モバイルSuica 2月26日から年会費無料化

ようやくですが、2020年2月26日以降、モバイルSuicaの年会費が完全に無料化になります。
現状の料金体系で無料となっていたのは、
Apple Pay
・登録するカードが「ビューカード」の場合
以上の場合だけで、
例えばAndroidスマホでは、年会費1,050円が発生するという状態でした。
そのためAndroidスマホを利用している方は、無料でSuicaをモバイルで利用するには、Google PaySuicaを登録する方法だけとなっていました。

しかし2020年2月26日以降は、モバイルSuicaの利用がすべて無料となります。

モバイルSuicaとは

Suicaはソニーの非接触ICカード「Felica」の技術を用いた非接触決済技術です。
その歴史は意外と古く2001年よりJR東日本管内で利用が始まり、現在では全国の公共交通機関10管区各社のICカードとの相互利用が可能です。

上記の10管区内で2つだけ、モバイルで利用できますが、これまで長い間モバイルSuicaのみがFelicaを搭載したおサイフケータイでモバイル(スマホなど)によるSuicaの利用が可能となっていました。

利便性は高く、電車を始めとする交通系ICで決済が可能な他、自販機・量販店でも利用が可能です。
また、モバイルSuicaでクレジットチャージもその都度行うことができるという利便性を持っています。
一方で、物理カードのようにデジポッドを必要としない代わりに、年会費を徴収するようになっていましたが、例外としてビューカード登録、Apple製品、Google Pay利用の場合は年会費が無料となっていました。

モバイルSuicaで登録すべきカード「ビックカメラSuicaカード」

モバイルSuicaが完全に無料化されたら、早速2020年2月26日以降にインストールして設定を行う予定の方もいると思います。

従来だとモバイルSuicaに登録すべきクレジットカードは、「ビックカメラSuicaカード」が最も有効でした。
ビックカメラSuicaカード」を登録するメリットは、以下の3つです。
モバイルSuicaへのクレジットチャージが1.5%ポイントの還元率で行える
②ビックカメラのクレジットカード利用で10%、Suica利用で11.5%ポイント還元
③通常の利用でも1%還元となる高還元率カード
一方でデメリットは、
④貯まるポイントはJRE POINTという非常に利用範囲が限定されるポイント
⑤JRE POINTは実質Suicaチャージくらいしかメリットがない
⑥JREポイントアプリがとんでもなく使いにくいです

という具合に、モバイルSuicaへのクレジットチャージが1.5%のポイント還元率という点と、ビックカメラの利用で+10%ポイントが付与される点が非常に優れています。
しかしコード決済勢のとくに3大キャリア勢の大規模な還元率施策があるため、ビックカメラでの「ビックカメラSuicaカード」利用時の還元率を上回ることもしばしばあるため、相対的な利便性は低下しています。

そして肝心のモバイルSuicaへのクレジットチャージが1.5%のポイント還元率というのは必ずしも高いとは言えなくなってきています。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ビックカメラSuicaカード申込みは、ポイントサイト「ポイントタウン」経由で入会特典に加えて、ポイントサイトから4,000円相当のポイントが付与されます。

関連記事

交通系ICを使っている方から見れば、モバイルSuicaへのチャージが有利なカードは必携ですね。必須と見られているクレジットカードはやっぱり「ビックカメラSuicaカード」ですね。「ビックカメラSuicaカード」の主なスペックは以下のとおり[…]

モバイルSuicaを選べるポイントアップショップ登録で3%のポイント還元率を叩き出すJQ CARD エポスゴールドカード

JR九州が発行している「JQ CARD エポスカード」は、通常時は0.5%の還元率しかないカードですが、年間50万円前後の利用でゴールドカード「JQ CARD エポス ゴールドに昇格すると、その還元率が一変します。

①年間100万円利用で1万円相当、年間50万円利用で2千500円相当のボーナスポイントが付与される。

②選べるポイントアップショップに選択したらポイント3倍になる。これにモバイルSuicaが含まれているため常時1.5%以上の還元率で利用できる。

③リボ支払いで支払い確定する6日までに繰り上げ返済すれば、手数料を回避してポイントが+0.5%となる。

以上①②③を合算すると3%の高還元率なカードとなります。
とくにJR系の支払いが3倍ポイントにできるのは大きいですね。

ただGoogle Payでは、チャージがGoogle Payで認識されるので、ポイント還元率は0.5%のままです。
チャージはモバイルSuicaに行わなくてはなりませんでした。
ところが前述のようにこれまではビューカード以外は年会費が発生していました。
しかしこれが2020年2月26日からは無料化します。
よって、これからはモバイルSuicaへ登録するなら「JQ CARD エポス ゴールドですね。

ライフメディアへ無料登録

JQ CARD エポスは、ポイントサイトライフメディア」経由の発行で入会特典に加えて+5,000円相当のポイントがポイントサイトから付与されます。

上記のポイントサイト経由からのポイント付与に加えて、JR九州公式でもポイントが付与されます。
本家本元の「エポスカード」が入会特典2,000円相当に対し、「JQ CARD エポス」は期間限定ながら入会特典JRキューポ7,000円相当という大変手厚い内容になっています。
期間は、2020年2月1日~2月29日 と残り期間はわずかとなっています。

さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方は「JQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 19122127866

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]

2020年春からは、楽天ペイアプリからSuica発行が可能になります。

2020年春(何月とはまだ正確な日程は伝わっていません)に、コード決済アプリ「楽天ペイ」からSuica発行が可能となり、「楽天ペイ」アプリに登録しているクレジットカードからチャージ可能となります。

関連記事

楽天が運用しているコード決済「楽天ペイ」は、2020年春に交通系電子マネー「Suica」の発行・チャージができるようになります。目下Suicaを運用するJR東日本は、ほぼ同じスケジュールでイニシャルコスト(導入経費)を大幅に削減した簡易版[…]



これにはポイントも付与される予定ですが、ポイント付与のブランドはVISA・MasterCard・JCBとなっています。
ただ注意点は、対応する端末はAndroid&おサイフケータイ対応スマホです。
iPhoneは非対応ですので、注意してください。


楽天カードの申込みは、ポイントサイト「モッピー」経由で公式からの5,000ポイントの付与に加えて、
ポイントサイト「モッピー」から4,000円相当のポイントが付与されます。
ポイントサイト「モッピー」の新規入会は、最大1,000円相当のポイントが付与されるキャンペーン実施中です。

最後までよんでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村