【最新】d払いキャンペーンまとめ

3大キャリア「ドコモ」が運営するスマホ決済サービス「d払い」。
強力な還元率施策を次々と打ち出して、dポイント投資をする方にとっては欠かせない決済ツールになっています。

とくに「d払い」はキャリアとしての競合である「au PAY」と競ってシェア争いを行っており、キャンペーンも常態化してきました。

ただし今月はドコモ口座事件により、d払い残高払いの対応銀行が著しく制限され苦戦が予想されます。
もっとも今回不正な預金引き出しを食らった銀行は、セキュリティがガバガバで時代遅れなシステムのままという証明でもあるので、元々スマホ決済と連携すべき実力は皆無だと言えます。
生き残った銀行を活用して行きましょう。

毎月開催「d払い」お買物ラリー

前回・前々回とえらくバナーが変わりましたが、変わったのはバナーだけではなく、還元率は1店舗で10%、2店舗で30%、3店舗で50%と還元率が高くなる一方で、キャンペーン対象店舗も随分わかりにくくなり、当方の場合だと使えるところがろくにありません。

といっても地域によっては十分使いみちはあるはずですので、今回のキャンペーンの範囲を確認してみましょう。

10月【毎月開催】d払いお買物ラリー

d払い」の10月のキャンペーン対象店舗は、「コンビニ・ドラッグストア・グルメ」が中心ですが他にも細かく店舗が入っておりない店舗も多いです。
例えばコンビニでもセブンイレブンは入っていません。
またドラッグストアでもウエルシア・ツルハは対象ではないので注意が必要です。

・エントリー:2020年10月1日~10月31日
・キャンペーン期間:2020年10月1日~10月31日
・還元率:1店舗+10%、2店舗以上+30%、3店舗以上+50%
・還元上限:期間中2,000ポイント(期間限定ポイント)
・決済方法:d払い(コード決済)/対象:dカードdカードGOLD、電話料金合算払い、d払い残高払い
・ポイント着弾日:2020年11月末以降順次

今月はAmazon Prime Day(10月13日・14日)があるのですが、ネットはメルカリのみになっています。
なにかの間違いじゃないかと思ったのですが、事件のドタバタで十分な商談の時間はなかったのかもしれません。

店舗が意外にないことと、毎月開催:10月お買物ラリーの付与ポイントは期間中で2,000ポイントですので、還元率Maxとなる決済上限は6,666円と少なめとなります。



マイナアプリでd払いを選んでチャージor決済するとdポイント最大6,000pt付与

2020年9月から始まるキャッシュレス決済のビッグイベント「マイナポイント」。
この事業に登録されている決済方法なら、決済でもチャージでも2万円に対して5千円が付与されます。

これに対して「d払い」は、国家からの5,000円に加えて上乗せポイントとして1,000円分のdポイント進呈となっています。

わかりにくいのですが、「d払い」は登録した「dカード」で支払う方法と、決済と送金、出金もできる「d払い残高」があり、今回は両方とも対象です。
つまり、
①「d払い」に「dカード」を登録して、「d払い」のコード決済を2万円行えば、6,000円相当のdポイント付与。
②「d払い残高」へのチャージも2万円分行えば、6,000円相当のdポイント付与。

口座払い残高と記述した内容は、現金や登録した銀行口座からチャージ可能な「d払い」に搭載された口座のことです。
ネットやアプリ上で送金や買い物ができるバーチャルな財布で、楽天の「楽天キャッシュ」に相当するサービスです。

dカード」・「dカードGold」は、現状不要という方にとっては朗報ですね。

d曜日はメルカリ・Amazon

d曜日は毎月金・土曜日に開催されているキャンペーンです。
このときに対象のサイトで「d払い」利用の支払いで+2%還元ですが、さらに3サイト以上の買い回りで+5%にまで還元率がアップします。

毎週おトクなd曜日 毎週金土曜日はdポイントが必ず+2%、最大+5%
■期間:毎週 金・土曜日
■支払い方法:各サイトの「d払い
■ポイント付与条件:1決済あたり3,000円以上
■還元率:+2%→3サイト以上の買い回りで+5%
■還元上限ポイント:10,000pt(期間限定・用途限定ポイント)
■ポイント付与時期:購入月の翌々月上旬
■エントリー:

※対象外となる買い物
・ラクマ・キューサイ・ディズニーデラックス新作レンタル、ディズニーデラックスオークション、dポイントクラブクーポン
・クーポンやポイントを利用した購入
・キャンセル、返品
・携帯電話回線もしくはdアカウントによる認証がない状態での購入分

これだけでも十分威力がありますが、Amazonでの「d払い」利用でさらにポイントが上乗せされますので破壊力十分です。

Amazon「d払い」dポイント50倍還元キャンペーン

今月はAmazon Prime Day(10月13日・14日)があるという予告があり、すでに何を買うのか物色が始まっていると思います。

そんなAmazonでの「d払い」利用では、今月に限りさらにポイントが上乗せできる大型キャンペーンを繰り出してきています。

このキャンペーンは、Amazonでの「d払い」の利用総額が10,000円(税込)以上であれば対象となる企画です。
通常はAmazonで「d払い」を利用すると、100円につき1ポイント付与されますが、抽選で10,000名にさらに49ポイントつまり100円につき50ポイント(50%還元!)というチャンスになります。

■期間:2020年10月1日~10月31日
■支払い方法:Amazonでの「d払い
■ポイント付与条件①:キャンペーンにエントリー
■ポイント付与条件②:Amazonでの「d払い」の利用総額が10,000円以上
■抽選当選確率が2倍になる条件①:Amazonでの「d払い」の利用総額が20,000円以上
■抽選当選確率が2倍になる条件②:Amazonでの「d払い」でいつで3倍キャンペーンへのエントリー
※抽選当選確率が2倍になる条件①②を両方とも満たすと当選確率が3倍
■当選した場合の還元率:100円につき50ポイント(50%還元)
■当選した場合のポイント還元上限:20,000ポイント(期間・用途限定)
■ポイント着弾日:12月上旬

抽選当選確率が2倍になる条件②のAmazonでの「d払い」でいつで3倍キャンペーンへのエントリーですが、これは2020年4月1日から始まっているドコモのプランの特典です。

「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」特典!Amazonでの「d払い」利用でいつでも3倍還元!

ドコモのプランについてくる「Amazonプライム特典」ですが、これをエントリーしておけば当選確率は3倍、dポイントも3倍の付与率になります。

通常Amazonでのショッピング利用で付与されるポイントは1%ですので、3倍ということは追加で2%付与されるということですね。
キャンペーンポイントは期間限定ポイントとなります。

ドコモプラン特典 Amazon d払いでいつでも3倍ポイント還元キャンペーン概要

期間:2020年4月1日~2021年2月28日
支払い方法:携帯決済「docomo d払い
還元率:3%(d曜日の併用可)
還元上限ポイント:3,000pt/月間
ポイント付与日程:翌々月上旬予定
エントリー:

このキャンペーンはドコモユーザーの特典ですが、基本的な条件は以下のとおりです。
1)ギガホ、ギガライトに契約し「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」のエントリーが完了している
2)このキャンペーンにエントリーが完了している
3)期間中、Amazonでのお買物で「d払い」を利用
4)dポイントクラブ会員

dカードGoldはドコモユーザー必携のアイテム

dカード自体は1%の還元率ですが、ここ最近の「d払い」キャンペーンでは、注意事項にdカード以外の支払いはキャンペーン対象外と必ず記載が載るようになってきたため、「d払い」を活用して高還元率を得るためにはdカードは必携になっています。

そのなかでも「dカードGold」は、ドコモユーザーにとっては非常にメリットがあるカードです。
主な利点は以下の3つですね。
①毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金1,000円(税抜)ごとに税抜金額の10%ポイント還元されます。
②ケータイ補償3年間で最大10万円:高額なiPhoneを購入している場合は大事な特典です。
紛失・盗難・水濡れ・全損などに対応していますのでありがたいですね。
③国内・ハワイの主要空港ラウンジ利用無料

1番のメリットは①のドコモ利用料金が10%ポイント還元される点です。
しかし、家族みんなでデータを分け合える「シェアパック」は現在ないので、ドコモのケータイ利用料金の10%ポイント還元は、カードをもっている親回線のみとなります。
そのため家族カードを発行し、家族に付与して紐付ければ問題は解消されます。
家族カードは、1枚目は無料、2枚目からは発行手数料が1,000円となります。

それでも基本還元率は1%/年会費は税抜10,000円ですので、このブログでも再三取り上げているクレジットカードと比べるとやや見劣りする部分があるかも知れません。

そこでリボを活用した裏技により還元率を底上げしましょう。

こえたらリボで+0.5%に底上げ

リボといえば、金額に十数%もの手数料がかかるため、支払い方法としては非常に損な支払い方法です。

しかし「dカード」・「dカードGold」では、こえたらリボ設定にすると毎月の支払いが、自身が設定した金額を超えると、超過した部分がリボ払いになります。

仮に毎月5万円の「こえたらリボ」にすると
・5万円以内の利用の場合は⇒一括払い扱いになるのでリボ手数料は発生しません。
・5万円を超えた利用となると⇒その月の支払いは5万円、超過した部分は翌月以降にリボ払い(手数料発生)

このリボ手数料が含まれていると、「dカード」・「dカードGold」は還元率が1%から1.5%へギャップアップします。

こえたらリボの設定金額を超えて手数料が発生すれば「こえたらリボ」発動になります。
「こえたらリボ」発動となる最小金額は82円で、これなら月額手数料は1円程度です。
締日15日までに調整し少額だけ超えるようにします。
少額であればあるほど有利で手数料はせいぜい数円~数十円程度しか発生しません。

そのときの利用額調整に役に立つのが、プリペイドカードへのチャージです。
還元率が+1%となるウォレットアプリKyash Cardならリアルカードでは1%の還元率でチャージしたクレジットカードのポイントは満額付与されます。
これによってトータルの還元率は2.5%になりますね。
ですがKyash Cardは1%の還元範囲は月間で12万円ですのでその点は注意が必要です。

付帯するiDで小銭いらず

dカードGold」・「dカード」にはポストペイ型(後払い)の電子マネーiDが付帯しています。
そのためコンビニ・自販機などの少額決済で利用できるので、小銭が要らなくなって便利です。
iD利用の還元率はカードの通常決済と同じく1%ポイント還元です。

dポイント(期間限定・用途限定)がiDキャッシュバックに等価交換できるようになった

dポイントには通常のポイントと、「期間限定・用途限定ポイント」の2種類があり、これまでは「期間限定・用途限定ポイント」の有効な使い方は、毎月20日の「dショッピングデー」で利用分にもポイントをつける方法が最も効率的です。

dショッピングは実はドコモユーザー以外誰でも利用できます。
特筆すべき利点はdポイントを「期間限定・用途限定ポイント」も通常ポイントもショッピングに利用できることです。
しかも、キャンペーンにエントリー後、税抜4,000円以上の購入で利用したdポイントに対しても普通の支払いと同じく20%還元の対象となります。

関連記事

dショッピングは実はドコモユーザー以外誰でも利用できます。特筆すべき利点はdポイントを期間限定・用途限定ポイントも通常ポイントもショッピングに利用できることですね。しかも、キャンペーンにエントリー後、税抜4,000円以上の購入で利用したd[…]

毎月20日のdショッピングデーはポイント20倍!


しかし、dショッピングはあまり利用しない人にとっては、「期間限定・用途限定ポイント」はすぐに期限がきてしまう使いにくい代物でした。

ですが、2020年4月1日からは、iDのキャッシュバックに交換することで利便性が非常に高くなりました。
iDキャッシュバックとは申請することで、iD利用分に対してキャッシュバックされ請求額から値引きされる制度です。
しかも、利用したiDに対してはポイントが従来どおり1%還元されるため、交換した「期間限定・用途限定ポイント」の価値が1%高まるわけですので、非常に使いやすいです。

交換単位は従来2,000ptでしたが100ptに切り下げられたので、その都度交換することができ非常に便利になっています。

iDキャッシュバックへの交換は、ドコモ回線か「dカードGold」・「dカード」を保有していることが条件となります。

まとめ

ここまで記述してお判りのように、ドコモユーザーならずとも、2019年12月頃から連続して打ち出している「d払い」キャンペーンに乗らなければ損ですね。

キャンペーンで付与される期間・用途限定ポイントもiDキャッシュバックへの充当が可能ですが、個人的には「日興フロッギー+docomo」で高配当株の購入を行ってインカムゲインを増やせば、それをさらに再投資に利用できます。

関連記事

近年共通ポイントや独自ポイントで投資ができる環境が整いつつありますが、その中でポイントの集めやすさと利用のしやすさで突出しているのが、・「楽天スーパーポイント」・「dポイント」・「Tポイント」・「LINEポイント」・「Pontaポイント」[…]

秀逸なポイント投資サービス「日興フロッギー+docomo」爆誕!

dカードGold」・「dカード」を発行して、「d払い」に登録して、キャンペーンに対応しておくことは重要ですが、カードを保有していなくても「d払い残高」による支払いでもキャンペーン対象です。
ここはセキュリティが強い、ソニー銀行がオススメですね。

関連記事

2018年~2019年半ばまで還元率競争を繰り広げた、○○Payなどのスマホ決済ですが、2019年後半から現在まで大きな還元率は影を潜めています。打って変わってau Payやd払いでは運営が通信大手だけあって、豊富な資金力で還元率競争を繰[…]

d払いキャンペーン対象となる「d払い残高」払い!不正に強い銀行口座も解説!

dカード」の発行は、「dカードGold」がオススメですね。
dカードGold」は、ドコモユーザーなら誰でもご存知なドコモ利用料金が10%ポイント還元となる特典のほか、キャンペーン盛り沢山な「d払い」への活用、さらには通常利用でも1%の基本還元率を実質2.5%まで高められるクレジットカードです。

関連記事

「dポイント投資」に欠かせないツールと言えば、「dカードGold」ですね。ついでにいえば、ドコモユーザーにとっても利用料が10%ポイント還元され、「d払い」利用でもキャンペーンに乗るためには必携のカードです。そんな「dカードGold」です[…]

dカード25%ポイント還元


※ドコモ携帯料金が10%還元されるドコモユーザー必携の「dカードGold」発行は、
ポイントサイト「ライフメディア」経由の発行で、
公式サイトからのdポイント付与に加えてポイントサイトから23,500円相当のポイントが付与されます。

※レギュラータイプの「dカード」の発行は「ちょびリッチ」経由が2,000円相当のポイント付与となっています。
ライフメディア」は下記のボタンからの登録で最大500円相当のポイントが付与されます。

 


最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング