イオンカードのポイントサイト経由のつくり方2022!入会キャンペーンはいつ?

イオンカードは全国展開しているイオン系列のお店で毎月20日・30日に5%off、サンキューパスポートで月1回任意の日に何回でも5%offもしくは10%offの特典が受けられます。

これ以外にもカード会員のみの優待セール「イオンおトク!e予約」で店頭ではありえない超特価でお買い物することもできます。

クレジットカードはこういった還元率や割引率など「攻め」のメリットが評価されることが多いですが、カードの評価はそれだけではありません。

イオンカードの最大のメリットは、年会費無料のカードでありながらショッピング保険制度が他のカードに比べて格段に充実していることで他のカードのショッピング保険ではカバーされていないスマホなどのモバイル端末についてもショッピング保険で補償されています。

イオンカードはこういった「守り」が非常に強いカードですので、スマホなどの高額品の購入ではぜひ準備しておきたいカードです。

「今日キャンペーンが始まったから今日カードがいるのに・・・」という場合もイオンカードは即時発行・即時店舗受け取り(イオン銀行)に対応していますので、申し込みした当日からカードを使うことができます。

このイオンカードの発行は、企業の広告を会員向けに掲載しているポイントサイトを経由することで、カードの新規入会特典に加えてポイントサイトから多い時で6,000円相当のポイントを獲得することができます。

↓↓現在、イオンカードの発行で一番お得なポイントサイトはコチラ↓↓

クレカ・キャッシュカード・WAON一体型カード「イオンカードセレクト」
3.5

イオンカードセレクト

①クレジットカード・キャッシュカード・電子マネーWAONが一体になった便利なカード。
②イオン系列のお店で毎月20・30日は5%off+オートチャージしたWAONの支払いは1.5%還元
③ミニストップならWAONで税金・公金が支払えオートチャージの0.5%のポイントが付与されます。
④イオンカードセレクトも含む各イオンカードはハピタス経由の申込みで新規入会特典に加えて4,500円相当のポイントがもらえます。

イオンカードの入会キャンペーンとポイントサイト経由過去最高は?

イオンカードは実は様々な券種がありますが、その中でもクレジットカード・キャッシュカード・電子マネーWAONが一つのカードにまとめられたイオンカードセレクトが電子マネーWAONへのオートチャージで0.5%のポイント付与される特典がある点で優れておりダントツでオススメです。

他にイオンカードはどんな券種があるの?という方はコチラ↓↓↓

関連記事

イオンカードの券種はいざ選ぶ段階だと、かなりの種類がありますので、選択するときは結構悩みますね。 クレカ・キャッシュカード・WAONが一体化した「イオンカードセレクト」だと1枚しか保有できませんが、他のデザインでは実は複数枚保有することが[…]

イオンカードのおすすめ 2021!どれがいいか徹底解説!

このイオンカードセレクトの発行は、ポイントサイトに登録して経由して発行することで、新規入会特典とポイントサイトの広告利用報酬のポイント二重取りができます。

現在、イオンカードセレクトの新規発行で獲得できる特典は以下の2つで合計最大25,500円相当にもなります。

  1. ポイントサイト経由でもらえる4,500円相当のポイント
  2. 新規入会&利用抽選で最大21,000円相当のWAON POINT

この新規入会&利用特典について一つ一つ解説します。

①イオンカードセレクトのポイントサイト経由の過去最高は?現在のポイント二重取りの状況は?

イオンカードセレクトは、各ポイントサイトで掲載されており、経由することで新規入会特典に加えてポイントサイトからポイントを獲得することができます。

最近だとポイントサイト「ハピタス」経由が過去最高で6,016円相当のポイントが貰えたことがあります。

ハピタスはこういったポイントサイトでも高単価な広告案件に強く、常時トップクラスなのでハピタスに登録してポイントアップを待つのがベストな発行方法です。

イオンカードセレクト×ハピタス広告掲載画面

さらにポイントサイトは紹介URL経由で新規登録してから、条件を達成するとさらに紹介特典がもらえるサイトが多く、せっかく高額な案件をやるのであれば新規で登録したポイントサイトから発行したほうが良いでしょう。

現在では、ポイントサイト案件では以下の順位になっています。

イオンカードセレクトは、ポイントサイトを経由することで新規入会&利用特典に加えてポイントサイトからも多額のポイントが獲得できます。

最新のポイント二重取りの状況は、ハピタス経由が4,500円相当とトップです。

ポイントサイト経由の付与ポイント ポイントサイトの新規登録特典
ハピタス 4,500円相当 登録&広告利用で最大1,110円
ポイントインカム 4,200円相当 登録&ポイント交換で最大300円
モッピー 4,100円相当 登録&ポイント獲得で最大2,000円
ポイントタウン 4,000円相当 登録&広告利用で最大2,300円
ニフティポイントクラブ 4,000円相当 登録&ポイント交換で600円

↑↑ポイントサイト名をタップして登録すると当サイト限定紹介特典がもらえます。

もちろんポイント数は日々変動するので、複数のポイントサイトを登録して比較しながら経由するポイントサイトを選択して少しでもポイントが高いところを経由していくのがベストです。

本日のトップは、ハピタス経由がトップです。

登録して忘れずに経由してカードの新規入会特典とポイント二重取りを確実に行いましょう!

②イオンカード入会キャンペーン 新規入会&利用抽選で最大21,000円相当のWAON POINT

早速ですが今回のイオンカードの新規入会キャンペーンを解説します。

イオンカードの新規入会キャンペーンは、通常毎月11日から翌月10日まで行われますが、今回は2022年9月1日~10月31日までロングランで開催されます。

今回のキャンペーンでは新規入会で1,000円相当のWAON POINTがもらえます。

さらにクレジット払い5,000円を一口として抽選で1,200名に20,000円相当のWAON POINTがあたるという企画になっています。

イオンカードキャンペーン20220901

引用:イオンカード公式キャンペーンページ

内容は以下のようになっていて、入会だけでもらえるのは1,000 WAONPOINTで、それ以外は期間中のカードの利用が必要になります。

  • 期間:2022年9月1日~10月31日
  • 利用期間:2022年12月10日まで
  • 特典①:新規入会1,000 WAONPOINT
  • 特典②:利用期間中5千円の利用を一口として1,200名に20,000円相当のWAON POINTプレゼント

合計で最大21,000円相当のWAONPOINTが獲得できます。

【イオンカード×ポイントサイト】イオンカードセレクトは3つの機能が一体化したカード

イオンカードの中でもおすすめしたいイオンカードセレクトは、その1枚にクレジットカード・WAON・イオン銀行キャッシュカードの機能をまとめたキメラカードです。

もちろんポイントサイトでもイオンカードセレクトの案件があります。

イオンゴールドカードセレクト

イオンカードが一番推しているカードだけに他の券種にはない機能が付帯しています。

その最大のものがWAONへのオートチャージによる0.5%のポイント付与です。

このメリットを活かすと3つほど他のイオンカードに比べて有利な点が出てきます。

  1. 付帯している電子マネーWAONへのオートチャージで0.5%還元→イオンでは最大6.4%もお得にショピングできます。
  2. ミニストップの収納代行で①により0.5%の還元率でチャージしたWAONで税金・公金が支払えます。
  3. イオン銀行の優遇プログラム「Myステージ」で点数が優遇されます。

これを一つ一つ説明します。

①イオンではオートチャージしたWAONで最大6.4%還元

イオンカードセレクトには電子マネーWAONが付帯しており、この付帯するWAONによる支払いはクレジットカード以上のメリットがあります。

実際にカードとWAONで決済利用した際のポイント還元率などの特典を比較すると以下のようになります。

 

  イオンカード WAON
たまるポイント WAON POINT WAONポイント
ポイントの価値 1ポイント=1円 1ポイント=1円
基本還元率 0.5%(200円につき1pt) 0.5%(200円につき1pt)
イオン系列での還元率 1%(200円につき2pt) 1%(200円につき2pt)
特典1)5%off 毎月20日・30日 毎月20日・30日
特典2)ポイント5倍 毎月10日(北海道・九州は10日も5%off) 毎月10日(北海道・九州は10日も5%off)
特典3)シニア5%off 毎月15日(シニア限定) 毎月15日(シニア限定)

以上のように、カードと電子マネーとでほとんど特典に変わりがない状態になっています。

イオンカードセレクトでは、カードに付帯しているWAONへのオートチャージで0.5%ものポイントが付与されます。

これは他のカードにはない特徴です。

そのためイオン系列のお店では、イオンカードセレクトでオートチャージしたWAONで支払う方法が、常にポイント還元率で0.5%上回った状態となりますので、一番オトクです。

 

  オートチャージ WAON支払い 合計
通常の日 0.5%(WAONPOINT) 1%(WAONポイント) 1.5%
毎月10のつく日 0.5%(WAONPOINT) 2.5%(WAONポイント) 3.0%
毎月20日・30日(5%off) 0.5%(WAONPOINT) 1%(WAONポイント) 1.5%(5%off)
イオン系列の店舗では、さらに毎月20日・30日は5%offとなるため、仮に10,000円の支払いをWAONで行い、オートチャージを10,000円相当発生したとすると以下のようになります。
  • 10,000円のWAONチャージ0.5%=50ポイント
  • 10,000円×5%off=500円相当割引
  • 9,500円×WAON支払い1%=94ポイント 割引・ポイントでお得になった金額合計=644円相当
  • 【還元率】(644円÷10,000円)×100=6.4%
毎月20日・30日限定(九州・北海道では10日も5%off)ですが、6.4%もメリットがあるので最も還元率の高い支払い方法です。
関連記事

イオンカードの数あるカードの中でもイオンカードセレクトがオススメです。 イオンカードセレクトはイオン銀行キャッシュカード・電子マネーWAON・クレジットカードの3つが一枚になったカードで、付帯しているWAONへのオートチャージにポイン[…]

【2021】イオンで最もお得な支払い方法

②ミニストップの収納代行で0.5%の還元率でオートチャージしたWAONで税金・公金が支払えます。

コンビニエンスストア「ミニストップ」では、WAONで収納代行による自動車税・軽自動車税・固定資産税・国民年金・国民健康保険などが支払いが可能です。

お近くにミニストップがあった時代は請求書の束をもって、よくWAONで支払っていたものです。

WAONで支払うメリットは、WAONへのオートチャージで付与される0.5%のポイントです。

税金や年金・健康保険を口座振替にしたところでなんのメリットもありませんが、イオンカードセレクトでオートチャージしたWAONで支払えば0.5%のポイントが付与されるわけです。

問題はミニストップが、地域によってはごっそりないところあるということでしょうか。

支払対象は、払込票のバーコード番号(91)に続く「6ケタの番号」が以下に記載されている番号の払込票が対象です。

WAON収納代行

イオンカードはWAON一体型などもあるのですが、WAONへのチャージでポイントが付与されるクレジットカードは、イオンカードセレクトだけです。

マイルを貯めたいという方は、JALカード+JMB WAONでマイル2重どりができる方法がありますので、以下の記事を活用されてください。

関連記事

WAONで税金・公金の支払いがミニストップで収納代行でできます。 ミニストップは北海道・中国地方には存在せず、北陸でも福井のみ、九州でも福岡・佐賀・大分くらいしか店舗がありません。 そのため恩恵にあずかれない方もいるかも知れませんが[…]

WAON収納代行復活!JMB WAON利用でマイル2重どり

③イオン銀行の優遇プログラム「Myステージ」で高い配点がある

イオン銀行ならATM手数料は、イオン銀行の口座の入出金なら無料ですので十分便利だと思います。
しかしさらにイオン銀行の優遇プログラム「Myステージ」でステージをあげれば、他行ATM利用が最大5回無料、他行振込回数も最大5回無料になりますのでかなり便利な銀行になります。

イオン銀行の「Myステージ」とは、一ヶ月ごとにイオン銀行関連の対象取引に対して配点があり、その点数に応じてステージが決まり、他行ATM利用回数・他行振込回数の無料回数が増えたり、普通預金の金利の優遇を受けられる優遇プログラムです。

myステージ

引用:イオン銀行Myステージ

この「Myステージ」でプラチナステージになるには、以下の条件で150点以上を確保しておくのがベターだと思います。

  • イオンカードセレクトを申し込んで保有・・・10点
  • イオンカード利用代金の引き落とし(月間4万円以上)・・・30点
  • イオンカードセレクトに付帯しているWAONの利用額(月間2万円程度)・・・20点
  • WAONオートチャージ利用・・・10点
  • インターネットバンキングの登録・・・30点
  • 積立定期預金の口座振替(毎月500円以上)・・・10点
  • 投資信託残高(1円以上)・・・10点
  • 投信自動積立の口座振替(毎月1,000円以上)・・・30点

このときイオンカードセレクトの保有だけで10点、付帯しているWAONの利用額2万円で20点、WAONオートチャージ10点、イオンカードセレクトの引き落とし口座であるイオン銀行のインターネットバンキングへの登録で30点ですのでこれだけで合計70点以上が確実となりシルバーステージが確保できます。

「Myステージ」の攻略方法については以下の記事を活用されてください。
関連記事

イオン銀行の優遇プログラム「Myステージ」の攻略方法を解説します。 ネット銀行などではATM手数料が優遇プログラムによって月に何回か無料になりますが、イオン銀行ATMではイオン銀行キャッシュカード(イオンカードセレクト・イオン銀行キャッシ[…]

【2021】イオン銀行Myステージ「プラチナステージ攻略法」

イオンカード最大のメリット「ショッピングセーフティー保険」

イオンカード ・イオンカードセレクトなどのイオンクレジットの最大のメリットは、イオン系列のお店でお得に買い物できることでだけではありません。

むしろ一番のメリットは、他のクレジットカードでは保険の対象外となっていることが多いスマホなどのモバイル端末も補償されるショッピングセーフティー保険だと思います。

イオンカードのショッピング保険はモバイル端末にも適応される優れた保険制度

大抵のクレジットカードのショッピング保険では、モバイル端末に関しては除外となっています。

ところがこのイオンカードでは年会費無料なのに、モバイル端末もショッピング保険の対象となっています。

保険が効くのは、偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で、普通のクレジットカードでは購入から90日程度の保険になっているのに対して、180日間も補償されます。

そのため高額なスマホなどを購入した場合は、イオンカードで購入したほうが安心です。

  イオンカード イオンゴールドカード
年間限度額 50万円 300万円
自己負担額 0円
期間 購入から180日間
条件

クレジット決済で購入した1品 5,000円以上の商品

しかも日本・海外でもショッピング保険は適用され、支払い方法にも制限がありません。

イオンカードの還元率は0.5%と低めですが、還元率が「攻め」ならこういった保険の部分は「守り」といってもよく、イオンカードはショッピング保険のために保有しておくだけでも十分な価値があるディフェンス重視のクレジットカードなのです。

関連記事

イオンカードの数あるカードの中でもイオンカードセレクトがオススメです。 イオンカードセレクトはイオン銀行キャッシュカード・電子マネーWAON・クレジットカードの3つが一枚になったカードで、付帯しているWAONへのオートチャージにポイン[…]

【2021】イオンで最もお得な支払い方法

イオンカードは旅行時の傷害保険も充実

さらに国内・海外の旅行時の傷害保険も充実しています。

旅行時の傷害保険に関しては、ゴールドになっている状態のほうが充実していますので、ゴールド化してから利用すると安心です。

例えば、イオンカードと同じくモバイル端末がショッピング保険に適用されている「ミライノカードGOLD」と比較して見ても年会費無料のカードとは思えない充実ぶりです。

保険の種類 イオンゴールド
カードセレクト
ミライノカード
GOLD 
傷害による死亡・後遺傷害 最高5,000万円 最高5,000万円
傷害による治療費用 1事故300万円 最高500万円
疾病による治療費用 1疾病300万円 最高500万円
携行品損害 30万円 50万円
賠償責任 3,000万円 5,000万円
救援者費用など 200万円 300万円

イオンカードセレクトをゴールド化するには、年間で100万円の利用か、累積500万円の利用でゴールドカードのインビテーションが来ます。

このインビテーションに乗って切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードとして保有することができます。

年会費無料ですが、非常に充実した保険を持っていますので、できればイオンカードセレクトをゴールド化して保有しておくといざというとき安心だと思います。

関連記事

クレジットカードの還元率が攻撃力なら、ショッピング保険はクレジットカードの防御力ともいえます。ショッピング保険でスマホなどが対象となる「通信端末修理費用保険」は、意外と対象となっているクレジットカードは少なく、年会費無料で保有できて「通[…]

ミライノカードGOLDの新サービス「モバイル端末」保険提供開始!

ポイントサイトを経由したイオンカードの申込みの手順

ポイントサイトとは、企業の広告が姿を変えたもので、ポイントサイトの会員が掲載されている広告を利用すると、企業から広告費が支払われて、その一部を広告を利用した会員に還元しています。
イオンカードの申込みでポイントが高いサイトはその都度変わっているため、日々チェックが必要です。
ここで説明する手順は、ポイントサイト中で過去最高だったハピタス経由で発行する手順を説明します。
この広告はハピタスに登録してないと使えませんので、まずはハピタスに登録しましょう。

ポイントが付与される条件を確認

次にポイントが付与される条件に当てはまっているか確認しましょう。

  • ポイント付与条件:新規WEB申込後、3ヶ月以内にカード発行完了
  • 対象者:新規入会であること
  • 対象外:30日間で6種類以上のカードを申込みした場合は、6種類目以降の申込みカードはポイント獲得の対象外

たとえば申し込みのページに移ったあと別の券種を申し込むと対象外になるので注意が必要です。

ポイントサイトでイオンカードを申し込む手順

利用されている方が多いのはスマホからなので、スマホの画面で説明します。

ポイントサイトならトップページの下部に検索するための「虫眼鏡」アイコンがあるのでそれをタップします。

検索バーからキーワードを入力する

検索バーに「イオンカード」と入力して、広告を検索します。

イオンカードセレクトをハピタスで検索

対象の広告を選択

キーワードにヒットした広告がでてきますので、該当する広告の画像をタップします。

例えばイオンカードセレクトを検索したいときは、イオンカードは提携カードが多いのでキーワードは「イオンカードセレクト」と入力したほうが検索しやすいです。

イオンカードセレクトを選択

今回の広告ではイオンカードセレクトをオススメしているのは、このカードは年間100万円・累計500万円の利用を目安としてゴールドのインビテーションが届きます。

これに乗って切り替えると年会費無料のゴールドが保有できるのです。

イオンカードの最大のメリットであるショッピング保険・旅行時の保険が非常に手厚くなりますので、これ1枚で海外旅行もモバイル端末の購入も安心です。

「ポイントを貯める」をタップ

広告の詳細を確認し間違いなければ「ポイントを貯める」をタップします。

イオンカードセレクト×ハピタス広告掲載画面

知っている限りイオンカードでは、この6,016円相当のポイントが最高値でした。

これくらいのポイント数は滅多になく、かつてはcolleeeというポイントサイトで極稀に出現していた程度です。

最近ではハピタスくらいしかこのポイント数を提示していません。

イオンカード公式サイトに移動

するとイオンカードの公式サイトに移動しますので、これで申し込みフォームに必要事項を記入して送信してイオンクレジットサービス株式会社からカード発行の承認がおりたらポイントサイトからポイントがもらえます。

イオンカード2022年9月キャンペーン

NGなのは、一度公式サイトに移動したら、そのサイトから離脱してしまうと経由したことがわからなくなることです。

ですのでイオンカードの公式サイトに移動したら、Google検索などせずに一気に申し込みフォームを全部埋めて送信してください。

ですので勤め先などの情報は予め手元に用意したほうが無難ですね。

【まとめ】イオンカードのポイントサイト経由のつくり方2022!入会キャンペーンはいつ?

イオンカードの中でも便利なイオンカードセレクトを申し込むなら、過去最高値はハピタス経由が一番ポイントが高くなっています。

お近くにイオングループの店舗があって、日常的に食品などを購入されているのであれば毎月20・30日は5%offになりますので、イオンカード・・・特にイオンカードセレクトでオートチャージしたWAONで支払う方法が一番オトクなのでオススメです。

家電などの高額品ってイオンは高いよねと思いがちですが、イオンカードの優待サイト「e予約」だと店頭では見ることが決して出来ない優待価格でエアコンとか冷蔵庫といった商品を激安で購入できます。

でもやっぱりモバイルも補償の対象となるショッピング保険が最強ですので、iPhoneなどの高額なスマホをこれから購入しようという方は、イオンカードで支払っておけば保険の対象になりますので、一枚はやっぱりこういったディフェンスに強いカードを持っておくと安心ですね。

ハピタスはこういったクレジットカードなどのポイント還元が非常に高いポイントサイトとで、高単価案件では欠かせないポイントサイトですので、イオンカードの申込みは、ハピタスに登録しておいてポイント高騰した時を狙うのがベストです。

ハピタスへの登録は、このサイト経由で特別紹介特典として合計1,110円がプレゼントされます。

  • 登録で100円
  • +アンケート10円
  • +500pt以上の広告利用で700円
  • +登録から7日以内のおすすめショップ利用で300円

2022.10ハピタス紹介バナー正方形

>>ハピタスへの新規登録で紹介特典1,110円をもらう方法