トヨタウォレットで高還元率を獲得する使い方とEdy・nanacoチャージによる出口戦略

2021年4月13日から終了日未定で「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックを開始しています(2021年10月31日まで)。

2021年11月1日からは最大2%還元となるとアナウンスが有りましたが、キャッシュバックではなく還元ですのであるいは「改悪」あるかもしれないのが気がかりですね・・・

このトヨタウォレットの真骨頂は、クレジットカードからのチャージでもポイントが付与され、またトヨタウォレットからキャッシュバックされるプリペイドカードや電子マネーがあるため、ポイントの多重取りができる点です。

今回は、トヨタウォレットを使ったポイント多重取りのオススメの方法と最終出口として、さらに還元率を上げられる楽天Edyへのチャージ方法とApplePayによるnanacoチャージについて主に解説します。
cohamizu
楽天Edyへのチャージ・キャッシュバックは一応できないことになっていますので、リスクはありますが楽天ID経由でチャージ・キャッシュバックは現状できるため出口戦略としては一番高い還元率になります。

トヨタウォレットへのチャージでポイント多重取りをするには、日曜日の利用で1.5%ポイント還元されるTカードPrimeがおすすめです。TカードPrimeとトヨタウォレットの組み合わせでは以下のようなポイント3重どりができます。

TカードPrimeの申込みはポイントサイトを経由することで公式サイトからの新規入会特典とポイントサイトからのポイントを二重取りすることができます。

日曜日の利用は1.5%還元!Tポイントをためるなら「TカードPrime」
4.0

TカードPrime

■日曜日の利用で1.5% Tポイント還元
■今なら新規入会特典6,000円相当のTポイントがもらえます。
■auPAYプリペイドカードへのチャージで合計2%、TOYOTA Walletへのチャージで最大3.2%の還元率が狙えるクレカです。
■ハピタス経由の発行なら新規入会特典に加えて4,700円相当のポイントが獲得できます。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)毎月毎回1.5%キャッシュバックについて

TOYOTA Wallet(以下:トヨタウォレット)は、トヨタが運営するスマホ決済の一つで、非接触決済・コード決済・銀行Payがこれ一つでできるすぐれものです。

まだ利用されていない方は、チャージ方法を登録して初めてチャージすると1,000円分の残高がもらえます。

また当方の紹介コード「AATWMXDU」もよろしければご利用ください。

 

主に利用すると思われるのは、非接触決済でiPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiDによる非接触決済、ネットショップなどのネット決済はMasterCard決済で支払いが可能です。

これまでは還元率が0%と特段のメリットがなかったのですが、2021年4月13日以降~10月31日まで毎月・毎回1.5%をキャッシュバックするというキャンペーンとなっています。

11月1日以降は最大2%還元となっており、還元ですのでポイントが付与されるのであれば使い勝手としてはあるいは改悪になる可能性もありますね。

チャージに対する手数料は現在無料ですので、この後説明するクレジットカードでチャージしていけば高い還元率で利用できます。

トヨタウォレット毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンについて

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)は、非接触決済・コード決済・銀行Payの3つの支払い方法が使えます。

今回の1.5%キャッシュバックの対象の支払いは、非接触決済(iPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiD)とオンラインのMasterCard決済です。

毎月毎回1.5%キャッシュバック

このトヨタウォレットのiD・MasterCardコンタクトレスは、予めチャージしたバーチャルプリペイドカード(MasterCardブランド)から支払いがされていますので、MasterCardバーチャルプリペイドカードによってネットのお店での支払いも可能です。

 

キャッシュバックキャンペーンの概要については以下のようになっています。

  • 期間:2021年4月13日~終了日未定
  • 対象:iD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCard決済の支払い
  • 対象外:TS CUBIC Pay・銀行Pay
  • キャッシュバック方法:当月の支払額の1.5%相当を翌月10日以降「TOYOTA Wallet残高」として自動で付与

上限はTOYOTA Wallet残高へのチャージ額は月間30万円(申し込んで2~3日後)が上限ですので、最大でも30万円までがキャッシュバックの最大値になります。

トヨタウォレットで高還元率を獲得するためのポイント多重取りの方法

TOYOTA Wallet残高へのチャージは現在、手数料無料で設定されているため、高還元率のクレジットカードでチャージすれば、高い還元率で利用できます。

数あるクレジットカードの中で一番高い還元率を出せるのは、楽天カードで毎月の常設企画「街の利用でポイント2倍キャンペーン」にエントリーし、楽天市場で2万円以上のお買い物を楽天カードで支払うとポイント2倍(2%還元)となります。

この楽天カードでポイント3重どりでを行うと以下のように3.7%の還元率が実現します。

※後述しますが、楽天市場で2万円以上のお買い物というのが、楽天ヘビーユーザー以外はちょっと厳しいので、他にも2通りの案を提案していますので活用してください。

それがTカードPrimeもしくはJQ CARD エポスゴールドを使った組み合わせになります。

日曜日の利用で1.5%還元「TカードPrime」→Kyash→トヨタウォレット

TカードPrimeなら通常は1%の還元率ですが、日曜日に利用すれば+0.5%の1.5%の還元率で、Kyash Cardにチャージできます。

TカードPrime

特別な条件は、日曜日に利用するだけですので、Kyash Cardに登録して日曜日にトヨタウォレットにチャージすれば1.5%還元の条件クリアです。

トヨタウォレットとの組み合わせでは、以下のようにポイント3重どりで3.2%の還元率が達成できます。

TカードPrimeは新規入会キャンペーンを展開しており、ポイントサイト経由なら期間中10万円の利用で5,000円相当のTポイントがもらえ、ポイントサイトからもポイントがもらえます。

日曜日の利用は1.5%還元となる「Tカード Prime」の発行は、ハピタス経由の申込みなら入会特典5,000Tポイントに加えて4,700円相当のポイントが獲得できます。

ハピタスへの新規登録は、このサイト経由の登録と翌月末までの500pt(=500円相当)獲得で1,000円相当のポイントがプレゼントされます。

関連記事

日曜日は1.5%の還元率でTポイントがたまるクレジットカード「TカードPrime」をポイントサイト経由で申し込む方法を解説します。 「TカードPrime」は、Tポイントがたまる「Tカード」とクレジットカードの機能が一体となったカードで[…]

TカードPrimeはKyash経由のTOYOTA Wallet・auPAYへのチャージに便利な高還元率カード

ただ気になる点は、発行がジャックスなのですが、ジャックスは還元率の高いカードを発行したと思ったら、しばらくして改悪することを繰り返しているので、このカードもいずれは・・・と邪推してしまいます。

そこで決定版と言えるのがエポス陣営のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」です。

万能の高還元率カード「JQ CARD エポスゴールド」→Kyash→トヨタウォレット

JQ CARD エポスゴールドでたまるポイントは、JRキューポという聞き慣れないポイントですが、エポスポイント・Tポイント・Pontaポイント・Gポイントと等価交換できるために、ポイ活には欠かせないポイントハブとして機能します。

JQカードエポスゴールド

そこがエポスゴールドカードよりも便利な点になります。

 

JQ CARD エポスゴールドとトヨタウォレットを使ったポイント多重どりでは、合計で3.4%還元が実現できます。

基本的にはJQ CARD エポスゴールドの還元率は0.5%ですが、エポス陣営のゴールドカードの特典として、以下の2つのボーナスポイントが加算されるため、1.7%の還元率が実現します。

  1. 年間利用ボーナスポイント
  2. ファミリーボーナスポイント

このボーナスポイントについて解説します。

①年間利用ボーナスポイント

エポス陣営のゴールドカードは、年間の利用金額に応じてボーナスポイントが付与されます。

  • 年間利用50万円・・・0.5%相当の2,500ポイント
  • 年間利用100万円・・・1%相当の10,000ポイント

基本還元率は0.5%でも、この年間利用ボーナスがあるため最大1.5%もの高い還元率で利用できます。

しかし欠点があって、100万円の利用までしかボーナスポイントが用意されていないので、100万円を超える利用に関しては還元率が下がってしまう問題があります。

これを解決するのが、エポスファミリーゴールドです。

②ファミリーボーナスポイント

エポスファミリーゴールドは家族カードではなくて、2等親以内のご家族を招待して審査の上でカードを保有できます。

そしてこのご家族が保有したゴールドカードの利用がやはり100万円以上でボーナスポイントがもらえますが、もう一つのボーナスポイントとして、ファミリーボーナスポイントという制度があり、家族で一定の金額を達成すると、ボーナスポイントが代表者の方に付与されます。

合計年間利用額 100万円以上 200万円以上 300万円以上
全員がゴールド会員 1,000ポイント 2,000ポイント 3,000ポイント
一人以上がプラチナ会員 2,000ポイント 4,000ポイント 6,000ポイント

例えば夫婦二人で、200万円以上の利用なら2,000ポイント付与されます。

代表者の方からすると0.2%に相当します。

JQ CARD エポスゴールドなら2.7%の還元率で6gramにチャージできる

トヨタウォレットの毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンはあくまでキャンペーンですので、いずれは終了します。

そうなるとこういったポイント多重取りができなくなるかというとそうではなくて、JQ CARD エポスゴールドならエポスゴールド会員のもう一つの特典である「選べるポイントアップショップ」にMixiを指定すると、6gramへのチャージがポイント3倍の1.5%還元となります。

これに先程の年間ボーナスポイントファミリーボーナスポイントを加えると以下のように合計で2.7%となり非常に高い還元率で6gramへのチャージできます。

6gramへのチャージによる還元率
選べるポイントアップショップ 1.5%
年間ボーナスポイント 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント 0.2%相当(2,000ポイント)
合計 2.7%

選べるポイントアップショップ」で選べるのは3つしかないのですが、こうやってMixiを選ぶことで6gramで街のお店でもネットでも大抵の支払いをこの2.7%の還元率で利用できるということになります。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポスからインビテーションで切り替えますが、JQ CARD エポスではポイントサイト案件が存在しません。

そのためモッピー経由のエポスカードの申し込みなら4,000円相当のポイントが獲得できますので、ポイントを受け取り終わったらJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

さらにエポスカードは申込時に紹介者からの「ご紹介番号」を入力して申し込むとさらに500円相当のポイントが加算されます。

当方は「JQカードエポスゴールド」保有者なので、申し込まれた際に申込みシートに以下の「ご紹介番号」を入力ください。

「ご紹介番号」→ 21100176376

関連記事

Mixiが運営するウォレットサービス「6gram」とエポス陣営のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」の組み合せで常時2.7%の還元率が実現できます。 今回は2.7%という高い還元率をさまざまな支払いで実現できる6gram+[…]

6gramを最大還元率3.4%で使えるJQカードエポスゴールドとの組み合せ

Kyashを挟むとポイ活でためたポイントも残高に交換できる&還元率もアップ

このポイント多重取りでは、プリペイドカードであるKyashCardを挟むことで全体の還元率を+0.2%上げています。

それくらいなら省いても良いのかな?と思いがちですが、ポイントサイトでためたポイントをKyash残高に交換すれば、究極のタダ払い(ポイント払い)ができて、ポイント払い分にもキャッシュバックなどの還元があります。

ポイントサイトでためたポイントをKyash残高に交換できる

ポイントサイトというのは企業からの各種広告を会員向けに掲載しているサイトで、会員がその広告を利用すると企業から広告費が支払われて、その一部が利用した会員に還元されます。

ポイントインカムの仕組み

ポイントをKyash残高に交換できるポイントサイトは、ポイントインカム(リアルタイム・翌営業日)が交換にかかる時間が短くておすすめです。

しかし一方でKyash残高への交換ではなくて、一旦銀行残高に交換してその残高をKyash残高にチャージすれば、残高の還元率は0.2%ではなく1%にアップします。

銀行残高への交換なら、手数料がかからず300円分から交換できる「ハピタス」がオススメです。

例えば銀行残高からのKyash残高へのチャージなら以下のような還元率でタダ払いが実現できます。

  • KyashCard(1%)+トヨタウォレット(1.5%)=2.5%

ですので少し手間ですが、一旦「ハピタス」から銀行残高に交換し、Kyash残高へチャージするとタダ払いなのに2.5%のポイントが付与されます。

KyashCardの注意点

KyashCardでは注意すべき点が以下の3つあります。

  • Kyash Cardへのクレジットカード・ポイント交換のチャージ分でポイント付与されるのは5万円まで(0.2%還元)
  • Kyash CardへチャージできるカードはVisa・MasterCard(要3Dセキュア認証)
  • トヨタウォレットへチャージできるカードもVisa・MasterCard(要3Dセキュア認証)のみ

Kyashは3つ発行できるカードがありますが、トヨタウォレットへチャージできるのは3Dセキュア認証されているKyashCardだけとなります。

発行は900円手数料がかかりますが、これも当方の紹介URLを経由すれば残高900円が充当されますので実質タダで利用開始できます。

Kyash Cardは紹介状経由の申込みで実質タダになります。

TOYOTA Walleへのチャージに役立つKyash Card申込みは、下記のリンクボタン経由で招待を受けて、銀行入金を行うと900ポイント(=900円相当)が付与されます(銀行入金の残高の支払いは1%の還元率です)。

トヨタウォレットからEdyへのチャージのやり方

トヨタウォレットからの楽天Edyのチャージでもキャッシュバックされるため、楽天Edyなら還元率をさらに+0.5%アップさせられます。

一応、トヨタウォレットの決済利用できない対象には入っていますが、実験したら決済もできてキャッシュバックもされています。

これは確認しながらすすめることになります。

ところで朗報としてiPhoneユーザー(NFC対応)でもEdyカードアプリからカードに楽天IDに登録したクレジットカードからチャージができるようになりました!

Androidスマホ&おサイフケータイ対応ならスマホ一つでチャージも決済でもできるので圧倒的に便利です。

トヨタウォレット→Edyチャージによるポイント多重取りの方法

楽天カードからEdyにチャージすると0.5%しかもらえないのですが、トヨタウォレットを経由すれば、ポイント4重どりが完成し還元率としては以下のように最強の決済手段となります。

もしくはTカードPrimeを登録したKyashCardでトヨタウォレットにチャージすると以下のようにポイント4重どりが実現します。

トヨタウォレットのカード番号の確認方法

ネット決済などでトヨタウォレットのカード番号・有効期限・セキュリティーコードを確認する方法について説明します。

トヨタウォレットのトップページに「カード番号を確認する」という文字がありますので、これをタップします。

トヨタウォレットのカード番号確認

するとトヨタウォレットのカード番号・有効期限・セキュリティ番号が確認できますのでそれを楽天IDに登録します。

登録してもすぐに利用できず、翌日の12:00~からチャージできるようになります。

トヨタウォレットから楽天Edyへのチャージ方法

次にEdyへのトヨタウォレットの登録方法です。

すでに登録している場合は、右下の「チャージ」ですが、カードを新規登録の場合はちょっと違います。

「詳細を見る」をタップ

トヨタウォレットを未登録の場合は、中央の「詳細を見る」をタップします。

詳細を見る

チャージ設定をタップ

ここから登録しますが、何も登録されていない場合は「未設定」となっています。

チャージ

「チャージ方法」をタップ

カードでチャージ、銀行口座からのチャージが選べます。

チャージ方法を選択

新規で登録したい場合は、「楽天会員情報に登録済みのクレジットカード」をタップします。

楽天IDに登録のクレジットカード

そうすると登録している楽天IDに登録している楽天カードがでてきますが、新規で登録したいので「他のクレジットカードを選択」をタップします。

「クレジットカードを追加する」をタップ

次に楽天IDに登録されているクレジットカードのラインナップがでてきますが、新規で登録するときは「クレジットカードを追加する」をタップして、トヨタウォレットのカード番号・有効期限・セキュリティ番号を入力し登録します。

登録してもすぐ使えるわけではなく、利用できるようになるのは翌日の12:00からです。

Amazonギフト券は楽天Edyで購入できる

ネットでも楽天Edyは使えるそうですが、本当に使えるの?ってくらい使える範囲は限られています。

そこで利用したいのがAmazonです。

Amazon楽天Edyで直接支払うには対象外の商品がわりとあるのですが、Amazonギフト券にしてしまえばAmazonの電子マネーですので対象外は気にせず何でも購入できます。

このAmazonギフト券の購入に楽天Edyが利用できます。

Androidのスマホであれば、おサイフケータイであればネット決済も簡単ですが、iPhoneの方はパソリ・楽天Edyリーダーが必要になります。

また対応ブラウザはInternet Explorerのみです。

価格で考えると楽天Edyリーダーの方が安いのでオススメです。

Amazonギフト券楽天Edyで購入すると、楽天Edyの0.5%のポイントが付与されますので以下の還元率でAmazonの支払いに利用できます。

還元率としては3.7%になりますので、Amazonの利用はこれで決まりだと思います。

Amazonギフト券の購入は下記のボタンから進むことができます。

税金・公金・楽天バリアブルカードならApple Payでトヨタウォレットからnanacoチャージ

Apple Payでnanacoが使えるようになった最大のメリットは、登録したカードからnanacoにチャージできるようになったことですよね。

しかもトヨタウォレットからのキャッシュバックも現在のところ問題ないようです。

これなら3.2%もの還元率で税金・公金が支払えます。

ファミペイとか色々あった税金・公金の決済手段ルートもしばらくはこれで落ち着きそうです。

というのはファミペイでは、結構な税金・公金が支払えますが、自治体によっては対応できてないものもあるので、すべて網羅できるわけではなかったのです。

そこにくるとnanacoならセブンイレブンにいかなければならない手間はかかりますが、ほぼ全部できますので3.2%もの還元率で税金・公金払いできるなら多少の手間はしょうがないでしょうね。

nanacoで楽天バリアブルカード・ポイントギフト購入で楽天ペイ+1%も!

この方法が使える間だけですが、nanacoでセブンイレブンの店頭においている「楽天バリアブルカード(自由に購入金額を指定できる)」・「楽天ポイントギフト」を購入することができます。

購入してポイントを受け取ると期間限定の楽天ポイントを購入分受け取ることができます。

この利点は、楽天ペイで1%の還元率を上乗せできることです。

楽天ペイはポイントで支払った分も楽天ポイントが1%付与されますので、手間はかかりますがこのルートなら最強の決済手段となります。

楽天カードからチャージしていった場合

楽天カードからのチャージでは、普通に楽天ペイの残高である楽天キャッシュにチャージして獲得できる1.5%の還元率を軽く上回ることになります。

TカードPrimeからチャージしていった場合

TカードPrimeは特段の条件もなく1.5%の還元率を実現できるカードなので、楽天カードで2倍ポイントの条件である「楽天市場で月2万円以上のお買い物を楽天カードで決済」という条件が未達成の場合利用すると良いと思います。

購入した楽天バリアブルカードのポイントを反映させる

楽天ポイントギフト・楽天バリアブルカードは購入しただけでは意味がなくて、購入後ポイントを受け取らないとポイントを付与されません。

購入後、必ずポイントの受け取りを行ってください。

楽天 Point clubで楽天ポイントの受取を行います。

下記のリンクを活用ください。↓↓↓

楽天バリアブルカード裏面のスクラッチ状になっている部分を削るとPIN番号がでてきます。

このPIN番号を入力することで初めて受け取ることができます。

Apple PayならWAONチャージもできちゃう

Apple Payにnanaco・WAONが登場したことの衝撃の一つが、WAONへのチャージもトヨタウォレットでできて、「キャッシュバック付与予定」のステータスになっていることですね。

これならイオングループでトヨタウォレットでチャージしたWAONを利用すれば、4.2%の還元率が常時達成できます。

毎月20・30日のお客さま感謝デーならWAONで5%offですので、WAONチャージで0.5%還元されるイオンカードセレクトの立場がなくなっちゃいますね。

お近くにミニストップがあれば、WAONなら税金・公金をしはらえる収納代行で使えますので、イオン・ミニストップをよく利用されるなら、現在ビッグウェーブが来ていますね。

関連記事

WAONで税金・公金の支払いがミニストップで収納代行でできます。 ミニストップは北海道・中国地方には存在せず、北陸でも福井のみ、九州でも福岡・佐賀・大分くらいしか店舗がありません。 そのため恩恵にあずかれない方もいるかも知れませんが[…]

WAON収納代行復活!JMB WAON利用でマイル2重どり

【まとめ】トヨタウォレットで高還元率を獲得する使い方とEdy・nanacoチャージによる出口戦略

トヨタウォレットは現在は他のクレジットカードからのチャージは無料になっていますが、原則としては204円の手数料がかかりますので、どこかでは改悪リスクがあると思います。

そのためいつ改悪リスクがあっても良いように、以下のルートで6gramに高還元率でチャージできる方法は確保しておくと良いでしょう。

JQ CARD エポスゴールドは、直接申し込む方法はありません。

保有するにはJQカードエポスの利用実績を積み重ねてゴールドのインビテーションを受けとって切り替えを行えば、年会費無料のゴールドカードとして保有できます。

ところがJQカードエポスのポイントサイト案件は存在せず、新規入会特典とのポイントW取りができません。

ですので申込みは、まずエポスカードをポイントサイト経由で申し込んでポイントサイトからのポイントと、エポスからの新規入会特典を受け取ったあと、JQカードエポスに切り替えます(申し込むと自動切り替えになります)。

その後半年以上・50万円以上の利用を目安に届くインビテーションに乗って切り替える方法が、「JQ CARDエポスゴールド」を最もお得に申し込む方法になります。

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.7%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③-1ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
③-2ファミリーゴールドで家族で合計200万円利用で0.2%相当のボーナスポイント
■モッピー経由の申込みで4,000円相当のポイントが獲得できます。

エポスカードの申込みはハピタスが一番オススメですが、複数のポイントサイトを比較すると、何千円相当もポイントが違うときがあるのでその時に高いポイントを提示しているところを利用しましょう。

ハピタス登録済みなら、ポイント還元の高いポイントインカムモッピーのうち未登録のサイトを新規登録して広告利用すれば、新規登録キャンペーンのポイントがもらえますので登録しておきましょう。

  • 【1位】高還元ポイントサイト「ハピタス」
    4.9

    ハピタス10月紹介バナー300×300

    ①広告の数が非常に多く、高いポイント還元が魅力のポイントサイトです。
    ②ネットショッピングも高還元率で「お買い物あんしん保証制度」も完備。
    ③ためたポイントは300円から交換可能です。
    ■広告を利用して会員ランクをアップさせるとポイント交換時に最大+5%増量して交換できます。
    ■ここからの新規登録&翌月末までの広告利用で1,000円相当のポイントがもらえます。

  • 【2位】総合力No.1ポイントサイト「ポイントインカム」
    4.7

    ポイントインカム紹介バナー

    ①累積ポイントで会員ステータスが決まり獲得したポイントに最大+7%のボーナスポイントがもらえます。
    ②ネットショッピングなら土日利用でさらに+3%のボーナスポイント
    ③高額広告のポイント還元もトップを競うほど成長してきているサイトです。
    ④お友達紹介制度も優れているためダウン報酬で稼ぐこともできます。
    ■当サイト経由で登録しポイント交換でAmazonギフト券が1,000円相当もらえる「ポタ友応援キャンペーン」開催中です。

  • 【3位】会員数900万人の最大級のポイントサイト「モッピー」
    4.3

    モッピー300✕250バナー

    ◎会員数900万人の国内最大級のポイントサイト「モッピー」
    ①各広告のポイント還元がバランス良く高水準なポイントサイトです。
    ②ポイ活にも優れたお友達紹介制度があり、ダウン報酬でも稼げます。
    ③ポイント交換先が豊富でPayPayボーナスにリアルタイム・無料交換できる数少ないポイントサイトです。
    ■いまなら新規入会&翌々月までの5,000pt獲得で最大2,000円相当のポイントがもらえます。