Gポイントで「JQ CARDエポスゴールド」をフル活用

クレジットカードの中で、デフォルトでは最高の還元率を誇っているカードはJQ CARD エポスゴールドです。

デフォルトの還元率は0.5%です。
しかし、インビテーションによってゴールドカードに昇格すると以下の特典が付与されます。
①年会費無料
②年間利用50万円以上で0.5%、100万円利用で1.0%ボーナスポイント付与
③「選べるポイントアップショップ」で3つのサービスに限って3倍の1.5%還元
以上の①②③で年会費無料で2.5%の還元率が実現するという強力なカードに豹変します。

電子マネー「楽天Edy」・スマホ決済「au PAY」の残高にポイント満額でチャージできる点も非常に便利です。

関連記事

JR九州が発行元となっているエポス陣営のカード「JQ CARD エポス ゴールド」。インビテーションによって年会費無料で保有できる稀有なゴールドカードです。「JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つです。 「選べるポ[…]

驚異の還元率2.5%「JQ CARD エポスゴールド」


しかしたまるポイントは「JRキューポ」というあまり馴染みのないポイントです。
一見、JR九州を利用する方しか役に立たないポイントだと思いがちですが、Tポイント・Gポイント・Ponta・エポスポイントに等価交換できるためにポイントハブとして機能します。
特にポイント交換サイトの役割もになっているGポイントに交換するとそれ以降の利用範囲が広がります。

たまるポイント「JRキューポ」は秀逸なポイントサービス

JQ CARD エポス ゴールド」は、エポスゴールドプラチナカードとは異なって、たまるポイントが「JRキューポ」です。
この「JRキューポ」ポイントサービスは様々なポイントに交換できる優れたサービスです。

JR九州管内であればストレートにSUGOCAへのポイントチャージで利用する方法も非常にメリットがありますが、それ以外の地域に住んでいる方なら以下の4つのポイントに交換することで非常に便利に利用することが可能になります。

  1. エポスポイント
  2. Tポイント
  3. Pontaポイント
  4. Gポイント
JRキューポポイント交換

SUGOCAへの交換

九州に住んでいて、交通機関としてJR九州の路線を利用する場合は、交通系ICの「SUGOCA」への交換がベターですね。
JRキューポ」は、ポイントチャージ機能付自動券売機で「SUGOCA」のカード残額に追加(ポイントチャージ)できます。
SUGOCA」はJR九州で使う限りは、普通に乗ると自動改札で引き去った金額の1.0%、特急券では5%、地下鉄ではJR管区内(唐津線)に掛かれば乗車のたびに10ポイントです。
これなら出口戦略としてはかなり有望です。

1.エポスポイントへの交換

エポスポイントだと、エポスのVISAブランドのプリペイドカードへポイントでチャージすると0.5%のキャッシュバックで利用できます。
しかもVISAブランドのプリペイドカードなので、出口戦略としては利用場所が多いので困りません。
ですが問題はクレジットカードからのチャージはポイントがつきませんので、決済利用による0.5%のキャッシュバック程度ではお得感はさほどないですね。

2.Tポイントへの交換

そうでなけれればTポイントへの交換が汎用性は高いです。
Tポイントに関しては、SBI証券SBIネオモバイル証券のプログラムポイントとして利用できるようになったため、SBI証券は投資信託の購入、SBIネオモバイル証券は株式の購入などに活用できます。

SBI証券は、本邦最安コストのインデックスファンド
SBIバンガードS&P500インデックスファンド
SBI全世界株式インデックスファンド
などが100円単位で購入可能であり、Tポイントを投信購入に充当することが可能です。
これなら不確実ではあるものの高い利回りが期待できます。

関連記事

ポイントを投資に使えるポイント投資は近年次々と新たなサービスが出現しています。その中でも、ポイントの収集・利用と投資商品の環境が整っているのは、以下の4つです。①楽天スーパーポイント ・楽天証券②Tポイント ・SBI証券 ・SBIネオモバ[…]

2020年8月度 Tポイント投資(SBI証券)の運用実績


SBIネオモバイル証券は、単元未満の株式を購入することができます。
ポイントでコツコツ買っていくとなると単元株になるまでに随分時間がかかりそうですが、
配当利回りも高く単元も低い銘柄を狙う方法や、1株のみ保有して優待クロスを狙う方法など利便性は高いです。

関連記事

2019年4月からサービスが開始された「SBIネオモバイル証券」。Tポイントを利用して投資することが可能で、1株単位で売買が可能で、月50万円以下であれば月額の手数料は実質20円という投資サービスです。株式は100株単位と敷居が高いのです[…]

Tポイントで株式投資ができる ネオモバイル証券の活用方法

3.Pontaポイントへの交換

Pontaポイントはau WALLETポイントと統合したことで、利用範囲が広がっています。
とくに「au PAYマーケット」の利用限定となるPontaポイントau PAY マーケット限定)に交換すると増量するキャンペーンを度々おこなっています。

2020年9月18日~10月2日まで交換キャンペーンを行っており、誰でもポイント50%増量、auスマートパスプレミアム会員にいたっては100%増量という狂気のキャンペーンです。

ただし1回につき2,000ポイント、期間中交換できる回数は2回までです。
期間中4,000ポイント交換すれば労せずに2,000ポイントが「au PAYマーケット」の利用限定とはいえ購買力が向上するわけですから利用しない手はないです。

LINEショッピング」のポチポチフライデーを活用すれば、最低2,000円の買い物で200円相当のLINEポイントが獲得できます。

関連記事

LINEショッピング自体は、あまり取り上げられることもなく地味な存在ですが、特定の期間開催されるキャンペーンは活用の価値があります。2020年9月までは「ポチポチフライデー」という名称で開催されており、金曜日の利用がルーチンワークでした。[…]

LINEショッピングショップの買いまわりで最大1,000LINEポイントプレゼント

4.Gポイントへの交換

Gポイントはかなり膨大な種類のポイントを交換できます。
しかも単位が小さく100ポイント程度で交換が可能なものが多いです。
Gポイント は、お小遣いサイトの交換は勿論、クレジットカードのポイントも交換できるので便利です。
※ただ手数料が発生するものもあるので注意は必要です。

その便利で手数料がかからない交換先は以下のとおりです。

  1. 交通系電子マネーへの交換
  2. iDキャッシュバック
  3. Vポイントへの交換

1.Gポイント→交通系電子マネーへの交換

JRキューポ」は直接JR九州の交通系電子マネー「SUGOCA」に等価交換が可能ですが、一旦Gポイントへ交換すると以下の2つの交通系電子マネーへの等価交換が可能です。
西鉄バスのポイント「nimoca」ポイント
近畿のポストペイ型交通系電子マネー「PiRaPa」のショップdeポイント

これはいずれも数料無料で交換でき、「nimoca」のであれば西鉄の交通系電子マネー「nimoca」の残高に充当できます。
「nimoca」で西鉄の交通機関(主にバス)を利用すると、路線ごとに違いますが2.0~5.0%の還元率が設定されており、月間利用額につきボーナスが付与されます。

関西圏で利用されているポストペイ方式の交通系電子マネー「PiTaPa」のショップdeポイントも等価交換・手数料無料です。
ショップdeポイントは、PiTaPaによる電車・バスのご利用代金として自動的に還元されるポイントサービスです。500ポイントで自動的に50円の割引が適用されます。
プリペイド方式のように一々残高を意識しなくて良いのがいいですね。
還元制度は、1ヶ月の利用で10~14%の割引となる利用額割引か、阪急電鉄や京阪電車など10の交通機関では11~30回まで利用すると10%、31回以上は15%割引される回数割引が適用されています。
割引率がおおきいですね。

2.Gポイント→iDキャッシュバック

「Apple Pay」「Google Pay」でスマホでiDを利用している場合や「三井住友カードiD」を利用している場合は、iD利用金額から値引きされる「iDバリュー」への交換も手数料無料です。
これなら、利用する店舗は限定されず、コンビニもドラッグストアも利用可能です。
しかも利用したiDの金額へは、ポイントはクレジットカードのポイントが付与されますので、非常に有効です。
こちらは目下、新規入会で利用額の20%還元を行っている三井住友カードによる「Google Pay」設定がお得ですね。



三井住友カードの申込みは、ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて、
ポイントサイトから3,300円相当のポイントが付与されます。
ライフメディア」の新規登録は下記ボタン経由で最大500円相当のポイント獲得のチャンスです。

3.Gポイント→Vポイントへの交換

Gポイントに交換すると、三井住友カードのポイントプログラムとして新たにリニューアルされた「Vポイント」へ交換が可能になります。
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」のルートは手数料無料で存在しますので、dポイントの収集で利用するならば、
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」→「dポイント」のルートが手数料無料で利用できます。

しかし「Vポイント」に交換していればさらに、ポイント交換サイト「PEX」に交換できます。
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」→「PEX」という手数料無料のポイント交換ルートですね。

この「PEX」では、ポイントサイト「ECナビ」の利用と「PEX」→「Tポイント」交換で4%分のECナビポイントがプレゼントされる企画が毎月開催されています。

さらに「Tポイント」→「JRキューポ」というルートが手数料無料で存在しますので、
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」→「PEX」→「Tポイント」→「JRキューポ
というポイント交換ループでノーリスクでポイント資産を毎月4%増加させることができます。

ECナビ」の利用と「PEX」→「Tポイント」交換で4%分のECナビポイントがプレゼントされる企画は「ECナビ」で毎月エントリーが必要です。
下記バナー経由の新規登録で最大1,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

GポイントでJQ CARD エポスゴールドを活用する方法まとめ

JQ CARD エポスゴールド」を利用することで貯まる「JRキューポ」とポイント交換サイト「Gポイント」の相性はよく、そこから多くのポイントへ交換し利用範囲を広げることもノーリスクで増やすことも可能です。

とくに「JRキューポ」は、dポイント投資・Tポイント投資に取り組んでいる方にとっては散らばったポイントを一本化するのに役立つため欠かせないツールですね。

Gポイント」→「Vポイント」ラインを利用するためには、「三井住友カード」が欠かせませんが「三井住友カード」は新規入会キャンペーンが手厚く、特に2020年11月30日まで通常行われているキャッシュバックは利用金額の20%分/上限12,000円と大変手厚くなっています。



三井住友カードの申込みは、ポイントサイト「ライフメディア」経由で新規入会特典に加えて、
ポイントサイトから3,300円相当のポイントが付与されます。
ライフメディア」の新規登録は下記ボタン経由で最大500円相当のポイント獲得のチャンスです。


また、JQエポスカードに必須なポイントサイト「Gポイント」の登録は、 下記のバナー経由でスタートから50ポイントが付与されます。

Gポイント

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。
よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村


クレジットカードランキング