auPAY残高へのチャージで便利なリルタイムチャージとは?チャージするカードはどれがオトク?

大規模還元キャンペーンをたびたび展開しているau PAYの残高にチャージするカードはMasterCardブランドから可能ですが、au PAY カード・au PAY ゴールドカードからはリアルタイムチャージ(いわゆるオートチャージ)が可能です。

au Payはコード決済サービスで還元率自体は0.5%で、予めチャージした残高から支払われます。

このauPAY残高チャージはクレジットカードのほうが、チャージ金額へもカードのポイントがつきますので、ポイント二重取りとなり還元率を底上げすることができます。

このチャージでポイントも満額もらえるau PAY カード・au PAY ゴールドカードau PAYのオートチャージについて解説します。

通常auPAY残高チャージはau PAY カード1%・au PAY ゴールドカード2%の還元率ですが、期間限定でこの5倍ポイント還元されるキャンペーンも実施されていますのでau PAYの利用頻度が高ければau PAY カード・au PAY ゴールドカードがオススメです。

auPAYマーケット・auPAYなら「auPAYカード・auPAYゴールドカード」
4.0

ハピタス9月

①auPAYマーケットなら最大16%、ゴールドなら最大18%ポイントがもらえます。
②auPAY残高へのチャージはゴールドなら2%ポイント還元
③ゴールドならau携帯電話料金プランの最大11%をポイント還元

■いまならハピタス経由で一般カード・ゴールドカードとも4,000円相当のポイントが獲得できます。

au PAYは誰でも使えるコード決済

au PAYはau IDとスマートフォンが必要ですが、auユーザーでなくても誰でも始めることができるコード決済です。

200円の利用ごとに1ポイントのPontaポイントがたまります(0.5%還元)。

ただキャンペーン期間中は、還元率・還元上限などはやはりauユーザー・UQ mobileユーザーが優遇されやすくなっています。

特にチャージの際は、au PAY カード以外のカードでも国際ブランドがMasterCardならチャージ可能ですが、キャンペーン時にポイントが○倍となったり、au PAY ゴールドカードなら通常のチャージでも2%のポイント還元です。

コード決済ができないお店でもプリペイドカードで支払えます。

PayPayを筆頭にしたコード決済は、段々と利用できるお店が広がっていったのですが、利用できないお店もまだまだ多いです。

そういった店舗では、Visa・MasterCard・JCBなどの国際ブランドのカードには対応していることがあります。

au PAYの残高は、au PAYで使えるのはもちろんですが、au PAY プリペイドカードでも残高を共有しているため利用可能です。

auPAYプリペイドカード

au PAY プリペイドカードは国際的にはシェアが2番目に多い、MasterCardブランドなので大抵のお店で支払いに利用することができます。

ただ最近は、PayPayはできてカードは対応していないというお店も結構増え、JPQRという共通のQRコードで決済もできるようになっており、au PAYもJPQRに参加しています。

関連記事

KDDIが運営しているスマホ決済サービス「au PAY」。 残高をチャージして利用するプリペイド型のスタイルですが、「au PAY プリペイドカード」と残高を共有しており、コード決済が利用できる場合は「au PAY」を利用し、クレジッ[…]

auユーザー以外でも活用できるau WALLET プリペイドカード

1 IDで複数の端末でも使えます。

なぜできるようになっているのかは不明ですが、au PAYは複数の端末に1つのIDで登録できます。

このメリットは一つの残高を共通で使えるという点ですね。

煩わしいかも知れませんが、残高を把握していると後どれくらいの残高なのか把握できるので自然と無駄使いも減りますし、残高以上に使うことができませんので使いすぎも防止できます。

当初は家族にはプリペイドカードで利用しても良い残高を渡したりしていましたが、au PAYなら共通で残高を確認できますし、最近は以前はキャッシュレス対応できていなかったお店でもオールインワンで様々な決済方法に対応できる「AirPAY(エアペイ)」・「Square(スクエア)」などが登場してきており、導入コストがほぼないので、au PAYなら大抵のところで支払いができると思います。

ですのでコード決済としてもプリペイドカードとしても使えるau PAYは利用できる範囲も広く、家族と共同で使える裏技もあるのでかなり便利だと思います。

関連記事

家族間のお金の管理でプリペイドカードのように残高で管理できて「夫婦で共同のサイフ」として利用できるサービスはないかな~と色々試していましたが今の所ベストだと思ったのが「auPAY」です。 cohamizu なんでかというと、[…]

au PAYを1つのアカウントで複数端末を使う方法

au PAY 残高へのチャージでPontaポイント5倍還元キャンペーンについて

2021年7月20日~8月31日の期間で、最大20%還元される「たぬきの大恩返し 夏」キャンペーンが実施されます。

チャージで5倍

このキャンペーンでは、対象の街のお店やネットショッピングで10%ポイント還元されますが、au PAY カード・au PAY ゴールドカードによるauPAY残高チャージに限り期間限定で、通常5倍にアップするキャンペーンも行われています。

  通常チャージ還元率 期間中チャージ還元率 期間中のポイント還元上限
au PAY カード 1% 5% 1,000ポイント
au PAY ゴールドカード 2% 10% 2,000ポイント

au PAY カードのポイント還元の上限は1,000ポイントということは20,000円のチャージで還元率としてはMAXということになります。

この特典は、au PAY カード・au PAY ゴールドカードで入会してから6ヶ月のau PAY残高へのチャージが10%ポイント還元される(還元上限3,500ポイント・ゴールドなら8,500ポイント)新規入会特典との併用はできず、カード入会特典の方が優先されます。

au PAY カードの新規入会ではau PAY残高へのチャージで6ヶ月10%還元

au PAY カード・au PAY ゴールドカードの新規入会特典は概ね3つあります。

  • 【特典1】入会して6ヶ月間のau PAY残高へのチャージが10%ポイント還元(ゴールドは11%還元)
    ・au PAY カードは期間中のポイント上限は3,500ポイントまで
    au PAY ゴールドカードは期間中のポイント上限は8,500ポイントまで
  • 【特典2】特典1の適用後に通常のカード利用でauユーザーは5%還元、非auユーザーは3%還元
    ・au PAY カードは期間中のポイント上限は3,500ポイントまで
    au PAY ゴールドカードは期間中のポイント上限は8,500ポイントまで
  • 【特典3】対象の公共公共料金の支払い、またはETCカード新規発行&利用で3,000ポイント加算

au PAY残高へのチャージに関しては、【特典1】が該当しますが、今回の「たぬきの大恩返し 夏」のキャンペーンよりも特典は手厚いので、新規入会特典分が残っている方はコチラが優先されて重複して特典をもらうことはできません。

関連記事

auユーザーなら持っておきたいauPAYカード・auPAYゴールドカードをポイントサイト経由で、ポイントを2重どりしながら申し込む方法を解説します。 auPAYカード・auPAYゴールドカードは特に、大規模なポイント還元キャンペーンを毎月[…]

au PAY カードはどのポイントサイト経由がお得?作り方は?

チャージはリアルタイムチャージが便利

au PAY残高へのチャージはその都度金額を決めてチャージする方法の他にオートチャージが2通りあります。

  • リアルタイムチャージ
  • 一定額チャージ

これがどう違うのかですが、簡単に説明します。

リアルタイムチャージ

au PAYで支払ったときに残高の不足分のみチャージする方法がリアルタイムチャージです。

便利そうですがauユーザーしか設定できません。

このリアルタイムチャージにau PAY カード・au PAY ゴールドカードは対応しています。

一定額チャージ

残高が設定した金額を下回ったときに、設定したチャージ金額がチャージされるのが一定額チャージです。

例えば5,000円を下回ったら5,000円チャージするなどの設定ができます。

こういった設定にされたい方はいると思いますが、実はau PAY カード・au PAY ゴールドカードは対応していません。

なんでなんでしょうね。auの考えていることはよくわかりません。

じゃあ一定額チャージはどうしたら設定できるかというと、auユーザーならauかんたん決済、非auユーザーはauじぶん銀行の口座残高から「オートチャージ・出金」サービスを設定することでできます。

au PAYにチャージするカードはなにが良いの?

au PAY カード・au PAY ゴールドカードをどちらが良いかですが、au PAY ゴールドカードは年会費が11,000円かかります。

しかしauユーザーならau PAY ゴールドカードでau利用料金・auひかり の利用料が11%ポイント還元されますので、au利用料やauひかり の料金の合計が月々8,333円以上あれば十分、年会費の元がとれます。

au PAY カード・au PAY ゴールドカードのスペックの違いは以下のようになっています。

  auPAYゴールドカード auPAYカード
年会費 11,000円 1,375円(初年度無料、1年利用があれば翌年も無料)
還元率 1% 1%
新規入会特典 20,000ポイント 10,000ポイント
au利用(携帯電話・auひかり)還元率 11% 1%
auPAY残高チャージ 2% 1%
auでんき・都市ガス for au 3% 1%
auPAYマーケット 最大18% 最大16%

一方でau PAY カードは、大きなメリットはau PAY マーケットの買い物で5%還元というところだけで、au PAY残高へのチャージも並のカードと一緒の1%ですので、キャンペーンでもない限りは正直メリットとしては乏しいですね。

au PAY ゴールドカードならau PAY マーケットの買い物で+2%の5%還元、au PAY残高へのチャージも倍の2%ですのでauユーザーならau PAY ゴールドカードがオススメです。

関連記事

auユーザーなら持っておきたいauPAYカード・auPAYゴールドカードをポイントサイト経由で、ポイントを2重どりしながら申し込む方法を解説します。 auPAYカード・auPAYゴールドカードは特に、大規模なポイント還元キャンペーンを毎月[…]

au PAY カードはどのポイントサイト経由がお得?作り方は?

【まとめ】auPAY残高へのチャージで便利なリルタイムチャージとは?

au PAY ゴールドカードはau PAY残高へのチャージで2%還元されます。

しかも便利な機能としてリアルタイムチャージによって残高の不足分を自動的にチャージしてくれますので、残高を意識する煩わしさがないですね。

auユーザーならau PAY ゴールドカードでau利用料金・auひかり の利用料が11%ポイント還元されますので、auユーザーなら必携だと思います。

auPAYマーケット・auPAYなら「auPAYカード・auPAYゴールドカード」
4.0

ハピタス9月

①auPAYマーケットなら最大16%、ゴールドなら最大18%ポイントがもらえます。
②auPAY残高へのチャージはゴールドなら2%ポイント還元
③ゴールドならau携帯電話料金プランの最大11%をポイント還元

■いまならハピタス経由で一般カード・ゴールドカードとも4,000円相当のポイントが獲得できます。