楽天銀行ハッピープログラムで対象取引を増やせるPring(プリン)の使い方

送金アプリpring(プリン)は無料でユーザー間の送金が無料できるアプリです。

2020年7月の改定までは、セブンイレブンATMからカードがなくても出金することも可能だったので、自身のメイン銀行がPring(プリン)に対応していればセブンイレブンさえあれば好きなときに【メイン銀行】→【pring(プリン)】→【セブンATM】で出金が可能でした。

 
cohamizu
これが以前は1日1回は無料だったのですが、月1回に減少したので、「とっても便利!」とは言い難くなっていますね。
 

資金力に限りのあるスタートアップ企業だからしょうがないかな~と思っていたのですが、この送金機能に注目したGoogleがPring(プリン)の買収に乗り出したらしく、実現すると資金力が桁違いなだけにユーザーの利便性も今後向上する可能性がでています。

ですのでpring(プリン)の一挙手一投足には今後も目が離せないのですが、依然として使っていきたいのが楽天銀行ハッピープログラムの対象取引を稼ぐために利用する方法です。

楽天銀行ハッピープログラムの対象取引としてはチャージで3回、出金で1回までが対象取引にカウントされ、楽天銀行から4×3ポイント=12円相当のポイントがもらえます。

楽天銀行ハッピープログラムの攻略には最低月間20件の対象取引をこなす必要があるため、pring(プリン)の4件では当然足りませんので、後は楽天証券を使った単なるお金の出し入れだけで6件、ハピタスからのポイント交換で10件で攻略する方法もあわせて説明します。

また決済手段のお金を送金する方法ならpring(プリン)を使わなくても、6gramというウォレットサービスから送金が可能になりましたので、代替手段としてこちらも説明します。

楽天銀行へのポイント交換で対象件数を稼げるポイントサイト「ハピタス」は、楽天証券の口座開設を経由して行えば、4,000円相当のポイントがもらえます。

株式取引・つみたてNISA・米国株式取引なら「楽天証券」
4.5

楽天証券

①国内株式手数料100万円まで無料!
②投資信託の自動積立を楽天カードで決済すると1%ポイント還元!もらったポイントは投資信託の購入に使えます。
③米国株式の手数料も格安で利用できます。
■口座開設は「ハピタス」経由で4,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大1,000円相当のポイントプレゼントです。

pring(プリン)の2020年7月以降の手数料体系をおさらい

pring(プリン)の手数料体系としては2020年7月以降は以下の通りになっています。

対象 入金(チャージ) 出金
全銀行 1日上限50万円 1日上限50万円
月1回まで無料(2回目以降は220円)
楽天銀行 月3回まで無料(4回目以降は220円) 1日上限50万円
月1回まで無料(2回目以降は220円)
セブン銀行ATM 1日上限10万円 1日上限10万円
月1回まで無料(2回目以降は220円)

セブン銀行ATMからの現金引き出しは、キャッシュカードが無くてもできるので、本当に技術の進化を実感しましたが、これも月1回となっておりかなり厳し目になっています。

Googleの買収でサービスはどう変わるのか?

ニュースなどでは決済アプリとしてのpring(プリン)をGoogleが買収したと思われていますが、着目しているのは間違いなく送金機能です。

Google Payではアメリカ・インドで個人間送金ができますが、日本での展開はまだ行っていません。

それを手っ取り早く実現するためには、pring(プリン)の買収は一番の早道だと思います。

ただ手数料体系が緩和されるのかどうかはわかりませんし、アメリカ・インドでは少なくとも有料です。

ですが力を入れてくるのは間違いなく個人間の送金機能ですのでスタート時にはかなり緩和された条件で再スタートしてくるかも知れません。

決済手段としてはGoogle Payではすでに「Google Pay balance」というGoogle Payの残高をNFCで仮想Visaで支払えるサービスがスタートしており、pring(プリン)残高が仮想VisaでNFCによる非接触決済・Visaによるネット決済に利用される可能性があると思います。

こちらは憶測にすぎませんので、今後の進展を待ちたいところです。

関連記事

LINEなどのメッセージアプリなどでメッセージをやり取りするように気軽にお金を送りあったりできればすごく便利なのですが、当方の身の回りでは依然として現金のやり取りが主流です。 PayPayを始めとして決済アプリがこういった送金機能を装[…]

pring(プリン)で楽天銀行ハッピープログラムの対象取引を増やす

楽天銀行ハッピープログラムは、利用者向けの優遇プログラムで口座残高・対象取引回数で5段階のステージが決まり、月間のATM利用無料回数・他行振込無料回数が決まり、取引回数ごとに付与される楽天ポイント付与倍率も決まります。

楽天銀行ハッピープログラム

上位ステージのスーパーVIP・VIPになれば、対象取引件数1件毎に最大3ポイント付与されますので、口座残高100万円以上か対象取引回数が20回以上であれば、対象取引1件につき3ポイント付与されるVIPランクになります。

それを狙ってpring(プリン)では、手数料無料の範囲である入金(チャージ)で3回・出金1回の計4回分の対象件数を稼ぐというのが基本戦略になってきます。

対象となるのは「支払い」です。

ですがVIPランクには20件の対象取引が必要ですので、あと16件足りません。

そこで非常に簡単な方法である楽天証券との口座連携機能「マネーブリッジ」を利用する方法で6件とハピタスから稼いだポイントを小分けにして入金する方法で10件、件数を稼いで合計20件にする方法として説明していきます。

  1. 支払い・・・pring(プリン)×4件
  2. 楽天証券・・・楽天証券×6件
  3. 振込・入金・・・ハピタス×10件

それぞれの詳細について順に説明します。

関連記事

楽天銀行の最大のメリット「ハッピープログラム」の攻略方法について解説します。 楽天銀行のハッピープログラムとは、楽天銀行の優遇プログラムのことで、ATM利用回数が最大7回・他行への振込回数が最大3回無料となるメリットがあります。 ま[…]

楽天銀行ハッピープログラム攻略方法

支払い

支払いとは、クレジットカードの引き落とし件数や口座振替、スマホ決済のチャージなどでも対象取引回数にカウントされます。

ハッピープログラム支払い

多分、楽天カードの引き落とし分はあるんじゃないかと思いますが、pring(プリン)へのチャージはこの支払いの対象取引に該当します。

pring(プリン)の手数料のテーブルでは月3回まで無料(4回目以降は220円)でしたので、3回までチャージ作業をこなしておきます。

一方で出金に関しては、月1件までの出金は無料ですので、楽天銀行への出金は他行からの振込扱いになり、振込・入金で1件稼げます。

楽天証券

楽天証券では、マネーブリッジという口座間の連携手続きを行っていれば、入金して株式・投資信託などの証券を買わないままにすると、その資金が楽天銀行口座へ自動入金されます。

銀行口座に資金があったほうが金利がつくので、使わなかった資金はその都度、銀行口座に入金して金利の恩恵を受けられるようにしています。

楽天銀行ハッピープログラム楽天証券取引
月間で入金×3件と自動出金×3件で合計6件分が資金の出し入れだけで稼げます。

らくらく入金について

他の証券会社のクイック入金・即時入金にサービス内容が似ていますが、株式・投資信託などを購入する時、予め資金を即時証券口座に反映させるのが「らくらく入金」です。

この場合、マネーブリッジを設定しておくと必ずしも株式・投資信託などを購入しなくてもよく、そのまま入金した資金を使わないままにしていると自動で楽天銀行口座に入金されます。

つまり3件ほど「らくらく入金」で資金を入金し使わないままにしておけば勝手に入金され6件クリアになります。

自動入金(スイープ)

ちなみにマネーブリッジを設定しておくと証券口座に資金がない状態で株式・投資信託などを購入したら、楽天銀行口座から自動で不足分の資金を入金してくれ、もちろん対象件数にもカウントされます。

例えば楽天証券で株式・ETFなどを月3回でも購入すれば、楽天銀行口座から自動で資金が入金され余った資金が自動で銀行口座に戻ります。

具体的には、1口当たり3,450円前後で購入できてアメリカの代表的な株価指数S&P500に投資できる「iシェアーズS&P500米国株ETF」を3回購入すれば、値幅一杯分の資金4,110円前後が最初入金し、約定代金3,450円との差額分660円が楽天銀行口座に戻ります。

自動入金イメージ

このETFの価格は市場状況で変わってきますので、今回説明している金額には必ずしもなりませんが、月々1口3,450円×3=10,350円前後の資産形成もできて6件×3ポイント=18ポイントのポイントももらえますので、18÷10,350×100=0.17%分の利益をこれだけでも預金だけよりは遥かに稼げます。

楽天証券の口座開設は、ポイントサイト「ハピタス」経由の口座開設で、ハピタスから4,000円相当のポイントが獲得できます。

ハピタスへの登録は無料で、ボタン経由の登録と翌月末までの500pt以上の広告利用で1,000円相当のポイントプレゼントです。

振込・入金

ここで利用するのが楽天銀行法人口座からの入金です。

ポイントサイトで稼いだポイントを楽天銀行の自分名義の口座に振り込む時、楽天銀行法人口座から入金がされています。

このときに手数料がかからず、かつ少額からのポイント交換に対応しているのが、ポイントタウンハピタスです。

ポイントタウンなら100円単位から換金できるので一見良さそうなのですが、実際にはハピタスでほとんどポイント交換をしている状態です。

楽天銀行振込

なんでかというと、ハピタスのポイント交換は300円分からであるのと、ポイントを稼げるのは圧倒的にハピタスの方でリアルなことを書くと、16倍くらいの稼ぎに差があるからです。

その理由は、広告のポイントがハピタスのほうが圧倒的に高いことと、お友達紹介制度で得られる報酬でもハピタスのほうが圧倒的に高いことです。

高額なサービス広告のポイントがハピタスのほうが圧倒的に高い

まず広告のポイントがハピタスはポイントサイトの中でもダントツに高いです。

これは全く同じ時間帯で撮った画像ですが、見事に倍のポイント差になっていますね。

楽天カードbyポイントタウンポイントタウンで楽天カードを申し込んだ場合、90,000pt(=4,500円相当)
 
楽天カードbyハピタスハピタスで楽天カードを申し込んだ場合、9,000pt(=9,000円相当)
ポイントタウンのポイントの価値は20pt=1円、ハピタスは1pt=1円ですのでハピタスのほうがどれくらいもらえるのかわかりやすいです。

お友達紹介制度でもらえる紹介報酬(ダウン報酬)でもハピタスが圧倒的に高い

ポイントサイトでは、広告を利用してポイントを貯めるだけじゃなくて、そのメリットをブログやSNSで解説して、紹介URL経由で登録してもらうことで、紹介した方が獲得したポイントの5~数十%もらえます。

これをハピタスでは紹介報酬と呼ぶのですが、ハピタスの制度はポイントサイトの中でも最も優れています。

数字の上では報酬テーブルは以下のようになっています。

  ポイントタウン ハピタス
楽天市場・PayPayモール(Yahoo!ショッピング) ×:1年期間限定10% 10~40%
クレジットカード・FX案件 10% 10~40%
その他 10~50% 10~40%

一見大差はなさそうに感じますね。

しかし、ちょうどポイントタウンハピタスの紹介したお友達の数が同数の時期があったのですが、ハピタスでは1人あたり320円くらいの報酬をいただけた一方で、その時のポイントタウンの場合は1人あたり20円程の報酬でしたので16倍の開きがあったことになります。

実はポイントタウンは2021年7月に制度をリユーアルしたばかりで大幅に改善されたので、今後は違うかも知れません。

しかし誰しも広告のポイント還元が高い方を使いたいですし、数字の上では大差がなさそうな報酬制度でも、利用者の数が根本的に違ったり元々のポイント還元が違えば数字は相当変わってきます。

ハピタスなら楽天銀行ハッピープログラムを攻略しやすい

pring(プリン)関連で4件、楽天証券関連で6件、対象取引を稼げる勘定ですので、あとはハピタスで10件ほど振込を実現すれば良いですね。

ハピタスでポイント交換できる対象単位は300円分ですので、最低300円×10件=3,000円相当のポイントをコンスタントに稼げれば良いということになります。

ハピタスでは紹介した方の累計人数で紹介報酬率が決定されるようになっており、仮に100人の方にハピタスを紹介することに成功すれば、紹介報酬率は30%となります。

ハピタス紹介報酬テーブル

一人あたり1,000円相当の広告を利用してもらえたら、かなり楽観的ですが以下のように紹介報酬をもらえる計算になります。

  • 100人×(1,000円×30%)=30,000円

30,000円も、もしもらえたら3,000円分づつ振り込めば10件分の対象取引を簡単にクリアできます。

ですのでポイントサイトからのポイント交換による振込で対象件数を稼ぐならハピタスが一番だと思います。

ハピタスへの登録は無料で、ボタン経由の登録と翌月末までの500pt以上の広告利用で1,000円相当のポイントが獲得できます。

支払いに使うお金を送金する場合なら「6gram」で!

pring(プリン)でお金を送金をしても出金するときに月1回なので不便になっていますが、日々の消費に利用するお金を送金するのであれば、pring(プリン)じゃなくても便利なツールが登場しています。

それが6gramです。

6gramはクレジットカードでチャージした残高を受送金できる

6gramはMixiが運営するウォレットサービスで、リアルカードも発行できます。

6gram

肝心の還元率は0%ですが実は高い還元率で使えます。

先にリアルカードのスペックを確認しておきましょう。

発行手数料 600円
還元率 0%
国際ブランド VISA
非接触決済 Visaタッチ決済(GooglePay/ApplePayに登録しQUIC Payも可能)
3Dセキュア 不可(今年の夏に対応)
決済上限 ~10万円/月(本人確認済みの場合50万円)
チャージ上限 20万円(設定で10~50万円まで変更可能)
送金機能 ユーザー間で可

一番のメリットは、エポス陣営のゴールドカードの特典である「選べるポイントアップショップ」にMixiを選択して6gramにチャージすると、チャージ分がポイント3倍の1.5%還元となり、そのカードで年間100万円の利用があれば1%相当のボーナスポイントがもらえるため最大2.5%の還元率で6gramにチャージできることです。

他にもトヨタウォレットなどでポイント多重どりすれば3.7%もの高還元率でチャージできますが、それはキャンペーンを利用していますので、いつでも利用できるエポス陣営のゴールドカードの特典の方が安心感がありますね。

 

6gramではユーザー間でクレジットカードでチャージした残高を受送金できますので、家族に発行してもらって、お小遣いを渡すためとか、食費などを渡すとか家計を管理するのに向いていますね。

というもの6gramはプリペイドカードですので、残高以上は利用することが出来ないからです。

家族や仲間で利用するお金をグループカードで管理できる

もう一つの利点は、pring(プリン)は送金に特化したアプリですが、6gramは送金だけじゃなくて家族や仲間を紹介してグループカードを発行してそのグループカードにお金を集めて支払いを行うなんてこともできます。

割り勘

例えば、飲み会などが代表的な例で皆で割り勘の費用をグループカードに送金してそれで支払うことができます。

リアルカードが1枚あれば、自身のウォレットで支払うのかグループカードから支払うのか選べますので、支払先がQUIC Payに対応していなくてもカード対応になっていれば支払いえますので対象範囲が非常に広いです。

家族なら夫婦で共同で使う財布として、予算管理しながら使うのも良いでしょう。

6gramは招待制ですので、ご希望の方はtwitterでcohamizuまでDMをいただけましたら、招待いたします。

招待URLは、ひとつひとつ異なりますのでDMで返信いたしますので、DMを受信できるようにしておいてください。

関連記事

毎月毎回1.5%キャッシュバックキャンペーンでメチャクチャお得な「トヨタウォレット」。 街のお店の支払いがiD(Android)・MasterCardコンタクトレス(iPhone)なので、どっちも非対応のお店でどうするかという問題や、[…]

6gramのリアルカード登場。トヨタウォレットとの組み合わせが最適な最強プリカ誕生か?

【まとめ】楽天銀行ハッピープログラムで対象取引を増やせるPring(プリン)の使い方

pring(プリン)は月1回の出金までが無料という制約で一気に使いにくくなりましたが、圧倒的な資金力をもつGoogleが買収するのであれば、サービス内容の向上がで期待できますね。

特にGoogle Payとの融合が楽しみですが、決済用のユーザー間の送金については今現在では6gramを使っていったほうが良いでしょう。

楽天銀行ハッピープログラムの攻略は、pring(プリン)関連で4件、楽天証券関連で6件、ハピタスで10件でほぼOKだと思います。

ハピタスで10件までたどり着くまでお友達を紹介していくのが大変だと思いがちですが、メリットが少ないサービスではなくポイントサイトの中でトップのポイント還元をしてくるサイトを勧めているわけですので、取り組みやすいと思います。

まずは、自身で広告を利用してみて短期間で稼げた実績を載せながら説明していけば、紹介URL経由で登録していただける方は多くなると思います。

ポイントサイト「ハピタス」は紹介キャンペーンを行っており、このブログの紹介URL経由で登録し、翌月末までに合計5,000円以上の広告を利用すると1,000円相当のポイントプレゼントです。

ハピタスへの登録は無料で、このサイト経由の登録と翌月末までの合計500pt以上の広告利用で1,000円相当のポイントが獲得できます。

ハピタス10月紹介バナー300×300

>>ハピタスの紹介キャンペーンで紹介URL経由で新規入会特典をもらう方法