VisaLINEPayクレジットカードの5月からのポイント還元率は2%に!今後の使い方を解説!

Visa LINE Payクレジットカードは、2021年4月30日まで3%のポイント還元率ですが、公式にアナウンスがあり2021年5月1日から還元率は低下するものの2%となります。

この公式アナウンスがあるまでは、予定では1%まで低下することになっていました。

2%の還元率ならば他のクレジットカードよりも抜きん出て高い還元率です。

一方で、Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payの支払い元として設定して支払う「チャージ&ペイ」の還元率は「マイランク制度」でプラチナランクであれば3%の還元率でLINE Pay加盟店で支払えていたものが、5月1日以降は0.5%へ大幅に低下します。

今回は、Visa LINE Payクレジットカードの2021年5月1日以降の利用方法と他の決済方法との組み合わせなどを解説します。

Visa LINE Payクレジットカードのスペック

Visa LINE Payクレジットカードは、三井住友カードが発行元となっているクレジットカードです。

還元率は2021年5月1日からは2%、それまでは3%という群を抜いた還元率です。

たまるポイントはLINEポイントで、ポイント付与の計算の仕方は、他のクレジットカードのように100円ごと・200円ごとではなく、支払った金額に×2%が付与されます。

Visa LINE Payクレジットカード

年会費 初年度無料・1,375円(年1回以上の利用で無料)
家族カード 初年度無料・440円(年1回以上の利用で無料)
ETCカード 初年度無料・550円
支払い方法 1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い
支払日 1日~末締め/翌月26日払い
還元率 2021年4月30日まで3%/通常は1%
国際ブランド Visa
電子マネー Apple Pay・Google Pay登録によるiD決済
非接触決済 Visaタッチ決済

年会費1,375円ですが、初年度は無料、年に1回でも利用があれば翌年は無料となりますので、実質年会費無料のクレジットカードだといっても良いです。

ETCカードは初年度は無料ですが、年会費550円ですのでこれは他のETCカードを利用すべきだと思います。

Visa LINE Payクレジットカードは非接触決済に対応した先進的なカード

通常のクレジットカードに比べて、非接触決済を搭載している分、カードをお店の方に渡すことなく非接触(Visaタッチ決済)で決済できますので、安全かつ清潔です。

ApplePay・GooglePayに登録すれば、iD決済によるスマホ決済が可能ですので、その場合はカードを出すことなく決済できます。

Visa LINE Payクレジットカードのスマホでできる支払い方法は以下の4通りです。

  1. LINE Payへの登録によるQRコード決済「チャージ&ペイ」
  2. ApplePay・GooglePay登録によるiD決済(おサフケータイ必須)
  3. 6gramにチャージしてネット(プリペイドカード)・お店(QUIC Pay+)も支払い可能→オススメ
  4. PayPay・d払いの支払い元に設定するとさらに便利
  5. Visaタッチによるコンタクトレス決済

①LINE Payへの登録によるQRコード決済「チャージ&ペイ」

LINE Payへの登録によるQRコード決済「チャージ&ペイ」に関しては、LINEポイントクラブの「マイランク制度」でプラチナランクであれば3%もの還元率で利用可能でしたが、2021年5月1日以降は一律0.5%に還元率が低下します。

そのためLINE Pay(チャージ&ペイ)で高い還元率を維持できるのは4月30日までですので、可能な限り利用しておいた方が良いと思います。

LINE Pay(チャージ&ペイ)のメリットは、ドラッグストア3%off、コンビニ5%offなど割引されるクーポンが使える点です。

4月まではマイランク制度に基づいて枚数が制限されていましたが、今後は無制限になります。

②Apple Pay・Google Pay登録によるiD決済(おサイフケータイ必須)

お持ちのスマートフォンが「おサイフケータイ」対応型であれば、ApplePay・GooglePayに登録しておけばiD(アイディー)による非接触決済ができます。

下記のマークが目印で、「iDで」と宣言して、かざせば決済が可能です。

iDのマーク

支払われるのは、Visa LINE Payクレジットカードから月末締めで請求書に載ってきて毎月26日に支払われます。

③6gramにチャージしてネット(プリペイドカード)・お店(QUIC Pay+)も支払い可能

Visa LINE Payクレジットカードは4月30日まで3%、5月1日からは2%の還元率ですので、税金・公共料金等で支払いがあればなるべく4月30日までで支払ってしまいたいと思います。

このときMixiのバーチャルプリペイドカード「6gram(ロクグラム)」(還元率0%)が非常に役に立ちます。

6gram

6gram(ロクグラム)は招待制のバーチャルプリペイドカードで、Visa LINE Payクレジットカードでチャージすると支払い先はMixiなのでポイントは満額付与されます(Visa LINE Payクレジットカードでは通常プリペイドカードや電子マネーへのチャージではポイントは付与されません)。

またVisa LINE Payクレジットカードは、iD・税金・公金の支払いでは制約があり、カードでもLINE Pay請求書支払いでも5万円までしかポイント付与されませんが、6gram(ロクグラム)にチャージして税金・公金を支払えば5万円以上でもポイントを満額付与してもらえます。

6gramからモバイルSuicaへのチャージも可能

Visa LINE PayクレジットカードでモバイルSuicaなどの電子マネーにチャージしてしまうとポイント付与の対象外となってしまいます。

しかし、6gram(ロクグラム)からモバイルSuicaへチャージすることが可能ですので、Visa LINE Payクレジットカードでチャージした6gramなら2%の還元率で使えます。

そのため1.5%の還元率でチャージできる「ビックカメラSuicaカード」の還元率を上回ります。

ネットのお店でも使えます(3Dセキュアは非対応)

Visa LINE Payクレジットカードで直接ネットのお店で使っても良いのですが、カード情報を提示したくない時などは、6gram(ロクグラム)を利用すると便利です。

6gram(ロクグラム)は、1人で複数枚のインスタントカードを作れますので、一旦ネット決済用で作ってチャージして、ネット決済するという方法ができます。

欠点としては、3Dセキュア(本人確認)対応ではないので、3Dセキュア対応のネットのお店では利用できませんのでご注意ください。

街のお店ではQUIC Pay+で利用できます

6gram(ロクグラム)はバーチャルカードなのでお店で支払うときには、ApplePay・GooglePayに登録しておけばQUIC Pay+(クイックペイ)加盟店で支払うことが可能になります。

QUIC Pay

QUIC Pay+は、iDと同じく登録したカードから支払われる形式の電子マネーですが、お店では「QUIC Pay(クイックペイ)で」と宣言して、スマホをリーダーにかざせば支払えます。

6gramなら家族カードとしても目的別のカードとしても利用できるので家計管理に便利

6gram(ロクグラム)を利用する最大のメリットは、家族を招待して一緒に利用するグループカードを作って、共同のおサイフとして利用したり、目的別のカードを作って予算を管理したりすることができます。

プリペイドカードなので、チャージした金額以上は使うことができませんので、家族カードをもたせるより、この方が家計管理としては最適だと思います。

街のお店の決済がQUIC Pay+(クイックペイ)加盟店のみというのが、ややデメリットですが、直近でMixiはリアルカードを開発中らしいので、期待したいところです。

Visa LINE Payクレジットカードでは、プリペイドカードや電子マネーへのチャージがポイント還元対象外ですが、6gram(ロクグラム)に一旦チャージして利用すれば、ポイントを満額もらえるため今後も活用したいプリペイドカードです。

6gramは招待制ですので、ご希望の方はtwitterでcohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

招待URLは、ひとつひとつ異なりますのでDMで返信いたしますので、DMを受信できるようにしておいてください。

もしくはコメント欄にメールアドレスなどを記入いただければ、コメント欄は承認制ですので、他の方は見えることなく紹介URLを送信できます。

関連記事

KyashCardが大幅に改悪されたことにより、あらたなウォレット(プリペイドカード)として活躍してくれる6gramリアルカードについて解説します。 KyashCardで便利だったのが、クレジットカードからのチャージでもカードのポイン[…]

【最大2.5%還元】Kyashの改悪で代わりとなる6gramの使い方

④PayPay・d払いの支払い元への設定でさらに便利に

Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payの支払い元だけではなく、PayPay・d払いの支払い元として設定すれば高い還元率を活用することができます。

  • PayPayの支払い元に設定すると2%還元率で全国津々浦々までつかえます(たまるポイントもPayPay残高に無料で交換できます)
  • d払いの支払い元に設定すると2%のカード還元率に加えてd払いからも+0.5%dポイントが加算されポイント2重どりになります。

PayPayに設定すると広範な加盟店網で使えます

地方のお店や、長らく現金のみだったというお店に多いのが、スマホ決済はPayPayだけというケースです。

PayPayの加盟店は非常に多く、MMD研究所の最新調査では利用している支払いでクレジットカード73.3%についでPayPayが41.2%でした。

クレジットカードは73.3%ですがひとまとめにしていますので、その中に様々なカードがあるためトップの楽天カードで利用金額の37~40%くらいなので、MMD研究所の調査に置き換えると20~30%が利用していることになりますので、やはりPayPayが単独トップです。

「支払い方法の管理」で「クレジットカードに追加」で支払い元のカードとしてVisa LINE Payクレジットカードを設定すると、カードが使えないようなお店などでも2%還元で支払えるため、キャンペーンを除くとPayPay残高よりもお得に支払えます。

しかもたまるポイントLINEポイントは、2021年3月16日からPayPay残高に25ポイント単位で無料で交換可能となったため、Visa LINE Payクレジットカードの方がPayPay残高がたまります。

d払いに設定するとポイント2重どりで2.5%還元

ドコモが運営するコード払い「d払い 」の加盟店でコード決済で決済すれば、Visa LINE PayクレジットカードのLINEポイント2%+d払い 決済分のdポイント0.5%が付与されます。

あわせて2.5%となるため、特にキャンペーンがなければ、非常に高い還元率でお店で支払えます。

※d払いのキャンペーンポイントの対象の支払いは、dカード・dカードゴールド・d払い残高払いです。
関連記事

d払いの便利な裏技的な使い方・獲得できるdポイントの使い方について解説します。 d払いは、ドコモユーザーでなくても利用できるコード決済で、dアカウントを開設すれば利用可能になります。 3大携帯キャリアの豊富な資金源をバックにした大規[…]

d払いの使い方(応用編)と獲得したdポイントの使い方

⑤Visaタッチによるコンタクトレス決済

Visaタッチとは、NFCを利用した非接触決済のことで最近ではクレジットカードには順次搭載されてきています。

Visa LINE Payクレジットカードには、Visaタッチが搭載されていますので、この支払い方法を利用できます。

Visaタッチ

非接触決済は、日本ではFelicaを活用したiD・QUIC Pay・WAON・nanaco・楽天Edyなどが広く知られていますが実はこの機能は日本だけです。

海外では非接触決済の主流はNFCチップを利用したVisaタッチ決済・MasterCardコンタクトレス決済などが主に利用されています。

支払い方法は、まだ日本では主流の支払い方法でないため知名度が低いので「Visaタッチ」とか「コンタクトレス」といっても通じないことが多いです。

「カードで」と宣言して、カードをかざせばすぐに決済されます。

採用している店舗は、イオン系の店舗(ウエルシア含む)、イトーヨーカドー、コンビニ、マクドナルドなどになります。

LINE Pay請求書支払いの今後の利用

Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payの支払い元としていることで、絶大な効果があったのは税金・公金を最大3%の還元率で支払えた「LINE Pay請求書支払い」です。

税金の支払いで最大3%還元されるLINE Pay請求書支払い

自身で税金・国民健康保険などを支払っている立場からすると3%の還元率で支払えるのは大いに魅力的でした。

しかしこれも2021年5月1日以降は、ポイント還元率が0.5%に低下してしまいます。

ですがYahoo!公金払いなどで税金・公金を支払えば2%の還元率ですし、5万円以上は付与されない問題は、前述した6gram(ロクグラム)にチャージして支払えばクレジットカード払いの2%の還元率の恩恵を満額で受けられます。

ひとまずコード払いにより多額のポイントを得ることができた「LINE Pay請求書支払い」は、2022年4月にLINE PayがPayPayに統合される前に、その役割を終えることになると思います。

まだ支払いが完了していない請求書がある場合は、3%の還元率が適用される4月30日までに支払っておきましょう。

たまるLINEポイントの使い方

Visa LINE Payクレジットカードのクレジットカードとしての利用でたまるポイントはLINEポイントです。

たくさんためたポイント数を眺めるのが好きというのが趣味でない限り、たまったポイントは活用していったほうが良いです。

LINEポイントは、LINE Pay コード決済時、オンライン決済時、請求書払時に1ポイント=1円として利用可能です。

ですがこの使い方は還元率としては0%です。

そのため現金化して自由な使い方をしたい場合は、LINE証券を経由することで間接的に現金化することが可能です。

しかしもっと便利な方法が2021年3月16日から出現しています。

LINEポイントをPayPay残高に無料で交換できるようになったのです。

LINEポイントPayPay残高へ交換可能に

ポイント交換可能になったのを記念して、LINEポイントをPayPay残高に交換すると25%増量するキャンペーンを行っています。

  • 期間:2021年3月16日~3月31日
  • 記念特典:交換ポイントの25%増量
  • 増量付与上限:500円相当/期間(2,000ポイント交換でMAX)
  • 増量分付与時期:4月下旬

LINEポイントをPayPay残高に交換できるようになったことは、結構凄いことです。

何しろPayPayVisa LINE Payクレジットカードを設定してクレジットカード払いで支払っていれば、2%の還元率で利用でき、たまるLINEポイントはPayPay残高に交換できるため非常に便利です。

PayPayの場合はキャンペーンなどで対象となる支払い方法は、PayPay残高ですのでその時がくるまでは、PayPay残高運用などで投資して増やしておきましょう。

Visa LINE Payクレジットカード新規入会キャンペーン

3月10日~3月31日までVisa LINE Payクレジットカードで新規入会キャンペーンが行われています。

条件を達成すると7,000円相当のポイントがもらえますので、これからという方はトライしておきましょう。

  • 申し込み期間:2021年3月10日~3月31日
  • 家族カードの申込み期間:2021年3月10日~4月30日
  獲得ポイント 利用期間
新規入会&期間中1回以上決済

2,000LINEポイント

2021年4月30日まで
ApplePay・GooglePay(iD)/Visaタッチ決済で
合計5,000円以上
1,000LINEポイント 2021年4月30日まで
チャージ&ペイで期間中に合計5万円利用 1,000LINEポイント 2021年4月30日まで
マイ・ペイすリボを3万円以下で設定し、
合計7万円利用リボ手数料の発生があること
2,000LINEポイント 2021年5月31日まで
家族カード入会し期間中に5,000円以上利用 1,000LINEポイント 2021年5月31日まで

マイ・ペイすリボに関しては、設定すると自動でリボ払いになる制度ですが、設定金額を仮に3万円とすると3万円を超えた部分に手数料が年率換算15%がかかってきます。

例えば、3万円で設定し7万円利用すれば、4万円分に手数料がかかってきます。

1日分で16円程度になり一ヶ月では493円になります。

ですので手数料を少額だけ発生させてすぐに繰り上げ返済してしまえば、ここもクリアは可能です。

VisaLINEPayクレジットカードの5月からのポイント還元率は2%に!:まとめ

ZホールディングスとLINEの経営統合など、LINEを取り巻く環境が激変していった中で、LINE Payがどうなるか注目されましたが、カードを支払い元とした「チャージ&ペイ」が一律0.5%となってしまったのは仕方がないですが、Visa LINE Payクレジットカードの還元率が2%にとどまったのは非常にありがたいです。

今後のVisa LINE Payクレジットカードの使い方をまとめます。

  • LINE Payに配信されるクーポン枚数は無制限なので効果の高いQoo10ひかりTVショッピングなどでは積極的に利用する
  • ApplePay/GooglePayに登録して利用できるiDでは依然として最も高い還元率(2%)です。
  • Mixiの6gramにチャージして利用すれば、モバイルSuicaチャージ・QUIC Payでも2%の還元率で使え、グループ機能を使えば家計管理にも役立ちます。
  • PayPay・d払いへ登録できるので、広範な利用範囲を誇るPayPay加盟店網で使え、d払いならポイント2重どりで2.5%の還元率になります。
  • Visaタッチを搭載しているので、衛生的な非接触で決済できます。
  • 3%の還元率で税金・公金が支払えるLINE Pay請求書支払いは4月30日までに利用しておきましょう。
  • たまったLINEポイントはPayPay残高に交換できるようになりました。
  • 2021年3月の新規入会キャンペーンは最大7,000円相当のポイント付与と過去最大級に豪華です。

Visa LINE Payクレジットカードの還元率は2%であれば、どのクレジットカードよりも高いのでさしあたりd払い に登録しておけば、ポイント2重どりの2.5%の還元率で大抵の支払いが可能になります。

おそらくキャンペーンが無いときであれば迷ったらコレ!という支払い方法になりそうです。

ドコモが運用するコード決済「d払い」は、ポイントサイト「ポイントタウン(スマホ版)」経由でインストールすれば、150円相当のポイントがもらえます。

ポイントタウンの新規入会は、当方の紹介URL経由では特別に300円相当のポイントがもらえます。 通常は当方に300円分のポイントが付与されますがそれだと登録される方にメリットがありませんのでこのブログ経由で登録頂いた方に300円分のポイントをプレゼントいたします(ポイントタウンさんにお願いしました)。 さらにこの特典に加えて紹介URL経由の登録後、翌月末までに合計5,000円相当の広告利用によるポイント獲得でさらに2,000円相当のポイントがボーナスとしてプレゼントされます。 ポイントタウンに新規入会はここからで300円相当のポイントがもらえます。 >>お小遣いサイト「ポイントタウン」の稼ぎ方、活用の方法まとめ