auカブコム証券×au PAY カードのクレカ投信積立2022!毎月2,500P製造マシーン

auカブコム証券×au PAY カードでクレカ投信積立が2022年3月28日からスタートしました。

クレカ決済で1%還元ですが、auユーザーなら+4%の最大5%、UQモバイルユーザーなら+2%の最大3%という破格の内容です。

さすが高額なスマホ利用料を貢いでくれるユーザーを多く抱え、営業利益も不況真っ只中でも1兆円もあるKDDIですね。

いくらでも気前よくポイントを稼がせてくれます。

クレカ投信積立で獲得したポイントは、真面目に積立投資しても良いですし、即売却して現金化してポイントだけ稼ぐことも可能です。

また稼いだポイントは100円以上1円単位で投信の購入に利用できますので、これも投信購入→即売却して現金化することも可能です。

auカブコム証券の口座開設は、ハピタス経由で口座開設&100円以上の取引で7,500円相当のポイントが獲得できますが、auカブコムFX案件からの開設なら総合口座・FX口座を一緒に開設で20,000円相当のポイントが獲得できる爆益案件です。

auカブコム証券の口座開設はハピタス経由FX口座開設で2万円相当のポイントGET
3.5

auカブコムFXバナー

①3月28日からau PAY カードによるクレカ投信積立で1%還元+au回線4%=最大5%還元!
②国内株式手数料は約定代金100万円まで手数料無料・米国株式も業界業界最安クラス
③auカブコム証券で購入した投資信託の評価価格の70%相当がauカブコムFXの証拠金として活用できます。
■口座開設はハピタス経由の口座開設&100円以上の取引で7,500円相当のポイントがもらえます。
■auカブコムFX広告からなら総合口座とFX口座同時開設で20,000円相当の爆益案件です。

auカブコム証券×au PAY カードによるクレカ投信積立は最大5%のポイント還元!

2022年3月28日からはこの「auPAYカード・auPAYゴールドカード」でauカブコム証券でクレカ投信積立がスタートしています。

内容はやっぱり金満KDDIだけあって、auユーザーなら最大で5%もポイントを付与してくれます。

auカブコム証券クレカ投信積立

といってもクレカ投信積立は月5万円までの設定が法律上最大値なので、月5万円×5%=2,500P(Pontaポイント)が獲得できるのが最大値ですね。

このクレカ投信積立の対象カードが、今回紹介している「auPAYカード・auPAYゴールドカード」です。

とくにau回線では+4%、UQ mobileでも+2%もの追加還元(終了日未定)であるため、格安スマホ派の方でもUQ mobileに乗り換えたくなっちゃいますね。

他の有力なクレカ投信積立サービスは他の証券会社でも次々とリリースされており、以下のようにSBI証券マネックス証券auカブコム証券の三つ巴の状態になっています。

SBI証券 マネックス証券 auカブコム証券
カード決済 0.5%~2% 1.1% 1%
回線保有 au回線+4%・UQ回線+2%
合計 0.5%~2% 1.1% 1~5%

携帯電話事業とのコラボレーションは他の証券会社では真似できないので、auカブコム証券の圧勝状態になっています。

関連記事

auカブコム証券というと楽天証券・SBI証券の2大ネット証券に及ばないばかりか、3番手のマネックス証券にも各サービス面でも劣っているというなかなか微妙な証券会社でしたが、KDDIの汲めども汲めども尽きぬがごとく湧き出る資金力は凄まじく著しく[…]

auカブコム証券の手数料が一日定額100万円まで無料化など大幅リニューアル!

それだけau回線を契約してもらったら儲かるってことなんでしょうけど、非auユーザーは諦めるしかないかといえばそうでもなくて、ダブルSIMで運用できるスマホでeSIMで通話は楽天モバイルで設定し(通話し放題)、データはUQ mobileにすれば、楽天モバイルのデータは使わないので料金0円、UQ mobileのデータ3GBで1,628円で運用できます。

UQ mobileの申込みは、ハピタス経由で3,000円相当のポイントが獲得できます。

ハピタスへの登録は、このサイトからなら特別紹介特典として合計1,100円(登録で100円&500pt以上の広告利用で700円+登録から7日以内のおすすめショップ利用でさらに300円)が獲得できます。

au PAY カードなら一般とゴールドどっちが良い?

ではこれから「au PAY カード・au PAY ゴールドカード」を申し込んでauカブコム証券の口座開設をしようという方にとって、「au PAY カード・au PAY ゴールドカード」どっちが良いのか?という問題がありますね。

結論から書くと、auユーザーならau PAY ゴールドカードは年会費がかかりますが、利用料に対して11%ポイント還元されるため容易に元が取れますのでおすすめです。

au PAY カード・au PAY ゴールドカード」との違いを把握しやすくするために表にしてみました。

au PAY ゴールドカード au PAY カード
年会費 11,000円 1,375円(初年度無料、1年利用があれば翌年も無料)
還元率 1% 1%
新規入会特典 20,000ポイント 10,000ポイント
au利用(携帯電話・auひかり)還元率 11% 1%
auPAY残高チャージ 2% 1%
auでんき・都市ガス for au 3% 1%
auPAYマーケット 最大18% 最大16%

UQ mobileを含む非auユーザーなら実質年会費が無料なau PAY カードが良いでしょう。

auPAY残高に2%の還元率でチャージ、auPAYマーケットで8%還元される「auPAYゴールドカード」は、新規入会特典の20,000Pontaポイントに加えて、ポイントサイト「モッピー」経由の申込みで2,000円相当(一般カードでも2,000円相当)のポイントが獲得できます。

モッピーはこのサイトからの新規登録と入会後5,000P以上のポイント獲得で2,000円相当のポイントプレゼントです。

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

クレカ投信積立で購入した投資信託は即売却して現金化・ポイント稼ぎも可能

auカブコム証券では投信の保有額に応じたポイントの付与に関しては残念ですが、SBI証券には勝てません。

SBI証券では投信マイレージというプログラムがあって、保有額に応じてポイントが獲得できます。

SBI証券投信マイレージ

したがって保有するならSBI証券に一本化したほうが、メリットがあります。

関連記事

SBI証券の口座開設をポイントサイト経由でもっとも高還元で口座開設する方法について解説します。 ネット証券の中でも口座開設数・NISA口座数がもっとも多い証券会社がSBI証券です。 投資をこれから始めるにあたって、いつでもどこでも取引が[…]

SBI証券の口座開設ならポイントサイト経由で!ハピタス経由で17,100円もらえる!

ですのでここでは、クレカ投信積立で購入した投信は即売却して、ポイントだけ獲得したほうが良いでしょう。

購入する投資信託は売却する間に価格が下落したりするリスクがありますので、株式を投資対象とした投資信託ですと値上がりするメリットもありますが、値下がりするデメリットもあります。

そのためもっとも値動きが小さい国内債券インデックスファンドを選択し、売却時に手数料を徴収されない「信託財産留保額」がない投資信託を選択します。

※国内債券インデックスとは、国債・地方債・特殊債・社債を中心に投資して、NOMURA-BPI(国債)という債券を対象とした投資収益指数に連動するように組成されたインデックスファンドです。

今回投資対象として活用しようというのが、eMAXIS Slim国内債券インデックスというファンドで、保有コストである信託報酬率は0.132%と非常に低く、国債(83.2%)・地方債(4.8%)・特殊債(6.5%)・社債(5.1%)という構成比で投資されいるため価格変動が非常に少なく、売却のペナルティとされる信託財産留保額も0円という神のような投資信託です。

こうして価格変動のロスが発生するリスクは殆どなく、auユーザーの場合なら月間5万円×5%=2,500P(UQモバイルユーザーは1,500P)、年間では最大30,000Pも稼ぐことが可能になります。

こうやって稼いだポイントも投資信託の購入に使えますので、現金化が可能です。

auカブコム証券の口座開設は、ハピタス経由で口座開設&100円以上の取引で7,500円相当のポイントが獲得できます。

ハピタスへの登録は、このサイトからなら特別紹介特典として合計1,100円(登録で100円&500pt以上の広告利用で700円+登録から7日以内のおすすめショップ利用でさらに300円)が獲得できます。

Pontaポイントの現金化の方法

Pontaポイントをほぼ現金化する方法は、auカブコム証券で行えばほぼ等価で交換が可能です。

手順は3段階ですので、順に確認しましょう。

  • 【手順1】:auカブコム証券でPontaポイントで投資信託を購入する
  • 【手順2】:購入した投資信託を売却する
  • 【手順3】:売却した資金を出金する「auじぶん銀行(オススメ)・三菱UFJ銀行・イオン銀行は無料」

auカブコム証券でPontaポイントで投資信託を購入する

auカブコム証券は、稼ぎ倒したPontaポイントで投資信託が購入できます。

さらに購入単位は100円以上で1円単位で購入できますので、大きな単位でなくても現金化できます。

口座開設を行ったあとは、auID登録を行えばPontaポイントの保有数が反映されて、証券口座でPontaポイントを使って投資信託を購入できるようになります。

ここでPontaポイントを現金化するのにもeMAXIS Slim国内債券インデックスというファンドという神ファンドを使います。

auカブコム証券にログインして「お取引」にカーソルをおきます。

auカブコム証券

お取引 → 投資信託 → 買注文

すると画像のような画面が展開されますので、「投資信託」→「買注文」をクリックします。

投資信託買注文

検索バーに「国内債券」と入力し検索

ファンド名の検索バーに「国内債券」と入力して「検索する」をクリックします。

国内債券

eMAXIS Slim 国内債券インデックスを選択します。

他の国内債券インデックスでも良いですが、売却するときに徴収される「信託財産留保額」がない投資信託を選択してください。

eMAXIS Slim国内債券インデックス

次のページで「eMAXIS Slim国内債券インデックス」の基本情報が出てきますので、右上の累投型・「買付」をクリックします。

目論見書などを閲覧します。

投資信託を購入する際には、目論見書をチェックしないと購入できませんので、一度はPDFを開いて閲覧状態にします。

目論見書確認

購入する金額を指定して全額ポイント利用します。

購入金額は100円以上で1円単位で購入できます。

例えば、画面では115ポイントあるので、115円分は購入でき、ポイント利用時はポイント利用→☑全額利用にチェックを入れ「確認画面」へをクリックします。

Pontaポイント利用

内容を確認して間違いなければ、auカブコム証券のパスワードを入力すれば完了です。

auカブコム証券で購入した投資信託を売却する

購入指示を出して約定した後、すぐに売却指示を出しています。

2営業日後には売却指示が約定していました。

4円ほど損失がありましたので、率としては▲0.2%ほど今回は損失があったことになります。

債券は株式が下落している最中では債券に資金が逃避するため、値上がりしやすいですが変動はほんの僅かですので、狙ってプラスにしたりするというのはほぼムリゲーだと思います。

しかし約定していてもすぐに引き出せるわけではなく、4営業日ほど経過しないと「受け渡し」にならず、引き出したりすることができません。

投資信託売却

またイチイチ引き出すのが面倒だったり、引き出すのを忘れていたりしそうなので、是非活用したいのがauじぶん銀行です。

auじぶん銀行auカブコム証券を連携させれば、夜間に自動的にauじぶん銀行に出金されます。

また一定の条件を満たしていれば、auじぶん銀行では、ATM利用無料回数・他行振込無料回数が一定数付与されるので、Pontaポイントを現金化した際にこの資金をメイン銀行などに振り込む際に便利なのです。

関連記事

auじぶん銀行の優遇プログラムは、「じぶんプラス」という名称で2022年4月から大幅に改善されます。 auじぶん銀行のサービスの利用毎にスタンプがたまり、スタンプ5つためるとステージ判定がプレミアムになり、最大でATM利用回数・他行振込回[…]

auじぶん銀行「じぶんプラス」攻略法2022!毎月Pontaポイント180P製造マシーン

売却した資金を出金する

auじぶん銀行auカブコム証券を連携させる仕組みを「auマネーコネクト」と呼びますが、これを設定すると株式・投資信託を購入するときに証券口座に資金が入っていなくても、auじぶん銀行口座内の預金から充当して購入できます。

また資金を利用しなければ、未使用の資金はauじぶん銀行に自動的に戻る仕組みです。

auマネーコネクト

そのため、売却した資金は何もしなくても自動的にauじぶん銀行口座に自動的に戻りますので、特に作業は必要ありません。

「auマネーコネクト」設定をしていれば、auじぶん銀行の普通預金金利は0.1%へアップ+au PAYとの連携で0.05%アップ+au PAY カード利用代金口座引き落としで0.005%アップ=合計でゆうちょ銀行の200倍の0.2%という破格の金利になります。

auカブコム証券×au PAY カードのクレカ投信積立2022!毎月2,500P製造マシーン

auカブコム証券でPontaポイントでクレカ投信積立とポイント投資を継続して行っても良いと思います。

ですが正直、SBI証券の投信マイレージのほうが得られるポイント数が多いので、保有はSBI証券への一本化が望ましいと思います。

そのため今回は、クレカ投信積立で購入した投信の売却と稼いだポイントの現金化について解説しました。

SBI証券の口座開設は、ハピタスからの口座開設でたくさんポイントを稼げますので、登録して必ず経由して口座開設しましょう。

ハピタスへの登録は、ハピタスへの登録は、このサイトからなら特別紹介特典として合計1,100円(登録で100円&500pt以上の広告利用で700円+登録から7日以内のおすすめショップ利用でさらに300円)が獲得できます。

国内株式個人取引シェアNo.1「SBI証券」
4.5

①アクティブプランなら株式取引合計100万円まで手数料無料
②Tポイント・Pontaポイント・dポイントを利用した投資信託の購入が100円から可能
③三井住友カード決済で投資信託の積立投資が0.5~2%の還元率
④単元未満株の取引も2021年11月から実質無料化
■口座開設はハピタス経由の口座開設で11,000円相当のポイントが獲得できます。