Tポイントが利用できるネオモバイル証券の使い方と効率的なTポイントの貯め方を解説

ポイントで投資できるサービス加速度的に増えています。

どれを選んだら良いのか迷うところですが、ポイントのまま非課税で投資したい場合は、PayPayボーナス運用がオススメですが、ポイントを交換などで増やしつつ最終的には株式・投資信託などの有価証券にしたい場合は、Tポイントで投資するSBIネオモバイル証券ネオモバFXがオススメです。

SBIネオモバイル証券は、Tポイントを利用して株式やETFを購入することが可能なのですが、1株単位という最小単位でで売買できますので、便利なことこの上ないです。

しかも月間50万円以下の売買なら月額の手数料は220円(Tポイントが200pt付与されるので実質20円)で取引し放題です。

そして使えるポイントが様々なポイントと交換可能で自由度が一番高いTポイントというのが決め手です。

SBIネオモバイル証券
4

ネオモバイル証券

Tポイントを使って株が買える新しい証券会社です。
①1株単位で株が買えるので数百円から株主になれちゃいます。
②自動で買付してくれる定期買付サービスも便利です。
③月額220円で取引し放題(月50万円まで)で、毎月Tポイントが200ptもらえるので実質20円で取引ができます。

SBIネオモバイル証券のおすすめポイント

SBIネオモバイル証券は、SBI証券とTポイントを運用するCCCマーケティングとが協力して設立した新しい証券会社です。

ネオモバ

何が新しいかというと、日本では100株単位でないと株式が買えないという単元株制度なんて意味不明な制度があり、本来なら東京証券取引所が解消すべき問題なのですが、いまだに100株単位でしか取引ができません。

ところがSBIネオモバイル証券(以下:ネオモバ)では、株式を1株単位で、低コストで買える仕組みを実現しているところが最大のメリットです。

手数料は低コスト

ネオモバの具体的な手数料体系は以下のとおりです。

いずれも月額制です。

月額取引額 手数料(税込)
50万円以下 220円
300万円以下 1,100円
500万円以下 3,300円
1,000万円以下 5,500円

50万円以下の取引額であれば、手数料は220円です。

しかし月単位でTポイントが200ポイント付与されるため、実質20円程度しか負担していないことになります。

この月額手数料はクレジットカード・デビットカードで決済されますので、還元率の高いカードで決済すればさらに自己負担は減ると思います。

オススメは2021年5月1日から2%の還元率となる(それまでは3%)Visa LINE Payクレジットカードがオススメです。

※事情があってクレジットカードが作れなくても、審査無しで作れるデビットカード・プリペイドカードのKyash Cardでも決済できましたので、そちらを使いましょう。

Tポイントを利用できる

普段のお買い物で貯まっていたTポイントを、いままでのようにお買い物に利用しても良いのですが、投資に利用すれば投資した企業はその資本を基に事業を拡大させるため利益を生み出します。

Tポイント

株主は企業が生み出してくれた利益から一部利益をもらっているわけです。

 

ポイントはいわば企業のサービスの値引きが姿を変えたもので、販促費の一部になっていたりしますが、仮にもらったTポイントで現金の手出しなしに企業に投資できれば、自身は現金を出すことなく企業の従業員が一生懸命働いて生み出した付加価値の一部を受け取ることができるわけです。

いままでは自分で働いて、消費のためのお金を稼いできたわけですが、企業が販促費として顧客に付与したTポイントをネオモバで株式という資産を買ってその資産に働いてもらおうということですね。

ちなみにdポイント投資の日興フロッギー+docomoでも100円単位で株式投資ができますが、日興フロッギー+docomoでは単位未満であれば配当はもらえますが株主ではないのに対して、ネオモバの場合は1株でも買っていれば株主であるという点です。

端株優待を受けられることも

1株の端株であっても優待を受けられる銘柄が存在し、それを活用すれば通常ではありえない利回りを実現することもできます。

オススメの銘柄は以下のとおりです。

【上新電機(8173)】

・現在の株価:3,280
・優待内容:5,000円のお買い物券

【ニッケ(3201)】
・現在の株価:1,049
・優待内容:QUOカード500円相当

QUOカードならコンビニではどこでも利用できますし、上新電機の買い物券に至っては、近くに上新電機がなければ、メルカリあたりで1,000~1,500円で売られているので売却すれば現金を入手することができますね。

上新電機だと3,000円程度の投資で1,500円も得られるのであれば、利回り50%ですのである意味とんでもないです。

以上のようにネオモバには、少額投資であっても普通の証券会社にはないメリットが十分あると思います。

では最大の特徴である単元未満株の注文は通常の注文とどう違うのでしょうか。

ネオモバイル証券の単元未満株の約定タイミング

2020年6月6日(土)より、ネオモバの単元未満株の当日約定タイミングが変更になっています。

ネオモバの単元未満株はリアルタイムの約定はできません。

ですので、当日の値動きを捉えて差益を取る方法いわゆるデイトレードや短期売買には向いていません。

ここはデメリットです。

これまで単元未満株の売買を当日約定させるには2回機会がありましたが、それが3回に増えています。

また最短、当日前場始値約定が可能となり、当日後場終値約定も追加が可能になっています。

 

以下のようなケースで例をあげるとわかりやすいかもしれません。

  • 早朝7:00までの早朝のうちにすぐに注文を出したら当日の前場始値で約定します。
  • 7:00~10:30までの通勤の間に注文を出したら当日の後場始値で約定します。
  • 10:30~13:30までの昼休憩の間に注文を出したら当日の後場終値で約定します。

このようにリアルタイムではないですが、一日単位の大きな値動きの中で、今日はパニックで売られすぎているから逆張りしようとか、そういった売買思考も単元未満株で実現しています。

どんな株を買ったらいいの?

ネオモバの単元未満株はリアルタイムの約定はできないため、これから成長する(値上がり益重視)・配当をたくさん出してくれる(配当益重視)という期待がもてる銘柄をコツコツ購入していくのに向いていると思います。

もしくは、少額でもリアルタイムで売買できる日経平均やダウ平均S&P500のように株価指数に連動するように作られている上場投資信託(ETF)などであれば、1株単位でも取引できるものも多いので少額からでも随時売買できます。

ETFという仕組みがあるため、日本株だけでなく海外の株式指数にも連動するETFなどを購入して、世界中に投資することもできます。

たとえば全世界の株式に1本で投資できるETFでは以下の2つがあります。

上場投資信託名 売買単位 最低投資額 信託報酬

2559:MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信

1 11,906円 0.00825%
1554:上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本 1 26,970円 0.264%

1554は、日本が含まれていませんがあえて日本を投資先から除外したいというニーズも多いらしいです。

 

いままでの日本株のパフォーマンスを知っていると日本株の値上がり益はあまり期待できないと考えても無理はないと思います。

個別株なら「丸井グループ」がオススメ

オススメの個別銘柄は「8252:丸井グループ」です。

なんでかというと、「8252:丸井グループ」の株を100株以上の単元株で保有すれば配当も1株51円ですので2.58%相当ももらえます。

さらにこの後、記述する万能の高還元率カード「JQ CARD エポスゴールド」(最大還元率2.5%)を保有していれば、100株なら2,000ポイント(=2,000円相当)からスタートして保有株数に応じてポイントがもらえるからです。

どれくらいのポイントがもらえるのかといえば、100株からスタートしてMAXは10,000株以上となります。

保有株数 ゴールド・プラチナ会員付与ポイント
100株以上~500株未満 2,000ポイント
500株以上~1,000株未満 4,000ポイント
1,000株以上~5,000株未満 6,000ポイント
5,000株以上~10,000株未満 8,000ポイント
10,000株以上~ 10,000ポイント

JQ CARD エポスゴールド」の還元率がMAXになるのは、年間100万円利用のときですので、仮に100株保有なら2,000ポイントつまり0.2%相当のポイントが獲得できます。

そのため「JQ CARD エポスゴールド」の保有と「8252:丸井グループ」の単元株保有は最大還元率2.7%以上だといえます。

関連記事

株式・ETF・REITを最小単位で購入でき、購入にTポイントを利用できるSBIネオモバイル証券(以下:ネオモバ)では、株式・ETF・REITを定期的に買い付ける機能があります。 狙った銘柄をコツコツ購入していって単元株(100株単位)[…]

1株・1口の最小単位から株式・ETFを売買できるネオモバ。さらに便利になる定期買付サービスの機能を解説します。

Tポイントをたくさん貯めるには?

問題は原資となるTポイントをどうやって貯めるかですね。

方法としては3つほどあります。

  1. Tポイントの貯まるクレジットカードで日々の消費でためる
  2. ウエルシア薬局などTポイントが特に貯まるところを利用する
  3. ポイントサイト「ライフメディア」を活用する

①Tポイントの貯まるクレジットカードで日々の消費でためる

Tポイントが効率よくたまるクレジットカードは「JQ CARDエポスゴールド」です。

JQカードエポスゴールド

JQ CARDエポスゴールド」は直接申し込むことはできず、エポスカードポイントサイト経由で申し込んでポイントを総取りしてから、JQカードエポスに切り替え、半年・50万円以上の利用を目安にくるインビテーション(招待)を受けて保有できるカードです。

貯まるポイントはJRキューポというききなれないポイントですが、これがTポイントと相互交換(無料)できます。

エポスカードは通常の還元率は0.5%ですが、「JQ CARDエポスゴールド」なら以下の3つの内容で還元率が最大2.5%になります。

  • インビテーションを受けてゴールドにすると年会費が無料で保有できます。
  • 選べるポイントアップショップ(ゴールド会員以上の特典)に選択した支払先は3倍ポイント(1.5%還元)となります。
  • 年間100万円の利用でボーナスポイントが1%相当の10,000ポイントもらえます。

これらのメリットを合算すると最大2.5%で利用できますが、「選べるポイントアップショップ」は3つしか選べません。

そこで「選べるポイントアップショップ」にMixiを指定してバーチャルプリペイドカード「6gram」にチャージすれば、6gramはネットのお店は勿論使えますがApplePay/GooglePayに登録すればQUIC Pay+で加盟店ならどこでも使えます。

6gram

しかも6gramは、モバイルSuicaにもチャージできますので、ほとんどの支払いを6gram経由で済ませることができます。

6gramは、誰でも入手可能ではなくて既存会員の招待が必要です。ご希望の方はtwitterでcohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

 
cohamizu
招待URLは一つ一つ異なるので、DMを受けられるようにしてください。

②ウエルシア薬局などTポイントが特に貯まるところを利用する

ウエルシアといえば「ウエル活」ですね。

Tポイント2倍デー毎月20日の「お客さま感謝デー」では手持ちのTポイントの価値が1.5倍で支払いに利用できますが、毎週月曜日はTポイント提示で2倍(2%還元)のポイント付与ですので、Tポイントをためる店舗としても優秀です。

ウエルシアはイオン系ですので、QUIC Pay+の支払いが可能ですので、「JQ CARDエポスゴールド」でチャージした6gram(支払いはQUIC Pay+)でお買い物ができますので、毎週月曜日に利用していけば合計で4.5%もTポイントがたまる算段になります。

③ポイントサイト「ライフメディア」を活用する

ポイントサイトは、企業の広告を掲載していて、会員がその広告を経由して利用することで、企業から広告費が支払われ、その一部が報酬として広告を利用した会員に支払われます。

このとき会員に支払われる広告のポイント還元は、ポイントサイトでかなり違うための収益力や体力に依存してくると思います。

ライフメディアは、東証一部上場の家電量販店ノジマの完全子会社ニフティが運営しています。

ライフメディアでポイ活はじめよう

そのあたりはしっかりした運営母体で、この体制になってからドンドン会員に支払われるポイント還元が高くなっていき、人気の広告ではたびたびトップのポイント還元を実現してくるようになりました。

一例をあげると、先程のエポスカードなどは、攻めてくるときは凄いポイント還元を出してきます。

エポスカードbyライフメディア

しかもライフメディアで稼いだポイントをポイント交換サイトPeX経由でTポイントへ交換すると、PeXに交換した時点で2%増量し、ある条件を利用するとPeXからTポイントに交換することでさらに4%増量してポイントバックされます。

つまりライフメディアからPeX経由でポイント交換をしていけばTポイントを毎月6%増量させることが可能になります。

この手順は少々長くなるので、まとめた記事を作成していますので活用いただきたいと思います。

ライフメディアを活用すれば、ネオモバで投資するためのTポイントをためるスピードは明らかに増すと思います。

ライフメディアでは、2021年5月1日~5月31日まで合計で2,500ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを開催中です。

Tポイントが利用できるネオモバイル証券の使い方と効率的なTポイントの貯め方を解説:まとめ

これまでお買い物に利用するしかなかったTポイントが投資に使え、そのTポイントが株式の値上がり益・配当といった形で働いてくれますので、大きいですね。

以下、まとめです。

  • ネオモバはTポイントを使って個別株・ETFを1株単位からでも購入できます。
  • 手数料は220円ですが、200Tポイントが毎月付与されるので、実質20円の手数料です(月間の取引が50万円以内)。
  • 単元未満株の売買も改良されて1日3回のタイミングで約定させることができます。
  • 原資となるTポイントは非常に集めやすくためやすいので、ポイント投資としてもオススメです。

スタートは、日経平均やS&P500などの株価指数からでも良いと思います。

でも段々日本株に慣れてきたら個別株も調べてコツコツ買い付けて行くのにネオモバは1株から買える点で優れています。

同じ1株から買える証券会社でもLINE証券がありますが、LINE証券はスプレッド(売りと買いの価格差)で手数料を徴収しているので月間1万円ほどの売買になるとネオモバの定額手数料のほうが安くなります(実質20円ですので)。

また現金化して銀行口座に振り込む際も手数料を取られないので、ネオモバの方がその点も良いですし、Tポイントが非常に自由に交換したり、交換で増やすこともできる点は見逃せないメリットだと思います。

SBIネオモバイル証券

ネオモバが提供するFXサービス「ネオモバFX」の関連記事はコチラ↓↓↓

関連記事

FXは投機的な取引だから難しいと考えているのであれば、それはやり方が間違っています。 なぜなら3通貨ペアを「3すくみ」にした組み合わせで為替変動リスクを極限まで抑えて、上がるか下がるかを予想せずにトラリピ(トラップリピートイフダンの略[…]

ネオモバFXの活用方法