楽天EdyチャージはJQ CARD エポスゴールドで2.5%還元率達成

楽天Edyといえば、楽天カードに付帯した楽天Edyで毎月開催されていた「楽天Edy Everday 最大5ポイントキャンペーン」が実施されていたのですが、2020年4月は未実施のまま終わりそうです。

もしこのまま、楽天Edyで今後もキャンペーンが行われないのであれば、楽天Edyの魅力はガタ落ちです。
何しろ期間中に5,000円のオートチャージを行えば、1日1回利用された楽天Edyの決済に対して最大5ポイント(ポイントは期間限定ポイント)が付与されていましたので、5%近い還元率で毎日少額の買い物ができていたわけですが、それがなくなるとなると楽天Edyの還元率はクレジットチャージの0.5%+200円の決済ににつき1ポイントの0.5%=1%ポイント還元率ということになります。

これだとKyash CardにチャージしてQUIC Payで支払えば、同じように非接触決済で、クレジットチャージの1%+Kyash Cardの1%=2%ポイント還元率のほうが遥かに魅力的です。

この方法も良いのですが、個人的には単なる消費に充当されるKyashのポイントよりも、SBI証券ネオモバイル証券LINE証券楽天証券になどにポイントは投じることでより早く資産を増やしたいところです。

エポスカードは楽天Edyへのクレジットチャージでポイントが満額付与される。

実は「エポスカードは、楽天Edyのチャージでポイントが満額付与される稀有なクレジットカードです。
しかし「エポスカードによるクレジットチャージによるポイント付与は満額と言っても0.5%です。
これなら1.2%でやはりポイントが満額付与される「リクルートカード」のほうが有利といえなくもないです。
ところが「エポスカードは、利用していってゴールド・プラチナカードにランクアップすると、それらを遥かに凌ぐ還元率が得られます。
特にJR九州が発行する「エポスカード」、JQ CARD エポスゴールド」は貯まるポイントが「JRキューポ」というTポイントと等価交換できる便利なポイントですのでかなり使いみちが有利です。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]

JQ CARD エポスゴールドなら楽天EdyでTポイントを2.5%の還元率で貯められる。

JQ CARD エポスゴールド」は、以下のメリットがあるためメインでもサブでも利用できる万能のカードです。

主要なメリット
①3つの店舗・サービスを指定すると、指定された店舗・サービスは3倍ポイントつまり1.5%の還元率になります。
しかもこれに年間のボーナスポイントとリボの繰り上げ返済で合計3.0%の還元率で利用できます。
この選べるポイントアップショップには、モバイルSuicaが含まれていますので交通系はコレ一本でいけます。
またヤフー公金払いも選べるため、税金の支払いも高い還元率で支払いできますね。

② ①で少し触れましたが、年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与、100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与となります。
ですので、モバイルSuicaでは決済できず楽天Edyで決済できるところと使い分けて、年間100万円になるようにチャージしていけばいいですね。

③ 同じく①で概出していますが、支払いをショッピングリボに指定しておいて、請求額確定6日までにATMで全額返済すれば+0.5%還元率をアップ できます。

以上の①②③が当てはまるモバイルSuicaヤフー公金払いは3%の還元率、楽天Edyでは②③の年間100万円利用+リボ繰り上げ返済をクリアすると2%の還元率で利用でき、楽天Edyの還元率0.5%を上乗せして2.5%の還元率で運用できます。

しかも、楽天Edyでは貯まるポイントを楽天スーパーポイント以外でも指定でき、指定できるポイントの中にTポイント、エポス(JQ CARD エポスゴールドはJRキューポ)を指定でき貯まるポイントを一本化できます。

2.5%のポイント還元率であれば、Kyash Card+楽天カードの還元率を凌駕することが可能ですね。

条件①エポスカードでチャージできるのは「おサイフケータイ」の楽天Edyだけ

ただし、条件がありどんな楽天Edyでもチャージでポイントが貯まるわけではありません。
条件として、「おサイフケータイ」を搭載したAndroid端末で楽天Edyにチャージしなければなりません。
貯まるポイントは1,000円につき5ポイントです。
またチャージした楽天Edyを使っても予めエポス(JQ CARD エポスゴールドはJRキューポ)に指定しておけば、1回200円の精算ごとに1ポイントが付与されます。

条件②エポスカードをJQ CARD エポスゴールドにランクアップさせておく

しかし「エポスカードのままであれば還元率は0.5%ですので、楽天Edyの還元率0.5%を合わせても1%の還元率です。

ところが「エポスカードをコンスタントに利用して年間50万円前後まで利用しているとインビテーション(招待)が届き、ゴールドに切り替えすることができます。
その前に「JQ CARD エポス」に切り替えておいて、「JQ CARD エポスゴールド」に切り替えたほうが貯まるポイントが散らからないで良いと思います。

このようにインビテーションでゴールドカードにランクアップさせておくとゴールドカードが年会費無料で利用でき、ゴールド・プラチナ会員の特典である
①年間100万円の利用で得られるボーナスポイント1%分(10,000pt)
②選べるポイントアップショップ(3店舗のみ1.5%)
以上の2つが付帯してきます。

関連記事

エポスカードからJQ CARD エポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)インビテーションによりJQ CARD エポスから、驚異的な還元率を誇るJQ CARD エポスゴールドへ切替えを行うことができます。このイン[…]

インビテーションによって年会費無料で保有できる高還元率カード JQ CARD エポスゴールドです。


JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

条件③おサイフケータイ搭載のAndroid端末を用意する

ちょっとiPhoneユーザーの方には申し訳ないのですが、おサイフケータイを搭載したAndroid端末で楽天Edyをインストールし設定しなければ、この案件には乗ってきません。

ですが、Android端末は別に普段使っていなくても良いわけで、家族の使わなくなったおサイフケータイ搭載のAndroid端末をsimを抜いてWiFi環境専用のみで使って楽天Edyだけのために使っても差し支え無いでしょう。

もしくは元々、Android端末を利用している方であれば、おサイフケータイを搭載したAndroid端末を購入して運用すれば解決します。

楽天モバイルなら端末の購入で大規模なポイント還元を実施中

近々で申し訳ないですが、2020年4月30日まで楽天モバイルでは、大規模なポイント還元を行っており、例えば「Xperia Ace」を購入すると14,500pt還元されます。

楽天市場に至っては40%ポイントバックというトンデモ案件になっており、現在simフリースマホを狙っている方にとっては絶好の機会になっていますね。

また、シャープの量産型simスマホ「AQUOS sense3 plus」「AQUOS sense3 lite」では、楽天モバイル公式サイトで9,500pt付与、楽天市場では「AQUOS sense3 plus」は30%、「AQUOS sense3 lite」は20%ポイント還元というこれも絶好の機会ですね。

※シャープのヒット作sense3のアップグレード版、タフネスな4,000mAhバッテリー、メモリ6GB、ストレージ64GBのコストパフォーマンスに優れた「AQUOS sense3 plus」は、楽天市場で端末のみでも大量のポイントがゲットできる案件です。

※シャープのヒット作sense3の廉価版、タフネスな4,000mAhバッテリー、メモリ4GB、ストレージ64GBのコストパフォーマンスに優れた「AQUOS sense3 lite」は、楽天市場で端末のみでも大量のポイントがゲットできる案件です。

まとめ

ここまでまとめた3要素
①おサイフケータイ搭載のAndroid端末で楽天Edyにクレジットチャージするために「エポスカードを申し込んで
②「エポスカードをコツコツ利用してJQ CARD エポスゴールドへランクアップさせておいて
③おサイフケータイ搭載のAndroid端末を用意して、楽天Edyにクレジットチャージして2.5%の還元率で運用する

以上をクリアして、高還元率な楽天Edyをお楽しみください。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログランキングに参加しております。
よろしければ応援のほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村