楽天Edyとは?オトクな使い方とキャンペーンを解説!

楽天が運営する電子マネー「楽天Edy」。

楽天Edyは、毎月毎回1.5%キャッシュバックされるキャンペーンを突如打ち出してきた「TOYOTA Wallet」からのチャージでなぜかキャッシュバック対象となっています(ラッキーですね)。

そのためTOYOTA WalletからチャージしたEdyが決済手段としては現在最強となっています。

cohamizu
今回は、突如として脚光を浴びているEdyについて解説していきます。

Edyへのチャージで1.5%キャッシュバックされるTOYOTA Walletへ最大2%という高還元率でチャージできる「楽天カード」はポイントサイト経由の申込みで新規入会特典に加えてポイントサイトからもポイントがもらえます。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ハピタス経由で新規入会特典に加えて6,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大1,000円相当のポイントプレゼントです。

かざすだけで決済ができる電子マネー「楽天Edy」

楽天EdyはFelicaの技術を使った非接触決済ができる電子マネーで、年会費は無料です。

対応しているリーダーにかざすだけで支払いができ、たまるポイントは楽天ポイント(200円につき1ポイント)です。

QUIC Pay

こういった非接触の決済方式は、「Felica」=電子マネーと「NFC」=「Visaタッチ/MasterCardコンタクトレス」があります。

楽天Edyは、予めチャージしておいて利用するプリペイド方式で、類似の電子マネーでは「Suicaなどの交通系IC」・「WAON」・「nanaco」などがあります。

ちなみにプリペイド型の電子マネーは一度チャージすると元には戻せません。

一方でiD・QUIC Payはポストペイ型といって紐付けたカードから支払われるので予めチャージしなくても良い形式です。

Visaタッチ・MasterCardコンタクトレスもiD・QUIC Payと同じポストペイ型で読み取り方式が異なるだけだといえます。

電子マネーは互換性がない

楽天Edyは、交通系IC・WAON・nanacoとも互換性はなく、Edy加盟店でしか使えません。

どういうことかというと、イオン系のお店ではWAON・交通系ICは使えても「nanaco」・「Edy」は使えませんし、セブンイレブンでは「WAON」は使えないということで、極端に言えばお店ごとに違う電子マネーを使う羽目になり、残高の管理がかなりややこしくなります。

一方でVisaタッチ・MasterCardコンタクトレスなどのコンタクトレス決済では、Visaタッチ加盟店ならVisaタッチですべて支払いができ、特に欧米では幅広く利用でき、お店ごとに異なる電子マネーを出さなければならない日本の事情とはかなり違います。

その中ちょっと管理が大変な電子マネーの中でも楽天Edyは、利用できるお店は78万箇所と電子マネーの勢力の中でも最多の対応店舗数(2位はWAONの76万箇所)です。

そのため互換性がなく使いにくい電子マネーの中では比較的利用できる店舗網が広いと言えます。

公共料金や収納代行の支払いは不可

公共料金・収納代行などの支払いはEdyではできません。

公共料金・収納代行などの支払いがセブンイレブンでできるnanaco(WAONはミニストップで収納代行に対応しています)と比べると、その点定期的に発生する支払いができませんので使い勝手は落ちます。

この点ではPayPayを始めとしたコード決済勢が公共料金・収納代行に対応してきています。

関連記事

WAONで税金・公金の支払いがミニストップで収納代行でできます。 ミニストップは北海道・中国地方には存在せず、北陸でも福井のみ、九州でも福岡・佐賀・大分くらいしか店舗がありません。 そのため恩恵にあずかれない方もいるかも知れませんが[…]

WAON収納代行復活!JMB WAON利用でマイル2重どり

Edyへのチャージの方法

前述の通り、プリペイド型の電子マネーであるため事前にチャージしないと使えません。

チャージは1回につき25,000円まで最大50,000円までチャージできます。

現金でチャージ

現金でチャージするときにはセブン銀行ATMでチャージもできますが、他のコンビニならレジでチャージすることができます。

しかし、逐一現金をATMから引き出してチャージするよりも銀行残高から直接チャージしたほうが簡単です。

楽天銀行の口座残高からならEdyにチャージすることができます。

楽天銀行口座残高からチャージ

保有している楽天銀行の口座残高からならEdyにチャージでき、オートチャージ設定もできます。

ちなみに楽天銀行にはハッピープログラムという会員優遇プログラムがあり、口座残高や対象取引の回数でステージが決まりATM無料利用回数が最大7回・他行振込無料回数が最大3回付与される他、対象取引回数1件につき最大3ptが付与されます。

このハッピープログラムの対象件数にはEdyへのチャージも対象ですので月3件はカウントされます。

また1件につき3pt付与されますので、少しではありますけど現金チャージよりもオトクです。

関連記事

楽天銀行の最大のメリット「ハッピープログラム」の攻略方法について解説します。 楽天銀行のハッピープログラムとは、楽天銀行の優遇プログラムのことで、ATM利用回数が最大7回・他行への振込回数が最大3回無料となるメリットがあります。 ま[…]

楽天銀行ハッピープログラム攻略方法

楽天ポイントでチャージ

ためた楽天ポイントをEdyにチャージすることができます。

もっともチャージできるのは、期限の定めのない「通常ポイント」だけとなります。

「通常ポイント」は本来なら、楽天カードの支払いに充当したほうがメリットが大きく、Edyにチャージするのは「楽天Edyスタンプラリーキャンペーン」の条件をクリアするために10ptだけチャージに利用する程度で良いと思います。

関連記事

楽天ポイントの使い道として何に使ったら最も効率的なのでしょうか? それは楽天カードの「ポイントで支払いサービス」に充当するのが最も効率的な使い方です。 楽天のサービスを利用すると、楽天ポイントはどんどん貯まりますが、これを楽天市[…]

楽天ポイントの使い道は楽天カードの支払いに充当するのが一番オトク

クレジットカードでチャージ

Edyにチャージするにはクレジットカードからのチャージが一番オトクです。

ただしチャージでポイントが付与されるクレジットカードは限られており、例えば楽天カードからの直接のチャージは1%の還元率ではなくその半分の0.5%とあまりメリットがありません。

そこで活用したいのが、毎月毎回1.5%キャッシュバック施策を打ち出している「TOYOTA Wallet」です。

毎月・毎回1.5%キャッシュバックされる対象の支払い方法は、TOYOTA Wallet残高によるiD・MasterCardコンタクトレス・バーチャルプリペイドカードによるネット決済ですが、Edyへのチャージはバーチャルプリペイドカードから可能で、1.5%キャッシュバックの対象です。

毎月毎回1.5%キャッシュバック

TOYOTA WalletにチャージできるクレジットカードはVisa・MasterCardのみで現在チャージ手数料は無料です。

このTOYOTA Walletのチャージで最も還元率が高くなるのは、実は楽天カード(条件達成で2%)です。

楽天カードは還元率は1%と広く知られていますが、「街の利用でポイント2倍」というキャンペーンが毎月行われており、エントリーして楽天市場を2万円以上利用すると楽天市場以外のカード利用がポイント2倍つまり2%の還元率で利用できます。

対象外は他のネット決済・公共料金・通信料金・税金の支払いなどですがTOYOTA Walletへのチャージは条件を満たせばポイント2倍です。

このポイント2倍状態の楽天カードでをKyashCardに紐付けてTOYOTA WalletにチャージしさらにEdyにチャージすると以下の還元率になります。

楽天カード(2%)+KyashCard(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)+Edy(0.5%)=4.2%
ですので楽天カードで直接Edyにチャージしてもメリットはありませんが、KyashCardTOYOTA Walletを経由することで、尋常ではない還元率を実現できます。

iPhoneでもEdyアプリからクレジットチャージができるようになった

朗報としてiPhoneユーザーでもEdyカードアプリからEdyに楽天IDに登録したクレジットカードからチャージができるようになりました。

Androidスマホ&おサイフケータイ対応ならスマホでチャージしてスマホでかざして決済できます。

関連記事

TOYOTA Wallet(以下:トヨタウォレット)という決済アプリのTOYOTA Wallet残高による決済で1.5%ものキャッシュバックが2021年4月13日から毎月毎回実施されています。 このトヨタウォレットの残高から楽天Edy[…]

【テスト中】TOYOTA Wallet→楽天Edy&スタンプラリーで最大4.5%還元実現か?

Amazonでも楽天Edyが使える

楽天Edyへトヨタウォレットからチャージすれば還元率が高いことはわかりましたが、問題はネットショッピングでは楽天Edyではほとんど対応していない点が問題ですね。

Amazonだと楽天Edyを支払いに利用することができます。

ただし支払対象外の商品もあるため、Amazonで購入する前に一旦Amazonギフト券にチャージすれば、せっかく購入しようと思ったのに電子マネー支払いには対応していないなんてことがありません。

もちろん楽天Edyの決済でもらえる楽天ポイント0.5%分も付与されますので、4.2%の還元率でAmazonギフト券を購入することができます。

Amazonギフト券の購入は下記のボタンから進むことができます。

Androidのスマホであれば、おサイフケータイであれば簡単ですが、iPhoneの方はパソリ・楽天Edyリーダーが必要になります。

またパソリ・楽天Edyリーダーは対応ブラウザはInternet Explorerのみです。

価格で考えると楽天Edyリーダーの方が安いのでオススメです。

楽天Edyサービス開始20周年キャンペーン

Edyは今年の11月でサービス開始20周年を迎えるらしく、キャンペーン第一弾が2021年4月28日~6月30日、第二弾、第三弾まで準備されているようです。

第一弾は「楽天Edy 20周年キャンペーン第一弾!参加者みんなで目指せ最大100万ポイント山分けキャンペーン」です。

楽天Edyキャンペーン

キャンペーン概要

  • 期間
    ・第一弾:2021年4月28日~6月30日
    ・第二弾:2021年7月スタート予定
    ・第三弾:予定
  • 期間中エントリー:要
  • 楽天Edyで1回200円以上かつ「2」が含まれる金額の支払いを1回以上した参加者で20万ポイントを山分け
    ・例:200円、502円、1,032円など
  • さらに1回200円以上かつ「2」が含まれる金額の楽天Edy決済数の累計が20万回を超えるごとに、山分けポイントが20万ずつ増加

楽天Edyのポイントアップを狙えるスタンプラリーキャンペーン

さらに楽天Edyを使いこなして、ポイントアップするには毎月行われている「楽天Edyスタンプラリーキャンペーン」を活用すると良いでしょう。

楽天Edyスタンプラリーキャンペーン」は毎月変る12条件をクリアすると合計で80ポイントがもらえます。

楽天Edyスタンプラリー

条件の一つであるチャージの条件が最大5,000円チャージなので、5,000円で80ポイント獲得なら1.6%の還元率になります。

2021年7月度「Edyスタンプラリー 毎月開催」の12条件は以下の通りになります。

  1. 買いまわり
    ■コンビニお支払い・・・ファミリーマートが今月の特別であるため優先的に利用
    ■ドラッグストアお支払い・・・ツルハドラッグがポイント3重どりできるので優先
    ■飲食店お支払い・・・マクドナルドが今月の特別であるため優先的に利用
    ■ショッピングお支払い
  2. チャージ
    ■1回チャージ
    ■銀行口座チャージ
    ■累計10,000円チャージ
    ■ポイントチャージ
  3. 今月の特別
    ■スタンプラリーに参加
    ■ファミリーマートで利用
    ■マクドナルドで利用
    ■5回以上お支払い

無理にスタンプラリーを攻略しなくても良いのですが、日頃利用する店舗ばかりですので比較的条件はクリアしやすく、ついでにポイントアップもするわけですのでエントリーはしておきましょう。

関連記事

電子マネー楽天Edyの還元率を上げてもっとお得に利用できるのが「楽天Edyスタンプラリーキャンペーン」です。 さらに毎月毎回1.5%キャッシュバックされているTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)からの楽天Edyチャージでキャッシ[…]

2021年8月の楽天Edyスタンプラリー攻略法

楽天Edyとは?おとくな使い方とキャンペーンまとめ

楽天カードを申し込むとポイントカードと楽天Edyが付帯してくるので、てっきり楽天カードから楽天Edyにチャージすれば良さそうに感じますが、実際には高還元率カードを紐付けたKyashCardTOYOTA Walletにチャージし、楽天Edyにチャージしたほうが還元率としては最も高くなります。

iPhoneユーザーの方はながらく、クレジットチャージがアプリから出来ませんでしたが2021年7月26日からできるようになりました。

スマホですべて完結すると楽なのですが、カードをかざしてアプリで楽天IDに登録しているカードでチャージできます。

Androidの場合は、楽天Edyアプリ・楽天ペイアプリでチャージも支払いもできます。

TOYOTA Walletチャージ用の高還元率カードは最強は楽天カードですが、楽天市場で2万円以上も使わない方は、裏技使用で1.5%の還元率を実現できるdカードならKyashCardを経由すれば高い還元率でTOYOTA Walletにチャージすることができます。

裏技利用で1.5%の還元率!年会費無料の「dカード」
4

ハピタス9月

①基本還元率は1%の年会費無料のクレジットカード
※さらに特約店でポイントアップ(数%off特典も)!
②今なら8,000円相当の新規入会特典
③こえたらリボで+0.5%ポイントアップ!
■申込みはポイントサイト「ハピタス」経由で新規入会特典に加えて3,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは本ブログの紹介URL経由の登録と広告利用で1,000円相当のポイントプレゼントです。

関連記事

dカード・dカード GOLDの還元率を+0.5%アップさせることができる「こえたらリボ」攻略法を解説します。 過去にはリボにすることで+0.5%になるクレジットカードといえばエポスカード でしたが、リボ払いへの変更によるポイントアップ[…]

dカード・dカード GOLDの還元率をアップする「こえたらリボ」攻略法