「dカード」のコンビ利用が便利なカード「リクルートカード」

このブログでは、再三サブカードないしメインのクレジットカードはJQ CARD エポス ゴールドがオススメと記述しているのですが、今回紹介するリクルートカードサブカードとして非常に便利なカードです。

そのメリットを記述すると以下の3点になります。
①デフォルトの還元率が1.2%
②nanaco・楽天Edyへのクレジットチャージが可能で還元率は1.2%(1枚3万円/月)
③貯まるポイント「リクルートポイント」はPontaポイントに等価交換が可能

集約すると上記のメリットがあります。

後々記述しますが、リクルートカードはその特性上、「dカードdカードGoldと相性が良いです。
そのためドコモユーザーで「dカード」をメインで使っている場合は、サブでリクルートカードがオススメできますね。

以下、順を追って解説します。

①デフォルトの還元率が1.2%

最大のメリットはこのカードの還元率が1.2%という高還元率というところです。
といっても他のカードも様々な手練手管を使えば、かなりの還元率にはなるのですが、ドコモユーザーの場合は微妙な問題があります。

それは
ドコモの携帯料金・ドコモ光料金は、「dカード」での支払いではポイントはつかない。
永遠の謎ですが本当です。

通常、「dカード」はカードの利用でポイントが1%つくのですが、携帯料金の支払いではつかないのです。
もっとも携帯料金自体はどんな支払い方法でも、「ドコモ回線ご利用料金」という名目でdカードは1%、dカードGoldでは10%ポイントがついています。
しかしこの支払い方法は銀行引き落としでもつきますので、dカード以外のカードで支払い設定すれば、ポイントが2重どりできます。

したがってドコモの携帯料金を支払うクレジットカードが別途必要になります。
それがデフォルトの還元率が1.2%と高還元率なリクルートカードが最適な理由の一つです。

従って、ドコモの携帯料金支払いに利用する際に、リクルートカードは役立ちます。

リクルートカード_PC
※1.2%の高還元率で電子マネーチャージできる「リクルートカード」は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の申込みで、入会特典に加えてポイントサイトから2,300円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「ライフメディア」の新規入会は下記のボタンからの登録で最大500円相当のポイント付与です。

 

②nanaco・楽天Edyへのクレジットチャージでポイントが満額付与される希少なカード

nanacoのクレジットチャージ機能でポイントがつくカードは、かつては様々あったのですが現在では希少となっています。
かつては楽天JCBを活用しまくっておりましたが、これもポイントがつかなくなり、ANA JCB プリペイドもチャージできなくなりました。
現在では、新規登録が可能なクレジットカードはセブンカードプラス(ポイント還元率0.5%)だけとなってしましました。

2020年3月11日以前にnanacoへのクレジットチャージに登録していれば利用可能

リクルートカードはそれ以前にnanacoのクレジットチャージのカードとして登録していればnanacoチャージに利用できます。
しかも有効期限が更新されても利用できます。
なんでなんでしょうね。

もっともリクルートカードも無制限ではなく、1ヶ月1枚あたり3万円までのクレジットチャージがポイントが付与される上限になります。
ただし、国際ブランド別に発行していれば、その枚数だけチャージできる上限が増えますので、複数枚のnanacoにチャージすれば、5万円以上の支払いも可能ですね。

楽天Edyへのチャージもポイント満額付与

Edyへのチャージは楽天カードによるチャージが最も良さそうですが、付与されるポイントは1,000円あたり5ポイント。
0.5%です。
かなり少なめです。

ところがリクルートカードでもチャージが可能で、楽天カードよりもポイントが多く付与されます。
付与されるポイントは1.2%の満額付与です。
リクルートカードは電子マネーのチャージに対してもポイントが満額付与される高機能なカードです。
ですが電子マネーのチャージによってポイントが付与されるのは、月間3万円までですので、その点は注意が必要です。

この楽天Edyへのチャージによって、リクルートカードによるチャージで1.2%+楽天Edy0.5%=1.7%の還元率で利用できます。

楽天Edy自体は0.5%の還元率ですが、スタンプラリーを攻略すると3%ほどの還元率を維持できますので、少額決済では他の支払い方法よりも有利です。

関連記事

Edyは楽天が運営する電子マネーです。予め残高にチャージするタイプで、Suicaなどの交通系、WAON・nanacoなどの流通系でも採用されています。その中でもEdyが使える店舗は多く、450,000店にまで加盟店が広がっており、利用でき[…]

楽天Edyスタンプラリー攻略で5%以上の驚異のポイント還元!

③貯まるポイント「リクルートポイント」はPontaポイントに等価交換が可能

リクルートカードで貯まるポイントは「リクルートポイント」です。
これがなかなか使い勝手が悪いポイントで、使いみちがほとんどありません。

そのため「Pontaポイント」に等価交換しておきましょう。
Pontaポイント」は、KDDIが買い取ってau WALLET ポイントと統合を果たしたポイントです。
そのためスマホ決済「au PAY」の利用、「au PAY」の残高を共有している「au PAYプリペイドカード」の利用でも「Pontaポイント」がたまります。

特に「au PAY」の大規模キャンペーンでは、結構な量のポイントが貯まります。

肝心の出口戦略ですが、「au PAY」の残高に充当することもできますし、「au PAY マーケット」限定ポイントに交換すると20%増量~50%増量という企画を頻繁に行っています。

ですが注目は2020年9月26日から「au カブコム証券」で「Pontaポイント」による投資信託の購入が可能になったことですね。
消費に使ってしまうよりも資産の買付に活用していったほうが、資産の拡大が図れてその資産から得られるリターンで消費をまかなえたりします。

まとめ

ドコモユーザーにとって欠かせない「dカード」・dカードGold」。
非常に還元率は高いのですが、楽天Edy・nanacoなどの電子マネーのチャージでポイントが付与されないなどこのカードにもできないことがあります。
それを補うのが、リクルートカードです。

リクルートカード

※1.2%の高還元率で電子マネーチャージできる「リクルートカード」は、ポイントサイト「ライフメディア」経由の申込みで、入会特典に加えてポイントサイトから2,300円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「ライフメディア」の新規入会は下記のボタンからの登録で最大500円相当のポイント付与です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング