PayPay請求書払いでお得な「ソフトバンクまとめて支払い」とは?

近年キャッシュレス化が進み、自治体からの税金などの支払いにもコード決済が利用できるようになりました。

でも車税とか直接払うようになるとズシッときますよね。

これらの各種税金は結構高額なので、ポイントが獲得できるキャッシュレス決済で少しでもポイントを獲得して実質的な負担を減らしたいところです。

これまで請求書払いは、「PayPay請求書払い」だったらPayPayステップを達成していれば、この税金系でやってくる請求書払いを最大で1.5%の還元率で使えていたのですが4月からポイント対象外になってしまっています。

であれば「au PAY 請求書支払い」ですれば良さそうですが、まだまだ対応自治体が少ないのが実情です。

でも「PayPay請求書払い」・「LINE Pay請求書払い」なら、営業努力のおかげなのかすべての都道府県税に対応するなど、他の自治体にお住まいの方も「PayPay請求書払い」なら対応しているケースは多いです。

じゃあ還元率0%でもしかたなく使っているかというと、そうでもなくて税金の支払いでは、以下のようなポイント多重取りによる2.5%の還元率で「PayPay請求書払い」を使い続けています。

今回は、上記のお得に税金系を支払えるポイント多重取りの方法と、究極のタダ払い方法についても解説していきます。

ここで説明していくポイント多重取りでチャージ元となる、三井住友カードゴールドNLは最大2%の還元率でau PAYKyashCardなどのウォレットサービスにチャージできる高還元率カードです。

三井住友カード ゴールド(NL)の発行は、ニフティポイントクラブ経由でカード公式からの新規入会利用5,000円相当の特典に加えて、10,000円相当が獲得できます(@nifty基本料金利用なら12,000円GET)。 >>ニフティポイントクラブへの登録&ポイント交換で600円GET
三井住友カード ゴールド(NL)ならKyash・au PAYへのチャージで最大2%還元!
4.8

三井住友カードゴールドnl

①今なら新規入会と利用で10,000円相当の新規入会特典
②年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
③最大2%の還元率でKyash・au PAYにチャージできる高還元率カード
④SBI証券のクレカ投信積立で1%のVポイント還元
⑤ニフティポイントクラブ経由の発行なら新規入会特典に加えて10,000円相当のポイント獲得

PayPay請求書払いとは?自宅で税金・公金が支払える便利なサービス

コード決済は次第に使われるようになってきていますが、とりわけ使えるようになって便利さを感じているのが、税金・公金などを自宅で納付できる「請求書払い」です。

かつてはセブンイレブンの収納代行でnanacoで税金・公金を支払う方法をしていましたが、コンビニにいく手間がかかりますので自宅で手早く納付を済ませられるほうが断然便利です。

各コード決済でも「請求書払い」に順次対応していますが、au PAYファミペイでは可能でポイントもつきますが対応自治体が少なく、楽天ペイは楽天銀行がこの機能を実装しているため非対応、d払いは不便な残高払いに限定されポイントもつかない塩対応なので論外という状態です。

今回説明していく「PayPay請求書払い」は、2022年4月からポイント対象外になったデメリットはあるものの、対象自治体が非常に広いのがメリットです。

PayPay請求書払い

ちなみに「PayPay請求書払い」で支払える方法は、PayPay残高(PayPayマネー・PayPayマネーライト・PayPayポイント)のみとなります。

還元率 0%
利用限度額 納付書1枚あたり30万円まで
支払い方法 PayPay残高のみ
特典 支払い回数・金額がPayPayステップカウント対象

当方は2022年5月の都道府県税はPayPayポイントで支払いました。

PayPay請求書払いは、2022年6月からすべての都道府県税に対応

「PayPay請求書払い」は、2022年4月には北海道、山形県、6月には秋田県が対応したことで、すべての都道府県税をPayPay請求書払いで支払うことが可能になりました。

PayPay請求書支払い対応した都道府県税

引用:「PayPay請求書払い」の税金・料金の支払い対応自治体の拡大について

随分便利になりましたね。 ところで都道府県税ってなんでしょう?という方も多いと思います。 ざっくり以下の2つが該当してきます。

  • 自動車税種別割
  • 個人事業税

多くの方にとって該当すると思われるのが、毎年5月に手元に届く「自動車税種別割」です。

PayPayポイントで自動車税支払い

当方の場合は、2021年からずっと続けているポイ活によって、お陰様で2022年5月は全額PayPayポイントで支払うことができました。

PayPay請求書払いは、2022年4月からすべての政令指定都市の税金・公金に対応

2022年4月にはすべての政令指定都市の市税・公金(料金)に対応しています。

といっても全部ではなく、それぞれの自治体で異なりますが大まかに以下の税金・公金が対応しているところが多いです。

詳細は以下のリンクで確認してください。

>>PayPay請求書払い対応自治体

  • 軽自動車税
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民健康保険料
  • 後期高齢者医療保険料
  • 介護保険料
  • 水道料
  • 保育料

概ねもれなくかかりそうな税金・公金ですが、保育料は2020年に引っ越して保育料無料の自治体に引っ越したことで出費を抑えることが出来るようになりました。

それにしても、自治体の努力によって保育料を無料化しているところもあるというのに、少子高齢化でこまっているにも関わらず罰金みたいに保育料をとる日本の殆どの自治体はやっていることが矛盾していますね。

ネットで仕事も完結する時代なのでネットで収入を確保できる手段を確保できれば、今後は考え方がおかしい自治体に住み続ける理由もないと思います。

PayPay請求書支払いを「ソフトバンクまとめて支払い」で2.5%の還元率で使う方法

ただPayPay請求書払いは、対応する自治体が増えて非常に便利になった反面、還元率0%になってしまっています。

ですがこれを今回の記事で説明する方法で2.5%の還元率で使えるようになるのが、「ソフトバンクまとめて支払い」です。

これは携帯料金を支払っているカードでPayPay残高にチャージできる制度なので、普段なら携帯料金を支払っているカードのポイント・PayPay決済によるポイントが二重取りができます。

PayPay請求書払いなら、PayPay残高払いのポイント還元がありませんが、「ソフトバンクまとめて支払い」でPayPayチャージしたときのカードのポイントが付与されます。

PayPay請求書支払いでお得になる「ソフトバンクまとめて支払い」とは?

ソフトバンクまとめて支払い」は、アプリやネットショッピングの代金を携帯電話の料金と一緒に支払う決済方法です。

代金は携帯料金を支払っているカードに請求されます。

ソフトバンク陣営の回線(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO)なら、この「ソフトバンクまとめて支払い」でPayPay残高へチャージすることができます。

メリットは、携帯料金を支払っているカードでPayPay残高にチャージできるため、携帯料金を支払っているカードのPayPay残高チャージ額に対してポイントが付与される点です。

これなら以下のようなポイント多重取りによって、PayPay請求書払いでも高い還元率で税金・公金の納付ができます。

これならPayPay請求書払いの還元率が0%でも、税金・公共料金を支払う方法としては十分な還元率です。

ちなみに税金・公共料金は、au PAY プリペイドカードなどのプリペイドカードでは通常支払うことができませんが、「ソフトバンクまとめて支払い」によってチャージされたPayPay残高からの支払いなら、このように請求書払いで納付することができます。

関連記事

PayPayが使えるお店は非常に多くて、大規模なチェーンストアで使えるのはもちろんですが、個人の方が経営されていて比較的小規模な店舗などでは「カードは使えないけどPayPayは使える」というケースが非常に多くなっていて利用できる店舗数はおそ[…]

ソフトバンクまとめて支払い×PayPay残高チャージでPayPayの還元率をアップさせる方法

au PAYへのチャージが2%還元!三井住友カードゴールドnl

今回説明しているポイント多重取りでau PAY プリペイドカードへのチャージでオススメなのが、三井住友カードゴールド(nl)です。

※自営業の方は「三井住友カードビジネスオーナーズゴールド」がオススメです(当方もこの券種です)。

三井住友カードゴールドNL

最大で2%の還元率でKyashCardau PAYにチャージできるのですが、その内訳が以下の表です。

三井住友カードゴールド(nl)or ビジネスオーナーズゴールド 還元率
基本 0.5%
マイ・ペイすリボ(手数料発生時) +0.5%
年間利用100万円 +1%(10,000P付与)
合計 2%

三井住友カードゴールド(NL)は、基本還元率0.5%+年間利用100万円突破で1%に相当するボーナスポイントが獲得できるため1.5%の還元率のカードと考えられています。

しかし、三井住友カードでは「マイ・ペイすリボ」を活用することで+0.5%ポイントアップします。

ただしリボ払いは手数料がかかるため、普通にやれば手数料倒れになります。

そのため手数料を最小化してしまえば、わずかな手数料で大きなポイントアップが狙えます。

三井住友カードゴールド(NL)のポイントアップの詳細については、非常に長くなるので以下の記事を参照してください。

関連記事

先進的なデザインの三井住友カードNLにゴールドカードが登場しました。 年会費は通常のゴールドカードの半額となる5,500円ですが、年間100万円の利用を達成すると翌年以降の年会費が永年無料になり、Vポイント1万ポイントがボーナスポイン[…]

三井住友カードゴールドNL登場!一回の100万円利用で年会費無料&年間1%相当のボーナスも!

誰でもつかえるau PAY プリペイドカード

au PAY プリペイドカードは、auユーザーでなくても保有できるMastercardブランドのプリペイドカードです。

au回線・UQ回線・auひかり回線を契約していない場合は、発行にはau IDに紐付いたauじぶん銀行の口座が必要になります。

この記事で説明しているRevolutへチャージすることができるため、ポイ活には欠かせないプリペイドカードになっています。

auPAYプリペイドカード

基本還元率は200円につき1ポイントのPontaポイントが付与されるので、還元率としては0.5%となります。

残高は、au PAYと共有しており利便性が高いプリペイドカードです。

  仕様
国際ブランド Mastercard
年会費 無料
還元率 0.5%(たまるポイントはPontaポイント)
チャージ上限 45,000円/1回・50万円/月
チャージ方法 ・auかんたん決済 ・クレジットチャージ ・銀行口座チャージ ・ローソンレジ ・Pontaポイントチャージ

チャージはMastercardブランドからならチャージ可能なので、三井住友カードゴールド(NL)ならMastercardブランドでの発行をおすすめします。

au PAY ゴールドカードでも2%の還元率ですが、au PAY ゴールドカードはau PAYへのチャージが2%であって、他の利用は1%還元にとどまります。

また年会費が11,000円ですのでau利用料が11%ポイント還元されるauユーザーでもない限りメリットがありません。

そのためUQモバイル・povoを含む非auユーザーなら、一度年間100万円利用すれば年会費が永年無料になる三井住友カードゴールド(NL)をチャージに利用したほうがコストパフォーマンスが良いでしょう。

※個人事業主の方は、ビジネスオーナーズゴールドがオススメです。

このau PAY プリペイドカードのもう一つのメリットが、auじぶん銀行へ残高を自動払い出しできる機能があることです。

ローソンレジで1,000円以上1円単位で小銭もチャージできるため、小銭がたまったらチャージすれば翌日6:30くらいにauじぶん銀行へ自動払い出しされます。

↓↓設定方法などは以下の記事をどうぞ↓↓

関連記事

2022年1月17日から、ゆうちょ銀行ATMの小銭の預け入れに手数料がかかるようになって、小銭をどうしたら良いのか途方に暮れている方もいらっしゃると思います。 ふとネットを見てみると、セルフレジに大量の小銭を突っ込んで故障させた方もいるよ[…]

【ゆうちょ銀行ATM小銭問題解決】手数料0円で小銭をauじぶん銀行に預ける方法

携帯料金などの公共料金・定額払いも支払えるRevolut

Revolutは次世代のデジタル銀行で海外への送金・複数の外貨への両替・デビットカードの発行などができます。

Revolut

Revolutには有料プランを含むプランが3つあり、1%キャッシュバックされるRevolutメタルカードは月額1,980円がかかります。

スタンダード会員/無料 プレミアム会員/980円(月) メタル会員/1,980円(月)
キャッシュバックなし キャッシュバックなし キャッシュバック1%
23通貨の両替が毎月750,000円まで無料 23通貨の両替制限なし 23通貨の両替制限なし
海外のATMでは1ヶ月25,000円まで無料 海外のATMでは1ヶ月50,000円まで無料 海外のATMでは1ヶ月100,000円まで無料
× 優先カスタマーサービス 優先カスタマーサービス
× LoungeKeyパスへのアクセス LoungeKeyパスへのアクセス
× フライトが1時間以上遅延したとき、本人と友人1名まで無料空港ラウンジパス フライトが1時間以上遅延したとき、本人と友人3名まで無料空港ラウンジパス

クレジットカードやデビットカードからもチャージできますが、au PAY プリペイドカードからもチャージすることが可能です。 au PAY プリペイドカードは、3Dセキュア本人認証非対応であるためにエラーのような表示がでますが、ちゃんとチャージされています。

嬉しい利点が、プリペイドカードでは非対応の公共料金・定額払いにも対応している点で、今回なら携帯電話の支払いに登録できるため、Revolutメタルカードから「ソフトバンクまとめて支払い」でPayPay残高チャージに使うことができます。

ただしPayPay残高チャージでは1%のメタルキャッシュバックはつきません。

そのため、「ソフトバンクまとめて支払い」によるPayPay残高チャージのみの利用であれば、利用料が無料のスタンダード会員でもよいと思います。

関連記事

英国発のウォレットサービスRevolutと日本のmixiが運営するウォレットサービスMIXI M。 いずれもリアルカード(Revolutはデビットカード・MIXI Mはプリペイドカード)が発行できて、スマホ決済も利用できます。 […]

6gramとRevolutはどっちが便利?Kyashの代わり?リアルカード・還元率・スマホ決済で比較!

PayPay請求書払いはPayPayステップ対象

冒頭で説明したように、PayPay請求書払いの還元率は0%です。

しかし、利用した回数、利用した金額は、PayPayステップの達成条件である「300円以上のお支払い30回以上かつ5万円以上達成」にもカウントされます。

このPayPayステップは、条件を達成すると基本0.5%の還元率が1.5%にまでアップするという優遇制度ですが、結構使わないと達成が難しい代物です。

ポイント加算条件 還元率
PayPay基本還元率 0.5%
【PayPayステップ①】300円以上のお支払い30回以上かつ5万円以上達成 +0.5%
【PayPayステップ②】3つのECサービスを利用 PayPayモール・Yahoo!ショッピング・ebook japan・ヤフオク・PayPayフリマ・Yahoo!トラベル・LOHACO +0.5%
合計 1.5%

しかし、300円以上×30回のハードルについては、ソフトバンク陣営の回線(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO)なら携帯料金の支払いをPayPay残高で支払うことが可能なのでこれを使って回数を稼ぐことができます。

PayPay残高による支払いは何回でもPayPayステップの決済回数にカウントされるため、極論を書けば300円の支払いを30回繰り返せば「300円以上30回以上の決済」という条件を楽々クリアできるわけです。

また5万円以上という条件に関しては、PayPay請求書払いで各種税金、電気・水道・ガスなどの公共料金を支払うことで「5万円以上」という条件も比較的容易にクリアすること可能になります。

ですので、PayPayステップで達成には、説明した携帯料金の支払いにPayPay残高を使ったり、PayPay請求書払いで各種税金・公共料金を払う方法が、無駄なくPayPayを利用できるため必須の方法です。

【究極】ハピタスから交換したPayPayマネーライトなら税金・公金がタダ払い

ソフトバンクまとめて支払い」でPayPay残高チャージした、PayPay請求書払いなら最大で2.5%の還元率が確保できることは説明しました。

しかし究極にお得なのは「タダ」で支払うことですよね?

実は、今期の車税はハピタスで稼いだポイントをPayPayマネーライトに交換して支払いました。

念願の税金タダ払いができたわけです。 なぜハピタスかというと、ハピタスではランク制度という会員優遇制度があり、会員ランクによってポイント交換額の最大+5%が増量ポイントとして翌月付与されるからです。

ハピタスのポイントは、PayPayマネーライトに交換でき(最大+5%増量)、PayPay請求書払いで支払いにも利用できますし、他のユーザー間でも送金することが可能です。

ハピタスなどのポイントサイトは、企業の広告を会員向けに掲載しておりユーザーがその広告を利用すると企業から広告費が支払われて、その一部をユーザーに還元しているビジネスモデルです。

その中でもハピタスは、ユーザーに還元しているポイントが非常に高いサイトの一つです。

ハピタスではランク別でポイント交換額に対してボーナスポイントが付与される

ハピタスのランク制度では、ゴールド・シルバー・ブロンズの3段階になっています。

獲得したポイントに対してではなくポイント交換時に申請額に応じてボーナスポイントがもらえる制度になっており、PayPayマネーライトなら最大+5%の増量となります。

ハピタスでは、21種類もの提携ポイント・電子マネー・マイル・銀行口座振込などができますが、PayPayマネーライトを含むよく利用している7つをあげて増量率を比べると以下の通りとなります。

  ゴールド シルバー ブロンズ
Amazonギフト券 5% 3% 1%
PayPayマネーライト 5% 3% 1%
Tポイント 5% 3% 1%
Pontaポイントギフトコード 5% 3% 1%
Pollet(ポレット) 4% 2% 0.5%
Gポイントギフトコード 4% 2% 0.5%
ドットマネーギフトコード 4% 2% 0.5%

※銀行口座への振込はボーナスポイント対象外です。

色々なポイント交換メニューの中でもPayPayポイントの増量率は大きいので、税金・公金も支払えて加盟店も非常に多いためPayPayマネーライトに交換したほうがメリットが大きいです。

ハピタスのランク昇格の条件

ハピタスのランク制度では、ランクの判定は獲得ポイント+広告利用回数となっています。

ハピタスゴールドランク

期間は非常に長くて12ヶ月となっています。

  対象となる広告履歴 獲得ポイント 利用した広告の件数
ゴールド 12ヶ月 5,000pt 12件
シルバー 3,000pt 8件
ブロンズ 1,000pt 4件

対象となる広告履歴期間は十分ありますが、特段の攻略方法はなく、普通に利用すればクリアできる至極まっとうな内容になっています。

あえて攻略方法をあげるとすれば、高めの広告を利用したあとはアプリインストール案件を積極的にこなせば12件の広告クリアは比較的達成しやすいです。

どうやってハピタスでポイントを稼いだらいい?

ハピタスの会員ランク制度が、充実していることはわかったと思いますが、どうやってポイントを稼ぐのかが課題ですね。

ハピタスでは、ゲームとかでコツコツポイントを稼ぐのは向いておらず、ネットショッピング・カードの申込みや・銀行&証券会社・FX会社の口座開設などの高額なポイントを還元している広告のポイントが非常に高いサイトです。

例えば、PayPayカードの広告では常時トップのポイント還元で突っ走っており、こういった申し込みたいクレジットカードがあればハピタス経由なら他のポイントサイトに比べて非常にポイントが高いのでこのサイト1つで良いと思います。

ハピタス掲載PayPayカード広告詳細

他にもネットショッピング、光回線・新電力の申込み、引っ越しの見積もりなどでもハピタスで広告を検索して必ず経由して利用するようにすれば、たくさんポイントがたまります。

さらにポイントを稼ぐには?

ただ、クレジットカードなどの高額なポイント案件でもそう何枚も必要ないですし、利用できる件数には限りがあると思います。

そこで活用したいのがお友達紹介制度です。

これまで使ってきたハピタスのメリットを説明して、自分自身の紹介URLから登録してもらうようにしていけば、紹介URLから登録いただいた方が広告を利用してポイントを獲得するとこれまでの紹介人数に応じてお友達が獲得したポイントの10~40%のポイントが紹介報酬として獲得できます(お友達のポイントは減りません)。

ハピタスのお友達紹介制度は特に優れており、ほぼすべての広告が紹介報酬対象ですし、最大40%もの紹介報酬が得られる制度になっています。

ハピタス紹介報酬テーブル

実際にどれくらいもらえるのか?

ですが当方が100名の方を紹介したときにもらえた紹介報酬が以下の画像になります。

ハピタス紹介報酬

さらにお陰様でお友達紹介が進んで500名様に達したときの紹介報酬が以下の画像になります。

ハピタス紹介報酬

これだけの紹介報酬を毎月獲得できれば税金・公金をこれで賄えますね。

当方の場合は、おかげさまでだいぶ紹介した方が増えてきて紹介報酬が安定してきたので、ようやく念願だった手出し無しで税金・公金を紹介報酬で支払うということができるようになりました。

PayPay請求書払いでポイント還元されなくなるのは痛いですが、ハピタスでゴールドランクになったことでPayPayマネーライトへの交換で+5%増量されるようになったので全く問題はないと思います。

もちろん次回の5月の自動車税もPayPayマネーライトで支払おうと思います。

ハピタスへの登録は、このサイト経由で特別紹介特典として合計1,110円がプレゼントされます。

ハピタス紹介バナー

>>ハピタスへの新規登録で紹介特典1,110円をもらう方法

【まとめ】PayPay請求書払いでお得な「ソフトバンクまとめて支払い」とは?

PayPay請求書払いは、還元率自体は0%ですが、ソフトバンク陣営の回線(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO)なら「ソフトバンクまとめて支払い」が利用可能なので、PayPay残高チャージによるカードのポイントを獲得することができます。

今回は、三井住友カードゴールドNL(最大2%)→au PAY プリペイドカード(0.5%)=2.5%の部分でポイント還元があります。

au請求書支払いでも同水準の2.5%の還元率になりますので、選ぶなら対応自治体が圧倒的に広いPayPay請求書払いになると思います。

ただこれから「au請求書支払い」の対応自治体が増えてくると手順が簡単な「au請求書支払い」のほうが選好されてくるかも知れませんが、それは住んでいる自治体が対応してからまた考えたいと思います。

まずは、三井住友カードゴールドNL(個人事業主の方は、ビジネスオーナーズゴールド)をチャージ元としたチャージルートで、「ソフトバンクまとめて支払い」によるPayPay残高チャージをしてみましょう。

三井住友カード ゴールド(NL)ならKyash・au PAYへのチャージで最大2%還元!
4.8

三井住友カードゴールドnl

①今なら新規入会と利用で10,000円相当の新規入会特典
②年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
③最大2%の還元率でKyash・au PAYにチャージできる高還元率カード
④SBI証券のクレカ投信積立で1%のVポイント還元
⑤ニフティポイントクラブ経由の発行なら新規入会特典に加えて10,000円相当のポイント獲得

三井住友カードビジネスオーナーズカード(新規入会利用1万円分のVポイント)
4.8

三井住友ビジネスオーナーズゴールド

①最大2%の還元率でKyash・au PAYにチャージできる高還元率カード
②年間100万円以上の利用で年会費永年無料・1万円相当のVポイント
③Amazon・ETC・ANA・JALの利用は最大2.5%還元
④SBI証券のクレカ投信積立決済で1%ポイント還元
⑤ワラウ経由の発行で新規入会特典に加えて7,700円相当のポイントが獲得できます。