auユーザー以外でも活用できるau WALLET プリペイドカード

2020年2月から3月にかけて大規模な還元施策を打ち出している「au Pay」ですが、「PayPay」や「d払い」に比べ普及が遅れていたため、不明点が多いスマホ決済でした。

その遅れを取り戻すために、大規模な施策を行ってきているわけですが、もともと通信大手であるため資金量が豊富なため、この先も次々と施策を打ち出してくれることが期待されます。

そうなると使いこなさないわけには行かないので、この機会に「au Pay」の基本的な仕組みを抑えておきましょう。
特にauユーザー以外の方が、どのように活用していけばよいのかまとめておきました。

au Payの仕組み

au Pay」は通信大手auが運用するスマホ決済サービスです。
au Pay」の残高にチャージし、その残高でコード決済する仕組みです。
Google Pay・Apple Payのような非接触決済は搭載していません。

au Pay」の仕組みが優れている点は、「au WALLET」という残高に決済が統一されていることです。
例えば、楽天ペイは登録したクレジットカードで決済されますが、「楽天キャッシュ」という別の概念の残高があり、銀行・カードからチャージして利用し、他の利用者へ送金する事もできます。
同じ通信大手「ドコモ」の「d払い」も同じように登録したクレジットカードの決済と、「ウォレット」と呼ばれる残高で決済ができ、ウォレットの残高はATMで引き出すことも、送金することも可能です。
同じく「PayPay」も同様です。
ですがこれだと管理する残高がバラバラになり管理しにくくなります。
ですが、「au Pay」は決済するのは、「au WALLET」という残高に決済が統一されており、比較的管理しやすい仕様となっています。

さらに有利な仕様としては、この「au WALLET」の残高は、「au Pay」と「au WALLET プリペイドカード」と残高が同一という優れた仕組みになっています。

これにより、万一「au Pay」非対象店の支払いがあるとしても、MasterCard加盟店であれば、「au WALLET プリペイドカード」でカード決済することが可能です。

この仕組は以下の図で示してみました。

au Payのポイント

①残高にチャージするクレジットカードは主にMasterCardとなります。
 ・Visaも一部チャージ可能で、エポスカードは対応しています。
 ・高還元率カードのJQ CARD エポスゴールドをチャージ用カードとして登録できます。

②残高にチャージできる銀行は「じぶん銀行」のみ。その他の残高チャージは、セブン銀行ATM・ローソン店頭

③還元されるau WALLETポイントは通常・期間限定の区別なく付与され、残高にチャージできるためdポイント・楽天ポイントと比べて価値が高い。

登録できるクレジットカードはMasterCardはすべてできますが、VISAが一部の対応となっているため、手持ちのカードでもできない場合がありますね。
ですが、このブログでも何度かおすすめしているJQ CARD エポスゴールドの活用で、カードによるチャージ自体で2.0%の還元率に加えて、「au Pay」と「au WALLET プリペイドカード」はそれぞれ基本還元率は0.5%の還元率ですので、常時2.5%の還元率で利用することができます。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]

au Payはauユーザー以外でも利用できる

au Pay」の現状の利点は、auユーザー以外でも活用でき、大きな還元率の差がないことです。
唯一いえば三太郎の日ですが、現状の大規模還元施策が継続している期間は、ほぼ関係ない状態になっていますね。

au Pay」をはじめて利用する場合は、au IDを新規登録することになります。
すでに保有している方は、au IDでログインし、初めての方はau IDを新規登録します。

au IDはauユーザー以外でも取得できます。

ですので大規模還元施策が期待される「au Pay」はやらないのは重大な機会損失だと思います。

関連記事

ここのところキャッシュレス決済の大規模還元施策は低下気味でしたが、3大キャリは勢はやはり資金・収益源が分厚いですね。今回は3大キャリアのauが運営するau Payが20%の大規模施策を打ってきました。早速ですが、今回のキャンペーンの概要で[…]

3大キャリアの一角auが運営するau Payが20%の大規模施策を打ってきました。

au WALLET プリペイドカードは、auユーザー以外は「じぶん銀行」口座が必要

一方で「au WALLET プリペイドカード」は、コード決済を採用していない実店舗では、MasterCard加盟店であれば利用可能と幅広い利用が可能です。

ただし、「au Pay」の大規模な還元施策とは全く別であるため、キャンペーンの恩恵等はあまり期待できません。

au WALLET プリペイドカード」は、au携帯電話またはauひかり/auひかりを契約したau IDが必要ですが、auユーザー以外は「じぶん銀行」口座と紐付けたau IDが必要です。

Google Pay・Apple Payへの対応
au WALLET プリペイドカード」Google Payは非対応・Apple PayQUIC Payで対応しています。

したがって、「au WALLET プリペイドカード」を実装すれば、カード決済はプリペイドカード、コード決済はau Pay、非接触決済はApple PayQUIC Pay)と多彩な決済方法に対応できます。

また「au WALLET」アプリではユーザー間での送金などにも対応しており、一つの残高一括管理し様々なことをこなせる点で、同じウォレットアプリ「Kyash」に伍する利便性です。

関連記事

Kyash(キャッシュ)株式会社が発行するプリペイドカードKyashはVISAプリペイドカードでこのプリペイドカードに保有するカードからチャージし利用するとカードのポイントは満額付与され、Kyash自体の還元率も1%と高率で還元率を高めら[…]

残高へのチャージはカードではなく「au じぶん銀行」からのチャージがおすすめ

コード決済が他の決済手段に比べて優位なのは、銀行からのチャージによる残高であればクレジットカードが途中に介在しないため日本の高額なクレジット決済の手数料体系からは外れます。
そのためカードよりは比較的優位な手数料体系を提示できるはずです。

今回は「au Pay」の大規模施策に連動して、2/9に名称を「au じぶん銀行」へ行名変更し、「au Pay」のau WALLET残高へのオートチャージに対して、ユーザーにau WALLET ポイントを還元する施策を打ってきます。

キャンペーン概要は、
・タイトル:行名変更記念キャンペーン
・期間:2020年2月10日~3月29日
じぶん銀行口座から「au Pay残高へのオートチャージ
・「au Pay」による買い物利用
・毎週50名に10万ポイント還元(合計350名)
・ポイント付与は2020年4月末

au Payだけでも爆益なのですが、さらに「au じぶん銀行」のキャンペーンも当選したら最高ですね。

まとめ

2020年春に展開されるウォレットアプリの新カード「Kyash Card」も非常に素晴らしいサービスですが、大規模なキャンペーンを次々と打ち出している「au Pay」の残高を共有する「au WALLET プリペイドカード」も利用者にカード決済・コード決済・非接触決済を提供できるため家計の管理としては「Kyash Card」にも劣らない利便性もあると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村