楽天ポイントを現金化する方法

楽天ポイントをもっと自由に使えるために現金化する方法について解説します。

楽天関連サービスを利用すると貯まる楽天ポイントは1ポイント=1円相当の価値を持っています。

楽天ポイントのままだと使えるサービスは限られてくるため、ポイントの使い道が思いつかず用途が自由な現金に換えたほうが使い勝手が良いと考える方は多いと思います。

現金化するならば、等価では誰でも考えつくことですので、どうせなら増幅する方法を解説していきたいと思います。

楽天ポイント通常ポイントと期間限定ポイントの違い

楽天ポイントは「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類に分類されます。

楽天通常ポイント

「通常ポイント」は、楽天カードを始めとした楽天の様々なサービスの利用で貯まるポイントで有効期限は1年です。

ポイントを新規で獲得するごとに期限は1年延長されるため、楽天関連のサービスを使い続けている限り実質無期限です。

楽天期間限定ポイント

「期間限定ポイント」は、楽天市場の利用時に楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)を始めとして楽天の様々なサービス利用で貯まるポイントです。

有効期限はそれぞれ異なります。

「期間限定ポイント」は、有効期限内に使い切ってしまわないと失効してしまうため、後述しますが「楽天ペイ」などの決済手段で利用すると良いでしょう。

楽天ポイントの利用には上限があり

楽天ポイントの利用は実は上限があります。

レギュラーランクからプラチナ会員までは、3万ポイント/回・10万ポイント/月の制限があります。

最上位のダイヤモンド会員では、50万ポイント/回・月となっています。

通常ポイントの現金化の方法

「通常ポイント」は価値が高く、使い道が非常に広いのが特徴です。

現金化する方法としては2通りに分けようと思います。

  1. 「通常ポイント」完全な現金化
  2. 「通常ポイント」実質的な現金化

順に説明していきます。

①「通常ポイント」完全な現金化→楽天ポイント投資で現金化する

楽天証券では投資信託の買い付けや国内株式の購入代金・手数料の一部ないし全部で「通常ポイント」を充当して利用することができます。

「通常ポイント」で投資信託を買い付けて、その後売却すれば、完全に現金化されます。

投資信託ですので株式に投資するタイプだと値動きが激しく、売却時までに株価が下落して損失が生じる場合もありますので、買付する投資信託は国内債券を投資対象として、信託財産留保額がない「eMAXIS Slim国内債券インデックスファンド」が良いと思います。

信託財産留保額とは、投資信託を売却する際に必要となる費用で、保有する投資家と売却する投資家との公平性を保つために設定されています。

eMAXIS Slim国内債券インデックスファンド」は信託財産留保額が0で設定されているため、こういった利用方法でコストが安く済みます。

楽天証券でのポイント投資はSPU+1%アップの対象

楽天SPUには、「楽天証券でポイントを使って500円以上のポイント投資をすると+1倍」という項目があります。

楽天証券SPU

楽天証券で500円以上のポイント投資(投資信託購入)で、実施した月度の楽天市場のポイントが+1倍になります。

楽天証券

500円以上なので500ポイント以上を使用しなければならないのではなく、上記の画像のように1ポイント使ってあとは、現金でも問題はありません。

このポイント投資ができるようにするための手順は以下のとおりです。

  1. 「楽天証券」口座の開設
  2. 「楽天証券」の管理画面から「ポイント設定・SPU」
  3. 「楽天スーパーポイントコース」を設定

上記の設定が行われていれば、楽天ポイントを投資信託の買付に利用できます。

購入する金額は、100円以上1円単位ですので少額のポイントでも購入できます。

のちほど換金する場合は換金したいポイント数分を入力すれば良いと思います。

ポイントでもっとリスクをとって株式型の投資信託を買って資産を増やしたほうが良いと考える方もいると思いますが、それが有効なのは楽天カードで投資信託を定期的に積み立てる場合になります。

この場合は、楽天カードの支払いを5万円まで設定でき、購入分に1%のポイントが付与されます。

全くのノーリスクでポイントが増えますので、長期投資が目的の投資信託の買付は基本的に楽天カードで行い、上記の換金を目的としたポイント投資はリスクの低い国内債券型インデックスファンドで行って楽天SPU楽天市場のポイントを+1倍にするのを目的に利用したほうが良いでしょう。

楽天証券の口座開設はポイントサイト経由で更にポイントを獲得できます。

楽天証券の口座開設は、ポイントサイト「モッピー」経由の証券口座開設で「モッピー」から2,000円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「モッピー」は下記のバナー経由の新規登録&入会後の利用で最大2,000円相当のポイントプレゼントです。

1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー

>>モッピーの新規登録キャンペーンで紹介経由で2,000円をもらう方法

楽天銀行とのマネーブリッジで月間18ポイントを獲得する

楽天証券でポイント投資を行う前に、楽天証券と楽天銀行を連携させる「マネーブリッジ」を行うと2つの機能を利用できます。

  1. 楽天銀行の口座預金を楽天証券で投資信託・株式などの証券を購入する代金として即時利用することができます。
  2. 証券口座に入金した資金は利用しなければ、夜間のうちに楽天銀行の口座に自動的に戻るオートスイープという機能があります。

以上の2つの取引は、楽天銀行のハッピープログラムの対象取引ですので、楽天銀行の会員ステージがVIP以上であれば1件あたり3ポイントが付与されます。

①では楽天証券口座に資金をおかずに、楽天銀行の口座の資金で投資信託・株式などを購入すればハッピープログラムの対象取引1件としてカウントされ1件最大3ポイント付与されます(付与される件数は月間3件)。

ですので例えば500円の投資信託買付を、楽天証券口座に資金をおかずに、一部ポイントを利用して購入する作業を3回行えば、楽天銀行の口座から預金が投資信託の買付資金として出金され月に3回までは1件最大3ポイントが付与されます。

獲得できるポイント:3件×3ポイント=18ポイント

②では楽天証券口座に残った資金は、マネーブリッジの設定を行っていれば楽天証券口座に残らずに夜間に楽天銀行の口座戻り(オートスイープ)、ハッピープログラムの対象取引1件としてカウントされ1件最大3ポイント付与されます。

つまりポイント現金化では、オートスイープはポイントを一部使って購入した投資信託を売却して現金化した際に、楽天証券の口座には残らずに楽天銀行の口座に戻り、月に3回までは1件最大3ポイントが付与されます。

獲得できるポイント:3件×3ポイント=18ポイント
以上の作業をしていただければ、月間18ポイントもらえる上に、楽天銀行ハッピープログラム対象取引を6件もこなすことができます。
楽天銀行ハッピープログラムでは1件3ポイント付与されるVIPランク以上になるには、月間(26日~25日の間)の対象取引件数が20件ないといけませんが、楽天証券絡みのポイント投資による現金化のやり取りで6件も件数が稼げます。

楽天銀行は口座保有者の紹介URL経由の口座開設で1,000ポイントプレゼント

楽天銀行口座開設は、ポイント付与されるキャンペーンなどはありませんが、口座保有者が紹介を行うことで、ポイントの上乗せができます。

口座紹介URLで紹介を受け、→「エントリー」→「口座開設」&「入金」で楽天スーパーポイントが1,000ptプレゼントされます。

下記のボタンより当方のtwitterプロフィールにDMを送信できますので、要請いただけましたら紹介URLを送ります。
よろしければご利用ください。

 

②「通常ポイント」実質的な現金化→楽天カードの支払額へのポイント充当

楽天カードは利用金額をポイントで支払える「ポイントで支払いサービス」という機能があります。

ポイント充当

楽天カードのポイント還元率は1%ですので、10,000円楽天カードを利用すれば、ポイントは100ポイント付与されます。

このポイントを楽天カードの「ポイントで支払いサービス」に利用すると、実際の請求は9,900円になります。

しかも利用した10,000円の利用分に対するポイントは減ること無く付与されます。

仮に10,000円楽天カードを利用し、「通常ポイント」が10,000ポイントあって楽天カードの「ポイントで支払いサービス」に利用すれば、請求は0円になりますが利用した10,000円に対する100ポイントの付与は満額付与されます。

特に効果が高いのは、楽天市場の利用代金を「通常ポイント」で支払うことです。

楽天市場では楽天カードで支払うと楽天SPUにより、ポイントが基本1%から+3倍(楽天銀行を引き落とし口座にしているとさらに+1倍)ですので、楽天カードの「ポイントで支払いサービス」に「通常ポイント」を利用するとポイントがこの時点で5%もの価値増加になっています。

楽天ポイントで現金化の作業を楽天証券で実行するなど、楽天SPU対象のサービスを利用していればさらにポイントアップしますので、「通常ポイント」を楽天カードの「ポイントで支払いサービス」に充当するとさらにポイントの価値が上がることになります。

年会費無料の楽天カードは新規入会で2,000ポイント(=2,000円相当)、カードの初回利用で5,000ポイント(=5,000円相当)の合計7,000ポイントがプレゼントされる新規入会キャンペーンを実施中です。

期間限定ポイントの現金化の方法

「期間限定ポイント」は、有効期限が短く使い道が狭いのがネックです。

使い切っておかないと、期限が来てしまって失効するリスクもあります。

現金化する方法としては、「通常ポイント」と同じく2通りに分けようと思います。

  1. 「期間限定ポイント」完全な現金化
  2. 「期間限定ポイント」実質的な現金化

順に説明していきます。

①「期間限定」ポイント完全な現金化→ラクマで完全に現金化する

楽天市場で月一回ペースで開催されている、お買い物マラソンなどのセールを利用すると楽天SPUに加えて、1店舗あたり1,000円以上のお買い物でポイントが+1倍となり10店舗で+10倍になります。

ここで獲得できるポイントは10店舗も回ればかなりのポイント数がまとまって15日に付与されます。

期間限定ポイントですので期限まで使い切らなければなりません。

この有効な利用先が、楽天が運営するフリマ「ラクマ」です。

ラクマ」で現金化できる仕組みは以下のようになります。

【スタート】期間限定ポイントを使ってラクマで格安の商品を購入する

【現金化】ラクマで買った商品をAmazonで売却する

【現金増幅】売却して得た資金で楽天市場のセールでショッピングしポイントを得て、商品はAmazonで売却する

この流れを順に解説します。

ラクマ」へ未登録の方は、常時開催キャンペーンで400円相当のポイントがもらえます。

  1. 【楽天ポイント300ポイント】常時開催キャンペーンにエントリー
  2. 【ラクマポイント100ポイント】アプリ登録時に招待コード【Uu7Vx】を入力して新規登録
  3. 【認証で付与】メールアドレスの確認・電話番号認証でポイント付与

 期間限定ポイントを使ってラクマで買い物ができる

ラクマ」では「期間限定ポイント」がショッピングで利用できます。

割と新品商品が激安で転がっていますので、普通よりも安く入手可能なのですが、さらによく利用するユーザーに対しては5%off、新規登録者など利用頻度が少ないと8~10%offという高割引のクーポンが配布されます。

ラクマ」で割安な商品をさらにクーポンで安く、ポイントで購入できるわけです。

ラクマで買った商品をAmazonで売却する

ラクマ」で割安な商品をさらにクーポンで安く、ポイントで購入できたら、それをAmazonセラーセントラルでAmazonで売却します。

ラクマ」では新品の商品が格安で購入でき、Amazonではその商品を通常の価格で販売できますので、そこで差益が生まれます。

もっともAmazonセラーセントラル(出品サービス)では、手数料が発生しますので、「ラクマ」での購入価格と手数料を加味して、売却する価格を設定していないと赤字になります。

売却して得た資金で楽天市場のセールでショッピングした商品をAmazonで売却し楽天ポイントを得る

Amazonで売却したことで、手数料を差し引いた売却益ができましたので、これを使って今度は楽天市場のセールで買いまわりなどで売却する商品を購入していきます。

楽天市場のセールでは、楽天SPUに加えて、1店舗あたり1,000円以上のお買い物でポイントが+1倍となり10店舗で+10倍になります。

ショップポイントも+19倍にまで付与している場合がありますので、付与率の高いショップから購入していきます。

こうして購入できた商品を再びAmazonで売却します。

このときは楽天市場の購入価格とAmazonで売却できる価格は一緒かあるいは下回るかも知れません。

しかし楽天SPUと買いまわりポイントで14~44%の楽天ポイントが得られたはずですので、これを活用して再び「ラクマ」で商品を購入します。

この繰り返しでポイントから差益が生まれ、徐々に膨らんでいきます。

「ラクマ」へ未登録の方は、常時開催キャンペーンで400円相当のポイントがもらえます。

  1. 【楽天ポイント300ポイント】常時開催キャンペーンにエントリー
  2. 【ラクマポイント100ポイント】アプリ登録時に招待コード【Uu7Vx】を入力して新規登録
  3. 【認証で付与】メールアドレスの確認・電話番号認証でポイント付与

②「期間限定ポイント」の実質的な現金化

楽天が運営するコード決済楽天ペイは、「楽天ポイント」・「楽天キャッシュ」を支払いに充当することも可能になっています。

特筆すべきポイントは、「楽天ポイント」で支払ってもポイントが1%付与されることです。

しかも問題の「期間限定ポイント」から使用されます。

ですので「期間限定ポイント」が+1%の価値を生むため便利なコード決済サービスだといえます。

楽天ペイ」も導入が進んできているので、従来のコンビニ、ドラッグストアに加えて普段利用しているスーパー、飲食店でも導入されています。

この普段のショッピングで利用するとポイントの消化にも役立ち、1%のポイントまでつきます。

>>楽天ペイ7/1から常時最大1.5%還元(裏技使用で最大6.5%も)

楽天ペイは招待状で楽天ペイをはじめると200ポイントプレゼント

楽天ペイでは招待キャンペーンを行っています。
この招待状を受けた方が楽天ペイアプリをダウンロードして、初めてのログイン&クレジットカード登録をすると200ポイントがプレゼントされます。

下記のボタンより当方のtwitterプロフィールにDMを送信できますので、要請いただけましたらを招待状送ります。
よろしければご利用ください。

 

ガソリンスタンドでは出光でポイント払いが可能

「出光」では楽天ポイントカードが利用でき、かつ楽天ポイントを現金のように使用して給油することができます。

またポイントで給油してもポイントは2リットルにつき1ポイント 付与されます。

ただ、スマホなどにインストールできる楽天ポイントカードではなく、出光ガソリンスタンドで取得できる専用のものです(発行は無料です)。

ただし、そのまま楽天スーパーポイント利用ではオトクに給油できません。現金・クレジットよりもオトクに給油するにはキャッシュプリカ(プリペイドカード) が必要になります。

全国津々浦々の店舗の割引がどのようになっているか不明ですが、近隣ないしほぼ大多数の出光では、キャッシュプリカで店頭価格より2円引き/リッターとなります。

そのため事前に取得しておけば2円引きの価格から給油ができます。

また楽天ポイントは2リッターにつき1ポイント付与されます。

プリカでは割引価格が請求時に異なることと、プリカの場合は楽天スーパーポイントで支払う場合、プリカにチャージしている残高と楽天スーパーポイント残高の合算分の給油となります。

>>期間限定の楽天スーパーポイントの消化はガソリンスタンドが便利。

楽天ポイントを現金化する方法まとめ

楽天ポイントは1ポイント=1円ですが、現金化するにはできるだけ価値を生む現金化をしたいところです。

提案した現金化のうち「期間限定ポイント」は、「ラクマ」で「期間限定ポイント」を使用して商品を購入して、Amazonで売却する案を説明しましたが、出品の手間がかかる分、ポイントの増幅幅は限りがなく無限大です。

出品の時間がどうしても割けない場合は、ポイントの価値は1%程度しか向上しませんが、楽天ペイ」で「期間限定ポイント」を消費する方法がもっとも手っ取り早い方法です。

提案した現金化のうち「通常ポイント」は、楽天カードの利用代金を「ポイントで支払いサービス」に利用するのがオススメです。

特に楽天市場の利用代金をポイントで支払えば、楽天SPUやお買い物マラソンなどの買いまわりポイントで5~44%のポイントが得られているため、1ポイント=1円の価値が増幅します。

年会費無料の楽天カードは、新規入会で2,000ポイント(=2,000円相当)、カードの初回利用で5,000ポイント(=5,000円相当)となる新規入会キャンペーンを実施中です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、ブログ村のブログランキング・人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。