auカブコム証券で購入した投資信託の評価価格の70%相当がauカブコムFXの証拠金として活用できます。
■口座開設はハピタス経由の口座開設&100円以上の取引で7,800円相当のポイントがもらえます。

ゆうちょ銀行ATMの小銭問題

これまでは小銭がたまってきたらその都度、ゆうちょ銀行ATMで預け入れしていたと思いますが、2022年1月17日からこれに手数料がかかるようになりました。

ゆうちょ銀行手数料

>>ゆうちょ銀行:ATM 硬貨預払料金の新設・ATM での硬貨取扱時間帯の変更

極力小銭がたまらないようにしたくても、そこは後進国に落ちぶれるほど、キャッシュレス決済の改善がすすまない日本です。

こないだも免許更新にいったときも、やはり手数料は現金のみという体たらくでした。

もう何年も財布をもって出かけることを止めているのに、次から次へと小銭が出現する事案が勃発したりします。

そこで活躍したのが「auじぶん銀行」です。

auじぶん銀行×auプリペイドカードは小銭問題の救世主

なんとau PAY プリペイドカードなら1,000円以上1円単位でローソンレジでau PAY残高にチャージできて、そのチャージしたau PAY 残高は自動でauじぶん銀行の普通預金に自動払い出しができるのです。

auPAYプリペイドカード

知らなかったですかね?

だいたい朝6時くらいに払出がされます。

au PAY 自動払い出し

>>auじぶん銀行公式から

これはクレジットカードからチャージした金額はもちろんできません。

銀行口座からのチャージやau PAY プリペイドカードからのチャージが対象となります。

au PAY アプリはスクリーンショットが撮れませんので、手順を画像では説明できませんのでリストアップすると以下のようになります。

  • au PAY アプリの「送る・受け取る」をタップ
  • 「払出」をタップ
  • 「自動」・・・毎日・全額を払出
  • 画面下の「自動払出を設定する」ボタンをタップ

以上の手順で金額と頻度を予め設定しておけば、手数料無料でauじぶん銀行の口座に払い出しが行われます。

※ちなみに手動でやると手数料がかかります。

au PAY 残高自動払出設定方法

一応、auじぶん銀行の公式サイトでは手順を画像つきで掲載していますので、そちらも引用しておきます。

STEP1

au PAY アプリの「送る・受け取る」をタップ

au PAY残高自動払出設定方法①

STEP2

「払出」をタップ

au PAY残高自動払出②

STEP3

「自動」をタップし画面下へスクロールして、頻度(毎日がおすすめ)、金額(全額を払出がおすすめ)→画面下の「自動払出を設定する」ボタンをタップ

au PAY残高自動払出③

>>auじぶん銀行公式 au PAY残高払出

au PAY 残高自動払出を設定すると小銭を預け入れできる

実は2021年8月30日からこの自動払い出しはできるようになっているのですが、2022年1月17日の「ゆうちょ銀行ATM 硬貨預け入れ手数料問題」が勃発するまではあまり気にしたことはありませんでした。

しかしさすがに小銭が増えてくると不便でたまらないので、ローソンレジで小銭を数えて渡す手間はあるものの、このau PAY プリペイドカードでau PAY 残高→auじぶん銀行口座に自動払い出しを行うという方法を使うことにしました。

この方法ならじゃまな小銭をau PAY 残高にすることができますので、レジの方の手間を掛けないように目の前で自分で数えて申告してチャージしていただいています。

今回の免許更新でもまた増えた小銭は、au PAY プリペイドカードでau PAY残高にチャージしてきました。

チャージした残高は、設定さえしていればauじぶん銀行の口座に自動払い出しされ金利を受け取ることができます。

ただ現状ではau PAY プリペイドカードRevolutメタルプランの残高にチャージしてプリペイドカードの0.5%のPontaポイントとRevolutメタルプランの1%のキャッシュバックの恩恵を受けています。

このau PAY プリペイドカードは、auユーザーなら誰でも保有できますが、非auユーザーなら「auじぶん銀行」口座が必要になってきます。

auじぶん銀行とは?KDDIの豊富な資金源を活用した先進的なネット銀行

auじぶん銀行」とは、携帯電話3大キャリアの一角、auを展開するKDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立したネット銀行です。

ネット銀行としては、知名度とは裏腹にそんなに後発ではないです。

特徴はやはりKDDIの圧倒的な資金力です。

どんな不況下でも割高な料金でも気前よく支払ってくれる優良顧客を分厚く保有している3大キャリアは、どんなときでも営業利益でトップ5には必ず入っていますね。

auじぶん銀行はその資金力を存分に生かしているようで、キャッシュカードを用いなくてもスマホでATM操作ができるようになったり、今回のau PAY 残高との自動払い出し機能(オートスイープ)など、どんどん機能を追加し便利になってきています。

どう便利になっているかというと、例えば以下の3つの機能を活用していくとその絶大なメリットを実感できます。

  1. 1,680Pを製造する優遇プログラム(ランク制度)「じぶんプラス
  2. 次世代ウォレットサービス「Revolut」にチャージしてポイント多重取りができるau PAY プリペイドカード
  3. auカブコム証券との連携で金利は「ゆうちょ銀行」の150倍

このメリットだけでも先駆者である楽天銀行住信SBIネット銀行と方を並べるところまで来ていると思います。

これについて一つ一つ解説していきます。

①1,680Pを製造する優遇プログラム(ランク制度)「じぶんプラス」

auじぶん銀行の優遇プログラム「じぶんプラス」は、口座残高やサービスの利用毎にスタンプが貯まり、その数に応じてプレミアム・ゴールド・シルバー・レギュラーの4段階で評価されます。

ステージがアップする毎にATM手数料無料回数・他行振込手数料無料回数が増えて対象取引で獲得できるPontaポイント数も優遇されていきます。

付与されるATM手数料無料回数・他行振込手数料無料回数でもポイントでもネット銀行では随一ではないかと思います。

ステージ ATM出金無料回数 他行振込無料回数 対象取引付与ポイント
レギュラー(スタンプ0~1個) 2回 3回 1p
シルバー(スタンプ2~3個) 5回 5回 5p
ゴールド(スタンプ4個) 10回 10回 10p
プレミアム(スタンプ5個以上) 15回 15回 15p

ですがさすがにPontaポイントを無制限にもらえるわけではなく、上限がありますが最大で毎月1,680Pを生み出すことが可能です。

ただそのうち1,500Pの部分は外貨預金で預け入れ・払い戻しにはいわゆる手数料とされるスプレッドが課されています。

付与されるポイントは1.5%相当なのに対して外貨預金のスプレッドは0.2%程度の手数料に相当するので、急速に円高にならない限り約1.3%分はポイントを稼ぐことができます。

関連記事

auじぶん銀行の優遇プログラムは、「じぶんプラス」という名称で2022年4月から大幅に改善されます。 auじぶん銀行のサービスの利用毎にスタンプがたまり、スタンプ5つためるとステージ判定がプレミアムになり、最大でATM利用回数・他行振込回[…]

auじぶん銀行「じぶんプラス」攻略法2022!毎月Pontaポイント180P製造マシーン

ステージごとで対象件数で貯まるPontaポイント

auじぶん銀行の場合はプレミアムステージで15Pと非常に効率がよく、ネット銀行では随一のレベルです。

ですので目指すならプレミアムステージを目指しましょう。

じぶんプラスポイント付与

ステージ判定の項目は色々ありますが、このポイントが付与される項目を集中して攻略することで労力を少なく、多額のポイントを獲得することができます。

ステージ判定の条件

プレミアムランクを獲得するには、以下のようにスタンプを5つためなければなりません。

じぶんプラスステージ判定

条件は以上のようになっていますが、大事なのは⑤の「auカブコム証券の口座との連携(auマネーコネクト)を設定する」をしておくことと①定額自動入金で決まった額を自動で入金させておくことです。

auカブコム証券の口座との連携(auマネーコネクト)を設定する」については後述しますが、定額自動入金サービスを設定することは一番大事でこれによって振り込む手間を省いて、スタンプ×1&最大Pontaポイント15Pを獲得することができてその後の作業が楽になります。

定額自動入金を行ってからの作業は以下のように予め決めておけば非常に楽です。

  • 定額自動入金サービスで自分名義のメインバンクから資金を入金する=1件以上で15P
  • 普段利用しないクレジットカードの引き落とし先にして、カードは月に1回1,000円程度のプリペイドカードへチャージ=引き落としで15P
  • Pringに10万円チャージ→出金=150P GET
  • 判定日20日までに外貨預金自動積立10万円→即売りで現金化=1,500P

以上の流れで作業をこなしておくと毎月のようにプレミアムランクを獲得しつつ、Pontaポイントも1,680Pを獲得することができます。

1,680Pってau PAY カードの決済なら168,000円も決済しないと獲得できないポイントであることを考えると、「じぶんプラス」という優遇プログラムが非常に貴重であることがご理解いただけると思います。

まずはスタートは定額自動入金サービスです。

定額自動入金サービスで毎月振込みをしている金額を自動入金する

定額自動入金サービスとは自分名義の他行の銀行口座から毎月定額を自動入金するサービスです。

手数料は無料なので、他行から振り込む作業の手間を減らすことができます。

また給与振込口座が勤務先に「地銀」とか「ゆうちょ銀行」など利便性で難がある銀行を指定されているときには、この方法でauじぶん銀行に資金を移すことができます。

ですのでまずは、メイン銀行や給与が振り込まれる自分名義の銀行口座を指定してしてください。

対象は全国の金融機関の口座を網羅しています。

定額自動入金サービス対象金融機関

他にも例えば、家賃・駐車場代など定期的な振込がある場合は、その定額を一旦この「定額自動入金サービス」で自分の名義のメイン銀行・給与振込口座から、auじぶん銀行の口座へ定期的に資金を移動させます(手数料無料)。

基本的なサービス詳細は以下の内容を確認してください。

  • 利用金額:10,000円以上、1,000円単位
  • 手数料:無料
  • 引落金融機関での引落日:毎月6日または26日(休業日の場合は翌営業日)
  • 入金日:引落金融機関での引落日の4営業日後
  • 上限件数:5件

次に手動ではありますが、auじぶん銀行から定期的な振込先へ振込を実行すればOKです。

プレミアムランクになれば15回分も他行振込の無料回数を獲得できますので、普段の生活では十分対応できると思います。

クレヒスのために利用しないカードの引き落し先に指定する

auユーザーでauじぶん銀行をメインバンクにされている生粋のau経済圏の住民の方なら、例えばau PAY カードau PAY ゴールドカードの引き落し先として指定していると思いますので、スタンプ×1&最大Pontaポイント15Pは確実です。

しかしauじぶん銀行はあくまでサブ扱いという方なら普段使っていないカードの引き落とし先として指定しておくと良いでしょう。

というのはクレジットヒストリーというのは、継続的に使っていることが大事で、せっかく発行したカードなのに継続的な利用がない場合はマイナス要因になります。

保険目的とかであまり利用がないカードの場合は、例えば1,000円分だけKyashCardなどのプリペイドカードにチャージすることで、継続的な利用記録を残すことができます。

ただ本当になんの目的もないカードの場合は、入会したのに全然利用してくれないという判定になるのでクレヒスにとってマイナスでしかありません。

その場合は解約しておきましょう。

キャッシュレス決済・auじぶん銀行のデビットカードについて

auじぶん銀行はau PAY・PayPayなどのコード決済への残高チャージに対応しているため、「じぶんプラス」攻略ではPring残高にチャージ→出金するかPayPayにチャージ→PayPay銀行へ出金すればよいのですが、デビットカードもあわよくば大きなメリットがあるので利用を検討してみましょう。

関連記事

LINEなどのメッセージアプリなどでメッセージをやり取りするように気軽にお金を送りあったりできればすごく便利なのですが、当方の身の回りでは依然として現金のやり取りが主流です。 PayPayを始めとして決済アプリがこういった送金機能を装[…]

auじぶん銀行のデビットカードは、物理カードはなくスマホをデビットカードとして利用できる「スマホデビット」です。

決済の仕方は、ネットショッピングではカード番号・有効期限・セキュリティーコードを入力すればOKですが、街のお店の場合はGooglePay・ApplePayに登録しQUIC Payによるスマホ決済で支払いを行います。

auといえばau PAYが著名で大規模な還元率キャンペーンをまだまだ展開しているので、この「スマホデビット」もそれなりの還元率かと思いきや、驚きの還元率「0%」です。 ただし常設企画として、毎月3回・最大5万円があたるキャンペーンを行っています。

このキャンペーンでは、毎月1~10日・11~20日・21~末日まで3回のそれぞれの期間で合計10,000円のショッピング利用をすると、抽選で最大5万円があたるキャンペーンを毎月行っています。

スマホデビットキャンペーン

抽選ですがはずれても5円があたりますし、仮に100名当たる500円の現金プレゼントなら、それだけで5%還元、5万円当たれば500%還元です。 やっている人が少なそうなだけに、取り組む意味はありそうですね。

※プレゼントされるのは利用月度の翌月末です。

当選金額 当選人数
50,000円 1名
5,000円 10名
500円 100名
50円 1,000名
5円 上記以外全員

スマホデビットの国際ブランドはJCBなので、みなさんが好きなトヨタウォレットとかRevolutへのチャージは使えませんね。

しかしスマホデビット(3Dセキュア本人認証要)ならANA JCB プリペイドカードにチャージして利用すれば、0.5%相当のキャッシュバック+半年単位のチャージ12万円or24万円で0.15%相当のボーナス=最大0.65%のキャッシュバックが獲得できます。

関連記事

JCBカードの還元率を+0.5~0.65%底上げできるANA JCB プリペイドカードについて解説します。 ANA JCB プリペイドカードの基本的な還元率は+0.5%で、チャージでポイントが付与されるクレジットカードからチャージして[…]

JCBの提携カードの還元率をギャップアップできる「ANA JCB プリペイドカード」
外貨預金自動積立10万円→即売りで現金化

「じぶんプラス」攻略で、できる限りやっておきたいのが外貨積立です。

ただし為替変動リスクはあります。

ですが合計10万円積立投資しておいて、判定日の20日を経過してから即売却すれば、スタンプ×1&1,500円相当のポイントが獲得できます。

一方で損失は実質的な為替手数料(スプレッド)200円程度ですので、実質的な手数料による損失は十分に回収できます。

問題は急に2円もの円高になった場合はどうやっても損失になってしまうことですが、短期間で2円もの変動はめったに無いのでポイント付与分有利だと思います。

②次世代ウォレットサービス「Revolut」にチャージしてポイント多重取りができるau PAY プリペイドカード

au PAY プリペイドカードならローソンレジで1,000円以上1円単位でチャージすることができることは最初に記述したとおりですが、設定していればその残高はauじぶん銀行口座に自動払い出しによって預金されます。

ですが、au PAY プリペイドカードRevolut(レボリュート)というイギリス発のデジタル銀行・海外送金サービスの残高にチャージすることができます。

Revolutメタルプラン

このメリットはRevolutのプランの一つであるメタルプランなら、さらにポイント二重取りとなり以下の還元率でチャージした残高を使えるからです。

さらにこのアカウントの残高には銀行からの入金だけでなくカードからもチャージすることが可能です。

ですのでau PAY プリペイドカードにチャージできるカードのうち還元率の高いカードを使えば、極限まで還元率を高めることが可能なわけです。

auユーザーならau PAY 残高に2%の還元率でチャージできる「au PAY ゴールドカード」からが一番望ましいでしょう。

そうでない場合は、1.5%の還元率でチャージできるJQ CARD エポスゴールドがおすすめの券種です。

関連記事

つい最近、JQ CARD エポスゴールドからチャージしたMIXI Mをd払いに登録するという裏技で3.2%の還元率で使っていたのですがこの方法がおそらく2022年1月20日に塞がれました。 じゃあもうこういったd払いを最終出口にしたポイン[…]

d払いにRevolutを登録して最強の還元率を狙う方法(d払い×6gramルート封鎖対策)

③auカブコム証券との連携で金利は「ゆうちょ銀行」の150倍

auじぶん銀行auカブコム証券との口座間連携を「auマネーコネクト」と呼びます。

投資信託や株式の購入でも即時入金ができますし、証券口座に資金がなくても預金が株式・投資信託の購入時に充当(不足金自動振替)される便利な仕組みを採用しています。

auマネーコネクト

資金を使わなかったり、株式を売却したあと出金可能額に反映されて利用がなければ、auじぶん銀行口座に自動的に戻ります(オートスイープ)。

この口座連携で普通預金金利が「ゆうちょ銀行」の100倍の0.1%になります。

さらにau PAYアプリとauじぶん銀行口座が連携されていれば、さらに+0.05%となりますので「ゆうちょ銀行」の150倍の0.15%となります。

問題は各証券会社の即時入金には一部を除いて非対応というところがメイン銀行にするに役不足というところでしょう。

即時入金に対応している証券会社で主要なところでは、auカブコム証券マネックス証券ですのでかなり物足りないです。

ここらあたりは改善の余地が大きいと思います。

関連記事

auカブコム証券というと楽天証券・SBI証券の2大ネット証券に及ばないばかりか、3番手のマネックス証券にも各サービス面でも劣っているというなかなか微妙な証券会社でしたが、KDDIの汲めども汲めども尽きぬがごとく湧き出る資金力は凄まじく著しく[…]

auカブコム証券の手数料が一日定額100万円まで無料化など大幅リニューアル!

【溜まった小銭どうする2022】手数料0円で小銭をauじぶん銀行に預ける方法

「ゆうちょ銀行」ATMで硬貨預け入れに手数料がかかるようになったのは非常に痛いですが、その代わりにローソンレジでau PAY プリペイドカードを使ってau PAY 残高へチャージして自動でauじぶん銀行口座に払い出す方法を習得することができました。

これで日本国民の悩みの種である、小銭問題が解消されたかと思うと社会貢献した気分になります。

ついでに「じぶんプラス」も入念に研究したので、auじぶん銀行から毎月1,680PものPontaポイントを量産することも可能になります。

まずはauじぶん銀行の口座開設を申し込んで、続いてポイントサイト経由でauカブコム証券口座を開設して、金満au経済圏の恩恵を受けてください。

auカブコム証券の口座開設は、ハピタス経由で口座開設&100円以上の取引で7,800円相当のポイントが獲得できますが、auカブコムFX案件からの開設なら総合口座・FX口座を一緒に開設で20,000円相当のポイントが獲得できる爆益案件です。

auカブコム証券の口座開設はハピタス経由FX口座開設で2万円相当のポイントGET
3.5

auカブコムFXバナー

①3月28日からau PAY カードによるクレカ投信積立で1%還元+au回線4%=最大5%還元!
②国内株式手数料は約定代金100万円まで手数料無料・米国株式も業界業界最安クラス
③auカブコム証券で購入した投資信託の評価価格の70%相当がauカブコムFXの証拠金として活用できます。
■口座開設はハピタス経由の口座開設&100円以上の取引で7,800円相当のポイントがもらえます。
■auカブコムFX広告からなら総合口座とFX口座同時開設で20,000円相当の爆益案件です。