TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)×楽天Edy&スタンプラリーで最大5.8%還元!

楽天Edyチャージと楽天Edyスタンプラリーキャンペーンのあわせ技で高い還元率を達成する方法を解説します。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)という決済アプリのTOYOTA Wallet残高による決済で1.5%ものキャッシュバックが2021年4月13日から毎月毎回実施されています。

このTOYOTA Walletの残高から楽天Edyにチャージすれば、楽天Edyの支払いで+0.5%の還元率が加算でき最大4.2%の還元率で利用できます。

今回はTOYOTA WalletへチャージするKyash Card経由でTOYOTA Walletへチャージを行えば、さらに還元率がアップします。を利用して還元率を最大限高めるためにどのような組み合わせが良いのか複数プランを立てて解説していきます。

 
cohamizu
TOYOTA Walle→Edyでキャッシュバックされますので、オススメの方法は以下の3通りです。
  1. 楽天カード(最大2%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)+楽天Edy(0.5%)=4.2%
  2. JQ CARD エポスゴールド(最大1.7%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)+楽天Edy(0.5%)=3.9%
  3. Tカード Prime(1.5%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)+楽天Edy(0.5%)=3.7%

以上この3つのプランとさらに毎月行われて楽天Edyの還元率を最大+1.6%アップできる楽天Edyスタンプラリーキャンペーンについても解説いたします。

この組み合わせで最もポイント還元率が高くなる「楽天カード」は、ポイントサイト経由での申込みで楽天からの新規入会特典に加えて、ポイントサイトからもポイントがもらえます。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー8000

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「モッピー」経由で新規入会特典に加えて11,000円相当のポイントがもらえます。
■モッピーはボタン経由の登録と広告利用で2,000円相当のポイントプレゼントです。

楽天Edyの還元率をアップできる楽天Edyスタンプラリーキャンペーン

楽天Edyスタンプラリーキャンペーンは、エントリーを含む12項目をクリアすると合計で80ポイントがプレゼントされるキャンペーンです。

楽天Edyスタンプラリー

チャージに関する条件は5,000円ですので、TOYOTA Walletからチャージすれば冒頭に書いた【①②③】に加えて1.6%相当の還元率を上乗せできるということになります。

つまり「楽天カード」なら合計で以下のような還元率になり最強の決済手段になります。

楽天カード(最大2%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)+楽天Edy(0.5%)+スタンプラリー(最大1.6%)=最大5.8%

楽天Edyスタンプラリーキャンペーンの条件は、期間としては毎月1日から末日で「3つの大項目」とその中の「4つの中項目」の合計12項目をクリアするとポイントが加算されます。

詳細に関しては以下にまとめております。

関連記事

Edyの還元率は通常は0.5%ですが「楽天Edyスタンプラリーキャンペーン」を活用すると最大2.1%にまで還元率をアップさせることができます。 さらにクレジットチャージではポイントが付与されるカードもあるため、高還元率のカードでクレジット[…]

2021年5月の楽天Edyスタンプラリー攻略法
例えば5月に関しては以下の条件になっています。

①買いまわり(クリアで20ポイント)

■コンビニお支払い・・・ローソンが今月の特別であるため優先的に利用

■ドラッグストアお支払い・・・ツルハドラッグがポイント3重どりできるので優先

■飲食店お支払い・・・吉野家が今月の特別であるため優先的に利用

■ショッピングお支払い

②チャージ(クリアで20ポイント)

■1回チャージ

■累計1,000円チャージ

■累計5,000円チャージ・・・5,000円以上をTOYOTA Walletからチャージ

■ポイントチャージ・・・10ポイントチャージでクリア

③今月の特別(クリアで20ポイント)

■スタンプラリーに参加

■ローソンで利用(1回300円以上の利用)

■吉野家で利用(1回300円以上の利用)

■5回以上支払い

12項目クリアでボーナス20ポイント

この楽天Edyスタンプラリーキャンペーンでクリアすべき条件としては、実はここ最近で一番簡単になっています。

TOYOTA Walletからのチャージは半信半疑でしたが、2021年5月は無事付与されましたのでEdyアプリに紐付けてチャージに利用してください。

チャージ額が条件の5,000円チャージの金額で条件をすべてクリアしたならば、繰り返しですが還元率としては以下のようになり最強の内容になります。

楽天カード(最大2%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)+楽天Edy(0.5%)+スタンプラリー(1.6%)=5.8%
仮にスタンプラリー抜きであっても、還元率は3.7%と最強ですので、Visa LINE Payクレジットカード(2021年4月30日まで3%→2%にダウン)改悪後はEdyが最終決済手段となりました。
この途中で経由する場合に便利なKyashCardは、通常公式サイトで申し込むより紹介URL経由で申し込んだほうがオトクですのでご紹介します。

Kyash Cardは紹介状経由の申込みで実質タダになります。

TOYOTA Walleへのチャージに役立つKyash Card申込みは、下記のリンクボタン経由で招待を受けて、銀行入金を行うと900ポイント(=900円相当)が付与されます(銀行入金の残高の支払いは1%の還元率です)。

【プラン①】楽天カード街の利用で2倍キャンペーンを利用してチャージ

楽天カードは還元率は1%と広く知られていますが、「街の利用でポイント2倍」というキャンペーンが毎月行われています。

街の利用でポイント2倍

エントリーして楽天市場を2万円以上楽天カード決済すると楽天市場以外のカード利用がポイント2倍つまり2%の還元率で利用できます。

対象外は他のネットショッピング・公共料金・通信料金・税金の支払いなどですが、TOYOTA Walletへのチャージは条件を満たせばポイント2倍(2%ポイント還元)です。

このポイント2倍状態の楽天カードでをKyashCardに紐付けてTOYOTA WalletにチャージしさらにEdyにチャージすると以下の還元率になります。

楽天カードで直接Edyにチャージしてもたったの0.5%の還元率なのでメリットはありませんが、KyashCardTOYOTA Walletを経由することで、メチャクチャお得なカードになります。

楽天カードの申込みは、ポイントサイト「モッピー」経由が最もポイント還元率が高く、新規入会特典8,000ポイントに加えて、モッピーから11,000円相当のポイントがもらえます。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

関連記事

楽天カードの還元率を2%にアップする「街の利用2倍ポイント」について解説します。 楽天カードは基本還元率1%のクレジットカードとして広く知られていますが、ある条件を満たすと楽天市場以外の利用が2%の還元率になります。 条件とは、エン[…]

楽天カード「街の利用2倍ポイント」が復活!
ただし楽天市場を2万円以上楽天カード決済という条件が、楽天市場をあまり利用しない方にとっては厳しいと思いますので、常時高い還元率を叩き出せる【プラン②】を次に解説します。

【プラン②】万能の高還元率クレカ「JQ CARD エポスゴールド」からのチャージ

エポス陣営のゴールドカードの中で、JQ CARD エポスゴールドはインビテーション(招待)によって年会費無料で保有できるクレジットカードです。

JQカードエポスゴールド

JQ CARD エポスゴールドは、以下のメリットがあるためメインでの保有をぜひオススメしたいクレジットカードです。

  1. 選べるポイントアップショップ」に選定した支払先のカード利用はポイント3倍の1.5%のポイント還元率になります。
  2. 年間100万円利用するとボーナスポイントとして1%分の10,000円分のポイントが付与されます。
  3. 「8252:丸井グループ」の株式を保有&エポスゴールド・プラチナ保有なら保有株数に応じてポイントがもらえます(0.2~1%)
  4. たまるポイントは「JRキューポ」ですが、このポイントサービスが主要なポイントと交換できるポイントハブとして使えます。

JQ CARD エポス ゴールドの利点のうち

以上の2つの合算で2.5%のポイント還元率が実現します。

インビテーションの条件としては、半年以上50万円の利用で届く傾向にありますが、個人の属性で異なります。

関連記事

エポスカード からJQカードエポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)インビテーション(招待)によりJQカードエポスから、驚異的な還元率を誇るJQ CARD エポスゴールドへ切替えを行うことができます。このイン[…]

インビテーションによって年会費無料で保有できる高還元率カード JQ CARD エポスゴールドです。

①「選べるポイントアップショップ」でポイント3倍の1.5%の還元率

この「選べるポイントアップショップ」には3つ選定でき、選択するとポイント3倍(1.5%還元)で利用できます。

選べるポイントアップショップ

しかし楽天Edyに対するチャージは0.5%の基本還元率のままで「選べるポイントアップショップ」の中にはありません。

選ぶならMixiを選択するとMixiが運営しているバーチャルプリペイドカード「6gram」へのチャージがポイント3倍となり、後述する年間利用100万円で達成できるボーナスポイント10,000pt(1%還元相当)とあわせて最大2.5%の還元率で利用できます。

関連記事

エポス陣営のゴールドカードはコスパに優れたゴールドカードです。 ゴールド会員以上の特典である「年間利用ボーナスポイント」と「選べるポイントアップショップ」を併用すれば、常時最大2.5%の還元率で利用することが可能です。 ゴールド[…]

【最大2.5%還元】エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」おすすめを解説

②年間利用100万円でボーナスポイント10,000pt(+1%還元相当)

JQ CARD エポスゴールドは、他のエポス陣営のゴールドカードと同じく年間利用に対してボーナスポイントがもらえます。

【年間利用50万円】:2,500円相当(0.5%相当)のボーナスポイント

【年間利用100万円】:10,000円相当(1%相当)のボーナスポイント

支払いが全部「選べるポイントアップショップ」対象なら、この年間利用ボーナスと合算で最大2.5%の還元率で利用できますが、楽天Edyに対するチャージは0.5%のままですので、年間利用ボーナスと合算で1.5%の還元率と考えて良いと思います。

関連記事

エポス陣営のゴールドカードは、2種類のボーナスポイントを獲得することができます。 このボーナスポイントのことを知っていても、いつポイントが貰えるのかヤキモキされている方もいるのではないかと思います。 逆に「ボーナスポイントなにそれ?おい[…]

エポスゴールドカード(JQ CARD)のボーナスポイントとは?加算はいつ?

③「8252:丸井グループ」の株式を保有&エポスゴールド・プラチナ保有なら0.2~1%のポイントがもらえる

エポス陣営のカードの運用会社は「8252:丸井グループ」です。

丸井グループというとデパートのマルイを思い浮かべるかもしれませんが、稼いでいるのは今やこのカード・金融事業です。

「8252:丸井グループ」の株式を100株以上の単元以上(現在の株価だと約20万円前後)で保有していると1株51円の配当がもらえ(年率2.58%の配当利回り)、カード保有で株主優待として保有株式数に応じてポイントがもらえます(一般カードよりゴールド・プラチナ会員の方がたくさんもらえます)。

JQ CARD エポスゴールドの還元率が最大値になるのは年間100万円の利用ですので、その金額で考えた還元率は以下のようになります。

保有株数 ゴールド・プラチナ会員付与ポイント 年間100万円利用時の還元率
100株以上~500株未満 2,000ポイント 0.2%
500株以上~1,000株未満 4,000ポイント 0.4%
1,000株以上~5,000株未満 6,000ポイント 0.6%
5,000株以上~10,000株未満 8,000ポイント 0.8%
10,000株以上~ 10,000ポイント

1.0%

つまり「8252:丸井グループ」の株式を100株保有に加えて「JQ CARD エポスゴールド」を保有していれば、0.2%の還元率のアップが期待できます。

SBIネオモバイル証券なら1株から買付できますので、コツコツ買って単元にすることもできます。

または、1株保有しておいて「権利確定日」2営業日前の「権利付最終日」の前日に「8252:丸井グループ」を単元で買って、空売りを同金額行うというクロス取引で損失もなく株主優待をもらっておくという方法もできます。

関連記事

株式・ETF・REITを最小単位で購入でき、購入にTポイントを利用できるSBIネオモバイル証券(以下:ネオモバ)では、株式・ETF・REITを定期的に買い付ける機能があります。 狙った銘柄をコツコツ購入していって単元株(100株単位)[…]

1株・1口の最小単位から株式・ETFを売買できるネオモバ。さらに便利になる定期買付サービスの機能を解説します。

④ポイ活に必須のポイントハブ「JRキューポ」

JQ CARD エポスゴールドの利用でたまるポイントは「JRキューポ」です。

JRキューポ」が便利なのは以下の4つのポイントサービスに交換できポイ活に必須のポイントハブとして機能するからです。
  • エポスポイント
  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • Gポイント
エポスポイントとTポイントは相互交換が可能となっていますので、その時なんらかのキャンペーンで集中したほうが良さそうなポイントに集中させることができます。
特にキャンペーン等がなければ、ウエルシア薬局で毎月20日の「お客さま感謝デー」でTポイントで支払えば1.5倍の価値で利用できる通称「ウエル活」に利用するとお得ですね。
関連記事

JR九州が発行しているJQカードで貯まるポイント「JRキューポ」。 九州以外の方は、ためる意味がなさそうに感じますが、「JRキューポ」のポイントサービスは非常に便利でポイ活にとっては必須のポイントハブです。 「JRキューポ」を活用し[…]

JQ CARDエポスゴールド✕KyashCard✕TOYOTA Wallet✕楽天Edyで還元率5.5%

JQ CARD エポスゴールドが万能の還元率を誇るクレカであることはわかっていただいたと思います。

TOYOTA Walletから楽天Edyへのチャージでキャッシュバックが付与される上、何よりエポス陣営のクレジットカードは改悪がほぼなく、ゴールド以上なら高い還元率を長い間維持しています。

そのため保有するならJQ CARD エポスゴールドをインビテーションによって保有されていたほうが、長い目で見たときはメリットが大きいと思います。

このJQ CARD エポスゴールドをチャージ先として紐付けたKyash CardからTOYOTA Walletにチャージすれば、以下の還元率になります。

このように楽天Edyの還元率0.5%と毎月行われる楽天Edyスタンプラリーキャンペーンの併用でさらに最大1.6%相当の楽天ポイントを獲得できれば👆のポイント3重どりによる3.4%還元に加えて2.1%が乗っかりますので、合計5.5%という還元率が達成できます。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しません。

そこで「ハピタス」(3,500円相当のポイント経由でエポスカード」を申込みポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方は「JQ CARD エポスゴールド」保有者ですので、「ご紹介番号:21040188666」を案内できます。

【プラン③】日曜日のチャージ1.5%還元!「Tカード Prime」

【プラン①】・【プラン②】は還元率は間違いなく高いのですが、条件クリアがなかなか難しいという方にオススメなのが、日曜日の利用が1.5%ポイント還元となる「Tカード Prime」です。

TカードPrime

初年度の年会費は無料で、年に1回でも利用があれば翌年度も年会費がかからないので実質年会費無料のカードです。

1.5%となる条件が日曜日の利用だけなので、非常に簡単です。

ゴールドカードになるまでしばらくかかるとか色々な条件がないのであるいはこれがシンプルイズベストかもしれません。

Tカード Primeキャンペーン

Tカード Primeは、総額6,000円相当の新規入会キャンペーンを行っています。

特典は2つあり、2つの中の1つ利用して5,000円相当のTポイントを貰うのが現実的です。

【特典1】Jリボ登録で1,000ポイント(2021年9月30日まで)
【特典2】カード到着から3ヶ月以内に10万円利用で5,000ポイント(5万円利用で2,000pt・7万円利用で3,000pt)
そしてちょっと面倒なのが、4ヶ月以内に応募用紙を投函することです。

日曜日の利用は1.5%還元となる「Tカード Prime」の申込みは、ライフメディア経由の申込みで新規入会特典に加えて2,400円相当のポイントがもらえます。

>>ライフメディアのお友達紹介キャンペーンで入会特典2,500円を獲得する方法

関連記事

日曜日は1.5%の還元率でTポイントがたまるクレジットカード「TカードPrime」をポイントサイト経由で申し込む方法を解説します。 「TカードPrime」は、Tポイントがたまる「Tカード」とクレジットカードの機能が一体となったカードで[…]

TカードPrimeはKyash経由のTOYOTA Wallet・auPAYへのチャージに便利な高還元率カード
問題は、発行元が新規でカードを立ち上げては改悪を繰り返している「ジャックス」だというところです。
これだけ条件が良ければ、Tカード Primeの改悪は普通にありえますので、代替案も用意しています。
代替案は驚くかもしれませんが年会無料の「dカード」です。

【プラン③代替】こえたらリボの併用で1.5%の還元率!年会費無料の「dカード」

dカードは、年会費無料で基本還元率は1%のクレジットカードです。

dcard

 

基本還元率は1%ですが、dカード陣営のカードの「こえたらリボ」という制度を活用し、設定した金額をほんの僅かだけ超えて手数料を少額でも発生させれば1,000円の利用につき5ポイントがプレゼントされます。

つまり還元率が+0.5%アップし合計1.5%のクレジットカードとして利用できます。

dカード陣営のカードでは「dカードGOLD」が有名ですが、ドコモユーザーでない場合は年会費11,000円が重いのでサブカードとしてKyash Card経由のTOYOTA Walletへのチャージに利用する場合は最適です。

「こえたらリボ」の支払額を調整するため、一定額の支払いしかできないため、あくまでサブカードの位置づけなのでJQ CARD エポスゴールドの保有をあわせて勧めています。

dカード 新規入会キャンペーン

dカードは、現在総額8,000円相当の新規入会キャンペーンを行っています。

特典は3つあります。

【特典1】新規入会1,000ポイント
【特典2】対象期間中のショッピングご利用金額の25%のdポイント(2ヶ月合計5,000ポイント)

【特典3】こえたらリボ・キャッシング枠設定で最大2,000ポイント
【特典2】は入会月~翌月の期間で2,500ポイント、翌々月で2,500ポイントの合計5,000ポイント(各期間10,000円の利用で還元率がMAXになります)

dカード✕KyashCard✕TOYOTA Wallet✕楽天Edyで還元率5.3%

dカードの裏技利用で1.5%にポイントアップした状態でKyash Cardに紐付けてTOYOTA Walletにチャージし、さらに楽天Edyへチャージした状態が最終の決済出口としては最強レベルになります。

dカードから直接TOYOTA Walletにチャージしてもポイントはつきませんので、必ずKyash Cardに紐付けて間接的にチャージしましょう。

そしてdカードを紐付けたKyash CardからTOYOTA Walletにチャージし、さらに楽天Edyへチャージすると以下の還元率になります。

dカード(1.5%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)=3.2%

+Edy(基本0.5%)+スタンプラリー(1.6%)=5.3%

楽天Edyの還元率0.5%と毎月行われる楽天Edyスタンプラリーキャンペーンの併用でさらに最大1.6%相当の楽天ポイントを獲得できれば👆のポイント3重どりによって合計5.3%という還元率が達成できます。

「こえたらリボ」で支払額を調整するのは、ちょっとメインカードとしては向きませんので、エポスカードを育ててJQ CARD エポス ゴールドを保有していたほうが何かと便利です。

年会費無料のdカードの申込みは、ポイントサイト「ECナビ」経由で新規入会特典6,000円相当のdポイントに加えて、ECナビから3,000円相当のポイントがもらえます。

ECナビでは新規入会キャンペーンが行われており、下記のバナー経由で新規登録し90日以内の電話番号認証で150円相当のポイントプレゼントに加えて、ポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

関連記事

dカード・dカード GOLDは特にdカード GOLDなら、年間ご利用特典があるため年間100万円以上利用すれば年会費はすぐにペイできますが、では年会費無料の一般カードであるdカードは、ドコモユーザー以外でもメリットがあるのか解説したいと思い[…]

ドコモユーザー以外でもメリット絶大な「dカード 」のお得な使い方を解説!

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)×楽天Edy&スタンプラリーで最大5.8%:まとめ

注意点は、TOYOTA Walletから楽天Edyへのチャージでキャッシュバックが付与されるのは、異例のことなのですぐ塞がれる可能性もあるということです。

ただし「後出し」は、かつてイオンクレジットが2019年に「後出し」で対象外を一方的に決めるなどして消費者庁から怒られていますので、「後出し」をするということはありません。

ですので改悪の際は、必ず予告があります。

現在はキャッシュバックは付与されていますが、塞がれた場合でも楽天Edyで高い還元率を維持するためにチャージで最大1.5%ポイント還元されるJQ CARD エポスゴールドは準備しておいたほうが良いです。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、ポイントサイト経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションが届くのを待つのがセオリーです。

エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できますのでご利用ください。

ご紹介番号: 21040188666

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.5%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
■ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで入会特典に加えて3,500円相当のポイントがもらえます。
■下のボタン経由のハピタス登録と広告利用で1,000円相当のポイントプレゼントです。