日本株はV字回復でさらに高値更新:エポスポイント投資ブログ2024年2月実績

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。

tsumiki証券で『コモンズ30ファンド』を投資対象としたエポスポイント投資を開始してから5ヶ月経過しています。

このポイント投資をしたくなった動機は、このブログで最強のクレジットカードとして紹介している「JQエポスゴールド」で貯まるポイントで投資できるのがtsumiki証券だったというのが1つ目の理由です。

そのtsumiki証券で取り扱われている投信の中では、長期投資したい日本株の対象候補銘柄をかなり組み入れている投信が『コモンズ30ファンド』だったのが2つ目の理由です。

前回のエポスポイント投資の記事から1ヶ月が経過しており、その間”日経平均”はついに4万円を突破して40,472に達するなど活況を呈してきました。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。tsumiki証券で『コモンズ30ファンド』を投資対象としたエポスポイント投資を開始してから4ヶ月経過しています。このポイント投資をしたくなった動機は、このブログで最[…]

インフレ環境下では大型株が有利な理由:エポスポイント投資ブログ2024年1月実績

この期間大いに買われたのが、これまで買われてきた半導体関連ではなく、意外なことに「銀行株」でした。

三菱UFJフィナンシャルグループ
三菱UFJフィナンシャルグループ日足

これは、日銀が「マイナス金利解除」に舵を切っていく思惑があるからで、銀行は長期金利が上昇すると、銀行の資産からの収益が上昇する一方で、普通預金金利は変わらないため収益が拡大するからです。

従ってこの間、銀行株の見直しが進み、5838楽天銀行になると直近1ヶ月のパフォーマンスが21%と凄まじい上昇になっています。

ただ『コモンズ30ファンド』には、こういった銀行株が組み込まれておらず、今回は恩恵がなかったので、これは今後の課題になりそうです。

今回は、こういったエポスポイント投資の課題や約1ヶ月間の日本株式市場のことを主に記事にしています。

tsumiki証券では、エポスポイントによるポイント投資も可能ですが、エポスカードによる×クレカ投信積立も最大月間10万円分も可能でその利用額はエポスゴールドJQエポスゴールドで1万円相当のポイントがもらえる年間100万円利用の対象となります。

tsumiki証券でクレカ投信積立をするならエポス陣営なら最大2.7%の還元率を誇る「JQエポスゴールド」も一緒に保有しておきましょう。

JQ CARD エポスゴールドの発行は、ポイントサイト案件が存在しないため以下の手順で申し込む方法が一番メリットがあります。



本日なら、ハピタス経由のエポスカード発行なら公式サイトからの新規入会特典2,000Pに加えて7,000円相当のポイントを獲得できます。


\高還元率ポイントサイト/

記事内に広告を含みます(PR)

エポスポイント投資2024年2月実績

2024年2月のエポスポイント投資先月に引き続き2,000ポイントを追加しています。

これで合計20,000円分のポイント投資に対して+3,384円(+16.9%)ほどのリターンで、先月からさらに利益が拡大しています。

エポスポイント投資2024年2月
エポスポイント投資2024年2月
エポスポイント投資推移2024年2月
エポスポイント投資推移2024年2月
一番大きいのは、アメリカの中央銀行にあたるFEDが、物価は抑制されており、これ以上金利を上げる必要性がないとアナウンスしていることでさらに株価が上昇したことです。
いわゆるV字回復型のパターンなので、さらに上昇していく可能性が拡がっています。
TOPIX2024年2月
TOPIX日足
2月に関しては前月同様JQエポスゴールドからの1,200ポイント、ECナビからのお友達紹介報酬は800ポイント、合計2,000エポスポイントによる投資にとどまっているのですが、3月以降はもうちょっと拡大していこうと思います。

エポスポイントは、JQエポスゴールドの保有によって利用できるTポイント⇄JRキューポ⇄エポスポイントのルートを通すことで集約することができます。

その前にTポイントにポイントを集めるには、ポイントを集約して交換すると4%増量するECナビが欠かせません。

ECナビでは、毎月「ウエル活応援!Tポイント交換特典」というキャンペーンを行っており、ECナビで条件を満たしてTポイントへの交換を行うとポイントが4%増量しECナビポイントとして後日付与してくれます。

TポイントECナビ

ECナビをはじめとするポイントサイトは大抵ポイント交換先にPeXがあるので、ECナビで条件を達成してPeXにポイントを集めれば、他のポイントサイトからのポイント交換分も4%増量分の恩恵を受けられます。

  1. ウエル活応援!Tポイント交換特典ページでエントリー
  2. ECナビのサービスを2件以上利用して、サービス利用履歴に反映
  3. PeXTポイントへの交換が完了

以上が達成すべき条件になります。

関連記事

Tポイントを1.5倍の価値で利用できる「ウエル活」で活用すべきポイントサイト「ECナビ」を解説します。「ウエル活」とは、ウエルシア薬局・ハックドラッグで毎月20日に開催されている「お客さま感謝デー」でTポイントで支払いを行うと1.5[…]

ウエル活でTポイントを4%増量できるポイントサイト「ECナビ」

ECナビへの登録は、このサイト経由で新規登録し90日以内の本人認証で150円相当のポイントプレゼント+登録月の翌月末までにポイント交換まで完了するとAmazonギフト券1,000円分がプレゼントされます。

\期間限定広告が最強/

紹介経由の新規登録で最大1,150円相当

コモンズ30ファンドの直近のパフォーマンス

コモンズ30ファンドは、国内株式を投資対象とする投資信託の中でTOPIXを上回る数少ないアクティブファンドで、長期的にTOPIXを上回るパフォーマンスをあげています。

コモンズ30ファンド VS TOPIX

コモンズ30ファンド』が投資対象としているのは、日本国内の大型株で総じてパフォーマンスが良好でした。

といっても中小型株には資金流入は、あまりないようで中小型株を得意としている「ひふみ投信」はコモンズ30ファンド』に劣後した運用成績に終わっています。

1年リターン5年年率リターン10年年率リターン
コモンズ3029.81%14.04%12.15%
インベスコ・店頭成長株・OP14.94%4.28%8.56%
ひふみ投信29.299.4212.58
TOPIX(配当込み)35.81%13.37%10.98%
MSCI ACWI39.39%17.23%12.69%

※2024年5月13日現在

つい先月までは、半導体関連銘柄が好まれて買われてきましたが、徐々に投資対象が拡大していき三菱商事などの商社、冒頭の銀行などが積極的に買われはじめており活況を呈してきました。

つまり選好される裾野が拡がっているようです。

コモンズ30ファンド』はどちらかといえば、資金が集中してきた大型株が中心だったのですが、急上昇した銀行株が含まれていないのでセブン&アイホールディングスを組み入れるくらいなら銀行株を組み入れてほしかったです。

銘柄組入構成比過去1ヶ月騰落率過去1年間騰落率
三菱商事4.53%9.84%127.37%
信越化学4.50%11.53%68.15%
味の素4.43%▼2.59%23.76%
丸紅4.36%6.69%51.55%
東京エレクトロン3.83%10.32%140.76%
セブン&アイホールディングス3.76%4.44%13.67%

まあ、このあたりはdポイントを使って100円単位で個別株に投資できる「日興フロッギー」でも利用してdポイントで銀行株を買うのが良いかも知れません。

先のことが変わらないなら平均的に投資するインデックスファンドでも良いのですが、中にはこういった銘柄選択の妙でインデックスファンドをアウトパフォームする投信もあるので面白いですし、これに足りない個別株を加えるのも面白い試みです。

株式投資は正直銘柄選定など手間もかかりますし、必ずしも成功するわけではないため苦手な分野や地域への投資は、こういった投資信託を使うほうが時間の節約になって、本業も捗るといった好循環が生まれる可能性も高いと思います。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。アクティブファンドはインデックスファンドに対して不利というのは、データ上でも立証されていますが、それでもインデックスをアウトパフォームする数少ないファンドがあります。[…]

tsumiki証券で積み立てるならコモンズ30ファンド!評判・組入銘柄・利回り

コモンズ30ファンドの直近月次運用実績

コモンズ30ファンドの月次運用成績では、不振だったのは9月~10月だけで、それ以外の時期では順調にリターンを積み上げています。

月度基準価額騰落率
2024/252,093+4.24%
2024/149,973+7.45%
2023/1246,506+1.74%
2023/1145,712+6.91%
2023/1042,759-4.06%
2023/944,568-3.23%
2023/846,057+1.12%
2023/746,574+0.96%
2023/646,132+7.87%
2023/542,768+5.02%
2023/440,723+2.20%
2023/339,846+3.17%

一般論では、小松製作所のような景気に影響を一番受ける建機株が上昇していないときには、日本株は厳しいとされており、それを確認する限りさらに上昇しそうな感じです。

実際にコモンズ30ファンドの運用成績にも、小松製作所は3.73%もの組入比率でかなり大きな影響を及ぼしており、現状のように上昇トレンドを維持している限りは高いリターンを期待できるだろうと考えています。

小松製作所日足
小松製作所日足

ただ小松製作所が提供しているKomtrax」では、地域別の車両稼働時間(月次平均)では1月の状況は12月に引き続いてかなり悪化しており、景気の先行きとしては厳しい将来が待っている可能性があります。

それだけに早期に中央銀行が利下げを開始してくれる目処がたったことは、景気鈍化が見え始めた企業にとって非常に大きいと思います。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。6301小松製作所は、建機シェア世界第二位のメーカーとして有名ですが、個人的には景気敏感株が多い日本株を買うべきか否かのバロメーターとして常にチェックしています。チャ[…]

小松製作所(6301コマツ)の株価とKOMTRAXで日本株と世界経済を先読みする方法

コモンズ30ファンドの今後の運用はauカブコム証券で一般型で保有して代用FXに使う

JQエポスゴールド×tsumiki証券の組み合わせなら、クレカ投信積立とポイント投資でもある程度やっていけますが、ずっとtsumiki証券で保有するよりも、最終的にコモンズ30ファンドauカブコム証券で一般型で保有するつもりです。

なぜかというと、auカブコム証券では口座内で保有する株式・ETF・投信(一般型)の評価額の70%を代用FXの証拠金として振り替えてその評価額をFX取引で活用することができるからです。

auカブコム代用有価証券FX説明図

つまり株式・ETF・投信に投資することで期待できる「値上がり益」・「配当益」に加えて、証拠金に差し入れることでFX用に別途に資金を用意することなく為替差益によるリターンも狙えるわけです。

これを代用有価証券FXと呼びます。

代用FXを提供する証券会社の中でもauカブコムFXが一番便利

ネット証券では、この代用有価証券FXができるのは4社のみで、auカブコム証券を選択したほうが良いだろうと考えています。

その理由は以下のように5つもあります。

  1. 国内株式・ETFの手数料が一日定額100万円までなら無料
  2. 単位未満株(プチ株)も代用有価証券として使える&単位未満株の購入にPontaポイントが使える
  3. 新NISA口座なら国内株式・ETF・単位未満株・米国株式の手数料完全無料
  4. 投資信託も一般型投信の購入分は、代用有価証券として使える(ただし新NISA口座分は代用FXに使えない)
  5. auカブコム代用FXでは、1,000通貨単位の少額投資に全通貨ペアが対応

では他の証券会社ではどうなのかというと表にまとめると以下のようになっており、一長一短ですが上記のメリットの中でもコモンズ30ファンドを一般型で保有し続けて代用FXで活用できると考えるとauカブコムFXが一番使いやすいと判断してます。

auカブコムFXSBI FXαDMM FXマネーパートナーズ
通貨ペア数(1万通貨)19282128
通貨ペア数(1,000通貨)19600
含み損にも現金0でOK
決済損失にも現金0でOK
投信も利用可
USDJPYスプレッド広告表示適応対象外広告表示適応対象外0.2pips0.3pips
EURUSDスプレッド0.4pips0.4pips0.3pips0.2pips
AUDNZDスプレッド2.8pips1.6pips
正直に記述すると、アプリの使いやすさ・FXのコストであるスプレッドなどのスペックでは、「DMM FX」のほうが使いやすいので、個別株やETFなら「DMM FX」で代用FXを利用したほうが良いでしょう。
しかし「DMM FX」では、コモンズ30ファンドなどの投信信託は代用FXの証拠金に使えないため(DMM.com証券では投信は取り扱いがありません)、投信のままで運用したい場合はauカブコム証券一択になります。

auカブコム証券では、投信は一般型だけ代用FXに使える

投信も活用したい場合は、auカブコム証券一択とはいえ注意点もあります。

代用FXの証拠金に振替を行うには、金額で購入する累投型ではなく一般型でなければならないことです。

※当社取扱の株式銘柄でも、証券取引所などの規制または当社独自の判断により代用有価証券として取り扱いできないことがあります。投資信託については、一般型のみ代用有価証券として差し入れ可能です。累投型は代用有価証券にできません。

※代用有価証券のみを担保として取引した場合、建玉評価損および未決済スワップ損が発生した場合はマイナス分について現金でのご入金が必要となります。

※NISA口座で保有する有価証券は代用有価証券として差し入れできません。

株式・投信担保サービス/auカブコム証券

投資信託の中には収益を分配金再投資する「累投型」と分配金を受け取れる「一般型」が存在し、金額指定で投信を購入する場合は「累投型」となります。

一般的にみなさんが、クレカ積立投資やポイント投資しているのは「累投型」で「一般型」は馴染みがないと思います。

「一般型」の購入は、現在の基準価格に準じるので、「一般型」でコモンズ30ファンドを購入する場合は5万円以上の資金が必要となります。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。代用有価証券FXは、保有する株式・ETF・一般型投信の評価額の70%分をFXの証拠金として活用できる制度です。ということは株式・ETFを保有して「値上がり益」と「配当益」[…]

代用有価証券FX(auカブコムFX)で全世界株式ETFの買い、ドル円ショート開始

コモンズ30ファンドへのポイント投資2024年2月実績まとめ

2024年2月も引き続き2,000ポイントを追加して、合計20,000円分のポイント投資に対して+3,384円(+16.1%)ほどのリターンになっています。

エポスポイント投資2024年2月
エポスポイント投資2024年2月

資産の中身(コモンズ30ファンド)

エポスポイント投資推移2024年2月
エポスポイント投資推移2024年2月

資産評価額・投資金額

日本株は、これまで見向きもされてきませんでしたが、それだけに非常に割安なので買われるようになってきました。

とくに膨大な借金を抱えて一時は潰れるのではないか?と心配された楽天Gは、モバイル事業で世界で初めて携帯電話ネットワークの完全仮想化に成功した類まれな企業です。

この携帯電話ネットワークの完全仮想化でネットワークの改善も非常に速いですし、次世代ネットワークへの切り替えのコストが段違いに違う点も見逃せない利点です。

急速に赤字も縮小されつつあるので、コモンズ30ファンドが組み入れている楽天Gは、急速に業績を拡大して株価も急上昇する期待がたかまります。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。4755楽天グループは、下落ウェッジを上放れた2023年6月29日以降買い判断として保有し続けています。株式投資は、決算で判明する経営数値だけでは判断できず事[…]

楽天の株価は今後どうなる?投資する理由と事業の可能性

このポイント投資の今後は、一般型で購入できる金額(現在基準価格52,093円)になるまでtsumiki証券でポイント投資を続けて一旦売却した後、auカブコム証券で一般型で購入しなおして代用FXの原資として使っていく予定です。

日本の証券会社の中で唯一、投資信託を代用有価証券としてFXの証拠金に活用できるauカブコム証券の口座開設は、ポイントがたくさんもらえるポイントサイト経由で行いましょう。

代用FXで資金効率最強な証券会社「auカブコム証券」


auカブコム証券


  1. auカブコム証券で購入した投資信託の評価額の70%相当がauカブコムFXの証拠金として活用できるので資金効率が最強です。
  2. 国内株式手数料は約定代金100万円まで手数料無料、NISA口座なら国内株式・米国株式・単位未満株の取引手数料が無料
  3. au PAY カードによるクレカ投信積立は1%ポイント還元

    ハピタス経由の口座開設+初回取引完了で7,500円相当のポイントが獲得できますが、ハピタス経由のauカブコムFX口座開設(週末限定)なら24,000円相当のポイント獲得できる爆益案件になっています。


    auカブコムFXの口座開設はポイントサイト経由の爆益案件!攻略法を解説!


    \高還元率ポイントサイト/

    ハピタス紹介バナー2024年4月
    登録+広告利用で1,300円GET
    日本株はV字回復でさらに高値更新:エポスポイント投資ブログ2024年2月実績
    最新情報をチェックしよう!