三井住友カード「かぞくのおさいふ」がアップデートで0.5%還元へ!使い方も解説!

クレジットカードは便利ですが、家族にも家族カードを渡しているといくら使ったのか、使いすぎていないかなどの家計管理が難しくなっちゃいますね。

それを解決するのが「プリペイドカード」です。

プリペイドカードならチャージした残高以上使うことができませんので、予算に応じて予めチャージしておけば、残高以上に使う心配がありません。

三井住友カードの「かぞくのおさいふ」というサービスは、このようなニーズに応えた先進的なサービスです。

この「かぞくのおさいふ」とは主に3つの特徴があります。

  1. 予め毎月の予算分をクレジットカードで入金し、家族単位で管理する
  2. 食費・日用品などのテーマごと、もしくは子供ごとにプリペイドカードを発行し個々の財布としてチャージして利用する
  3. カード紛失時のロック機能や海外利用やネット決済の停止などの利用制限サービスも実装

これまでは「かぞくのおさいふ」の利用で0.25%の還元率だったのですが、2021年9月2日から三井住友カードからのチャージでも0.25%のポイントが獲得できるようにアップデートされています。

しかも10月31日まで入会チャージで500円がもらえるキャンペーンも開催されているので、検討中の方にとってはいい機会だと思います。

 

この家計管理が便利な「かぞくのおさいふ」が利用できる三井住友カードは、カード券面からナンバーがない先進的な機能を搭載した「三井住友カードNL(ナンバーレス)」なら新規入会と利用で最大10,000円還元するキャンペーンを開催中です。

先進的な機能を満載した三井住友ナンバーレスカード(NL)
3.5

三井住友カードNL

①今なら新規入会と利用で10,000円相当の新規入会特典
②セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルトでは、Visaタッチ・MasterCardコンタクトレスでは5%ポイント還元
③Vポイント優待サイト「ポイントUPモール」・ココイコ!の活用で高い還元率を実現
■ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて、4,000円相当のポイントがもらえます。
■ライフメディアは下のボタンからの登録と合計5,000円以上の広告利用で2,000円相当のポイントがもらえます。

関連記事

三井住友カードはカード券面からカードナンバー・有効期限・セキュリティーコードの表記をなくした「ナンバーレスカード(NL)」という斬新なカードを新たにリリースしています。 三井住友カードを新たに申し込もうとされていた方にとっては、朗報だと思[…]

三井住友ナンバーレスカード(NL)の申込みでお得なポイントサイト

「かぞくのおさいふ」とは?

三井住友カードの「かぞくのおさいふ」とは、世帯の家計を共通・個別でキャッシュレスで簡単に管理できるサービスです。

  • 「共通のおさいふ」にした場合は、1枚のクレジットカードと1つのプリペイドカード口座に最大2枚のプリペイドカード(家族カード)で世帯で利用する予算枠でコントロールするのに向いています。
  • 「個別のおさいふ」にした場合は、1枚のクレジットカードと最大9枚のプリペイドカードでそれぞれのプリペイドカードに口座があり、それぞれで残高を管理するイメージです。

例えば仕送りや子供のお小遣いなどで使いすぎを防止するのに便利です。

また家計を管理するお父さん・お母さんに家族が利用時にもメールが届くので、家族の利用も確認できます。

「共通のおさいふ・個別のおさいふ」とは

かぞくのおさいふ」の「共通のさいふ」・「個別のおさいふ」とは家族構成等によって使い分けられる機能です。

「共通のさいふ」

本会員1枚につき1つのプリペイドカード用口座に最大2枚プリペイドカードとなり、2名で共通のプリペイドカード残高を共有します。

例えば、食費・日用品で使用する予算枠を1つの口座にチャージして、夫婦でその共通の残高をプリペイドカードで共有で使用するイメージです。

「個別のさいふ」

本会員とは別に9枚プリペイドカードを発行でき、それぞれ別の残高を共有します。

例えば、大学生などの仕送りや、子供の人数だけ「個別のさいふ」を発行して、予算枠毎に残高をチャージして管理します。

利用の仕方のモデル

夫婦で「共通のさいふ」を利用し2枚のプリペイドカードで残高を分け合い、「個別のさいふ」で子供(最大9人分)へ個別の残高を分けることができます。

従って一世帯で最大11枚のカードを利用できることになります。

カードデザインは以下のよう2種類×7色になります。

「かぞくのおさいふ」(Visaプリペイド)基本情報

  1. 申込み条件:6歳以上(小学生以上)
  2. 利用できる店舗:Visa加盟店/Visaタッチ決済加盟店(非接触はiD加盟店)
  3. 基本還元率:0.25%(翌月10日、残高にキャッシュバック)
  4. チャージ方法
    ・VJA・オムニカード協会加盟各社発行のカードによるクレジットチャージ(無料)
    ・その他のVisaカード、Mastercardでのお支払い(手数料204円)
    ・インターネットバンキング(手数料204円)
    ・セブン銀行ATM(無料)
    ・ローソン店頭(無料)
  5. 残高上限:30万円
  6. 残高送金機能:相手を指定して1円単位で残高の移動が可能
  7. オートチャージ(クレジットカードによるオートチャージ設定が可能)
    ・オートチャージ条件1 :毎月1回、指定日に指定額をチャージ
    ・オートチャージ条件2 :決済時に残高が下回った場合に、指定額をチャージ
  8. カードデザイン:2種類×7色=合計14種類
  9. 年会費・発行手数料無料

物足りないのは、還元率が0.25%というところですね。

400円ごとに1円のキャッシュバックですので、子供の少額決済では場合によってはまったくキャッシュバックは期待できないかもしれません。

あと大多数の方が気になっていると思うのが三井住友カードでチャージしたらポイントは付与されるのか?という点ですね。

2021年9月1日まではポイント還元がなかったのですが、冒頭に説明したとおりアップデートされて9月2日から三井住友カードからのチャージで0.25%のポイントが付与されるようになりました。

チャージで0.25%+利用で0.25%=0.5%となりますが、それでもそんなにたくさんのポイントがもらえるというわけではないです。

ですので「かぞくのおさいふ」は、ポイント還元率という「攻め」の部分よりも家計をしっかり管理して使いすぎを防止するという「守り」を重視した設計だと思ってもらったほうが良さそうです。

共通のさいふ個別のさいふ
残高の管理本会員と家族一人が残高を共有本会員とは別の残高を共有
家族カード枚数本会員1名につき1枚まで本会員1名につき9枚まで

「かぞくのおさいふ」(Visaプリペイド)の便利な使い方

還元率はイマイチでも、プリペイドカードとしては便利な機能が充実しています。

送金機能

「かぞくのおさいふ」の便利な使い方は、家族間で相手を指定して1円単位で送金できるところです。

本会員が個別にチャージしたあと、どうしても足りないなどの問題があったとき、連絡して家族間で送金できるところはKyash Card6gramと同様の便利さがあります。

オートチャージ機能

またプリペイドカードなので、使いすぎる心配が無いのも良い点ですが、逐一残高にチャージしなくてもオートチャージする機能も備わっています。
この機能は本会員向けだと思います。

オートチャージの条件は以下のとおりです。

  • 決済時に一定の残高を下回ったら、あらかじめ指定された金額を自動的にチャージできます。オートチャージを行う残高の水準やオートチャージする金額をご指定できます
  • 毎月決まった日に、あらかじめ指定した金額を自動的にチャージできます。オートチャージを行う日程やオートチャージする金額を指定できます。

セキュリティ機能

Visaプリペイドは、プリペイドカードでありながら、本人確認(3Dセキュア)に対応していますので、ネット通販などにも対応できます。

この機能はdカードプリペイドANA JCB プリペイドカードでも採用されている機能であり、不正に利用するには固有のパスワードを突破しなければならないので、不正に対して強い設計です。

Apple Pay・Google Payへの対応

スマホ決済のApple PayGoogle Payへは、iD決済で対応しており、非接触決済が利用できます。

またカード自体でも、非接触決済でスタンダードになっているVisaタッチ決済が利用できます。

「かぞくのおさいふ」で500円以上チャージで500円キャッシュバック

三井住友カードの「かぞくのおさいふ」は、利用促進のためのキャンペーンも展開していますので、おさえておきましょう。

キャンペーンの概要は、以下の通りです。

■期間:2021年8月2日~2021年10月31日

■「かぞくのおさいふ」に家族の方が新規入会

■「かぞくのおさいふ」の残高に累計500円以上チャージ
保有する「かぞくのおさいふ」が2枚で、2枚にそれぞれ500円をチャージしても付与されるのは500円のキャッシュバックのみです。

【まとめ】三井住友カード「かぞくのおさいふ」がアップデートで0.5%還元へ!

三井住友カードの「かぞくのおさいふ」は、世帯の家計を一元管理できるという機能に特化したすぐれたプリペイドカードです。

無駄使いすれば高い還元率も意味はないので、攻めよりも守りを重視した家計管理にピッタリですね。

こういった守りを重視した取り組みやサービスは追随するところもなく、「かぞくのおさいふ」の独壇場になっています。

また「かぞくのおさいふ」そのものの還元率は0.25%と低めですが、Visaタッチ・Apple Pay/Google Payなどの先鋭的な非接触決済も可能である点も素晴らしく便利です。

その三井住友カードは、三井住友ナンバーレスカード三井住友ナンバーレスゴールドカードなど先進的なデザインの新券種とSBI証券での積立投資でポイント還元される仕組みなど、積極的な取り組みが目立ちますね。

関連記事

先進的なデザインの三井住友カードNLにゴールドカードが登場しました。 年会費は通常のゴールドカードの半額となる5,500円ですが2021年9月30日までの申込みは初年度年会費無料、さらに年間100万円の利用を達成すると翌年以降の年会費もな[…]

三井住友カードゴールドNL登場!一回の100万円利用で年会費無料&年間1%相当のボーナスも!

かぞくのおさいふ」は、とくに子供向けの最初のキャッシュレス決済のツールとして、ピッタリですのでこの機会に検討してみたらよいかと思います。

先進的な機能を満載した三井住友ナンバーレスカード(NL)
3.5

三井住友カードNL

①今なら新規入会と利用で10,000円相当の新規入会特典
②セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルトでは、Visaタッチ・MasterCardコンタクトレスでは5%ポイント還元
③Vポイント優待サイト「ポイントUPモール」・ココイコ!の活用で高い還元率を実現
■ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて、4,000円相当のポイントがもらえます。
■ライフメディアは下のボタンからの登録と合計5,000円以上の広告利用で2,000円相当のポイントがもらえます。