休眠資産を集めて一本化できるプリペイドカード「Pollet」

キャッシュレス比率の低かった日本で、キャッシュレス・ポイント還元事業の支援もあって急速に導入が進んでいます。

キャッシュレス決済の最初の入口として考えられるのは、銀行口座と直結し、決済と同時に口座から引き落とされる「デビットカード」でしょう。
「デビットカード」はクレジットカードではないため、与信審査も必要なく、VISA・MasterCard・JCBなどの主要な国際ブランドが搭載さているタイプであれば大抵の店舗で決済が可能です。

しかし、それでも16歳以上でなければ発行できないという制約があります。
そのため、16歳未満の子供に渡すキャッシュレス決済として「デビットカード」は不適合となります。

そのため、16歳未満の子供に渡すキャッシュレス決済の手段として今回オススメしたいのが「プリペイドカード」です。
その中でも、スマホで完結できるバーチャルプリペイドカードを発行できる「Pollet」についてまとめてみました。

ポイントサイトのポイントをまとめて利用できる「Pollet」

「Pollet(ポレット)」とは、ポイントサイトで貯まったポイントをVISAブランドのプリペイドカードの残高に+0.5%に増量して交換でき、VISA加盟店のリアル店舗・ネットショッピングで利用できるサービスです。

ポイントサイトと書いていますが、家庭で要らなくなった家電やブランド品・書籍・各種商品券などの金券・使いきれなかった外貨・QUOカードもチャージ可能です。
※手数料がかかるものもあります。

そのため、小さい単位のポイントなどを一本化して決済に使えるため非常に利便性の高いサービスです。

このサービスですが、年会費無料で利用できます。

リアルカードは、「Pollet Million」(セディナ)という名称で、実店舗に利用できて利用範囲は広いのですが、手元に届くまでに2週間ほどの時間を要します。
一方でスマホで使用できるバーチャルプリペイドカードであれば、最速1分で発行可能です。

運営会社について

「Pollet(ポレット)」の運用会社は、ポイントサイト「ハピタス」を運用する「オズビジョン」です。

Polletはポイントサイト「ハピタス」の事業の一つであり、「ハピタス」で獲得したポイントはなんと1ポイント単位でPolletの残高としてチャージすることができます。

ハピタス新規登録キャンペーン
↓↓↓

ポイントサイト「ハピタス」への登録は無料で、下記のバナー経由の登録と7日以内の500pt以上の広告利用で400円相当のポイント、先着2,000名の方に500円相当のAmazonギフト券プレゼントです。

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法

Polletの概要

 Pollet(バーチャル)Pollet Million(リアル)
発行手数料0円500円
年会費無料無料
発行から受取までの時間約1分最大2週間程度
年齢制限なし16歳以上
身分証の提出なし必要
利用範囲ネット(VISA加盟)VISA加盟店
チャージ上限1回3万(最大10万)1回50万円(最大100万)
チャージ方法各ポイントサイト左記に加えて
 LINE Pay・クレジットカード
 金券・外貨※セディナ以外は手数料
 ゲーム・DVD305円発生する
 本・CD・レコード・銀行振込(ペイジー)
 スマホ・パソコン※手数料は305円
 オーディオ 
 おもちゃ 
 貴金属・腕時計・ブランド品 
 お酒 
 家電・カメラ 

上記の表には記述しておりませんが、 仮想通貨「ビットコイン」も交換可能です。

金券・商品券の類には実に様々な種類があるので、確かに休眠資産を一本化しやすい内容ですね。

しかも自宅に届く封筒に申請した外貨や金券を入れるだけなので、かなり手間が省けます。

もっとも手数料がかかりますが、それは金券ショップに持ち込んでも一緒のことです。

決済できる範囲ですが、プリペイドカードである以上、ガソリンや高速道路、電気、水道などでは決済できません。

これはカードを通したり、登録したあとで、決済額が変動するためです。

ですが、それ以外でしたら税金もいけましたし、大抵のところはOKです。

ハピタスならPolletへのチャージは1ポイント単位でできます。
↓↓↓

ハピタスならポレット(Pollet)へのチャージは1ポイント単位でできるので便利です。

ポレット(Pollet)に1ポイントから交換できて高還元率なポイントサイト「ハピタス」は、下記のバナーからの登録&7日以内の500円以上の広告利用で400円相当のポイントとAmazonギフト券500円分プレゼントです。

ポイントサイトからのポイントを+0.5%増量で集約できる

Pollet」の残高へのチャージは、ポイントサイトが有利で、交換時は+0.5%増量分が、プラスしてチャージされます。

他、リアルカードでは、セディナのクレジットカード(大抵は0.5%の還元率)が手数料無しでかつ0.5%増量でチャージができますが、他のカードは逐一305円徴収されます。

もう一つの方法は、銀行からペイジーで振り込む方法ですが、これも305円の手数料が必要になります。

ということは一般的には、ポイントサイト経由が一番ポイントを増幅させやすいですね。

チャージ時に増量(+0.5%)されるサイトは以下のとおりです。
■ポイントサイト
 ・ハピタス
 ・ポイントインカム
 ・ポイントタウン
 ・ワラウ
 ・ちょびリッチ
 ・i2iポイント
■ASP
 ・アドボンバー
■ポイント交換サイト
 ・ドットマネー
 ・Pex
 ・Gポイント
残高が少ないなと思ったときには、リアルカードであれば、先程述べたクレジットカード「セディナ」のプロパーカードからチャージできます。
セディナ」カードのデフォルトの還元率は0.5%なので、チャージ+0.5%と併せて1.0%の還元率になります。

ポイントサイト「モッピー」なら一旦ドットマネーへ交換すると1%増量が行われていますのでそこから「Pollet」へ交換すればさらに+0.5%増量され+1.5%増量させることが可能になります。

セディナカードと一緒に使えば還元率がアップ

チャージの部分で述べている、「セディナカード」ですが、これ自体は0.5%の還元率と低めです。
実感として1%くらいは欲しいところです。
しかし、今回紹介している「Pollet」にチャージすれば、「Pollet」チャージ分は+0.5%増量し、クレジットカード自体にも0.5%のポイントが付与されます。
要するに1.0%の還元率でいけるわけです。

セディナのポイントプログラム「わくわくポイント」・ポイントアップ制度「トクトク!ステージ」

セディナカードはこれだけではなくて、年間利用額に応じて翌年度ポイントアップする制度「トクトク!ステージ」という制度があります。
年間200万円以上の利用で1.3倍、ゴールドで1.6倍までアップするのでゴールドで0.8%の還元率にまで引き上がるということになりますね。

このゴールドカードに「Pollet」チャージ時の増量+0.5%を足すと、合計で1.3%の還元率で運用できることになります。

チャージに利用するカードはセディナカード「Jiyu!da!」がオススメ

セディナカードと言えば還元率は0.5%がデフォルトです。
低いですね。欲を言えば1.0%欲しいところです。
しかし、利用する店舗をうまく選択するとポイントが2倍3倍に増加します。

イオンカードはイオンで利用すれば1.0%の還元率ですね。
しかし、このセディナカードJiyu!da!は、イオン・ダイエーはてはセブンイレブンでの利用で3倍の1.5%の還元率で常時お買い物が可能です。

またガソリンスタンドでは宇佐美グループで利用するとポイント還元率は5倍の2.5%となかなかのものです。

また、サブカードではそんなに利用頻度は高くならないのですが、プリペイドカード「Pollet」との併用でバリバリ利用するというのであれば、「トクトクステージ」に乗るとベースの還元率が上昇します。

年間利用によって翌年度のカード本体の還元率は以下のように変化します。
・50~100万円未満⇒翌年の還元率0.55%
・100~200万円未満⇒翌年の還元率0.575%
・200万円以上⇒翌年の還元率0.65%

そして前述の通り「Pollet」にチャージすれば+0.5%増量チャージ+カードポイント満額付与ですので、常時1.15%での運用が可能ですね。

まとめ:Polletはポイントを集約できる便利なプリペイドカード

様々なサービスを使う際に、経由するだけでポイントが貯まる「ポイントサイト」それぞれがバラバラになると大した額ではないですが、集約して利便性の高い決済方法にまとめると便利です。
そしてそれが「Pollet」です。
チャージ用にセディナカードを1枚準備しておくと無料で+0.5%増量&カードポイント+0.5%~付与でチャージできますのでとても便利です。

セットで考えるべきポイントサイトは「ハピタス」が各サービス案件の還元率も高く、ポイントも1円単位・即日反映なので便利です。

ポイントサイト「ハピタス」の新規登録は下記ボタン経由+広告利用で400円相当のポイントが付与されます。