【MIXI M→ANA Pay封鎖】Edyと楽天キャッシュの相互交換で還元率4%を達成するチャージルート

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。

2023年7月25日、楽天Edyと楽天キャッシュの相互交換が可能になっています。

これによって例えば以下のようにポイント多重どりの方法に幅が広がっており、ただでさえ他のコード決済の改悪で優位性が際立っている楽天ペイがさらに独走体制を維持しそうな気配になっています。

またこういったポイント多重取りは、従来iPhoneユーザーしか恩恵のなかったのですが、楽天Edy楽天キャッシュの相互交換が可能になったことでAndroidユーザーも以下のようなルートを使ってポイント多重取りができるようになっています。

楽天Edyの還元率は0.5%と正直、少な目ですが、楽天キャッシュへ交換すれば、楽天ペイによる決済で1%還元率がアップしますし、楽天証券での楽天キャッシュ投信積立にも使えます。

これも順当な利用方法ですが、楽天Edyのままでも少額決済で力を発揮する場面も多くありますので今回は、このルートを使った活用方法について解説していきます。

記事内に広告を含みます(PR)

ANA Payから楽天Edyにチャージができる(MIXI M→ANA Payは封鎖)

【MIXI M→ANA Pay封鎖】Edyと楽天キャッシュの相互交換で還元率4%を達成するチャージルート

ANAのスマホ決済「ANA Pay」は、2023年5月23日に再登場したばかりで、以前のコード決済は廃止予定で今回はバーチャルカードによる非接触決済に対応したキャッシュレス決済サービスです。

チャージ方法は、カード(Visa/Master/JCB/Diners)またはApple Payからのチャージが可能です。

ANA Payへのチャージ上限・残高上限に関しては、本人確認を完了していればかなりチャージできるようになります。

本人確認済みの場合上限
チャージ上限1回1,000円~10万円
チャージ上限1日10万円
チャージ上限1ヶ月30万円
残高上限30万円

ANA Payは、Visaのタッチ決済やiDなどの非接触決済に対応していますが、今回冒頭で説明しているように楽天Edyへのチャージが楽天キャッシュへの相互交換が可能になった点でも一番利用価値が大きいでしょう。

なぜなら、楽天キャッシュへ交換すれば、冒頭で説明したように街のお店ではポイント多重取りによる4%還元するからです。

また楽天証券楽天キャッシュ投信積立にも使えますし、楽天ペイ請求書払いなら税金・公共料金も高還元率で支払えます。

三井住友カード ゴールド(NL)の発行は、ニフティポイントクラブ経由なら新規入会利用特典に加えて6,300相当のポイントが獲得できます。


\@nifty接続サービス利用なら6,500円相当

【iPhoneユーザーの場合】ANA Pay→楽天Edyチャージルート

ANA Payは、Apple Payからのチャージが可能であるため、au PAY プリペイドカードからのチャージが可能ですので以下のチャージ方法が一般的になってくると思います。

このようにau PAY・ANA Payはどちらかといえば、単体で決済するメリットは乏しいものの、中継(プロキシ)のために活用することが多くなっており、キャッシュレス決済では欠かせないファクターになっています。

【Androidユーザーの場合】ANA Pay→楽天Edyチャージルート

ANA Payは、クレジットカード(Visa/Master/JCB/Diners)が可能なのでキャッシュレス決済には欠かせないKyash Cardからのチャージも可能です。

Androidユーザーの方なら以下のルートでANA Payにチャージできます。

こちらで紹介しているにKyash Cardついても、かつてはクレジットカードからチャージした残高で1%の還元率だったのでポイント二重取りの代表格でしたがクレカからチャージした残高による還元率が0.2%に低下したため中継(プロキシ)によく使われます。

とくにANA Payは三井住友カード系のプリペイドカードであることから、チャージはポイント付与対象外になります。

そのため、Kyash Cardを中継することが重要になってきます。

【MIXI M→ANA Pay封鎖】ANA Pay→楽天Edyチャージルート

JQ CARD エポスゴールド(エポスゴールド)→MIXI Mなら最大2.7%の還元率になるので、MIXI MからANA Payにチャージできるのではないか?と誰もが思いつくと思います。

ですがこのルートはMIXI M側から2023年7月14日でもって封鎖されてしまいました・・・・。

ちょっと前だと、ファミペイ・ANA Payへのチャージも可能だったので以下のようなルートも可能だったわけです。

  1. JQ CARD エポスゴールドorエポスゴールド(2.5%~2.7%)→MIXI M
  2. MIXI M(0%/JCB/Apple Pay)→ファミペイ
  3. ファミペイ(ポイント付与対象外/ファミペイバーチャルカード/Apple Pay)→WAON
  4. WAON(1%)→楽天ギフトカード
  5. 楽天ギフトカード(1%/楽天キャッシュ)
  6. 合計4.5%~4.7%還元

もっともMIXI M側は、こういった中継で使われることを嫌っていますので、TOYOTA Walletへのチャージもいち早く封鎖するなど対策が非常に迅速です。

MIXI M→ファミペイ・ANA Payへのチャージは2023年7月14日で不可

ANA Pay・Kyash Cardから楽天Edyへのチャージの仕方

いまのところ、ANA Pay・Kyash Cardから楽天Edyへのチャージが可能な状態ですので、当分はこの方法で説明しようと考えています。

楽天Edyは支払えるお店が電子マネーの中では最多ですが、カードよりは利用できる範囲が狭いのが難点ですし、なんなら楽天キャッシュを使った楽天ペイのコード決済のほうが還元率が高いです(1%還元)。

長い間、iPhoneユーザーはスマホから登録したカードによるチャージができない状態でしたが、iPhoneユーザーでもEdyカードアプリからEdyカードに楽天IDに登録したクレジットカードからチャージができるようになりました。

Androidスマホ&おサイフケータイ対応ならスマホでチャージしてスマホでかざして決済できます。

\デザイン豊富Edyカード/

iPhoneの場合は、スマホではEdyを利用できず、別途Edyカードが必要です。

楽天Edyへのチャージ方法

楽天EdyにANA Payを登録するには、まずANAマイレージクラブアプリをインストールしてバーチャルプリペイドが使える状態まで設定していただく必要があります。

ANA Payバーチャルカードの登録は、楽天会員情報に事前にカードを登録してから行いますが、新規登録の場合は登録した翌日の12:00から利用可能になります。

画像はおサイフケータイ搭載のAndroidで解説していますが、iPhoneユーザーの方はEdyカードを読み取って操作してください。

Edyへのカードの追加、チャージなどが失敗する場合は、wifi環境ではなく、契約しているスマホの回線で行うとスムーズです。

詳細を見るをタップ

すでにカードを登録している場合は、右下の「チャージ」ですが、ANA Payを未登録の場合は、中央の「詳細を見る」をタップします。

詳細を見る

チャージ設定をタップ

チャージ設定をタップします。

何も登録されていない場合は「未設定」となっています。

チャージ

チャージ方法をタップ

「チャージ方法」をタップします。

チャージ方法を選択

「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」をタップ

新規でカードを登録しますので、「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」をタップします。

楽天IDに登録のクレジットカード

他のクレジットカードを選択をタップ

そうすると登録している楽天IDに登録している楽天カードがでてきますが、新規で登録したいので「他のクレジットカードを選択」をタップします。

クレジットカードを追加するをタップ

次に楽天IDに登録されているクレジットカードがリストで出てきます。

ANA Payを新規で登録しますので「クレジットカードを追加する」をタップして、ANA Payのカード番号・有効期限・セキュリティ番号を入力します。

ANA Payのカード番号は、アプリ右上の部分をタップすると確認することができます。

ANA Payカード番号

利用できるようになるのは翌日の12:00からです。

楽天Edyへのチャージはスマホアプリでチャージも決済もできるAndroidのほうが便利ですが、楽天モバイルとセットなら1円で5G対応のAndroid端末が買えます。

\日本全国どこでも使い放題、無料で国内通話かけ放題/

楽天Edyの還元率をアップできる楽天Edyスタンプラリーキャンペーン

楽天Edyスタンプラリーキャンペーンは、エントリーを含む12項目をクリアすると合計で最大100ポイントがプレゼントされるキャンペーンです。

Edyスタンプラリーキャンペーン
Edyスタンプラリーキャンペーン
100ポイントを貯めるには、楽天Edyでは0.5%の基本還元率ですので普通なら20,000円分の支払いでようやくもらえるポイント数です。
それが普段の利用先をスタンプラリーで指定したところに変えれば、それだけでポイントがもらえます。

Edyスタンプラリーは毎月何をしたらいいの?

Edyスタンプラリー は、『買いまわり』・『チャージ』・『今月の特別』の3つの項目があります。
1つの列には4つスタンプがあり、1列のスタンプ4つすべて貯めると5~20ポイント、12のすべてのスタンプを貯めると合計20~100ポイントが付与されます。
この付与ポイントは5段階のレベルに応じて決まります。
 スタンプ1列達成スタンプ3列すべて達成合計
はじめてレベルそれぞれ5Pさらに5P20P
期待の星レベルそれぞれ5Pさらに15P30P
一流レベルそれぞれ10Pさらに20P50P
名人レベルそれぞれ20Pさらに20P80P
仙人レベルそれぞれ20Pさらに40P100P
このレベルは以下の条件を達成すると翌々月にレベルアップします。
  • はじめてレベル
  • 期待の星レベル・・・2か月前から5か月以内にお支払いしたことがある
  • 一流レベル・・・1列以上達成でレベルアップ!
  • 名人レベル・・・2列以上達成でレベルアップ!
  • 仙人レベル・・・3列以上達成でレベルアップ!
関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。電子マネーは、最近ではコード決済に押されて2022年では決済額は6.1兆円と7.9兆円となったコード決済にすっかり逆転されてかなり影が薄くなりました。しかし電子マネーが採用し[…]

2021年12月の楽天Edyスタンプラリー攻略法

ANA Payルート×Edyなら3.5%+ボーナスポイント

今回説明したルートで楽天Edyへのチャージをすれば、最大3.5%の還元率になります。

これに加えてボーナスポイントが最大100P加わるのであれば、仮に2万円のチャージで100Pなら+0.5%還元率がアップすることになり、電子マネーとしては異例の還元率だと思います。

しかし楽天Edyが力を発揮するのは、ビックカメラ・コジマ×ビックカメラです。

ビックカメラ・コジマ×ビックカメラでは、ポイントカードはビックポイントを採用しています。

この基本付与率は10%と非常に高く設定されていますが、クレジットカードで購入した場合は8%に還元率が低下してしまいます。
ところが楽天Edyで支払えば、ビックポイント10%付与されて楽天Edyにも0.5%ポイントが付与されます。
つまり13.5%の還元率を達成できますので、楽天Edyが非常に重視されるのです。
ただビックカメラ来店予約を使えば、さらに19.5倍のポイント還元率が狙えますので大きな買い物ではビックカメラ来店予約を活用しましょう。

【まとめ】Edyと楽天キャッシュの相互交換で還元率4%を達成するチャージルート

2023年7月25日、楽天Edyと楽天キャッシュの相互交換が可能になっています。

これは結構凄いことで、例えば以下のようにポイント多重どりの方法に幅が広がっており、ただでさえ他のコード決済の改悪で優位性が際立っている楽天ペイがさらに独走体制を維持しそうな感じです。

楽天Edyの還元率は0.5%と正直、少な目ですが楽天キャッシュへ交換すれば、楽天ペイによる決済なら還元率は1%にギャップアップするので楽天ペイによる利用が順当だと思います。

しかし、楽天Edyによる少額決済ならEdyスタンプラリーによるボーナスポイントも期待でき、何よりビックカメラならEdy払いならポイントカードに10%のポイントが付与されますので、ケース・バイ・ケースで残高を交換しながら決済方法を選んでください。

今回説明したチャージ方法の中でau PAYへのチャージで最大2%の還元率を叩き出せる三井住友カードゴールドNLは、ポイントサイト経由で公式サイトとポイントの二重取りができます。

三井住友カード ゴールド(NL)ならKyash・au PAYへのチャージで最大2%還元!
4.8

①今なら新規入会と利用で7,000円相当の新規入会特典
②年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
③最大2%の還元率でKyash・au PAYにチャージできる高還元率カード
④SBI証券のクレカ投信積立で1%のVポイント還元
→ニフティ㌽クラブ経由のカード発行で新規入会特典に加えて7,000円相当のポイントが獲得できます。

個人事業主・副業をされている方は、ビジネスオーナーズゴールドが利用枠も大きくAmazon・ETC・ANA・JALの利用が最大2.5%にもなるのでオススメです。

個人事業主最強のビジネスカード『三井住友カードビジネスオーナーズゴールド』
4.8

①新規入会&利用特典1万Vポイント+5ヶ月目まで50万円利用でさらに1万Vポイントプレゼント
②最大2%の還元率でKyash・au PAYにチャージできる高還元率カード
③年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
④Amazon・ETC・ANA・JALの利用は最大2.5%還元
→ポイントインカム経由のカード発行なら新規入会特典に加えて20,500円相当のポイント獲得

楽天ペイもやはりポイントサイトを経由してインストールすることでポイントを獲得できます。

キャッシュレス決済で最強に躍り出ている楽天ペイは、ワラウを経由したアプリインストール後の初回決済で1,100円相当のポイントがもらえます。

\アプリインストールはワラウ経由で/

Edyと楽天キャッシュの相互交換に関してよくある質問

楽天Edyと楽天キャッシュの相互交換について良くある質問をまとめました。

エポスゴールド(JQ CARD エポスゴールド)から楽天Edyにチャージできますか?ポイントはつきますか?

チャージできます。
エポスカードからのEdyチャージは可能ですし、ポイントも0.5%付与されます。

エポスカードの選べるポイントアップにEdyは選べますか?

選べません。
ポイント3倍になる選べるポイントアップショップにEdyは選択できませんが、クレジットチャージで0.5%のポイントが付与されます。

MIXI Mから楽天Edyにチャージできますか?ポイントはつきますか?

Edyチャージには利用できません。
楽天会員情報にMIXI Mを登録できますが、Edyアプリから確認すると「利用できません」と表示されます。

TOYOTA Walletから楽天Edyにチャージできますか?ポイントはつきますか?

できません。
2021年11月でEdyへのチャージは不可となっています。

楽天モバイル に契約すると最大半額で最新iPhone、Androidスマホならオリジナルスマホ「Rakuten Hand 5G」を1円で購入できます。

  • 楽天回線エリアはデータ使い放題でプラン料金3,278円/月(3GBまで1,078円/月~20GBまで2,178円/月)
  • Rakuten Linkアプリなら、無料で国内通話かけ放題
  • 楽天市場でのお買い物でもらえるポイントが+4倍!

楽天モバイル

【MIXI M→ANA Pay封鎖】Edyと楽天キャッシュの相互交換で還元率4%を達成するチャージルート
最新情報をチェックしよう!