上昇フラッグの特徴・チャートパターン・エントリーは?利益確定方法も解説

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。

今回はチャートパターンの一つ『上昇(ブリッシュ)フラッグ』について解説します。

『上昇(ブリッシュ)フラッグ』とは、上昇トレンドを保っている相場が調整によって右肩下がりの平行チャネルまたは下降ウェッジを形成するチャートパターンです。

このチャートパターンを形成している場合は、上方ブレイクで買いから入ります。

上昇フラッグ

この一定のレンジにとどまりながら調整(下落)しているため、平行チャネルの上方向に売り方のショートポジションのストップが蓄積されるため上昇方向にブレイクすることでこのストップを刈り取りながら大きく上昇していく可能性が高いと予測できます。

前提条件は、対象の相場が上昇トレンドを維持していることが条件で、トレードの対象はアメリカの代表的な株価指数「S&P500」をはじめとした株価指数、個別株、FX、原油・金・銀などの商品などあらゆる投資対象に適用されます。

こういった世界中のあらゆる銘柄をGMOクリック証券なら国内株取引・CFD取引・FX取引などにより低コストで取引できます。

GMOクリック証券は、株価指数・商品・外国株を取引できるCFD取引の取引高シェアにおいて、証券CFDでは72%・商品CFDでは65%など「国内店頭CFD取引高9年連続No,1(GMOクリック証券調べ2014年1月〜2022年12月)」と圧倒的な証券会社で当方もメインで使っています。

FX/CFD国内最強のネット証券「GMOクリック証券」。

国内株式手数料でも低コストでトレードできるのでアクティブにトレードするならオススメの証券会社です。


  • 株価指数・米国株・商品のFX版 国内店頭CFDでは、取引高9年連続No,1(GMOクリック証券調べ2014年1月〜2022年12月)
  • FXでも国内取引高10年連続1位とハイスペック
  • 各取引専門のアプリが揃っておりどこでも取引したいときに取引できます。
  • GMOあおぞらネット銀行との口座間連携で普通預金金利がメガバンクの110倍になります。

GMOクリック証券の口座開設は、ハピタス経由で『GMOクリック証券FXネオ』の案件を利用して5,000円相当のポイントを獲得したあとに総合口座・CFD口座を追加開設する方法が読者にとって一番メリットがあります。


\高還元率ポイントサイト/


記事内に広告を含みます(PR)

上昇フラッグの特徴・チャートパターン・エントリーは?

『上昇(ブリッシュ)フラッグ』とは、上昇トレンドを保っている相場が調整によって右肩下がりの平行チャネルまたは下降ウェッジを形成するチャートパターンです。

ブレイクすると爆発的な上昇となるため大きな利益を獲得する絶好機となります。

上昇フラッグ
原油上昇フラッグ

相場が上昇相場を維持し(画像のようにGMMAが上方向に拡散し上昇トレンドが確認できる状態)、調整により一時右肩下がりのチャートになっている場合、高値から下落トレンドラインを引いて平行チャネルを引きます。

これで一定の幅で右肩下がりの「平行チャネル」になっていたり、レジスタンスラインとサポートラインの幅が下落するにつれて狭くなっている「下降ウェッジ」の形状をしている場合も当てはまります。

上昇フラッグの基本的な形状と特徴

上昇フラッグの基本的な形状は、上昇トレンド(フラッグポール)、右肩下がりの調整によって生じた平行チャネル(フラッグ)によって構成されており、上昇を継続するパターンであるためブレイクアウトすると上昇がトレンドが再開されます。

上昇フラッグ

特徴は、フラッグ内の持ち合いが終了し上方向にブレイク・アウトすると急速な上昇に繋がりやすいという特徴があります。

そのためさらなる上昇による利益拡大を図るトレーダーにとっては買い増しの好機、初動の上昇トレンドを掴みそこねたトレーダーにとっては願ってもない押し目買いの好機といえます。

フラッグの調整は強気であれば38.2%未満であり、50%未満までなら許容されます。

しかし50%より押し込まれたり、フラッグのサポートを割り込んでしまった場合は、上昇フラッグはキャンセルされます。

同じく上昇継続の持ち合いパターンとしては「アセンディングトライアングル」、どちらに抜けるかブレイクアウトまで断定できないパターンとしては「シンメトリカルトライアングル」などが代表例としてあげられます。

    トレード事例:WTI原油 80.15エントリー→93.83(期待利益+17.07%)

    上昇フラッグブレイク後は、急速な上昇に繋がりやすいという好例がWTI原油が2023年8月28日以降の上昇フラッグのブレイク・アウトで見せた急上昇です。

    WTI原油上昇フラッグ

    基本通り38.2%(78.15)押しで反発を開始し、上昇フラッグをブレイクするとその後は急騰し1ヶ月後の9月28日には95.03に到達しています。

    もし38.2%(78.15)押しで逆張りし95.03で利益確定した場合は21.6%もの爆騰だったわけですが、もちろんそんな神業はできるはずもないので、上昇フラッグをブレイク後、ロングエントリーしその後利益確定と押し目買いを繰り返し2023年9月28日に93.83で利益確定となっています。

    1ヶ月で21.6%もの急上昇は、まさに上昇フラッグでしかなし得ない強力な買いサインだといえます。

    上昇フラッグのブレイク後の利益確定ポイント

    この上昇フラッグのエントリーポイントについて説明します。

    アクティブなエントリーポイントは、右肩下がりに傾斜した平行チャネル内で直近高値より38.2%押したポイントが最大幅で利益を狙えますが一方で下抜けリスクも大きくなります。

    一方でパッシブなエントリーポイントは、右肩下がりに傾斜した平行チャネルを上方ブレイクしたポイントとなり、これはもっとも手堅い方法となります。

    上昇フラッグエントリーポイント
    上昇フラッグエントリーポイント

    そして重要なイグジットポイント(利益確定)は、最初の上昇トレンドの長さ(フラッグポールの長さ)を平行チャネルのサポートラインから反発したポイントに加えた値となります。

    上昇フラッグイグジットポイント
    上昇フラッグイグジットポイント

    では実際に例にあげたWTI原油における2023年8月28日以降の上昇フラッグのブレイク・アウト後に本来はどこにイグジットポイントを設置すべきだったか検証してみましょう。

    • 上昇トレンド(フラッグポール)の長さは高値84.85安値67.10=17.75
    • 反発起点77.64
    • イグジットポイント=反発起点77.64+値幅17.75=95.39

    ターゲットは95.39と計測されましたが、実際に達成された高値は94.99でした。

    ほぼニア・イコールの数値になっており、上昇フラッグが非常に精度の高いトレードツールになっていることがわかります。

    チャートツールはダントツでTrading Viewが便利

    この記事で掲載しているチャートは、Trading Viewを使っています。

    SILVER(銀)シンメトリカルトライアングル

    とくに同じく持ち合いを示すトライアングルパターンをa・b・c・d・eでカウンティングできる機能はかなり便利です。

    これだけの高機能ツールですが実は無料で閲覧することが可能です(ただし無料プランで表示できるインジケーターは2つまでなので、必要に応じてプランを選択してください)。

    もちろん実際のチャート分析でもTrading Viewを使って複数の銘柄をチェックしており、チャート分析を行う上で欠かせないツールなので読者のみなさんもぜひ使ってみてください。

    \利用登録無料の高機能チャート/

    上昇フラッグの精度を高める指標

    『上昇フラッグ』単体による精度をより高めるため、それを補足する指標も確認し、ブレイクアウトの方向が正しいのか確認しておきましょう。

    代表的な指標としてチェックしてほしいのが以下の3つです。

    1. Fear-and-Greed Index
    2. IGクライアントセンチメント
    3. 米10年国債利回り

    ①Fear-and-Greed Index

    Fear-and-Greed Indexとは、アメリカの大手メディアCNNが提供している株式市場の市場心理を示す指標です。

    Fear-and-Greed Index

    引用:Fear-and-Greed Index

    Fearは恐怖、Greedは貪欲を意味しており、株式市場が過熱しているときにはEXTREME GREED(極度の貪欲)となり、反対に暴落などで市場心理が冷え切っているときにはEXTREME FEAR(極度の恐怖)となります。

    Fear-and-Greed Indexのパラメーター市場心理
    76~100EXTREME GREED(極度の貪欲)
    56~75GREED(貪欲)
    46~55NEUTRAL(中立)
    26~45FEAR(恐怖)
    0~25EXTREME FEAR(極度の恐怖)

    Fear-and-Greed Indexが効果的なのは、主に株価指数の動向です。

    『上昇フラッグ』が形成されつつあるときに過熱感があるEXTREME GREED(極度の貪欲)となっている場合は、さらなる上昇は考えにくく、むしろ持ち合いを下抜けて大きく下落していく可能性が通常よりも高くなるでしょう。

    ②IGクライアントセンチメント

    IG証券とは、イギリスに拠点を置く、金融オンライン取引サービスのプロバイダー「IGグループ」が日本で展開するサービスで、株式・株価指数・外国為替証拠金取引・商品先物・CFD・バイナリーオプションなどを提供しています。

    日本ではFXオンラインジャパンという会社名でしたが、2011年に「IGグループ」に統合されています。

    この証券会社が提供している「IGクライアントセンチメント」は、グルーバルに展開している「IGグループ」の顧客がどのようなポジションになっているか示すものです。

    「IGクライアントセンチメント」

    引用:「IGクライアントセンチメント」

    個人投資家の習性は昔と今も変わらず、利益は一刻も早く利益確定して、損失は先延ばしにする傾向にあります。

    そのため強い上昇トレンドが発生するとロングが減ってショートが急増し、一時的な右肩下がりの平行チャネルが発生しても含み損を抱えたショートがなかなか減らないという現象が発生します。

    あるいは右肩下がりの平行チャネルを下落開始と誤認してショートしている勢力も存在すると思います。

    このように売っている勢力(ショートポジション)が激増すると後々上昇しやすくなります。

    なぜかというと、これは相場の価格形成を考えるとわかりやすく、含み損を抱えた数的に多い売り勢力が増加していくと最終的に損失に耐えきれずに現在の価格よりも高値で損切り(買い戻し)するため価格が上昇するのです。

    そのためショートポジションが激増した銘柄では、相場が上昇開始するにしたがって損失に耐えきれずに損切りを敢行する(買い戻し)ため、相場がさらに上昇していく可能性がたかいといえます。

    論理的には安値で買って、高値で売らなければ利益が出ませんが多くの人は今も昔もこれとは真逆の行動を取ってしまう習性があるようです。

    ③米10年国債利回り

    米10年国債利回りは、アメリカ合衆国が発行する国債に投資する代表的な資産運用の方法です。

    米10年国債利回り

    投資家は、この米10年国債に投資して確実な利回りを受け取るのか、それともリスクを冒して株式投資してもっと高い利回りを追求するのか、または金利よりもインフレ率が高ければ不動産に投資するのか、または原油・金などの商品に投資したほうが有利なのか天秤にかけます。

    米10年国債利回りが仮に5%もあれば投資額から20年で倍の金利が支払われます。

    一方である株式の株価収益率が20倍以上なら、論理的に2倍になるまで20年の歳月が必要という計算になります。

    したがって下落リスクを抱えて株式投資するよりも国債への投資で確実な利回りを確保できると判断する投資家は多くなります。

    2023年8月~10月ではS&P500がジリジリ下落していましたが、それは株価収益率が当時22~23倍に達していたため国債に対して魅力がないと判断されたことは間違いないといえます。

    またこの金利に特に顕著に反応するのがGOLD・SILVERといった貴金属で、これらの貴金属は金利がつかないため、金利が上昇していく局面では下落しやすく、反面金利が急低下する局面では上昇しやすくなります。

    そのため米10年国債利回り(名目金利)が、期待インフレの上昇率を超えて上昇している最中では、実質金利が上昇しGOLDが下落しやすい傾向になります。

    実質金利名目金利期待インフレ

    【まとめ】上昇フラッグの特徴・チャートパターン・エントリーは?

    『上昇(ブリッシュ)フラッグ』とは、上昇トレンドを保っている相場が調整によって右肩下がりの平行チャネルまたは下降ウェッジを形成するチャートパターンです。

    強い上昇トレンドが継続することを意味しているチャートパターンで買い増し、押し目買いの好機といえます。

    今回は、この相場でよく出現する『上昇(ブリッシュ)フラッグ』のパターン、またはエントリーポイントについて解説しました。

    • 上昇フラッグは強力な上昇トレンドが一時停頓し右肩下がりの平行チャネルが形成された状態です。
    • エントリーポイントは38.2%未満の押しで平行チャネルのサポートラインか平行チャネルの上方ブレイクです。

      『上昇(ブリッシュ)フラッグ』は実例からも、ブレイク後は強烈な上昇トレンドが再開される可能性が高いチャートパターンです。

      強烈な上昇トレンドが一時停頓し、やや不活発になってきた銘柄を見つけたら、レジスタンスライン・サポートラインを引くことで、ここで説明したチャートパターンになっている場合が発見でき収益チャンスに繋げられるかも知れません。

      トレードの対象は、今回のトレードの事例で説明したアメリカの代表的な株価指数「S&P500」をはじめとして、FX、WTI原油・金・銀などの商品などあらゆる投資対象に適用されますので、トレード対象の銘柄を拡げて『上昇(ブリッシュ)フラッグ』が形成されている銘柄はないか見つけてみましょう。

      そしてそういった世界中のあらゆる投資対象を現物株取引・CFD取引・FX取引により低コストで取引できるのがGMOクリック証券です。

      さらにアップデートにより例えばS&P500では、これまでCFD取引するのに必要だった最低証拠金65,000円前後が1/10の6,500円前後からでも取引できるように大きく改善され他の証券会社と比べて少額からでもスタートできるようになっています。

      また実質的な取引コストであるスプレッドでも以下のように低コストです。

      CFD取引会社S&P500WTI原油GOLD
      GMOクリック証券0.3pips3.0pips0.4pips
      IG証券0.6pips2.8pips0.3pips
      サクソバンク証券0.5pips6.0pips0.3pips
      OANDA Japan CFD 0.4pips3.0pips0.3pips
      DMM CFD 0.5pips3.9pips1.2pips
      楽天MT4CFD0.5pips8.0pips2.7pips

      このようにGMOクリック証券は、株価指数・商品・外国株を少額からでも取引できるCFD取引が初めてでも使い勝手がダントツに良く、取引高シェアにおいても証券CFDでは72%・商品CFDでは65%など「国内店頭CFD取引高9年連続No,1(GMOクリック証券調べ2014年1月〜2022年12月)」になっている証券会社です。

      スタートはGMOクリック証券からはじめてみましょう。

      関連記事

      こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。ネット証券は国内株式手数料無料化に踏み切ったSBI証券・楽天証券の口座を保有してない方はいないと思いますが、今回紹介するGMOクリック証券は、両者と比較しても国内株式の手数料が安[…]

      FX/CFD国内最強の証券会社「GMOクリック証券」のメリット・デメリット

      FX/CFD国内最強のネット証券「GMOクリック証券」。

      GMOクリック証券CFD300250

      FX/CFDはダントツですが、国内株式手数料でも低コストでトレードできるのでアクティブにトレードするならオススメの証券会社です。

      • 国内株式取引手数料は100万円までの約定代金は無料。コストを抑えた株式売買ができます。
      • FXでは国内取引高10年連続1位とハイスペック
      • 株価指数・米国株・商品のFX版 国内店頭CFD取引高9年連続No,1(GMOクリック証券調べ2014年1月〜2022年12月)
      • 各取引専門のアプリが揃っておりどこでも取引したいときに取引できます。
      • GMOあおぞらネット銀行との口座間連携で普通預金金利がメガバンクの110倍になります。

      GMOクリック証券の口座開設は、ハピタス経由で『GMOクリック証券FXネオ』の案件を利用して5,000円相当のポイントを獲得したあとに総合口座やCFD口座を追加開設する方法が読者にとって一番メリットがあります。

      \高還元率ポイントサイト/

      登録+広告利用で紹介特典最大1,600円相当
      関連記事

      こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。ネット証券は国内株式手数料無料化に踏み切ったSBI証券・楽天証券の口座を保有してない方はいないと思いますが、今回紹介するGMOクリック証券は、両者と比較しても国内株式の手数料が安[…]

      FX/CFD国内最強の証券会社「GMOクリック証券」のメリット・デメリット

      上昇フラッグの特徴・チャートパターン・エントリーは?利益確定方法も解説
      最新情報をチェックしよう!