セディナカードJiyu!da!新規入会+利用で20%ポイント還元

SMBC陣営のセディナカードは、一見すると還元率が0.5%と低め目なので目立たないカードですが、そこは利用の仕方次第です。

例えば、セディナカードは、イオン(マックスバリュ・ビッグ等も含む)・ダイエーはてはセブンイレブンでの利用で3倍の1.5%の還元率で常時お買い物が可能です。
イオンカードはイオンで利用すれば1.0%の還元率ですが、セディナカードはなぜかイオンのハウスカードすら上回る還元率です。

ガソリンスタンドでは宇佐美グループで利用するとポイント還元率は3倍の1.5%、海外のショッピング利用も1.5%となかなか使えそうです。

このセディナカード陣営のセディナカードJiyu!da!で現在20%ポイント還元という大規模なキャンペーンを張っています。
ただ注意点は、このカードがリボ専用であることです。

ですが、このカードのリボの制度を熟知していれば、特典だけ頂いて、手数料は回避することが可能ですので、乗らない手はないと思います。

セディナカードJiyu!da! 新規入会+利用20%ポイント還元キャンペーン概要

【Jiyu!da!限定】わくわくポイント20%還元!
・入会期間:2020年3月1日~2020年8月31日
・還元率:20%ポイント還元(最大10,000円相当)
・条件①:新規入会
・条件②:キャンペーン応募
・条件③:カード入会月度含む3ヶ月以内のカードショッピング税込10,000円以上
・ポイント付与日程:カード入会月度含む6ヶ月後
・応募:要(セディナナビ)

セディナカードJiyu!da! 概要

・年会費:無料
・国際ブランド:Visa・MasterCard・JCB
・ポイント還元率:0.5%
・カード紛失・盗難保険:届出日から60日前までさかのぼって補償
・ショッピング保険:50万円まで
・国内旅行傷害保険:1,000万円まで
・スマホ決済:Apple Pay・iD・QUIC Pay

セディナカードの中では、年会費無料というのがメリットとして大きいですね。
しかしポイント還元率は0.5%と正直低めです。
ですが冒頭に記述したように、イオン・ダイエー・セブンイレブンでは3倍ポイントの1.5%の還元率ですので、近くにイオングループの店舗がある場合は、必須だと言えそうです。

また不要物・不要な金券類をVisaプリペイドの残高にチャージでき、各ポイントサイトのポイントを0.5%増量でチャージできるプリペイドカード「Pollet」を活用すれば、チャージで0.5%+カード0.5%=1%の還元率で常時利用できることになります。

またセディナカードは、独自のプログラムであるトクトクステージに乗るとベースの還元率が上昇します。
トクトクステージとは年間利用によって翌年度の還元率は以下のように変化するプログラムです。
・50~100万円未満⇒翌年の還元率0.55%
・100~200万円未満⇒翌年の還元率0.575%
・200万円以上⇒翌年の還元率0.65%
このため、「Pollet」との併用で最大1.15%の還元率が達成されます。

便利なのは、スマホ決済に強いことで、ApplePay、iD、QUIC Payも使えますので、小銭いらずなのもありがたいところです。

関連記事

キャッシュレス比率の低かった日本で、キャッシュレス・ポイント還元事業の支援もあって急速に導入が進んでいます。キャッシュレス決済の最初の入口として考えられるのは、銀行口座と直結し、決済と同時に口座から引き落とされる「デビットカード」でしょう[…]

指定店舗の5%off「ご優待デー」

セディナカードJiyu!da!は「ご優待デー」での指定店舗で5%offの優待が受けられます。

棒二森屋、三春屋、日曜日、中合福島、今治デパートグループ(ショッパーズ・ライフショップ・ショッピングセンター保内・フジマート野村)、スーパーストアで毎月第2・第4日曜日5%off
東武イーストモール、東武サウスヒルズで毎月1日5%off
など居住区が上記の店舗に近く利用頻度が高い場合は、非常に有利です。

注意点はJiyu!da!カードはリボ専用であるということ

しかし注意点はこのカードは、1回払い指定の場合は、リボ専用のカードということです。
リボだと手数料が猛烈に高いので、一方的に不利なのですが、Jiyu!da!のリボ手数料は初回支払い分は無料であり、リボ設定額を限度額まで上げて実質1回払いにしておけば今後も手数料はかからない仕組みです。

したがってリボ専用カードといえどもリボ手数料がかからないカードが完成するわけですね。

最大のメリットは支払い方法が自由であること

セディナカードJiyu!da!の最大のメリットは、支払い方法が名前の通り「自由自在」であるということでしょう。
ショッピングの支払いは「2回払い」「リボルビング払い」「分割払い」「ボーナス一括払い」「ボーナス2回払い」の中から選択でき、1回払い指定は、前述のようにリボ払いとなります。
ですが初回のリボ払い手数料は無料であり、くどいようですが、リボ設定額を限度額まで上げて実質1回払いにしておけばリボの高い手数料は回避できます。

まとめ

クレジットカード自体の魅力もさることながら、不要な物品や金券類を手軽に残高にでき、ポイントサイトのポイントも増量してまとめられる「Pollet」で唯一手数料無料で0.5%増量でチャージできるのがセディナカードです。
その中でも普段の使い方においても優秀なセディナカードJiyu!da!は、「Pollet」とセットで利用すると非常に便利なカードだといえますね。
ポイントサイト案件を案内したかったところですが、残念ながら現在はなくなっています。
またポイントサイト以上に稼げるルートはあるのですが、やばいのでいえません。
ごめんなさい。

Pollet」にチャージするポイントサイトとしては、
1円単位でもポイントをチャージできるハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントタウンがオススメできるポイントサイトですね。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

最後まで読んでいただきありがとうございます。
本ブログは、ブログランキングに参加しておりますので、よろしければ応援のほどよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
にほんブログ村