高速道路利用の前にオトクなETCマイレージサービス登録を

ETCはすでに高速道路では普通の設備になりましたが、仕組みを導入するにあたって発生する費用、イニシャルコストは2001年あたりでは3万円半ばでなかなか普及しませんでした。
しかし現在は1万円程度であるため普及をある程度後押ししていると思われます。

しかしそれにもかかわらず高速利用時にETCを利用している人は現在、全体の88%。意外と少ない状態です。

諸外国の例だと、ドイツ・フランス・スイスなどは対象が貨物車だけであるものの車載器は無料貸与であるためその点かなり差があります。

車にかかわる税金のみならず、高速の車載器も金を徴収されるため救いどころがないのですが、多少なりとも負担を軽減する方法がなくもないです。

それがETCマイレージサービスです。
ですが実際にはなかなか知られていないサービスです。

ETCマイレージサービスとは?

 

ETCマイレージサービスとは、ETCカードを利用して高速道路や有料道路の料金所ゲートで通行料金を支払った際に、支払額に応じて高還元率なマイレージポイントを獲得できるサービスです。
 
ETCマイレージサービスは事前登録が必要で、登録にはETCカードと車載器No.が必要です。
利用の流れは以下のとおりです。
①通行時にETCで通行料金を支払う。
②利用月度の翌月20日にポイントが付与される。
③ポイントは一定の額貯まると高速の無料利用分として利用できる。

多くの人が利用するNEXCO東日本/NEXCO中日本/NEXCO西日本では付与されるポイントは10円につき1P付与されます。

そしてこれがどれくらいの還元になるか検証すると最大10%に達します。
・1,000P(約10,000円利用分)→500円無料通行分(還元率5.0%)
・3,000P(約30,000円利用分)→2,500円無料通行分(還元率8.3%)
・5,000P(約50,000円利用分)→5,000円無料通行分(還元率10.0%)
ポイントは登録情報変更メニューでポイント自動還元サービスを利用すると、各道路事業者ごとに所定のポイントが貯まると自動的に還元額(無料通行分)に交換してくれますので、交換し忘れなどが防げます。

ちなみにポイントの有効期限は2年間です。ポイントを最大限還元率が高まる2年以内で交換したいところですが、1ヶ月85km程度の距離であればこれに該当します。

仕事であればこれに該当する事例は多いと思いますが、月に隣の県に移動する機会があれば、私生活だけの利用でも達成すると思います。

マイレージサービスは事業間で異なる

ほとんどの人はNEXCOを利用すると思われますが、一部他の高速道路も含まれます。
・宮城県道路公社、本州四国連絡高速道路株式会社・・・1P/10円
・阪神高速道路株式会社・・・3P/100円(※10,000円超から加算ポイント有り)
・愛知県道路公社・・・1P/100円(※5,000円超から加算ポイント有り)
・名古屋高速道路公社、広島高速道路公社、福岡北九州高速道路公社・・・1P/100円(※5,000円超から加算ポイント有り)
・神戸市道路公社・・・3P/50円(※10,000円超から加算ポイント有り)

このポイントは道路事業者間でのポイントの相互利用や合算ができません。

しかしながら、無料通行分に交換したあとはどの事業者の利用でも利用できます。

最大のサービスはマイレージサービス登録者だけの割引特典が大きい

このサービスの名称はNEXCO利用時ですが「平日朝夕割引」と呼ばれています。

これは通勤時間帯に高速を利用しETCを利用したときに適用されますが、割引となる走行回数が5回以上という制限があります。5~9回では割引率は実に30%に達します。

しかし100kmの走行分に限定されます。
月に10回以上の高速のETC走行で100km以内の通勤では50%もの還元率に達します。

平日朝夕割引

・時間帯 朝6~9時、夕17~20時
・日程 月~金
・対象範囲 NEXCO東・中・西日本管轄の高速道路
・1ヶ月の割引対象となる利用回数と還元率

5~9回 通行料金のうち1回あたり100km以内相当分を30%割引
10回以上 通行料金のうち1回あたり100km以内相当分を50%割引

以上からするとプライベートでも利用価値は高いですが、サラリーマンとなると通勤での高速利用をするほどであれば、勤務地付近への転居を伴っていると想定できますので、あまり該当することは考えにくいです。ですが個人事業主など通勤・移動で利用することが多いのであれば、利用価値は高いです。

登録にはETCカードと車載器番号が必須

ETCマイレージサービスの利用登録をするためには以下の3つが必要になります。

  1. ETCカードに記載されているカード番号
  2. ETC車載器の管理番号
  3. 車両番号

ETCカードについて

 ETCカードは、クレジットカード会社が発行するETCカードと、道路事業者が発行するクレジット機能なしの「ETCパーソナルカード」の2つに分けられます。
すでにクレジットカードを持っている場合でも、別途ETCカードの発行が必要です。

最近ではETCカード発行が無料というカードは珍しく発行手数料・年会費などが別途必要なカードが多くなってきています。

後述しますが、本記事では発行手数料無料・年会費無料のETCカードをおすすめしています。

ETCパーソナルカードとは、有料道路のお支払いにだけ利用できるETCカードです。 クレジットカードを持ってなくてもデジポット(保証金)を預託することで有料道路で使えるETCカードの発行ができます。

通行料金は、申し込み時に指定した金融機関口座から引落しとなります。

通行料金の限度額はデジポット(保証金)の80%までなので、仕組みがややこしく、使いにくいので、できればクレジットカードに紐付いたETCカードを使ってほしいところですが、クレジットカード発行が難しい場合はこの手法になります。

ETC車載器の管理番号について

ETC車載器とは、料金所のアンテナと無線通信する機器です。

クレジットなどの支払い機能を持ったETCカードを挿入することで、自動で区間分の通行料が引き落とされます。

ETC車載器は、カー用品店やディーラーで購入することができます。

このときに購入したセットアップ店から発行された「ETC車載器セットアップ申込書・証明書」にETC車載器管理番号の記述があります。

なくさないように大切に保管しましょう。

車両番号について

車両番号は、別名ナンバープレートに記載されているものですので、紛失の恐れはないのですが、登録作業をするのはwebですると思いますので、覚えきれない場合はメモを取っておきましょう。

おすすめのETCカード

ETCカードで恩恵を受けられるETCカードは還元率が高いものを選びたいところです。

もっともETCカードで恩恵を受けられるクレジットカードは、エポス陣営のゴールドカード・プラチナカードです。

このエポス陣営のゴールドカード・プラチナカードの特典は大きく2つあります。
①ゴールド・プラチナの特典として、3倍のポイントアップ1.5%の還元率にできる「選べるポイントアップショップ」が3つまで選択できます。
この中にETC利用も選択できるようになっています。

②カード利用合計が年間で50万円に達すればボーナスポイントが2,500円、100万円に達すれば、10,000円相当分付与されます。
プラチナになると1,000万円の利用まで累進的にボーナスポイントが付与されますが、年間100万円の利用で十分という方はゴールドで十分だと思います。

この①②でETCを2.5%という高還元率で利用できます。

またエポス陣営のクレジットカードのETCカードの維持費は無料です。

最近ではETCカードが発行も維持費も無料なのは珍しいです。

エポス陣営のゴールドカードは通常時は5,000円の年会費がかかりますが、レギュラーカード保有時に50万円の利用でゴールドのインビテーションが届きます。

これに乗ってゴールドカードに切り替えを行うとゴールドカードを年会費無料で保有できます。

保有するエポスカードはJQ CARD エポスゴールドがオススメ

 

前述したエポス陣営のゴールドカードですが、「JQ CARD エポスゴールド」がオススメです。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、最初は現在最もポイント還元が高いcolleee」(4,000円相当のポイント経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、インビテーションを待ちます。

colleeeへの登録は無料です。

さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 20100198469

 


エポスゴールドとの違いは、たまるポイントが「JRキューポ」であることです。
この「JRキューポ」ポイントサービスは様々なポイントに交換できる優れたサービスです。

JRキューポポイント交換

交換できるポイントは上記の4つに交換可能ですが、この「JQ CARD エポスゴールド」の利用でたまる「JRキューポ」をGポイントに交換するとかなり途がひらけます。

関連記事

JR九州が発行元となっているエポス陣営のカード「JQ CARD エポス ゴールド」。インビテーションによって年会費無料で保有できる稀有なゴールドカードです。「JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つです。 […]

驚異の還元率2.5%「JQ CARD エポスゴールド」

JRキューポ→Gポイント→Vポイント→PEX→Tポイント→JRキューポで毎月4%増加ルート開拓

この「JQ CARD エポスゴールド」の利用でたまる「JRキューポ」をGポイントに交換すると以下のように多数の選択肢が得られます。

dポイント投資の原資にするならば、
JRキューポ」→「Gポイント」→「dポイント」のルートが利用できます。
ただし「dポイント」への交換は5%の手数料課金となっています。
これは「Gポイント」の広告サービスを利用することで、課金された5%の手数料は返却されます。

Tポイント投資の原資にするならば、
JRキューポ」→「Tポイント」のルートが直接存在し、
LINEポイント投資の原資にするならば、
JRキューポ」→「Gポイント」→「LINEポイント」のルートが「dポイント」と同じく5%の手数料課金(広告利用で返却)で存在します。

しかし注目は、三井住友カードのポイントプログラムとして新たにリニューアルされた「Vポイント」です。
JRキューポ」→「Gポイント」→「Vポイント」のルートが手数料無料で存在し、「Vポイント」からさらにポイント交換サイト「PEX」へ等価ポイント交換が可能です。

この「PEX」では、ポイントサイト「ECナビ」の利用と「PEX」→「Tポイント」交換で4%分のECナビポイントがプレゼントされる企画が毎月開催されています。
これを利用することでノーリスクでポイントという資産を毎月4%増加させることができます。

この方法が利用できるため「JQ CARD エポスゴールド」の利用でたまる「JRキューポ」と「JRキューポ」ポイントサービスは非常に重要なサービスになっています。

法人なら「法人ETCカード」

法人になったばかりでETCカードが簡単にできない会社の場合、専用のETCカードを発行できるのが高速情報協同組合のETCカードです。

高速道路のみ利用できるカードで、従業員にわたす必要枚数申し込むことが可能です。

この高速情報協同組合のETCカードには割引のメリットがあります。
・深夜割引 0~4時/30%off
・平日朝夕割引(大都市近郊区間以外)最大50%off
・休日終日割引(大都市近郊区間以外)30%off

ETCマイレージサービスと連動していて、この法人ETCカードを利用することでETCマイレージサービス(登録済み)を受ける事ができます。

まとめ

ETCマイレージサービスは知名度としては低く、あまり知られていませんがETC利用額に応じてポイントを貯められる秀逸なサービスです。

高速利用が最大10%還元となるため必須といっても過言ではないです。

貯めたポイントは、無料走行分として還元額に交換でき、平日朝夕割引などを利用すれば、ポイントを加速度的に貯められます。

自動還元サービスを利用すれば、何も作業が必要なくポイントの失効リスクも防げます。

ETCカードもインビテーション獲得までやや時間がかかりますが、「JQ CARD エポスゴールド」がETC利用の還元率が非常に高くオススメです。

ポイント交換によりポイント増殖ができる稀有なカードですので併せて準備しましょう。


JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、最初は現在最もポイント還元が高いcolleee」(4,000円相当のポイント経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、インビテーションを待ちます。

colleeeへの登録は無料です。

さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 20100198469

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。