ドンキホーテでクレジットカードでAmazonギフト券・楽天ポイントギフトを買う方法

結論から言えば、ドンキホーテでは”間接的”にクレジットカードでAmazonギフト券楽天ポイントギフト券などのPOSAカードが買えます。

間接的というのは、まずドン・キホーテの電子マネーmajicaを購入し、majica残高でAmazonギフト券楽天ポイントギフトなどのPOSAカードをレジで購入します。

ここで記事にするからには、このときに購入するmajicaを通常よりも遥かに還元率が高い方法で買える方法を紹介したいと思います。

majica donpen cardによるmajicaクレジットチャージ→POSAカード購入

majica donpen cardによる楽天バリアブルカード購入でポイント1.5~5.5%付与

majica donpen cardはドン・キホーテのハウスカードです。
クレジットカードとしての機能の他に、ドン・キホーテ独自の電子マネー「majica」が搭載されています。

「majica」による決済ではポイントはつきませんが、majica donpen card によるクレジットチャージへはチャージ時点で1.0%、カードから0.5%のポイントが付与されます。
「POSAカード」購入時にmajicaで決済すると1.5~の還元があるというのが上記によるポイント付与の方式なのです。

この還元率は、会員ランクによって差があり、最小で1.5%~最大は5.5%となります。
会員制度はmajicaを初めて使った月を1ヶ月目として起算して1年間の購入金額でランク付けされています。

ランクの具体的な一覧は以下の表で確認できます。

ここで記述しているプラチナ会員というのは年間で200万円購入金額がある人です。
日常だと無理かもしれませんが、仕入れなどで業務で利用する場合は、達成する可能性はありますね。

ランク達成の難易度はともかく、少なくとも最上位になれば5.5%の還元率でPOSAカードを購入できることがわかります。

可能な限りランクを向上させるため、ドン・キホーテでのお買物以外のPOSAカード購入による使いみちを提案すると以下のようになります。
・楽天ギフトカード→出光でガソリン給油(灯油も)
・楽天ギフトカード→ 楽天ペイで日常の買い物にも利用
・楽天ギフトカード→ 楽天モバイルの支払い
・楽天ギフトカード→楽天でんきの支払い
Amazonギフト券Amazonでのショッピング

たまるポイントであるmajicaポイントはドン・キホーテでの買い物に利用できるため、日常の利用に困ることはありません。

関連記事

①「majica donpen card」は、「ドン・キホーテ」のハウスカードであり、独自の電子マネーmajicaへチャージすることにより、Amazonギフト券・楽天バリアブルなどのPOSAカードが1.5%以上の還元率で購入できる希少なク[…]

Amazonギフト・楽天ポイントギフトなどをクレカ払いで買えるのが今回紹介するマジカドンペンカードです。


新規ご入会キャンペーン

※年会費無料でドン・キホーテで最強のカードmajica donpen card(UCS)の申込みは上記のバナー経由で、
最大5,000円相当の入会特典が付与されます。

オススメの利用方法は楽天ペイ

楽天が運営するコード決済「楽天ペイ」は、2020年7月1日から「楽天ポイント」「楽天キャッシュ(残高)」を用いた決済で100円ごとに1%の楽天ポイントを常時付与する仕様に改善されます。

実は楽天ペイ」は、最後の5%還元からしれっと還元率は0%にしており、「楽天カード」を支払い元に設定していても、いなくてもクレジットカード利用のポイント還元だけされているというクレカの劣化版のような情けない仕様に成り果てていました。

しかし利用で1%還元されるなら話は別ですね。
ただ「楽天カード」を支払い元にして間接的なクレジットカード払いは、今まで通りの間接的なクレカの劣化版にすぎません。

ポイント還元を最大限受けるには、「楽天カード」からチャージされた「楽天キャッシュ」で+0.5%、そして「楽天キャッシュ」による楽天ペイ」支払いで+1%の合計1.5%の還元率となります。
この仕様なら、「楽天ペイ」を利用している家族にいわゆる残高になる「楽天キャッシュ」を送ったりする送金機能が使えますね。
しかも「楽天ポイント」による決済も1%還元ですので、「楽天ポイント」を高い還元率で収集すればよいということになります。


つまり前述の
majica donpen card によるクレジットチャージ
・電子マネーmajicaでドン・キホーテ店頭で、「楽天ポイントギフト」・「楽天バリアブルカード」等のPOSAカード購入
・POSAカードを楽天IDに登録
以上の作業で期間限定の楽天ポイントをポイント残高に登録できます。

次に、楽天ペイ」アプリを立ち上げて下部にある、「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れておけば、決済時には保有する「楽天ポイント」「楽天キャッシュ(残高)」から充当されます。

ドン・キホーテのランクがゴールド以上で最強の還元率を出せるコード決済になる

2021年4月30日まではLINEがリリースした「Visa LINE Pay カード」を「d払い」の支払い元にすれば、カード3%+アプリ0.5%=3.5%の還元率でショッピングができます。

しかし楽天ペイ」がポイント払いでも1%の還元率になりますので、majicaチャージが3%となるゴールドランク以上であれば、以下のような還元率になります。
※ドン・キホーテのランクがゴールドである場合

majicaチャージ3%+majica donpen card」0.5%+アプリ1%=4.5%

※ドン・キホーテのランクがプラチナである場合

majicaチャージ5%+majica donpen card」0.5%+アプリ1%=6.5%

というように還元率が非常に高い決済手段になりえます。

majica donpen card」を用意していまから始めるという人も、スタートから1.5%の還元率ですので、
majicaチャージ1%+majica donpen card」0.5%+アプリ1%=2.5%
となり、「Visa LINE Pay カード」+「d払い」=3.5%には及ばないものの、かなり優秀な決済手段になりえます。

Amazonで利用すると還元率アップ

ネット通販の巨人「Amazon」では、実に様々な商品を扱っており便利ですが、予めAmazonギフト券を購入し準備することでよりお買い得な買い物をすることができます。

ドン・キホーテの店頭では、もちろんAmazonギフト券が販売されていますので、「majica」による決済ではポイントはつきませんが、majica donpen card によるクレジットチャージへはチャージ時点で1.0~5.0%、カードから0.5%のポイントが付与される構造は変わりませんので、最大5.5%の還元率で買い物できるということになります。

さらにオリコカードを展開するオリコのショッピングモール「オリコモール」は、オリコが展開するサービスを利用していれば、利用できるサービスであり、しかも他の決済方法でも「オリコモール」からポイント加算されるため利用価値が非常に高いといえます。
つまりAmazonギフト券による決済でも問題なくポイントが付与されるということです(検証済み)。
カード利用の場合、100円単位、200円単位でポイントが付与されるため、100円以下・200円以下の端数に対してポイントが付与されません。
ですがAmazonギフト券を予め購入しておけば、端数は余ることがなく無駄のないポイント還元になります。

オリコモール」には、Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングセブンネットショッピングなどが出店しておりそれぞれのショップでポイント還元率は異なります。
課題となるAmazonのポイント付与率は通常では0.5%となっています。

たまるポイントはオリコポイント。
1オリコポイント=1円の価値です。
交換先はAmazonギフト券、nanacoギフト、Edyギフト、WAONポイントなどのギフト系に加えて、Tポイント、楽天ポイント、Pontaポイント、dポイントも交換可能なので、ポイント投資もはかどりますね。

オリコモール」をレギュラーなカードを保有してAmazon利用では0.5%しかたまりません。
しかし、オリコカードの中でもネットショッピングに強い「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」を保有すると「オリコモール」経由のAmazon利用が+0.5%加算され1%のポイント付与にギャップアップされます。
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」自体は通常は1%、搭載しているiDやQUICK Payによる決済であれば1.5%と通常の利用でもずば抜けて還元率が高いカードですので、メインカードにしてもおかしくないです。

Amazon利用がメインの方なら、この「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」をメインとしてmajica donpen card」をサブとする布陣もなかなか良いのではないかと思います。

もっとも年会費が1,986円かかりますので、「オリコモール」経由による1%加算でこれをリカバリーするには年間198,600円の「オリコモール」経由によるAmazonでのショッピングが必要となります。
そこまで利用しないという場合は、レギュラーカードである「Orico Card THE POINT」ならオリコモール経由によるAmazonでのショッピングは0.5%加算とややゴールドカードと比べると半減しますが年会費まで厳密に考慮すれば検討に値します。

関連記事

金曜日のAmazon利用は、LINEショッピング経由で最大16%の還元率だったのですが、2020年6月1日以降、LINEショッピングにAmazonが掲載されないため、この案件は終了してしまっています。その代替方法がオリコモールです。Ama[…]

Amazonのお買い物は、オリコモール経由で最大6.5%~還元


Orico Card THE POINT」の申込みは、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で新規入会特典に加えて「ちょびリッチ」から1,500円相当のポイントが付与されます。
下記バナー経由の新規登録で250円相当のポイントが付与されます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

結論

ドン・キホーテで確かにクレジットカード経由のmajicaによる支払いで、POSAカードを買える方法はある程度ご説明できたかと思います。
通常の小売店では他社が開発した決済方法を採用すれば、決済手数料が流出してしまいますが、majicaはドン・キホーテのオリジナルの電子マネーであるため、様々な決済ができるようになっています。
POSAカードがmajicaで買えるというアドバンテージはそんな理由だからだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
本ブログは、ブログランキングに参加しておりますので、
よろしかったら応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村