d払いにRevolutを登録して最強の還元率を狙う方法(d払い×MIXI Mルート封鎖対策)

つい最近、JQ CARD エポスゴールドからチャージしたMIXI Md払いに登録するという裏技で3.2%の還元率で使っていたのですがこの方法がおそらく2022年1月20日に塞がれました。

じゃあもうこういったd払いを最終出口にしたポイント多重どりってできないの?考えがちですがまだ方法があります。

イギリス発の送金・決済などができる金融アプリ「Revolut」です。

この「Revolut」のメタルプランなら、クレジットカードからチャージした残高で決済すると1%キャッシュバックとなり、さらにd払いにも登録することができます。

この「Revolut」を使ったポイント多重取りのルートは以下の2つの方法がポイント還元が高くなります。

今回はこのポイント多重取りの方法について解説していきます。

「Revolut」を使ったポイント多重取りで活躍するJQ CARD エポスゴールド(年会費無料)は、基本還元率0.5%に加えて年間利用ボーナス1%(ファミリーボーナス0.1%~0.3%)で最大1.5%~1.8%でau PAY プリペイドカードにチャージできる万能の高還元率カードです。

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.7%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③-1ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
③-2ファミリーゴールドで家族で合計200万円利用で0.2%相当のボーナスポイント
■ハピタス経由の発行で新規入会特典に加えて7,000円相当のポイントが獲得できます。

MIXI Mを登録したd払い3.2%還元→封鎖されました

d払いに登録するのはdカードとは限らず、他のカードを登録してもd払いの利用では200円ごとに1ポイントのdポイントが付与されます。

支払い方法は登録したカードからかウォレット残高からの支払いですが、登録したカードからの支払いが一般的で多くの方はdカードを登録していると思います。

d払いにトヨタウォレットは登録できない

登録できるのは3Dセキュア認証されたカードなので、まずはポイント多重どりができるトヨタウォレット(1%キャッシュバック)を登録しようという発想をすると思いますがこれはできません。

au PAY・PayPayd払いなどのコード決済には登録できないんですね。

これは非常に残念でした。

関連記事

2021年4月13日から終了日未定で「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックが行われましたが、2021年10月31[…]

トヨタウォレットの使い道(出口)とチャージでおすすめのルート

JQ CARD エポスゴールド→MIXI M→d払いルートは1/20に封鎖

ではJQ CARD エポスゴールドからチャージしたMIXI Mなら最大還元率2.7%なので、d払いへ登録を試しましたがこれも当初はだめでした。

しかし「Coke ON」・「かながわPay」にMIXI Mを登録しておけば、MIXI Md払いに登録できるようになり、+0.5%となる3.2%もの還元率が実現できました。

しかし、どうやら2022年1月20日に閉鎖された模様で、こちらも残念なことに点検すると支払いできなくなっていました。

Revolutとは次世代の金融ウォレットサービス

Revolut(レボリュート)とはイギリス発のデジタル銀行・海外送金サービスです。

ここで着目しているのは、Visaブランドのリアルカード(デビットカード)も発行できアカウントの残高を使って支払いに使えるという点です。

Revolutメタルプラン

スタンダート・プレミアムプランだとこのカードで決済する還元率は0%だったのですが、2022年1月20日に登場したメタルプランでは1%のキャッシュバック特典が受けられます。

項目 Revolut
料金プラン(月額) スタンダード0円/プレミアム980円/メタル1,980円
国際ブランド Visa
還元率 0%/メタル1%
発行手数料 無料(通常配送なら送料も無料)
カード搭載非接触決済 Visaタッチ決済
スマホ決済 Apple Pay非対応
Google Pay→Visaタッチ決済
3Dセキュア
決済上限 なし
チャージ上限 使用履歴が増えるごとに引き上げられる
ユーザー間送金 無料(カードチャージ残高は送金不可)

デジタル銀行ならアカウントの残高はATMからの入金か他の銀行からの入金をイメージすると思いますが、アカウントの残高には銀行からの入金だけでなくカードからもチャージすることが可能です。

つまり持っているクレジットカードとRevolutメタルカードとのポイント二重取りが可能になります。

しかも3Dセキュア本人認証に対応しているためd払いに登録できないかな~と思ったのですが登録が可能で支払いも可能でした。

ということはポイント二重取りどころか三重どり・四重どりも可能になってきます。

これについて詳しく説明していきます。

Revolut料金プラン

Revolutにはプランが3つあり、中でも注目なのがメタルプランです。

なんでかというと3月31日まで5%キャッシュバックを行っているからです。

スタンダード会員/無料 プレミアム会員/980円(月) メタル会員/1,980円(月)
キャッシュバックなし キャッシュバックなし キャッシュバック1%(3月31日まで5%)
23通貨の両替が毎月750,000円まで無料 23通貨の両替制限なし 23通貨の両替制限なし
海外のATMでは1ヶ月25,000円まで無料 海外のATMでは1ヶ月50,000円まで無料 海外のATMでは1ヶ月100,000円まで無料
× 優先カスタマーサービス 優先カスタマーサービス
× LoungeKeyパスへのアクセス LoungeKeyパスへのアクセス
× フライトが1時間以上遅延したとき、本人と友人1名まで無料空港ラウンジパス フライトが1時間以上遅延したとき、本人と友人3名まで無料空港ラウンジパス

ただしメタルプランは月額1,980円の会費がかかりますので、1年で23,760円の経費負担になります。

Revolutメタルプラン

これは5%のキャッシュバックで考えると元を取れるのは月間で39,600円以上の決済ということになりますし、4月以降の1%キャッシュバックになると20万円で元が取れる計算ですので、これだけだと申し込みに至らないかも知れません。

ただしRevolutは冒頭にお伝えしたように3Dセキュア本人認証対応でd払いに登録できるため、以下のポイント多重取りルートで3.5%の還元率を実現できますので、元がとれる決済額は月間で56,571円となります。

同じウォレットサービスのトヨタウォレットも1%のキャッシュバックですが、リアルカードがありませんしPayPayd払いなどのコード決済に登録することもできません。

しかもRevolutならトヨタウォレットMIXI Mなどのプリペイドカードで支払いができないガソリン給油もできますので他のウォレットサービスに比べて活躍の場が非常に広いです。

Revolut残高への入金はカード・銀行口座から(au PAY プリペイドカードがオススメ)

Revolutは冒頭にデジタル銀行と説明したので、従来の銀行と同じく入金はATMとか他の銀行口座から入金だと思いがちですが、カードからも入金することができます。

クレジットカード・デビットカードどれもイケたのですが、今回思いついてやってみたのがau PAY プリペイドカードからの入金です。

auPAYプリペイドカード

au PAY プリペイドカードとは名称からしてauユーザーしか使いみちがなさそうに感じますが、auじぶん銀行口座を保有していれば誰でも保有できます。

しかもプリペイドカードにしては珍しいMastercardブランドで、Mastercard加盟店のカード決済で0.5%のPontaポイントが付与されます。

au PAYau PAY プリペイドカードは、残高を共有しており管理が容易なのがメリットですが、コード決済になると動作がモッサリしているのでその点はデメリットですね。

関連記事

大手キャリアでは、プリペイドカードのサービスがありますが、この中で一番便利なのが「au PAY プリペイドカード」です。 何が便利かというと、「au PAY プリペイドカード」の残高はau PAY 残高を共有しているため管理しやすい点[…]

au PAY プリペイドカードへのチャージ方法と便利な使い方

Revolutへはこのau PAY プリペイドカードからチャージすることができます。

au PAY プリペイドカードへのチャージは楽天カードなら2%還元

このau PAY プリペイドカードへのチャージはauユーザーならau PAYゴールドカード、非auユーザーなら一定の条件で楽天カードからなら2%の還元率でチャージすることができます。

楽天カード

するとポイント4重どりで4%もの還元率を実現できます。

  還元率
楽天カード(街の利用でポイント2倍キャンペーン適用) 2%
+au PAY プリペイドカード +0.5%
+Revolut(メタルプラン) +1%
+d払い 0.5%
合計 4%

ただしチャージできる国際ブランドはVisa・Mastercardとなります。

楽天カードでポイント2倍となる条件というのが、街の利用でポイント2倍キャンペーンという常設企画にエントリー+楽天市場で2万円以上楽天カードでお買い物という条件です。

この条件は楽天市場のヘビーユーザーならともかくこの2万円以上という条件が、普段楽天市場を利用していない方にとってはちょっと厳しいかも知れません。

関連記事

楽天カードは基本還元率1%のクレジットカードとして広く知られていますが、ある条件を満たすと楽天市場以外の利用が2%の還元率になります。 楽天カードの還元率を2%にアップする「街での利用分がポイント2倍キャンペーン」について解説します。[…]

楽天カード「街の利用2倍ポイント」が復活!

また楽天カードで貯まる楽天ポイントは実は楽天系のサービスでしか使えないため自由度が低い点もちょっと最近はネックになってきました。

au PAY プリペイドカードへのチャージはJQ CARD エポスゴールドなら1.7%還元

Revolutのチャージ用にオススメしているのが「JQ CARD エポスゴールド」です。

JQカードエポスゴールド

Revolutへのau PAY プリペイドカード経由のチャージでは以下の還元率となります。

  Revolutへのチャージによる還元率
基本還元率 0.5%
年間ボーナスポイント 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント 0.2%相当(2,000ポイント)
au PAY プリペイドカード 0.5%
Revolut メタルプラン1%
合計 3.2%

このJQ CARD エポスゴールドは、「選べるポイントアップショップ」に支払先を設定するとポイント3倍(1.5%還元)+年間利用100万円以上で1万ポイント(最大1%還元)+ファミリーボーナス1,000~3,000ポイント(夫婦の利用なら2,000ポイント/0.2%還元)=最大2.7%もの還元率となる高還元率カードです。

MIXI Mなら「選べるポイントアップショップ」に選択できるので、最大2.7%の還元率でチャージできますが、au PAY残高へのチャージは、基本0.5%+年間利用ボーナス1%+ファミリーボーナス0.5%=1.7%が期待できる還元率です。

詳細に関しては、それだけでかなりの説明を要するために詳細に関しては以下の関連記事を参考にしていただければ良いと思います。

Revolutをd払いに登録して還元率+0.5%をアップ

Revolutは3Dセキュア本人認証に対応しているので、PayPayd払いなどのコード決済に登録することが可能です。

Revolutはd払いへ登録可能

特に還元率にこだわるならd払いRevolutは登録できますので、+0.5%の還元率を上乗せできます。

図解するとこんな感じです。

Revolutコース

この方法なら誰でも高還元率を狙えますが、一番メリットがあるのはドコモ回線です。

ドコモユーザーであればRevolutを料金の支払い方法に選択して、電話料金合算払い(通称キャリア決済)でd払いを使えば、「d払いステップアップボーナス」によりさらに+2.5%の上乗せを狙えます。

RevolutをPayPayに登録すると色々なところで支払える

コード決済で登録すると便利なのがPayPayですね。

とくに地方のお店では、カード・電子マネーは対応していないがPayPayはOKというお店が多いため、こういった還元率の高い方法で支払えるならPayPayに登録して支払いに使えば、Revolutをほぼどこでも決済に使うことができます。

ただ2月~3月は超PayPay祭によりPayPayカード登録したPayPay払いが最大4%還元ですので、こっちのほうがメリットは大きいですね。

関連記事

PayPayでは、4月1日~6月30日の期間で最大半額が戻ってくるスーパーマーケットジャンボが開催されます。 実は1月から継続して実施予定でしたが、2月1日~3月31日まで「日本全国全額チャンス!超ペイペイジャンボ」が開催されていたので一[…]

PayPay2022年キャンペーン!来年はスーパーで最大半額戻ってくる!

d払いは誰でもポイント多重取りが狙えるコード決済サービス

d払いは名称からしてドコモユーザーだけがお得なように感じますが、誰でも使えてRevolutを使ったポイント多重取りができるコード決済サービスです。

じゃあ早速、d払いをダウンロードしよっかという方は、ドコモユーザーでなくてもdアカウントを開設していれば利用が可能ですので、まずはdアカウントを発行しましょう。

>>dアカウント発行

>>d払い初回登録はコチラ

d払いはドコモ回線以外の別の端末にインストールして利用できる(非ドコモユーザー)

ドコモ回線保有者は、ドコモ回線で利用している端末しかd払いがインストールできません。

しかし、「ドコモ回線を持っていて家族は格安スマホにしている場合」とか「ドコモ回線はもっていなくて格安スマホにしている場合」など、家族が持っている複数台のスマホにd払いをインストールして1枚のMIXI Mで支払うなんてことも可能です。

これで家族が格安スマホを導入していてもd払いを利用してもらって、ポイントもまとめることが可能です。

手順としては以下の順で行いましょう。

  1. dアカウントを別に作る
  2. 2台目もしくは家族のスマホにd払いをインストールして別に作ったdアカウントで登録
  3. 別に作ったアカウントと代表会員アカウントをポイント共有グループにする

実は2台以上のスマホでd払いが使えないのは、ドコモ回線保有者だけの仕様です。

なんでなんでしょうね。ドコモのやっていることは、いつもさっぱりわかんないんですよね。

まあドコモ回線となんら関係のないdアカウントを別個に作っておけば、ドコモの謎仕様でも複数のスマホ(格安スマホ)にd払いをインストールして利用することができます。

またポイント共有化グループを作成した時に代表会員のアカウントは、ドコモ回線・ドコモ光・dカードいずれかを契約しているアカウントになります。

dアカウントを別に作る

別のdアカウント作るときは、別にフリーメールをたくさん用意しなければならないわけではないです。

例えば、Gmailではエイリアス機能があり、複数のメールアドレスを一つのメールアドレスで管理できます。

例えば、docomo@gmail.comというメールアドレスがあったとして2名の家族の格安スマホ用にアカウントを作る場合は、それぞれのアカウントに以下のようにメールアドレスを設定します。

  • 【代表会員】docomo@gmail.com
  • →【配偶者】docomo+d1@gmail.com
  • →【子供】docomo+d2@gmail.com

これで2つのアカウントを作れましたが、メールは元のメールアドレス「docomo@gmail.com」に来ますので、それぞれのアカウントで利用しているd払いの利用通知も【代表会員】の「docomo@gmail.com」にくるようにできます。

2台目もしくは家族のスマホにd払いをインストールして別に作ったdアカウントで登録

例えば3人家族だとして、Gmailのエイリアス機能で、1つのメールアドレスで3つのアカウントを作れたら、【配偶者】・【子供】の格安スマホにエイリアス機能で作ったメールアドレスで作ったアカウントを登録し、支払い元のカードを設定します(1つのカードでまとめてもOK)。

設定できるのは、3Dセキュアが設定できるクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードですので、Revolutを設定しましょう。

【注意点】同じアカウントで2つの端末でd払いを設定してしまうと、3Dセキュアは1つしか使えないため、支払いの度に3Dセキュアのパスワードを入力しなければならなくなります。

別に作ったアカウントと代表会員アカウントをポイント共有グループにする

今回作った複数のアカウントをポイント共有グループでまとめると、それぞれのアカウントで獲得したポイントはすべてまとめて利用(貯まる・使える)できます。

まとめるときはドコモショップに行かなくてはならないデメリットは存在しますが、不便なのをずっと我慢するよりは良いと思います。

ポイント共有グループ

このときに代表会員アカウントにするのは、ドコモ回線・ドコモ光・dカードいずれかを契約しているアカウントになります。

ですので回線がなくてもdカードdカードGOLDさえあれば、ポイント共有グループを作れます。

この際なので年会費無料のdカードを作ってグループを作るか、回線契約でグループを作るときはahamo(アハモ)なら月額2,970円と格段に安いのでこれでも良いと思います。

ドコモでもahamo(アハモ)なら、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」に対抗したドコモの新料金プランで国内通話料金5分無料、データ容量は20GB/月で2,970円と従来のプランに比べて非常に安く、キャリア決済を使える「d払いステップボーナス」のドコモ回線対象となります。

【まとめ】d払いにRevolutを登録して最強の還元率を狙う方法

MIXI Md払いの組み合わせは便利だったのですが、ドコモ側はMIXI Mを嫌っていましたのでいずれは封鎖されると思っていました。

ですので驚きはありません。

代替として2022年1月20日に登場したRevolutメタルプランでは、月額1,980円の料金を支払う代わりに1%のキャッシュバック特典と今回のポイント多重取りの途を開くことができます。

名目ではデビットカードですが、残高にau PAY プリペイドカードからからチャージできる点が同じく1%のキャッシュバック率であるトヨタウォレットと異なる点でしょう。

このRevolutによるポイント多重どりで活躍するJQ CARD エポスゴールドは、直接申し込む方法は実はありません。

JQカードエポスで利用実績を積み重ねて、エポスからもらえるインビテーションに乗って切り替えができる年会費無料のゴールドカードです。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポスからインビテーションで切り替えますが、JQ CARD エポスではポイントサイト案件が存在しません。

そのためハピタス経由のエポスカードの申し込みなら7,000円相当(通常6,000円+ボーナス1,000円)のポイントが獲得できますので、ポイントを受け取り終わったらJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

ハピタスへの登録は、このサイトからなら特別紹介特典として合計1,100円(登録で100円&500pt以上の広告利用で700円+登録から7日以内のおすすめショップ利用でさらに300円)が獲得できます。

さらにエポスカードは申込時に紹介者からの「ご紹介番号」を入力して申し込むとさらに500円相当のポイントが加算されます。

当方は「JQカードエポスゴールド」保有者なので、申し込まれた際に申込みシートに以下の「ご紹介番号」を入力ください。

「ご紹介番号」→22040186427