銀(シルバー)急騰サイン「カップウィズハンドル」完成

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。

3月3日に投稿した記事で、ゴールド・シルバーの上昇相場がブルフラッグのブレイクによって再開されたことを指摘しましたが(赤矢印)、それからゴールドは最大17.6%、シルバーに至っては最大40%もの上昇を達成しています。

ゴールド週足20240525
ゴールド週足

チャートのように急騰したものの、直近は「ひょっとしたらWトップなのでは?」という疑惑を感じさせる形状になっています。

一方で詳細を分析するとさらに上昇する可能性も示唆しています。

今回は、この金(ゴールド)のさらなる上昇の可能性と、下落リスク、さらにゴールドよりもさらに大きな上昇を期待させるチャートが完成している銀(シルバー)について解説したいと思います。

この記事でリアルタイムチャートを確認している楽天MT4CFDの口座開設は、楽天証券FX口座の開設後に、楽天MT4CFD口座を申し込むことでチャートを閲覧したり実際にS&P500などの世界中の株価指数や金・銀・原油などの商品を取引できるようになります。

S&P500などの株価指数や金・銀・原油などの商品のリアルタイムチャートが無料で閲覧できる楽天MT4CFDは、楽天証券FX口座の開設後に、楽天MT4CFD口座を申し込むことで高機能チャートMT4を無料で閲覧できたり、実際にS&P500などの株価指数を取引できるようになります。


楽天証券は、新規口座・NISA・iDeCo開設数No.1の資産運用に欠かせないネット証券です。

  • 国内株式手数料無料!
  • 楽天プレミアムカード投信積立1%還元、楽天キャッシュ投信積立最大2.0%還元
  • 単元未満株取引「かぶミニ™」・単元株積立「かぶツミ™」
  • 投資に必須な有益な書籍が無料で読めます(iSPEEDアプリなら日経新聞も無料で読めます)。
  • S&P500などの株価指数や金・銀・原油などの高性能チャートが無料、リアルタイムで投資もできる楽天MT4CFD

\口座維持管理手数料無料/

世界中の株価指数・商品にリアルタイムで投資できる!
記事内に広告を含みます(PR)

金(ゴールド)に期待できる上昇余地と下落リスク

ゴールドは、3月に指摘したブルフラッグのブレイクから急騰しこの3ヶ月で15.31%も上昇しています。

ゴールド日足20240525
ゴールド日足

しかし先週は、大きく下落しており”A地点”にひいた水平線を割り込めば、上昇どころかWトップで暴落しかねない状況になっています。

一方で”C地点”で反転に成功して上昇し始めれば、上向きのトライアングル「アセンディングトライアングル」を形成してさらに上昇していく可能性がでてきます。

したがって来週(5/28~5/31)は、ゴールドが再上昇に向けて足がかりを作れるかどうかの分岐点になる重要な時期になります。

当方としては、現在の状況は物価高と景気後退が同時に発生する「スタグフレーション」に酷似していると考えており、当時の1970年代ではゴールドは15.9倍に高騰した実例から、この局面は上昇トレンド継続のための健全な調整だと判断しています。

スタグフレーション

したがってメインシナリオは①「アセンディングトライアングル」を形成してさらなる上昇を想定します。

しかしリスクは全くないわけではないので、サブシナリオとして②Wトップをつけて大幅な下落を喫するケースも常に警戒しておきます。

①ゴールドがアセンディングトライアングルを形成してさらに上昇するケース

ゴールド4時間足アセンディングトライアングル
ゴールド4時間足

前提条件として、明らかな物価高、物価を抑制するための中央銀行による金利引き上げによって景気後退が引き起こされると「スタグフレーション」が成立します。

2022年は1973年に酷似しており、過剰な緩和によって引き起こされた物価高を始末するために、現状は中央銀行によって急ピッチで金利が引き上げられている最中ですので、この先景気後退が発生して中央銀行がなりふり構わず利下げを行えば当時と同様にゴールドが急上昇すると考えています。

したがってゴールドは天井をつけるには早く、買われすぎた状態を是正する動きに過ぎないという前提に立つと、何らかの上昇トレンド継続型パターンを形成するものだと考えています。

そうなると現状の動きは、上向きのトライアングル「アセンディングトライアングル」を形成していると考えられます。

アセンディングトライアングル

アセンディングトライアングル」は上昇トレンド継続パターンで、サポートラインとして機能する上昇する下値支持線と、レジスタンスラインとして機能する水平な上方トレンドライン上値抵抗線との間隔が徐々に狭くなっているトライアングルです。

特徴は天井をつけて下落した地点からサポートラインとレジスタンスラインの間でローソク足がA・B・C・D・Eとカウントを行いながら推移し、E波の調整波から切り替えした後に最終的に水平線ブレイクアウトします。

このうち最終調整波のE波は、トライアングルをスローオーバーしやすい特性があるため、売り方が「トライアングル」失敗と誤認しやすく、誤認したがゆえに反転して逆方向の上値抵抗線をブレイクしてしまうとショートで入った勢力が一斉に損切りをするため価格が急騰します。

現状のゴールドは、A・Bを達成しているためC波がA地点よりも安値を切り上げて反転した場合、より「アセンディングトライアングル」の可能性が高まることになります。

したがって、来週は安値を切り上げて反発を開始して4時間足200SMAに相当する2,350を奪回できるかが焦点になります。

もし火曜日の相場で2,350以上で引ければ、2営業日前の大陰線と1営業日前の実体が小さいローソク足、そして2営業日前の大陰線の半値以上を奪回した陽線との組み合わせになります。

明けの明星引用:IG証券/「明けの明星とは?」

このパターンは「明けの明星」といって相場反転のシグナルとなります。

需給としてもここ最近では、貴金属市場を支配している中国勢は米国債を売ってゴールド・シルバーを大規模に買うオペレーションを月曜日または金曜日に集中して行っており、メモリアルデー明けの火曜日では大きく買ってくる可能性が十分あります。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。「アセンディングトライアングル」とは、上昇継続を示すチャートパターンで、ブレイクに成功すると高い確率で価格が上昇します。反対に下落トレンド継続を示すチャートパターンは[…]

アセンディングトライアングルとは?トレードのタイミング(上抜け・下抜け・利益確定)は?

②ゴールドがWトップをつけて大幅な下落を喫するケース

ゴールド日足ダブルトップ
ゴールド日足

ゴールド強気派にとって最悪なケースになるのが、ネックラインに相当する2,277付近の水準を下抜けてダブルトップを完成させてしまう場合です。

この場合、ネックラインからの下げ幅の目安は、ダブルトップの高値とその間の安値との値幅と同程度とされています。

したがって下落ターゲットは2,103にも達するため、これまで3月~5月で築いてきた上昇幅をすべて帳消しにすることになります。

ただこのケースは、過剰な債務により通貨価値が低下し物価が高騰していく中で、資産の減価を防ぎ資産の価値を保存する目的で購入されるゴールドの価格上昇を全面的に否定していることになります。

現実の世界は、これまでの異例な低金利と量的緩和で過剰に膨らんだ政府の債務と、止まる気配のない物価高騰から資産の価値を守る方法としてゴールドが選好されており、加えてドルの支配から脱したい中国が米国債を売却した資金でゴールドを買い集めています。

そのためダブルトップで暴落するケースは、アメリカの中央銀行にあたるFEDが現在のインフレを魔法のステッキで「なかったことに」できたときだけだといえます。

関連記事

こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。2021年から高進したインフレによりにわかに活況を浴びたのがコモディティへの投資です。このコモディティの投資は、アメリカの中央銀行にあたるFED(連邦準備制度)が金融[…]

スタグフレーション最強のアセットクラス「銀(シルバー)」が爆騰する理由と投資タイミング

銀(シルバー)は、カップウィズハンドルをブレイク

次にゴールドよりもさらに大きな上昇を期待させるチャートが完成している銀(シルバー)について解説したいと思います。

銀(シルバー)は、1970年代の「スタグフレーション」時においてゴールドを凌駕する30倍もの暴騰を達成しています。

スタグフレーション

もともと銀(シルバー)は、中央銀行に外貨準備として買われる性質のものではなく、実需的な購入はETFからの資金の流入だけという非常に不安定なものです。

そのため資金が一時的に集中すると急騰したり、引き上げられると現実的な価値を超えて売られるケースが続いてきました。

ただ今回は、ゴールドを積極的に購入し市場を支配している中国勢が同じく銀(シルバー)を同様に現物を購入し続けており、一時的に買ってもいずれは決済される証拠金取引と違って売られる要素が少ないため、下値は以前に比べて格段に底堅くなっているはずです。

そしてゴールド以上の上昇を予感させるのが、銀(シルバー)が完成させているチャートパターン「カップウィズハンドル」です。

銀(シルバー)急騰のサイン、カップウィズハンドルを形成

シルバー週足20240525
シルバー週足

銀(シルバー)は、週足レベルで急騰を示唆するチャートパターン「カップウィズハンドル」を完成させています。

その期間は、2021年から3年もの期間を経ており、上値抵抗線にぶつかった後にプルバックするハンドル部分も完成させ、上値抵抗線(=30ドル付近)を大きくブレイク・アウトしています。

さらにブレイク・アウトした後に上値抵抗線が下値支持線に替わったか確認する再テストも先週行われています(一般的にリターンムーブと呼ばれる現象)。

カップウィズハンドルをブレイク・アウトした銀価格は、レジサポ転換した上値抵抗線(=30ドル付近)あたりでまだ推移しているため、急上昇前の非常に安い状態で買うことができる絶好機だといえます。

銀(シルバー)はブルフラッグを形成

シルバー4時間足
シルバー4時間足

では現在の銀(シルバー)のチャートを確認したときに、どこから買いから入るべきかが問題になります。

なぜなら銀(シルバー)は、ゴールドが1%動けば、2%~4%といった具合に数倍動く傾向にあり、ざっくり証拠金取引で高値掴みすればあっという間にロスカットになることもあり得るからです。

エントリータイミングは、3通り存在し上から順に低リスクになります。

    1. ブルフラッグの上値抵抗線の上方ブレイクでロング
    2. 29.85~30.13付近の下値支持線でロング
    3. ブルフラッグの下値支持線で逆張りロング

    ブルフラッグは、上昇トレンド継続型のチャートパターンであり、調整に入る前に急上昇していたポール部分と右肩下がりの平行チャネルによって成立しています。

    この調整が直近の急上昇の値幅の50%~61.8%で収まっており、右肩下がりの平行チャネルをローソク足の実体が上抜いたときブレイクアウトが成立し、価格は急上昇する傾向にあります。

    上昇フラッグイグジットポイント
    上昇フラッグイグジットポイント

    確実なのは①ですが、歴史的な上値抵抗線が下値支持線に転換していることが前提でリスクを取れるのであれば、29.85~30.13付近の上値抵抗帯で逆張りで買うことも選択肢としてありえます。

    無事上昇トレンドに乗って推移していった場合、短期的に36.55までの急上昇は十分ありえます。

    しかし長期で銀(シルバー)を購入している勢力が望んでいる中期的なターゲットは、カップウィズハンドルでもたらされる50ドルを超えるような暴騰であろうと思います。

    関連記事

    こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。今回はチャートパターンの一つ『ブル(上昇)フラッグ』について解説します。『ブル(上昇)フラッグ』とは、上昇トレンドを保っている相場が調整によって右肩下がりの平行チャネ[…]

    ブルフラッグの特徴・チャートパターン・エントリーは?利益確定方法も解説

    分析チャートツールはダントツでTrading Viewが便利(代替は楽天MT4CFD)

    この記事で掲載しているチャートは、Trading Viewを使っています。

    GOLD日足20240303
    GOLD日足

    とくに同じく持ち合いを示すトライアングルパターンをa・b・c・d・eでカウンティング機能、またはエリオット波動のカウンティング機能は、かなり便利で広く世界中のトレーダーに使われています。

    まずはTrading Viewの無料版からはじめてみましょう。

    \利用登録無料の高機能チャート/

    無料で便利なチャートツールは楽天MT4CFD

    Trading Viewは、無料で閲覧できる高機能ツールですが、無料プランで表示できるインジケーターは2つまで、チャートを同時表示できないなど、十分な機能を使うには月額$12.95のエッセンシャル以上のプランにしなければ、機能に制限があるので不便に感じる場合があります。

    そこで無料でありながらテクニカル分析を無限に追加できる楽天MT4CFDを使うことも手段の一つです。

    MT4で金(ゴールド)のチャートをチェックするには、XAUUSDのシンボルを追加することで可能になります(銀はXAGUSD)。

    Trading Viewに対する利点は、楽天MT4CFD口座を開設していれば無料で機能を使えることとローソク足の動きが非常に速く判断を下しやすいことです(Trading Viewはリアルタイムの反応速度が少し遅いです)。

    そのため短期売買になればなるほど楽天MT4CFDの利点がいきてきます。

    楽天MT4CFDならS&P500などの株価指数や金・銀・原油などの商品の高機能チャートMT4を無料で閲覧でき、リアルタイムでも取引ができます。

    \口座維持管理手数料無料/

    世界中の株価指数・商品にリアルタイムで投資できる!

    低コストで少額資金からでも投資できるのはGMOクリック証券

    チャートに関しては、Trading Viewまたは楽天MT4CFDで十分な分析ができます。

    しかし金(ゴールド)・銀(シルバー)など世界中のあらゆる投資対象を現物株取引・CFD取引・FX取引により低コストで取引できるのは、GMOクリック証券です。

    さらにアップデートにより例えばS&P500では、これまでCFD取引するのに必要だった最低証拠金65,000円前後が1/10の6,500円前後からでも取引できるように大きく改善され他の証券会社と比べて少額からでもスタートできるようになっています。

    また実質的な取引コストであるスプレッドでも以下のように低コストです。

    CFD取引会社S&P500WTI原油GOLD
    GMOクリック証券0.3pips3.0pips0.4pips
    IG証券0.6pips2.8pips0.3pips
    サクソバンク証券0.5pips6.0pips0.3pips
    OANDA Japan CFD 0.4pips3.0pips0.3pips
    DMM CFD 0.5pips3.9pips1.2pips
    楽天MT4CFD0.5pips8.0pips2.7pips

    このようにGMOクリック証券はコスト面でも優れており、株価指数・商品・外国株を少額からでも取引できるメリットがあります。

    そのためか取引高シェアにおいても証券CFDでは72%・商品CFDでは65%など「国内店頭CFD取引高9年連続No,1(GMOクリック証券調べ2014年1月〜2022年12月)」になっている証券会社です。

    スタートはGMOクリック証券からはじめてみましょう。

    関連記事

    こんにちは、cohamizu(@cohamizu1)です。ネット証券は国内株式手数料無料化に踏み切ったSBI証券・楽天証券の口座を保有してない方はいないと思いますが、今回紹介するGMOクリック証券は、両者と比較しても国内株式の手数料が安[…]

    FX/CFD国内最強の証券会社「GMOクリック証券」のメリット・デメリット

    【まとめ】銀(シルバー)急騰サイン「カップウィズハンドル」完成

    銀(シルバー)は、価格急騰のサインとして知られている「カップウィズハンドル」を完成させています。

    さらにありがたいことに、30ドル付近の上値抵抗帯を再テストした状態で引けており、2024年5月28日から投資家は絶好の位置にある銀(シルバー)を急騰前に購入することができます。

    ただし銀(シルバー)のドライバーは、ゴールドでなので、思惑通りになるにはゴールドが反発を開始し始めなければ成立しません。

    その点だけ注意して、高騰の可能性が高い銀(シルバー)へのトレードに取り組んでいただけたらと思います。

    今回の分析につかったTrading Viewは、分析ツールとして広く一般的に使われていますが、十分な機能を使うには月額$12.95のエッセンシャル以上のプランにしなければ、機能に制限があるので逆に使いにくい部分もあります。

    そのため実際には、十分な機能でかつ無料で分析を行うことができる楽天MT4CFDのチャートでトレードのタイミングを図ったほうが、コストも掛からず取り組みやすいと思います。

    楽天CFDは世界中の資産にほぼ24時間投資可能!少額からスマホアプリでいつでもどこでも取引可能!


    楽天MT4CFDならS&P500などの株価指数や金・銀・原油などの商品の高機能チャートMT4を無料で閲覧でき、リアルタイムでも取引ができます。

    楽天証券は、新規口座・NISA・iDeCo開設数No.1の資産運用に欠かせないネット証券です。

    • 国内株式手数料無料!
    • 楽天プレミアムカード投信積立1%還元、楽天キャッシュ投信積立最大2.7%還元
    • 単元未満株取引「かぶミニ™」・単元株積立「かぶツミ™」
    • 投資に必須な有益な書籍が無料で読めます(iSPEEDアプリなら日経新聞も無料で読めます)。
    • S&P500などの株価指数や金・銀・原油などの商品のリアルタイムチャートが無料で閲覧でき、効率の高い投資もできる楽天MT4CFD

    \口座維持管理手数料無料/

    世界中の株価指数・商品にリアルタイムで投資できる!
    銀(シルバー)急騰サイン「カップウィズハンドル」完成
    最新情報をチェックしよう!