【2%還元】たまるポイントをPayPayボーナスに交換できるVisa LINE Payクレジットカード

Visa LINE Payクレジットカードは、2021年4月30日まで3%のポイント還元率でしたが、2021年5月1日から還元率は2%となります。

基本還元率は1%らしく2%という現在の還元率は2022年4月30日までだと考えています。

このクレジットカードは様々なプリペイドカードや電子マネーへのチャージはポイントがつかないので、ポイント多重取りには向きませんが、2%という還元率はそれでも大きいですよね。

ですのでトヨタウォレット6gramなどのプリペイドカードで支払えない公共料金・サブスクなどの定額払い、ガソリンスタンドの支払いに向いています。

また、PayPayに登録すればPayPayを2%の還元率で使えますので、達成が不可能なPayPayステップにトライするよりも、PayPayにVisa LINE Payクレジットカードを登録したほうが遥かにメリットがあります。

しかもカード利用でたまるLINEポイントはPayPayボーナスへリアルタイムで無料交換できますので、PayPay残高で0.5%の還元率で支払っているよりもPayPayボーナスは4倍速でたまります。

 
cohamizu
PayPayボーナス運用に追加するPayPayボーナスをためるならVisa LINE Payクレジットカードです。

Visa LINE Payクレジットカードの申込みは、ECナビ経由で4,400円相当のポイントが獲得できます。

また新規入会キャンペーンとして8月1日~9月30日の期間中、12万円の利用で抽選で2,000名の方に5,000円があたります。

PeXの組み合わせでウエル活がはかどる(Tポイント収集)「ECナビ」
3.9

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

①業界最高水準の会員ランク制度でボーナスポイントは最大+15%
②Amazon経由でポイントが貯まる(カテゴリー限定)ポイントサイトです。
③コツコツ派にとって嬉しい結構稼げるアンケートのラインアップ

ECナビへの登録は90日以内の電話番号認証で150円相当のポイントプレゼント、さらにポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

Visa LINE Payクレジットカードのスペック

Visa LINE Payクレジットカードは、三井住友カードが発行元となっているクレジットカードです。

Visa LINE Payクレジットカード

還元率は2021年5月1日からは2%、それまでは3%という群を抜いた還元率です。

たまるポイントはLINEポイントで、ポイント付与の計算の仕方は、他のクレジットカードのように100円ごと・200円ごとではなく、支払った金額に×2%が付与されます。

年会費 初年度無料・1,375円(年1回以上の利用で無料)
家族カード 初年度無料・440円(年1回以上の利用で無料)
ETCカード 初年度無料・550円
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
支払日 1日~末締め/翌月26日払い
還元率 2022年4月30日まで2%/通常は1%
国際ブランド Visa
電子マネー Apple Pay・Google Pay登録によるiD決済
非接触決済 Visaタッチ決済

年会費1,375円ですが、初年度は無料、年に1回でも利用があれば翌年は無料となりますので、実質年会費無料のクレジットカードだといっても良いです。

ETCカードは初年度は無料ですが、年会費550円ですのでこれは他のETCカードを利用すべきだと思います。

Visa LINE Payクレジットカードは非接触決済に対応した先進的なカード

通常のクレジットカードに比べて、非接触決済を搭載している分、カードをお店の方に渡すことなく非接触(Visaタッチ決済)で決済できますので、安全かつ清潔にお店の決済ができます。

ApplePay・GooglePayに登録すれば、iD決済によるスマホ決済が可能ですので、その場合はカードを出すことなく決済できます。

Visa LINE Payクレジットカードができる非接触決済は以下の5通りです。

  1. LINE Payへの登録によるQRコード決済「チャージ&ペイ」
  2. ApplePay・GooglePay登録によるiD決済(おサフケータイ必須)
  3. 6gramにチャージしてネット(プリペイドカード)・お店(QUIC Pay+もしくはカード払い)も支払い可能→オススメ
  4. PayPay・d払いの支払い元に設定するとさらに便利
  5. Visaタッチによるコンタクトレス決済

①LINE Payへの登録によるQRコード決済「チャージ&ペイ」

LINE Payへの登録によるQRコード決済「チャージ&ペイ」に関しては、2021年5月1日以降は一律0.5%に還元率が低下していますが、LINE独自のクーポンが使える点です。

「チャージ&ペイ」は他の三井住友カードも登録することもできます。

LINE Pay請求書支払い

LINE Pay請求書支払いのメリットは、自宅にいながら住民税などの公金が支払えることですが、還元率は2021年5月1日から従来の最大3%から大幅に低下して0.5%となっています。

これは将来的に統合が予定されているPayPayと同じ還元率で、違いはPayPayは銀行口座からのチャージによるPayPayマネーによる支払いのみ対応しますが、LINE Pay請求書支払いはVisa LINE Payクレジットカードによるカード払いであることです。

②Apple Pay・Google Pay登録によるiD決済(おサイフケータイ必須)

お持ちのスマートフォンが「おサイフケータイ」対応型であれば、ApplePay・GooglePayに登録しておけばiD(アイディー)による非接触決済ができます。

下記のマークが目印で、「iDで」と宣言して、かざせば決済が可能です。

iDのマーク

同じ電子マネーでもWAON・nanacoのようなプリペイド型のように煩わしい事前のチャージが要らないのが特徴です。

支払われるのは、Visa LINE Payクレジットカードからで月末締めで請求書に載ってきて毎月26日に支払われます。

③6gramにチャージしてネット(プリペイドカード)・お店(QUIC Pay+)も支払い可能

Visa LINE Payクレジットカードは、Mixiのバーチャルプリペイドカード「6gram(ロクグラム)」へのチャージで使いみちが大幅に広がるのでオススメです。

6gramリアルカード

6gramは招待制のプリペイドカードで、バーチャルカードも使えますし、Visaブランドのリアルカードも発行できます。

Visa LINE Payクレジットカードでチャージすると支払い先はMixiでポイントは満額付与されます(Visa LINE Payクレジットカードでは通常プリペイドカードや電子マネーへのチャージではポイントは付与されません)。

6gramにチャージすれば送金もでき擬似的な家族カードとして使えます。

Visa LINE Payクレジットカードでは、家族カードも発行できますが、家族を6gramへ招待してリアルカードを発行してもらえば、6gramへクレジットチャージした残高を家族へ送金でき、擬似的な家族カードとして利用することが可能です。

また、6gramリアルカードならVisa加盟店ならほとんどのお店で支払えますので、QRコード決済や電子マネーよりも利用できる範囲が広くて便利です。

また6gramはプリペイドカードですので、残高以上の利用はできませんので使いすぎを防止できます。

グループカードを作って仲間や家族で共同で利用もできます。

6gramはグループカードも発行することができるので、職場の仲間で飲み会をするときとかに、そのグループカードに送金してもらってリアルカードで支払うなんてこともできます。

これは家族でも可能で、夫婦で共同で使う財布として予算を入れておいて、利用することもできます。

街のお店ではQUIC Pay+で利用できます

6gramはお店で支払うときには、リアルカードを発行していればVisa加盟店でカード支払い・Visaタッチ決済が可能です。

スマホ決済ならApplePay・GooglePayに登録しておけばQUIC Pay+(クイックペイ)加盟店で支払うことが可能になります。

QUIC Pay

QUIC Pay+は、iDと同じく登録したカードから支払われる形式の電子マネーですが、お店では「QUIC Pay(クイックペイ)で」と宣言して、スマホをリーダーにかざせば支払えます。

関連記事

このサイトでは、大幅に改悪されたKyashCardに替わるウォレットサービスとして6gramリアルカードをオススメしているわけですが、6gramの便利な機能を生かしつつ高い還元率を叩き出す方法は、後ほど解説する「JQ CARD エポスゴール[…]

【最大2.5%還元】Kyashの改悪で代わりとなる6gramの使い方

6gramは招待制ですので、ご希望の方はtwitterでcohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

招待URLは、ひとつひとつ異なりますのでDMで返信いたしますので、DMを受信できるようにしておいてください。

もしくはコメント欄にメールアドレスなどを記入いただければ、コメント欄は承認制ですので、他の方は見えることなく紹介URLを送信できます。

④PayPay・d払いの支払い元への設定でさらに便利に

Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payの支払い元だけではなく、PayPay・d払いの支払い元として設定すれば以下のような活用方法ができます。

  • PayPayの支払い元に設定すると2%還元率で全国津々浦々までつかえます(たまるポイントもPayPay残高に無料で交換できます)
  • d払いの支払い元に設定すると2%のカード還元率に加えてd払いからも+0.5%dポイントが加算されポイント2重どりになります。

一つ一つ順に解説します。

PayPayに設定すると広範な加盟店網で使えます

地方のお店や、長らく現金のみだったというお店に多いのが、スマホ決済はPayPayだけというケースです。

PayPayの加盟店は非常に多く、MMD研究所の最新調査では利用している支払いでクレジットカード73.3%についでPayPayが41.2%でした。

おそらく単独ではもっとも利用されている決済方法だと思います。

「支払い方法の管理」で「クレジットカードに追加」で支払い元のカードとしてVisa LINE Payクレジットカードを設定すると、カードが使えないようなお店などでも2%還元で支払えるため、キャンペーンを除くとPayPay残高よりもお得に支払えます。

しかもたまるポイントLINEポイントは、2021年3月16日からPayPay残高に25ポイント単位で無料で交換可能となったため、Visa LINE Payクレジットカードの方がPayPayボーナスがたまります。

d払いに設定するとポイント2重どりで2.5%還元

ドコモが運営するコード払い「d払い 」の加盟店でコード決済で決済すれば、Visa LINE PayクレジットカードのLINEポイント2%+d払い 決済分のdポイント0.5%が付与されます。

あわせて2.5%となるため、特にキャンペーンがなければ、非常に高い還元率でお店で支払えます。

※d払いのキャンペーンポイントの対象の支払いは、dカード・dカードゴールド・d払い残高払いです。
関連記事

d払いの便利な裏技的な使い方・獲得できるdポイントの使い方について解説します。 d払いは、ドコモユーザーでなくても利用できるコード決済で、dアカウントを開設すれば利用可能になります。 3大携帯キャリアの豊富な資金源をバックにした大規[…]

d払いの使い方(応用編)と獲得したdポイントの使い方

⑤Visaタッチによるコンタクトレス決済

Visaタッチとは、NFCを利用した非接触決済のことで最近ではクレジットカードには順次搭載されてきています。

Visa LINE Payクレジットカードには、Visaタッチが搭載されていますので、この支払い方法を利用できます。

Visaタッチ

非接触決済は、日本ではFelicaを活用したiD・QUIC Pay・WAON・nanaco・楽天Edyなどが広く知られていますが実はこの機能は日本だけです。

海外では非接触決済の主流はNFCチップを利用したVisaタッチ決済・MasterCardコンタクトレス決済などが主に利用されています。

支払い方法は、まだ日本では主流の支払い方法でないため知名度が低いので「Visaタッチ」とか「コンタクトレス」といっても通じないことが多いです。

「カードで」と宣言して、カードをかざせばすぐに決済されます。

採用している店舗は、イオン系の店舗(ウエルシア含む)やコンビニで採用されてからは、使えるところが大幅に増えています。

たまるLINEポイントの使い方

Visa LINE Payクレジットカードのクレジットカードとしての利用でたまるポイントはLINEポイントです。

たくさんためたポイント数を眺めるのが好きというのが趣味でない限り、たまったポイントは活用していったほうが良いです。

LINEポイントは、LINE Pay コード決済時、オンライン決済時、請求書払時に1ポイント=1円として利用可能です。

ですがこの使い方は還元率としては0%です。

そのため現金化して自由な使い方をしたい場合は、LINE証券を経由することで間接的に現金化することが可能です。

関連記事

Visa LINE PayクレジットカードをはじめとしてLINEの様々なサービスを利用することで貯まるポイントはLINEポイントです。 LINEポイントの使い道として現金化を主に行っていましたが、2021年3月16日からPayPayボーナ[…]

【LINEポイントの使い道】PayPayボーナスへの交換が可能に!現金化も解説!

LINEポイントはPayPayボーナスにリアルタイム・無料で交換できる

現金化しても良いですが、LINE証券から出金する際にはLINEポイントをPayPay残高に無料で交換できるようになったのです。

LINEポイントをPayPay残高に交換できるようになったことは、結構凄いことです。

何しろPayPayVisa LINE Payクレジットカードを設定してクレジットカード払いで支払っていれば、2%の還元率で利用できますし、たまるLINEポイントはPayPay残高に交換できるため非常に便利です。

当方の場合は、PayPayボーナス運用でポイント運用で増やすようにしています。

関連記事

PayPayボーナス運用は、米国株式市場の時価総額の80%を占める代表的な株価指数S&P500に連動するETFに擬似投資しているポイント運用サービスです。 そのためGMOクリック証券CFDでS&P500のリアルタイムチ[…]

PayPayボーナス運用をチャートで攻略!【3つのコツも解説】

【まとめ】たまるポイントをPayPayボーナスに交換できるVisa LINE Payクレジットカード

ZホールディングスとLINEの経営統合など、LINEを取り巻く環境が激変していった中で、LINE Payがどうなるか注目されましたが、カードを支払い元とした「チャージ&ペイ」が一律0.5%となってしまいました。

でもVisa LINE Payクレジットカードの還元率は2%にとどまっており、まだまだ十分に高い還元率だといえます。

トヨタウォレットでポイント多重取りの方法が、結構広まっているためトヨタウォレットへのチャージでポイントのつかないVisa LINE Payクレジットカードは逆に出番が減りましたが、PayPayなどのコード決済サービスに登録すれば、PayPayなどのコード決済や現金しか対応していない店舗でも利用できます。

またトヨタウォレットなどプリペイドカードでは公共料金・サブスクなどの定額払い・ガソリンスタンドでは利用できませんので、そういったシーンではVisa LINE Payクレジットカードの出番だと思います。

また新規入会キャンペーンとして8月1日~9月30日の期間中、12万円の利用で抽選で2,000名の方に5,000円があたります。

申込みECナビは経由なら4,400円相当のポイントが獲得できますので、ECナビへ登録してから申し込みましょう。

ECナビでは新規入会キャンペーンが行われており、下記のバナー経由で新規登録し90日以内の電話番号認証で、150円相当のポイントプレゼント。

さらにポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

こういった高単価の広告は複数のポイントサイトを比較すると、何千円相当もポイントが違うときがあるのでその時に高いポイントを提示しているところを利用しましょう。

ECナビ登録済みなら、ポイント還元の高いポイントインカムライフメディアハピタスのうち未登録のサイトを新規登録して広告利用すれば、新規登録キャンペーンのポイントがもらえますので登録しておきましょう。

  • 【1位】高還元ポイントサイト「ハピタス」
    4.9

    ハピタス10月紹介バナー300×300

    ①広告の数が非常に多く、高いポイント還元が魅力のポイントサイトです。
    ②ネットショッピングも高還元率で「お買い物あんしん保証制度」も完備。
    ③ためたポイントは300円から交換可能です。
    ■広告を利用して会員ランクをアップさせるとポイント交換時に最大+5%増量して交換できます。
    ■ここからの新規登録&翌月末までの広告利用で1,000円相当のポイントがもらえます。

  • 【2位】総合力No.1ポイントサイト「ポイントインカム」
    4.7

    ポイントインカム紹介バナー

    ①累積ポイントで会員ステータスが決まり獲得したポイントに最大+7%のボーナスポイントがもらえます。
    ②ネットショッピングなら土日利用でさらに+3%のボーナスポイント
    ③高額広告のポイント還元もトップを競うほど成長してきているサイトです。
    ④お友達紹介制度も優れているためダウン報酬で稼ぐこともできます。
    ■当サイト経由で登録しポイント交換でAmazonギフト券が1,000円相当もらえる「ポタ友応援キャンペーン」開催中です。

  • 【3位】会員数900万人の最大級のポイントサイト「モッピー」
    4.3

    モッピー300✕250バナー

    ◎会員数900万人の国内最大級のポイントサイト「モッピー」
    ①各広告のポイント還元がバランス良く高水準なポイントサイトです。
    ②ポイ活にも優れたお友達紹介制度があり、ダウン報酬でも稼げます。
    ③ポイント交換先が豊富でPayPayボーナスにリアルタイム・無料交換できる数少ないポイントサイトです。
    ■いまなら新規入会&翌々月までの5,000pt獲得で最大2,000円相当のポイントがもらえます。