6gramのリアルカード登場。トヨタウォレットとの組み合わせが最適な最強プリカ誕生か?

毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンでメチャクチャお得な「トヨタウォレット」。

街のお店の支払いがiD(Android)・MasterCardコンタクトレス(iPhone)なので、どっちも非対応のお店でどうするかという問題や、「トヨタウォレット」の金額の上限が5万円という問題を、「6gram」にリアルカードが登場したことで解決されそうです。

6gramのリアルカードは、2021年6月8日のアップデートで発行可能となりました(即日申し込みました)。

6gramの還元率は0%ですが、例えば楽天カードを紐付けたKyashCardでチャージしたトヨタウォレットからチャージすれば2.7%もの還元率になります。

0%なのになんでチャージするのかというと、トヨタウォレットの残高上限の制限をクリアする目的とリアルカードであればiD・MasterCardコンタクトレス非対応のお店でもカード決済がOKであれば決済できます。

また家族で共同のお財布として使うのに便利なので家計管理としての側面もあるからです。

cohamizu
今回は、6gramをなんでトヨタウォレットと組み合わせるのか?高い還元率になるチャージ方法はどうやって達成するのか?リアルカードが登場すると何が変わるのか解説したいと思います。

例にあげた楽天カードなら後述する「街の利用でポイント2倍キャンペーン」で条件をクリアすればポイント2倍の2%となり、KyashCard経由でトヨタウォレットにチャージすれば還元率はさらに+1%アップし合計3.7%になります。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「ハピタス」経由で新規入会特典に加えて6,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大2,500円相当のポイントプレゼントです。

6gramとはMixiが運営するプリペイドカード

6gram(ロクグラム)は、Mixiが運営しているプリペイドカードです。

6gram

これまではアプリ上のバーチャルプリペイドカードで、街のお店の支払いではApplePay/GooglePayに登録してQUICPayによる支払いが可能でしたが、リアルカードが発行可能となりましたのでQUICPayに対応していないお店でも支払えるようになります。

これまでは目的別にグループカードを発行してウォレットからチャージして使っていましたが、6月8日以降はバーチャルカードは有料化するようです。

リアルカードの申込みは6月8日スタート!

6gramリアルカードは、6月8日以降の申込みです。

手元に届きましたので、わかっている内容を説明します。

  • 券面はスケルトン(すこし濁っています)
  • 発行価格600円
  • 国際ブランド:Visa
  • 還元率0%
  • 支払い元はウォレット・グループカードどちらも選択可能
  • 非接触決済:Visaタッチ対応
  • ユーザー間での送金可
  • 3Dセキュア(夏に追加予定)

すけるトン

これまでの6gramの実店舗での支払いは、ApplePay/GooglePayに登録してQUICPay+の支払いのみでしたが、リアルカード(すけるトン)が発行されるとQUICPay+で対応していないお店でも支払えるようになります。

国際ブランドはMasterCard→Visaだった

現在のバーチャルカードの国際ブランドはJCBなのですが、リアルカードの国際ブランドがMasterCardだとまとめ買いで重宝している「コストコ」の支払いで利用できるので便利だとおもったのですがVisaでした。

非接触決済Visaタッチ搭載

まだ日本では非接触決済は、QUIC PayやiDが主流ですが、世界ではVisaタッチ・MasterCardコンタクトレスなどのコンタクトレス決済が主流です。

6gramのリアルカードはVisaタッチ搭載型なので最先端ですね。

多分搭載してくると思ったので期待通りです。

ユーザー間での送金可能

家族への送金用として利用できますのでこれは便利です。

実際に使ってみることで詳細は随時アップデートして行きたいと思います。

できれば3Dセキュア認証ができると助かる

地方のお店では、カード・電子マネーは対応していないがPayPayはOKというお店が多いため、リアルカードが3Dセキュア認証できればPayPayに登録し24時間2万円までの決済ができるようになります。

これは夏に追加予定ということですので、気長に待つことにします。

なんでトヨタウォレットと組み合わせるのか?

トヨタウォレットは冒頭で説明したように、クレジットカードを紐付けたKyashCardでチャージすることによりポイント3重どりで高い還元率を達成できるのですが、お店の支払いはiD(Android)・MasterCardコンタクトレス(iPhone)のみの対応でした。

ところが6gramがリアルカード対応することにより、トヨタウォレットから6gramへチャージすれば、タッチ決済・電子マネー非対応のお店でもカードによる支払いが可能になります。

またトヨタウォレットの残高は5万円(30万円/月)が上限ですので、それを超える支払いはできませんでしたが、6gramなら初期設定では20万円、設定すると10~50万円まで決済できるようになりますのでトヨタウォレットの残高上限の問題をクリアすることができます。

5万円を超える支払いでは、例としては税金・家電・家具・ベビー用品などが挙げられると思います。

関連記事

2021年4月13日から終了日未定で「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」がiD・MasterCardコンタクトレス・オンラインのMasterCardの支払いに限り1.5%のキャッシュバックを開始しています。 現在、最強の[…]

1.5%還元!最強のプリペイドカードに昇格した「TOYOTA Wallet」の使い方

6gramの還元率は0%

しかしながら6gramの還元率は0%です。

しかし毎月毎回1.5%キャッシュバックという施策を打ち出している「トヨタウォレット」からのチャージはキャッシュバック対象であるため、組み合わせ次第で高い還元率になります。

オススメの組み合わせ例は以下のとおりです。

  1. 【3.7%還元】楽天カード(2%)+KyashCard(0.2%)+トヨタウォレット(1.5%)=3.7%
  2. 【3.4%還元】JQ CARD エポスゴールド(1.7%)+KyashCard(0.2%)+トヨタウォレット(1.5%)=3.4%

順に一つ一つ説明します。

①楽天カードは「街の利用でポイント2倍キャンペーン」で還元率2%

楽天カードは通常の利用では1%の還元率なのですが、毎月行われている「街の利用でポイント2倍キャンペーン」の条件をクリアするポイント2倍つまり2%の還元率になります。

街の利用でポイント2倍

クリアすべき条件は以下のようになります。

これをクリアするとその月の楽天市場以外の10万円の利用が一部を除いてポイント2倍になります。

条件となる楽天市場利用範囲

このキャンペーンで該当する楽天市場で月間2万円以上の利用というのは以下の3つを指しています。

楽天ふるさと納税がOKなのは、なかなか好条件だと思います。

ポイント2倍対象外

ポイント2倍の対象外となる支払先は、他のインターネット通販や、公共料金、税金、通信費、保険、携帯電話の料金などです。

・ネットショッピング(Amazon、Yahoo!ショッピング、ZOZOTOWN、メルカリ、ユニクロ公式オンラインストア、ヨドバシ.com、nike.com、ニトリネット、ZARA オンラインストア、マイプロテイン、Qoo10、Alibaba.com、Japanet TAKATA、BELLE MAISON、BUYMA、ディノス・セシール 等)
・携帯電話料金(楽天モバイル、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンク、ワイモバイル 等)
・インターネット・電気料金(NTT東日本、NTT西日本、J:COM 、コミュファ光 等)
・電気・ガス料金(楽天でんき、中国電力、中部電力ミライズ、九州電力、東北電力、北陸電力、北海道電力、東京電力、大阪ガス、関西電力、岡山ガス、四国電力、沖縄電力、カメイ株式会社、東邦ガス、北海道ガス、西部ガス、ENEOS、LPIO、あしたでんき、東京ガス、J:COM 、静岡ガス等)
・水道料金(東京都水道局、札幌市水道局、横浜市水道局、さいたま市水道局、川崎市水道局、神奈川県水道局、浜松市水道局、京都市水道局、大阪市水道局、神戸市水道局、福岡市水道局 等) 税金(自動車税 等)
・年金(日本年金機構 等)
・格安SIM・プロバイダー料金(楽天ブロードバンド、IIJmio、イオンモバイル、FREETEL、UQモバイル、LINEモバイル、Nifmo by Nifty、プレミアモバイル、Sakura Mobile、nefa mobile、泉佐野モバイル、TREモバイル、ジーニーモバイル、MEモバイル、Gモバイル、LIBMO、レキオスモバイル、NURO Biz、exciteモバイル、DISモバイル、BIGLOB、OCN、オプテージ、iTSCOM 等)
・放送料金(Rakuten TV、スカパー、WOWOW、Hulu、J:COM 等)
・保険(楽天生命、au損害保険、AIG損害保険、チューリッヒ保険、ソニー損害保険、イーデザイン損害保険、三井ダイレクト損害保険、アニコム損保、オリックス生命保険、アクサダイレクト生命、メディア生命、東京海上日動火災保険、損保ジャパン、アイペット損害保険、ネオファースト生命、J:COM 、あいおいニッセイ同和損害保険等)
・家賃(大東建託、大和ハウス 等)
・楽天証券
・楽天ETCカード
・その他オンラインでのご利用(Rakuten TV、hulu、 NETFLIX、Amazonプライム、スカパー!、WOWOW、 PlayStation Network,、ニンテンドーeショップ、apple.com、DMM.com、Uber Eats、NHK放送受信料、パルシステム、Google Play、Oisix × Pontaポイント、日経ID決済、ベネッセコーポレーション、BookLive、animate、U-NEXT 等 )

引用:楽天カード公式

楽天モバイルとか楽天生命とか楽天でんき、楽天ETCカードも対象外なのはちょっとケチくさい感じもしますが、この対象外の内容は1%くらいの還元率だと採算割れになるらしいので仕方ないかも知れません。

KyashCardに登録したトヨタウォレットへのチャージもポイント2倍

楽天カードからのKyashCardへのチャージも「街の利用でポイント2倍キャンペーン」の対象となります。

トヨタウォレットへの直接チャージもポイント2倍の対象で、どちらもチャージできる国際ブランドはVisa・MasterCardです。

楽天カードは公共料金の支払いへの還元率は0.2%と低く、公共料金で最大2.7%の還元率を叩き出せるエポス陣営のゴールドカードの方が、公共料金の支払では強いです。

そのエポス陣営のカードの国際ブランドはVisaのみですので、公共料金など定期的な支払いはエポス陣営のゴールドカードで行い、国際ブランドを分散させる意味でも楽天カードの申込みはMasterCardブランドのほうが好ましいと思います。

楽天カードをチャージ元とした6gramの還元率は以下のようになります。

楽天市場で月間2万円以上の利用という条件付きですが、楽天カードをチャージ元とした組み合わせが6gramの還元率が最も高くなります。

楽天カードの申込みは、ポイントサイト「ハピタス」経由なら新規入会特典5,000ポイントに加えて、6,000円相当のポイントと最も高いのオススメです。

また「ハピタス」の新規登録&広告利用で2,500円相当の新規入会特典がもらえます。

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法

関連記事

楽天カードは基本還元率1%のクレジットカードとして広く知られていますが、ある条件を満たすと楽天市場以外の利用が2%の還元率になります。 楽天カードの還元率を2%にアップする「街での利用分がポイント2倍キャンペーン」について解説します。[…]

楽天カード「街の利用2倍ポイント」が復活!

最強のクレジットカード「JQ CARD エポスゴールド」

エポス陣営のゴールドカードでオススメなのは「JQ CARD エポスゴールド」です。

JQカードエポスゴールド

このカードのメリットは5つあります。

  1. 一般カードからのインビテーションで年会費無料のゴールドカードとして保有することができます。
  2. 選べるポイントアップショップ」に選択した支払先はポイント3倍(1.5%還元)になります。
  3. 年間100万円以上の利用で年間利用ボーナスとして1%に相当する10,000ポイントがボーナスポイントとして付与されます。
  4. 丸井グループの株主優待で100株保有なら0.2%に相当する2,000ポイントがもらえ、保有株数に応じて最大10,000ポイントまでもらえます。
  5. たまるポイント「JRキューポ」は、様々な主要ポイントに交換できるポイ活に必須なポイントハブとして便利に使えます。

6gramへのチャージはMixiを「選べるポイントアップショップ」に選択すると②③④で合計2.7~3.5%の還元率になりますが、トヨタウォレットで1.5%のキャッシュバックを行っている間は(1.5%キャッシュバックはキャンペーンです)トヨタウォレット経由で3.4~4.2%の還元率になります。

①インビテーションで年会費無料のゴールドカードを保有できる

JQ CARD エポスゴールド」は直接申し込む手段がないクレジットカードです。

JQカードエポスの利用実績を積み重ねると(半年・50万円利用が目安)、インビテーションが届きますのでそれに乗って切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードとして保有することができます。

JQカードエポスには、ポイントサイト案件がありませんのでまずはエポスカードをポイントサイト経由で申し込んで特典を獲得してから、JQカードエポスに切り替えてコツコツ利用していきましょう。

エポス陣営のゴールドカードのメリットは、手厚い海外旅行保険が自動付帯(持っているだけで保険適用)しているところです。

関連記事

最強のゴールドカード「JQ CARD エポスゴールド」は直接申し込む手段はなく、インビテーションによって入手できるクレジットカードです。 エポスカード からJQカードエポスへ切替後、コンスタントに利用していくことで(年間50万円程度)[…]

インビテーションによって年会費無料で保有できる高還元率カード JQ CARD エポスゴールドです。

②選べるポイントアップショップ

選べるポイントアップショップ」はさまざまな支払先を3つまで選択でき、選択するとその日からポイント3倍の対象になります。

デメリットは選択すると3ヶ月は変更できないところです。

Mixiを選ぶと6gramへのチャージがポイント3倍になりますが、他にも車の費用をすべてコミコミで定額払いできるトヨタの「KINTO」、ETC、公共料金、国民年金なども対象になります。

関連記事

エポス陣営のゴールドカードはコスパに優れたゴールドカードです。 ゴールド会員以上の特典である「年間利用ボーナスポイント」と「選べるポイントアップショップ」を併用すれば、常時最大2.5%の還元率で利用することが可能です。 ゴールド[…]

【最大2.5%還元】エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」おすすめを解説

③年間利用ボーナス

エポス陣営のゴールドカードは、切り替えてからの1年間の利用に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。

  • 【年間利用50万円】:2,500円相当(0.5%相当)のボーナスポイント
  • 【年間利用100万円】:10,000円相当(1%相当)のボーナスポイント

エポス陣営のゴールドカードは、「選べるポイントアップショップ」の利用で3倍ポイント(1.5%ポイント還元)ですが、それ以外の利用は0.5%のポイント還元率です。

ですが100万円以上利用すれば、1%相当のポイントが付与されますので、「選べるポイントアップショップ」以外の利用も合計で実質1.5%の還元率となります。

デメリットはボーナスポイントがもらえるのは年間100万円までの利用ですので、それ以上のポイント還元を得るには、エポスファミリーゴールドカードという制度を利用し世帯全体で還元率がMAXとなる年間利用額を増やすことができます。

家族カードとは制度が異なりゴールド会員になった方が家族を招待するという形式で申し込むことができます。

招待した方も100万円の利用でボーナスポイントをもらえますが、家族の合計金額に応じてさらにボーナスポイントがもらえますのでさらにおとくです。

合計年間利用額 100万円以上 200万円以上 300万円以上
全員がゴールド会員 1,000ポイント 2,000ポイント 3,000ポイント
一人以上がプラチナ会員 2,000ポイント 4,000ポイント 6,000ポイント

プラチナ会員が一人でもいればさらに倍になります。

関連記事

エポス陣営のゴールドカードは、2種類のボーナスポイントを獲得することができます。 このボーナスポイントのことを知っていても、いつポイントが貰えるのかヤキモキされている方もいるのではないかと思います。 逆に「ボーナスポイントなにそれ?おい[…]

エポスゴールドカード(JQ CARD)のボーナスポイントとは?加算はいつ?

④丸井グループの株主優待で0.2~1%のポイントプレゼント

JQ CARD エポスゴールド」を保有し、「8252:丸井グループ」の株式を100株保有なら2,000ポイント(=2,000円相当)、さらに保有株数に応じてポイントが最大10,000ポイントもらえます。

どれくらいのポイントがもらえるのかといえば、一般カードに比べてゴールド・プラチナ会員は付与ポイントが2倍になります。

保有株数 ゴールド・プラチナ会員付与ポイント
100株以上~500株未満 2,000ポイント
500株以上~1,000株未満 4,000ポイント
1,000株以上~5,000株未満 6,000ポイント
5,000株以上~10,000株未満 8,000ポイント
10,000株以上~ 10,000ポイント

JQ CARD エポスゴールド」の還元率がMAXになるのは、年間100万円利用のときですので、このときに仮に100株保有なら2,000ポイントつまり0.2%相当のポイントが獲得でき、1万株保有なら1%相当のポイントがもらえます。

また「丸井グループ」は1株52円の配当実績があるため、現在の株価水準では配当利回りは約2.3~2.6%もありますので、こちらも期待できます。

関連記事

ポイントで投資できるサービス加速度的に増えています。 どれを選んだら良いのか迷うところですが、ポイントのまま非課税で投資したい場合は、PayPayボーナス運用がオススメですが、ポイントを交換などで増やしつつ最終的には株式・投資信託など[…]

Tポイントが利用できるネオモバイル証券の使い方と効率的なTポイントの貯め方を解説

⑤「JRキューポ」は、ポイ活に必須なポイントハブ

JQ CARD エポスゴールド」の利用でたまるポイントは「JRキューポ」という聞き慣れないポイントですが、実は様々な主要ポイントと等価交換できるポイ活に欠かせないポイントサービスです。

交換できるポイントは以下のとおりです。

  • エポスポイント
  • Pontaポイント
  • Gポイント
  • Tポイント

これをどうやって活用していくかは以下の記事でまとめていますが、Gポイントに交換するとかなり広範なサービスに交換できます。

関連記事

JR九州が発行しているJQカードで貯まるポイント「JRキューポ」。 九州以外の方は、ためる意味がなさそうに感じますが、「JRキューポ」のポイントサービスは非常に便利でポイ活にとっては必須のポイントハブです。 「JRキューポ」を活用し[…]

Gポイントはとくに三井住友カードVポイントは優遇されていて手数料もかからないので、三井住友カードの支払い代金に充当することができます。

ですがTポイントなら前述の「8252:丸井グループ」の株主優待のためにTポイントに交換して、Tポイントが利用できて1株単位で株式が購入できるSBIネオモバイル証券で株式を買いすすめる方法もできます。

タイミングに迷ったら定期的に株式を買付できる「定期買付サービス」を利用すると良いでしょう。

関連記事

株式・ETF・REITを最小単位で購入でき、購入にTポイントを利用できるSBIネオモバイル証券(以下:ネオモバ)では、株式・ETF・REITを定期的に買い付ける機能があります。 狙った銘柄をコツコツ購入していって単元株(100株単位)[…]

1株・1口の最小単位から株式・ETFを売買できるネオモバ。さらに便利になる定期買付サービスの機能を解説します。

②③④の合計で1.7%還元

JQ CARD エポスゴールド」なら②③④の合計で「選べるポイントアップショップ」に選択できないKyashCardへのチャージでも1.7%の還元率でチャージでき、ポイントの利用用途も非常に便利です。

一番還元率が高いのは、「街での利用でポイント2倍キャンペーン」適用時の楽天カードですが、「楽天市場で月間2万円以上の利用」という条件が結構ハードルが高いと思います。

ですので一般カードからのインビテーションによる切り替えが必要なものの「JQ CARD エポスゴールド」の保有はオススメです。

JQ CARD エポスゴールド」をチャージ元とした6gramの還元率は以下のようになります。

3.4%もの還元率でもかなり高い還元率だと思います。

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しません。

そこでポイント還元が一番高い「ハピタス」(6,000円相当のポイント経由でエポスカード」を申込みポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、半年・50万円の利用を目安としてインビテーションに乗ってゴールドへの切り替えを行います。

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方は「JQ CARD エポスゴールド」保有者ですので、「ご紹介番号:21040188666」を案内できます。

家族共用のお財布として利用すると無駄使いが減り節約になります。

6gramのリアルカードができると、トヨタウォレットのiD・MasterCardコンタクトレスだけとなっている街のお店での支払いが、6gramのリアルカードへのチャージにより可能となるため、色々なところで使えるようになるというのがメリットです。

もう一つのメリットが、グループカードをバーチャルカードで発行して家族共用の財布として利用するという方法です。

クレジットカードの家族カードだと利用枠まで使えますので、ついつい使いすぎてしまうかもしれません。

ですがプリペイドカードならチャージした残高以上は利用できませんし、残高を意識して利用するようになりますし、利用通知・利用明細もリアルタイムです。

還元率を高める方法はここまで書いてきたようにいくらでもあるのですが、1万円の利用で3%の還元率なら300円分のポイントです。

これくらいなら単価の高いコンビニでジュースとパンを購入したらあっという間に消耗してしまいます。

家族が残高を意識して利用して節約していくというのが、多少高い還元率を追求するよりも遥かに大きいメリットなのです。

【まとめ】6gramのリアルカード登場。トヨタウォレットとの組み合わせが最適な最強プリカ誕生か?

6gramのリアルカードは非常に期待されていると思います。

というのは今回のトヨタウォレットのように高い還元率でチャージできて、支払う方法も国際ブランドが付与されているプリペイドカードなので非常に多いからです。

また個人的には家計を管理し、予算を守って節約するのにグループカードの機能が便利ですので利用しています。

6gramは招待制ですので、ご希望の方はtwitterでcohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

招待URLは、ひとつひとつ異なりますのでDMで返信いたしますので、DMを受信できるようにしておいてください。

もしくはコメント欄にメールアドレスなどを記入いただければ、コメント欄は承認制ですので、他の方は見えることなく紹介URLを送信できます。

 

まとめとしてオススメの組み合わせ例を再確認してみましょう。

  1. 楽天カード(2%)+KyashCard(0.2%)+トヨタウォレット(1.5%)+6gram(0%)=3.7%
  2. JQ CARD エポスゴールド(1.7%)+KyashCard(0.2%)+トヨタウォレット(1.5%)+6gram(0%)=3.4%

一番還元率が高いのは、楽天カードを使った組み合わせですが、「楽天市場で月間2万円以上の利用」という条件が楽天市場をあまり使わない方にとっては結構ハードルが高いと思います。

ですのでゴールドになるまでの道のりがちょっとかかりますが、長い目であらゆる支払いを高い還元率で利用できる「JQ CARD エポスゴールド」をインビテーションで保有されることをオススメしています。

JQ CARD エポスゴールド」に切り替える前のJQカードエポスはポイントサイト案件がありませんので、申し込むときはポイントサイト経由でポイントが高いエポスカードを最初に申し込んでおいて、特典をもらってからJQカードエポスに切り替えます。

その後、約半年間・50万円の利用を目安に(個人差があります)インビテーションが届きますので、それに乗って切り替えると最強のゴールドカードを年会費無料で保有できます。

申し込むときにフォームに「ご紹介番号」というのがありますが、これを記入して送信すると通常の新規入会特典2,000ポイントに加えてさらに500ポイントが加算されます。

当方は「JQ CARD エポスゴールド」保有者ですので皆さんに「ご紹介番号:21040188666」をご案内できます。

ゴールドカードへのインビテーションで最大2.5%の万能の高還元率カードになる「エポスカード」
5

EPOS

①インビテーションで切り替えを行うと年会費無料のゴールドカードが保有できます。
②ゴールドカードの特典Ⅰ「選べるポイントアップショップ」ならポイント3倍の1.5%の還元率へ
③ゴールドカードの特典Ⅱ年間100万円利用で1%相当のボーナスポイントプレゼント
■ポイントサイト「ハピタス」経由の申込みで入会特典に加えて6,000円相当のポイントがもらえます。
■下のボタン経由のハピタス会員登録&広告利用で2,500円相当のポイントがもらえます。