JCBの提携カードのポイント還元率をアップできる「ANA JCB プリペイドカード」

JCBカードの還元率を+0.5~0.65%底上げできるANA JCB プリペイドカードについて解説します。

ANA JCB プリペイドカードの基本的な還元率は+0.5%で、チャージでポイントが付与されるクレジットカードからチャージして利用することでクレジットカードのポイント還元とキャッシュバック・マイルの2重どりができるプリペイドカードです。

基本的なスペックは以下のとおりです。

・年齢制限は15歳以上で中学生ではないことが条件です。
・信用調査なし
・発行手数料無料(2021年3月31日まで利用開始手数料550円が無料になっています)
・年会費無料

このプリペイドカードの利点は3つあります。

  1. ANA JCB プリペイドカードはJCBカード還元率を+0.5~0.65%底上げできる
  2. 本人名義以外のクレジットカードでもチャージできるため、家族カードの代わりに利用でき家計管理に便利
  3. 本人確認(3Dセキュア)対応でセキュリティも強い

個人的には必ず保有していたほうが良いと思っているプリペイドカードです。

ANA JCB プリペイドカードが必ず保有したほうが良いと考えている理由と利便性と記事後半ではチャージに適したクレジットカードについて解説していきます。

チャージに適したJCB提携クレジットカードは、先に結論から言えば「楽天カードJCB」です。

理由はポイント2倍となる「街の利用でポイント2倍キャンペーン」適用月度にチャージすれば、合計で2.65%の還元率で支払えるからです。

今回はANA JCB プリペイドカードの基本情報と「楽天カードJCB」と組み合わせて還元率をアップさせてお得に利用する方法を解説します。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「ハピタス」経由で新規入会特典に加えて6,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大2,500円相当のポイントプレゼントです。

①ANA JCB プリペイドカードはJCBカード還元率を+0.5~0.65%底上げできる

ANA JCB プリペイドカードの発行は「ANA」です。

ANA JCB プリペイドカード

そのためマイルも貯めることもできますし、キャッシュバックも選択することができます。

ANA JCB プリペイドカードで支払いが行われた際の還元率は+0.5%で、チャージでポイント付与対象となるJCBブランドのクレジットカードでチャージして、カードのポイントとANA JCB プリペイドカードのキャッシュバック・マイルの2重どりができます。

ANA JCB プリペイドカードは、キャッシュバックとマイルの両方のうちどちらかが選択できます。

  基本還元率 半年間チャージ12万円 半年間チャージ24万円

キャッシュバックコース選択

0.5%
200円につき1円キャッシュバック

0.65%
180円キャッシュバック

0.65%
360円キャッシュバック

マイルコース選択

0.5%
1,000円につき5マイル
0.65%
180マイル付与
0.65%
360マイル

ですが実際のところマイルは航空券に利用するとその価値は1マイル=2円相当といって良いと思います。

そのためマイルをためている方は、マイルコースを選択したほうが有利です。

支払い方法

決済できる店舗はJCB加盟・QUIC Pay+加盟店であれば決済できます。

カードとして実店舗で使用するとき

カードとして利用するときは、クレジットカードを使用するときと変わりませんが、一括払いのみです。

QUIC Pay+で非接触決済で使用するとき

Google Payに登録してQUIC Pay+が利用できますので、スマホ決済に強いプリペイドカードです。

店頭では「QUIC Pay」でと宣言して、リーダーにかざすことで決済が完了しますが、QUIC PayとQUIC Pay+は実は別のもので、クレジットカードが支払い元の場合はあまり気にしないですが、支払い元がプリペイドカード・デビットカードの場合は、QUIC Pay加盟店では支払えないので注意が必要です。

QUIC Pay

インターネットの支払いで利用するとき

インターネットの決済に関しては、本人確認(3Dセキュア)に対応しており、カード番号・有効期限・セキュリティ番号を突破しても本人が管理しているパスワードを突破しなければ、利用できませんのでセキュリティが高いです。

よって、大事なクレジットカードは普段表に出さずに、こういったプリペイドカードに一旦チャージして利用しておけばいざというときに安心ですね。

②本人名義以外のカードでもチャージできるため、家族カードの代用となり家計管理に便利

ANA JCB プリペイドカードは、チャージでポイント付与対象となるクレジットカードでチャージすれば、クレジットカードのポイントとANA JCB プリペイドカードのキャッシュバック・マイルを獲得できる2重どりができるプリペイドカードです。

チャージするクレジットカードは、本人名義以外のカードを登録できます。

※本人確認(3Dセキュア)はあるためチャージする方がパスワードをしっかり管理されていれば安全です。

家計を管理するために、家族にANA JCB プリペイドカードを渡して、予算額をチャージして支出をコントロールするという使い方ができるプリペイドカードです。

プリペイドカードは残高以上利用することはできませんので、使いすぎを防止することができます。

チャージできるクレジットカードはJCBブランドのみ(一部を除く)

このANA JCB プリペイドカードにクレジットチャージできる上限は30万円(1回49,000円)とかなり大きい金額になります。

チャージ方法は以下の3つになります。

  1. クレジットカードからチャージ
  2. ローソン店頭で現金でチャージ
  3. 銀行口座からチャージ(インターネットバンキングチャージ)
  4. webコンビニでチャージ

①の気になる点はクレジットチャージでポイントが付与されるか否かですが、JCBのクレジットカードかつJ/secureに対応しているカードであればチャージ可能です。

カード番号が「354」「355」「3573」で始まるMy JCB登録可能なカードはポイントが付与されません。

他にも高還元率で有名なリクルートカードのJCBブランドはポイント付与対象外であることを明記していますので、それぞれのカードでもポイント付与のルールが異なっています。

例えばセブンカード・プラスカード(JCB)などはMy JCB登録可能なカードですのでポイント付与対象外なのですが、これは④で救済措置があります。

チャージでポイントが付与されて高還元率なクレジットカードは以下のラインナップです。

楽天カードJCB・楽天ANA JCB・楽天デビットカードJCB
・ヤフーカードJCB
Orico Card THE POINTJCB)
ビックカメラSuicaカード
番外編としては、楽天デビットカードJCB(還元率1.0%)もチャージよるポイント付与が可能でした。
正直JCBカードでは還元率的には低率なカードが多いのですが、ANA JCB プリペイドカードに1%のクレジットカードでチャージを行えば、合計の還元率を最大1.65%にまで高めつことが可能になります。
②③は特別なメリットはありません。
④は「Webコンビニチャージ」で店舗をセブンイレブンを選択すると、Eメールが届きますので、それに従ってセブンイレブンのレジでnanacoでチャージすることができます。
注意点は手数料が10,000円未満のチャージでは110円の手数料が課金されることです。
10,000円以上のチャージであれば手数料はかかりませんので、1回あたり10,000円以上チャージするようにしましょう。
1回あたりのチャージ上限は29,000円となります。
そのためセブンカード・プラスカード(JCB)はMy JCB登録可能なカードですのでポイント付与対象外なのですが、一旦nanacoにチャージして、セブンイレブンのレジで支払えば、ポイントの2重どりが可能になります。

本人確認(3Dセキュア)対応でセキュリティも強い

クレジットカードなどで設定できる本人確認サービス(3Dセキュア)は、ネットショッピングなどのオンライン決済時にカード番号・有効期限・セキュリティーコードに加えて、設定したパスワードによって本人認証を行う仕組みです。

ANA JCB プリペイドカードは、プリペイドカードとしては異例で「J/Secure」に対応しています。

そのため、「J/Secure」参加加盟店でインターネットショッピングをする際は、通常の取引情報(カード番号・有効期限・セキュリティ番号)に加え、パーソナルメッセージの確認とパスワードを入力しないと決済されませんので、不正にも強いので安心です。

本人確認(3Dセキュア)対応ならd払いに利用してポイント3重どりが可能

「J/Secure」に対応していることで便利なのは、ネットショッピングなどのオンライン決済の世界だけではなく、ドコモが運用しているコード決済サービス「d払い」に登録して利用することが可能になります。

※PayPayでは、JCBブランドで登録できるのはヤフーカードのみです。

d払い」に登録すれば、ポイントの3重どりが実現します。

クレジットカード(0.5~1%)+ANA JCB プリペイドカード(0.5~0.65%)+d払い(0.5%)=1.5~2.15%

近くで利用している店舗でLINE Payは使えないが、d払いは使えるという状態であれば、Visa LINE Payクレジットカードの3%還元が2021年4月30日までですので、それ以降はANA JCB プリペイドカードを支払い元に設定する方式が望ましいと考えています。

チャージにオススメのJCBカード

ANA JCB プリペイドカードへクレジットチャージでポイントが付与されるか気になるところですが、これはHPを見てもさっぱりわかりません。

やってみないとわからない、カード会社で異なるというのが実態です。

基本的には、JCBのクレジットカードかつJ/secureに対応しているカードであればチャージ可能です。

カード番号が「354」「355」「3573」で始まるMy JCB登録可能なカードはポイントが付与されません。

他にも高還元率で有名なリクルートカードのJCBブランドはポイント付与対象外であることを明記していますので、それぞれのカードでもポイント付与のルールが異なっています。

ANA JCB プリペイドカードを利用する理由は、JCBブランドのサブカードの還元率を高められるのが主な理由です。

そのANA JCB プリペイドカードのチャージで力を発揮するサブカードというのが楽天カードJCBです。

楽天カードJCBならポイント2重どりで2.65%還元

ANA JCB プリペイドカードへのチャージでオススメのJCBカードは、楽天カードJCBです。

楽天カードJCBだと還元率は1%という認識だと思いますが、条件を満たすと楽天カードANA JCB プリペイドカードへポイント2倍となる2%の還元率でチャージが可能です。

そのためANA JCB プリペイドカードへのチャージで最大2.65%の還元率で利用できます。

楽天カードJCBミッキー・ミニーデザイン

 

楽天カードは、ポイントアップできるキャンペーンがあり「街の利用でポイント2倍キャンペーン」にエントリーし、楽天市場楽天カードを月間2万円以上利用すると楽天市場以外の利用がポイント2倍(2%ポイント還元)となります。

ポイント2倍の対象外となるのは、公共料金・スマホ利用料などの通信費・他のネット通販などですので事前に確認してください。

>>キャンペーンポイント対象外リスト

楽天カードJCB×ANA JCB プリペイドカード=還元率最大2.65%

ANA JCB プリペイドカードへのチャージはポイント2倍(2%ポイント還元)の対象ですので、楽天市場楽天カードJCBを月間2万円以上利用した月にANA JCB プリペイドカードへチャージして支払いを行えば、最大2.65%の還元率で利用できます。

街の利用でポイント2倍キャンペーンの付与ポイントの上限は1,000ポイントですので、楽天市場以外の利用10万円までがポイント2倍です。

楽天市場以外の利用が10万円に収まるように、不足分などをANA JCB プリペイドカードへチャージして調整すれば、非常に便利だと思います。

d払いに登録するとさらに+0.5%

ANA JCB プリペイドカードは本人確認サービス(3Dセキュア)対応ですので、前述しているようにd払いにも登録できます。

ということは、先程の楽天カードJCB×ANA JCB プリペイドカードd払いで、d払いの0.5%の還元率を加算してポイント3重どりができることになります。

楽天カードJCB(1~2%)+ANA JCB プリペイドカード(0.5~0.65%)+d払い(0.5%)=2~3.15%
関連記事

d払いの便利な裏技的な使い方・獲得できるdポイントの使い方について解説します。 d払いは、ドコモユーザーでなくても利用できるコード決済で、dアカウントを開設すれば利用可能になります。 3大携帯キャリアの豊富な資金源をバックにした大規[…]

d払いの使い方(応用編)と獲得したdポイントの使い方

ANA JCB プリペイドカード:まとめ

ANA JCB プリペイドカードは、JCBブランドのカードからのクレジットチャージでカードのポイントと、ANA JCB プリペイドカードのキャッシュバック・マイルの2重どりができるプリペイドカードです。

これにより保有するJCB提携カードの還元率は0.5~0.65%底上げできます。

スマホ決済では、本人確認(3Dセキュア)にも対応しているため、d払いに登録してポイント3重どりが狙え、Google Payに登録して非接触決済「QUIC Pay+」も利用できますので、カードを取り出さなくても支払いに利用できます。

オススメの利用方法は、本人名義のクレジットカードでなくてもチャージできますので(3Dセキュアのパスワードはしっかり管理されてください)、家族に渡して、予算額を予めチャージすることで使いすぎを防止して、家計をしっかり管理するという利用方法です。

これで15歳以上のご家族にもたせて予算としてチャージした金額を渡せば使いすぎを防止でき家計管理が楽になります。

チャージに適したカードは、楽天カードJCBを提案しています。

楽天カードは2021年6月から公共料金への支払いでは還元率が0.2%へ大幅に低下するため、メインカードの位置づけから外してANA JCB プリペイドカードのチャージ用としてサブカードとして利用すれば、まだまだ強力な還元率を引き出せると思います。

楽天市場のお買い物なら「楽天カード」
4

楽天カードバナー

①街の利用ポイント2倍キャンペーンで還元率2%にアップ
②楽天証券の投信積立の決済で1%ポイント還元
③楽天市場の利用&楽天銀行口座引き落としでポイント4倍
■ポイントサイト「ハピタス」経由で新規入会特典に加えて6,000円相当のポイントがもらえます。
■ハピタスは下のボタン経由の登録と広告利用で最大2,500円相当のポイントプレゼントです。