驚異の還元率3.0% 「JQ CARD エポス ゴールド」

JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。
特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。
そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ以降、記述します。

JQ CARD エポスorエポスカードからのインビテーション(招待)でゴールドに切り替えることで年会費無料のゴールドカードを持つことができます。

③九州在住で、JR九州を利用する機会が多い人は、JRと地下鉄を使っているとほぼ最強となりますが、ゴールドカードの特典の3倍ポイントのサービスの中に「モバイルsuica」も含まれているため、首都圏でも還元率上積みによってビックカメラSuicaの還元率をも凌駕します。

広く一般的に使われている楽天カードの場合は、楽天市場で20,000円以上(税込)の買い物が発生した月度で、ようやく楽天市場以外の利用が2.0%のボーナスステージに突入します。
しかし現実的には毎度20,000円以上楽天市場で買い物するかどうかは人によりけりで、かえって無駄になってしまう可能性も捨てきれないです。

ところが、JQ CARD エポス ゴールドは、とある条件をクリアしていけば、3.0%近い還元率を維持できるクレジットカードなのです。

JQ CARD エポスゴールドのお得な申込方法

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

JQ CARD エポスの入会時の基本スペック

券面にはエポスがついていますが、貯まるポイントはJRキューポというポイントです。
もちろんエポスポイントに1,000ポイントから等価交換も可能です。
他のポイントの交換に選択肢を要する場合は、ポイントサイトGポイントを利用すると他のポイントに交換でき利用価値が高まります。

関連記事

クレジットカードの中で、デフォルトでは最高の還元率を誇っているカードは「JQ CARD エポスゴールド」です。デフォルトの還元率は0.5%と凡百なクレジットカードと大差がないのですが、ゴールドカードに昇格すると本邦最強のクレジットカードに[…]



当方では、「Apple Pay」「Google Pay」でスマホでiDを利用している場合や「三井住友カードiD」を利用している場合は、iD利用金額から値引きされる「iDバリュー」への交換も手数料無料なのでおすすめしています。

これなら1.5%の還元率で運用できる「エブリプラス」ならポイントが1.5%の還元率が戻ってくる使い方ができるわけなので有利ですね。

Gポイント

Gポイントは上記バナーから入会すると50円相当のポイントがもれなくプレゼントされます。

またエポスカードで非常にいいのはノーマルでもETCカードが無料で作れるところです。この特典はなかなかありません。

肝心のポイントプログラムとしては最初「JQ CARD エポス」は、0.5%の還元率の凡百なクレジットカードです。
※リボを利用して確定日の6日までに繰り上げ返済すれば手数料は発生せず+0.5%へ還元率を増幅させ1.0%のカードになります。

しかし、後述するゴールドカードへの昇格時に内容が激変します。

そしてゴールドへのインビテーションの条件ですが、人によって違いはありますがどうやら年間50万円利用に達したところで、インビテーションが来るようです。
年間での判定であるため、最悪13ヶ月はかかる場合もありますが、早い人だと半年程度だったという人も。
あくまで傾向であるため、必ずというわけでもないようです。

関連記事

エポスカードからJQ CARD エポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)インビテーションによりJQ CARD エポスから、驚異的な還元率を誇るJQ CARD エポスゴールドへ切替えを行うことができます。このイン[…]

インビテーションによって年会費無料で保有できる高還元率カード JQ CARD エポスゴールドです。

JQ CARD エポスゴールドのスペック

インビテーションからゴールドに切り替えると、カード番号も変わるので各手続きを行います。
ゴールドの特典として

①3つの店舗・サービスを指定すると、指定された店舗・サービスは3倍ポイントつまり1.5%の還元率になります。
これを「選べるポイントアップショップ」と呼びます。
この中にモバイルSuicaがあるので、どこでも利用できますね。
九州在住ならJRの利用は主にSUGOCAになりますが、JR九州内で乗車運賃の1%付与、特急券を購入した場合は5%付与です。地下鉄の場合はJR管区を走行していないと1回10ポイント付与にはならないので注意が必要です。
チャージ分はノーマルは0.5%ですが、ゴールドではこの選べるポイントアップショップに選んでおけば200円につき3ポイントつまり1.5%付与されます。

②さらに年間利用50万円で0.5%分(2千500円分)ボーナス付与、100万円で1.0%相当(1万円)ボーナス付与となります。

③自身の年会費はインビテーションのため無料化していますが、エポスファミリーゴールドカードという家族カードも無料です。
しかし形式は招待制・独自の審査が必要で
JQ CARD エポスゴールド・エポスゴールド会員になった方がご家族を招待するという形式で申し込むことができます。

このサービスの特徴は、通常のゴールドカードの特典に加えて、
→家族全員がゴールド会員であるとき家族全員の決済金額の合計が
・100万円以上→1,000Pボーナス
・200万円以上→2,000Pボーナス
・300万円以上→3,000Pボーナス
※ひとりでもプラチナであれば上記の2倍になります。
※勿論これまで紹介していたゴールドカード固有の特典は不変のままです。
→家族間でポイントのシェアができる
→年会費が無料でゴールドカードを保有できる

ということは①の要件から、年間で最も利用すると思われるサービスを、確実に指定する必要があります。
というのは変更は3ヶ月は効かないためです。
仮に指定したサービスだけ使って年間100万円使用であれば、リボ技を併用して3.0%の還元率が達成できます。
指定する3つのサービスのうち、考える必要がないのは交通系で、関東圏であればモバイルSuicaを指定しておけば、一つは確実で3.0%の還元率でSuicaが使えます。
本家本元のSUGOCAは「JR九州」を指定します。

もう一つは公共料金。水道・ガスいずれかですが、税金の方が大きいということであればヤフー公金払も対象とすることができます。

住んでいる場所によっては自動車関連は出費が大きいですが、ガソリンスタンド、ETCも対象とすることができます。

JQ CARDエポスゴールドと他のカードの組み合わせ提案

おすすめは上記のように固定費は、JQ CARD エポス ゴールドで支払い確実な還元を受けることですね。
モバイルSuicaなら通勤・通学費などにかなり利用できます。
結構な経費になる車関連も「選べるポイントアップショップ」にラインナップが揃っていますので安心して任せられますね。

もうひとつの提案は、楽天カードのVisa・Masterで月間20,000円の楽天市場での利用時のボーナスステージ時に1.0%還元プリペイドカード「Kyash」楽天市場外の支払い月間で10万円になるようにチャージするという方法が無駄のないカードの利用方法になってくると思います。

さらにもう一枚、majica donpen cardを持っていると、nanacoチャージにポイントがつくので税金払いに活用できますし、ドンキホーテで本領を発揮します。
特にAmazonギフト券楽天ポイントギフト券を、最大5.5%の還元率で購入できるというとんでもない特典は見逃せないですね。

関連記事

①「majica donpen card」は、「ドン・キホーテ」のハウスカードであり、独自の電子マネーmajicaへチャージすることにより、Amazonギフト券・楽天バリアブルなどのPOSAカードが1.5%以上の還元率で購入できる希少なク[…]

Amazonギフト・楽天ポイントギフトなどをクレカ払いで買えるのが今回紹介するマジカドンペンカードです。

「JQ CARD エポス ゴールド」は還元率が最も高くなるのが年間100万円です。
それ以上に利用するというのであれば、「エポスプラチナカード」が良いでしょう。
ですがプラチナカードへのインビテーションは、「JQ CARD エポス ゴールド」はなくエポスゴールドカード」が対象となります。

ここで紹介しているのは無料で保有でき還元率が抜群のゴールドカード「JQ CARD エポス ゴールド」ですので次に譲ろうと思います。

このように 「JQ CARD エポス ゴールド」 は、インビテーションで保有する場合、メリットだらけのおすすめカードです。

JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。



エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710


最後までありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村