PayPayあと払いとPayPayカードの違いは?どっちがお得?

PayPayの支払い方法で「PayPayあと払い」っていうのがありますが、これは要するにJCBのバーチャルカードなんです。

一方でPayPayカードは、プラスチックカードとなり、Visa・Mastercard・JCBブランドが選べます。

結局、どっちもPayPayでは「PayPayあと払い」でひとくくりにされていて、よく違いがわからないのですが、どちらも翌月口座から引き落としになるクレジットカードである点は変わりません。

じゃあ特段の違いはないですよね?と考えると思うのですが、実は7月からPayPayモールYahoo!ショッピングのネットショッピングはPayPayカードで支払ったほうが優勢性が高まるようになるので、PayPayカードは間違いなく必要だと思います。

この記事では7月からのPayPayステップの特典変更によって、PayPayカードの優位性が高くなってきている点と、今後はPayPayをどうやって活用したら還元率が高くなるのか?という点について解説していきます。

PayPayカードの発行は、ヤフーカード時代は公式サイトからちょっとしかポイントがもらえなかったのですが、今なら入会&利用で8,000ポイントも貰えますし、ハピタスを経由することでさらにポイントを獲得できます。

ハピタスに登録して必ずサイトを経由して発行しましょう。

PayPayカードの発行は、ハピタス経由の発行で、新規入会&利用特典7,000円分のPayPayポイントとハピタスから3,900円相当のポイントが獲得できます。

Yahoo!ショッピングなら5のつく日は最大11%還元!PayPayカード
4

PayPayカード

①今なら新規入会2,000ポイント+3回利用5,000ポイント=7,000ポイントの新規入会特典
②12月からはPayPayステップで最大1.5%になるのはカードを登録した「あと払い」だけ!
③Yahoo!ショッピングは5のつく日は最大11%還元
④ナンバーレス・カード利用速報でセキュリティも強化

目次

PayPayあと払いとは?

PayPayあと払いは要するにJCBブランドのバーチャルカードです。

当月に利用した金額を翌月27日にまとめて支払うわけなのですが、どうせならプラスチックカードをポイントサイト経由で一緒に申し込んだほうが、ポイント二重取りできますのでオススメです。

審査は10分程度で完了し、すぐにPayPayでも使えるようになります。

PayPayあと払い設定にすれば、PayPay残高が無い場合でもチャージせずに買い物できますので、慌ててチャージする必要がなくなりました。

画面上で残高払いかあと払いかをすぐに変更ができます。

年会費は無料で、クレジットカードと同じく一回払いで支払っていれば無料で利用できます。

気になる還元率は2022年7月からはPayPayの還元率と同じく基本0.5%+PayPayステップ1%加算=最大1.5%です。

※カード払いによる+1%加算は2022年6月30日で終了。

PayPayカードキャンペーンは入会&利用で12,000円相当のポイント

PayPayカードの入会特典は非常にシンプルで12,000円分のPayPayポイントになっています。

PayPayカード8月~9月バナー

ヤフーカードのときは2,000ポイントくらいだったと記憶していますので、すごく手厚い特典になっています。

もらえる条件は、入会時に2,000円分付与、次に300円以上の利用1回ごとに100円分のPayPayポイント還元となり最大100回で1万円相当の還元です。

ただしPayPayカードによる残高へのチャージはカウントされませんので、うっかりチャージしないようにご注意ください。

カードの利用というのは、ネットショッピングでは出荷したときに売上としてカウントされたり、お店でも売上として計上されるまで時間がかかるところもあります。

3回の利用はギリギリに実行せずに、できれば早めにクリアしておいたほうが賢明でしょう。

また家族カードは発行できないため、それぞれ発行してみんなそれぞれで12,000円分のPayPayポイントを獲得すれば良いのではないかと思います。

関連記事

日本で一番使われているキャッシュレス決済『PayPay』。 これに「PayPayあと払い」で登録できるのが『PayPayカード(基本還元率1%)』で、事前のチャージ無しでサッとPayPayで決済できて、前月のPayPayステップの達成[…]

PayPayカードの発行はどのポイントサイト経由がお得?入会キャンペーン・カードのメリットは?

PayPayカードの発行はポイントサイト経由でポイント二重取り

PayPayカードは、ポイントサイトを経由することで新規入会&利用特典に加えてポイントサイトからも多額のポイントが獲得できます。

本日のポイント数をリストアップしていますので、ポイントの高いところに登録してからサイト経由で発行しましょう!

PayPayカードは、ポイントサイトを経由することで新規入会&利用特典に加えてポイントサイトからも多額のポイントが獲得できます。

最新のポイント二重取りの状況は、ハピタス経由の発行がトップで、新規入会&利用特典7,000円分のPayPayポイントとハピタスから3,900円相当のポイントが獲得できます。

PayPayカード申し込み時のポイント ポイントサイトの新規入会特典
ハピタス 3,900円相当 登録&広告利用で最大2,110円
ちょびリッチ 3,800円相当 登録&ポイント獲得で最大2,100円
ニフティポイントクラブ 3,000円相当
@nifty基本料金利用で3,600円
登録&ポイント交換で600円
ポイントインカム 3,000円相当 登録&ポイント交換で300円
モッピー 3,000円相当 登録&ポイント獲得で最大2,000円

↑↑ポイントサイト名をタップして登録すると当サイト限定紹介特典がもらえます。

もちろんポイント数は日々変動するので、複数のポイントサイトを登録して比較しながら経由するポイントサイトを選択して少しでもポイントが高いところを経由していきましょう。

ハピタス経由なら3,900円相当が獲得できますので登録して必ず経由してカードの新規入会特典とポイント二重取りを確実に行いましょう!

PayPayあと払いのメリット・デメリット

PayPayあと払いのメリットは、やっぱりレジ前とかで「残高足んない・・・チャージしないと」という悩みを解決してくれています。

事前にチャージしなくても翌月27日に一括払いすれば手数料もかからずカードと同じように支払えるからです。

一方でデメリットは遅延金の利息支払いがある点や本人確認が必要な点もほぼクレジットカードと変わりません。

「PayPayあと払い」は、PayPayステップのカウント対象&キャンペーンの対象ですので、PayPayで支払いをメインにされている方にとってストレスなく使えるようになるので朗報ですよね。

メリット デメリット
利息、手数料、登録料なし。 遅延すれば年率14.6%の損害金が発生する。
支払った金額はPayPayステップのカウント対象。 PayPay加盟店でしか利用できない。
残高がなくても買い物ができる。 18歳以上で本人確認が必要で審査もある。
PayPayカード保有者であれば最短20秒で登録できる

ただPayPayあと払いはPayPay加盟店でしか使えないので、例えば無印良品や一部の100均では利用できません。

PayPayカードであればクレジット加盟店ならばPayPayのポイントを貯めれるので、

どうせならカードは発行しておいたほうが良いと思います。

PayPayあと払いよりもポイント二重・三重取りのほうがお得

なんでカード発行したほうが良いかというと、PayPayあと払いでカード払いしても+1%加算されるわけではなく(+1%特典は2022年6月まで)、最大でもPayPayステップによる1.5%還元までしかポイント還元率が上がらないからです。

PayPayあと払いは、最初に説明しており通りJCBブレンドのバーチャルカードです。

実はカードからプリペイドカードにチャージしたほうが還元率が高くなります。

例えば以下のようにトヨタウォレットなどのウォレットサービスを活用してポイント多重取りをすれば、PayPayステップの還元率を簡単に上回ることができます。

KyashCardは2022年6月28日から従来のVisa・Mastercardに加えて、JCB・アメックスからのチャージも可能になりました。

PayPayカードのメリット・デメリット

PayPayカードは、全国のクレジット加盟店であればどこでも利用できるので、PayPay加盟店以外でもポイントが貯めれて嬉しいですね。

ポイント還元についてはPayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOの利用するメリットが大きいです。

メリット デメリット
カード利用金額に対して1%のポイントが還元される。 ショッピング保険が付かない
年会費は永年無料。 ETCカードの申し込みには税込み550円必要
基本還元ポイントの+1%に加えて、YahooショッピングやLOHACOで利用すると+1%、ストアポイント+1%の合計3%のポイント還元がある。 利用金額はPayPayステップの対象外
カードのデザインは番号の記載がなく、セキュリティでも安心できる。

PayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOの利用でポイント還元率が高くなることが一番のメリットになります。

なぜなら2022年7月以降はPayPayステップを攻略しなくても、プレミアム会員になってアカウント連携をしておけば、うまく使えば6%の還元も実現できます。

PayPayカード×PayPayモールでは最大で15%還元!

PayPayカードは、PayPayモールではアカウント連携だけで+2%となるので、PayPayステップを達成していないくても「カード払い+Yahoo!プレミアム会員」で基本還元率6%になります。

これに加えて、5のつく日+4%・日曜日+5%(SBユーザーは+10%)と合計で最大+9%(5のつく日曜日の場合)の加算が狙えるので、例えば9/25(日)なら「基本還元率6%+5のつく日4%+日曜日5%=合計15%」と異次元の還元率になるのでPayPayモールでは欠かせないカードです。

ここまで書いた内容をちょっと整理すると以下のようになるわけですね。

PayPayモール利用時 還元率
ストアポイント 1%
PayPayカード +1%
Yahoo!プレミアム会員 +2%
アカウント連携 +2%
5のつく日 +4%
日曜日 +5%(SBユーザーは+10%)
合計 合計最大15%(SBユーザーは20%)
実はPayPayステップを300円以上×30回&5万円以上で苦労して攻略してもPayPayで支払った場合は、上の表では最大15.5%となります。
ということはPayPayステップを攻略しなくてもPayPayカードならほぼ最高値の15%還元が狙えますので、2022年7月以降はPayPayモールでのPayPayカードの優位性が非常に高くなっています。
関連記事

『新生Yahoo!ショッピング』は、PayPayモール・Yahoo!ショッピングが2022年10月12日に統合して誕生した総合ショッピングサイトです。 楽天市場と同じく、食料品・衣料・日用品・家電など様々な商品を扱っています。 […]

PayPayモール・Yahoo!ショッピング攻略!違いは?どっちがお得?

カードならポイント二重取り・三重取りができます!

更に、前述した通りプラスティックカードでPayPayカードを発行すれば、ブランドによってはポイントの二重取り、三重取りが可能になることがメリットですね。

例えば、私がよく使うコストコであれば、Mastercardブランドのみカード払いができますが、PayPayカードをMastercardブランドで発行してau PAY プリペイドカードにチャージすればポイント二重取りができます。

これってコストコのハウスカードのグローバルカードと同じ還元率ですよね。

また先程説明したポイント三重取りもKyashCardトヨタウォレットを活用すれば可能です。

デメリットについて特に注意すべき点は、PayPayカードの利用金額がPayPayステップの対象外となることです。

しかし、PayPayステップの改悪によって、はたして今後PayPayステップを達成する必要があるのか疑問になっています。

PayPayステップについては次にまとめていきたいと思います。

6月からのPayPayステップ特典改悪!PayPayあと払いとPayPayカードどっちがお得?

7月からはPayPayステップを攻略していたとしても最大で▲4%の引き下げとなっています。

6月のPayPayあと払いキャンペーンの追加特典の1%がなくなれば合計▲5%引き下げ。かなり痛いですね。

そんな中、PayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOで5のつく日は+4%、日曜日であれば+5%(ソフトバンクユーザーは+10%)になるのですが、この特典を受けられる支払い方法は、PayPay残高・PayPayカードによる支払いです。

ですのでPayPayステップのメリットが大きく後退した今、PayPayカードの優位性が際立っているのです。

気になるPayPayステップ変更は下記のとおりです。
PayPayステップ

引用元:PayPay

つまり、変更になるというのは以下の2つのことです。

  1. 対象サービス利用特典変更+2%→+0.5%(▲1.5%減)
  2. ゴールドメダルの特典終了+2.5%→0%(▲2.5%減)

これをひとつひとつ説明します。

①対象サービス利用特典変更▲2%

6月から対象サービス利用でPayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOの利用で付与される+2%がなくなります。

<対象サービス利用>(※グループサービスを3つ利用)PayPayステップPayPayカード

例えば、Yahooショッピング、PayPayモールで倍!倍!ストアで買い物をし、PayPayフリマで株主優待券を購入、LOHACOで飲料品をまとめ買い。これで3つ利用が完了します。

これまではこれで+2%だったのですが、翌月+0.5%獲得に低下という表現になっています。

②ゴールドメダルの特典終了▲2%

ゴールドメダル(全達成)でPayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOの利用で付与される+2%のPayPayポイントアップが終了。

なんか楽天市場の改悪とかau PAY マーケットの改悪とか7月に一気に来ていますね。

でもPayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOの利用のほうが、この還元率ダウンでもPayPayカードによる支払いなら還元率が高いので、当方はPayPayモールを引き続きヘビーユーズしていこうと思います。

PayPayステップって達成する意味ありますか?

PayPayステップでポイントアップする条件は、300円以上の決済回数30回および決済金額5万円以上で翌月+0.5%のポイントアップなのですが、正直かなりきついですね。

しかもPayPayモールYahoo!ショッピング・LOHACOの利用ならPayPayカードによる支払いが優位性が高いので、わざわざPayPayステップを攻略しなくても良くなっています。

これらを攻略する必要が本当にあるのか、どこかに抜け道がないのか、次の項目で分かりやすく説明します。

関連記事

MIXI MがアップデートされてVISAブランドのバーチャルカードが発行できるようになって何が変わったかですが、実はPayPayに登録して支払いができるようになりました。 MIXI Mは、それまではQUIC Payでしか街のお店の支払[…]

PayPayに6gramを登録して2.7%の還元率で使う方法【上限あり】

7月以降はPayPayモール・Yahoo!ショッピングならPayPayカード

あと払いキャンペーン終了後の7月以降PayPayステップとほかの付加ポイントがどれくらい付くのかまとめてみました。

結論としてPayPayカードのほうが6%の還元率が実現でき、お得であることが明らかになりました。

まず、以下の図はPayPayステップを前月どれくらい達成しているかYES,NOで回答してみてください。

PayPayカード

皆さんはどれに当てはまったでしょうか?

それでは番号ごとに一つ一つ解説していきます。

①PayPayステップ完全攻略(○PayPay支払い・○対象サービス利用・○プレミアム会員)

PayPayステップ完全攻略おめでとうございます!

この場合はPayPayモールで残高払いしたほうが一番多いポイント6.5%の付与となりますね。

Yahoo!ショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
4.5% 5% 6.5% 6%

しかし苦労してPayPayステップを攻略しても、PayPayカードの利用とそれほど還元率が変わらないことがわかります。

②○PayPay支払い・○対象サービス利用・×プレミアム会員

PayPay支払い300円×30回支払ったにもかかわらず、プレミアム会員でないことだけで激下がりになってしまいますね。

Yahoo!ショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
3% 3% 5% 4%

○PayPay支払い・×対象サービス利用・○プレミアム会員

PayPay支払いとプレミアム会員、2項目達成です。

PayPayモールで6%の還元となりました。

①との差はたったの0.5%ですので、これなら無理して対象サービス利用をしなくても良いような気がしますね。

Yahoo!ショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
4% 5% 6% 6%

○PayPay支払い・×対象サービス利用・×プレミアム会員

一番難関のPayPay支払いの達成をしたにも関わらず、対象サービスの利用とYahoo!プレミアム会員を達成していないだけで残念な結果となりました。

Yahoo!ショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
2% 3% 4% 4%

PayPay支払いの達成だけなら、PayPayモールYahoo!ショッピングを利用するメリットは大幅に低下するということです。

⑤×PayPay支払い・○対象サービス利用・○プレミアム会員

PayPay支払いだけ達成しなかった場合です。

PayPay支払いは一番労力がかかりますが、PayPayカードの支払いにするだけで6%と高い還元率が実現できましたね!

Yahoo!ショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
4% 5% 6% 6%

×PayPay支払い・○対象サービス利用・×プレミアム会員

対象サービス利用のみ達成場合です。

PayPay支払いのみ達成した時と同じ残念な結果となりました。

Yahooショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
2% 3% 4% 4%

×PayPay支払い・×対象サービス利用・○プレミアム会員

PayPay支払いも対象サービスも達成していません。

プレミアム会員になるだけでPayPayモールでPayPayカード決済すれば6%達成。

Yahoo!ショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
3.5% 5% 5.5% 6%

PayPayを街のお店で利用せずに、ネットショッピングはPayPayモールYahoo!ショッピングという場合、この⑦で十分だと思います。

⑧すべて未達成

最後にPayPayステップ全部未達成のあなた。

もう少し頑張って達成させましょう。

しかしながら、全て未達成でもPayPayモールでPayPayカード決済にすれば4%の還元。

Yahoo!ショッピング PayPayモール
PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い PayPay残高払い・あと払い PayPayカード払い
1.5% 3% 3.5% 4%

場合分けして見えてくるのは、明らかにYahoo!ショッピングPayPayモールでもPayPayカード払いが断然お得であること。

そしてPayPayステップを頑張って達成しなくても⑦の通りカード払いすると6%を実現できます。

つまり、PayPayカードを発行することが一番簡単にポイント還元を受けれるということです。

PayPayあと払いとPayPayカードの違いまとめ

PayPayあと払いもPayPayカードも残高がなくても買い物ができるサービスです。

PayPayあと払いでは、PayPayステップを頑張って達成しても1.5%どまりですが、物理カード(プラスチックカード)を発行していれば以下のようにポイント多重どりができますよね。

せっかく発行するならプラスチックカードを発行したほうが、PayPayで支払いができないところでも支払いできますし、上記のようにポイント多重取りもできて便利ですね。

PayPayカードがあれば、PayPayステップを攻略していなくてもYahooショッピング、PayPayモールどちらにおいても、6%の基本還元率が達成でき、5のつく日は+4%、日曜日であれば+5%(ソフトバンクユーザーは+10%)の還元率になります。

つまり、今度の9月25日であれば「基本還元6%・5のつく日+4%・日曜日+5%=15%」の還元になります。

PayPayあと払いのキャンペーン終了後は、PayPayカードを作成してカード払いを利用したほうが還元率的に優位性が高いということですね。

PayPayカードの発行はポイントサイト経由で発行しましょう。

PayPayカードの発行は、ハピタス経由の発行で、新規入会&利用特典7,000円分のPayPayポイントとハピタスから3,900円相当のポイントが獲得できます。

Yahoo!ショッピングなら5のつく日は最大11%還元!PayPayカード
4

PayPayカード

①今なら新規入会2,000ポイント+3回利用5,000ポイント=7,000ポイントの新規入会特典
②12月からはPayPayステップで最大1.5%になるのはカードを登録した「あと払い」だけ!
③Yahoo!ショッピングは5のつく日は最大11%還元
④ナンバーレス・カード利用速報でセキュリティも強化