イオンカードセレクト新規入会特典とマイナポイントのあわせ技で22,000円相当の特典獲得!

イオンカードといえば、2019年の夏に実施した20%還元大規模キャンペーンのインパクトが凄かったですね。

その後、ネットで狙って決済した取引がずらされるなど、どうかと思う対応が有りましたが、その後消費者庁から措置命令を喰らっていました。

後出しで適応除外の取引を出してくるとかさすがに何でもありはまずいと思います。

しかし、禊は終わったらしく、今度はイオンカード20周年キャンペーンを打ち出しています。

10月には、イオンとしてはWAONでマイナポイント上乗せ2,000円を繰り出すなど、囲い込みに必死になっていますので、マイナポイントをまだ完了していない方はWAONが狙い目だと思います。

イオンカードセレクト新規発行でポイント・電子マネーを総取りする方法について

この企画は6月から始まっているわけですが、イオンカードセレクトが狙い目です。

9月から始まっているマイナポイントの上限額はキャッシュレス決済2万円利用分の25%にあたる5,000円です。

ですがそれぞれのキャッシュレス決済事業者が還元額を上乗せしているケースがあります。
WAONは2,000円です。

イオンカードセレクトではWAONが付帯しており、2万円相当額のWAONへのチャージでマイナポイントの5,000ポイントに加えて、2,000円相当のときめきポイントプレゼントとなっています。

さらにポイントサイト「ちょびリッチ」経由の発行で5,000円相当のポイントが付与されます。

これを集計すると以下のようになります。
・ポイントサイト「ちょびリッチ」→5,000円相当
イオンカードセレクト2万円WAONチャージ→5,000円相当のときめきポイント
・WAON上乗せ→2,000円相当
以上で13,000円相当となります。

手順をさらに細かく書くと
イオンカードセレクトをポイントサイト「ちょびリッチ」経由で発行する
②マイナポイントの登録をWAONにしておく
イオンカードセレクトに付帯するWAONへ2万円以上のオートチャージを行う
以上で目的が達成できます。

さらに新規入会であれば入会&利用で最大10,000ポイントの「ときめきポイント」付与となりますので総額で22,000円相当というポイント4重どりのトンデモない企画になります。

イオンが近くで頻繁にWAONを利用される方であれば使わない手は無いです。
また、2020年8月10日からWAONで収納代行の支払いがミニストップでできるようになりました(復活です)。
今後もWAONによる収納代行を利用しようと考えているのであれば、このキャンペーンはチャンスだと思います。

関連記事

2020年8月10日からWAONによる収納代行が復活します。支払える店舗はミニストップです。そのため恩恵にあずかれない方もいるかも知れませんが、以前WAONで公金を払っていた当方としては朗報です。以前は2019年11月までミニストップでW[…]

WAON収納代行復活!JMB WAON利用でマイル2重どり

イオンカード新規発行で最大10,000円相当のポイント獲得!

イオンカード20周年企画で2020年11月1日~2021年1月31日まで複数の企画が実施されますが、こちらは新規入会者を対象とした企画になります。
2021年3月31日まで継続しているマイナポイント事業にまだ登録が完了していない場合はマイナポイント事業とのあわせ技が可能ですし、ポイントサイト経由でポイントサイトからのポイントも獲得できます。

イオンカード20周年記念 新規入会キャンペーン概要

■期間:2020年11月1日~2021年1月31日
 ・利用期間:2020年11月1日~2021年2月28日
■新規入会特典(最大10,000ポイント)
 ・入会カードにて4万円以上利用で2,000ポイント
 ・入会カードにて8万円以上利用で5,000ポイント
 ・入会カードにて12万円以上利用で10,000ポイント
■新規入会特典対象カード
 ・ときめきポイント進呈対象カード
 ・イオンJMBカード
 ※イオンデビットカード、イオン銀行キャッシュ+デビットも対象
■ポイント進呈時期:2021年6月

どうでしょうか?
先程のポイントサイトとマイナポイントとのあわせ技ですでに12,000円相当獲得できるのに、新規入会特典ではさらに10,000円相当の「ときめきポイント」まで進呈されるのですから驚きです。

関連記事

イオンカードといえば、2019年夏の20%大規模還元キャンペーンやマイナポイント事業を活用したポイント4重どりなどが凄かったですね。イオンカードはキャッシュカード・WAON・クレジットカードの3つが一体となったイオンカードセレクトが非常[…]

イオンカード20周年大規模キャンペーンの活用方法

イオンカードセレクトの申込みは、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由の申込みで、公式サイトからの入会特典に加えて、ポイントサイトから5,000円相当のポイントが付与されます

ちょびリッチ」の新規登録は、下記のボタン経由で250円相当のポイントプレゼントです。

イオンカード・マイナポイント・ポイントサイトの説明について

イオンカードの新規入会特典とマイナポイントとのあわせ技については説明しましたが、ここからは、ポイントサイトはどこが良いのか、イオンカードではどの券種が良いのか、マイナポイントとは何かそれぞれ説明します。

念の為、ポイント重ね取りについて表にしていますので確認しましょう。

対象項目 付与ポイント(円)
ちょびリッチ経由のカード申込み 5,000
イオンカードセレクトで2万円のWAONチャージ 5,000
WAONチャージ上乗せ 2,000
新規入会特典 10,000
WAONオートチャージ&利用 利用額1.5%
合計 22,000+利用額1.5%

現時点では、イオンカードセレクトの申込みは、店頭や公式サイト経由よりもポイントサイト経由のほうがポイントが多量に付与される分、有利です。

イオンカードセレクトの申込みは、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由の申込みで、公式サイトからの入会特典に加えて、ポイントサイトから5,000円相当のポイントが付与されます

ちょびリッチ」の新規登録は、下記のボタン経由で250円相当のポイントプレゼントです。

イオンカードはイオンカードセレクト一択

イオンカードセレクトは、その1枚にクレジットカード・WAON・イオン銀行キャッシュカードの機能を兼ね備えています。

3つの機能が一体化しているので、多くのカードを持ち歩かなくても良いというメリットがありますが、それ以外にも大きなメリットがあります。
メリットは大きく分けて2つです。

  1. WAONへのオートチャージでポイントが付与される
  2. WAONによる税金・公金支払いで0.5%のポイント還元
  3. 便利なイオン銀行を活用できる

1.WAONへのオートチャージでポイントが付与される

イオンカードの基本還元率は0.5%と低めです。

しかしイオングループで利用した際には、1.0%の還元率に変更となっています。

それでもやっと高還元率の普通のクレジットカードに並んだ程度です。

高い還元率でショッピングをするにはWAONを活用する必要があります。

イオンカードセレクトの特別な機能としては、電子マネーWAONをオートチャージすると0.5%のポイントが付与されます。

実は他のクレジットカードのチャージでは、ポイントはつきません。また同じチャージでもオートチャージであることが条件となっています。

イオンの店舗(もちろんマックスバリュも含む)でWAONで支払うと利用額200円につき2ポイント(1%還元)となります。

従って、オートチャージを設定しておけば、オートチャージで付与される0.5%が追加され常時1.5%の還元を享受できます。

またイオンではポイントが倍増する日が設定されており、それを活用することでさらに還元率を高めることができます。

■毎月10日の「ありが10デー」では5倍の特典が優先され、0.5×5=2.5%+オートチャージ0.5%=3.0%の還元となります。

■毎月20・30日はお客様感謝デーで5%割引+1.5%ポイント付与です。

そう考えると、イオングループでのカード決済自体は1.0%なので、イオンカードセレクトでチャージしたのWAONでの支払いのほうが有利と言えます。

カード自体の毎月1日だけ5%~10%割引価格で買い物できるカード決済に限ったサンキューパスポートを毎月配布しており、イオンウォレットというアプリに配信されています。

毎月20・30日はWAONカード・イオンカード提示で精算時に5%Offですので、そのサンキューパスポートと合わせると、月に3回以上・5%以上の割引特典があることになります。

イオン以外の支払いが0.5%の還元率というのは物足りないという場合は、Visa・MasterCardブランドで申し込んでいる場合は、還元率が+1.0%となるプリペイドカード「Kyash Card」に一旦チャージしてクレジットカードの0.5%の還元を得つつ、「Kyash Card」による決済で1%のキャッシュバックを受けるので、合算した還元率は1.5%になります。

関連記事

Kyash(キャッシュ)株式会社が発行するプリペイドカードKyashはVISAプリペイドカードでこのプリペイドカードに保有するカードからチャージし利用するとカードのポイントは満額付与され、Kyash自体の還元率も1%と高率で還元率を高め[…]


JCBカードで申し込んでいる場合は、ANA JCB プリペイドカードにチャージすることでクレジットカードの0.5%の還元を得つつ、ANA JCB プリペイドカードによる決済で0.5%のキャッシュバックを受けるので、合算した還元率は1.0%になります。

関連記事

「ANA JCB プリペイドカード」といえば、かつてはnanacoチャージが可能であったため、このルートでクレジットチャージをする手法が大流行しました。もっともANA側にとってこれはなんらメリットもなかったらしく、多くの方がブログに記述[…]

JCBの提携カードの還元率をギャップアップできる「ANA JCB プリペイドカード」

2.WAONによる税金・公金支払いで0.5%ポイント還元

2020年8月10日からWAONで収納代行の支払いがミニストップでできるようになりました(復活です)。

ミニストップは店舗がない地域もあるので、全国の方が使えるわけではないのですが、近くにミニストップがあるとこの恩恵に預かれます。

WAONによる収納代行を利用して税金・公金の支払いがnanacoのようにできますが、その支払い時にはポイントは付与されません。

ところがWAONへのチャージにはポイントが付与されるカードがあります。
それが、
イオンカードセレクト
イオン銀行キャッシュ+デビット
以上の2券種になります。

チャージはレジやATM・チャージャーでも可能ですが、イオンカードセレクト ・イオン銀行キャッシュ+デビットに付帯するWAONへのオートチャージで0.5%ポイント還元となるためWAONによる税金・公金の支払いで0.5%のポイントが付与されることになります。

関連記事

2020年8月10日からWAONによる収納代行が復活します。支払える店舗はミニストップです。そのため恩恵にあずかれない方もいるかも知れませんが、以前WAONで公金を払っていた当方としては朗報です。以前は2019年11月までミニストップでW[…]

WAON収納代行復活!JMB WAON利用でマイル2重どり

3.便利なイオン銀行を活用できる

イオンカードセレクトイオン銀行の口座も一緒に開設できます。

このイオン銀行は実店舗も持ったネット銀行に分類されます。

イオン銀行ATMは、場所こそイオンモール館内もしくはマックスバリュ館内、ミニストップなどに設置場所が限定されているものの、ATM利用料は無料です。
ゆうちょ銀行ATM」も平日日中(月~金8:45~18:00)は手数料が無料で利用できます。
そのためATMのことで困ることはそんなにありません。

イオン銀行はMyステージを採用しており、
月間の使用しているサービスの内容によって優遇が変わってきます。
最上位であるプラチナランクの最大のメリットは
・他行ATM利用回数5回無料
・他行振込回数5回無料
となります。

プラチナランクになるには150点の配点が必要です。
例えばモデルケースでは以下の利用状態で、プラチナランクとなります。
イオンカードセレクト契約→10点
②イオンゴールドカードセレクト→30点
③インターネットバンキング登録→30点
④給与受け取り→30点
⑤投資信託残高→10点
⑥投資信託自動積立の口座振替(1,000円以上)→30点
④イオンカードの利用(1円~2万円未満)→10点
⑤WAONオートチャージ→10点
⑥WAON利用金額(1円~1万円未満)→10点
この時点で配点が170点になります。

給与受け取りは難しいという方は、年間利用額が100万円に一度達していれば、ゴールドへのインビテーションが来ますので、それに乗ってゴールドカードに切り替えると+30点となります。
これで給与受け取りができなくても常時30点の配点が期待できます。

これで170点の配点になりプラチナになりますが、150点の配点はやや超過しています。
その月はたまたまWAONオートチャージやWAONによる決済が不要だった場合でも150点に達しますので不要な決済を行わなくて良くなりますので保険と考えていただいたら良いでしょう。

関連記事

イオンカードセレクト は全国区で展開している大型スーパー「イオン」のハウスカードです。このカードの最大のメリットはリアルでもネットでも便利な イオン銀行 のキャッシュカードとクレジットカード・電子マネーWAONが一体化している点です。更[…]

イオンカードセレクトの知られざる特典大公開です。

マイナポイント事業について

マイナポイントとは、マイナンバーカードのICチップの中の電子証明書を活用して、ウェブ上のマイキープラットフォームでマイキーIDというIDを設定します。

これを行うことによってマイナポイント付与を行うときの本人を認証するキーとなります。

このマイキーIDを設定した人が、今後~Payなどキャッシュレス決済のチャージ・決済などを行った際に、マイナポイントが付与される仕組みです。

・還元率:25%(5,000円)/還元される決済上限20,000円
・期間:2020年9月1日~2021年3月31日
・対象となるステップ1:マイナンバーカード取得
・対象となるステップ2:マイキーIDを設定
・対象となるステップ3:2020年7月から対象とする決済サービスを一つ申し込み
・対象となるステップ4:申し込んだ決済手段で付与されるポイントで付与

関連記事

消費税が2019年10月より2%増税されています。2014年に実行した消費増税が特段対策もなく、消費の落ち込みを招いた反省から政府は様々な消費喚起対策を打っています。当時の政権下の閣僚の予想では消費税引き上げ幅が2%と前回よりも小幅であ[…]

マイナンバーカードで25%還元される「マイナポイント」制度

マイナポイントでもっとも大きな還元を行っているのはLINE Payの総額1万円相当です。
今回紹介しているイオンカードではWAON一体型の券種では総額7,000円相当です。

関連記事

メッセージアプリ「LINE」のスマホ決済「LINE Pay(LINEペイ)」。Visa LINE Payクレジットカードが登場し、マイランク制度で高位のランクになれば高い還元率で決済できるスマホ決済として活躍しています。LINEポイントク[…]

LINE Pay「マイナポイント」上乗せ第二弾!合わせて1万円規模の内容に!

まとめ

イオンカードセレクトはそんなにポイントがたまるカードでは無いですが、イオン銀行キャッシュカード・WAONPOINTカード・WAON・クレジットカードの1枚で4役をこなす便利なカードです。

2020年8月10日からはミニストップでWAONで収納代行が支払えるため、オートチャージでポイントが付与される唯一のカードとして活躍の場は広がると思います。

イオンカードセレクトの申込みは、ポイントサイト「ちょびリッチ」経由の申込みで、公式サイトからの入会特典に加えて、ポイントサイトから5,000円相当のポイントが付与されます

ちょびリッチ」の新規登録は、下記のボタン経由で250円相当のポイントプレゼントです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、ブログ村のブログランキング、人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。