TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)→モバイルSuicaで3.5%!チャージルート・還元率

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。

Suicaは、JR東日本が発行している交通系電子マネーです。

Suica
Suica

楽天Edy・WAON・nanacoと同様に予めチャージした残高で支払うプリペイド方式の電子マネーで、その歴史は意外と古く2001年よりJR東日本管内で利用が始まっています。

現在では全国の公共交通機関10管区各社のICカードとの相互利用が可能です。

全国の交通系ICカードの中でも『Suica』は、TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)のiD/Mastercard残高からのチャージなら最大4.0%もの非常に高い還元率が期待できるため優秀なスマホ決済の一つだといえます。

iPhoneユーザーの方とAndroidユーザーの方では、チャージルートが異なるので別々に結論から説明します。

iPhoneなら以下のチャージルートでポイント三重取りになり合計4.0%の還元率が実現できます。

次にAndroidユーザーであれば以下のチャージルートでポイント三重取りになり合計3.5%の還元率が実現できます。

もちろんTOYOTA WalletによるiD・Mastercard決済でも還元率は一緒ですが、TOYOTA Walletのキャッシュバック率の計算が100円につき1円分であるため、100円に満たない端数分が無駄になります。

そのため最終出口としてTOYOTA Wallet→『Suica』を選択する方が非常に多いですし、当方もそうしていますので今回は「TOYOTA Wallet→Suica」ルートについて解説していきます。

三井住友カード ゴールド(NL)のポイントサイト経由の発行は、ハピタス経由なら新規入会利用特典9,000Pに加えて5,100相当のポイントが獲得できます。
個人事業主版「ビジネスオーナーズゴールド」は、ハピタス経由で15,000円相当です。
三井住友カード ゴールド(NL)ならau PAYへのチャージで最大2%還元!
4.8

三井住友カードゴールドnl

①今なら新規入会と利用で9,000円相当の新規入会特典
②年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
③最大2%の還元率でau PAYにチャージできる高還元率カード
④SBI証券のクレカ投信積立で1%のVポイント還元
→ハピタス経由のカード発行で新規入会特典に加えて5,100円相当のVポイントが獲得できます。

記事内に広告を含みます(PR)

SuicaはTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)からチャージできる

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)からのSuicaチャージで1%相当がキャッシュバックされます。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の「iD/Mastercard残高」には、Visa・Mastercardブランドのクレカ・デビット・プリカからチャージ可能でカードとのポイント二重取りが可能です。

iPhoneではApple PayでSuicaにチャージ

iPhoneの場合は、Walletアプリに手持ちのSuicaを登録するとApple Payに登録したカードからチャージが可能になります。

このチャージのときにTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の「iD/Mastercard残高」からチャージが可能です。

iPhoneのwalletアプリのSuicaは無記名式

手持ちのSuicaを登録すると元のプラスチックカードは使えなくなります。

Suicaを初めて利用する方は、Walletアプリ上でSuicaを新規発行できますが、タイプは「無記名式」になります。

このWalletアプリ上の無記名Suicaは機能が限られるため、モバイルSuicaをインストールしたほうが良いでしょう。

Suicaは「記名式」と「無記名式」がありますが、「記名式」はチャージ残高を補償してくれること(無記名Suicaは落としてしまうとお金は戻ってこない)や、加盟店でJREポイントが獲得できることを考えると、記名式Suicaの方ができることが多く有利です。

iPhoneでApple PayのSuicaにTOYOTA Walletからチャージする

iPhoneの「Walletアプリ」からクレジットカード(TOYOTA Wallet)でSuicaにチャージするには、事前にクレジットカードをApple Payに設定しておく必要があります。

チャージする手順は以下のとおりです。

  1. iPhoneのホーム画面から「Walletアプリ」を起動します。
  2. 「Walletアプリ」からチャージしたいSuicaを選択し、  i アイコンをタップします。
  3. 情報タブからチャージをタップします。
  4. チャージ金額を選択します。
  5. 使用するカードを確認し指定したチャージ金額の支払いを行う。
Suicaの残高は2万円が上限です。

AndroidではモバイルSuicaでチャージ

Androidの場合は、「Google Pay」・「楽天ペイ」・「モバイルSuica」からSuicaを使うことができます。

このうち『モバイルSuica』であれば、TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の「iD/Mastercard残高」からチャージが可能です。

モバイルSuicaとおサイフケータイアプリはセットで使う

『モバイルSuica』は、「おサイフケータイアプリ」とセットで使う流れになります。

「おサイフケータイアプリ」は事前にインストールしておきましょう。

また交通系IC以外の電子マネー(楽天Edy・WAON・nanacoなど)を一つのスマホで使うときも「おサイフケータイアプリ」のインストールが必要です。

モバイルSuicaにTOYOTA Walletからチャージする

『モバイルSuica』にカードからチャージするには、カードが3Dセキュア本人認証に対応している必要があります。

TOYOTA Walletは、3Dセキュア本人認証に対応しているので『モバイルSuica』のチャージが可能です。

チャージする手順は以下のとおりです。

  1. 『モバイルSuica』のチャージするをタップ
  2. チャージ金額を選択または入力する
  3. 入金する(クレジットカード)を選択しTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の「iD/Mastercard残高」のカード番号を入力
Suicaの残高は2万円が上限です。

SuicaにTOYOTA Walletからチャージするメリット

モバイルSuicaへのチャージは、JQ CARD エポスゴールド(エポスゴールド)からなら「選べるポイントアップショップ」にモバイルSuicaを選択してチャージすれば最大で2.7%の還元率でした。

2023年8月31日をもってモバイルSuicaは「選べるポイントアップショップ」対象外になります。

これはかなり認知度の高い方法で、ユーザーが「選べるポイントアップショップ」に選択した登録先でもモバイルSuicaはダントツの1位です。

しかし、実はTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)からチャージできることで『Suica』はさらに高い還元率のスマホ決済の一つにすることができます。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、優れたキャッシュレス決済サービスでiD・QUIC Pay・タッチ決済・コード決済など様々な決済手段がこれ一つでできる優れたウォレットサービスです。

トヨタウォレット残高

中でも「iD/Mastercard残高」は、Visa・Mastercardブランドのクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードからチャージできて、「iD/Mastercard残高」で決済すると1%キャッシュバックされるので最も使い勝手が良いです。

例えばお手持ちのスマホがiPhoneなら以下のチャージルートで3.5%の還元率が実現できます。

Androidユーザーの方でも、Kyash Card→ANA Payのルートを活用することでSuicaチャージで3.5%もの還元率が実現できます。

これだけの還元率であれば必要にして十分だといえます。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は優れたキャッシュレス決済サービスで、iD・QUIC Pay・タッチ決済・コード決済など様々な決済手段がこれ一つでできる優れたウ[…]

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)×ANA Payルートで最大4.7%還元&出口戦略も解説

メリット①TOYOTA Wallet→Suicaチャージでキャッシュバックロスを無くす

この「iD/Mastercard残高」の決済方法は、街のお店ではiD・Mastercardコンタクトレス、ネットショッピングなどのオンライン決済ではMastercard決済で支払いに利用できます。

キャッシュバック率は1%ですが、100円につき1円分で計算されるため、100円未満の部分は切り捨てになります。

例えば、199円の支払いなら1円分のキャッシュバックになるので還元率は1円÷199円=0.5%と半減してしまいます。

これは正直大損です。

そこでロスすることなくキャッシュバックの恩恵を受けるためにSuicaにチャージするのです。

メリット②TOYOTA Wallet→Suicaチャージなら公共交通機関も決済できる

しかもiD加盟店(設置箇所)は、2023年5月で201万箇所、Suicaなどの交通系ICの加盟店は226万箇所と大きな差はありません。

例えば、イオン・マックスバリュ・ウエルシアなど全国に展開するイオングループの電子マネー決済では、SuicaをはじめとするiD・QUIC Pay・WAONが使えます。

電車・バスなどの公共交通機関の決済はもSuicaで決済できますが、iDは使えませんのでそういった意味では、Suicaのほうが使い道は広いといえます。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。洗剤やシャンプー・コンディショナー・ボディソープ・・・いつも使う商品がタダで買えたなら・・・こんな都合の良いことがウエルシア薬局で毎月20日に開催されている「お客さま感謝デー[…]

ウエル活(ウェル活)で買うもの2022!Tポイントの価値が1.5倍(33%割引)になるやり方を徹底解説!

TOYOTA WalletはANA Payを活用することでポイント多重どりができる

ANA Payは、2023年5月23日に再登場したばかりで、以前のコード決済は廃止予定で今回はバーチャルカードによる非接触決済に対応したキャッシュレス決済サービスです。

ANA Pay
ANA Pay

チャージ方法は、カード(Visa/Master/JCB/Diners)またはApple Payからのチャージが可能です。

よってウォレットサービスの中継(プロキシ)として活躍しているKyash Cardau PAY プリペイドカード(Apple Pay)からチャージが可能です。

ANA Payへのチャージ上限・残高上限に関しては、以下のように本人確認を完了していればかなりチャージできるようになります。

本人確認済みの場合上限
チャージ上限1回1,000円~10万円
チャージ上限1日10万円
チャージ上限1ヶ月30万円
残高上限30万円

ANA Payは、Visaのタッチ決済やiDなどの非接触決済に対応しているのでそれなりに便利ですが、今回冒頭で説明しているようにTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)へのチャージが便利です。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は優れたキャッシュレス決済サービスで、iD・QUIC Pay・タッチ決済・コード決済など様々な決済手段がこれ一つでできる優れたウ[…]

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)×ANA Payルートで最大4.7%還元&出口戦略も解説

au PAY プリペイドカード×ANA Pay×TOYOTA WalletルートではSuicaは3.5%還元

ANA Payは、Apple Payに対応しているので、同じく対応しているau PAY プリペイドカードからチャージすることが可能です。

その前に三井住友カードゴールドNLビジネスオーナーズゴールドからau PAY にチャージします。

三井住友カードゴールドNL

三井住友カード ゴールド(NL)は、基本還元率は0.5%で年間利用100万円を達成するとさらに1%相当の1万Vポイントがボーナスポイントとして付与されます。

さらにマイ・ペイすリを活用すると以下のように最大2%に還元率はアップできるため非常に高還元率なクレジットカードです。

三井住友カード ゴールド(NL)還元率
基本0.5%
マイ・ペイすリボ(手数料発生時)+0.5%
年間利用100万円+最大1%(10,000P付与)
合計最大2%

しかもウォレットサービスのau PAYへのチャージも年間100万円利用の対象なので、これをプロキシ(中継)として、TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)へチャージすることでポイント多重取りが可能になります。

このときに注意すべき点は、以下の2つになってきます。

  1. au PAYへの他社クレジットカードからのチャージ上限は月間5万円まで
  2. ANA Payへのチャージは2024年2月13日からPontaポイント還元対象外
  3. チャージするカードのブランドはMastercardであること

月間5万円までという制約が余計ですが、au PAYにチャージするカードはau PAY カードを前提にしているはずなので、やむを得ないところです。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。このサイトでメインクレカ候補としてオススメしている三井住友カードゴールドNLは、特別な特典があり『100万円修行』といって年間100万円の利用を達成すると翌年以降の年会費(5[…]

三井住友カードゴールドNL登場!一回の100万円利用で年会費無料&年間1%相当のボーナスも!

三井住友カード ゴールド(NL)のポイントサイト経由の発行は、ハピタス経由で新規入会利用特典9,000P+5,100相当のポイントが獲得できます。


\高還元率ポイントサイト/

ところがこの方法は、Apple Payを使うことが前提になっていますのでAndroidユーザーは使えません。

そのため次にAndroidユーザー向けのポイント多重どりの方法を解説します。

Kyash Card×ANA Pay×TOYOTA WalletルートではSuicaは3.5%還元

お手持ちのスマホがAndroidであれば、三井住友カード ゴールド(NL)を起点としたチャージルートでSuicaを3.5%の還元率で使うことができます。

Apple Payが使えなくてもウォレットサービスのKyash CardからANA Payにチャージすることで以下のようにポイント三重取りが可能です。

iPhoneユーザーから比べると還元率は低下してしまいますが、それでもJQ CARD エポスゴールド・エポスゴールドからモバイルSuicaへのチャージで獲得できる最大2.7%の還元率を上回ります。

またこのルートだと、特定店舗で20%もの還元率が話題になっている「Olive」のゴールドカードでも同じように使うことができるため三井住友系のカードを一本化することができます。

関連記事

Oliveアカウントとは、2023年3月からスタートしている三井住友系のサービスをまとめて管理できる新しい金融サービスです。そのサービスとは、三井住友銀行普通預金・SMBCダイレクト・SMBC ID・Web通帳・Oliveフレキシブ[…]

三井住友の新サービスOlive!フレキシブルペイ・Vポイントアッププログラムを解説

ECナビ経由のOlive新規開設+クレジットモード発行で最大9,000円相当!


  • Olive紹介キャンペーンエントリー時の紹介コード入力で1,000 Vポイント
  • ECナビ経由のOlive新規開設+クレジットモード発行で3,000円相当のポイント+増量5,000円分のPeXポイントギフト

Olive紹介コード

SF00149-0025173

\Olive紹介特典1,000円相当/


Olive新規開設+クレジットモード発行は、ECナビ経由で3,000円相当のポイント+増量5,000円分のPeXポイントギフトが獲得できます。

\登録+ポイント交換で1,150円相当/
\まずはエントリー/

【まとめ】TOYOTA Wallet→モバイルSuicaで3.5%!チャージルート・還元率

交通系ICの一つ『Suica』は、今回紹介したTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)からのチャージなら最大3.5%もの非常に高い還元率が期待できるため優秀なスマホ決済の一つだといえます。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)のキャッシュバックは100円につき1円分のキャッシュバックなので、100円未満の端数を無駄にしないためにもむしろ積極的に『Suica』にチャージしたほうが良いでしょう。

ただ欠点は『Suica』の残高が2万円までという点でしょうね。

おさらいですがiPhoneなら以下のチャージルートでポイント三重取りになり合計4.0%の還元率でSuicaが使えます。

次にAndroidユーザーであれば以下のチャージルートでポイント三重取りになり合計3.5%の還元率でSuicaを使えます。

これだけの還元率なら普段の利用で十分だと思います。

惜しむらくは、Suicaをはじめとする電子マネーはコストが高く、QRコード決済に決済額ですっかり抜かれて、街のお店でもQRコード決済のほうが採用されて「電子マネー使えないですね」と言われるようになったことですね。

それがネックになっている方は、楽天ペイなら同様にポイント多重取りで高い還元率を実現できます。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。キャッシュレス決済もすでに大判振る舞いのターンが終わり、d払い・au PAY・PayPayなど3大キャリアのコード決済の改悪が相次いでいます。こうやって他のコード決済[…]

楽天ペイ×ファミペイ×MIXI Mで最強の決済手段が爆誕!チャージルート・還元率を徹底解説

PayPayのシェアが圧倒的で地域によってはPayPayのほうが利便性が高いという場合はこちらの記事を活用してください。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。PayPayが使えるお店は非常に多くて、大規模なチェーンストアで使えるのはもちろんですが、比較的小規模な店舗などでも「カードは使えないけどPayPayは使える」というケースが[…]

PayPayチャージはソフトバンクまとめて支払い!クレカとのポイント二重取りで3%還元!

今回のチャージルートで活躍している三井住友カードゴールドNLビジネスオーナーズゴールドは、ポイントサイトを経由することで公式サイトとポイントサイトからの報酬を二重取りできます。

三井住友カード ゴールド(NL)のポイントサイト経由の発行は、ハピタス経由なら新規入会利用特典9,000Pに加えて5,100相当のポイントが獲得できます。


個人事業主版「ビジネスオーナーズゴールド」は、ハピタス経由で15,000円相当です。


三井住友カード ゴールド(NL)ならau PAYへのチャージで最大2%還元!
4.8

三井住友カードゴールドnl

①今なら新規入会と利用で9,000円相当の新規入会特典
②年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
③最大2%の還元率でau PAYにチャージできる高還元率カード
④SBI証券のクレカ投信積立で1%のVポイント還元
→ハピタス経由のカード発行で新規入会特典に加えて5,100円相当のVポイントが獲得できます。

TOYOTA Wallet→モバイルSuicaチャージルートに関して良くある質問

クレジットカードからの残高チャージしてポイント二重取りできるTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)からSuicaへチャージする方法が一番手堅いルートになっています。

これに関して良くある質問をまとめました。

JQエポスゴールドからSuicaチャージで何%還元になりますか?

選べるポイントアップショップにモバイルSuicaを選択するとチャージでポイント3倍(1.5%還元)だったのですが、残念ながら2023年8月31日でもってモバイルSuicaはポイント3倍対象外になります。

三井住友カードゴールドNLからのルートは、年間100万円のハードルが高いので他のルートはありますか?

Tカードプライム(Prime)日曜日限定1.5%→ANA Pay0.5%→TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)1%→Suicaというルートなら3%の還元率が実現できます。
関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。キャッシュレス決済では、詳しい人になってくると多数のウォレットサービスやプリペイドカードを組み合わせてポイント多重どりすることはいまや新常識になっています。今回紹介するT[…]

日曜日はTカードプライム(Prime)→WAON→楽天ペイで3.5%!還元率・チャージルート

三井住友カードゴールド(NL)は、対象となるコンビニ・飲食店で7%還元(家族ポイント登録で最大12%)で人気の三井住友カード(NL)の基本スペックはそのままに、最大2%もの還元率を叩き出せる高還元率カードです。

三井住友カードゴールドnl

  1. 新規入会と利用で9,000円相当の新規入会特典
  2. 年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
  3. 最大2%の還元率でau PAYにチャージできる高還元率カード
  4. SBI証券のクレカ投信積立で1%のVポイント還元

    三井住友カード ゴールド(NL)のポイントサイト経由の発行はハピタス経由なら新規入会利用特典9,000Pに加えて5,100相当のポイントが獲得できます。


    \高還元率ポイントサイト/

    登録+広告利用で紹介特典最大1,800円相当
    モバイルSuica→TOYOTA Walletで4.2%!チャージルート・還元率
    最新情報をチェックしよう!