Pontaポイントが効率よく貯まるクレジットカード

Pontaポイントは他の共通ポイントと比べると利用できる店舗も限られイマイチ感が強かったのですが、
2020年5月にPontaとau WALLETポイントが統合され「au PAY」の利用でPontaポイントが貯まるようになるなど利便性が順次拡大されていきました。

残る課題としてはPontaポイントで投資が可能となれば、利便性はかなり拡大すると思ったのですが、2020年9月26日「auカブコム証券」で投資信託を購入する際にPontaポイントが利用できるようになりました。

こうなると原資となるPontaポイントを収集する速度を加速させたいところですが、収集するので一番手っ取り早いのは、日々の支払いで貯まるポイントがPontaポイントになっていればよいわけです。
そうなると「au PAY」・「au PAY プリペイドカード」の他にクレジットカードも整備しておきたいところです。

本記事では、Pontaポイントがたまりやすいクレジットカードを解説していきます。

Pontaポイントが効率よく貯まるクレジットカードは3つ

Pontaポイントが効率よく貯まるクレジットカードは2つあります。

  1. JQ CARD エポスゴールド
  2. リクルートカード
  3. Ponta Premium Plus

上記の3つが非常に効率が良いです。
表にすると以下のようになります。

カード名 還元率
JQ CARD エポスゴールド 0.5~2.5%
リクルートカード 1.2%
Ponta Premium Plus 1~2%

一口に還元率といっても条件次第では、変化するため例えばJQ CARD エポスゴールドでは0.5~2.5%と幅をもたせています。
順に高い還元率を確保する方法を記述します。

最大2.5%のポイント還元率「JQ CARD エポスゴールド」

JR九州が発行元となっているエポス陣営のカード「JQ CARD エポス ゴールド」は、インビテーションによって年会費無料で保有できる稀有なゴールドカードです。
※他にはイオンゴールドカードセレクトなど。

JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は年会費無料化が可能である点の他に以下の3つがあります。

  1. 「選べるポイントアップショップ」に選定すると還元率が3倍の1.5%になります。
  2. 年間100万円利用するとボーナスポイントとして1%分の10,000円分のポイントが付与されます。
  3. たまるポイントは「JRキューポ」ですが、このポイントサービスが主要なポイントと交換できる秀逸なポイントサービスになっています。

1.「選べるポイントアップショップ」はポイント3倍(1.5%還元率)

 

ゴールドになる前の「JQ CARD エポスの基本還元率は0.5%です。
正直言って少なめです。

しかしゴールドカードに昇格すると状況は変わり、「JQ CARD エポス ゴールド」の特典である「選べるポイントアップショップ」に支払先を選択し支払いが行われると3倍の1.5%の還元率になります。
これには非接触決済であるモバイルSuicaが含まれているため、交通系ICでの決済が可能な実店鋪では1.5%の還元率で支払いが可能です。

他にもポイントアップ対象のお店はありますが、車を利用する方は「Yahoo!公金払いによる車税」・「ETC利用」が対象にできますので、これが非常に大きいです。

トヨタの定額サービス「KINTO」の支払いとして「トヨタ自動車」を選択すると、車の支払いさえも3倍ポイント対象になる点も利点の一つです。

関連記事

JR九州が発行元となっているエポス陣営のゴールドカード「JQ CARD エポス ゴールド」。 インビテーションによって年会費無料で保有できる稀有なゴールドカードです。 この「JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つで[…]

驚異の還元率2.5%「JQ CARD エポスゴールド」

2.年間利用額に応じてボーナスポイントプレゼント

エポス陣営のゴールドカードの特典はポイントでプレゼントされます。
・年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与
・年間利用100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与
以上の年間利用でボーナスポイントが支払われることを計算に入れると、「選べるポイントアップショップ」以外の支払いは0.5%であるものの、年間利用が100万円に達すれば1%分のボーナスポイントが付与されるため、実質1.5%という高還元率で支払いを行っていることになります。

関連記事

JR九州が発行元となっているエポス陣営のゴールドカード「JQ CARD エポス ゴールド」。 インビテーションによって年会費無料で保有できる稀有なゴールドカードです。 この「JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つで[…]

驚異の還元率2.5%「JQ CARD エポスゴールド」

3.たまるポイント「JRキューポ」は秀逸なポイントサービス

エポスゴールドと「JQ CARD エポス ゴールド」の違いは、「JQ CARD エポス ゴールド」は、たまるポイントが「JRキューポ」であることです。
この「JRキューポ」ポイントサービスは様々なポイントに交換できる優れたサービスです。

冒頭に記述した、
1.「選べるポイントアップショップ」/1.5%
2.年間利用ボーナス/最大1%
以上により最大2.5%の還元率で得られる「JRキューポ」をいかに有効に利用するかですね。

JR九州管内であればストレートにSUGOCAへのポイントチャージで利用する方法もありますが、他にも以下の4つのポイントに交換することが可能です。

1.エポスポイント
2.Gポイント
3.Pontaポイント
4.Tポイント

JRキューポポイント交換

交換できるポイントは上記の4つに交換可能ですが、この「JQ CARD エポス ゴールド」の利用でたまる「JRキューポ」をGポイントに交換するとかなり途がひらけます。

Gポイントは実質的にはポイント交換サービスであり、様々なポイントに交換可能です。
ここで本題であるPontaポイントに等価交換できることがわかります。

関連記事

JR九州が発行しているJQカードで貯まるポイント「JRキューポ」。 九州以外の方は、ためる意味がなさそうに感じますが、「JRキューポ」のポイントサービスは非常に便利でポイ活にとっては必須のポイントハブです。 「JRキューポ」を活用し[…]


2020年9月26日「auカブコム証券」で投資信託を購入する際にPontaポイントが利用できるようになりましたので資産形成の一環として投資信託の買付にPontaポイントを充当したりPontaポイントのみでの買付も可能です。
2020年9月28日からポイント投資デビューキャンペーンとして最大15,000ポイントのポイントプレゼント企画も勃発していますので、手元にPontaポイントがあれば、この企画に投入すれば、簡単に大量のポイントが獲得できます。

その後も「JQ CARD エポス ゴールド」さえ手元にあれば最大2.5%のポイント還元率で効率よくPontaポイントが獲得できます。

詳細は以下の内部リンクの記事で記述していますので参照してください。

関連記事

ポイント投資は本当にさまざま登場しましたが、auカブコム証券でPontaポイントで投資信託が買えるというサービスが登場した当初はほとんどの人が「ふ~ん」という反応だったのではないかと思います。 ところがauカブコム証券では、保有してい[…]

Pontaポイントによるポイント投資auカブコム証券で始動

au PAYへのチャージもポイント満額付与

エポス陣営のクレジットカードの国際ブランドは「Visa」ですが、基本MasterCardでのチャージしかできない「au PAY残高」へのチャージも可能であり、ポイントも満額付与です。

au PAY残高」はau PAYプリペイドカードと残高を共有していますので、「au PAY」の大規模キャンペーン時のチャージでも実質1.5%という抜きん出た還元率でチャージできることになります。
au PAY」と「au PAYプリペイドカード」は基本還元率は、0.5%ですので通常の支払いでは、「JQ CARD エポス ゴールド」からのチャージで1.5%+「au PAY」・「au PAYプリペイドカード」の還元率0.5%=2%というかなり優秀な還元率になります。

また「au PAYプリペイドカード」はMasterCardブランドですので、MasterCard飲みの決済ができるコストコの利用に活躍しますね。

関連記事

会員制の大型ホールセールクラブ「コストコ」。 現在の日本での展開は27店舗を展開しています。   独自商品も大変魅力ですが、ほぼまとめ買いに対応した大容量の商品が多いです。 大容量であるものの単価が安く上手に利用すれば[…]

コストコで利用できるオススメカード

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、ハピタス」(3,500円相当のポイント経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションが届くのをまちます。

>>ハピタスへの新規登録で1,000円相当のポイントがもらえます。

さらにエポスカード 保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 21040188666

1.2%の高還元率クレジットカード「リクルートカード」

Pontaを貯めるのに有利なカードと言えば「リクルートカード」ですね。
基本還元率は1.2%と非常に高く、Apple Payにも対応し、電子マネーは「楽天edy」・「モバイルSuica」へのチャージでもポイントが満額付与されます。
貯まるポイントはリクルートポイントですが、これはPontaとリアルタイムでの等価交換が可能です。

電子マネーへのチャージもポイント満額付与

通常利用の還元率が1.2%というのも驚きですが、「リクルートカード」はVisa・MasterCardブランドは、楽天EdynanacoモバイルSuicaへのチャージでポイントが満額付与されます。
JCBブランドはモバイルSuicaのみとなります。
※2020年3月12日よりnanacoへのクレジットチャージの新規登録はセブンカード・プラスのみとなっています。

楽天Edyに至っては楽天カードですらチャージで0.5%ですので、1.2%もポイント還元される「リクルートカード」は極めて異例だといえます。

たまるポイントはPontaに等価交換可

リクルートカード」でたまるポイントは「リクルートポイント」ですが、これは共通ポイントの一つであるPontaポイントとの等価交換が1pt単位で可能です。

Pontaポイントといえば、「au WALLET ポイント」との統合を5月下旬完了しており、au PAY」残高へのチャージ・au PAYマーケットで利用できる限定ポイントへの交換・「auカブコム証券」で投資信託の購入に利用できます。

年会費無料のカードとしては異例のショッピング保険付帯

リクルートカード」のもう一つの利点は、ショッピング保険です。
ショッピング保険が堅牢なクレジットカードと言えば、イオンゴールドカードです。
イオンゴールドカードでは、年間300万円まで保険が付帯しています。

一方で「リクルートカード」では、年会費無料のレギュラーカードで有りながら、ショッピング保険が年間200万円も付帯しています。

※ただしイオンゴールドカードでは、他のカードでもないスマホなどの情報機器へのショッピング保険が適用されるため高額なスマホの購入などで不安がある場合は、イオンゴールドカードのほうが優れています。

条件としては、「リクルートカード」による購入で90日間の保障となります。

またPontaポイントが貯まるクレジットカードとして筆頭に挙げている「JQ CARD エポス ゴールド」でも海外旅行時の旅行傷害保険は1,000万円ですが、「リクルートカード」は2,000万円と凌駕しています。

先程の例を挙げたイオンゴールドカードは、確かに保障は手厚いのですが、還元率は0.5%と低めです。
いわば還元率は攻撃力ですが、このショッピング保険は防御力と考えてもよいと思います。

リクルートカード」は還元率という攻撃力も1.2%と強力でありながら、保険も充実していますので防御力も同時に備えているといっても過言ではないです。

7・12月はポイント還元率2%!Ponta Premium Plus

Ponta Premium PlusはPontaポイントがストレートに貯まるクレジットカードです。
通常利用でも1%のポイント還元率ですが、7・12月は20万円以上の利用で2%の還元率になります。
Ponta Premium Plusのポイントアップの月度の最も効果的な利用方法は、ANA JCB プリペイドカードで数回に分けてチャージを行い、月間20万円以上のチャージを行ってしまうことです。
ANA JCB プリペイドカードは、1回のチャージ上限は49,000円ですが、残高上限は30万円までチャージできます。
複数回のチャージで20万円分2%の還元率でチャージできれば、ANA JCB プリペイドカード
であとで、利用したい時期を選んでゆっくり利用すればよいと思います。
ANA JCB プリペイドカードは、さらに+0.5%のキャッシュバックが得られるため合計2.5%の還元率で利用できるため還元率をギャップさせることも可能です。

このように書くと非常にメリットが大きいカードのように感じますが、カード会社は「ジャックス」です。
「ジャックス」は度々高い還元率のカードを出したかと思ったら、そのカードの還元率を改悪させてカードを廃止したりするようなことを頻繁に行います。

いつまでこの高還元率で利用できるのかという信頼があまりありません。
候補として記述しておきながらオススメしてないという書き方ですが、逆に言えばそれでも高還元率の間は利用したいという割り切ったニーズであれば問題はないです。

ですがPontaポイントを貯めるカードとして検索をかけた際にヒットしたため、せっかく発行したとしても使い始めてすぐに改悪となるかもしれないカードを勧めることはできないと思います。

申込みの場合は、「もらっトク!モール」経由で、Ponta Premium Plusを申し込むと、公式サイトからの新規入会特典8,500ポイントに加えてポイントサイトから1,190円相当のポイントが付与されます。

まとめ

KDDIが共通ポイントとしてすでに基盤を作っているPontaポイントを買い取ったことで、その圧倒的な資金力でその利便性を拡大してくることは予め予想できていました。

au PAY」の利用&残高へのチャージ・au PAYマーケット限定ポイントへの交換をまず行ったことで、Pontaポイントの利用価値は一挙に拡大しています。
また加えて各ポイントサービスが取り入れているポイント投資がPontaも可能となったことでさらに、利便性は拡大することになりました。

投資の原資を稼ぐにしても「au PAY」で大規模キャンペーンを繰り出していますし、auユーザーならau PAYマーケットをどっぷりと利用すればPontaポイントを獲得できます。
しかしクレジットカードとなると「au PAYカード」だと利便性において、今回紹介したクレジットカードに及びません。
Pontaポイントを効率よく獲得するには、やはり普段の消費を支えるクレジットカードが高還元率で使いやすいことが大事ですので、これを機会に整備し直しておいて、ポイント投資の原資を稼げる体制にしておきましょう。


JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、ハピタス」(3,500円相当のポイント経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションが届くのをまちます。

 

さらにエポスカード 保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 21040188666