Kyash改悪後の代わりの「プリペイドカード」おすすめ3選

プリペイドカードの中で優れた特徴を持った3枚を紹介します。

プリペイドカードはチャージした残高しか利用できないという特性があるため、もうひとつのお財布として利用したり、チャージ額以上は利用できませんので予算を守って使いすぎを防止する役割として利用できます。

以前はこの役割はKyashCardが担っていたのですが、クレジットカードからのチャージ残高の還元率が2021年2月10日から1/5の0.2%に激減したため、KyashCardの代わりとなるプリペイドカードの需要が高まっています。

まず当方が選んだ優れた特徴を持った3枚のプリペイドカードは以下の3つです。

いずれも特徴があり、しかも非常に使いやすいプリペイドカードです。

この中でダントツに還元率の高いプリペイドカードは毎月毎回1.5%キャッシュバックされる「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」です。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)へチャージするオススメの方法は年会費無料のdカードKyashCardに紐づけて裏技活用でチャージすることでポイント3重どり3.2%の還元率を実現できます。

dカードの申込みは、ポイントサイト経由の申込みで新規入会特典に加えてポイントサイトからもポイントがもらえますのでオススメです。

裏技利用で1.5%の還元率!年会費無料の「dカード」
4

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

①基本還元率は1%の年会費無料のクレジットカード
※さらに特約店でポイントアップ(数%off特典も)!
②今なら8,000円相当の新規入会特典
③こえたらリボで+0.5%ポイントアップ!
■申込みはポイントサイト「ECナビ」経由で新規入会特典に加えて3,000円相当のポイントがもらえます。
■ECナビはこのブログ経由で登録で150円・ポイント交換で1,000円相当のAmazonギフト券プレゼントです。

①最強の1.5%の還元率「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」

プリペイドカードは審査がない分、還元率は低いのが常でしたが、TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)では2021年4月13日より、毎月毎回1.5%キャッシュバックするキャンペーンを終了日未定で開始しています。

TOYOTA Walletは、iD・MasterCardコンタクトレスの非接触決済・コード決済・銀行Payの3つを一つのアプリで利用できるすぐれものですが、今回のキャンペーンはTOYOTA Wallet残高によるiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCard決済の支払いに限り1.5%のキャッシュバックとなります。

非接触決済は、スマホがiPhoneならMasterCardコンタクトレス、AndroidならiDになります。

インストールしてチャージ完了すると1,000円相当の残高がもらえます。

TOYOTA Walletは初回インストール後、SMSによるアカウント設定を行い、チャージ方法を設定して初回チャージを行うだけで1,000円相当のTOYOTA Wallet残高をもらえます。

チャージ方法は、コード決済のTS CUBIC Pay・銀行PayPayに登録した銀行・クレジットカードからチャージが可能です。

クレジットカードはVisa・MasterCardのみで3Dセキュア認証が必要です。

少しでも還元率をアップさせるために、高い還元率のカードをKyash Cardに紐付けて、TOYOTA Walletにチャージすれば、クレジットカードのポイント還元+Kyash Cardの0.2%+TOYOTA Wallet1.5%というポイント3重どりになります。

例えばポイント還元率が1%のクレカでチャージした場合は以下のようになります。

クレジットカード(1%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)=2.7%

毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンについて

このTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)のiD・MasterCardコンタクトレスは、予めチャージしたバーチャルプリペイドカード(MasterCardブランド)から支払いがされています。

ですのでこのMasterCardバーチャルプリペイドカードによってネットのお店での支払いも可能です。

毎月毎回1.5%キャッシュバック

アプリの出来としては非常に洗練されているのでが、惜しむらくは還元率が0%というところでした。

しかし1.5%キャッシュバックとなったことで突如最強のプリペイドカードに名乗りをあげています。

気になるキャンペーンの詳細は以下のとおりです。

  • 期間:2021年4月13日~終了日未定
  • 対象:iD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払い
  • 対象外:TS CUBIC Pay・銀行Pay
  • キャッシュバック方法:当月の支払額の1.5%相当を翌月10日以降「TOYOTA Wallet残高」として自動で付与

上限はTOYOTA Wallet(トヨタウォレット)へのチャージ額は月間30万円(申し込んで2~3日後)が上限ですので、最大でも30万円までがキャッシュバックの最大値になります。

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)との組み合わせ

TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)へチャージする方法が最も高還元率であれば、還元率をさらに高められます。

オススメの組み合わせは「楽天カードKyash Card + TOYOTA Wallet」なら3.7%の還元率が実現するのでオススメです。

しかしこの方法は楽天カードの常設企画の「街の利用でポイント2倍キャンペーン」の条件である楽天市場で2万円以上の楽天カード決済が条件なので、あまり楽天市場を利用しない方にとってはハードルが高い方法です。

そこで年会費無料のdカードなら「こえたらリボ」で設定した金額をほんの僅かにオーバーして利用すれば、僅かな手数料だけ発生し還元率が+0.5の1.5%となりますので、この状態で Kyash Cardへ紐付けてTOYOTA Walletへチャージすれば合計で3.2%の還元率になります。

日曜日の特典を利用して、Kyash Card経由でTOYOTA Walletへチャージを行えば以下のような還元率になります。

dカード(1.5%)+Kyash Card(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)=3.2%
dカードはしかも新規入会特典が6,000円相当と手厚く、ポイントサイトを経由して申し込むとさらにポイントサイトからポイントがもらえます。

年会費無料のdカードの申込みは、ポイントサイト「ECナビ」経由で新規入会特典6,000円相当のdポイントに加えて、ECナビから3,000円相当のポイントがもらえます。

ECナビでは新規入会キャンペーンが行われており、下記のバナー経由で新規登録し90日以内の電話番号認証で150円相当のポイントプレゼントに加えて、ポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

クレカ✕Kyash Card✕TOYOTA Walletの組み合わせの注意事項

  • Kyash Cardへのクレジットカードからのチャージ分でポイント付与されるのは5万円まで(0.2%還元)
  • Kyash CardへチャージできるカードはVisa・MasterCard(要3Dセキュア認証)
  • TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)へチャージできるカードもVisa・MasterCard(要3Dセキュア認証)のみ

②最大2.5%の還元率で使えて家族の共同の財布としても使える「6gram」

条件付きで最大2.5%の還元率にできるのが6gramというMixiのバーチャルプリペイドカードです。

6gram

その条件というのが、JQ CARDエポスゴールド・エポスゴールドカードが必要という内容ですので、すぐにはできませんがエポス陣営のゴールドカードの利便性を最大限に引き上げてくれる便利なプリペイドカードです。

この6gramにエポス陣営のゴールドカードの特典である「選べるポイントアップショップ」にMixiを選択して、チャージするとポイント3倍(1.5%還元)となります。

さらに年間利用ボーナスが年間利用100万円に対し1%相当の1万ポイントもらえますので、年間利用100万円という条件を満たしていれば合計で2.5%の還元率でチャージできます。

6gram自体の還元率は0%ですが、エポス陣営のゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」に選択して利用できる利点があります。

決済方法は、バーチャルプリペイドカードなのでAmazonなどのネットの支払いに利用でき、街のお店ではApplePay/GooglePayに登録すればQUIC Pay+加盟店で利用することができます。

家計管理に役立つグループカードの共有化

還元率がどんなに高くても無駄使いをしては、数%のポイントなど吹っ飛んでしまいます。

TOYOTA Walletに対して6gramが優れているのは、6gramは残高上限が10万円(本人確認済みなら最大50万円)ですので高額決済では上限幅が遥かに大きい(TOYOTA Walletは5万円)ことです。

また家計管理としてもグループカードを作ることができるので、家族に予算としてグループカードにチャージして管理することができます。

再三ですがどんなに還元率が高くても無駄使いをすれば一発で吹っ飛びますので、家計で予算管理するために共有で利用するグループカードを作って、家族を招待して利用することで使いすぎを防止することができます。

例えば利用も通知がリアルタイムできますので、その点でも利用が明細に載るまで時間がかかるクレジットカードよりも優れています。

TOYOTA Walletの決済上限突破のために併用も可能

冒頭で登場したTOYOTA Walletの残高上限は5万円までですので、それ以上の高額な支払いでは利用できません。

ところがTOYOTA Walletから6gramへのチャージは可能ですので、5万円以上の支払いのものであれば一旦6gramへのチャージを複数回行って、6gramで支払えばTOYOTA Walletの残高上限5万円を超えた利用ができます。

ということで6gramは、エポス陣営のゴールドカードから直接チャージもできますし、TOYOTA Walletとの併用も可能ですので使い方次第で便利になるプリペイドカードだといえます。

6gramに最大2.5%の還元率でチャージできるJQ CARDエポスゴールド・エポスゴールドカードは、エポスカードからのインビテーション(招待)で年会費無料で保有できるゴールドカードです。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しません。

そこで「ハピタス」(3,500円相当のポイント経由でエポスカード」を申込みポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方は「JQ CARD エポスゴールド」保有者ですので、「ご紹介番号:21040188666」を案内できます。

③家計の予算管理に便利な「ANA JCB プリペイドカード」

ANA JCB プリペイドカードの基本的な還元率は+0.5%で、チャージでポイントが付与されるクレジットカードからチャージして利用することでクレジットカードのポイント還元とキャッシュバック・マイルの2重どりができるプリペイドカードです。

基本的なスペックは以下のとおりです。

・還元率0.5%~0.65%:200円ごとに1円キャッシュバック
・年齢制限は15歳以上で中学生ではないことが条件です。
・信用調査なし
・発行手数料無料(2021年3月31日まで利用開始手数料550円が無料になっています)
・年会費無料

チャージするクレジットカードは、他人名義のカードを登録できますので(本人確認:3Dセキュアはあります)、家計を管理するために、家族にANA JCB プリペイドカードを渡して、予算額をチャージして支出をコントロールするという使い方ができるプリペイドカードです。

還元率は、キャッシュバックとマイルの両方が選択できます。

キャッシュバックを選択すると、利用金額の+0.5%がキャッシュバックされます(200円ごとに1円キャッシュバック、半年間のチャージ合計額が24万円以上で360円キャッシュバック、12万円以上で180円キャッシュバック)。

マイルコースを選択すると、1,000円毎に5マイル付与、半年間のチャージ合計額が24万円以上で360マイル、 12万円以上で180マイル付与です。

  基本還元率 半年間チャージ12万円 半年間チャージ24万円

キャッシュバックコース選択

0.5%
200円につき1円キャッシュバック

0.65%
180円キャッシュバック

0.65%
360円キャッシュバック

マイルコース選択

0.5%
1,000円につき5マイル
0.65%
180マイル付与
0.65%
360マイル


ANA JCB プリペイドカード

家族にカードをもたせて予算管理できます。

ANA JCB プリペイドカードへのクレジットチャージは、他人名義であってもチャージ可能です。

この特性は、例えば家族が複数いてそれぞれに家族カードをもたせた場合、利用額をコントロールしにくいと思います。

ですが、予めプリペイドカードに予算額を決めてチャージを行っておけば、残高以上の利用はできませんので、使いすぎを防止することができます。

ANA JCB プリペイドカードは、JCBブランドですので国内では大抵のところでは決済に利用できます。

また、Google Payに登録してモバイル決済(QUIC Pay)も利用することができます。

チャージできるクレジットカードはJCBブランドのみ(一部を除く)

このANA JCB プリペイドカードにクレジットチャージできる上限は30万円(1回49,000円)とかなり大きい金額になります。

チャージ方法は以下の3つになります。

  1. クレジットカードからチャージ
  2. ローソン店頭で現金でチャージ
  3. 銀行口座からチャージ(インターネットバンキングチャージ)
  4. webコンビニでチャージ

①の気になる点はクレジットチャージでポイントが付与されるか否かですが、JCBのクレジットカードかつJ/secureに対応しているカードであればチャージ可能です。

カード番号が「354」「355」「3573」で始まるMy JCB登録可能なカードはポイントが付与されません。

他にも高還元率で有名なリクルートカードのJCBブランドはポイント付与対象外であることを明記していますので、それぞれのカードでもポイント付与のルールが異なっています。

例えばセブンカード・プラスカード(JCB)などはMy JCB登録可能なカードですのでポイント付与対象外なのですが、これは④で救済措置があります。

チャージでポイントが付与されて高還元率なクレジットカードは以下のラインナップです。

楽天カードJCB・楽天ANA JCB・楽天デビットカードJCB
■ヤフーカードJCB
ビックカメラSuicaカード
正直JCBカードでは還元率的には低率なカードが多いのですが、ANA JCB プリペイドカードに1%のクレジットカード(楽天カードJCBビックカメラSuicaカード)でチャージを行えば、合計の還元率を最大1.65%にまで高めることが可能になります。
②③は特別なメリットはありません。
④は「Webコンビニチャージ」で店舗をセブンイレブンを選択すると、Eメールが届きますので、それに従ってセブンイレブンのレジでnanacoでチャージすることができます。
セブンカード・プラスカード(JCB)はMy JCB登録可能なカードですのでポイント付与対象外なのですが、一旦nanacoにチャージして、セブンイレブンのレジで支払えば、ポイントの2重どりが可能になります。
注意点は手数料が10,000円未満のチャージでは110円の手数料が課金されることです。
10,000円以上のチャージであれば手数料はかかりませんので、1回あたり10,000円以上チャージするようにしましょう。
1回あたりのチャージ上限は29,000円となります。

本人確認(3Dセキュア)対応

クレジットカードなどで設定できる本人確認サービス(3Dセキュア)は、ネットショッピングなどのオンライン決済時にカード番号・有効期限・セキュリティーコードに加えて、設定したパスワードによって本人認証を行う仕組みです。

ANA JCB プリペイドカードは、プリペイドカードとしては異例で「J/Secure」に対応しています。

そのため、「J/Secure」参加加盟店でインターネットショッピングをする際は、通常の取引情報(カード番号・有効期限・セキュリティ番号)に加え、パーソナルメッセージの確認とパスワードを入力しないと決済されませんので、不正にも強いので安心です。

チャージにオススメのクレジットカード

ANA JCB プリペイドカードへのチャージでオススメのクレジットカードは、楽天カードJCBです。

結論からいうと、ANA JCB プリペイドカードへのチャージで最大2.65%の還元率で利用できます。

楽天カードJCBミッキー・ミニーデザイン

楽天カードJCB還元率1%の年会費無料のクレジットカードと広く知られていますが、「街の利用でポイント2倍キャンペーン」にエントリーし、楽天市場楽天カードを月間2万円以上利用すると、楽天市場以外の利用がポイント2倍(2%ポイント還元)となります。

対象外の支払先は、公共料金・スマホ利用料などの通信費・他のネット通販は対象外ですので事前に確認してください。

>>キャンペーンポイント対象外リスト

楽天カードJCB×ANA JCB プリペイドカード=還元率最大2.65%

ANA JCB プリペイドカードへのチャージはポイント2倍(2%ポイント還元)の対象ですので、楽天市場楽天カードを月間2万円以上利用した月度は、ANA JCB プリペイドカードへチャージして利用すれば、JCB加盟店の利用は合計2.65%の還元率で利用できます。

楽天カードJCB(2%)+ANA JCB プリペイドカード(最大0.65%)=2.65%

街の利用でポイント2倍キャンペーン」の付与ポイントの上限は1,000ポイントですので、楽天市場以外の利用10万円までがポイント2倍です。

楽天市場以外の利用が10万円に収まるように、ANA JCB プリペイドカードへチャージして調整するという活用の仕方ができます。

d払いに登録してポイントの3重どりができる

ANA JCB プリペイドカードは3Dセキュア認証ができるプリペイドカードですので、登録するカードに3Dセキュア認証が求められる「d払い」に登録できます。

すると先程の楽天カードJCB+ANA JCB プリペイドカードにさらに+0.5%の「d払い」の還元率を加えることが可能になります。

楽天カードJCB(2%)+ANA JCB プリペイドカード(最大0.65%)+d払い(0.5%)=3.15%
最近は、d払い加盟店もだいぶ広がって色々なところで利用できるようになってきたので、チャージが面倒ですがJCBカードの還元率を高める方法としては最適な方法です。

楽天カードの申込みは、ポイントサイト「モッピー」経由が最もポイント還元率が高く、新規入会特典8,000ポイントに加えて、モッピーから11,000円相当のポイントがもらえます。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

Kyash改悪後の代替「プリペイドカード」おすすめ3選:まとめ

KyashCardの代替としておすすめの3枚をこの記事で紹介しました。

関連記事

2021年4月13日から終了日未定で「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックを開始しました。 それまで0%の[…]

1.5%還元!最強のプリペイドカードに昇格した「TOYOTA Wallet」の使い方
関連記事

Kyash Cardが大幅に改悪されたことにより、あらたなウォレット(プリペイドカード)を探さなければならなくなったと思います。 Kyash Cardで便利だったのが、多数のクレジットカードを持ち歩かなくても良くなったことで、予めチャ[…]

【最大2.5%還元】Kyashの改悪で代わりとなる6gramの使い方
関連記事

JCBカードの還元率を+0.5~0.65%底上げできるANA JCB プリペイドカードについて解説します。 ANA JCB プリペイドカードの基本的な還元率は+0.5%で、チャージでポイントが付与されるクレジットカードからチャージして[…]

JCBの提携カードの還元率をギャップアップできる「ANA JCB プリペイドカード」

ですがなんといってもTOYOTA Walletの毎月毎回1.5%キャッシュバックは強力です。

しかもTOYOTA Walletから楽天Edyへのチャージもキャッシュバック対象であることが裏がとれましたので、楽天Edyの決済がファイナルアンサーになります。

関連記事

楽天Edyチャージと楽天Edyスタンプラリーキャンペーンのあわせ技で高い還元率を達成する方法を解説します。 TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)という決済アプリのTOYOTA Wallet残高による決済で1.5%ものキャッシ[…]

【テスト中】TOYOTA Wallet→楽天Edy&スタンプラリーで最大4.5%還元実現か?

このとき最大の還元率になるのはやはり「街の利用でポイント2倍キャンペーン」で2%の還元率になった状態の楽天カードです。

楽天カードを紐付けたKyashCardからチャージする方法で以下のようになります。

楽天カード(2%)+KyashCard(0.2%)+TOYOTA Wallet(1.5%)+楽天Edy(0.5%)=4.2%
楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー8000

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「モッピー」経由で新規入会特典に加えて11,000円相当のポイントがもらえます。
■モッピーはボタン経由の登録と広告利用で2,000円相当のポイントプレゼントです。