3%還元!目下最強の還元率「Visa LINE Pay カード」

Visa LINE Payクレジットカードは、メッセージアプリLINEのペイメントサービス「LINE Pay」のクレジットカードに登録することで、2021年4月30日まで3%のポイント還元率になります。

Visa LINE Payクレジットカードの支払い方法は以下の4通りです。

  1. LINE Payへの登録によるQRコード決済による「チャージ&ペイ」
  2. Apple Pay・Google Pay登録によるiD決済(おサフケータイ必須)
  3. Visaタッチによるコンタクトレス決済
  4. 通常のクレジットカードと同様のカードショッピング

この内、LINE Payへの登録によるQRコード決済による「チャージ&ペイ」とは、これまでの「LINE Pay」の支払い元を「Visa LINE Payクレジットカード」とすることで利用可能となります。

「チャージ&ペイ」は、直近の6ヶ月間の獲得ポイントでポイント還元率が変わる「LINEポイントクラブ」という名称にリニューアルされており、2020年4月30日までのマイカラー制度が前月の利用状況で判定されるのに対して、「チャージ&ペイ」(ようするにクレジットカード支払い)を利用した際の還元率は以下のように変動します。

・レギュラー(0~99ポイント)     :還元率1%

・シルバー(100~499ポイント)   :還元率1.5%

・ゴールド(500~4,999ポイント):還元率2%

・プラチナ(5,000ポイント以上)  :還元率3%

いずれにしてもVisa LINE Payクレジットカードは、これまでのカード利用のルールを覆すほどの威力ですので、有効に活用しましょう。

Visa LINE Pay カードのスペック

 

年会費初年度無料・1,375円(年1回以上の利用で無料)
家族カード初年度無料・440円(年1回以上の利用で無料)
ETCカード初年度無料・550円
支払い方法1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
支払日1日~末締め/翌月26日払い
還元率2021年4月30日まで3%/通常は1%
国際ブランドVisa
電子マネーApple Pay・Google Pay登録によるiD決済
非接触決済Visaタッチ決済

Visa LINE Payクレジットカードは、三井住友カードが発行しているクレジットカードです。

そのためカード明細などの管理画面は「Vpass」を利用し、現状すでに発行している三井住友カードがあっても発行可能です。

年会費1,375円ですが、初年度は無料、年に1回でも利用があれば翌年は無料となりますので、実質無料ですね。

ETCカードは初年度は無料ですが、年会費550円ですのでこれは他のETCカードを利用したほうが良いでしょう。

通常のクレジットカードに比べて、非接触決済を搭載している分、カードをお店の方に渡すことなく非接触(Visaタッチ決済)で決済できますので、安全かつ清潔です。

Apple Pay・Google Payに登録すれば、iD決済によるスマホ決済が可能ですので、その場合はカードを出すことなく決済できます。

ポイント還元率は2021年4月30日までの期間限定ながら3%と飛び抜けています。

たまるポイントはLINEポイントです。

3%という数値は驚異的でこれまで多用していたJQ CARD エポスゴールド楽天プレミアムカードの利用が激減してしまっています。

ですが電子マネーへのチャージもポイント還元率の対象外ですので注意が必要です。


Visa LINE Payクレジットカードを保有されている方は現在メインカードになっていると思いますが、2021年5月1日以降は1%の還元率になることを考えると、月々・日々の決済では以下の決済方法を準備しておいたほうが良いと思います。

JQ CARD エポスゴールド・・・最大2.5%還元が実現でき、電子マネーチャージに強い

楽天プレミアムカード・・・楽天市場の還元率が+2倍となる上位クラスのカード

majica donpen card(マジカドンペンカード)・・・ドン・キホーテの電子マネーmajicaへのチャージで1.5~5.5%の還元率

以上の4つのカードもライフスタイルや用途別で準備しておくと2021年5月1日以降の決済で有利に支払えます。

コード決済(チャージ&ペイ)は直近6ヶ月のLINEポイント獲得状況で還元率が変わる

 

 

2020年5月1日から始まったLINE Payのインセンティブプログラム「LINEポイントクラブ」は、現行のマイカラー制度が前月の利用状況で判定されるのに対して、直前6ヶ月間で獲得したLINEポイントによってマイランクが決まり、そして新たに加わった新機能の「チャージ&ペイ」(ようするにクレジットカード支払い)を利用した際の還元率が以下のように変動します。

・レギュラー(0~99ポイント)     :還元率1%

・シルバー(100~499ポイント)   :還元率1.5%

・ゴールド(500~4,999ポイント):還元率2%

・プラチナ(5,000ポイント以上)  :還元率3%

※プラチナランクはVisa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録が必須です。

Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録すると、クレジットカードの支払いとなります。

従来のLINE Payコード決済の還元率

LINEポイントクラブ」の還元率は、「Visa LINE Payクレジットカード」を登録した「チャージ&ペイ」の還元率です。
それ以外の従来の銀行・ATMからのチャージ残高による従来のLINE Pay 残高の支払いは、還元率はなんと「0%」になります。
これだと意味はありませんので、LINE Payですでにリアルカード・バーチャルカードを発行していれば、AmazonギフトAmazonのサイトで少額でも購入可能であるため、購入して使い切っておきましょう。
カードがない場合は、バーチャルカードは即時に作れますので便利です。

他のコード決済との組み合わせも可能

Visa LINE Payクレジットカード」は、LINE Payの支払先に登録すれば、LINE Pay加盟店で利用できます。
前述のようにApple Pay・Google Pay登録によるiD決済も可能ですので、クレジットカードとして支払える範囲が非常に広いと言えます。

しかし地方のお店や、長らく現金のみだったというお店に多いのが、スマホ決済はPayPayだけというケースです。

これだとそもそもクレジットカードが不可ですので、支払いに窮するかも知れません。
しかし「Visa LINE Payクレジットカード」は、PayPayの「支払い方法の管理」で「クレジットカードに追加」で支払い元のカードとしておけば3%の還元率でショッピングができます。
PayPayだけという店舗は大抵は
キャッシュレス消費者還元事業対象店舗ですので、2020年6月30日までですがPayPayから5%分のPayPayボーナスも付与されます。

また還元率をギャップアップさせるには「d払い」に登録し「d払い」の加盟店でコード決済で決済すれば、「Visa LINE Payクレジットカード」のLINEポイント3%+「d払い」決済分のdポイント0.5%が付与されます。
合わせて3.5%となるため、特に必要な条件もなければ、ほぼ最強なのではないでしょうか。

一方で直近でキャンペーンを繰り出している「au PAY」ではどうでしょうか。

au PAY」は、チャージするカードは基本MasterCardでなければならず、Visaでチャージできるカードは「エポスカード」くらいで、「Visa LINE Payクレジットカード」はそもそもチャージできません。

従って、「d払い」加盟店であれば迷わず「d払い」で決済し、それ以外でカードはダメだが「PayPay」はOKというところでは、「PayPay」を活用すれば、大抵の実店舗の決済を網羅できます。

たまるポイントはLINEポイント

Visa LINE Payクレジットカード」のクレジットカードとしての利用とLINE Pay コード決済により、たまるポイントはLINEポイントです。

たくさんためたポイント数を眺めるのが好きというのが趣味でない限り、たまったポイントは活用していったほうが良いです。

LINEポイントは、LINE Pay コード決済時、オンライン決済時、請求書払時に1ポイント=1円として利用可能です。

ですがこの使い方は還元率としては0%です。

そのため現金化して自由な使い方をしたい場合は、LINE証券を経由することで間接的に現金化することが可能です。

具体的な方法は下記の記事にまとめていますので、ご利用ください。

>>LINEポイントを現金化する方法とLINEポイントの有効な使い方まとめ

LINEポイントを資産運用に有効活用できる「LINE証券」

LINE証券はLINE Financial株式会社と野村ホールディングス株式会社が共同出資してできたネット証券です。

メッセージアプリ「LINE」アプリで利用できるため、利用者の裾野は広いと考えられます。

そのためできるだけ初心者向けに設計されています。

主要な仕様は以下のとおりです。
・スマホで完結する手軽さ
・相対取引の1株単位の少額から購入可能な株式・ETF、投資信託が買付・売却可能
・LINEポイントを売買に利用可能
・2020年5月10日から現物取引が可能
・投資信託も100円以上1円単位で購入可能

非常に便利そうなのですが問題点としては、
・すべての銘柄ではなくある程度絞り込まれていることと、
・「SBI証券」・「楽天証券」のような本格的なトレード環境ではない
・1株単位は便利そうだが隠れたコスト「スプレッド」に注意
以上のデメリットがあります。

関連記事

ポイント投資は近年次々と新たなサービスが出現しています。その中でも、ポイントの収集・利用と投資商品の環境が整っているのは、以下の4つです。①楽天スーパーポイント ・楽天証券②Tポイント ・SBI証券 ・SBIネオモバイル証券③dポイント[…]

LINEポイント投資のメリット・デメリット

そのため高頻度で売買するのではなく、ほぼ買いっぱなしとなるインデックス投資に向いている仕様だと思います。
特定のテーマや地域、銘柄に投資するのは、ハイリスク・ハイリターンになることと、売買は高頻度になりがちです。
LINE証券は決して高負荷のスピードを求められる環境下ではありませんので、
LINE証券を活用する場合は、できるかぎり広範な範囲に投資可能なETF、インデックスファンドに投資していったほうが良いでしょう。

LINE証券で投資すべきはインデックスファンド

広範な範囲で1本で全世界の株式に投資できるインデックスファンドでLINE証券にラインナップされている投資信託でオススメは、
eMAXIS Slim 全世界株式インデックスファンド(オールカントリー)
が投資対象として優れています。
その中でもアメリカだけを対象とした投資を行いたい場合は、
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
が最適でしょう。

いずれもここ2008年から始まったインデックスファンドのコスト競争の中で、最安クラスの信託報酬で保有できます。
投資では将来のリターンは不明ですが、売買手数料、保有にかかる手数料は判明しています。
少しでもリターンを向上させたい場合はコストが安い方法が将来のリターンは高まります。
上記で挙げた投資信託はダウ・ナスダック・日経平均などの指数にあわせて動くように設計されたインデックスファンドであるため、ファンドマネージャーが銘柄を選定して投資していくアクティブファンドと比べて安い運用費用で済みます。

LINE証券では、最低投資金額100円から1円単位で投資信託を購入でき、LINEポイントを利用できます。

LINE証券Visa LINE Payクレジットカードで貯まるポイントが株式・投資信託への投資に利用できる便利な証券会社です。

LINEポイントを現金化もできますので、Visa LINE Payクレジットカード保有者なら必須の証券会社です。

LINE証券

>>【関連記事】LINEポイントを現金化する方法とLINEポイントの有効な使い方まとめ

まとめ

Visa LINE Payクレジットカード」の3%還元率のインパクトは大きいですね。

2021年4月30日で3%還元率の特典は終了しますが、コード決済の「チャージ&ペイ」はプラチナランクならば3%の還元率になるため6ヶ月の累計LINEポイント獲得が5,000ptを超えるまで、「d払い」のあわせ技による3.5%、カード払い不可で「PayPay」OKのお店は「PayPay」とのあわせ技で3%ですので、5,000ptは割合クリアしやすいと思います。

ポイントの利用も、コード払に利用でき、ポイント投資も整備されているため、LINEポイントは非常に有用で収集に適したポイントだと言えますね。

まだ申し込んでいない方は、3%の高還元率なのは2021年4月30日までですので、急ぎ申し込んだほうが良いでしょう。

ただ申込みの際に振替口座をメガバンク・イオン銀行にしていると発行が極めて早いのですが、楽天銀行だと異常なほど(約1ヶ月)待たされるという事案が勃発しておりますので、指定する引き落とし口座はメガバンクかイオン銀行が妥当だと思います。

貯まるポイントLINEポイントは、LINE証券を経由することで間接的に現金化することが可能ですし、そのままLINE証券内で投資に利用できます。

LINE証券Visa LINE Payクレジットカードで貯まるポイントが株式・投資信託への投資に利用できる便利な証券会社です。

LINEポイントを現金化もできますので、Visa LINE Payクレジットカード保有者なら必須の証券会社です。

LINE証券

>>【関連記事】LINEポイントを現金化する方法とLINEポイントの有効な使い方まとめ


最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。