TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)改悪1%キャッシュバック終了!&出口戦略も解説

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は優れたキャッシュレス決済サービスで、iD・QUIC Pay・タッチ決済・コード決済など様々な決済手段がこれ一つでできる優れたウォレットサービスです。

特にVisa・Mastercardブランドのクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードからチャージした「iD/Mastercard残高」で決済すると1%キャッシュバックされるため様々な決済に使われてきましたが、この特典は2024年3月31日についに終了することになりました。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、これまでSuicaへのチャージで多用されてきたため、公共交通機関の利用で重宝してきましたが、これからどうするのかについて解説していきます。

まず、街のお店で各ウォレットサービスへチャージしていってポイント多重取りするルートは以下の方法になります。

楽天Edy⇄楽天キャッシュができるのは、Androidアプリのみとなります。

この方法なら、仮にANA Payが改悪してもJQカードエポスゴールドから楽天Edyに直接チャージできるため、2.5%の還元率で使い続けることができます。

このチャージルートの起点となる「JQカードエポスゴールド」は、最大で2.7%もの還元率を誇るゴールドカードで、このサイトではもっともおすすめしているクレジットカードです。

JQ CARD エポスゴールドの発行は、ポイントサイト案件が存在しないため以下の手順で申し込む方法が一番メリットがあります。



「エポスカード」は、JQ CARD エポスゴールドへ切り替えると最大還元率2.7%!
5

EPOS

①ネットで切り替えを行えばJQ CARD エポスゴールドが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③-1ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
③-2ファミリーゴールドで家族で合計200万円利用で0.2%相当のボーナスポイント
■ハピタス経由の発行なら8,000円相当のポイント獲得、ハピタス新規登録で1,300円相当の特別紹介特典

記事内に広告を含みます(PR)

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)改悪!1%キャッシュバック終了代替は?

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、トヨタが運営するスマホ決済の一つで、非接触決済・コード決済・銀行Payがこれ一つでできるすぐれた決済アプリです。

とくにTOYOTA WalletのiD/Mastercard残高によるMastercard決済・iD払いは、1%ものキャッシュバックを続けてきたため非常に便利でした。

しかしこれが2024年3月31日でキャッシュバックを終了することでこれまで広く行われてきたポイント多重取りを変更する必要に迫られています。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の基本スペックと過去のポイント多重取りについて

TOYOTA WalletのiD/Mastercard残高のスペックは以下の通りです。

発行手数料無料
還元率1%→3/31から0%
国際ブランドMastercard
非接触決済
  • iD・Mastercardコンタクトレス/iPhone
  • iD/Android
3Dセキュア対応
決済上限~5万円/回(月30万円)
チャージ上限~5万円(月30万円)
送金機能不可

アプリ内のバーチャルカード(iD/Mastercard残高)によるMastercard決済・iD払いは、1%のキャッシュバックを続けてきたため様々な活用方法が考え出されてきましたが、以下のようなチャージ方法が主流になっていたと思います。

しかし前述のとおり2024年3月31日でTOYOTA Walletのキャッシュバックが終了となるため、当サイトでは次に説明するチャージルートを勧めています。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)に替わるポイント多重取りルートについて

おもに当方が利用している基本的なチャージルートがこれです。

楽天Edy→楽天キャッシュへの相互交換ができるのはAndroidアプリのみです。
JQカードエポスゴールド→ANA Payへのチャージでポイント還元が確保されているため成立する方法ですが、他にもANA Pay自体が楽天Edyにチャージできるという利点があります。

ANA Payは、2023年5月23日に再登場したばかりで、以前のコード決済は廃止予定で今回はバーチャルカードによる非接触決済に対応したキャッシュレス決済サービスです。

チャージ方法は、クレジットカード(Visa/Master/JCB/Diners)はもちろんApple Payからのチャージが可能であるため、au PAY プリペイドカードからのチャージが可能になっています。

気になるのは、ANA Payへのチャージ上限とか残高上限だと思いますが、本人確認を完了していればかなりチャージできるようになります。

本人確認済みの場合上限
チャージ上限1回1,000円~10万円
チャージ上限1日10万円
チャージ上限1ヶ月30万円
残高上限30万円

ANA Payは、このチャージした残高でVisaのタッチ決済やiDなどの非接触決済に対応していますが、実はEdyにチャージすることが可能です。

この楽天Edy⇄楽天キャッシュで相互交換が可能であるため最終的に楽天キャッシュ残高で楽天ペイで決済すれは、1%の還元率が加算されもっとも還元率が高くなります。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。キャッシュレス決済もすでに大判振る舞いのターンが終わり、d払い・au PAY・PayPayなど3大キャリアのコード決済の改悪が相次いでいます。こうやって他のコード決済[…]

楽天ペイ×ファミペイ×MIXI Mで最強の決済手段が爆誕!チャージルート・還元率を徹底解説

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)→Suicaへの代替となるチャージ方法は?

まず、Suicaへのチャージルートで最も期待値が高い代替方法は以下のルートになります。

ファミペイは、POSAカードを毎月1と5と0が末尾につく日に購入することで、通常0.5%の還元率に加えて、+1.5%のFamiPayボーナスが付与されます。

この対象外は、「楽天ギフトカード」・「楽天Edyカード」ですが、バニラVISAギフトカードの購入はOKです。

バニラVISAギフトカード
バニラVISAギフトカード

ただバニラVISAギフトカードは、使い切りのカードなので逐一カード番号を変更しますし、短期間に何度も変更するとロックがかかるため、万全とは言い難い点がネックになります。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。Suicaは、JR東日本が発行している交通系電子マネーです。[caption id="attachment_34146" align="aligncenter" widt[…]

モバイルSuica→TOYOTA Walletで4.2%!チャージルート・還元率

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)とは?還元率・使い方・注意点

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、トヨタが運営するスマホ決済の一つで、非接触決済・コード決済・銀行Payがこれ一つでできるすぐれた決済アプリです。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は多彩な決済手段が使えるウォレットサービス

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、以下の通り多くの決済手段が使える便利なサービスです。

1つのアプリで5つの決済が使えるTOYOTA Wallet
1つのアプリで5つの決済が使えるTOYOTA Wallet
  • iD/Mastercard残高によるiD・MastercardコンタクトレスまたはMastercard決済
  • QUICPay残高によるQUICPay・JCBコンタクトレスまたはJCBカード決済
  • au PAY残高によるau PAYまたはau PAYプリペイドカードによるMastercard決済
  • Wallet QRによるコード決済
  • 銀行口座残高から支払う銀行Pay・Bank Pay

この中でポイント多重取りに適しているのが、iD/Mastercard残高によるiD・Mastercardコンタクトレス決済またはMastercard決済です。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)のiD/Mastercard残高の使い方(リアルカードなし)

読者にとってメリットがあるのは、iD/Mastercard残高によるiD・MastercardコンタクトレスまたはMastercard決済なので、iD/Mastercard残高の使い方について説明します。

TOYOTA WalletのiD/Mastercard残高のスペックは以下の通りです。

iD/Mastercard残高は、Mastercardブランドのバーチャルカードの残高のことで、オンラインショッピングはMastercard決済、実店舗ではiPhoneならiD・MasterCardコンタクトレス、AndroidならiDによる非接触決済が使えます。

iD/Mastercard残高
iD/Mastercard残高

ただデメリットは、リアルカードがないためカードを差し込んで決済する方法が使えない点がネックです。

【TOYOTA WalletのiD/Mastercard残高の使い方】Mastercardコンタクトレス決済

Mastercardコンタクトレスとは、カードを専用の読み取り端末にかざせば決済が完了する非接触決済で、店頭に画像のようなマークがあれば決済可能です。

端末が設置していてもお店側で対応していない場合がありますので、利用できるかどうか不明な場合は事前にお店に確認しましょう。

決済音は「ポー」というなんだかエラー音のような感じなので初めてだと違和感がありますが、決済読み取り時間が非常に速いので驚くはずです。

コンタクトレス決済
コンタクトレス決済

正直、このコンタクトレス決済のほうがハイスペックなはずのFelica(Suica・Edy・iD・QUIC Pay)よりも遥かに速いです。

世界的にはこれが標準の決済方法で、カードをかざしたりスマホによる決済が可能です。

日本では、それまでは電子マネーが普及していましたが、コストが膨大であることもネックであったため、このコンタクトレス決済にとって代わられようとしています。

【TOYOTA WalletのiD/Mastercard残高の使い方】iD決済

iDとは、非接触ICカード技術方式「FeliCa」を使った電子マネーで、搭載しているカードや設定しているスマホをかざすだけで支払いができます。

支払い元となるクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード残高から支払われますが、店頭に画像のようなマークがあれば決済可能です。

不明な場合は事前にお店に確認しましょう。

iD
iD加盟店マーク

利用するとわかりますが、導入コストは「FeliCa」の方が膨大であるにも関わらず、コンタクトレス決済方法がスピーディーです。

【TOYOTA WalletのiD/Mastercard残高の使い方】Mastercard決済

オンラインショッピングで使うときには、カードの左上にあるカード番号を確認するをタップすると、カード番号・有効期限・セキュリティーコードを確認できます。

トヨタウォレットのカード番号確認

3Dセキュア本人認証に対応していますので、対応しているネットサービスでの決済ではカード番号・有効期限・セキュリティーコード以外にもパスワードを求められます。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の出口戦略はSuica

iD/Mastercard残高は、オンラインショッピングはMastercard決済、実店舗ではiPhoneならiD・MasterCardコンタクトレス、AndroidならiDによる非接触決済が使えます。

しかしあくまでバーチャルなのでリアルカードがありませんし、QRコード決済に登録して間接的に使うこともできません。

これが最大のネックになっており、TOYOTA WalletのiD/Mastercard残高の最終出口が非常に重要になっています。

その中でも最もおすすめが「Suica」へのルートです。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の出口戦略①Suica

iD/Mastercard残高による決済は、100円につき1円のキャッシュバックです。

ということは99円以下の端数は切り捨てになります。

例えば、198円などの決済は1円のキャッシュバックで98円の端数が切り捨てられますので、0.5%のキャッシュバック率に低下します。

これは結構なデメリットなのですが、どうせiDなどの電子マネーで決済するならSuicaにチャージすれば端数の切り捨てなくキャッシュバックされます。

Suica
Suica

しかもiD加盟店(設置箇所)は、2023年5月で201万箇所、Suicaなどの交通系ICの加盟店は226万箇所と大きな差はありませんし、公共交通機関の改札の決済はSuicaで決済できます。

出口戦略としては一番手堅い手法でしょう。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。Suicaは、JR東日本が発行している交通系電子マネーです。[caption id="attachment_34146" align="aligncenter" widt[…]

モバイルSuica→TOYOTA Walletで4.2%!チャージルート・還元率

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)の出口戦略②Amazonギフト券

Amazonギフト券は、Amazonの電子マネーのような存在です。

期限も10年と非常に長いため「プライムデー」などの大型セールのために蓄積しておいてもよいと思います。

この「プライムデー」などの大型セール開催時にAmazonでは、Amazonギフト券へのチャージで0.5%のポイント還元を度々行なっています。

ギフトカードチャージで0.5%ポイント還元
ギフトカードチャージで0.5%ポイント還元

このAmazonギフト券へのチャージだけで0.5%ポイント還元されるのは、5,000円以上のチャージからとついつい見落としそうな複数注意事項があるので、前回のセール開催時の情報をまとめています。

  • キャンペーン期間:2023年6月21日(水)~7月19日(水)
  • 条件:期間中に「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」・「クレジットカード」で1回5,000円以上購入
  • 還元率:0.5%
  • ポイント上限:最大20,000ポイントまで
  • ポイント付与日:9月中旬

このときにTOYOTA WalletのiD/Mastercard残高を使ってAmazonギフト券をまとめ買いしておくと非常に効果的です。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。Amazon最大のビッグセールは、例年7月に開催される「Amazonプライムデー」です。[afTag id=34606]この記事では、7月に開催されるAmazonプラ[…]

【Amazon】2023年のプライムデー(7/11・7/12)のおすすめ、事前準備、ポイントアップ攻略法

【まとめ】TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)改悪1%キャッシュバック終了!

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、毎月1%がキャッシュバックされるキャンペーンを長期間続けてきましたが、2024年3月31日でキャッシュバックを終了することになりました。

もともとクレジットカードからチャージして利用する仕様だったため、非常に多くのポイント多重取りの方法を生み出してきましたが、ついに役割を終えることになります。

これまでのような高還元率は望むべくもないですが、TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)のキャッシュバックキャンペーン以降のポイント多重取りの方法としては以下の方法が一番確実な方法になってくると思います。

ただ上記の方法では、ユーザーはAndroid端末に限定されるため、iPhoneユーザーの方は以下の方法が代替方法になってくると思います。

こうなるとぐっと還元率としては下がってきていますし、POSAカードを購入するためにコンビニに行かなくてはならないため、手間もかかる方法になってきがちです。

ウォレットサービスを複数経由する手法は、これでかなりの曲がり角を向かえた感がありますね。

今回オススメしているチャージルートの起点となる「JQカードエポスゴールド」は、最大で2.7%もの還元率を誇るゴールドカードで、このサイトではもっともおすすめしているクレジットカードです。

JQ CARD エポスゴールドは、ポイントサイト案件が存在しないため、以下の手順でJQ CARD エポスゴールドを発行します。

JQ CARD エポスゴールドは、初年度無料・年間1回の利用で年会費無料となったため半年・50万円利用の修行無しで保有できるようになりました。

本日なら、ハピタス経由のエポスカード発行なら公式サイトからの新規入会特典2,000Pに加えて8,000円相当、さらにハピタス新規登録ならこのサイト経由で最大1,300円相当の特別紹介特典を獲得できます。

\高還元率ポイントサイト/

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)に関するよくある質問

TOYOTA Walletはクレカとポイント二重取りができる便利なウォレットサービスですが、公式サイトを見てもさっぱりわからない内容が多いので、よくある質問をまとめています。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)にANA Payが登録できません。

いつかは塞がれそうな感じですが今のところは、iD/Mastercard残高の横の+をタップして、チャージ方法の設定・変更でANA Payのバーチャルカードを設定もしくは変更してください。

TOYOTA WalletのiD/Mastercard残高を他のリアルカード(プリペイドカード)にチャージできないでしょうか

できるものが現れては消えているのが現状で、TOYOTA Wallet側としても見つけ次第、随時潰しにかかっているので難しいでしょうね。
TOYOTA Walletに三井住友カードからチャージしたのですが、Vポイントが付与されていないのですが・・・
TOYOTA Walletは三井住友カード系のプリペイドカードですので、三井住友カードからのチャージはポイント付与対象外です。
TOYOTA Walletは、QRコード決済に登録できないのでしょうか?
PayPayd払いau PAY楽天ペイいずれも登録できません。

「エポスカード」は、JQ CARD エポスゴールドへ切り替えると最大還元率2.7%!


EPOS


  1. インビテーションにより年会費無料で保有できるゴールドカードになります。
  2. 3つの支払先が選べる「選べるポイントアップショップ」に選定した支払先の還元率は3倍の1.5%になります。
  3. 年間100万円利用するとボーナスポイントとして1%分の10,000円分のポイントが付与されます。
  4. たまるポイント「JRキューポ」は、秀逸なポイントハブサービス
  5. アミュプラザ・新幹線の割引特典

    本日なら、ハピタス経由のエポスカード発行なら公式サイトからの新規入会特典2,000Pに加えて8,000円相当、さらにハピタス新規登録ならこのサイト経由で最大1,300円相当の特別紹介特典を獲得できます。


    \高還元率ポイントサイト/

    登録+広告利用で紹介特典最大1,300円相当
    TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)×ANA Payルートで最大4.7%還元&出口戦略も解説
    最新情報をチェックしよう!