Kyash Cardのこれからの使い方(改悪後の活用方法)

Kyash Cardはかつてはクレジットカードとのポイント2重どりで高い還元率だったプリペイドカードです。

過去形なのは、現在は銀行口座からチャージした残高であれば1%の還元率ですが、クレジットカードからチャージされた残高の還元率は0.2%と従来の1/5に激減してしまっています。

この改悪のタイミングで使うのを辞めてしまった方も多かったと思いますが、当方の場合はまだまだ活用しています。

今回は、なぜ再利用しているのかということと、使い切れていない便利な機能についても解説していこうと思います。

Kyash Cardは紹介状経由の申込みで実質タダになります。 TOYOTA Walleへのチャージに役立つKyash Card申込みは、下記のリンクボタン経由で招待を受けて、銀行入金を行うと900ポイント(=900円相当)が付与されます(銀行入金の残高の支払いは1%の還元率です)。

Kyash Card概要

株式会社Kyashが運営しているプリペイドカードの種類は3券種あります。

ICチップを搭載したKyash Card、Kyash Card Lite、Kyash Virtualと3種類あります。

  Kyash Card KyashCard Lite Kyash Virtual
本人確認書類 必要 不要 不要
発行手数料 900円 300円 無料
IC/4桁暗証番号
VISAタッチ × ×
Apple Pay
Google Pay
還元率(Kyashマネー) 1.0% 0.5% 0.5%
還元率(Kyashバリュー) 0.2% 0.2% 0.2%

今回ヘビーユーザーから、かなりがっかりした内容だと考えられているのが、クレジットカードからチャージされた残高であるKyashバリューの還元率の低下です。

Kyashバリューはクレジットカードからチャージされた残高、もしくは他のポイントからの移行した残高であり、従来の「Kyash Card」では、この残高による支払いでも1%の還元率でした。

これが0.2%に低下していますので、クレジットカードによるポイント2重どりのメリットはなくなったわけです。

関連記事

KyashCardの還元率改悪に伴い代わりになるプリペイドカードの中で優れた特徴を持った3枚を紹介します。 プリペイドカードはチャージした残高しか利用できないという特性があるため、もうひとつのお財布として利用したり、チャージ額以上は利用で[…]

Kyash改悪後の代わりの「プリペイドカード」おすすめ3選

デビットカードの代わりと考えると非常に優秀

しかしこれがデビットカードと同様なものだと考え直すと、Kyash Cardへ銀行口座からチャージした残高による還元率は1%を維持しています。

1%の還元率であれば、デビットカードでは楽天銀行デビットカードと同じトップクラスの還元率になります。

またチャージできる銀行口座は、入金専用口座の登場によってどの銀行からでも残高に入金することができるようになりました。

クレジットカードは審査が必要ですが、Kyash Cardはプリペイドカードですので本人確認書類が必要なものの、保有するハードルは遥かに低く年齢制限がありません。

ということは未成年でも並のクレジットカードを保有しているのと同じメリットを受けられるわけです。

関連記事

デビットカードは、即時口座から引き落とされるため現金払いに近い感覚でありながら、クレジットカードのように幅広く利用できる利便性を持ちます。日本は現金派が、まだまだ幅を効かせていますが、クレジットカードだと支出のコントロールが難しいのに対[…]

キャッシュレス決済の入門編「デビットカード」おすすめ3選

Kyash Cardのメリットを考えてみた

Kyash Cardは、他のデビットカード・プリペイドカードと比べても便利な機能が搭載されています。

  1. 3Dセキュア本人認証対応なので1.5%キャッシュバックしているトヨタウォレット(TOYOTA Wallet)にチャージできる
  2. 非接触決済「Visaタッチ決済」に対応
  3. スマホ決済「ApplePay」・「GooglePay」に対応
  4. 支出を自動仕分けし家計簿代わりになります(送金・出金にも対応)。
  5. 利用通知・利用履歴もリアルタイム、設定によって不正利用も防止できる

などなどクレジットカードでも実現できない利便性があります。

還元率は「攻め」の利点ですが、支出を管理したり不正を利用を防止しやすくなっている点は「守り」の利点です。

Kyashは、これまでの「攻め」から「守り」にシフトしていると考えた方が良いかも知れません。

また「攻め」の部分はトヨタウォレット(TOYOTA Wallet)の残高にチャージすれば1.5%キャッシュバックですので、それだけでも並のクレジットカードの還元率を上回ります。

①3Dセキュア本人認証対応なので1.5%キャッシュバックしているトヨタウォレットにチャージできる

トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)は2021年4月13日以降、突如として毎月毎回1.5%キャッシュバックを打ち出して一躍Kyash Cardの代役として注目されています。

1.5%のキャッシュバックの対象は、TOYOTA Wallet残高(MasterCardプリペイド)で、この残高で行うiD(Android)・MasterCardコンタクトレス(iPhone)・MasterCard決済(ネットショッピング)になっています。

毎月毎回1.5%キャッシュバック

チャージは、カードによるチャージがポイント還元されポイント2重どりができるため選好したいですが、可能なのはVisa・MasterCardブランドで3Dセキュア本人認証対応であることです。

これにKyash Cardが対応できるため還元率の高いクレジットカードをKyash Cardにリンク(紐付け)して、トヨタウォレットにチャージすればポイント3重取りとなります。

例えば、多くの方が使っている楽天カードなら毎月の常設企画「街での利用でポイント2倍」キャンペーンで条件をクリアするとKyash Cardへのチャージもポイント2倍、つまり2%のポイント還元率になります。

さらにトヨタウォレット楽天Edyへのチャージでも1.5%キャッシュバックですので、上記に楽天Edyの還元率0.5%を加算し、合計4.2%で街のお店で利用することができます。

楽天カードから直接楽天Edyへのチャージしても0.5%しか還元されませんがKyash Cardを迂回したチャージなら最大4.2%もの還元率になるわけです。

楽天カードの申込みは、ポイントサイト「ハピタス」経由なら新規入会特典5,000ポイントに加えて、1,500円相当のポイントがもらえます。

関連記事

2021年4月13日から終了日未定で「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックを開始しています。 気になる終了[…]

1.5%還元!最強のプリペイドカードに昇格した「TOYOTA Wallet」の使い方

②非接触決済「Visaタッチ」に対応

Kyash Cardでは、世界で幅広く使われているVisaタッチ決済に対応しています。

新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、世界各国では急速にVisaタッチ・MasterCardコンタクトレスなどの非接触決済が普及しています。

日本では、非接触決済はプリペイド型の交通系IC(Suica)や楽天Edy・nanaco・WAON、ポストペイ型のiD・QUIC PayがVisaタッチ決済よりも認識されていますが、これらの非接触決済(Felicaを利用したおサイフケータイ)は実は日本だけ(ないし香港のオクトパスカード)です。

このFelicaを利用した電子マネーは、決済機能が統合されておらず、相互に利用できず個々の店舗のプリペイドカードのような存在になってしまっています。

例えば、nanacoはイオンでは使えませんし、WAONはセブンイレブンでは使えません。

その点、Visaタッチ決済はVISAタッチ加盟店であれば、世界各国で利用できます。

日本でも、コンビニ・マクドナルド・イオン・イトーヨーカドーなどかなり広く利用されるようになってきました。

利用範囲が非常に広いことと、読み取り端末・チップが安いために今後の普及は非常に速いと思います。

ただし決済上限は、1回の決済につき1万円までで、それ以上の支払いの場合はKyash CardではICチップを採用しているため、カードを差し込んで暗証番号で認証を行う支払い方法になります。

こちらもトヨタウォレット(TOYOTA Wallet)にチャージしていれば、AndroidならiD・iPhoneならMasterCardコンタクトレスで非接触決済ができます。

③スマホ決済「ApplePay」・「GooglePay」に対応

ApplePay・GooglePayに対応しているため、登録するとQUIC Pay+加盟店で非接触決済が利用できます。

QUIC Pay

実物カードを取り出さなくても決済ができる点で優れていますが、同じ非接触決済のVisaタッチ決済と異なる点は、QUIC Pay+の決済上限は無いことです(Kyashアプリで設定した上限金額に準じます)。

便利ですが、Visaタッチ決済と比べて読み込みが遅く、僅かですが決済完了まで時間がかかります。

こちらも還元率が低下してからは、「ApplePay」・「GooglePay」の割当から外しており、現在はトヨタウォレット(TOYOTA Wallet)からチャージした6gramがQUIC Pay+を担当しています。

関連記事

毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンでメチャクチャお得な「トヨタウォレット」。 街のお店の支払いがiD(Android)・MasterCardコンタクトレス(iPhone)なので、どっちも非対応のお店でどうするかという問題や、[…]

6gramのリアルカード登場。トヨタウォレットとの組み合わせが最適な最強プリカ誕生か?

④支出を自動仕分けし家計簿代わりになります(送金・出金にも対応)。

クレジットカード・デビットカードでは実現できていないKyash Cardの優れた機能が支出を自動仕分けして家計簿代わりになる機能です。

Kyash家計簿


利用履歴は自動的に仕分けが行われ、その月に何にいくら支出したのか管理できます。

さらに1回あたりで支払える金額の上限(~30万円まで)、1ヶ月あたりの支払える金額の上限(~100万円まで)も設定できます。

Kyash設定


銀行口座から入金した残高以上利用はできませんし、上記のようにあらかじめ利用範囲を設定していれば、使いすぎの防止になるため、家族に決済用の資金を予算を決めて送り家計を管理する方法でも使えます。

銀行から入金した残高は、同じKyashの利用者に送金することができ、手数料は220円かかりますが出金(任意の自分名義の銀行口座に振り込む)することも可能です。

⑤利用通知・利用履歴もリアルタイム、設定によって不正利用も防止できる

ショッピングをするとスマホに通知が届きますし、利用履歴もリアルタイムで確認できるため、不正利用に気づきやすい設計です。

不正利用の80%がオンラインであるため、Kyash Cardにはカード設定で先程の利用上限の設定だけでなく、オンライン決済可能のオン・オフ、海外実店舗決済のオン・オフ、カードそのものの利用をロックすることもできます。

KyashCardロック機能


クレジットカードでリアルタイムの利用通知があるのはエポスカード 三井住友カードくらいですので、この通知機能や利用履歴、利用限度の設定などはクレジットカードよりも優れた機能です。

Kyash Cardのデメリット

Kyashが発行しているプリペイドカードでは、リアルカードでは発行手数料がかかります。

また繰り返しですが、2021年2月10日よりクレジットカードからチャージされた残高での支払いは0.2%の還元率に大幅に低下しました。

従ってこれまで盛んに行われていた、クレジットカードのポイント(高還元率のカードなら1%以上)とKyash Cardのポイントというポイント2重どりはメリットが激減しています。

残高をチャージできる銀行

Kyash Cardのこれからの使い方は、残高にチャージするという機能はそのままに、クレジットカードよりも優れた不正防止機能・家計管理機能(送金・出金含む)を活用する方法になると思います。

銀行残高からチャージする限りは、デビットカードよりも優秀ですのでクレジットカードを保有できない未成年の家族や、決済でのカード利用をコントロールできない家族カードではなくプリペイドカードにしたい場合に利用するというのがベターだと思います。

一方でチャージできる銀行が普段利用している銀行に対応していなければ、便利さも半減ですが直近で対応している銀行を確認すると順調に増えています。

  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行
  • イオン銀行(一時利用停止中)
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 関西みらい銀行
  • 十八親和銀行
  • 熊本銀行

ドコモ口座事件があってから、ゆうちょ銀行がしばらく利用できませんでしたが利用再開しています。

入金専用口座ができたので度の銀行からでも入金可能に!

入金専用口座とは、保有している銀行口座がKyashの入金に対応していなくても、振り込むことでKyash残高に入金できる口座のことです。

振り込まれた残高はKyashマネーとなり1%の還元率で決済に使えます。

振り込むには所定の手数料がかかりますが、ネット銀行などでは優遇プログラムにより他行振込回数が優遇プログラムのステージにあわせて優遇されているところもあります。

楽天銀行ならVIP・スーパーVIPで月3回無料

ポイントサイト「ハピタス」で稼いだポイントを交換して毎月スーパーVIPになっています。

関連記事

楽天銀行の最大のメリット「ハッピープログラム」をポイントサイト「ハピタス」を使って攻略する方法を解説します。 「ハッピープログラム」とは、楽天銀行の優遇プログラムのことで、毎月26日~翌月25日までの口座残高の水準や対象となる取引回数をク[…]

楽天銀行ハッピープログラムの件数稼ぎに最適な「ハピタス」の使い方

住信SBIネット銀行ならランク4で月20回・ランク3で月10回(ランク3が攻略しやすいのでオススメ)

関連記事

住信SBIネット銀行の便利すぎるランク制度「スマプロランク」の攻略方法を解説します。 「スマプロランク」とは住信SBIネット銀行のランク制度で、1~4までランクがありランクを上げれば上げるほどATM・他行振込の手数料無料回数が増えます[…]

住信SBIネット銀行のスマプロランク攻略法!

Kyash Cardのこれからの使い方まとめ

Kyash Card自体は、下手なクレジットカードよりも還元率も機能も優れています。

家計管理のためのデビットカード・プリペイドカードの代わりと考えても極めて機能としては優れています。

クレジットカードでチャージする2重どりのメリットはなくなりましたが、トヨタウォレットを経由することで以前よりも高い還元率で使えますし、6gramがリアルカードを発行しだしたことで、街のお店でもトヨタウォレットからチャージした6gramで高い還元率で支払いに利用できるようになりました。

トヨタウォレットへチャージする際に紐付けてチャージするカードとしては、「街での利用でポイント2倍」キャンペーンで2%の還元率でKyash Cardにチャージできる楽天カードがオススメです。

申込みはポイントサイトを経由して申し込むことで新規入会特典に加えてさらにポイントサイトからもポイントがもらえます。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ハピタス経由で新規入会特典に加えて1,500円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大2,500円相当のポイントプレゼントです。