ネットでもリアルでも超便利なイオン銀行の「イオンカードセレクト」

イオンカードセレクト は全国区で展開している大型スーパー「イオン」のハウスカードです。
このカードの最大のメリットはリアルでもネットでも便利な イオン銀行 のキャッシュカードとクレジットカード・電子マネーWAONが一体化している点です。

更に特典として、レジで提示かカードの利用で毎月20・30日は「お客さま感謝デー」の適用となり5%割引の特典が受けられるのが大きな特徴ですね。

便利な点としては、プリペイド型の電子マネーWAONも付帯していますが、本人のスマホがおサイフケータイ対応であれば、ポストペイ型のiD(AndroidはiDアプリ・iPhoneはApple Pay)を利用できますので、モバイルにも強いです。

イオンクレジットカードの還元率は0.5%だが額面では測れない点も

イオンカードの他のカードと比較して致命的な問題は、還元率が0.5%と低いことです。
しかしこれは、改定されてイオングループで利用した際には、1.0%の還元率に変更となっています。

多分発行されている方は、イオンを利用する機会が多いから発行したと思いますし、イオンカード関連の記事を読まれているということは、お近くにイオンがあるので特典を活用したいと思っているのだと思います。
従って、イオンで利用する限りは1%の高還元率カードです。

またイオンカード特典として毎月1日だけ5%~10%割引価格で買い物できるカード決済に限ったサンキューパスポートを毎月配布しており、イオンウォレットというアプリに配信されています。

毎月20・30日はWAONカード・イオンカード提示で精算時に5%Offですので、そのサンキューパスポートと合わせると、月に3回以上・5%以上の割引特典があることになります。

またイオンカードの決済のみでしか、購入できないカード会員限定の優待セールも毎月店頭・webで行われており、商品によっては他のwebサイトではありえない価格で転がっていることもあります。
単純に0.5%の還元率なので不要と考えるとチャンスロスになりますね。

イオン以外の支払いはKyashを活用

イオン以外の支払いが0.5%の還元率というのは物足りないという場合は、還元率が+1.0%となるプリペイドカード「Kyash リアルカード」に一旦チャージして0.5%の還元を得つつ、「Kyash リアルカード」で決済すれば、合算した還元率は1.5%になります。

関連記事

Kyash(キャッシュ)株式会社が発行するプリペイドカードKyashはVISAプリペイドカードでこのプリペイドカードに保有するカードからチャージし利用するとカードのポイントは満額付与され、Kyash自体の還元率も1%と高率で還元率を高めら[…]

高還元率(MAX3.0%)のJQ CARD エポスゴールドとの併用でポイント2重どり

JQ CARD エポスゴールドはインビテーションによって無料で利用できるゴールドカードです。
最大のメリットは、還元率がMAX3.0%で利用できることで、特にモバイルsuicaを利用している人なら3.0%の還元率で利用できるのが強みです。

JQ CARD エポスゴールドはゴールドカード特典としてポイントが3倍となる「選べるポイントアップショップ」が3つだけ選べます。

選べるポイントアップショップ」では3倍の1.5%がポイントとなりますが、年間50万円の利用で+0.5%の2,500円、年間100万円の利用で+1.0%の10,000円のボーナスポイントが付与されます。
さらにリボを利用して確定日の6日までに繰り上げ返済すれば手数料は発生せず還元率を+0.5%増幅させ合計で3.0%の還元率のカードになります。

この「選べるポイントアップショップ」にモバイルSuicaがありますが、イオンも選ぶことができます。

そのため「選べるポイントアップショップ」にイオンを設定して翌日以降、支払いの際にイオンカードを通しておけば支払いはイオンカードでなくてもWAONPOINTが0.5%貯まります。

そして、前述のJQ CARD エポスゴールドで3.0%のポイントが付与されますので通常の支払い方よりもはるかにお得ですね。

関連記事

①JQ CARD エポス ゴールドはデフォルトでの還元率が飛び抜けて高いクレジットカードです。特に特典として3つの店舗・サービスの還元率を3倍・つまり1.5%にデフォルトで設定できます。そしてさらに還元率を上積みできるのですが、それはこれ[…]



JQ CARD エポスゴールドはカードの名前からすると、JQ CARD エポスを最初に発行して、利用しながらインビテーションを待つのかと思いがちですが、JQ CARD エポスはポイントサイト案件が存在しないため、最初は各ポイントサイトの「エポスカード発行案件に乗っかります。
その上で、切り替えを行うわけです。

エポスカード」発行は、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由で、入会特典に加えてポイントサイトから4,000円相当のポイントを獲得することができます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

さらに「エポスカード保有者は「ご紹介番号」を保有しており、それを新規発行の方は入力すると500ポイント加算されます。
当方はJQ CARD エポスゴールド保有者ですので「ご紹介番号」を案内できます。
ご紹介番号: 20040612710

イオンカードセレクト搭載のWAONによるイオンでの支払いはオトクな支払い方法

イオンカードセレクトの特別な機能としては、電子マネーWAONをオートチャージすると0.5%のポイントが付与されます。
実は他のクレジットカードのチャージでは、ポイントはつきません。また同じチャージでもオートチャージであることが条件となっています。

イオンの店舗(もちろんマックスバリュも含む)でWAONで支払うと利用額200円につき2ポイント(1%還元)となります。
従って、オートチャージを設定しておけば、オートチャージで付与される0.5%が追加され常時1.5%の還元を享受できます。

またイオンではポイントが倍増する日が設定されており、それを活用することでさらに還元率を高めることができます。

① 毎月10日の「ありが10デー」では5倍の特典が優先され、0.5×5=2.5%+オートチャージ0.5%=3.0%の還元となります。

②毎月20・30日はお客様感謝デーで5%割引+1.5%ポイント付与です。

そう考えると、イオングループでのカード決済自体は1.0%なので、イオンカードセレクト経由のWAONでの支払いのほうが有利と言えますね。

前述したカード会員限定の優待セールについても、WAON決済対応分の企画があるため、欲しい商品が転がっている場合はチャンスですね。

このようにイオンカードセレクトは、決済手段としての利点もあるのですが、近年は利便性が高い「 イオン銀行 」のキャッシュカードとして最も利便性が高いところが目立ってきています。

イオン銀行はリアルもネットもヤバいくらいに便利な銀行

リアルで便利な点
最近だと地方銀行も収益源がなくなり、ATM台数を削ろう削ろうとしています。
これからも良くなる要因もないので、コストセンターとなっているATMをいつまでもタダで使わせてくれるとは思えません。

ところがイオン銀行ATMは、場所こそイオンモール館内もしくはマックスバリュ館内、ミニストップなどに設置場所が限定されているものの、ATM利用料は無料です。
また、あまり知られてはいませんが、「ゆうちょ銀行ATM」も平日日中(月~金8:45~18:00)は手数料が無料で利用できます。

しかもイオンモール館内にテナントとして入居しているイオン銀行の営業時間は、店舗によってまちまちですが9:00ないし10:00~21:00、営業日は土日祝日・365日営業しています。

ネットでも便利
イオン銀行ATMが無料で使えると記述しましたが、セブン銀行ATMの台数と比べると明らかに見劣りがします。
しかし無料送金アプリ「Pring」を利用すれば、一日一回ではあるものの無料でセブンイ銀行ATMを利用できるのでさほど不便は感じません。
むしろ資金を投資などに移動する際に、ネット証券へリアルタイム入金対応しているか否かのほうがよほど大事だと言えます。
なぜなら、証券会社に投資資金をリアルタイムで入金できるメリットの他に、リアルタイム入金は証券会社負担で無料で提供されているからです。
しかも出金も無料で提供されているので、出金先を振り替えたい口座で設定しておけば、営業日日数分・自分の他行口座宛に無料で振り込みが可能だと言えます。

例えば、ネット証券「楽天証券」「SBI証券」「GMOクリック証券」の場合、
楽天証券
都市銀行・ゆうちょ)三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行・ゆうちょ銀行
ネット銀行・他)楽天銀行住信SBIジャパンネット銀行・セブン銀行・イオン銀行

SBI証券
都市銀行・ゆうちょ)三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・関西みらい銀行・ゆうちょ銀行
地銀)スルガ銀行
ネット銀行・他)楽天銀行住信SBIジャパンネット銀行・セブン銀行・イオン銀行

GMOクリック証券
都市銀行・ゆうちょ)三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・ゆうちょ銀行
ネット銀行・他)GMOあおぞらネット銀行楽天銀行住信SBIジャパンネット銀行・セブン銀行・イオン銀行

上記3ネット証券をみてもいずれもイオン銀行はラインナップされています。

スマホ決済もほぼ対応済み

イオン銀行は大抵のスマホ決済に対応しており、PayPay・d払い・メルペイ・LINE Payなどの主要なスマホ決済のチャージに対応しています。

さらに便利になるMyステージ制

このイオン銀行ではMyステージを採用しており、
月間の使用しているサービスの内容によって優遇が変わってきます。
もっとも最上位はプラチナステージで最大のメリットは
・他行ATM利用回数5回無料
・他行振込回数5回無料
・普通預金適用金利がスタート時0.03%→0.15%となります。
となります。

プラチナステージになるには150点の配点が必要です。
これを最短で達成するには以下の設定が有効でしょう。
イオンカードセレクト契約→10点
②給与受け取り→30点
③インターネットバンキング登録→30点
イオンカードの代金引き落とし(1円~2万円未満)→10点
⑤WAONオートチャージ→10点
⑥投信残高(1円~100万円未満)→10点
⑦投信自動積立口座振替→30点
⑧NISA口座の開設→30点
この時点で配点が160点になります。④と⑤はWAONオートチャージを利用すれば両方とも対象となりますが、カード決済のみであれば④になります。
それでも150点が確保できています。

さらにイオンカードでは年間利用100万円で年会費無料のゴールドカードへのインビテーションがありますので、イオンゴールドカードセレクトに昇格しておけば、それだけで30点配点がプラスされます。

ちなみにイオンゴールドカードの特典は通常のイオンカードとどのように違うのでしょうか。
特典1)国内外の旅行傷害保険が無料で付帯しています。
特典2)ショピングセーフティー保険(年間300万円まで)
特典3)全国のイオンモールのイオンラウンジと空港ラウンジサービスが利用できます。

※イオンゴールドカードの傷害保険については以下にまとめてみました。

今ならWeb限定イオンカードセレクト新規発行キャンペーン+利用で最大20%還元

しかも発行するならイオンカードセレクトで大規模な還元キャンペーンを行っており、発行しようという方にとっては絶好の機会になっています。

キャンペーン概要
①対象者:イオンカード新規入会者
②応募期間:2020年3月1日~2020年7月10日
③還元対象:3月1日~5月10日期間中のカードショッピング&引き落とし口座がイオン銀行
③還元率/還元額:ポイント20%還元/還元額最大5,000円
④還元方法:キャッシュバック

前回のキャンペーンは還元ポイントが15,000円相当でしたが、今回は20%還元ではあるものの5,000円と薄く広い企画になっていますね。

関連記事

イオンカードといえば、2019年の夏に実施した20%還元大規模キャンペーンのインパクトが凄かったですね。その後、ネットで狙って決済した取引がずらされるなど、どうかと思う対応が有りましたが、その後消費者庁から措置命令を喰らっていました。後出[…]

イオンカード新規入会特典とマイナポイントのあわせ技で11,000円相当のポイント獲得!



イオンカードの申込みは、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由の申込みで、
公式サイトからの入会特典に加えて、ポイントサイトから2,000円相当のポイントが付与されます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しておりますので、応援の程よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村