【2022年】dポイント交換15%増量キャンペーン年末年始に続いて3月もおかわりキャンペーン開催

例年ドコモは他社ポイントからdポイントへの交換に対し、増量キャンペーンを行っています。

過去には25%増量でしたが、2020年には15%増量と段々5%づつ増量ポイントが低下していたのでちょっと心配でしたが、2020年に引き続いて、2021年も様々なポイントを交換するだけで15%増量キャンペーンが開催されました。

これだけでも嬉しいのに年末年始に続いて3月に第二弾としてもう一回おかわりキャンペーンが開催されます。

通常はこういったキャンペーンは交換に対して付与されるポイントに上限が設けられているものですが、ドコモのdポイント交換キャンペーンでは上限がありません。

日頃ポイントサイトからのポイント交換などをこのときだけはdポイントにしておくと爆発的に利益を得られます。

しかもノーリスクですのでヘタな株式投資よりも儲かる点が嬉しいですね。

付与されるdポイントは期間・用途限定ポイントで使いみちは、後々記述しますが、3通りの使い方があります。

  1. 日々の支払い方法としてiDキャッシュバックで支払いに充当する
  2. 日興フロッギー+docomoで個別株・ETFの買付に利用する
  3. 毎月10日・20日のdショッピングデーで支払いに利用し20%還元を獲得する

今回は、キャンペーンの内容と獲得したdポイントが有効期限がある期間・用途限定ポイントなので、どうやったら有効に使えるのかを解説していきます。

オススメは、毎月10日・20日のdショッピングデーでポイント払いすると20%還元となるので一番メリットがあります。

ネットショッピングは、まだまだ公式サイトに直接アクセスしてショッピングされる方が多いのですが、実はポイントサイトに掲載している広告を経由して利用すれば、公式サイトからのポイントに加えてポイントサイトからもポイントが獲得できます。

dショッピングもポイントサイトで広告が掲載されており、オススメは経由するだけで1.2%ポイント還元される「ECナビ」です。

PeXの組み合わせでウエル活がはかどる(Tポイント収集)「ECナビ」
3.9

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

①業界最高水準の会員ランク制度でボーナスポイントは最大+15%
②Amazon経由でポイントが貯まる(カテゴリー限定)ポイントサイトです。
③コツコツ派にとって嬉しい結構稼げるアンケートのラインアップ

ECナビへの登録は90日以内の電話番号認証で150円相当のポイントプレゼント、さらにポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

2022年dポイント交換15%増量キャンペーンについて

dポイント交換増量キャンペーンは冒頭に記述したように例年行われているキャンペーンです。

期間としては例年年末に行われるので、それに向けてポイントを蓄積されてきた方も多かったと思います。

ポイント交換するだけで15%増量というのは、例えば全世界株式インデックスファンドに投資しても30年間の年率リターンは8%くらいなので、株式投資よりもメリットがあるということになります。

dポイント交換おかわりキャンペーン

どんなポイント交換と比較しても桁違いの増量率なのでポイ活の総決算ともいうべきイベントです。

dポイント交換増量キャンペーン概要

  • 期間:2022年3月1日~2022年3月31日
  • 増量率:15%
  • 条件①:dポイントカードの利用登録情報が完了している
  • 条件②:エントリーが完了している
  • 付与されるポイント:期間・用途限定ポイント(期間は3ヶ月)
  • 付与時期:2022年5月末

dポイントへ交換できるサイト・サービス

スタートは2022年3月1日からですが、一部のサイト・サービスでは開始時期が異なっています。

このサイトで良くオススメしているポイントサイトも3月1日からスタートしていますが、一番便利なポイント交換サイト「ドットマネー」も1日から対応しています。

2022年3月1日から交換に対応しているポイント交換サイト

利用しているポイントサイトがdポイント交換に対応していなくても、あるいは手数料がかかるとしてもドットマネーは大抵のポイントサイトの交換に対応し、手数料は無料なので、一旦ドットマネーに交換してからdポイントに交換すれば問題が解決されます。

関連記事

ドットマネーは、サイバーエージェントが運営する無料でポイントを交換できるサイトです。 ポイントの単位は1マネー=1円と非常にわかりやすいです。 このサイトを使えば、いろいろなポイントサイトで持っているポイントやアンケートサイトのポイ[…]

今月のドットマネー交換キャンペーンはQUOカードPayで最大40%増量です。

2022年3月1日から交換に対応しているポイントサイト

上記のポイントサイトの中でもECナビならAmazonの利用で商品出荷後の3日後にはポイントが加算され、加算されたポイントはPeX経由でリアルタイムでdポイントに交換できます。

このスピード感なら今からの参戦でも十分間に合いますね。

ただポイントが付与されるカテゴリーは、Amazonデバイス0.5%・Amazonファッション4%となっていますのでどちらかといえば靴・服飾・衣料品の購入のときに経由して利用したほうが良いですね。

関連記事

Amazonでショッピングをするなら、毎月のように開催されるタイムセール祭りや年に2回ある大型セールを利用したほうが、狙った商品が安く販売されていたり、ポイントアップされますので、セールの時を狙いましょう。 最近では、月一回のタイムセ[…]

Amazonファッションタイムセールはいつ?攻略方法も解説!

ECナビへの登録は、このサイト経由で新規登録し90日以内の電話番号認証で、150円相当のポイントプレゼントに加えて、ポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

獲得したdポイントの使いみち

dポイントへ交換したことで15%増えたdポイントをどのように活用するかですが、以下の3つが利用しやすいと思います。

  1. 日々の支払い方法としてiDキャッシュバックで支払いに充当する
  2. 日興フロッギー+docomoで個別株・ETFの買付に利用する
  3. 毎月10日・20日のdショッピングデーで支払いに利用し20%還元を獲得する

ちなみに「d払い」の支払いにポイントを利用してしまうと、ポイントが消化されるだけで利用に対してはポイントはつきません。

そのため消費に利用するにしてもポイントが付く方法のほうが、価値を高めることができます。

①日々の支払い方法としてiDキャッシュバックで支払いに充当する

支払いに利用したポイントにもポイント還元される支払い方法は、iDキャッシュバックです。

メリットをざっくり書くと、

  • iDキャッシュバックはdカードに付帯しているiDの支払いに充当できるサービスです。
  • 充当してもポイントは1%付与されるため有利な支払い方法です。

iDキャッシュバックの主な仕様は以下のとおりです。

  • dカードdカードGoldを保有し対象となるiDはdカードに付帯するiD
  • 交換上限は、月40,000ポイント(通常ポイント)
  • 月間に利用したiD利用額にキャッシュバック
  • 決済還元率は1%

以上のようにiDキャッシュバックはシンプルで還元率がまあまあ高い方法です。

d払い」でポイントを利用した支払い方法ではポイントは単に充当して消費されるだけでポイントはつきませんので、それくらいならiDキャッシュバックがいいですね。

少しでも増やしたい場合は、iDキャッシュバックが順当な方法です。

必要な物品を店頭で購入し、iD支払いを行えば、購入した店舗のポイントとiDに対してもポイントが付くため有利です。

②日興フロッギーで個別株・ETFの買付に利用する

日興フロッギー+docomoでは、dポイントを通常ポイント&期間・用途限定ポイントを株式の購入に利用できます。

ポイント利用は100ポイントからでも買付可能です。

個別の株式の購入はもちろんですが、S&P500や全世界株式を対象としたETFへの投資も可能ですので、個別株で選択に悩むならシンプルに市場全体に投資できるETFはオススメですね。

買付手数料はなんと「無料」ですが、売却時には0.5%の売却手数料がかかることがデメリットです。

ですので買ったら長期で保有する投資方法に向いています。

当方の場合だと、JQ CARD エポスゴールド(エポス陣営のゴールド以上であればOK)の保有者なので「8252:丸井グループ」の株式を100株の単元で保有していると、株主優待として保有株数に応じてエポスポイント(JQカードエポス系ならJRキューポ)がもらえます。

どのくらいもらえるのかというと、以下のように100株では2,000ポイント、10,000株以上なら上限の10,000ポイントがもらえます。

保有株数 ゴールド・プラチナ会員付与ポイント
100株以上~500株未満 2,000ポイント
500株以上~1,000株未満 4,000ポイント
1,000株以上~5,000株未満 6,000ポイント
5,000株以上~10,000株未満 8,000ポイント
10,000株以上~ 10,000ポイント

くわえて配当も単元未満でも付与されますので、2%半ばの配当利回りも期待できます。

ですので日興フロッギー+docomoでは、dポイント投資として「8252:丸井グループ」の株式を買い進めています。

日興フロッギー口座残高20220227

この15%増量キャンペーンなら上限なくポイントがもらえ一気に残高を増やせますので非常に期待しています。

関連記事

2018年あたりから次々と出現したポイント投資の中で唯一、銀(Silver)にdポイントを使って投資できる日興フロッギー+docomoで、2022年5月からdポイント投資をしつづけた実績と銀(Silver)の最新予測をこの記事で行っていきた[…]

【dポイント投資攻略】日興フロッギー+docomoで銀(Silver)投資する3つのコツと最新実績

③毎月20日のdショッピングデーで支払いに利用して20%還元を受ける

dショッピングで通常貯まるポイントは、100円につき1円相当のポイントがたまるわけですが、毎月10日・20日の「dショッピングデー」では、キャンペーンにエントリー後、 合計4,400円以上の注文完了で購入額110円ごとに1ポイントの通常ポイントに加えてさらに9ポイント(期間限定・用途限定ポイント)がもらえます。

ですがdポイント(期間限定・用途限定ポイント含む)による支払いなら20%還元ですので、dポイントを有効活用できる貴重なイベントです。

毎月10日・20日dショッピングデー

このdショッピングもポイントサイトを経由することでポイントがもらえますので、必ず経由しましょう。

経由して一番ポイント還元率が高いのは、ECナビ(1.2%還元)であり、ECナビのランク制度で最高位のゴールドならショッピングで獲得したポイントから+15%も加算されます。

しかもECナビならPeX経由のdポイントへのポイント交換がリアルタイム&無料でできますので、dポイントを集めるならECナビは結構貴重な存在です。

関連記事

提供元:ハピタス dショッピングデーは、過去には毎月20日の開催で20倍のポイント還元でしたが、残念ながら改悪され毎月10日・20日に日程が変更になりポイント還元も基本10倍に半減しています。 しかし商品によっては最大40倍を狙え、dポ[…]

dショッピングデー改悪後の攻略法!毎月10日・20日ならdポイント還元最大40倍!

【まとめ】dポイント交換15%増量キャンペーン今年も開催!

dポイント交換増量キャンペーンは、1年間待ちに待った企画だったと思います。

当方の場合は、日興フロッギー+docomoで丸井グループの株式をもっと買い進めるために活用したいと考えています。

そうすれば投資した金額には配当で2~3%が確保でき、エポス陣営のゴールド以上の保有と合わせて株主優待でたくさんのエポスからのポイントが自動的に獲得できるからです。

株式投資はちょっとという方は、毎月10日・20日の「dショッピングデー」で20%還元がdポイントの利用としては非常に効果的です。

毎月10日・20日の「dショッピングデー」の利用は、ポイントサイト「ECナビ」を経由するだけで1.2%のポイントが獲得でき獲得したポイントはリアルタイムでPeXからdポイントに交換することができます。

ECナビは利用実績を積み重ねると、グレードアップしていき最高位のゴールドのグレードなら、ネットショッピングで獲得したポイントに対して+5%ものポイントが加算されます。

ECナビでは新規入会キャンペーンが行われており、下記のバナー経由で新規登録し90日以内の電話番号認証で、150円相当のポイントプレゼント。

さらにポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

毎日貯まるポイントサイト ECナビ