【改悪決定】TカードPrime→au PAY・Kyashへのチャージが対象外に!代わりの方法を解説!

日曜日は1.5%の還元率でTポイントがたまるクレジットカード「TカードPrime」。

au PAYKyashCardを経由してRevolutにチャージするポイント二重取り・三重どりができて、貴重なTポイントが貯まる高還元率カードとして評判でした。

しかし新規入会申し込み規約でこっそり、Kyash・WebMoney(au PAY)・TOYOTA Wallet・Tマネーへのチャージ利用代金がポイント付与対象外になることが記載されているからです。

ジャックスは高還元率カードを出しては改悪するのが恒例でしたが、改悪の歴史にまた一つ花を添えたことになります。

じゃあどうしたら良いのかというと、当方としてはTカードPrimeの代わりは「JQ CARD エポスゴールド」をオススメします。

なぜなら以下の方法でポイント多重取りが可能だからです。

以上で最低でも3.2%、最大5.2%もの還元率を狙うことができます。

今回は来たるべきTカードPrimeの各ウォレットサービス・プリカ・電子マネーへのポイント付与対象外のお知らせに備え、Tポイントを貯めるなら最強と目され、TカードPrimeの代わりになるJQ CARD エポスゴールドとこのカードを使ったポイント多重取りについて解説していきたいと思います。

JQ CARD エポスゴールドは、直接申し込む方法は存在せずJQカードエポスの利用実績を積むと招待されるインビテーションにのって切り替えを行うことで年会費無料で保有できる高還元率ゴールドカードです。

JQカードエポスはポイントサイト案件が存在しないため、申込みはエポスカードから行い→特典を受け取ってからJQカードエポスへの切り替え→半年・50万円利用を目安でやってくるインビテーションを待つのが一番メリットのある申込み方法です。

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.7%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③-1ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
③-2ファミリーゴールドで家族で合計200万円利用で0.2%相当のボーナスポイント
■ハピタス経由の発行で新規入会特典に加えて7,000円相当のポイントが獲得できます。

TカードPrimeは電子マネーの各チャージ利用代金がポイント付与対象外に改悪

とうとうTカードPrimeに改悪のお知らせがやってきました。

読者の方へはかなり前から、改悪リスクを説明していましたので特に驚きはないと思います。

日程は8月1日からKyash、WebMoney、TOYOTA Wallet、Tマネーなどの電子マネー各チャージ利用代金がポイント対象外となります。

TカードPrime規約

「Tカード Prime」クレジットポイント利用規約一部改訂のお知らせ

やらなくてもよい問い合わせを行った方もいらっしゃるようで、その返答ではまだポイント付与対象となっている支払先も、問い合わせしたことでさらにポイント付与対象外となるXデーはさらに近づいたと思います。

その方はやらなくても良い「Revolut」・「MIXI M」に関してもあわせて問い合わせいただいたようで、残される可能性のあったRevolutルートも閉鎖は待ったなしだと思います。

またau PAY書いてないですよねという方もいると思いますが、au PAY残高はau PAYプリペイドカードと残高を共有しておりその実態はWeb MoneyなのでWeb Money加盟店=au PAY加盟店と考えて差し支えないと思います。

ジャックスの歴史は改悪の繰り返し

ジャックスは過去、高還元率のカードを作っては改悪し作っては改悪するということを繰り返してきたので、現状高い還元率だからといっていつまでも高い状態を維持するといいきれないのが難点です。

例えば悪名が高いところでは以下のカードがあります。

  • リーダーズカード1.5~→現在は1.25%
  • レックスカード1.75%→現在は1.25%
  • エクストリームカード1.5%→現在は申込み終了

色々やらないでエポスカードのように一つのしっかりとしたカードを作ってレギュラー→ゴールド→プラチナというように、会員ランクをしっかり作り込んで維持してほしいですね。

JQ CARD エポスゴールドはTカードPrimeに代わるTポイントがたまる高還元率カード

予想通りTカードPrimeは改悪となってしまったわけですが(一応まだポイントは付与されていますが今後は不明です)、この記事でも最初から書いている通りJQ CARD エポスゴールドのサブとして利用していれば、すぐに切り替えが可能ですよね。

JQ CARD エポスゴールドは、JRが発行しているカードですがエポスゴールド会員の特典である「選べるポイントアップショップ」に選択した支払先はポイント3倍つまり1.5%の還元率になります。

さらに年間利用100万円以上でボーナスポイントが1%に相当する1万ポイントが付与され、二等親以内の家族を招待して合計金額の達成度合いでさらに0.2~0.3%に相当するファミリーボーナスポイントが付与されます。

これを表にまとめると以下のようになります。

還元率
選べるポイントアップショップ 1.5%
年間ボーナスポイント(年間100万円以上利用) 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント(2人・2世帯で合計200万円利用) 0.2%相当(2,000ポイント)
合計 2.7%

とくにエポスゴールドの中でもJQ CARD エポスゴールドは、JRキューポがたまる便利なカードで、JRキューポはTポイント・Gポイント・Pontaポイント・エポスポイントに等価交換できるためポイ活に欠かせないポイントハブサービスとなります。

選べるポイントアップショップにはMIXI Mを選択する

選べるポイントアップショップ」は様々な支払先があり、選択するとポイント3倍つまり1.5%の還元率になります。

ただし3つまでしか選べず、一度選択すると3ヶ月は変更ができません。

そこでまずMixiを選択すればMIXI M(旧MIXI M)へのチャージがポイント3倍となり、MIXI M(旧MIXI M)は実店舗ではVisaリアルカード(現在は発行停止中)・QUIC Pay+PayPay、ネットではバーチャルカードによりほとんどの支払いが可能です。

MIXI M(旧MIXI M)とはMixiが運営するウォレットサービスで還元率は0%なのですが、エポスゴールド・プラチナの特典である「選べるポイントアップショップ」に選択可能であるため、最大2.7%もの還元率が達成可能になっています。

年間利用(100万円以上)ボーナスポイントは月額8.3万円で達成可能

エポス陣営のゴールド会員以上のもう一つの特典「年間利用ボーナスポイント」は、切り替えてからの1年間、年間で50万円・100万円の利用に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。

  • 【年間利用50万円】:2,500円相当(0.5%相当)のボーナスポイント
  • 【年間利用100万円】:10,000円相当(1%相当)のボーナスポイント

年間利用が100万円に達すれば1%相当の1万ポイントが付与されますが、リアルにおすすめすると年間100万円の利用がハードルが高いと言われるのですが月額に直すと8.3万円です。

選べるポイントアップショップ」にMixiを選択しMIXI M(旧MIXI M)へチャージし普段の食費・日用品のショッピングに使うだけでかなりの金額にりますし、「選べるポイントアップショップ」には水道光熱費などの公共料金も登録できますので、MIXI M(旧MIXI M)と公共料金で人によっては月額8.3万円に達するかもしれません。

関連記事

エポス陣営のゴールドカードは、2種類のボーナスポイントを獲得することができます。 このボーナスポイントのことを知っていても、いつポイントが貰えるのかヤキモキされている方もいるのではないかと思います。 逆に「ボーナスポイントなにそれ?おい[…]

エポスゴールドカード(JQ CARD)のボーナスポイントとは?加算はいつ?

それでも二の足を踏む方もいるのですが、例えばトヨタの車のサブスクリプションサービス「KINTO」なら車両・メンテ費用・車検・税金・保険コミコミなので結構な金額になります。

この定額代金はトヨタ自動車を「選べるポイントアップショップ」に選択するとポイント3倍が適用されますので、特に意識もせずとも十分ポイントも貯まり年間100万円の利用に近づくと思います。

関連記事

「サブスクリプション」サービスとは、商品を購入するのではなく、使用した期間に応じて課金する販売方法です。 代表的なのは、Microsoft365などのパソコンのソフトウェアや音楽配信・動画配信サービスなどで導入されています。 車でも通常[…]

車のサブスク【トヨタのKINTO】とは?本当にお得なのか解説します。

年間利用ボーナス枠を拡大してファミリーボーナスももらえる「エポスファミリーゴールド」

エポス陣営のゴールドカード・エポスカードの「年間利用ボーナスポイント」は本当にお得な制度なのですが、プラチナならともかくゴールド会員だと年間100万円→1万ポイントが還元率としては上限に達する金額です。

ご家庭によってはそれ以上に利用したいという世帯もあると思います。

そこで利用したいのが、エポスファミリーゴールドです。

エポスカードには家族カードはありませんが、ゴールドになって二等親以内の家族を招待すると家族の方もゴールドカードを保有できます。

振替口座を記入するときにご自分の口座を登録しておけば実質家族カードのような感じで使えますので、配偶者の方を招待すれば一つの世帯で「ご自分100万」+「配偶者100万」=一世帯200万円に「年間利用ボーナスポイント」の上限枠がアップし年間利用額を達成するとさらにファミリーボーナスポイントがもらえます。

ファミリーボーナスポイントがもらえるのは1グループあたりで代表会員の方にプレゼントされ、個人別の年間ボーナスポイントに加えて付与されます。

合計年間利用額 100万円以上 200万円以上 300万円以上
全員がゴールド会員 1,000ポイント 2,000ポイント 3,000ポイント
一人以上がプラチナ会員 2,000ポイント 4,000ポイント 6,000ポイント

例えば、夫婦でそれぞれ年間100万円の利用なら代表会員の方は、年間利用ボーナス最大1%相当に加えて、0.2%に相当するファミリーボーナスポイント2,000ポイントがもらえます。

そうしてお互いにMIXI M(旧MIXI M)にチャージして二人で共有するグループカードを作って基本的な支払いは、そのグループカードで行えばよいのではないでしょうか。

JQ CARD エポスゴールドならTカードPrimeに代わってau PAY・Kyash→トヨタウォレットへのチャージで使えます

TカードPrimeのau PAYKyashトヨタウォレットへのチャージがポイント対象外になるのはすでに時間の問題です。

この代替になるカードは改悪リスクがない、JQ CARD エポスゴールド以外にないと思います。

貴重なTポイントもJQ CARD エポスゴールドでたまるJRキューポをTポイントに交換できますので、間接的ですがTポイントがたまるカードとしてはJQ CARD エポスゴールドが最強です。

これまでTカードPrimeでチャージしていたau PAYKyashトヨタウォレットともにエポスの選べるポイントアップショップ」に選択することはできませんが、その代わり「年間利用ボーナス」・「ファミリーボーナス」を獲得できますのでau PAYKyashトヨタウォレットへのチャージなら以下のポイント還元率が期待できます。

まずがau PAYへのチャージなら以下の還元率になります。

還元率
JQ CARD エポスゴールドの基本還元率 0.5%
年間ボーナスポイント(年間100万円以上利用) 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント(2人・2世帯で合計200万円利用) 0.2%相当(2,000ポイント)
au PAY 0.5%(キャンペーン時10%~20%)
合計 2.2%

この場合は、10%~20%の還元率を度々打ち出してくるau PAYのキャンペーン「たぬきの大恩返し」を上手に使うことで還元率を飛躍的にアップさせることができます。

関連記事

auPAYはコード決済サービスの中でも、「たぬきの大恩返し」というタイトルで10~20%も還元される大規模なキャンペーンを開催するので非常にありがたい決済サービスです。 名称からauユーザーしか恩恵がないように感じますが、実際には誰でも使[…]

Pontaポイント最大10%還元!au PAY「たぬきの大恩返し 春」攻略法

キャンペーン以外ではKyashトヨタウォレットルートでチャージすれば、安定的に2.9%の還元率でキャッシュレスライフを送ることができます。

還元率
JQ CARD エポスゴールドの基本還元率 0.5%
年間ボーナスポイント(年間100万円以上利用) 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント(2人・2世帯で合計200万円利用) 0.2%相当(2,000ポイント)
KyashCard 0.2%
トヨタウォレット 1%
合計 2.9%

ただトヨタウォレットだとお店での支払いはiD・Mastercardコンタクトレスに限定されるため、お店によっては支払えないケースもあります。

そのため最近では、このルートでは最終的にRevolutにチャージしメタルプランで発行できるメタルカード(キャッシュバック率1%)を活用することをオススメしています。

RevolutPayPayd払いにも登録できるので、PayPayならほとんどどこでも支払えますし、d払いならさらに+0.5%のdポイントが獲得できますので便利ですよね。

関連記事

つい最近、JQ CARD エポスゴールドからチャージしたMIXI Mをd払いに登録するという裏技で3.2%の還元率で使っていたのですがこの方法がおそらく2022年1月20日に塞がれました。 じゃあもうこういったd払いを最終出口にしたポイン[…]

d払いにRevolutを登録して最強の還元率を狙う方法(d払い×6gramルート封鎖対策)

JQ CARD エポスゴールド→MIXI M→WAON(Apple Pay経由)なら3.7%の還元率

JQ CARD エポスゴールドからMIXI M(旧MIXI M)へのチャージが2.7%の還元率が実現できるのは前述のとおりですが、ここからさらにiPhoneユーザーの方ならさらにメリットがあります。

Apple Pay経由で登録したMIXI M(旧MIXI M)からWAONにチャージでき、イオン系列のお店なら1%の還元率ですので(毎月10日はポイント5倍/2.5%還元)以下のようにやはり3.7%の還元率が実現できるからです。

WAONルート 還元率
JQ CARD エポスゴールドMIXI M 最大2.7%
MIXI M→WAON(Apple Pay経由) 0%
WAON→イオン系列のお店/それ以外は0.5% 1%(毎月10日は2.5%)
合計 3.7%(毎月10日は5.2%)

イオンだと割高と考えている方なら、ザ・ビッグという店舗ブランドのお店だとディスカウント型のスーパーマーケットですので、割安で食料品などを購入できます。

お近くにイオン系のお店があって普段から利用しているのであれば、これでキャッシュレス決済は決まりだと思います。

関連記事

このサイトでは、大幅に改悪されたKyashCard・トヨタウォレットに替わるウォレットサービスとしてMIXI Mをオススメしています。 MIXI Mの便利な機能を生かしつつ高い還元率を叩き出す方法は、後ほど解説する「JQ CARD エ[…]

【最大2.5%還元】Kyashの改悪で代わりとなる6gramの使い方

TカードPrimeの概要

TカードPrimeとは、Tポイントがたまる「Tカード」と1%の還元率のクレジットカードの機能が一体となったカードです。

TカードPrime

基本還元率は1%ですが、日曜日の利用では1.5%と還元率がアップするのがおすすめポイントです。

還元率 1%(日曜日の利用は1.5%)
年会費 初年度無料(1,375円1回でも利用があれば翌年度も無料)
国際ブランド MasterCard
ショッピング保険 なし
国内旅行損害保険 最高1,000万円
海外旅行損害保険 最高2,000万円
家族カード 不可
ETCカード 無料
Apple Pay/Google Pay 登録可。決済はQUIC Pay

Tポイントがたまるクレジットカードといえば、ヤフーカードですがヤフーカードは1決済毎にポイントが付与されているため、99円以下の部分は切り捨てになっています。

ところがTカードPrimeに関しては、月間利用額に対してポイントが付与されており、月末締めのときに端数の1円~99円の利用分が切り捨てられるだけになっています。

そのためTポイントのためやすさでは、TカードPrimeに軍配があがります。

新規入会キャンペーン

TカードPrimeは、総額6,000円相当の新規入会キャンペーンを行っています。

特典は2つありますが、【特典1】と【特典2】の最大6,000Tポイントの獲得を目指すことになります。

【特典1】Jリボ登録で1,000ポイント(2022年3月31日まで)
【特典2】カード到着から3ヶ月以内に10万円利用で5,000ポイント(5万円利用で2,000pt・7万円利用で3,000pt)
そしてちょっと面倒なのが、4ヶ月以内に応募用紙を投函することです。
応募用紙はカードと一緒に来るのですが、昔からジャックスは紙がすきですね。

TカードPrime注意点

日曜日に1.5%の還元率が狙えるTカードPrimeですが、注意点もあります。

国際ブランドはMasterCardのみ

世界的にはVisa・MasterCardでシェアを分け合っているため、どちらかがあれば大抵利用できます。

国際ブランド 世界売上シェア
VISA 50%
MasterCard 26%
UnionPay(銀聯) 20%
アメックス   3%
JCB   1%

TカードPrimeはMastercardブランドですので世界中で利用できます。

家族カード不可

TカードPrimeは家族カードが申し込めません。

たまるポイントはTポイント

TカードPrimeの利用でたまるポイントはTポイントです。
Tポイントは1ポイント=1円の価値です。
Tポイントはポイント交換ルートに乗せて交換だけで増やすことも可能ですが、利用するならウエルシアの毎月20日の「お客さま感謝デー」でTポイントを利用すると1.5倍の価値で利用できます。
1,500円分の買い物が1,000円分のTポイントで可能になるわけですので、約33%offでお買い物できるため圧倒的にオトクです。
関連記事

Tポイントを1.5倍の価値で利用できる「ウエル活」の主戦場「ウエルシア薬局」。 ウエルシア薬局で毎月20日に開催されている「お客さま感謝デー」でTポイントで支払いを行うと1ポイント=1円の価値が、1ポイント=1.5円の価値で利用できま[…]

Tポイント収集が加速するウェルシア薬局!倍速で貯まる方法を解説

Tポイントは消費に使えるだけでなく、投資にも使えます。

SBI証券なら投資信託の購入で、SBIネオモバイル証券なら株式を1株単位からの購入で・ネオモバFXならFXをTポイントを使って利用できます。

SBIネオモバイル証券なら少額から株式・ETFへの投資ができますので投資のスタートとしては最適な証券会社です。

関連記事

ポイント投資の一つTポイント投資でネオモバFXの特性を生かして「3すくみ・トラリピ」で手堅い運用を解説して行きます。 ネオモバFXでは、せっかくTポイントを利用できるサービスですので、クレジットカード・ポイントサイト・ウェル活から集め[…]

ネオモバイル証券✕ライフメディアでTポイント投資に挑戦

【まとめ】TカードPrime→au PAY・Kyashへのチャージが対象外に!代わりの方法を解説!

TカードPrimeは、日曜日の利用で1.5%還元という結構優秀なカードだったのですが、やっぱりジャックスらしく短期間で改悪になりました。

予想していたのでとくに驚きはないです。

この代替になるカードは改悪リスクがない、JQ CARD エポスゴールド以外にないと思います。

貴重なTポイントもJQ CARD エポスゴールドでたまるJRキューポをTポイントに交換できますので、間接的ですがTポイントがたまるカードとしてはJQ CARD エポスゴールドが最強です。

TカードPrime亡き後のおすすめのキャッシュレスコースは、JQ CARD エポスゴールドMIXI M(旧MIXI M)→WAON(Apple Pay)が現状では最強です。

Android派の方は、Revolutも検討して見てください。

JQ CARD エポスゴールドは、直接申し込む方法は存在せずJQカードエポスの利用実績を積むことで得られるインビテーションに乗って切り替えして初めて保有できる年会費無料のゴールドカードです。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポスからインビテーションで切り替えますが、JQ CARD エポスではポイントサイト案件が存在しません。

そのためハピタス経由のエポスカードの申し込みなら7,000円相当(通常6,000円+ボーナス1,000円)のポイントが獲得できますので、ポイントを受け取り終わったらJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

ハピタスへの登録は、このサイトからなら特別紹介特典として合計1,100円(登録で100円&500pt以上の広告利用で700円+登録から7日以内のおすすめショップ利用でさらに300円)が獲得できます。

さらにエポスカードは申込時に紹介者からの「ご紹介番号」を入力して申し込むとさらに500円相当のポイントが加算されます。

当方は「JQカードエポスゴールド」保有者なので、申し込まれた際に申込みシートに以下の「ご紹介番号」を入力ください。

「ご紹介番号」→22040186427