PayPay ボーナス運用の追加タイミングはいつ?攻略ポイントも解説!

PayPayポイント運用の「追加」のタイミングってあるの?と思われがちですが一応投資ですのでエントリータイミングは重要です。

PayPayポイント運用S&P500NASDAQ100に連動するETFに疑似投資しているため、S&P500NASDAQ100がアノマリー(経験則)で好調な時期に「追加」し、S&P500NASDAQ100のリアルタイムチャートでチャンスを逃さないようにすれば利益率はもっと向上すると思います。

cohamizu
今回はS&P500の「追加」に適切な時期をアノマリーで、チャートはCFD取引でもオススメなGMOクリック証券【CFD】S&P500チャート見ながらタイミングを解説していきます。

PayPayポイント運用にはチャートがありませんので、追加・引き出しの判断をするならGMOクリック証券【CFD】のチャートでS&P500の値動きをリアルタイム確認しつつ取引をすすめるのがオススメです。

またCFD取引を提供している証券会社中、GMOクリック証券【CFD】は最も低コストですので本格的な取引でも活躍します。

株価指数を買いからも売りからも取引できるGMOクリック証券CFD
4.5

GMOクリック証券CFD300250

①FXと同じ仕組みで世界中の株価指数・商品・株式・ETFに投資できます。
②S&P500のスプレッドは0.3pips、NASDAQ100は0.8pipsと最も低コストで株価指数はオーバーナイト金利がありません。
③米国株も厳選された30銘柄にも低コストで投資できます。
④PC用取引ツール・スマホアプリが国内株式・FX・CFDでも揃っています。

PayPayポイント運用が連動しているS&P500・NASDAQ100とは?

PayPayポイント運用は、PayPay証券とPayPayが提供するポイント運用で、S&P500を投資先とするETF(上場投資信託)とNASDAQ100を投資先とするETF(上場投資信託)に連動しています。

利用はPayPayアプリから行うことができますので、まだダウンロードされていない方は以下のリンクから可能です。

S&P500とはアメリカの株式市場の時価総額80%をカバーする代表的な株価指数、NASDAQ100は世界最大の新興株市場です。

日本のニュースで見聞きするアメリカの株価指数で有名なのは「ダウ平均株価指数」ですが、ダウ平均株価指数は30種のみで構成されており、時価総額が大きくてもAmazonやAlphabet(Google)などは含まれていません。

ですのでPayPayポイント運用でチェックするのは、ダウ平均株価指数はなくS&P500NASDAQ100です。

PayPayポイント運用で選択できるコースは以下の3つで、原資となるETFは以下のようになります。

  • チャレンジコース「Direxion S&P500 3✕(SPXL)」・・・S&P500の3倍の値動きをするハイリスク・ハイリターンコース
  • スタンダードコース「SPDR S&P500 ETF(SPY)」・・・S&P500と等価の動きをする標準コース
  • テクノロジーコース「インベスコQQQ(QQQ)」・・・NASDAQ100と等価の動きをするコース

PayPayポイント運用はあくまで株式投資になれるために提供されたサービスですので、PayPayの決済上限の月200万円以上の追加・引き出ししかできません。

もっと本格的に投資にトライしたい方は、このサービスの提供先であるPayPay証券なら実際に①②などの米国株ETFや日本株・日本株ETF・米国株にも1,000円以上・1,000円単位で投資ができます。

>>ポイント投資するなら「PayPayポイント運用」!その仕組みとPayPayポイントの集め方を解説!

PayPayポイント運用追加の判断に重要なS&P500・NASDAQ100のアノマリー

S&P500NASDAQ100は年がら年中上昇していわけではなくて、パフォーマンスが好調な時期と低調な時期があります。

ある程度把握しておいたほうが良いのが、次の3つの期間だと思います。

  • 10月~11月は強い・4月・7月も強い
  • 5月は売れ(セルインメイ)
  • 9月は売り(どの期間でもマイナス)

読者の方は11月~1月が強いことも、5月・9月が弱いことも経験済みなので十分把握されていると思います。

実際に論よりも証拠で、グラフで確認すると視覚的にもわかりやすいと思います。

👇のグラフは、S&P500NASDAQ100の10年間の月度別のリターンを平均化したものです。

S&P500・NASDAQ100月間平均騰落率

今回は「引き出し」タイミングじゃなくて「追加」のタイミングなので、「追加」に適した月度を確認していきたいと思います。

非常に強いのは10月~11月・4月・7月

S&P500が非常に強い月度は10月~11月そして4月・7月も非常にS&P500NASDAQ100パフォーマンスが良好な月度です。

10月に関しては大統領選挙の年は選挙まで軟調なことが多いため、その年は軟調なパフォーマンスですが、それ以外のときは堅調なので大統領選挙がある年なのか・ない年なのかパフォーマンスが決まってきます。

この前の9月はいつの時期もS&P500NASDAQ100のパフォーマンスが低迷する弱い時期なので、その反動のせいか反発して上昇していくことが多いので9月は引き出しておいて、10月に底値を狙うのが運用としては手堅いやり方になります。

また例年3月・5月は冴えないパフォーマンスであることが多いのですが、その反面翌月の4月・6~7月は高パフォーマンスであることが多いので、このときも追加する好機となります。

5月は売れ(セルインメイ)

10月からの上昇相場では時々調整することはあっても、継続的に上昇を続けて4月末まで上昇が継続しやすい傾向にあります。

ところが例年の反動からか5月は軟調であることが多く、データでも4月のパフォーマンスの高さから比較して低めです。

ですので「セルインメイ」で調整することが多い5月は、一旦は休んで次の夏に向けての上昇相場に備えたポジションメイクを探る時期だといえます。

9月は売り

9月はどの時期をとってもS&P500NASDAQ100のパフォーマンスはマイナスの運用であることが多い時期です。

過去10年データ S&P500 NASDAQ100
平均騰落率 -0.35% -0.63%
運用がプラスになる確率 50% 40%

そのため8月半ばあたりからは警戒して、チャート上で変調があれば引き出して9月はやり過ごすというのが手堅い運用方法になります。

チャートでローソク足を見ていると図のような形状のものが天井圏で出現したら要注意です。

この形状は「スパイクハイ」と呼ばれており、天井を示唆する形状です。

スパイクハイ

PayPayポイント運用の追加タイミングはチャートが教えてくれる

S&P500NASDAQ100には実際に投資に適した時期があることがわかったと思います。

そして次は具体的にどのタイミングで「追加」を行うのかチャートで解説していきます。

実際の取引のタイミングは別記事で随時更新しておりますので参照ください。

関連記事

PayPayポイント運用は、米国株式市場の時価総額の80%を占める代表的な株価指数S&P500に連動するETFに擬似投資しているポイント運用サービスです(テクノロジーコースはNASDAQ100・金コースはSPDRゴールド・シェア)。[…]

PayPayボーナス運用をチャートで攻略!【3つのコツも解説】

利用するチャートは非常に高性能で取引コストが安いGMOクリック証券【CFD】のチャートで説明します。

相場の押し目になりやすい62EMA(62日指数平滑移動平均線)

62EMA(62日指数平滑移動平均線)を取引の中核に据えるという考えはFXコーチのロブ・ブッカーが考案したもので、フィボナッチ黄金比率61.8を四捨五入したものです。

押し目買い・戻り売りで機能しやすく、S&P500でも不思議なくらい当てはまります。

62EMA20220225

※チャートはGMOクリック証券【CFD】を引用

PayPayポイント運用では追加(買い)しかできませんので、買い目線なら確かに62EMAで反発しやすいのですが、画像のように下落相場では戻り売りでも62EMAは機能します。

ですが過信は禁物だと思います。

できれば62EMAに接触または下抜けたところで準備し、反発するか一度は下抜けても62EMAを再度上抜く値動きをすれば「追加」する方法がベターです。

なぜなら新型コロナウィルスが感染拡大の一途をたどっていた2020年2月~3月では62EMAは一瞬で突き抜け、200SMA(200日移動平均線)も下抜け、800SMA(800日移動平均線)も突き抜けるなかなかお目にかかれない状況になっていました。

うっかり62EMAで逆張りして、価格が下抜けでもしたら最悪なのです。

200SMA(200日単純移動平均線)

200SMA(200日移動平均線)は最近出番が減っていますが、S&P500を下支えするメジャーな移動平均線で、62EMAを奪回できずに200SMAまで調整するようなら積極的に買い出動の準備をする好機だと思います。

コロナショック前までは62EMAを割り込んで200SMAでサポートされた例は非常に多かったので、現在のように200SMAまで調整する例が極端に少ない現象は本来は少ないと思います。

水平線のブレイク・反発

直近の高値に水平線を引いておいて、そこを終値でブレイクすると上昇しやすくなります。

また以前の高値に引いておいた水平線は、一度ブレイクするとその後下落をサポートする水平線として機能しやすいので消さずに引いたままにしておくと運用に役立ちます。

水平線20220225

※チャートはGMOクリック証券【CFD】を引用

例えば2022年1月からS&P500が下落していったときに、その下落をサポートしたのは2021年6月にブレイクした水平線で、それ以前は2021年9月の下落もサポートしていました。

これを2月に再び下方にブレイクしようとしましたが、ひっくり返されブレイクに失敗しています。

このようにブレイクに失敗した現象は「フォールスブレイクアウト」とよばれ、相場のトレンドの転換点となりますので出現したときには全力で追加したほうがパフォーマンスは非常に高くなります。

プライスアクションで追加タイミングを図る

移動平均線と水平線で売買水準を決めることはわかったと思います。

次に重要なのがローソク足のパターンで値動きそのものを分析して市場の心理を状況判断する方法「プライスアクション」です。

ローソク足は始値・高値・安値・終値で1日の値動きを構成しています。

このローソク足単体で見るよりも前日・翌日のローソク足との組み合わせで判定する方法がより精度が高いと思います。

スパイクロー

下落中の相場に出現すると、反発を示唆するのが「スパイクロー」です。

ローソク足の実体が短く、下方向へのヒゲが異様に長いのが特徴です。

スパイクロー

勢いよく投げ売られていた相場が、売り方の撤退(裏切り)や買い方による切り崩しによって、急速に押し戻された状況を示しています。

とくに一旦は重要な安値水準を割り込んだものの、急速に戻してこのスパイクローが出現し、翌日は大陽線になった場合は、フォールスブレイクアウトといって買いのチャンスになります。

他には下落トレンド中のレンジを一旦下抜けしながら、スパイクローが出現し逆に上方向にレンジをブレイク・アウトする方もあります。

いずれもスパイクローが出現することが多いです。

ブリッシュリバーサル

下落中の相場が反転する可能性が高くなったことを示したシグナルです。

ブリッシュリバーサル

どちらかといえば、株式よりも商品相場で結構発見することが多いローソク足のパターンです。

ブレイクアウト

それまでなかなか突破できなかった高値を突破する現象ですが、トレンドラインを引いてモメンタム投資と呼んでよく利用しています。

レンジの中で最も大きなローソク足の高値を更新すると信頼性が高いです。

モメンタム

このようにブレイクアウトした水平線は、今度は下落をサポートする水平線として機能していきます。

そして今度は下落トレンドに陥ったときに、その水平線で一旦は下方向にブレイクしたと見せかけて急反転する現象を「フォールスブレイクアウト」とよび、それまでの下落トレンドが覆って上昇相場に転換するサインとなります。

フォールスブレイクアウト

今回は追加のタイミングについて解説していますが、逆に引き出しのタイミングでは以下の記事にまとめていますので活用されてください。

関連記事

PayPayポイント運用で利益を確保して、せっかく集めて増やしたPayPayポイントを守るための引き出しタイミングについて解説します。 PayPayポイント運用は、PayPay証券(旧 One Tap Buy)とPayPayが提供する[…]

PayPayボーナス運用の引き出しタイミングはいつ?チャートを使った判断も解説!

ハピタスなら稼いだポイントをPayPayポイントに交換できる

PayPayポイント運用で追加できるのはPayPayポイントだけなのですが、このPayPayポイントをPayPayで稼ぎ出すのはなかなか難しいです。

というのもPayPayの還元率はキャンペーンでもなければ0.5%ですので、1万円の支払いに使っても50円分のPayPayポイントしかもらえないからです。

そこで活用したいのが、ポイントを300円分から無料で交換できるポイントサイト「ハピタス」です。

ハピタス

交換できることはわかっても、ポイントを稼ぎにくかったら意味はないのですが、ハピタスなら提示されている広告のポイントが非常に高く、その魅力をブログなどで紹介することで得られる紹介報酬(ダウン報酬)でもポイントサイト中でNo.1のサイトです。

ハピタスではネットショッピングやクレジットカードの広告などを利用する

ハピタスでは企業の広告を掲載し、登録した会員がその広告を利用することで、企業から広告費が支払われビジネスが成り立っています。

会員は広告を使ってもらうようにその広告費の一部が支払われますが、ハピタスの場合はそのインセンティブ(報酬)が非常に高いです。

ポイントサイトの仕組み

例えば、楽天カードなどのクレジットカードなら楽天公式からの新規入会特典がアップするときには非常に高いポイント還元になっています。

他にもFX口座の開設なども結構報酬は高いですね。

ハピタス掲載楽天カード

しかし申込みたいクレジットカードやFX口座なども数に限りがありますので、利用し尽くしたあともコンスタントに稼ぐには、「お友達紹介制度」を活用することでバイトするよりも稼げるようになります。

稼げるハピタスのお友達紹介制度

ポイントサイトでコンスタントに稼ぐなら「お友達紹介制度」で自身の紹介URL経由で登録してもらえる方をたくさん紹介することが一番大きく稼げる方法です。

他のポイントサイトでも「お友達紹介制度」はありますが、ハピタスの場合は対象となる広告の範囲が楽天市場などのネットショッピングも含み非常に広く、お友達が獲得したポイントの数%~数十%をもらえる(お友達が獲得したポイントは減りません)「ダウン報酬制度(ハピタスでは紹介報酬率)」もトップクラスです。

報酬率は累計紹介人数で決定されていますので、早く取り組めば取り組むほど稼ぐ力は向上していきます。

ハピタス紹介報酬テーブル
紹介報酬率が最高になる人数は1,000人ですが、ブログなどで幅広くメリットを説明して紹介していけば不可能ではないです。ハピタスのお友達紹介制度では、前月にお友達が獲得したポイント数に紹介報酬率を掛けて、翌月5日頃にポイント通帳に反映します。
仮に1,000人の方を紹介することに成功し、平均500円くらいの広告を利用してもらったとすると以下のように報酬が支払われます。
  • 1,000人×(500円×紹介報酬率40%)=200,000円

といってもPayPayポイントへの交換は月30,000円分までなので全部交換することは出来ません。

しかしPayPayポイント運用で仮に10%の利益をあげたとしても元本のPayPayポイントが2,000円分くらいなら利益は200円分しかならないのに対し、ハピタスから交換した30,000円分もあれば10%の利益で3,000円分の利益になります。

ハピタスに登録して原資となるPayPayポイントを稼ぎましょう。

ハピタスへの登録は、このサイト経由で特別紹介特典として合計1,110円がプレゼントされます。

ハピタス紹介バナー

>>ハピタスへの新規登録で紹介特典1,110円をもらう方法

関連記事

提供元:ハピタス ポイント決済サービスの「PayPay」のPayPayポイント運用で「追加」できる残高は、PayPayポイントのみですが、これをPayPayの支払いでPayPayポイントを集めようと思うと基本0.5%の還元率ですので、1万[…]

PayPayボーナスの集め方(ハピタスでポイントを稼いで交換する方法)

【まとめ】PayPayポイント運用の追加タイミングはいつ?

PayPayポイント運用は、S&P500NASDAQ100に連動するETFに擬似投資しています。

ですのでチェックするのは、S&P500NASDAQ100のチャートになります。

チェックするのは基本以下の内容でチェック頂いたほうが良いと思います。

  • アノマリーでは「6月~7月」・「11月~1月」・「4月」が強い
  • テクニカル分析では「62EMA」・「水平線」で追加タイミングを図る
  • プライスアクションでは「スパイクロー」・「ブリッシュリバーサル」・「ブレイクアウト」が買いシグナル

このPayPayポイント運用サービスを提供しているPayPay証券は、24時間365日米国株への投資ができて、1,000円以上1,000円単位で投資ができる画期的な証券会社です。

ただ投資のハードルを大幅に引き下げた分、株式投資に必須な指値・逆指値などの概念がなく、コストが高いのが欠点です。

もしS&P500などの株価指数への投資を本格的におこなって、損失を限定する仕組みである逆指値などをおこなって厳密な資金管理をするならGMOクリック証券【CFD】のほうがオススメです。

特にCFD取引ならGMOクリック証券【CFD】がFXのスワップ金利に相当するオーバーナイト金利が株価指数取引では発生せず、事実上の手数料であるスプレッドもS&P500ではもっともコストが安い(0.3pips)ためダントツでオススメです。

株価指数を買いからも売りからも取引できるGMOクリック証券CFD
4.5

GMOクリック証券CFD300250

①FXと同じ仕組みで世界中の株価指数・商品・株式・ETFに投資できます。
②S&P500のスプレッドは0.3pips、NASDAQ100は0.8pipsと最も低コストで株価指数はオーバーナイト金利がありません。
③米国株も厳選された30銘柄にも低コストで投資できます。
④PC用取引ツール・スマホアプリが国内株式・FX・CFDでも揃っています。

関連記事

米国株式市場の代表的な株価指数といえば『S&P500』。 10年以上もの長きに渡って右肩上がりの上昇をしてきたため、日本の非課税枠積立投資の「つみたてNISA」・「iDeCo」では『S&P500』に連動した投資信託が選[…]

S&P500の暴落の理由と下落時でも収益を獲得できるCFD取引とは?