auユーザー以外でもメリットの大きいauPAYの使い方

auPAYは名称からして、auユーザー以外はメリットがないと思い込んでないでしょうか。

auPAYは誰でも利用できて、auPAYの大規模キャンペーンも誰でも恩恵を受けることができるコード決済サービスです。

もちろんauユーザーならauPAYゴールドカードをチャージに使えば、チャージで2%ものポイント還元ですので、さらにメリットは倍増ですが他のクレジットカードでも同じような効果を引き出すことも可能です。

実際に当方も非auユーザーですが、auPAYの恩恵をかなり受けています。

今回は、非auユーザーでもauPAYをお得に利用できる方法をまとめてみました。

auPAYゴールドカードの申込みはポイントサイト経由でポイント2重どりです。
↓↓↓

auPAY残高に2%の還元率でチャージできるauPAYゴールドカードの申込みは、新規入会特典の20,000Pontaポイントに加えて、ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで1,200円相当のポイントが付与されます。

ハピタスへの登録は無料で、ボタン経由の登録で100ポイントと7日以内の500pt以上の広告利用で900円相当のポイントで合計1,000円相当のポイントプレゼントです。

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法

auPAYの最大のメリットは大規模なポイント還元キャンペーン

auブランドを展開するKDDIが運営するスマホ決済サービス「auPAY」は、アプリをダウンロードしてau IDでログインすれば、auユーザー以外でも利用できるコード決済サービスです。

auPAYの最大のメリットは、定期的に行われる10~20%ものポイント還元を実現した大規模なキャンペーンです。

2020年初旬には大規模な20%還元キャンペーンを行ったあとは、定期的に10%ポイント還元となるキャンペーンを定期的に行っており、2020年年末から現在に掛けては、20%ポイント還元となる「たぬきの大恩返しキャンペーン」を実施しています。

auPAYの基本還元率は0.5%ですが、こういった定期的なキャンペーンによるポイント還元と、チャージするクレジットカードからのポイント還元でさらに還元率は高くなります。

反対にデメリットは様々な多機能の機能を詰め込みすぎたのか、動作が遅く平均12~20秒は立ち上がりに時間を要することです。

au IDについて

auPAYアプリにログインして利用するには、au IDが必要ですが、auユーザー以外でも誰でも作ることができます。

必要なものはメールアドレスですが、Gmail・Yahoo!メール・Outlookなどのフリーメールでかつスマホで受信できる環境になっていることが望ましいです。

というのは、何らかの本人確認の際にメールで認証コードを送ってきますので、どこでも受け取れるスマホの方が都合が良いからです。

auPAYの決済概要

auPAYの決済に関する主な概要は以下のとおりです。

  1. auPAYのポイント還元率:0.5%
  2. 決済方法:auPAY残高による支払い(コード決済・auPAYプリペイドカード
  3. auPAY残高へのチャージ方法
    auPAYカード(オートチャージ可)
    ・クレジットカード(主にMasterCard)
    auじぶん銀行(オートチャージ可)
    ・ローソン銀行ATM/セブン銀行ATM
    ・ローソン店頭
    ・Pontaポイント
    ・auかんたん決済(携帯料金と合算で請求)

auPAYの設計で優れた点は、auPAYアプリ・auPAYプリペイドカードの残高が共通で利用できるところです。

このため、auPAY残高で支払いをしようとしたとき、コード決済が利用できないところではMasterCard加盟店であれば、auPAYプリペイドカードで支払いができます。

①auPAYの還元率について

auPAYアプリ・auPAYプリペイドカードの基本還元率は0.5%(200円につき1ポイント)です。

一見低いのですが、auPAY残高にチャージする際に、高い還元率のクレジットカードなどでチャージすれば、クレジットカードのポイントも付与されますので、ポイント2重どりができます。

チャージするクレジットカードのポイント、プリペイドカードの決済によるポイントのポイント2重どりができるプリペイドカードは少なくなりましたので、auPAYプリペイドカード自体貴重ですし、auPAYアプリと残高を共有しているため非常に便利です。

使い方としてMasterCardしか利用できないコストコなどで利用している方も多いようです。

②auPAY残高による決済方法

auPAYアプリ・auPAYプリペイドカードの共通の残高であるauPAY残高による決済方法は、「スマホアプリを起動してコード決済する方法」と「auPAYプリペイドカード」によるカード決済の2通りがあります。

auPAYはKDDIと楽天ペイの共同で作られているコード決済であるため、スタートの段階から楽天ペイ加盟店でも決済できるなど、利用範囲は意外と広いです。

この決済で使えるauPAY残高は、銀行・ポイント・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMなどからチャージした金額は、同じくauPAYを利用している家族や友人などに送金したり、auじぶん銀行口座への出金が可能ですが、クレジットカードからチャージした残高は決済はできますが送金・払い出しはできません。

スマホアプリを起動してコード決済する方法

auPAYでコード決済をするには、auPAYアプリを起動してコードを表示してそれを読み取ってもらうか、コードを読み取ることで決済できるようになります。

①スマホ画面の中央下の「コード支払い」をタップします。

コード支払いをタップ

②決済用コードが画面に表示されたら、お店の方に読み取ってもらってください。

決済用コード

auPAY使い方ガイド

画面が開くまでちょっと時間がかかるのが欠点ですね。

またしばらく使っていなかった時に、久しぶりに開いてみるとログインが切れているというケースもあるので、出かける前はログイン状態が維持されているか確認のため一度開いて見たほうが良いでしょう。

auPAYプリペイドカードによる決済

コード決済ができないお店でもカード決済が可能であれば、このauPAYプリペイドカードで支払いことが可能です。

ただし、最近のauPAYキャンペーンでは、コード決済のみでauPAYプリペイドカードが除外になっていることが多いので、キャンペーンページの対象となる支払い方法については確認が必要だと思います。

ちなみに残高から非接触決済をするには、ApplePayでは、auPAYプリペイドカードを登録すればQUIC Payが可能になります。

Androidの場合は、GooglePayには登録はできませんので、残高から非接触決済できるスマホ決済としては、QUIC Payで非接触決済できる「6gram」、iPhoneでiD・AndroidでVisaタッチ決済できる「Vポイント」アプリがオススメです。

auPAY残高へのチャージ方法

auPAY残高へのチャージは様々な方法があります。

  • auPAYカード(オートチャージ可)
  • 他のクレジットカード(主にMasterCard)
  • auかんたん決済(携帯料金と合算で請求)
  • auじぶん銀行(オートチャージ可)
  • ローソン銀行ATM/セブン銀行ATM
  • ローソン店頭
  • Pontaポイント

チャージに関しては一番メリットがあるのは、クレジットカードからのチャージです。

なぜならクレジットカードでチャージしてもカードのポイントは付与されるため(付与されないカードもあります)、ポイントの2重どりが狙えるからです。

もっともチャージに適しているクレジットカードは、「auPAYゴールドカード」です。

オートチャージが設定できるメリットもありますが、ゴールドカードであればチャージの還元率が2%+auPAYの還元率0.5%=2.5%という高還元率でauPAYが利用できることになります(auPAYカードのチャージ還元率は1%)。

チャージできる他のオススメのクレジットカード

auPAYカード・auPAYゴールドカード以外で残高にチャージできるクレジットカードは主にMasterCardとなります。

・Visaも一部チャージ可能で、エポスカードは対応しています。
MasterCardでもリクルートカード・JALカードなどは付与対象外です。

オススメ①楽天カード

楽天カード(MasterCard)は通常の利用では1%の還元率ですが、「街の利用でポイント2倍キャンペーン」を活用すると2倍つまり2%の還元率でauPAY残高へチャージが可能です。
条件は、キャンペーンにエントリーして、楽天市場で2万円以上の買い物を楽天カードで行うと、楽天市場以外の楽天カードの利用が概ね2倍のポイントになるというキャンペーンです。
キャンペーンの概要は以下のとおりです。
楽天カードを発行している楽天IDごとに
楽天市場で月間20,000円以上(税込)楽天カードで支払う
・街での楽天カード利用&楽天ペイでの楽天カード利用で、ポイント2倍/2%ポイント還元
・上限10万円の利用/特典ポイントは1,000ポイントまで(通常1,000P+特典1,000Pで2倍という意味)
対象除外は、他のネット通販の利用、税金を含む公共料金の支払いとなります。

オススメ②Tカード Prime

TカードPrimeは通常の利用では1%の還元率ですが、日曜日の利用は1.5%の還元率となる特典が付帯したMasterCardブランドのクレジットカードです。

このTカードPrimeからのauPAYプリペイドカードへのチャージはポイントが満額付与されますので、1.5%の還元率でチャージが可能です。

auじぶん銀行からのチャージ

auPAY残高にチャージできる唯一の銀行が、「auじぶん銀行」であり、オートチャージも設定できます。

auじぶん銀行口座の開設のメリットは、非auユーザーにとっては、auPAYプリペイドカードを作れるという点につきます。

さらにもう一つのメリットを挙げるなら、じぶん銀行FXで月間1回でも取引を行えば、ATM利用無料回数が8回、他行無料振込回数が8回にまで優遇されるため、ちょっとしたハブ銀行として利用できます。

Pontaポイントからチャージ

auPAY残高へはPontaポイントからもチャージが可能です。

月間の交換上限は20,000ポイントまでですが、auPAYのキャンペーンなどで20%ポイント還元などが行われている場合は、貯まったポイントをauPAY残高に交換して有効に利用できます。

さまざまなポイントひとまとめにしてPontaポイントに交換するには、ポイント交換サイト「ドットマネー」が便利(Pontaポイントへの交換は無料)です。

ドットマネー」はさまざまなポイントサイトからポイントを交換して集約できますので、ポイントサイトを活用してそれなりのポイントを稼いでいる方なら、交換後の交換先としてPontaポイントは利用時の還元率が高いときは非常にメリットがあります。

またPontaポイントから交換した残高は、同じくauPAYを利用している家族や友人に残高を送金できますので、銀行口座からチャージした残高と同じ利用方法が可能です。

オススメは、ポイントサイト「モッピー」→「ドットマネー」→「Pontaポイント」の経路で、モッピーのポイントをドットマネーに交換すると1%増量になります。

auPAYの利用で貯まるポイントはPontaポイント

auPAYの利用でたまるポイントはPontaポイントです。

Pontaポイント

Pontaポイントの有効期限は、最終利用日・加算日から1年ですので日常で利用していれば、有効期限は無いようなものです。

しかもdポイント・楽天ポイントのように期間限定ポイント・通常ポイントの区別なく付与されるため、利用価値が高く非常に使いやすいです。

そのため付与されたポイントは区別なく、auPAY残高へチャージしたり、auカブコム証券で投資信託の買付に利用することができます。

Pontaポイント加盟店では、auPAYアプリにPontaポイントカードが内蔵されていますので、一つのアプリでポイントカードを出して決済もできます。

Pontaポイントが貯まりやすいカード(auPAYカード以外)

Pontaポイントが貯まりやすいカードは、以下の2券種だと高還元率ですのでオススメです。

JR九州が発行しているJQカードを保有しているとJRキューポというポイントサービスを利用できますが、このJRキューポはPontaポイントをはじめ、Tポイント・Gポイントなどの主要なポイントと交換が可能です。

そのためポイ活には欠かせないポイントハブとして機能するのですが、保有するなら還元率が最大2.5%にも達するJQ CARD エポスゴールドがオススメです。

非auユーザーでもauPAYをお得に利用できる方法をまとめ

auPAYの利用は、「auPAYゴールドカード」を保有していれば常時高還元率であることは間違いないのですが、「auPAYゴールドカード」はauユーザーにとって大変メリットがあるものの、それ以外のユーザーではメリットとしては限定的です。

それでも定期的に開催されるキャンペーンを活用すれば10~20%のポイント還元は頻繁にありますし、クレジットカードからのチャージでポイント2重どりを狙ったりなどかなり使えると思います。

ただポイント投資ができるなどアプリに何でもかんでも詰め込みすぎた結果、起動するまでにかなりの時間を要するのがデメリットです。

ですので利用の際は、予め開いておいて、レジに並んだ方が良いです。

ひとつ便利になった点は、Pontaポイントカードも内蔵されるようになってからはかなり便利になっています。

還元率狙いなら、他のコード決済勢のポイント付与が沈静化していますので、間違いなくauPAYを活用することが欠かせないと思います。

チャージするカードは、非auユーザーであれば、楽天市場で4倍ポイントになる楽天カードが様々な利用方法があるのでオススメです。

国際ブランドはMasterCardブランドでなければチャージできませんので、申込みの際はMasterCardブランドを選択してください。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー8000

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「モッピー」経由で新規入会特典に加えて11,000円相当のポイントがもらえます。
■モッピーはボタン経由の登録と広告利用で2,000円相当のポイントプレゼントです。