JQ CARD エポスゴールドへの切り替え手順

エポスカードからJQ CARD エポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)インビテーションによりJQ CARD エポスから、驚異的な還元率を誇るJQ CARD エポスゴールドへ切替えを行うことができます。

このインビテーションによるカード切り替えが驚異的な還元率のJQ CARD エポスゴールドを年会費無料で保有するもっとも有効な方法です。

何度かブログでご説明していますが、JQ CARD エポスゴールドは以下のメリットがあるためメインでもサブでも利用できる万能のカードです。

主要なメリット
①3つの店舗・サービスを指定すると、指定された店舗・サービスは3倍ポイントつまり1.5%の還元率になります。
しかも年間のボーナスポイントとリボの繰り上げ返済によって、合計3.0%の還元率で 3つの選べるポイントアップショップが利用できます。
これには、モバイルSuicaが含まれていますので交通系はコレ一本でいけます。
またYahoo!公金払いも選べるため、税金の支払いも高い還元率で支払いできます。

② ①で少し触れましたが、年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与、100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与となります。

③ 同じく①で概出していますが、支払いをショッピングリボに指定しておいて、請求額確定6日までにATMで全額返済すれば+0.5%還元率をアップ できます。

他、JR九州からの新幹線で利用できる「eきっぷ」などが割安でお得です。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]



このため是非とも入手しておきたいカードですが、JQ CARD エポスから年間50万円前後利用するとインビテーションが届くようです。
期間はまちまちですが、私の場合は6ヶ月で届きました。
では以下に、間違ったりしないように実際に行った切り替え手順を説明したいと思います。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

JQ CARD エポスゴールドへの切換え

年間50万円程度のカード利用でインビテーションが届きますが、
・エポスカード会員サイト「EPOS net」へログイン後
・スマホアプリ「エポスカード」へログイン後
下記のような画面がでてきます。

この画面より申し込みを行うと、約1週間程度でカードが届きます。

手順①署名

クレジットカードは貸与されているものであって、不正利用された場合にサインがなければ保険がおりない場合があります。

規約にも書いてありますので、店舗で署名がないことを咎められたとしても、署名をしていない(義務を果たしていない)ほうが悪いです。
最低限の義務です。

手順②カード受け取り確認

次にエポスカード会員サイト「EPOS net」へログインすると、上記のようなカード受け取りの確認画面が表示されますので、指示に従ってゴールドカードを有効化します。

このとき以前使っていたカードは無効化されます。
これ以降の手続きが一通り終われば、以前使っていたカードはハサミを入れて破棄します。
※以前使っていたカードに紐付いているETCカードプリペイドカードは、そのまま有効期限まで利用できます。
誤って破棄しないようにご注意願います。
※インビテーション前のJQ CARD エポスSUGOCAへオートチャージをしていた場合は、すでに新しいカードで引き継がれていますので再設定の必要はありません。

手順③選べるポイントアップショップを3つ選ぶ

冒頭にも記述しているように、3倍のポイントアップとなる店舗やサービスを3つだけ選択できます。
この選択を行うと、3ヶ月有効となり選択した店舗やサービスでの決済がポイント3倍つまり1.5%の還元率となります。

選択できる店舗・サービスは実に様々あるのですが、参考までに登録ショップベスト10は以下の通りとなります。
1位)アミュプラザ
2位)JR九州
3位)ユニクロ
4位)九州電力
5位)マルイ
6位)イオン
7位)エネオス・エッソ・モービル・ゼネラル
8位)セブンイレブン
9位)無印良品
10位)ETC利用

ですが当方が選択した第一のポイントアップショップは「モバイルSuica」ですね。
交通系ICとして相互利用できますので、都市部での公共交通機関の利用で困ることがないです。
また前述の年間ボーナスリボ繰り上げ返済を繰り出せば、3.0%の還元率でモバイルSuicaを利用できることになります。
九州在住でJR九州を利用する場合は、JR九州を登録後、SUGOCAのオートチャージの申請を出しておく必要があります。

第二に、ETCは自動車での移動が多い方は有利ですね。
ETCカードは前述していますが、以前のまま有効期限まで利用できます。
ちゃんと引き継がれています。

第三は、税金の支払い前3ヶ月前ならば、Yahoo!公金払いを設定しておくと、高還元率で税金を支払えちゃいますね。
ふるさと納税に利用している場合も非常に有利です。

他は1%の還元率を誇るプリペイドカード「Kyash」で利用できない公共料金が良いでしょう。

関連記事

イギリスでは税金はApplePayやGooglePayで支払い可能で非常に便利なのですが、日本では大半は支払いは納付書で行われています。支払いは普通にコンビニや金融機関窓口で支払ってもよいのですが、ただ払うだけでは得るものは何もありません[…]

手順④カード情報の変更手続き

特に水道・ガス・電気・プロバイダー・携帯電話料金・NHK・ネットフィリックスなどの固定の支払いは要注意です。
他、Google、Microsoftなどのサブスクリプションサービスへの支払いも、忘れたことにやってくる可能性があります。
Amazonを始めとするECサイトでカードを登録していた場合も変更しておく必要がります。
もっともこういったときのためと、カード情報が流失したときのリスクのために、ECサイトへは「Kyash」などのプリペイドカードを登録しておくほうが無難です。

確実なのは、以前利用していたカードの明細を確認しながら、どのサービスを以前利用していたJQ CARD エポスで支払っていたか確認することですね。

手順⑤エポスファミリーゴールドカードの申込み

数ある家族カードの中でエポスファミリーゴールドカードは最もおすすめできる家族カードです。

これは招待制になっており、JQ CARD エポスゴールド・エポスゴールド会員になった方がご家族を招待するという形式で申し込むことができます。

このサービスの特徴は、通常のゴールドカードの特典に加えて、「エポスファミリーゴールドカード」は固有のサービスが存在します。

①家族全員がゴールド会員であるとき家族全員の決済金額の合計が
・100万円以上→1,000Pボーナス
・200万円以上→2,000Pボーナス
・300万円以上→3,000Pボーナス
※ひとりでもプラチナであれば上記の2倍になります。
※勿論これまで紹介していたゴールドカード固有の特典は不変のままです。

②家族間でポイントのシェアができる

③年会費が無料でゴールドカードを保有できる

以上の3つになります。

前述のようにエポスファミリーゴールドカードは紹介制のカードです。
従って以下の制約があります。
1)ゴールド・プラチナ会員だけが招待を行える
2)紹介できるのは2親等以上18歳以上
3)発行にあたっては審査が必要
審査が必要となればそう簡単ではないですね。

しかし、エポスファミリーゴールドが発行できれば、JQ CARD エポスゴールドの固有の問題である100万円の利用が還元率がMAXとなり、それ以上使えば還元率が低下する問題が解消されます。
つまり家族カードを1枚でも発行できれば100万円問題は解消され家族合計で200万円の利用が還元率MAXになります。

手順⑥JRキューポポイントサービスの設定

今回、とどいて有効化したJQ CARD エポスゴールドを下記の図の「おまとめ登録」の赤枠の部分をクリックして登録しておきます。
登録することでJQ CARDのクレジット決済とJR九州の利用分とSUGOCAの利用分のポイントが一つのアカウントでまとまります。

手順⑦SUGOCAオートチャージ設定

実は一番間違えやすいのが、SUGOCAのオートチャージ設定です。
てっきりJR九州のサイトからだと思ったのですが、JQ CARD エポス・JQ CARD エポスゴールドはJR九州のサイトでは登録できません。
実は エポスカード会員サイト「EPOS net」の かなり左下の赤枠の部分にひっそりと設置されています。

記入の際は、手元にSUGOCAカードを用意して、裏面の番号を記入して送信すると、メールで【「SUGOCAオートチャージ」の申込み完了のお知らせ】が届きます。
大体1週間位で登録に関する連絡が登録の自宅住所へ届きます。
※インビテーション前のJQ CARD エポスSUGOCAへオートチャージをしていた場合は、すでに新しいカードで引き継がれていますので再設定の必要はありません。

SUGOCAはJR九州管区内のICカードですので、オートチャージはJR九州の改札しかできません。
前述の選べるポイントアップショップにJR九州を設定しておけば、チャージ時には1.5%の還元率となります。

SUGOCA」はJR九州路線内で使う限りは、普通に乗ると自動改札で引き去った金額の1.0%、特急券では5%、地下鉄ではJR管区内(唐津線)に掛かれば乗車のたびに10ポイントです。
JRを利用するのであれば十分な還元率です。

JQ CARD エポスゴールドを利用していて貯まるポイント「 JRキューポ」は、ポイントチャージ機能付自動券売機で「SUGOCA」のカード残額に追加(ポイントチャージ)できます。
これにより貯まるポイントは1.0%以上の価値が付与されていくことになります。

JRキューポの交換先を改めて確認

このカードで貯まるポイントは JRキューポであまり馴染みのないポイントですね。

JRキューポの主な交換先ですが、
・エポスポイント
・Tポイント
・Ponta
SUGOCA
Gポイント
以上の5つに等価交換できます。

SUGOCAに関しては前述していますので、特に説明は不要ですね。
Pontaについてはau Walletと統合されますので様子を見守ることにしましょう。
他のポイントを説明します。

エポスポイント→エポスのVISAブランドのプリペイドカードへチャージ
エポスポイントだと、エポスのVISAブランドのプリペイドカードへポイントでチャージすると0.5%の還元率で利用できます。
しかもVISAなので、出口戦略としては利用場所が多いので困りません。
ですが問題はクレジットカードからのチャージはポイントがつきませんので、お得感はさほどないですね。

Tポイントへの交換
Tポイントに関しては、SBI証券のプログラムポイントとして利用できるようになったため、投資信託の購入などに活用できます。
楽天証券と同じくポイント投資が可能なわけです。
SBI証券は、本邦最安コストのインデックスファンド
・SBIバンガードS&P500インデックスファンド
・SBI全世界株式インデックスファンド
などが100円単位で購入可能です。
ポイントを消費などに損耗するよりも、投資に回して複利で巨大化させたほうが経済的自由にはより近づけます。
インデックスファンドなので、投資初年度は年利6~10%ほどだとしても複利で積み上げると、巨大化します。

同じ要領だとTポイントの利用方法としてネオモバイル証券も非常におすすめのポイントの利用の仕方ですね。
ネオモバイル証券では株式を1株から購入できます。
株主優待は長く保有している方が優遇されますが、単元株で保有しなくてもネオモバイル証券で1株持っておけば、名寄により保有していることになります。
後は他の証券会社で買いと売りを組み合わせれば、ノーリスクで株主優待を確保することができます。

ひとかぶIPO


JRキューポ
Gポイント
このルートはポイント交換サイトGポイントへ交換することで汎用性の高いポイントへ交換可能です。
Gポイントから何に交換したら良いのか、以下にピックアップしました。

SUGOCAへの等価交換は説明しましたが、バスを普段利用している方にとっては縁がなさそうです。
しかしGポイント経由では西鉄バスのポイント「nimoca」ポイントへの等価交換が可能になります。
これは手数料無料で交換でき、西鉄の交通系電子マネー「nimoca」の残高に充当できます。
「nimoca」で西鉄の交通機関(主にバス)を利用すると、路線ごとに違いますが2.0~5.0%の還元率が設定されており、月間利用額につきボーナスが付与されます。
同様に同じ公共機関であれば、関西圏で利用されているポストペイ方式の交通系電子マネー「PiTaPa」のショップdeポイントも等価交換・手数料無料です。
ショップdeポイントは、PiTaPaによる電車・バスのご利用代金として自動的に還元されるポイントサービスです。500ポイントで自動的に50円の割引が適用されます。
プリペイド方式のように一々残高を意識しなくて良いのがいいですね。
還元制度は、1ヶ月の利用で10~14%の割引となる利用額割引か、阪急電鉄や京阪電車など10の交通機関では11~30回まで利用すると10%、31回以上は15%割引される回数割引が適用されています。

②公共交通機関の利用に縁がない郊外でしたら、お近くにイオン系列の店舗がありかつ利用頻度が高いという場合は、電子マネーWAONが手数料が発生しないので使いやすいはずです。
毎月20・30日は5%offにWAON利用の1%のポイント還元となります。
毎月10日ではポイントは5倍=2.5%の還元率となります。
上乗せとして、イオンカードセレクトorイオン銀行キャッシュ+デビットのオートチャージを利用するとチャージ時に+0.5%のポイントが付与されるので、上記の還元率に+0.5%上乗せできます。

「Apple Pay」「Google Pay」でスマホでiDを利用している場合や「三井住友カードiD」を利用している場合は、iD利用金額から値引きされる「iDバリュー」への交換も手数料無料です。
これなら、利用する店舗は限定されず、コンビニもドラッグストアも利用可能です。
しかも利用したiDの金額へは、ポイントはクレジットカードのポイントが付与されますので、非常に有効です。
こちらは目下、新規入会で利用額の20%還元を行っている三井住友カードによる「Google Pay」設定がお得ですね。

④dポイントへの交換も等価交換です(ドコモユーザーのみ)。
こちらはdポイント投資に回せますので、ポイント自体が資産として価値を持ってきます。

⑤交換時にいきなり0.5%増量してくれるのがプリペイドカード「Pollet」のサービスです。
この「Pollet」は、リアルカードの「Pollet Million」とバーチャルカードの「Pollet」があり、リアルカードはセディナカードならクレジットチャージがポイント満額付与で利用できます。
またポイントサイトからのポイントを+0.5増でプリペイドカードの残高としてチャージすることができることと、商品券などの金券をやはり残高として交換できるため、散らばった休眠資産やポイントを一本化できる秀逸なサービスです。

関連記事

クレジットカードの中で、デフォルトでは最高の還元率を誇っているカードは「JQ CARD エポスゴールド」です。デフォルトの還元率は0.5%と凡百なクレジットカードと大差がないのですが、ゴールドカードに昇格すると本邦最強のクレジットカードに[…]



Gポイント の登録は、 下記のバナー経由でスタートから50ポイントが付与されます。

Gポイント

JQ CARD エポスゴールド申し込みて順は、エポスカードの申込→切り替え→インビテーションの順でOK

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、応援の程何卒よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村