Yahoo公金払いの税金・公金支払いでオトクなJQ CARDエポスゴールド

Yahoo!公金払いで税金・公金の支払いをオトクに支払う方法を解説します。

イギリスでは税金はApplePayやGooglePayで支払い可能で非常に便利なのですが、日本では大半は支払いは納付書で行われています。

支払いは普通にコンビニや金融機関窓口で支払ってもよいのですが、ただ払うだけでは得るものは何もありません。

ですが税金などの公金の支払いは現金以外でも可能であり、工夫次第では税金を間接的に節税できます。

税金・公金の支払い方法で間接的な税金の節減できるのは以下の2つを併用すると良いと思います。

①エポスゴールドカード(JQ CARD)によるYahoo!公金払い

LINE Pay請求書支払い

以上の2つが挙げられます。

現在、一つですべての税金・公金の支払いをカバーできるようにはなっていないため、Yahoo!公金払いLINE Pay請求書支払いの併用によって税金の節減を行ったほうが良いでしょう。

 

節減といっても支払う額が減免するわけではありません。

支払うことによって得られるポイントによって、支払金額の数%ほど節減できるということです。

しかしポイントは様々な使い道があるため、メリットが大きいのです。

①エポスゴールドカード(JQ CARD)によるYahoo!公金支払い

税金等の公金をクレジットカードで払いたい場合、コンビニの店頭での納付書支払いはできません。

電子マネーnanacoにクレジットカードでチャージして、支払う方法がありますが、2020年3月12日以降、nanacoにチャージできるクレジットカードで新規登録できるのは「セブンカード・プラス」のみとなっています。

セブンカード・プラス」のチャージで得られるnanacoポイントは0.5%ですので、正直もうちょっと欲しいところです。

そこでYahoo!公金払いの利用です。

Yahoo!公金支払いではクレジットカードで支払いができます。

クレジットカードで税金等の公金を支払いたい場合は、Yahoo!公金払いにて支払いを行えば、クレジットカードによる支払いが可能です。
しかもTポイントを支払いに充当できます。

しかし問題は所定の手数料がかかることです。

例えば車税を納付する場合、一般的な車として思う浮かぶプリウスを仮に神奈川県在住の方が利用されている場合、車税は39,500円の支払いとなります。

仮に1%の還元率のカードを使用すると395円がポイント還元されます。

しかし、この場合手数料が330円であるため、65円分しか得るものがありません。

率にすると0.16%です。

これだとかなり少ないため、そのままであればYahoo!公金払いを選択する意味はないかも知れません。

しかし以下で紹介するJQ CARD エポスゴールドであればYahoo!公金払いの決済で2.5%の還元率を叩き出すことが可能であり、上記の例であれば手数料を差し引いても2.2%の還元率となります。

JQ CARD エポスゴールドは最大2.5%の高還元率カード

JQ CARD エポスゴールドは、その名の通りJR九州で発行されているカードです。

そのため九州に住んでいないとあまりメリットがなさそうに感じますが、そんなことは全く無いです。

ゴールドカードには直接申し込めるわけではなく、インビテーション(招待)が必要です。

また、インビテーションによってゴールドカードに切り替えると年会費無料で保有することができます。

この「JQ CARD エポス ゴールド」の主な利点は以下の3つです。

  1. 選べるポイントアップショップ」に選定した支払先のカード利用はポイント3倍の1.5%のポイント還元率になります。
  2. 年間100万円利用するとボーナスポイントとして1%分の10,000円分のポイントが付与されます。
  3. たまるポイントは「JRキューポ」ですが、このポイントサービスが主要なポイントと交換できるポイントハブとして使えます。

JQ CARD エポス ゴールドの利点のうち

以上の2つの合算で2.5%のポイント還元率が実現します。

>>【関連記事】驚異の還元率2.5% 「JQ CARD エポス ゴールド」

 

3.たまるポイント「JRキューポ」は主要なポイントに交換できるためポイ活には欠かせないポイントサービスで、エポスポイント・Gポイント・Tポイント・Pontaポイントに等価交換できるためポイントハブとして非常に役立ちます。

>>【関連記事】JRキューポはポイント交換がお得になるポイ活に必須の「ポイントハブ」

 

そして本題のYahoo!公金払いが「選べるポイントアップショップ」に指定できるためポイント3倍(1.5%還元)と、年間利用ボーナスとの合算で最大2.5%の還元率で税金・公金を支払うことができます。

>>【関連記事】【最大2.5%還元】エポスゴールドカードの「選べるポイントアップショップ」おすすめを解説

YAHOO!公金支払いでできること

Yahoo!公金払いはメリットが高いサービスです。

メリットは以下の3つに集約できます。

  1. クレジットカードのポイントが満額付与されます。
  2. YAHOO!ショッピングなどで貯めたTポイントが利用できます。
  3. カード払いで支払いサイトが延びますので資金繰りとして便利です。

このYahoo!公金払いを税金を支払う時期に「選べるポイントアップショップ」に登録し、JQ CARD エポスゴールドで決済を行えば最大2.5%ポイント還元が受けられます。

YAHOO!公金払いの主要な支払先

・自動車税、軽自動車税
・固定資産税
・住民税
・国民健康保険
・介護保険料
・後期高齢者医療保険
・保育料などの公共サービス利用料
・個人事業税
・法人市民税
・不動産取得税
・ふるさと納税
・水道料金
・ガス料金
・NHK放送受信料

などYahoo!公金払いの範囲は多岐にわたります。

とくに「ふるさと納税」などがあるのは大変なメリットです。

こういった税金・公金を支払うのにYahoo!公金払いを活用したJQ CARD エポスゴールドの支払いが非常にオトクです。

 

JQ CARD エポスゴールドは、JQ CARD エポス」ではポイントサイト案件が存在しないため、最初は現在最もポイント還元が高いハピタス」(10,000円相当のポイント経由でエポスカード発行しポイントの2重どりを完了した上でJQ CARD エポス」へ切り替えを行い、インビテーションを待ちます。

さらにエポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると、さらに500ポイント加算されます。

当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。

ご紹介番号: 20100198469

②LINE Pay請求書支払い

自治体からの税金などの支払いにもコード決済が利用できるようになってきています。

これらの高額な税金の支払いを振替などにするよりも、ポイントが付与される支払いにすることでポイントを獲得し間接的に節税することができます。

そこで利用したのがLINE Pay請求書支払いです。

LINE Pay請求書支払いでのメリットは以下の3点に集約されます。

  1. 税金・公金支払いで最大3%LINEポイント還元
  2. 税金・公金の支払いが手数料無料で利用できる
  3. 家から出ることなくスマホひとつで税金の支払いが可能

①LINE Pay請求書払いなら税金・公金を支払うと最大3%ポイント還元!

LINE Pay請求書支払いでは、LINE Payの一つの機能で、付与されるポイント還元率は、LINEのポイントプログラムであるLINEポイントクラブ「マイランク制度」でランクが向上するごとにポイント還元率が向上します。

これで高い還元率を確保するにはVisa LINE Payクレジットカードを紐付けて支払うことでポイントが付与されるようになります。

この「マイランク制度」は直近の6ヶ月で獲得したLINEポイントによってマイランクが決まり決済ごとの還元率が変わります。

・レギュラー(0~99ポイント)     :還元率1%
・シルバー(100~499ポイント)   :還元率1.5%
・ゴールド(500~4,999ポイント):還元率2%
・プラチナ(5,000ポイント以上)  :還元率3%

Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payアカウントに登録すると、クレジットカードからの支払いとなります。

最上位のプラチナランクになることで、LINE Pay請求書支払いで3%のポイント還元率で税金・公金を支払うことが可能となります。

②LINE Pay請求書払いは、税金・公金の支払いが手数料無料で利用できる

LINE Pay請求書支払いは原則、手数料無料です。

Yahoo!公金払いで税金・公金を支払う方法は、所定の手数料がかかるためLINE Pay請求書支払いのほうが手数料分オトクになるケースが多々あります。

③家から出ることなくスマホひとつで税金の支払いが可能

LINE Pay請求書支払いなら自宅にいながらにして、税金・公金の支払いが可能になります。

改めて記述することではないかも知れませんがスマホのコード決済ならば外出することなく支払いが行なえます。

LINE Pay請求書支払いの対象範囲が拡大するまでは、税金・公金払いは電子マネーnanacoにクレジットチャージして支払う方法が節約術として主流でした。

しかし、nanacoの場合はクレジットチャージしてセブンイレブンまで出向く必要がありますので、LINE Pay請求書支払いは手元に請求書とスマホがあればその場で「秒」で完結するため、メリットが大きいといえます。

問題はたまるポイントがLINEポイントであること

LINE Pay請求書支払いは、次々と支払い先が対応していっているのでいずれはあらゆる税金・公金を網羅していくのだと思います。

ですがまだすべてを網羅したわけではないので、Yahoo!公金払いを併用すべき部分では併用してカバーしたほうが良いでしょう。

当方の住んでいる地方自治体は以下の支払いでLINE Pay請求書支払いに対応していましたが、やはりYahoo!公金払いに比べて手薄です。

・住民税
・固定資産税
・軽自動車税
・国民健康保険税
・後期高齢者医療保険料
・保育所利用料
・町営住宅使用料

 

また税金・公金払いの還元率は、LINE Pay請求書支払いはランクさえ高ければ最大3%と高いのですが、LINEポイントの使い道が限られる点が大きな欠点です。

LINEポイントは、LINEのサービス上で利用したり、LINE PayでLINEポイントをショッピングなどに使っても、利用したポイントに対する還元率は0%です。

しかしLINEポイントを他のポイントサービスに交換する手段はありません。

LINEポイントを有効に活用しようと考えた場合、それ以上の価値を産まない消費に使ってしまうよりは、現金化したほうが自由度は高いです。

現金化するには、LINE証券を利用して、ポイントを一旦LINE Pay残高にしてから、自分の銀行口座に手数料176円を支払って振り込む必要があります。

LINE Pay請求書支払いで税金・公金を支払うと結構なポイントが貯まりますが、現金化するのがなかなか手間がかかります。

ところがYahoo!公金払いを介したJQ CARD エポスゴールドの支払いで貯まるポイントはJRキューポです。

>>【関連記事】LINEポイントを現金化する方法とLINEポイントの有効な使い方まとめ

JRキューポは便利なポイントハブ

JRキューポ」は聞き慣れないポイント名ですが、このポイントサービスは様々なポイントに交換できる優れたサービスです。

JR九州管内でJR九州を利用されているのであれば、SUGOCAへのポイントチャージで利用方法がオススメですが、JR九州管内在住でなくてもメリットを得られるのが「JRキューポ」の最大のメリットです。

そのメリットとは「JRキューポ」は、以下の4つのポイントに等価交換できるためポイントハブとして機能するからです。

  1. エポスポイント
  2. Gポイント
  3. Pontaポイント
  4. Tポイント

4つの交換先はそれぞれメリットがありますので、自身の環境に応じて便利に使い分けができます。

①エポスポイント

エポスポイントへの交換は、3営業日程度で完了します。

エポスVisaプリペイドカードにポイントをチャージすれば、Visa加盟店で0.5%のキャッシュバックで利用することが可能です。

これならポイントの価値を0.5%ですが高められます。

エポスポイントはゴールド会員であればエポスポイント投資の利用が可能になりますが、利用できるポイントは少なめですので、tsumiki証券の利用でカードを利用しながら資産形成していけば、必ずではありませんがポイントを投資に使うことで将来の価値を高められる可能性があります。

>>【関連記事】エポスゴールド・プラチナ会員が利用できる「エポスポイント投資」

②Gポイント

JRキューポGポイントに交換するとかなり途がひらけます。

Gポイントはポイント交換サイトの一つで実に多彩な交換先があります。

しかしオススメは、Tポイント4%増量交換ルートの活用です。

>>【関連記事】Tポイントを増幅するポイント交換ルートとTポイントの使い道

Tポイント交換ルート

Gポイントは、さまざまなポイントに交換できるポイント交換サイトですが、JRキューポをGポイントに交換し、さらにGポイント三井住友カードのポイントプログラム「Vポイント」に交換でき、ポイント交換サイト「PeX」に等価交換できます。

ECナビの「ウエル活Tポイント交換特典」にエントリーして、ECナビの条件を満たして「PeX」からTポイントに交換すると4%増量できます。

さらにTポイントはJRキューポに等価交換できますので、上限はありますが無限ループで増えていく裏技が完成します。

Vポイント」は三井住友カードを保有していないと使えませんので、まだ未保有の方は大規模な新規入会キャンペーンが行われていますので、それにいち早く乗ったほうが良いと思います。

>>【関連記事】先進的な三井住友ナンバーレスカード(NL)の申込みでお得なポイントサイト

③Pontaポイント

Pontaポイントに交換するメリットは、大規模なポイント還元キャンペーンを繰り出しているauPAYの残高に交換する方法と、auPAYマーケット限定で利用できるポイントに交換する方法があります。

auPAYマーケット限定で利用できるポイントに交換すると10~50%など異常なほど増量していますので、ポイントの価値が大いに高まります。

オススメは、毎月13日の「モッピーの日」に、モッピー経由でauPAYマーケットでショッピングすることで、通常時は1%のポイント還元が直近では7%にまで高まっていましたのでポイントを2重どりする機会としては最適だと思います。

>>【関連記事】毎月13日は【モッピーの日】auPAYマーケットが超オトク

④Tポイント

ECナビの「ウエル活Tポイント交換特典」を活用した、Tポイント交換無限4%増量ルートで利用するため、直接Tポイントに交換するメリットはありませんが、Tポイントにするとウエルシア薬局では、毎月20日のお客さま感謝デーでTポイントを1.5倍の価値で利用できます。

通称「ウエル活」です。

Tポイントを投資という形でも利用できます。

Tポイントが利用できる投資はSBIグループの中で以下のように分けられています。

この中でオススメは、ローリスク・ハイリターンな「トラインアングルトラップトレード」で投資に振り向けるのがオススメです。

>>【関連記事】【Tポイント投資】ネオモバFXによる3すくみトラリピのやり方

 

現金化する場合でもネオモバFXは優秀で最短翌日にはTポイントをコストを掛けずに現金化することが可能です。

>>【関連記事】Tポイントを高速で現金化できるネオモバFXの利用方法

ネオモバ口座開設キャンペーン
↓↓↓

Tポイントを使ったFX取引・Tポイントの現金化に便利なネオモバFXは、2021年1月1日~3月31日の期間、ネオモバFX」口座開設&1取引でTポイント1,500ポイントプレゼントキャンペーンを行っています。

スプレッド訴求

まとめ

税金・公金の支払いは、Yahoo!公金払いLINE Pay請求書支払いの併用がオススメですが、LINE Pay請求書支払いで得られたLINEポイントは、利用手段があまりなく現金化するのに最低176円かけて口座に振り込む作業が必要になります。

そこを考えると、Yahoo!公金払いを介してJQ CARD エポスゴールドで支払うと、たまるポイント「JRキューポ」が様々なポイントに交換できてあわよくば増量できる方法が多彩ですので、LINE Pay請求書支払いでできない支払先をカバーするためにYahoo!公金払いを併用しても良いですし、ポイ活するために戦略的にYahoo!公金払いを使っても良いと思います。

JQ CARDエポスゴールドは、直接は申し込めません(エポスカードからスタートです)。

JQ CARD エポスゴールドは、直接申し込むことはできません。

一旦、エポスカードをポイントサイト経由で申し込んで、公式サイトからのポイントと、ポイントサイトからのポイントなどの特典を受け取ってからJQカードエポスを申し込むと自動的に切り替えとなります。

その後のインビテーションは、半年程度・50万円以上の利用により、インビテーションがくる傾向にあります。

選択するポイントサイトは、日々変動しますが、常時高いポイント還元を実現しているのは、ハピタスです。

関連記事

エポスカードは、インビテーションを受けてゴールド以上のランクになると突出して高還元率のクレジットカードになります。このエポスカードを申し込む際は、ポイントサイトを経由して申し込むことで公式サイトからの2,000ポイントに加えて、ポイ[…]

ハピタス経由でエポスカードを申し込んでポイントを総取りする方法

ハピタス新規登録キャンペーン
↓↓↓

ポイントサイト「ハピタス」への登録は無料で、下記のバナー経由の登録と7日以内の500pt以上の広告利用で400円相当のポイント、先着2,000名の方に500円相当のAmazonギフト券プレゼントです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法


最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。