トヨタウォレットからの6gram・楽天Edyへのチャージ方法とポイント多重取りのやり方

2021年4月13日から終了日未定で「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックを開始しています。

気になる終了日は未定となっています。

このトヨタウォレットの真骨頂は、クレジットカードからのチャージでもポイントが付与され、またトヨタウォレットからのキャッシュバックされるプリペイドカードや電子マネーがあるため、ポイントの多重取りができる点です。

今回はこのトヨタウォレットを使ったポイント多重取りのオススメの方法と最終出口として、使いやすい6gramとさらに還元率を上げられる楽天Edyへのチャージ方法を解説します。
トヨタウォレットへチャージするクレジットカードとして誰にでもオススメなのは、日曜日の利用で1.5%還元となるTカードPrimeです。
cohamizu
TカードPrimeを使ったポイント多重取りは、TカードPrime(1.5%)+KyashCard(0.2%)+トヨタウォレット(1.5%)=3.2%が狙えます。
TカードPrimeは新規入会特典もポイントサイト経由のポイントも高騰していますので、申し込むなら今だと思います。
日曜日の利用は1.5%還元!Tポイントをためるなら「TカードPrime」
4.0

TカードPrime

■日曜日の利用で1.5% Tポイント還元
■今なら新規入会特典6,000円相当のTポイントがもらえます。
■auPAYプリペイドカードへのチャージで合計2%、TOYOTA Walletへのチャージで最大3.2%の還元率が狙えるクレカです。
■申込みはハピタス経由で新規入会特典に加えて4,000円相当のポイントと一番オトクです。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)毎月毎回1.5%キャッシュバックについて

TOYOTA Wallet(以下:トヨタウォレット)は、トヨタが運営するスマホ決済の一つで、非接触決済・コード決済・銀行Payがこれ一つでできるすぐれものです。

主に利用すると思われるのは、非接触決済でiPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiDによる非接触決済、ネットショップなどのネット決済はMasterCard決済で支払いが可能です。

これまでは還元率が0%と特段のメリットがなかったのですが、2021年4月13日以降~終了日未定で毎月・毎回1.5%をキャッシュバックするというキャンペーンがスタートしています。

しかもチャージに対する手数料は現在無料ですので、最も高い還元率となる方法でチャージすれば、今最も還元率が高い支払い方法になります。

毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンについて

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、非接触決済・コード決済・銀行Payの3つの支払い方法が使えますが、今回の1.5%キャッシュバックの対象の支払いは、非接触決済(iPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiD)とオンラインのMasterCard決済です。

毎月毎回1.5%キャッシュバック

このトヨタウォレットのiD・MasterCardコンタクトレスは、予めチャージしたバーチャルプリペイドカード(MasterCardブランド)から支払いがされていますので、MasterCardバーチャルプリペイドカードによってネットのお店での支払いも可能です。

 

キャッシュバックキャンペーンの概要については以下のようになっています。

  • 期間:2021年4月13日~終了日未定
  • 対象:iD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCard決済の支払い
  • 対象外:TS CUBIC Pay・銀行Pay
  • キャッシュバック方法:当月の支払額の1.5%相当を翌月10日以降「TOYOTA Wallet残高」として自動で付与

上限はTOYOTA Wallet残高へのチャージ額は月間30万円(申し込んで2~3日後)が上限ですので、最大でも30万円までがキャッシュバックの最大値になります。

トヨタウォレットを使ったポイント多重取りの組み合せ

TOYOTA Wallet残高へのチャージは現在、手数料無料で設定されているため、高還元率のクレジットカードでチャージすれば、高い還元率で利用できます。

数あるクレジットカードの中で一番高い還元率を出せるのは、楽天カードで毎月の常設企画「街の利用でポイント2倍キャンペーン」にエントリーし、楽天市場で2万円以上のお買い物を楽天カードで支払うとポイント2倍(2%還元)となります。

この楽天カードでポイント3重どりでを行うと以下のように3.7%の還元率が実現します。

※後述しますが、楽天市場で2万円以上のお買い物というのが、楽天ヘビーユーザー以外はちょっと厳しいので、他にも2通りの案を提案していますので活用してください。

この方法では、KyashCardを挟むことで全体の還元率を上げているのですが、注意すべき点が以下の3つあります。

  • Kyash Cardへのクレジットカードからのチャージ分でポイント付与されるのは5万円まで(0.2%還元)
  • Kyash CardへチャージできるカードはVisa・MasterCard(要3Dセキュア認証)
  • トヨタウォレットへチャージできるカードもVisa・MasterCard(要3Dセキュア認証)のみ

ただこの方法は還元率は高くても、最終の支払い方法がトヨタウォレットだと街のお店ではAndroidスマホならiD、iPhoneならMasterCardコンタクトレスですので支払いに利用できない場合があります。

そこで利用したいのがMixiのウォレットサービス「6gram」と「楽天Edy」です。

6gramならどこでも支払いができる

6gramはMixiが運営するプリペイドカードのサービスで、気になる還元率は0%です。

6gram

2021年6月8日のアップデートにより、リアルカードが発行できるようになったため、Visa加盟店でカード払い・Visaタッチ決済、スマホ決済ならQUIC Pay+、ネットでもバーチャルプリペイドカードで支払いができます。

しかもトヨタウォレットからのチャージも1.5%のキャッシュバックの対象であるため、トヨタウォレットから6gramへチャージすれば幅広く利用することができます。

たまに見る現金・PayPayしか対応していないお店でも、6gramはPayPayに登録できるので、PayPayを介してポイント多重どりした高い還元率で支払いができます。

発行手数料 600円
還元率 0%
国際ブランド VISA
非接触決済 Visaタッチ決済(GooglePay/ApplePayに登録しQUIC Payも可能)
3Dセキュア 不可(今年の夏に対応)
決済上限 ~10万円/月(本人確認済みの場合50万円)
チャージ上限 20万円(設定で10~50万円まで変更可能)
送金機能 ユーザー間で可

もう一つのメリットは、TOYOTA Walletの残高は5万円まで(楽天Edyも5万円までです)ですので、それ以上の支払いができませんでした。

ところが6gramなら本人確認済みなら設定によって最大50万円までの決済が可能ですので、高額な支払いも対応できます。

6gramはリアルカード以外でもバーチャルカードを作れますが、家族でグループを作って共同の財布として利用することも可能ですので、決済手段が非常に豊富になり家計管理にも役立つすぐれものです。

トヨタウォレットとはセットで利用すると非常に便利だと思います。

>>PayPayにトヨタウォレットから6gram経由でチャージが可能に!【上限あり】

楽天Edyならさらに+0.5%還元率を上乗せできる

さらにトヨタウォレットからの楽天Edyのチャージでもキャッシュバックされます。

楽天Edyスタンプラリー

ですので楽天Edyが利用できる街のお店で利用すれば、ポイント4重どりが完成し還元率としては以下のように最強の決済手段となります。

ですがこの問題は、楽天市場で2万円以上お買い物する楽天ヘビーユーザーが恩恵を受ける方法ですので、ちょっと難しい場合があると思いますので、誰でもいつでも高い還元率でトヨタウォレットにチャージできる方法を2通り提案したいと思います。

それがTカードPrimeもしくはJQ CARD エポスゴールドを使った組み合わせになります。

TカードPrimeなら日曜日の利用で1.5%還元!

TカードPrimeなら通常は1%の還元率ですが、日曜日に利用すれば+0.5%の1.5%の還元率で、Kyash Cardにチャージできます。

TカードPrime

特別な条件は、日曜日に利用するだけですので、Kyash Cardに登録して日曜日にトヨタウォレットにチャージすれば1.5%還元の条件クリアです。

トヨタウォレットとの組み合わせでは、以下のようにポイント3重どりで3.2%の還元率が達成できます。

TカードPrimeは9月30日まで新規入会キャンペーンを展開しており、ポイントサイト経由なら6,000円相当のTポイントがもらえ、ポイントサイトからもポイントがもらえます。

日曜日の利用は1.5%還元となる「Tカード Prime」の申込みは、ハピタス経由の申込みなら新規入会特典に加えて4,000円相当のポイントと高騰中です。

関連記事

日曜日は1.5%の還元率でTポイントがたまるクレジットカード「TカードPrime」をポイントサイト経由で申し込む方法を解説します。 「TカードPrime」は、Tポイントがたまる「Tカード」とクレジットカードの機能が一体となったカードで[…]

TカードPrimeはKyash経由のTOYOTA Wallet・auPAYへのチャージに便利な高還元率カード

ただ気になる点は、発行がジャックスなのですが、ジャックスは還元率の高いカードを発行したと思ったら、しばらくして改悪することを繰り返しているので、このカードもいずれは・・・と邪推してしまいます。

そこで決定版と言えるのがエポス陣営のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」です。

万能の高還元率カード「JQ CARD エポスゴールド」

JQ CARD エポスゴールドでたまるポイントは、JRキューポという聞き慣れないポイントですが、エポスポイント・Tポイント・Pontaポイント・Gポイントと等価交換できるために、ポイ活には欠かせないポイントハブとして機能します。

そこがエポスゴールドカードよりも便利な点になります。

 

JQ CARD エポスゴールドとトヨタウォレットを使ったポイント多重どりでは、合計で3.4%還元が実現できます。

基本的にはJQ CARD エポスゴールドの還元率は0.5%ですが、エポス陣営のゴールドカードの特典として、以下の2つのボーナスポイントが加算されるため、1.7%の還元率が実現します。

  1. 年間利用ボーナスポイント
  2. ファミリーボーナスポイント

このボーナスポイントについて解説します。

①年間利用ボーナスポイント

エポス陣営のゴールドカードは、年間の利用金額に応じてボーナスポイントが付与されます。

  • 年間利用50万円・・・0.5%相当の2,500ポイント
  • 年間利用100万円・・・1%相当の10,000ポイント

基本還元率は0.5%でも、この年間利用ボーナスがあるため最大1.5%もの高い還元率で利用できます。

しかし欠点があって、100万円の利用までしかボーナスポイントが用意されていないので、100万円を超える利用に関しては還元率が下がってしまう問題があります。

これを解決するのが、エポスファミリーゴールドです。

②ファミリーボーナスポイント

エポスファミリーゴールドは家族カードではなくて、2等親以内のご家族を招待して審査の上でカードを保有できます。

そしてこのご家族が保有したゴールドカードの利用がやはり100万円以上でボーナスポイントがもらえますが、もう一つのボーナスポイントとして、ファミリーボーナスポイントという制度があり、家族で一定の金額を達成すると、ボーナスポイントが代表者の方に付与されます。

合計年間利用額 100万円以上 200万円以上 300万円以上
全員がゴールド会員 1,000ポイント 2,000ポイント 3,000ポイント
一人以上がプラチナ会員 2,000ポイント 4,000ポイント 6,000ポイント

例えば夫婦二人で、200万円以上の利用なら2,000ポイント付与されます。

代表者の方からすると0.2%に相当します。

JQ CARD エポスゴールドならキャンペーン後でも2.7%の還元率で6gramにチャージできる

トヨタウォレットの毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンはあくまでキャンペーンですので、いずれは終了します。

そうなるとこういったポイント多重取りができなくなるかというとそうではなくて、JQ CARD エポスゴールドならエポスゴールド会員のもう一つの特典である「選べるポイントアップショップ」にMixiを指定すると、6gramへのチャージがポイント3倍の1.5%還元となります。

これに先程の年間ボーナスポイントファミリーボーナスポイントを加えると以下のように合計で2.7%となり非常に高い還元率で6gramへのチャージできます。

6gramへのチャージによる還元率
選べるポイントアップショップ 1.5%
年間ボーナスポイント 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント 0.2%相当(2,000ポイント)
合計 2.7%

選べるポイントアップショップ」で選べるのは3つしかないのですが、こうやってMixiを選ぶことで6gramで街のお店でもネットでも大抵の支払いをこの2.7%の還元率で利用できるということになります。

「JQ CARD エポスゴールド」は、JQ CARD エポスからインビテーションで切り替えますが、JQ CARD エポスではポイントサイト案件が存在しません。

そこでエポスカードをボーナスポイントを含めるとポイント付与が一番多くなる「ポイントインカム」(6,000円相当~のポイント経由で申込み、ポイント受け取ったらJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方は「JQ CARD エポスゴールド」保有者ですので、「ご紹介番号:21040188666」を案内できます。

関連記事

Mixiが運営するウォレットサービス「6gram」とエポス陣営のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」の組み合せで常時2.7%の還元率が実現できます。 さらに2021年4月13日から毎月毎日1.5%キャッシュバックキャンペー[…]

6gramを最大還元率3.4%で使えるJQカードエポスゴールドとの組み合せ

トヨタウォレットから6gramへのチャージのやり方

トヨタウォレットから6gramへチャージすると、6gramリアルカードによる決済が可能になるので、利用範囲が非常に広くなります。

チャージは、TOYOTA Wallet残高からのチャージになりますが、これはMasterCardのプリペイドカードですので、カード番号・有効期限・セキュリティーコードを6gramへ入力が必要になります。

次にトヨタウォレットに6gramへチャージする金額以上の残高がないとチャージできませんので、チャージしておきましょう。

トヨタウォレットのトップページに「カード番号を確認する」という文字がありますので、これをタップします。

トヨタウォレットのカード番号確認

6gramへチャージ方法がまだ設定されていなければ、カードを登録する画面になりますので、そこでカード番号・有効期限・セキュリティーコードを入力します。

6gramへのチャージ方法

6gramのトップ画面のウォレット残高の右の「+」をタップします。

チャージ方法

チャージする金額を入力して「長押しでチャージ」を長押しします。

チャージ

そうすると、3Dセキュア認証画面がでますので、トヨタウォレットのパスワードを入力すると、認証されチャージされます。

トヨタウォレットから楽天Edyへのチャージの仕方

トヨタウォレットから楽天Edyへのチャージもキャッシュバックの対象ですので、メインで利用されるところが楽天Edy対応ならポイント4重取りとなります。

例えばTカードPrimeを登録したKyashCardでトヨタウォレットにチャージすると以下のようにポイント4重どりが実現します。

楽天Edyが利用できる範囲が、Visaブランドの6gramにくらべて狭く、快適にチャージしたりできるのはAndroidユーザーだけと、難点は結構あるので、チャージする際は注意いただきたいと思います。

またネットでの支払いはAmazonなら一旦Amazonギフト券の購入に楽天Edyを利用すればよいです。

トヨタウォレットのトップページに「カード番号を確認する」という文字がありますので、これをタップします。

トヨタウォレットのカード番号確認

するとトヨタウォレットのカード番号・有効期限・セキュリティ番号が確認できますのでそれを楽天IDに登録します。

登録してもすぐに利用できず、翌日の12:00~からチャージできるようになります。

楽天Edyへのチャージ方法

すでに登録している場合は、右下の「チャージ」ですが、トヨタウォレットを未登録の場合は、中央の「詳細を見る」をタップします。

詳細を見る

チャージ設定をタップします。

何も登録されていない場合は「未設定」となっています。

チャージ

「チャージ方法」をタップします。

チャージ方法を選択

新規で登録したい場合は、「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」をタップします。

楽天IDに登録のクレジットカード

そうすると登録している楽天IDに登録している楽天カードがでてきますが、新規で登録したいので「他のクレジットカードを選択」をタップします。

次に楽天IDに登録されているクレジットカードのラインナップがでてきますが、新規で登録するときは「クレジットカードを追加する」をタップして、トヨタウォレットのカード番号・有効期限・セキュリティ番号を入力します。

利用できるようになるのは翌日の12:00からです。

Amazonギフト券は楽天Edyで購入できる

ネットでも楽天Edyは使えますが、利用範囲は限られています。

そこで利用したいのが、Amazonです。

Amazon楽天Edyで直接支払うには対象外の商品が割とあるのですが、Amazonギフト券ならAmazonの電子マネーですので対象外は気にせず何でも購入できます。

このAmazonギフト券の購入に楽天Edyが利用できます。

Androidのスマホであれば、おサイフケータイであれば簡単ですが、iPhoneの方はパソリ・楽天Edyリーダーが必要になります。

また対応ブラウザはInternet Explorerのみです。

価格で考えると楽天Edyリーダーの方が安いのでオススメです。

Amazonギフト券楽天Edyで購入すると、楽天Edyの0.5%のポイントが付与されますので以下の還元率でAmazonの支払いに利用できます。

還元率としては3.7%とAmazonのハウスカードのAmazon Mastercardゴールドの還元率2.5%を上回ります。

Amazonギフト券の購入は下記のボタンから進むことができます。

【まとめ】トヨタウォレットからの6gram・楽天Edyへのチャージ方法とポイント多重取りのやり方

トヨタウォレットは現在は他のクレジットカードからのチャージは無料になっていますが、原則としては204円の手数料がかかりますので、どこかでは改悪リスクがあると思います。

そのためいつ改悪リスクがあっても良いように、以下のルートで6gramに高還元率でチャージできる方法は確保しておくと良いでしょう。

JQ CARD エポスゴールドは、直接申し込む方法はありません。

保有するにはJQカードエポスの利用実績を積み重ねてゴールドのインビテーションを受けとって切り替えを行えば、年会費無料のゴールドカードとして保有できます。

ところがJQカードエポスのポイントサイト案件は存在せず、新規入会特典とのポイントW取りができません。

ですので申込みは、まずエポスカードをポイントサイト経由で申し込んでポイントサイトからのポイントと、エポスからの新規入会特典を受け取ったあと、JQカードエポスに切り替えます(申し込むと自動切り替えになります)。

その後半年以上・50万円以上の利用を目安に届くインビテーションに乗って切り替える方法が、「JQ CARDエポスゴールド」を最もお得に申し込む方法になります。

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.7%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③-1ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
③-2ファミリーゴールドで家族で合計200万円利用で0.2%相当のボーナスポイント
■「ポイントインカム」経由の申込みで6,000円相当のポイントがもらえ、さらにボーナスポイントも!