SBI証券×ハピタス経由口座開設+入金で12,000円!【やり方2023年2月】

ネット証券の中でも口座数・NISA口座数がもっとも多く、国内株式個人取引シェアNo.1なのがSBI証券です。

これから資産運用をする方には、真っ先に勧めたい証券会社の一つですが、口座開設するときは公式サイトから申し込むよりも、企業の広告を会員向けに掲載しているポイントサイト経由で口座開設すれば、タイトル通りのポイントがノーリスクで獲得できます。

 
cohamizu
今なら、ハピタス経由の口座開設&入金で12,000円相当のポイントがもらえます。

SBI証券の口座開設案件でポイントが高いハピタスは、この広告に限らずクレジットカードや証券会社などの口座開設などポイントサイトの中でもポイント還元が高いオススメのサイトです。

ハピタスへの新規登録は、このサイト経由で特別紹介特典として合計1,110円がプレゼントされます。

つまりハピタス新規なら合計で最大13,110円相当のポイントが獲得できます。

ハピタスにまず登録して必ず経由して口座開設を行いましょう!

国内株式個人取引シェアNo.1「SBI証券」
4.5

①アクティブプランなら株式取引合計100万円まで手数料無料(9月から完全無料化)
②Tポイント・Pontaポイント・dポイント・Vポイントを利用した投資信託の購入が100円から可能
③三井住友カード決済で投資信託の積立投資が0.5~5%の還元率
④単元未満株の取引も2022年7月から完全無料化
■口座開設はハピタス経由の口座開設+5万円の入金で12,000円相当のポイントが獲得できます。

SBI証券×ポイントサイト経由口座開設広告のポイント還元比較

SBI証券の口座開設、ポイントサイトに登録して経由して発行することで、ポイントサイトからかなりのポイントがもらえます。

SBI証券は、各ポイントサイトで掲載されており、口座開設&入金でポイントがもらえるところと、口座開設だけでポイントがもらえるところがあります。

ハピタス経由は、口座開設と入金が条件になっていてややハードルが高くなりますが、ポイント還元は当然一番高くなっています。

Powl経由なら入金などの条件がなく口座開設だけでポイントがもらえます。

SBI証券 ポイントサイト経由のポイント ポイントサイトの新規入会特典
ハピタス 12,000円相当(口座開設+入金) 登録&広告利用で最大1,110円
モッピー 11,000円相当(口座開設+入金) 登録&ポイント獲得で最大2,000円
Powl 10,200円相当(口座開設) 登録&招待コード(TDRSCHQAFP7)1,000円
ポイントインカム 10,000円相当(口座開設) 登録&ポイント交換で300円+アマギフ1,000円分
ECナビ 10,000円相当(口座開設) 登録&ポイント交換で最大1,150円
ちょびリッチ 10,000円相当(口座開設) 登録&ポイント獲得で2,100円

ハピタスは、この広告だけでなくクレジットカード発行、証券会社・FX口座開設などポイントサイトで定番ともいえる高単価ポイント広告でポイント還元が非常に高いサイトですのでオススメです。

ハピタスへの登録で+1,110円 GET


Powlは、ここのところメキメキポイントアップしているポイントサイトで、SBI証券の広告では口座開設だけで高いポイントになることがあるので要チェックです。

登録&招待コード(TDRSCHQAFP7)1,000円 GET

招待コードは、アプリの上部バナーから登録後3日以内に入力すれば紹介特典を獲得することができます。

ネット証券の口座開設なら国内株式個人取引シェアNo.1「SBI証券」がオススメ

SBI証券はネット証券最大手の証券会社の1つです。

株式、投資信託、iDeCo(確定拠出年金)、NISA、FX、CFD(くりっく株)、米国株式、債券、先物、ロボアドなど提供しているサービスは多種に渡ります。

国内株式売買手数料は非常に安く他のネット証券と比較すると際立っており、投資信託の本数でも楽天証券とトップを争っています。

1日定額(アクティブプラン)手数料100万円以下の約定代金は手数料無料

気になる国内株式の手数料は、国内株式・ETFの買付手数料で1日定額コース(アクティブプラン)なら100万円以下の約定代金は無料です。

ですので市場全体に投資する効果を狙ったETFなどを定期的に積立投資する方法なら1日100万円の約定代金は十分です。

さらに2023年9月中にSBI証券は、国内株式・ETFの手数料を完全無料化する予定となっており、手数料にこだわるならSBI証券がオススメです。

プラン比較は1日定額プランですが以下のような比較になります。

※25歳以下は現物株式手数料無料

   SBI証券   楽天証券  auカブコム証券
売買手数料/10万円 0円 0円 0円
売買手数料/20万円 0円 0円 0円
売買手数料/50万円 0円 0円 0円
売買手数料/100万円 0円 0円 0円
売買手数料/200万円 1,238円 2,200円

2,200円

投資信託本数 2,690 2,663 1,263
米国株式手数料 0.495% 0.495% 1/24から0.495%

この表は一日定額ですが、株価が1万円を超える銘柄では単元あたり100万円の約定代金をどうしても超えてしまい、かえって手数料が割高になります。

そこでSBI証券では1回あたりの手数料(スタンダードプラン)を利用していただきたいのですが、こちらもネット証券トップクラスの手数料体系になっています。

1約定あたり5万円以下55円からスタートし100万円以下535円までが、楽天証券SBI証券と同等の内容になっています。

1日定額(アクティブプラン)手数料100万円以下の約定代金は手数料無料

SBI証券では1回あたりの手数料(スタンダードプラン)では、1約定あたり5万円以下55円からスタートし100万円以下535円までが、楽天証券SBI証券と同等の内容になっています。

  SBI証券 楽天証券 auカブコム証券
0円超~5万円以下 55円 55円 50円
5万円超~10万円以下 99円 99円 90円
10万円超~20万円以下 115円 115円 100円
20万円超~50万円以下 275円 275円 260円
50万円超~100万円以下 535円 535円 460円
100万円超~150万円以下 640円 640円 約定金額×0.099%(税込)+99円
150万円超~3,000万円以下 1,013円 1,013円 約定金額×0.099%(税込)+99円 
3,000万円超 1,070円 1,070円 約定金額×0.099%(税込)+99円

また前述のように、SBI証券は、に2023年9月中二国内株式・ETFの手数料を完全無料化する予定となっており、手数料にこだわるならSBI証券がオススメです。

SBI証券は単元未満株でも完全無料!

通常株式取引は単元株である100株からの取引になるのですが(変な制度だと思います)、SBI証券では単元未満株を取引でき1株からでも株式を購入することができます。

これまでは単元未満株なら0.55%に相当する手数料が徴収されていたのですが、2022年7月4日より完全に無料化しています。

S株完全無料

ただし売却時には0.55%の手数料がかかりますので、長期保有で購入したい銘柄を計画的に購入していく方法に向いています。

よくあるのが、配当目的の銘柄を計画的に買い付けていく方法ですね。

注文受け付けは24時間可能で、市場には1日3度の発注が発生します。

S株は24時間注文可能

例えば、0:00~7:00の出勤前に注文をした場合は、その日の前場始値で約定します。

SBI証券はあらゆるポイントを利用したポイント投資が可能

SBI証券のポイントサービスは従来はTポイントでしたが、2021年11月からPontaポイント、2022年2月からdポイント、2022年5月30日からはVポイントも選択することができるようになりました。

SBI証券ポイントサービス

これで日頃ためているポイントサービスの中で、Vポイント・dポイント・Tポイント・Pontaポイントのいずれかで投資信託の購入に利用することができますし、株式取引・投資信託の保有残高に応じてポイントが貯まります。

使い勝手なら三井住友カードなら投資信託の積立購入で0.5~2%のVポイントが貯まりますので、Vポイントが一番使いやすいと思います。

ポイントを使った投資信託の購入ができる

ポイントを使って購入できる金額は100円以上1円単位と少額からのポイント投資も可能になっています。

auユーザーで貯まるポイントがPontaポイントメインなら、従来のTポイントからPontaポイントに切り替えたり、ドコモユーザーでdポイントがメインならdポイントに切り替えることもできます。

従来はPontaポイントを利用して投資信託の購入ができるのはauカブコム証券のみ、dポイント投資でも従来は日興フロッギー+docomoでETF・株式を購入できるサービスに限定されていましたが、いずれもSBI証券で一本化することができます。

取引実績によってポイントも貯まる

SBI証券では、ポイントを使った投資もできますが、取引実績によってポイントも貯まります。

国内株式現物取引 ・スタンダードプランないし現物 PTS 取引の月間手数料の1.1%相当
投資信託取引 ・対象投資信託の月間平均保有額 1,000 万円未満:年率 0.1%相当
・対象投資信託の月間平均保有額 1,000 万円以上:年率 0.2%相当
金・プラチナ取引 ・スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の 1.0%相当
新規口座開設 ・一律100 ポイント
国内株式入庫 ・1回の移管入庫につき100 ポイント

これもVポイント・Tポイント・Pontaポイント・dポイントから選択することができます。

もっとも当方の場合は、JQ CARD エポスゴールド保有者なので、JRキューポルートを利用できTポイントをPontaポイントに交換できるためメイン設定はTポイントのままにしようと思います。

関連記事

JR九州が発行しているJQカードで貯まるポイント「JRキューポ」。 九州以外の方は、ためる意味がなさそうに感じますが、「JRキューポ」のポイントサービスは非常に便利でポイ活にとっては必須のポイントハブです。 「JRキューポ」を活用し[…]

SBI証券×三井住友カードでクレカ投信積立で0.5~2%還元!

2021年6月30日からは三井住友カードで投資信託の積立購入が可能となり月5万円まで積立購入できカードの券種によって0.5%~2%のポイントが付与されます。

オススメの券種は、三井住友カードゴールドNLなら投資信託の積立購入で1%のポイント還元率ですのでイチオシですね。

三井住友カードゴールドNLは年間100万円利用で年会費が永年無料化、ボーナスポイントも1%相当付与されますので、普段の利用でも2%のポイント還元率を叩き出せる高還元率カードです。

常日頃は、KyashCardau PAYにチャージして、トヨタウォレットにチャージしてポイント二重取り・三重取りをしてメインクレカとして利用しています。

KyashCardau PAYへのチャージは、ポイント対象&年間100万円利用の対象です。

このポイント多重取りでもクレカ投信積立でも使える高還元率カード「三井住友カードゴールドNL」もハピタス経由で7,500円相当のポイントが獲得できます。

関連記事

三井住友カードゴールド(NL)は、コンビニ主要3社とマクドナルドで5%還元(家族ポイント登録で最大10%)で人気の三井住友カード(nl)の基本スペックはそのままにもっとお得になったゴールドカードです。 とくに凄いのは、記事で説明してい[…]

三井住友カードゴールド(NL)のポイントサイト経由はどこがお得(過去最高は)?

自営業・副業で開業届を出されている方は、三井住友カード・ビジネス・オーナーズゴールドがほぼ同様のスペックで、Amazon・ETC・JAL・ANAの利用が最大2.5%還元という非常に優れた特典があります。

関連記事

三井住友カードの中でも三井住友カードゴールド(NL)は、コスパに優れた高還元率カードとしてこのサイトでもメインクレカとしてオススメしています。 今回解説する三井住友カードビジネスオーナーズゴールドは、三井住友カードゴールド(NL)とほ[…]

三井住友カードビジネスオーナーズゴールドのポイントサイト経由はどこがお得?

SBI証券iDeCoでも低コストなSBI全世界株式インデックスファンドに投資できる

個人型の確定拠出年金iDeCoに関しては、取り扱いできる投資信託が限定されますので各社とも売り込みたい投資信託がラインナップされています。

楽天証券だと楽天バンガードシリーズですが、SBI証券のほうが多くの方が選ぶであろう全世界株式に1本で投資できるインデックスファンドの中でも最も低コストな投資信託「SBI全世界株式インデックスファンド」を品揃えしています。

1本で全世界株式に投資できる投資信託・ETFは以下の5つがあります(⑤はETFです)。

信託報酬/実質コスト ベンチマーク 1年リターン(2022年11月まで)
①SBI 全世界株式インデックス・ファンド 0.11%/0.122% FTSE・グローバルオールキャップインデックス 4.03%
②eMAXIS Slim 全世界株式 0.13%/0.170% MSCI・オールカントリーワールドインデックス 3.98%
③SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド 0.0638%/0.1438% FTSE・グローバルオールキャップインデックス
④楽天・全世界株式インデックス・ファンド 0.199%/0.225% FTSE・グローバルオールキャップインデックス 3.57%
⑤MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信 (2559) 0.0858% MSCI・オールカントリーワールドインデックス 3.89%

投資対象も同じ全世界株式で投資方法も指数に連動させることを目指したインデックス運用なら、パフォーマンスは大きな違いはありませんので、コストにこだわるべきだと思います。

関連記事

金融庁の金融審議会で老後30年間で2,000万円が不足するという試算がされており、老後資金として2,000万円の保有が目標といっても過言ではないと思います。 老後資金といえば、年金ですが日本の年金制度は3階建てと呼ばれる仕組みになって[…]

SBI証券iDeCoの口座開設のやり方とセレクトプランおすすめ銘柄【2021】

また高インフレ・景気低迷時に高騰が期待できる金を投資対象とする投資信託もSBI証券iDeCoではランナップされています。

当方の場合は、今年はスタグフレーションを想定していましたので、SBI証券iDeCoで金を投資対象とする「三菱UFJ純金ファンド」に100%投資して6月末まで段階で18.1%のリターンとなっています。

関連記事

個人型確定拠出年金(iDeCo)は掛金が所得控除の対象となり節税のメリットがあるだけではなく、利益確定時の課税が運用中ないので複利の効果が最大限期待できますので日本で最強の投資方法です。 運用中に本人に万が一のことがあった場合でも運用[…]

インフレに強い金に投資できるiDeCo口座はどれが良い?

実はこのiDeCo(個人型確定拠出年金)もポイントサイトにはランナップされています。

ハピタス経由のSBI証券iDeCo口座開設は5,000円相当のポイントがもらえますので、こちらも併用するとメリット大です。

ハピタスへの登録は、このサイト経由の登録なら特別紹介特典として1,110円がプレゼントされます。

ハピタスへの登録で+1,110円GET

SBI証券の口座開設ならポイントサイト「ハピタス」経由にすべき理由

ポイントサイトは、ネットショッピング・クレジットカード・証券会社などの様々な広告を掲載しており、その広告を会員が利用することで会員にもポイントサイトから報酬がポイントとして支払われます。

公式サイトを見ていただければ分かりますが、公式サイトからの新規入会で得られるのは、期間固定Tポイント100ポイントだけです。

しかしハピタス経由でSBI証券の口座開設を行って、5万円以上の入金を行えば、12,000pt(=12,000円相当)が付与されますし、ハピタスが新規登録なら1,110円相当の新規登録特典ポイントが獲得できます。

SBI証券の広告は最近変動が大きく、ポイントアップ時には画像の水準にまで達することがありますので登録しポイントアップを待つのがベストですが、現在の水準でも十分高水準です(2年前は4,000ポイントくらいでした)。

ハピタス×SBI証券口座開設で12,000円

ハピタスはポイントサイトの中でも、高い還元率を提示しているポイントサイトで、期間限定でポイントが高くなるECナビと比較して紹介することが多いです。

ですので登録して、他のポイントサイトと競ってポイントアップしてくるときを狙えば一番高いポイント還元をもらって口座開設することができます。

ハピタスへの登録は、このサイト経由の登録なら特別紹介特典として1,110円がプレゼントされます。

ハピタスへの登録で+1,110円GET

ポイントサイト「ハピタス」経由の口座開設でポイントがもらえる条件

SBI証券のポイント付与の条件が「SBI証券の証券総合口座から住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ、一括で50,000円以上の振替をされた方が対象」と明記されています。

住信SBIネット銀行の口座を保有されていない方は、SBI証券の口座開設の際に住信SBIネット銀行口座開設申込の項目があり、「住信SBIネット銀行・SBI ハイブリッド預金・預り金自動スィープサービス」の「申し込む」チェックボックスを選択すれば同時開設ができます。

住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座と連携したハイブリッド預金を利用するなどの、対象取引をこなすことで優遇プログラム「スマプロ」ランクが向上してATM利用無料回数・他行振込無料回数がランクに応じて増えますので、SBI証券の口座とのセットの利用はメリットが多いです。

住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金への50,000円以上の振替方法

ポイントサイトのポイント付与条件であるSBI証券の証券総合口座へ資金の入金を行います。

SBI証券の証券総合口座へは、他の銀行からでも振込もしくは即時入金ができます。

即時入金は以下の銀行口座があれば、即時入金できます。

都市銀行・ゆうちょ)

  • 三井住友銀行 ・三菱UFJ銀行 ・みずほ銀行 ・りそな銀行 ・埼玉りそな銀行 ・関西みらい銀行 ・ゆうちょ銀行

地銀)

  • スルガ銀行

ネット銀行・他)

SBI証券に入金した資金はSBIハイブリッド預金へ自動振替されます。

住信SBIネット銀行の口座開設時に「SBI ハイブリッド預金・預り金自動スィープサービス」の「申し込む」にチェックを入れていますので、SBI証券の証券総合口座へ入金した資金は、利用しなければSBI ハイブリッド預金に自動的に振替されます。
入金した資金は、広告主が承認してポイントサイトからポイントが付与されるまでそのままにしておいたほうが無難です。
ポイント目的と考えられると広告主から承認してもらえない可能性も考慮しましょう。

SBI証券×ハピタス経由口座開設+入金で12,000円!【やり方まとめ】

ハピタス経由のSBI証券の口座開設なら、12,000円相当のポイントハピタスが新規なら当サイト経由限定で1,110円相当のポイントが貰えますので、合計で13,110円相当のポイントが獲得できます。

SBI証券の説明では国内株式・米国株式の部分にフォーカスしていますが、それはその分野では非常に使い勝手が良い証券会社だからです。

その分野と投資信託とで資産形成を狙う場合は、SBI証券の口座は開設しておいて間違いないと思います。

同時開設する住信SBIネット銀行は、スマプロランクを向上させると最大15回のATM手数料が無料、同じく最大15回の他行振込が無料となります。

便利なネット銀行ですので同時に開設していただくと資金移動が簡単になり実生活も非常に便利になります。

SBI証券の口座開設ならポイント還元がダントツで高いハピタスがおすすめです。

ハピタスへの登録は、このサイト経由で特別紹介特典として合計1,110円がプレゼントされます。

  • 登録で100円
  • +アンケート回答で10円
  • +2月中に2件以上の広告利用で800円
  • +登録から30日以内2件以上の広告利用で200円

ハピタス2023年2月紹介バナー

>>ハピタスへの新規登録で紹介特典1,110円をもらう方法