ハピタスで稼ぐならポレット(Pollet)は必須のアイテム

ハピタス」などのポイントサイトのポイントをチャージできるプリペイドカード「ポレット(Pollet)」について解説します。

ポレット(Pollet)」はVISAブランドのプリペイドカードで日本全国のお店でもネットショッピングでも利用できます。

ポレット(Pollet)」の特徴は様々なポイントサイトからのポイントをチャージできる他、不要なものや金券などもチャージでき、VISAブランドのプリペイドカードとして様々な決済に使えることです。

ポイントサイトの中で「ハピタス」は非常に還元率が高いですが、貯まるハピタスポイントは1ヶ月に3万円相当までしかポイント交換できないという制約があります。

しかし「ポレット(Pollet)」にチャージする場合は、ハピタスポイントを最小1ポイント~最大300,000ポイント(=30万円相当)までチャージできるため、交換上限の3万円を超えて交換することができます。

しかもチャージ後、ちぇー地金額に対して+0.5%増量されます。

他にも便利な機能がありましたので、説明したいと思います。

ポイントサイト「ハピタス」への登録は無料で、下記のバナー経由と7日以内の500pt以上の広告利用で2,021円相当のポイントがプレゼントされます。

ハピタス

Polletとは?

ポレット(Pollet)」はVISAブランドのプリペイドカードです。

Visa加盟店なら、実店舗でもネットのお店でも支払いに利用できます。

ハピタス」で毎月3万ポイントを超えるポイントを得ている場合、1ヶ月の3万までのポイント交換しかできないという制約を解決し、それ以上30万円までのチャージができる「ポレット(Pollet)」は「ハピタス」のヘビーユーザーなら必須のプリペイドカードです。

運営は「ハピタス」を運営しているオズビジョンの関連会社「Pollet株式会社」が担っています。

ポレット(Pollet)」は、2つの券種がありますので、その違いと概要を表にまとめてみました。

  Pollet(バーチャル) Pollet Million(リアル)
発行手数料 0円 500円(1/31まで無料)
年会費 無料 無料
発行から受取までの時間 約1分 最大2週間程度
年齢制限 なし 16歳以上
身分証の提出 なし 必要
利用範囲 ネット(VISA加盟) VISA加盟店
チャージ上限 1回3万(最大10万) 1回50万円/カード5万円(最大100万)
チャージ方法 各ポイントサイト 左記に加えて
LINE Pay ・クレジットカード
金券・外貨 ※セディナ以外手数料305円
ゲーム・DVD ・銀行振込(ペイジー)
本・CD・レコード ※手数料は305円
スマホ・パソコン  
オーディオ
おもちゃ
貴金属・腕時計・ブランド品
お酒
家電・カメラ

上記の表には記述しておりませんが、 仮想通貨「ビットコイン」も交換可能でした。

Visaブランドなので大抵のところでは支払いができますが、プリペイドカードである以上、ガソリンや高速道路、電気、水道などでは決済できません。

これはカードを通したり、登録したあとで、決済額が変動するためです。

ですが、それ以外でしたら税金もいけましたし、大抵のところはOKです。

Pollet年末年始キャンペーン

ポレット(Pollet)」では、年1回のキャンペーンとして、Pollet年末年始キャンペーンを開催しています。

Polletsale

期間は2020年12月21日~2021年1月31日まで

今回の年末年始キャンペーンでは、5つの特典が用意されています。

  1. 各ポイントサイトからのチャージが5%増量(過去にチャージしたことがある方は3%増量)

  2. 金券・外貨チャージで査定額の5%分プレゼント(過去にチャージしたことがある方は3%増量)

  3. 家にある不要な物をチャージできるモノチャージ買取強化

  4. 決済で全額キャッシュバック!抽選で総額400万円があたる!

  5. SNS・ブログ投稿で総額300ポイントプレゼント

【特典3】の買取強化のところがイマイチ実感はないのですが、【特典5】のSNS・ブログはすんなりいけますし、【特典1】は潤沢にポイントがある場合(特にハピタス!)はチャージの絶好の好機です。

ポレット(Pollet)」に1ポイントから交換できて高還元率なポイントサイト「ハピタス」は、下記のボタンからの登録&7日以内の500円以上の広告利用で、2021円相当のポイントプレゼントキャンペーン実施中です。

ポレット(Pollet)の活用方法

ハピタス」のポイントは様々なポイント・電子マネー・銀行口座残高などに交換できますが、交換できる上限は1ヶ月3万ポイント(=3万円相当)までです。

そのため3万ポイント以上交換する場合、この「ポレット(Pollet)」には1円から30万円相当までチャージが可能です。

しかもチャージ後、チャージした金額の0.5%が後ほど増額されます。

そのためタイトル通り、「ハピタス」で稼ぐなら「ポレット(Pollet)」というプリペイドカードは必須のアイテムだと言えます。

またVISA加盟店であれば、お店でもネットのお店でも支払いができますが、プリペイドカードですのでチャージされている金額以上の支払いはできません。

そのため月々の家計を管理する道具として活用する方法があります。

もう一つのサイフとして利用する

ポレット(Pollet)」にチャージできるのは「ハピタス」のポイントだけではなく、クレジットカードからもチャージが可能です。

いずれもチャージ後、チャージ金額の0.5%が増量されます。

もっともセディナカード以外のクレジットカードからのチャージは1回あたり305円の手数料が発生します。

「もう一つのサイフとして利用する」というのは、月度で「ポレット(Pollet)」で支払う予算を決めて「ハピタス」で稼いだポイントとそれでも足りない金額分をクレジットカードからチャージし残高を把握しながら利用するという方法です。

クレジットカードだとついつい使いすぎてしまう、ないしはある程度予算を決めて家計を厳密に管理したい場合は、「ポレット(Pollet)」を活用することで予算を管理することが容易になります。

随時利用状況を確認でき不正利用も察知しやすい

クレジットカードの利用明細は、リアルタイムで更新されるわけではないため仮に不正にあったときなど、すぐに気づかないなどの欠点があります。

しかしこの「ポレット(Pollet)」はチャージしたときも支払いに利用したときも即時メールが来ますし、利用履歴にも載ります。

Pollet
そのため意図せぬ利用が発生した場合は、スマホのアプリ上ですぐに「利用停止」を行うことで、被害を食い止めることができます。

実際のお店でもネットの決済利用でも、ショップに対して自身大切なカードの情報を渡さず、一旦カードからチャージして間接的にプリペイドカードを使うことで大切なカードの情報を守ることができます。

同様の機能をもつプリペイドカードとしては「Kyash Card」も同様ですが、「ポレット(Pollet)」はチャージ対象が非常にユニークという違いがあります。

関連記事

Kyash(キャッシュ)株式会社が発行するプリペイドカードKyashはVISAプリペイドカードでこのプリペイドカードに保有するカードからチャージし利用するとカードのポイントは満額付与され、Kyash自体の還元率も1%と高率で還元率を高め[…]

様々なポイントや不要な休眠資産を一本化する

ポレット(Pollet)」にチャージできるポイントは「ハピタス」のポイントだけではありません。

実に様々なポイント・ASP(アフィリエイト)のポイントをチャージしてVISAプリペイドカードの残高として利用することが可能です。

□Polletにチャージできるポイント
ハピタス(1円~/+0.5%)
ポイントタウン(1円~/+0.5%)
ドットマネー(300円~/+0.5%)
・PeX(200円~/+0.5%)
Gポイント(200円~/+0.5%)
・アドボンバー(1円~/+0.5%)
・ちょびリッチ(500円/+0.5%)
・ワラウ(500円/+0.5%)
・ポイントインカム(500円/+0.5%)

そのため散らばっているポイントを一本化して、一つのサイフ(VISAプリペイドカード)として支払いに利用することが可能です。

さらにPolletとPollet Millionの比較でも記述しているように、不要になった金券や外貨、ゲーム、スマホ、腕時計などを手軽に売却しその査定額が「ポレット(Pollet)」にチャージされるモノチャージという機能もあるため、不要になったがフリマアプリに出品するのも面倒というときは「ポレット(Pollet)」のモノチャージを利用すると良いのではないでしょうか。

関連記事

キャッシュレス比率の低かった日本で、キャッシュレス・ポイント還元事業の支援もあって急速に導入が進んでいます。キャッシュレス決済の最初の入口として考えられるのは、銀行口座と直結し、決済と同時に口座から引き落とされる「デビットカード」でしょ[…]

Polletにチャージするクレジットカードについて

ポレット(Pollet)」にクレジットカードでチャージするとき、セディナカードなら手数料は無料ですが、他のクレジットカードでは305円の手数料がかかります。

それならセディナカードにしたいところですが、セディナカードのチャージの還元率は0.5%、「ポレット(Pollet)」の増量0.5%で合計1%の還元です。

ところが他のクレジットカードでチャージした場合の手数料は定額305円です。

チャージできる上限は1回5万円であるため、仮に1.5%の還元率のクレジットカードで5万円チャージすると、ポイント付与としては1.5%(=750円相当)となります。

手数料305円を引いても445円相当残りますので、0.89%の還元率でチャージできるということになります。

それ以上の還元率を一時的ではありますが叩き出せるカードが2券種ありますので、紹介します。

ちなみに3%の高還元率で有名なVisa LINE Payクレジットカードはプリペイドカードのチャージはポイント付与対象外と明記されています。

注意点は国際ブランドがVisa/MasterCardでなければチャージ不可となります。
※セディナカードはJCBも可

楽天カードは「街の利用で2倍キャンペーン」でチャージで2%ポイント還元

楽天カードといえば基本還元率は1%のクレジットカードだと考えられています。

ですが、条件付きながら2%のポイント還元率になります。

条件とは、毎月開催される「楽天カードの街の利用&楽天ペイの利用でポイント2倍」キャンペーンを活用することです。

楽天カードを発行している楽天IDごとに
楽天市場で月間20,000円以上(税込)楽天カードで支払う
■街での楽天カード利用&楽天ペイでの楽天カード利用で、ポイント2倍/2%ポイント還元
■上限10万円の利用/特典ポイントは1,000ポイントまで(通常1,000P+特典1,000Pで2倍という意味)
関連記事

楽天カードの還元率を2%にアップする「街の利用2倍ポイント」について解説します。 楽天カードは基本還元率1%のクレジットカードとして広く知られていますが、ある条件を満たすと楽天市場以外の利用が2%の還元率になります。条件とは、エントリ[…]

楽天カード「街の利用2倍ポイント」が復活!

ポイント2倍対象外の支払い

ポイント2倍になっている状態で対象外の支払いを行ってしまうのは非常にもったいないので、念の為対象外の利用分を確認すると、プリペイドカードの記載はありません(2021年1月現在)。

従って「ポレット(Pollet)」へのチャージはポイント2倍(=2%ポイント還元)ということになります。

楽天カードでPolletへ5万円チャージした場合の実質還元率

楽天カードで「ポレット(Pollet)」へ上限5万円チャージした場合の、楽天ポイントの付与は1,000ポイントです。

手数料は305円を差し引いた残りは695ポイントですので、695÷50,000=1.39%ということになります。

チャージすると+0.5%増量するため、楽天カードと「ポレット(Pollet)」の組合せは、還元率1.89%ということになります。


楽天カードの申込みは、ポイントサイト「ハピタス経由が最もポイント還元が高くなります。

ハピタス」経由で公式からの新規入会特典5,000ポイントの付与に加えて、ハピタスから5,500円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「ハピタス」への登録は無料で、下記のボタン経由と7日以内の500pt以上の広告利用で2,021円相当のポイントがプレゼントされます。

Orico THE POINTは入会後6ヶ月2%の高還元率

Orico Card THE POINT」は還元率1%のクレジットカードですが、入会後6ヶ月は2%の還元率で利用できます。

よって期間限定ながら「ポレット(Pollet)」へのチャージで6ヶ月は2%の還元率で活用できます。

さらに利点として通常ポイントサイト経由でポイントが付与されないAmazonのショッピングで、「Orico Card THE POINT」を保有して利用できる「オリコモール」経由でAmazonを利用することでオリコポイント0.5%を加算させることができます。

Orico THE POINTの申込みは「ハピタス」経由でポイント2重どり!

カード保有による「オリコモール」経由のAmazonのショッピングで0.5%のオリコポイントが特別加算される「Orico Card THE POINT」の申込みは、ポイントサイト「ハピタス」経由で入会と利用でプレゼントされる最大8,000円相当のオリコポイントに加えて、「ハピタス」から1,500円相当のポイントが付与されます。

ポイントサイト「ハピタス」への登録は無料で、下記のボタン経由の登録と7日以内の500pt以上の広告利用で2,021円相当のポイントがプレゼントされます。


関連記事

金曜日のAmazon利用は、LINEショッピング経由で最大16%の還元率だったのですが、2020年6月1日以降、LINEショッピングにAmazonが掲載されないため、この案件は終了してしまっています。その代替方法がオリコモールです。Am[…]

Amazonのお買い物は、オリコモール経由で最大6.5%~還元

まとめ

・ポイントサイト「ハピタス」では1ヶ月で3万ポイント(=3万円相当)までというポイント交換の制約があります。

・「ポレット(Pollet)」は「ハピタス」のポイントを最大30万ポイント/月チャージして利用できるVisaブランドのプリペイドカードです。

・チャージすると残高が+0.5%増量します。

・プリペイドカードなので残高以上の利用はできないため、家計管理にも最適です。

・随時利用履歴を確認でき、利用通知がリアルタイムで来るので不正利用を察知しやすい。

・「ハピタス」のポイントだけでなく、他のポイントサイトのポイントもチャージできます。

・不要になった物品をモノチャージという機能を使って間接的に売却すれば査定額が残高にチャージされます。

・チャージはクレジットカードでも可能ですが、セディナカード以外は305円/回の手数料がかかります。

・チャージに向いているセディナ以外のオススメのクレジットカードは、楽天カードOrico Card THE POINTです(条件付きながら2%)。

以上の特徴から「ポレット(Pollet)」はポイントサイト「ハピタス」で稼ごうor稼げてきたという方のみならず、家計の管理や不要なものを売却して節約しようという使い方にも向いています。

ポレット(Pollet)」に1ポイントからチャージできる「ハピタス」への登録は無料で、下記のボタン経由の登録と7日以内の500pt以上の広告利用で2,021円相当のポイントがプレゼントされます。


ハピタス

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本ブログは、ブログ村のブログランキング・人気ブログランキングへ参加しております。

よろしければ、応援の程よろしくお願いいたします。