ドコモユーザー以外でもメリット絶大な「dカード 」のお得な使い方を解説!

dカード・dカード GOLDは特にdカード GOLDなら、年間ご利用特典があるため年間100万円以上利用すれば年会費はすぐにペイできますが、では年会費無料の一般カードであるdカードは、ドコモユーザー以外でもメリットがあるのか解説したいと思います。

dカードは年会費無料・1%の還元率のクレジットカードです。

これくらいならどこでにもあるカードとあまり変わらないはずですが、勿論十分メリットがあります。

dカードのスペック

dカードは年会費無料・1%の還元率・たまるポイントはdポイントというドコモの一般カードです。

基本的なスペックは以下のとおりです。

還元率1%
国際ブランドVISA・MasterCard
発行会社ドコモ
年会費無料
ETCカード初年度年会費無料(1回でも利用があれば翌年度も無料)
家族カード無料
お買物あんしん保険年間100万円

ETCカード・家族カードが無料なのは最近のカードとしては非常にめずらしいです。

ETCカードについては1回でも利用があれば翌年度も無料ですので、利用する場合申請しましょう。

このカードのメリットは以下の5つです。

  1. 基本還元率は1%でさらに「特にお得になるお店」でポイントアップ(数%off特典も)
  2. こえたらリボ利用で還元率を+0.5%上乗せ(実質1.5%還元)
  3. dショッピング利用で+3%還元

以上の3つのメリットを順に解説します。

①基本還元率は1%「特にお得になるお店」でポイントアップ(数%off特典も)

dカードは、基本還元率1%ですが「特にお得になるお店」が設定されており以下のお店の利用ではポイントアップ・割引特典が受けられます。

ちなみにポイントの付与は100円ごと1決済ごとです。

特約店名ポイント還元率割引率
マツモトキヨシ3%
メルカリ2.5%
スターバックスカード4%
ドトールバリューカード4%
dショッピング2%
dトラベル2%
JAL2%
エネオス1.5%
オリックスレンタカー4%(iD)
ノジマ1%3%割引

上記は一部ですので、詳細を確認したい場合はコチラを確認してください。

    この中から2020年にはローソンが脱落していますが、コード決済のd払いでは対象店舗となるときがありますので、それを活用していけば無問題だと思います。

②こえたらリボ利用で還元率を+0.5%上乗せ(実質1.5%還元)

リボ払いは一般的には、手数料が年率15%かかるためデメリットが大きいと理解されているので回避される傾向にあります。

しかし、dカードに関しては、「こえたらリボ」で手数料が発生するとdカードのご利用代金1,000円(税込)ごとにもれなく5ポイントがプレゼントされますので還元率が最大+0.5%アップします。

「こえたらリボ」とは、毎月支払う金額を設定しておき、それを超えた場合にリボ払いになるサービスです。

dカード超えたらリボ

上の図のように3万円を設定している場合、3万円を超えた部分の2万円が自動でリボ払いとなり、年率換算15%の手数料(2万円リボになっていれば1日あたり8円手数料がかかる計算です)がかかってきます。

これに対してdカードでは、手数料が1円でも発生していれば支払っている3万円に対して0.5%相当の150ポイントが加算され、基本還元率とあわせて1.5%還元されます。

毎日の手数料が8円相当なら30日で240円ですのでポイントアップ分を上回ってしまい損しますが、この手数料が数円というレベルにまで最小化されれば問題ないわけです。

こえたらリボの手数料最小化方法

先程の画像のように3万円をこえたらリボに設定していれば、手数料を数円レベルの発生に抑えるために3万100円~3万1,000円などのようにほんの少しだけ設定した金額を上回るように利用すれば、100~1,000円ほどリボ残高として残して月1~12円程度の手数料に抑えることが可能です。

一方で支払った3万円に対しては、基本還元率1%に加えて+0.5%分の150ポイントが増えていますので、150pt-(1~12円)=149~138円相当のポイント分メリットがあったことになります。

後はリボ残高分が数百円程度残っていれば、設定金額まで利用しておけば延々とリボ手数料が数円かかって、ポイントは通常よりも+0.5%多くもらえます。

支払額の調整はプリペイドカード6gramで

問題は設定した金額まで利用する調整の仕方だと思います。

この調整に便利なのがプリペイドカードです。

以前はKyashCardが活躍していましたが、クレジットカードからチャージした残高の支払いが還元率1%→0.2%に低下したことで、出番が大幅に減っておりむしろJQ CARD エポスゴールドからチャージしている6gramにチャージして利用したほうが調整という面では無駄な残高が散らばらないので便利だと思います。

6gram

6gramにはMixiが運営しているプリペイドカードで招待制です。

6gramは招待制ですので、ご希望の方はtwitterでcohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

最初だけリボ残高を1,000~1,500円ほど残さないと手数料が発生しないことがある

ちょっとだけリボ払いに設定した金額を超えた利用を行えばリボ手数料が発生し、dカードのポイントアップになることはわかったと思います。

ところが初回に限ってはリボ残高に関して注意する必要があります。

手数料を最小限にしようとして100円だけリボ残高を残しても最初は手数料が発生しないのです。

dカードの制度では15日締めの翌月10日支払いになっていますが、初回に限って手数料が発生するのは、その基準日の15日から5日間が基本です。

そのため5日間の計算で手数料が発生するのは500円以上、10日が日曜日であれば計算は4日間ですので700円以上、10日が土曜日であれば計算は3日となり900円以上超えておかないと手数料は発生しません。

そのため土日祝日が最悪でやって来る場合を想定して、初回のみ1,000~1,500円位は設定金額を超えた状態にしておけば曜日まわりが最悪でも手数料が発生します。

還元率をアップさせたらd払いで利用しよう

dカードで「こえたらリボ」を活用して、ポイントを+0.5%アップさせて1.5%の還元率で利用できるようになったら主に使いたいのはd払いの支払い元としての利用です。

d払い

というのはd払いに利用すればコード決済の還元率+0.5%が加算され2%の還元率で常時使えるようになるからです。

またd払いの10%~20%の大型還元キャンペーンでもd払いの支払い元は、dカード・dカード GOLD・d払い残高払いとなっており、d払いの還元率を最大限引き出すのはやはりdカード・dカード GOLDだからです。

③dショッピング利用で+3%還元

dショッピングは食品から家電まで幅広い品ぞろえの総合通販サイトですが、正直使い勝手はイマイチです。

dショッピング

ところが毎月20日にはdショッピングデーというセールがあり、20%もポイント還元されます。

しかもdポイントを使って支払ってもポイントが20%つきますので、期間・用途限定ポイントを活用するにはdショッピングデーが欠かせないと思います。

dショッピングデーは、ドコモユーザーじゃなくても参加できますが、dカードがあったほうがメリットが大きいです。

どれくらい効果があるのか表にまとめてみました。

dショッピングデーポイントアップ一覧表

項目ポイント還元
dカード・dカード GOLD3%(カード基本還元率1%+2%)
dショッピング基本ポイント1%
dマーケットマスター+4%
dショッピングデー+19%
合計27%

dカードがあれば基本還元率1%に加えて2%ポイント還元率がアップしますので、dショッピングデーを使いこなすにはdカードが必須です。

それにしてもうまくやれば27%ポイント還元ですので、楽天市場よりもすごい内容ですね。

dカードのデメリット

dカードはメリットだらけではなく、デメリットも存在します。

  1. 1決済毎にポイントが付与されるために端数が無駄になる
  2. 1.5%より高い還元率のクレジットカードは他にもある
  3. dカードプリペイドカードへのチャージは還元率0%

①1決済毎にポイントが付与されるために端数が無駄になる

例えばエポスカード ・三井住友カードでは、月間の利用額合計にポイントが付与されるため、ほぼ無駄にならずにポイントが付与されます。

合計額では199円以下の端数が出ればそれにはポイントがつきません。

ところがdカードでは、100円ごとで1ポイントのポイント付与ですが1決済毎にポイントが付与されているため、例えば199円のものを購入すると99円の部分にポイントがつきません。

ですので結構表面上の還元率よりも低めと考えたほうが良いと思います。

これを解決するにはプリペイドカードにチャージして、利用したほうが1,000円単位でチャージしますので無駄が生じませんね。

②1.5%より高い還元率のクレジットカードは他にもある

「こえたらリボ」を活用して還元率を引き上げて利用して1.5%の還元率で利用してもそれ以上の還元率のクレジットカードは実は結構存在します。

このブログでも度々取り上げているクレジットカードを5つほど挙げると以下のようになります。

ですのでやはり使い方になってくると思います。

dカードでメリットの大きい使い方は、d払いの支払い元に設定してキャンペーンで利用するとき・dショッピングデーで利用するときが最も効果を発揮してくると思います。

③dカードプリペイドカードへのチャージは還元率0%

プリペイドカードへのチャージを勧めましたが、じつはdカードプリペイドにチャージした場合は還元率は0%です。

メリットはチャージ手数料がかからないところだけですね。

ですのでやはり6gramへのチャージがメリットが大きいと思います。

ドコモユーザー以外でもメリット絶大な「dカード 」のお得な使い方:まとめ

dカード(一般カード)のメリットとデメリットを解説しました。

メリットを引き出すには、やはりd払いdショッピングデーを活用すれば圧倒的な還元率を実現できます。

そのためメインカードに据えたカードでできない部分を保管するカードとして申し込めば良いと思います。

したがって国際ブランドもメインカードがVISAブランドであれば、dカードはMastercardで申し込むなどして、国際ブランドを分散させてメインカードでできない内容を補う使い方をすればメリットは絶大だと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

ポイント投資なら「ネオモバFX」
↓↓↓

TポイントがFX取引に使えて、1通貨単位の取引ができます。

1通貨単位の取引ができるので、3通貨ペアの取引量を同一にして「3すくみ・トラリピ」でローリスク・ハイリターンな運用が可能です。

Tポイントを現金化し翌営業日には出金することも可能です。