6gramで利用不可な公共料金は「選べるポイントアップショップ」で最大2.7%還元!

6gramはリアルカードが登場したことで支払える場所が増えて圧倒的に使いやすくなりました。

1.5%のキャッシュバックキャンペーンをやっているトヨタウォレットからのチャージでもキャッシュバック対象となっているため、ポイント多重取りで高い還元率で利用できる点も魅力です。

そんなに還元率が高かったら、「月々払っている公共料金も6gramで払えないの?」と考えると思いますが、プリペイドカードでは水道光熱費などの公共料金や保険料も含む月額料金の支払、ガソリン給油も不可になっています。

では何で支払っているかというと、エポス陣営のゴールドカード(当方の場合はJQ CARD エポスゴールド)で「選べるポイントアップショップ」に公共料金を対象店舗に登録して最大2.7%の還元率で利用しています。

今回は6gramとの組み合わせで最強となる「JQ CARD エポスゴールド」とその特典「選べるポイントアップショップ」で利用できる公共料金について解説していきます。

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.7%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③-1ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
③-2ファミリーゴールドで家族で合計200万円利用で0.2%相当のボーナスポイント
■ハピタス経由の申込みで6,000円相当のポイントが獲得できます。

エポスゴールドの特典「選べるポイントアップショップ」

エポスカードは一般カードでもゴールド・プラチナでも基本還元率は0.5%どまりです。

しかし、ゴールド以上の会員なら特典としてポイント3倍となる「選べるポイントアップショップ」が利用でき、3つまで対象店舗を登録できます。

対象店舗は300以上もあり、公共料金も選べます!

選べるポイントアップショップ

 

これにはどんな対象ショップがオススメなのかまとめた記事がありますので、そちらも活用してください。

関連記事

エポス陣営のゴールドカードはコスパに優れたゴールドカードです。 ゴールド会員以上の特典である「年間利用ボーナスポイント」と「選べるポイントアップショップ」を併用すれば、常時最大2.5%の還元率で利用することが可能です。 ゴールド[…]

【最大2.5%還元】エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」おすすめを解説

 

問題は3つしか選べないことなのですが、6gramを活用するとこのポイントが3倍もらえる対象がグッと増えます。

ですので公共料金を選択する前に必ずおすすめしたいのが、6gramです。

選べるポイントアップショップに必須なのはMixi

6gramの還元率は0%なのですが、エポスゴールド・プラチナ会員の特典を利用すれば最大2.7%の還元率で利用できます。

まず「選べるポイントアップショップ」の電話・TV・インターネットにMixiがあり、選択すると6gramへのチャージがポイント3倍(1.5%還元)となります。

チャージ自体がMixiへの支払いになっているので、3倍ポイントが適用されるようです。

さらにエポス陣営のゴールドカード以上(当方の場合はJQ CARD エポスゴールド)の特典である、年間利用ボーナス・ファミリーボーナスを加えると最大2.7%の還元率でチャージできます。

6gramへのチャージによる還元率
選べるポイントアップショップ 1.5%
年間ボーナスポイント 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント 0.2%相当(2,000ポイント)
合計 2.7%

年間利用ボーナスとは、ゴールド会員なら年間50万円の利用で0.5%相当の2,500ポイント、100万円の利用なら1%相当の10,000ポイントがボーナスポイントとしてプレゼントされる特典です。

さらにエポスファミリーゴールドに家族を招待して合計200万円の利用額に達すれば0.2%相当の2,000ポイントがプレゼントされます。

つまり6gram自体の還元率は0%でも、エポス陣営のゴールドカードなら合計最大2.7%の還元率で6gramへチャージできるわけです。

 

この年間利用ボーナス・ファミリーボーナスってなに?という方はこちらをどうぞ↓

関連記事

エポス陣営のゴールドカードはコスパに優れたゴールドカードです。 ゴールド会員以上の特典である「年間利用ボーナスポイント」と「選べるポイントアップショップ」を併用すれば、常時最大2.5%の還元率で利用することが可能です。 ゴールド[…]

【最大2.5%還元】エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」おすすめを解説

6gramは便利なウォレットサービス

6gramはMixiが運営するウォレットサービスで、ウォレットにチャージした後、その残高を使ってリアル・バーチャルプリペイドによる支払いもユーザー間の送金も可能な便利なサービスです。

これまでは街のお店では、バーチャルカードによるQUIC Pay+による非接触決済だけでしたが、2021年6月8日のアップデート以降発行できるようになったVisaブランドのリアルカードで、街のお店でもカード払い・Visaタッチ決済ができるようになり圧倒的に使える幅が広がっています。

6gramリアルカード

6gram公式サイトから引用

 

デザインは、画像では3色ですが、本当は4色あって、当方は黒を選択しています。

Visaタッチ決済ができるリーダーにかざすだけで決済が完了するので、お店の方は驚かれますね。

発行手数料 600円
還元率 0%
国際ブランド VISA
非接触決済 Visaタッチ決済(GooglePay/ApplePayに登録しQUIC Payも可能)
3Dセキュア 不可(今年の夏に対応)
決済上限 ~10万円/月(本人確認済みの場合50万円)
チャージ上限 20万円(設定で10~50万円まで変更可能)
送金機能 ユーザー間で可

3Dセキュア対応はまだのようですが、対応してくれるとPayPayに登録して支払えるようになるので、地方に多い現金・PayPay払いのみという店舗でも利用できるようになるので全方位利用できる決済手段になります。

さらにトヨタウォレット経由で最大3.4%還元!

2021年4月13日からトヨタウォレットで毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンを展開するようになり(終了日未定)、このトヨタウォレットを経由すれば3.4%もの還元率を6gramで叩き出せるようになっています。

6gramにチャージしなくてもトヨタウォレットでも決済はできますが、TOYOTA Wallet残高による支払いはネットは問題ないのですが、街のお店に関してはAndroidスマホはiD、iPhoneはMasterCardコンタクトレスなので、対応できてないお店での支払いができません。

そのためちょっと手間はかかりますが、全方位で支払いに利用できる6gramにチャージしたほうが使い勝手が良いです。

関連記事

2021年4月13日から終了日未定で「トヨタウォレット(TOYOTA Wallet)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックを開始しています。 このトヨタウ[…]

1.5%還元!最強のプリペイドカードに昇格した「TOYOTA Wallet」の使い方

選べるポイントアップショップで選べる公共料金

公共料金といえば水道光熱費ですが、電力会社は各エリア(北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・北陸電力・関西電力・中国電力・四国電力・九州電力)対応しています。

一方でガスが都市ガスなら電力も一緒にサービス提供を行っているので、電気・ガスが一括で登録できます。

公共料金

一時的に支払う自動車税の場合は、支払う前に「選べるポイントアップショップ」にヤフー公金支払いを選択すれば、高額な自動車税をポイント3倍で支払うことができます。

自営業の方なら国民年金

自営の方なら、国民年金の支払いで「選べるポイントアップショップ」を選択すると、月々支払う年金がポイント3倍で支払うことができます。

国民年金に加入されているなら保険料は月額で16,610円ですが、クレジットカードによる前納制度を利用すると、1年分前納なら3,540円割引、2年分前納なら14,590円割引になります。

これをわかりやすく1年間の負担分に置き直すと以下のようになります。

1年間納付合計額(円) 1年間もらえるポイント 1年間実質負担(円)
月ごと納付 199,320 2,988pt 196,322
1年分前納 195,780 2,936pt 192,844
2年分前納 191,905 2,878pt 189,027

つまり可能であれば、2年間分を前納してしまったほうが割引になる上、カードからのポイントももらえますので、月々口座振替をするよりも実質的な負担が7,295円分(=月ごと196,322円-2年前納189,027円)も減ります。

そのため自営の方なら、この国民年金・電力(都市ガスならガス+電力)でのこり2枠は決定かも知れません。

最強なのはトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」

もし車が主な交通手段であれば、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」も「選べるポイントアップショップ」にトヨタを選択すれば、ポイント3倍が可能になります。

トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」は、「頭金0円」で車にかかる費用がコミコミ(駐車場代除く)の定額で車を利用することができるサービスです。

気になる契約年数と月額料金に含まれる項目に何が含まれているのか?ですが以下のとおりとなっています。

  • 契約年数・・・3年・5年・7年
  • 月額料金に含まれる項目・・・自動車税環境性能割・自動車税種別割・任意保険・点検費用・オイル交換代・車検代・代車代

日本では非常に車の維持費に関して税金が重く、車検制度まであるので維持費がかなりかかります。

シュミレーションをするとそんなに安くならないと思われるかも知れませんが、それはそれだけ維持費が一切合切まとめるとそれだけかかるということです。

>>【KINTO】比較シュミレーション

こういった費用がすべてコミコミで定額になって、管理が楽になりエポス陣営のゴールド・プラチナ会員ならポイント3倍で支払うことができます。

車にかかる費用をすべてJQ CARD エポスゴールドで支払っていたら、ほぼ確実に年間利用100万円を達成して1万ポイントのボーナスポイントをもらうことができるでしょう。

関連記事

「サブスクリプション」サービスとは、商品を購入するのではなく、使用した期間に応じて課金する販売方法です。 代表的なのは、Microsoft365などのパソコンのソフトウェアや音楽配信・動画配信サービスなどで導入されています。 車でも通常[…]

車のサブスク【トヨタのKINTO】とは?本当にお得なのか解説します。

エポスゴールドでオススメはJQ CARD エポスゴールド

エポス陣営のゴールドカードをおすすめしている理由は、インビテーションによって保有出来た場合は、年会費無料で保有できるからです。

年会費無料でゴールドカードを保有できるやり方は、一般のエポスカードJQカードエポスから利用実績を積み重ねて(概ね半年以上・50万円前後の利用)、インビテーションを受け取って切り替える方法です。

その中でも「JQ CARD エポスゴールド」がオススメです。

理由は、貯まるポイントがエポスポイント・Tポイント・Gポイント・Pontaポイントに等価交換が可能なJRキューポという便利なポイントであるためで、ポイ活には欠かせない「ポイントハブ」として機能しています。

デメリットは、JQ CARD エポスゴールドからエポスプラチナカード(年会費3万円/招待2万円)には、切り替えは出来ないことです。

 

JRキューポをもうちょっと詳しく知りたいという方はこちらをどうぞ↓

関連記事

JR九州が発行しているJQカードで貯まるポイント「JRキューポ」。 九州以外の方は、ためる意味がなさそうに感じますが、「JRキューポ」のポイントサービスは非常に便利でポイ活にとっては必須のポイントハブです。 「JRキューポ」を活用し[…]

JQ CARD エポスゴールドとエポスゴールドの特典は一緒

たまるポイントは違いますが、JQ CARD エポスゴールドとエポスゴールドの特典は一緒です。

ですのでやはり以下のように「選べるポイントアップショップ」に選択できる対象店舗に利用を集中して、年間100万円の利用に達すれば、同じように最大2.7%の還元率になります。

還元率
選べるポイントアップショップ 1.5%
年間ボーナスポイント 1%相当(10,000ポイント)
ファミリーボーナスポイント 0.2%相当(2,000ポイント)
合計 2.7%

特典が同じならポイントが圧倒的に使いやすいJQ CARD エポスゴールドのほうがオススメです。

丸井グループの単元株を保有しているとさらにポイントがもらえます。

JQ CARD エポスゴールド」を保有していて、「8252:丸井グループ」の株を100株以上の単元株で保有すれば株主優待として、100株なら2,000ポイント(=2,000円相当)からスタートして保有株数に応じてポイントがもらえます。

さらに配当も1株52円ですので配当利回りとしては約2.64%相当ももらえます。

保有株数に応じてどれくらいポイントがもらえるのかといえば、100株からスタートしてMAXは10,000株以上となり、最大で10,000ポイントがもらえます。

保有株数 ゴールド・プラチナ会員付与ポイント
100株以上~500株未満 2,000ポイント
500株以上~1,000株未満 4,000ポイント
1,000株以上~5,000株未満 6,000ポイント
5,000株以上~10,000株未満 8,000ポイント
10,000株以上~ 10,000ポイント

丸井グループの株価自体はあまり変動がないので、配当狙いは向いているかも知れません。

この株式を保有するには一括で100株購入すれば20万円ほどの資金になりますので、一日定額100万円までの約定代金が手数料無料になる楽天証券SBI証券auカブコム証券がよいと思います。

もしくは1株づつでも購入できる証券会社もあり、SBIネオモバイル証券なら単元未満の1株からでも購入できるので、自分のペースで買い進めることも可能です。

【まとめ】6gramで利用不可な公共料金は「選べるポイントアップショップ」で最大2.7%還元!

6gramならJQ CARD エポスゴールドからのチャージで最大2.7%還元、トヨタウォレット経由なら最大3.4%還元が実現できますので、6gramで公共料金を支払いたいところですが、プリペイドカードでは公共料金・保険料・サブスクリプションなどの定額払いなどへの支払いはできません。

ですので、そこはエポス陣営のゴールドカード・プラチナカードで「選べるポイントアップショップ」に選択すれば、最大2.7%の還元率で利用できます。

おすすめの券種は、ポイントが便利で使い勝手が良い「JQ CARD エポスゴールド」です。

保有するには、JQカードエポスで利用実績を積み重ねてインビテーションを受けて切り替えるのですが、以下の方法が一番オトクな申込みの方法です。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポスからインビテーションで切り替えますが、JQ CARD エポスではポイントサイト案件が存在しません。

そのためハピタス経由のエポスカードの申し込みなら通常6,000円相当のポイントが獲得できますので、ポイントを受け取り終わったらJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

さらにエポスカードは申込時に紹介者からの「ご紹介番号」を入力して申し込むとさらに500円相当のポイントが加算されます。

当方は「JQカードエポスゴールド」保有者なので、申し込まれた際に申込みシートに以下の「ご紹介番号」を入力ください。

「ご紹介番号」→ 21040188666

エポスカードの申込みはハピタスが一番オススメですが、複数のポイントサイトを比較すると、何千円相当もポイントが違うときがあるのでその時に高いポイントを提示しているところを利用しましょう。

ハピタス登録済みなら、ポイント還元の高いポイントインカムライフメディアのうち未登録のサイトを新規登録して広告利用すれば、新規登録キャンペーンのポイントがもらえますので登録しておきましょう。

  • 【1位】高還元ポイントサイト「ハピタス」
    4.9

    ハピタス9月

    ①広告の数が非常に多く、高いポイント還元が魅力のポイントサイトです。
    ②ネットショッピングも高還元率で「お買い物あんしん保証制度」も完備。
    ③ためたポイントは300円から交換可能です。
    ■ポイントをPayPayボーナスに無料で交換できる数少ないポイントサイトです。
    ■新規登録&翌月末までの広告利用で1,000円相当のポイントがもらえます。

  • 【2位】総合力No.1ポイントサイト「ポイントインカム」
    4.7

    ポイントインカム紹介バナー

    ①累積ポイントで会員ステータスが決まり獲得したポイントに最大+7%のボーナスポイントがもらえます。
    ②ネットショッピングなら土日利用でさらに+3%のボーナスポイント
    ③高額広告のポイント還元もトップを競うほど成長してきているサイトです。
    ④お友達紹介制度も優れているためダウン報酬で稼ぐこともできます。
    ■新規入会で100円・ポイント交換でさらに100円相当のポイントがもらえます。

  • 【3位】成長著しいポイントサイト「ライフメディア」
    4.6

    ◎ライフメディアはポイント還元の改善が著しいポイントサイトです。
    ①広告のポイント還元がどんどん高くなって、お友達紹介制度も大幅に改善されて稼げるポイントサイトになっています。
    ②ネットショッピングも「0と5のつく日」はボーナスポイントがあるので、楽天市場・Yahoo!ショッピングユーザーは欠かせないポイントサイト。
    ③広告承認が非常に早く、ポイント交換は全部無料でしかも速いです。
    ■いまなら新規入会&登録した月の5,000ポイント以上の広告利用で最大2,000円相当のポイントがもらえます。